「Windows10」カテゴリーアーカイブ

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ – GIGAZINE

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE

Windows 8で搭載され、Windows 10にも引き継がれていた、スタートメニューにニュースや最新の情報を表示させる「ライブタイル」機能の廃止が、いよいよ近づいてきたようです。 Windows 10 is likely to get a new Start menu without live tiles https://www.windowslatest.com/2020/02/24/windows-10-start-menu-live-t...

はてなブックマーク - Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE はてなブックマークに追加

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ – GIGAZINE

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE

Windows 8で搭載され、Windows 10にも引き継がれていた、スタートメニューにニュースや最新の情報を表示させる「ライブタイル」機能の廃止が、いよいよ近づいてきたようです。 Windows 10 is likely to get a new Start menu without live tiles https://www.windowslatest.com/2020/02/24/windows-10-start-menu-live-t...

はてなブックマーク - Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE はてなブックマークに追加

ファーウェイ、驚きの「ノートPC全モデル一挙更新」海外発表。元祖「ほぼ画面」なMateBook X Proも

ファーウェイが2月24日深夜(日本時間)に開催したバーチャル新製品発表会では、昨今同社が力を入れるノートPCも多数発表されました。注目されていたOSは、しっかりWindows 10を搭載。さらに一部機種はOffice 365プリインストールモデルも用意します。 イベント中では、最上位となる13.9インチ高級モバイルノートPC『MateBook X Pro』と、ホーム用も担う普及モデル『MateBook D

Windows 10のアイコンが『脱フラットデザイン』。カラフルな新アイコンに

マイクロソフトはWindows 10アプリに新しいアイコンデザインを導入します。2月20日より配信が開始された先行体験版「Windows 10 Insider Preview Build 19569.1000」では、標準搭載のメールとカレンダーが新アイコンに更新されます。 新アイコンは2017年にWindows 10に導入されたデザインシステム「Fluent(流ちょうな) Design System」に基づくもの。Windows

5分でわかる昨日のニュースまとめ:2月17日に注目を集めたのは「国内初5Gスマホ「AQUOS R5G」発表」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 2月17日に盛り上がったニュースはこちらでした。 シャープ、国内初5Gスマホ「AQUOS R5G」発表。8K撮影に強化型IGZO搭載 シャープは2月17日、

5分でわかる昨日のニュースまとめ:2月17日に注目を集めたのは「国内初5Gスマホ「AQUOS R5G」発表」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 2月17日に盛り上がったニュースはこちらでした。 シャープ、国内初5Gスマホ「AQUOS R5G」発表。8K撮影に強化型IGZO搭載 シャープは2月17日、

デルの「ほぼ画面」ノートPC、発売同時セールで米国より安価に。XPS 13 2020年版日本モデル発売

デルが年明け早々にワールドワイドで公開し、大きな話題となった「ほぼ画面」狭額縁の13.4インチノートPC、『XPS 13』2020年モデル。その日本版がついに2月14日に発売となりました。 本体カラーは「シルバー」と「フロスト」。すでに受注が開始されています。 価格は最廉価構成で17万9980円(税別・配送料込)からですが、2月17日までは17%オフのセール価格で、14万9383円(同)から。米国版では999.99ドルからですが、これはCore i3/RAM 4GB/SSD

MS、Windows 10スタートメニューでFirefoxユーザーに新生Edgeを勧めたとの噂

Microsoft 1月中旬からマイクロソフトは純正WebブラウザMicrosoft Edgeの新バージョン、Chromiumベースとしたものを一般提供しています。 すでに世界中のユーザーがインストールして使用しているなか、Windows

5分でわかる昨日のニュースまとめ:2月10日に注目を集めたのは「au PAY祭り開始も2日で10億円を使い果たす」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 2月10日に盛り上がったニュースはこちらでした。 5分でわかる「au PAY祭り」──1人あたり7万円還元、ドコモ・ソフバンユーザーも対象 auユーザー以外も使えるスマホ決済「au

MS、Windows 10向け「キー割り当て変更ソフト」開発中。軽量なUIを約束

現在のWindows 10ではキーボードのマッピング(キー割り当ての変更)をするにはOSのレジストリを直接いじるか、ないしはサードパーティ製ソフトを使用しなければなりません。

コナミがゲームPC参入。新ブランド アレスピア3機種は「弐寺完全対応」なタワー型

登場初期にあった「日本では一過性のブームで終わるのでは」といった見たてなどはどこ吹く風、日本でも完全に定着した感のあるゲーミングPC。まだまだ成長が見込まれるこのジャンルを盛り上げるかのように、「ゲーム業界側の巨人」が参入します。それはコナミ。あの大手ゲームメーカーのコナミです。 製品発表に先行し、ゲームPCと周辺機器用の新ブランド『ARESPEAR』(アレスピア)と、第1陣となるPC、キーボード、ヘッドホンの一部製品仕様がプレビューされました。価格や発売時期の情報はまだ未公開です。

お買い得度◎な2万円代ミニPC HeroBoxをCHUWIが発売。有線LANにVGAなど拡張端子も豊富

中国CHUWIが、Windows 10を搭載するミニPC「HeroBox」を発売しました。価格は2万5999円で、Amazonにて既に注文が可能です。

NEC初の有機ELノートLAVIE VEGA日本版発表。Adobe CCフォトプランも付いたクリエイター向け機種

1月21日に、NECパーソナルコンピュータ(NEC PC)が2020年春の新PCシリーズを発表しました。中でも最も注目されるモデルが、15.6インチ画面のクリエイター向け高級ノートPC『LAVIE VEGA』シリーズです。 発売予定時期は2月下旬。グレードは3種類で、本体カラーは「アルマイトネイビー」と「アルマイトシルバー」の2色です(最上位モデル『LV950』はネイビーのみ)。 最大の特徴は、上位2グレードのディスプレイに、NEC

LG製モバイルノート gram2020年版が日本発表。Ice LakeでもRAMスロットを継承

LG エレクトロニクス・ジャパンが、モバイルノートPC『LG gram』2020年モデルとして、3シリーズ19機種(一部は販売店限定モデル)の日本版を発表しました。発売日は2月7日から、想定価格は14インチ版が14万円前後、15.6インチ版が17万円前後、17インチ版が19万円前後からです。

5分でわかる昨日のニュースまとめ:1月16日に注目を集めたのは「Chromeアプリ、2022年に終了」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月16日に盛り上がったニュースはこちらでした。 「Chromeアプリ」2022年に終了、Googleがタイムラインを発表

新Edgeブラウザ、「確定申告の影響」で日本向け配信は4月以降に。ダウンロードは可能

本日16日にマイクロソフトが公開した新しい(Chromiumベースの)Microsoft Edgeブラウザーですが、日本でのWindows Updateを通じた配信は4月1日以降に延期されると日本マイクロソフトが明らかにしました。 同社はその理由を「確定申告の影響を考慮」したためと説明しています。 なお、延期となるのはWindows

859gノートが「激レアCPU」で6コア化。Dynabookが2020年春モデル9シリーズを発表

シャープ傘下のPCメーカーであるDynabook株式会社が、2020年の第一弾となる新PC、9シリーズ14モデルを発表しました。新体制化と社名変更(2019年1月1日)から2年目を迎える同社の中核を担う製品となります。 今回の新製品群は、外観レベルなどは現行機を継承するものの、上位機種ではCPUの大幅速度アップが図られるなど、順当な性能強化を遂げています。とくに13.3インチ画面の高級モバイルノートPC『dynabook

Windows10ユーザーでコピペを多用する人は、Windowsキー+Vでクリップボードに格納されているコピーからペースト内容を選択できることを知って欲しい – Togetter

Windows10ユーザーでコピペを多用する人は、Windowsキー+Vでクリップボードに格納されているコピーからペースト内容を選択できることを知って欲しい - Togetter

Windows10ユーザーでコピペを多用する人は、Windowsキー+Vでクリップボードに格納されているコピーからペースト内容を選択できることを知って欲しい - Togetter

windows10ユーザーでコピー&ペーストを多用される人へ windowsキー+Vを今すぐ押すのです.それだけでクリップボードに格納されている複数のコピーからペースト内容を選択して貼付できます. もうコピー&ペーストの為にページを往復する必要はないのです.めちゃくちゃ便利なので今すぐ試すべき pic.twitter.com/CMTdkk...

はてなブックマーク - Windows10ユーザーでコピペを多用する人は、Windowsキー+Vでクリップボードに格納されているコピーからペースト内容を選択できることを知って欲しい - Togetter はてなブックマークに追加

「表裏・異種2画面ノート」ThinkBook Plus 発表。天板に常時表示・手書き対応E Inkディスプレイ

レノボがCES 2020に合わせて、多数のPC新製品を発表しました。モデル数は多数となりますが、その中にあってもおそらく一番の個性派――言い換えれば変態――モデルは、この『ThinkBook Plus』でしょう。 最大の特徴は、13.3インチのクラムシェル型Windows 10ノートPCでありながら、天面(開いた状態では背面)側にペン入力対応のE Ink製電子ペーパー『Cover

レノボ、世界初の5G対応ノート Yoga 5G 発表。1499ドルで2020年春に発売

CES 2020合わせで発表されたレノボのPC新製品群。その中でもモバイラーに向けたモデルが、14インチタブレット兼用ノートPC『Yoga 5G』です。米国での発売時期は「2020年春」、価格は1499ドルから。本体重量は約1.3kg。 最大の特徴はモデル名が直球で主張する通り、5G通信に対応した世界初(レノボ調べ)のノートPCとなる点。また心臓部となるSoCには、クアルコムがPC用として設計した『Snapdragon 8cx』を搭載。OSとしてARM版Windows

レノボ、世界初の折り畳み画面ノートThinkPad X1 Fold発表。開いて13.3インチのフォルダブル

画面ごと折りたためる「フォルダブル」がノートPCでも登場しました。 ラスベガスで開催中の CES 2020でレノボが発表したのは、13.3インチ画面を二つ折りにできるWindows 10 ノート / タブレット ThinkPad X1 Fold。インテルCoreプロセッサ(Lakefield)を搭載するフルWindows 10 PCです。 画面にはLG Display製の pOLED

Windows10の標準ソフトだけで本を作ってみた猛者が現る!作者本人の解説もあります – Togetter

Windows10の標準ソフトだけで本を作ってみた猛者が現る!作者本人の解説もあります - Togetter

Windows10の標準ソフトだけで本を作ってみた猛者が現る!作者本人の解説もあります - Togetter

最近買った同人誌:Windows10の標準ソフトだけで本を作る(2019-04-14) デザイナーとして普段からAdobe製品を利用している作者が、Windows標準のワードパッドやMicrosoft Print to PDF等を駆使して本を作ったというチャレンジに惹かれました。この本自体がOfficeすら使わずに作られています。 pic.twitter.com/GO7V2Yl93N

はてなブックマーク - Windows10の標準ソフトだけで本を作ってみた猛者が現る!作者本人の解説もあります - Togetter はてなブックマークに追加

元祖狭額縁PCが「ほぼ画面」の領域へ。デルがXPS 13 2020年モデルを米国発表

大手PCメーカーデルがCES 2020の開催に先駆けて、13.4インチ/縦横比16:10の画面(間違いではありません)を搭載する高級モバイルノートPC、『XPS 13』2020年モデルを米国で発表しました。 米国などでの販売日は1月7日で、価格は999.99ドルから。本体色はブラックとホワイトの2種類となります。 最大の特徴は、昨今のトレンドとなっている4辺ナローベゼル(狭額縁)設計の画面パネルの採用などにより、最大91.5%もの画面占有率を実現した点。XPS

Windows 10ミニTips(458) ネットワークが突然不安定になったときの対処法 | マイナビニュース

Windows 10ミニTips(458) ネットワークが突然不安定になったときの対処法 | マイナビニュース

Windows 10ミニTips(458) ネットワークが突然不安定になったときの対処法 | マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。 WinSockやIPアドレス、DNSキャッシュをリセットする ネットワークにまつわるトラブルは枚挙に暇(いとま)がない。無線LANであればルーターの設定なのか、近くに同じチャネルを使う機器が干渉しているのか、PCに内蔵している無線LANア...

はてなブックマーク - Windows 10ミニTips(458) ネットワークが突然不安定になったときの対処法 | マイナビニュース はてなブックマークに追加

Windows 10への無償アップグレードキャンペーンはなぜまだ続いているのか? – GIGAZINE

Windows 10への無償アップグレードキャンペーンはなぜまだ続いているのか? - GIGAZINE

Windows 10への無償アップグレードキャンペーンはなぜまだ続いているのか? - GIGAZINE

Microsoftは、2015年のリリースからWindows 7とWindows 8.1を対象にWindows 10への無償アップデートキャンペーンを行っており、既に4年が経過した記事作成時点でも無償アップデートは一部継続しています。本来は1年で終了する予定だったWindows 10の無償アップデートがなぜまだ続いているのかについて、技術系ブログであ...

はてなブックマーク - Windows 10への無償アップグレードキャンペーンはなぜまだ続いているのか? - GIGAZINE はてなブックマークに追加

Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 - Publickey

Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 - Publickey

Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 - Publickey

Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 Windows 10にLinuxカーネルを組み込むことで、フル互換のLinux環境を実現する新機能「WSL 2」(Windows Subsystem for Linux ver.2)は、現在のところ2020年春に予定されている次期Windows 10のメジャーバージョンア...

はてなブックマーク - Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 - Publickey はてなブックマークに追加

Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 - Publickey

Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 - Publickey

Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 - Publickey

Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 Windows 10にLinuxカーネルを組み込むことで、フル互換のLinux環境を実現する新機能「WSL 2」(Windows Subsystem for Linux ver.2)は、現在のところ2020年春に予定されている次期Windows 10のメジャーバージョンア...

はてなブックマーク - Docker社、WSL2に最適化した次期「Docker Desktop」でKuberntesサポートなど、さらなる機能強化を表明 - Publickey はてなブックマークに追加