「wwⅡ」カテゴリーアーカイブ

大本営発表はなぜ「ウソの宣伝」に成り果てたか : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/4

大本営発表はなぜ「ウソの宣伝」に成り果てたか : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/4

大本営発表はなぜ「ウソの宣伝」に成り果てたか : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/4

8月15日は終戦の日。先の大戦における軍部の独善・ 欺瞞 ( ぎまん ) の象徴として語り継がれるのが「大本営発表」だ。当時、最高レベルのエリート集団だった大本営はなぜ、繰り返しウソの戦果を並べ立てるに至ったのか。真相を探ると、現代の日本社会にも通じる病理が浮かび上がってきた。 組織の欠陥が生んだ「ウソ...

はてなブックマーク - 大本営発表はなぜ「ウソの宣伝」に成り果てたか : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/4 はてなブックマークに追加

陸軍文書、焼かれたはずが 天皇印や「原子爆弾」の記載:朝日新聞デジタル

陸軍文書、焼かれたはずが 天皇印や「原子爆弾」の記載:朝日新聞デジタル

陸軍文書、焼かれたはずが 天皇印や「原子爆弾」の記載:朝日新聞デジタル

黒い灰が空に舞っている。……東京でも各所で盛んに紙を焼いていて、空が黒い灰だらけだという。作家高見順が、1945年8月16日付の「敗戦日記」にそう記している。45年8月15日の終戦前後、植民地も含めた日本の各地で、大量の公文書が燃やされた。東京・市ケ谷台(現防衛省)にあった陸軍省や参謀本部は、その...

はてなブックマーク - 陸軍文書、焼かれたはずが 天皇印や「原子爆弾」の記載:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加

原爆投下でチャーチル英首相が7月1日に最終同意署名 1945年の秘密文書(1/3ページ) – 産経ニュース

原爆投下でチャーチル英首相が7月1日に最終同意署名 1945年の秘密文書(1/3ページ) - 産経ニュース

原爆投下でチャーチル英首相が7月1日に最終同意署名 1945年の秘密文書(1/3ページ) - 産経ニュース

【ロンドン=岡部伸】第二次大戦中の1945年7月、英国のチャーチル首相(当時)が米国による日本への原爆使用に最終同意して署名していたことが、英国立公文書館所蔵の秘密文書で判明した。約1カ月後の広島と長崎への原爆投下に至る意思決定に、チャーチルが深く関わっていたことを裏付ける資料として注目されそう...

はてなブックマーク - 原爆投下でチャーチル英首相が7月1日に最終同意署名 1945年の秘密文書(1/3ページ) - 産経ニュース はてなブックマークに追加