「windows」カテゴリーアーカイブ

Microsoft、Windows 7 Professionalでもサポート終了の通知表示を開始

1月に延長サポートが終了するWindows 7だが、サポート終了に向けた通知表示がWindows 7 Professionalでも始まったようだ(KB4524752BetaNewsの記事gHacksの記事Softpediaの記事)。

MicrosoftはWindows 7サポート終了に向けた通知を表示する更新プログラムKB4493132の提供を3月に開始したが、その後Windows 7の企業向けエディション(Professional/Enterprise)は配信対象から除外されていた。通知を表示するプログラムはタスクスケジューラに登録されるが、プログラムが起動しても通知が表示されるとは限らないようだ。手元のWindows 7 Home Premium環境ではKB4493132が何度かインストールされていたが、実際に通知が表示されたのは10月18日だった。

先日リリースされた更新プログラムKB4524752はWindows 7 Professionalを対象とし、サポート終了の通知を表示するものだ。ただし、この更新プログラムがインストールされたすべての環境で通知が表示されるわけではなく、ドメインに参加しているデバイスやキオスクモードのデバイス、Windows 10無料アップグレードの通知(GWX)を無効化していたデバイスでは表示されないという。

通知の内容はKB4524752とKB4493132で共通だが、3月のものからは変更されている。現在は「Windows 7のサポート終了は来年、2020年1月となります。」「2020年1月14日以降、マイクロソフトからのWindows 7のセキュリティ更新プログラムや技術サポートは提供されなくなります。移行の準備として、各種ファイルのバックアップをとっておくことをお勧めします。」という内容だ。「詳細を見る」をクリックすると、「Windows 7のサポート終了情報」ページが表示される点は以前と同様だ。

通知は「今後、このメッセージを表示しない」にチェックを入れてウィンドウを閉じれば以降は表示されなくなるが、ITプロフェッショナル向けにはGWX無効化のレジストリ設定も紹介されている。なお、KB4524752をアンインストールしても次の更新プログラムチェックで再インストールされるため、推奨されないとのことだ。

すべて読む | セキュリティセクション | アップグレード | セキュリティ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
2019年第3四半期のPC出荷台数、日本では消費税率引き上げ前の駆け込み需要で大幅に増加 2019年10月14日
9月のデスクトップOSシェア、Windows 7が30%を割る 2019年10月05日
Windows 7の2023年1月までの延長サポート、全Professional/Enterprise版ユーザーを対象に有償提供へ 2019年10月03日
0patch、Windows 7/Server 2008のサポート終了後もサードパーティーパッチを提供する計画 2019年09月22日
Microsoft、Windows 10 E5などの利用者にWindows 7サポート終了後のセキュリティ更新1年目を無料提供 2019年08月29日
Windows 7サポート終了に向けた通知を表示する更新プログラムの提供が始まる 2019年03月27日
Windows 7、サポート終了に向けた通知表示を4月から開始 2019年03月16日
Windows 7延長サポート終了後の有料セキュリティアップデートオプション、4月1日から販売開始 2019年03月09日
Windows 10アップグレードのスケジュール通知が開始される 2016年03月13日

自称IT企業があまりにITを使わずに嫌になって野に下った俺が紹介するWindowsの自動化の方法 – Qiita

自称IT企業があまりにITを使わずに嫌になって野に下った俺が紹介するWindowsの自動化の方法 - Qiita

自称IT企業があまりにITを使わずに嫌になって野に下った俺が紹介するWindowsの自動化の方法 - Qiita

はじめに コンピュータを使用した多くの操作は自動化することができます。 この技術は運用や試験工程で大きな力を発揮します。 自動化の技術は一般的なソフトウェア技術者が、ちょっと努力すれば普通に身につく能力であって、特別なものではありません。 ただ残念なことにこれらの技術はあまり知られておらず、活用され...

はてなブックマーク - 自称IT企業があまりにITを使わずに嫌になって野に下った俺が紹介するWindowsの自動化の方法 - Qiita はてなブックマークに追加

自称IT企業があまりにITを使わずに嫌になって野に下った俺が紹介するWindowsの自動化の方法 – Qiita

自称IT企業があまりにITを使わずに嫌になって野に下った俺が紹介するWindowsの自動化の方法 - Qiita

自称IT企業があまりにITを使わずに嫌になって野に下った俺が紹介するWindowsの自動化の方法 - Qiita

はじめに コンピュータを使用した多くの操作は自動化することができます。 この技術は運用や試験工程で大きな力を発揮します。 自動化の技術は一般的なソフトウェア技術者が、ちょっと努力すれば普通に身につく能力であって、特別なものではありません。 ただ残念なことにこれらの技術はあまり知られておらず、活用され...

はてなブックマーク - 自称IT企業があまりにITを使わずに嫌になって野に下った俺が紹介するWindowsの自動化の方法 - Qiita はてなブックマークに追加

Microsoft、ホームユーザーのWindowsセキュリティで改ざん防止機能を順次有効化

headless曰く、

Microsoftは14日、企業向けのエンドポイントセキュリティソリューションMicrosoft Defender ATPで改ざん防止機能が一般利用可能になったと発表するとともに、(Windows 10 May 2019 Updateの)ホームユーザー環境ではWindowsセキュリティの「改ざん防止」をデフォルト有効に順次切り替えていくと発表した(Microsoft Tech CommunityNeowingHacksSoftpedia)。

改ざん防止機能はマルウェアによるWindows Defenderウイルス対策の無効化など、セキュリティ設定の無断変更を防ぐ機能で、Windows 10 May 2019 Update以降で利用可能となっている。設定は「Windowsセキュリティ」の「ウイルスと脅威の防止→設定の管理→改ざん防止」で変更できる。Windows 10 Insider Preview(19H1ビルド: May 2019 Update)では2月のビルド18342でデフォルトオンになったと説明されており、Microsoftのサポートドキュメント(最終更新日6月6日)では改ざん防止がデフォルトでオンになっているとの記述もみられるが、一般向けリリースでは違っていたようだ。手元の環境でもオンになっているものとオフになっているものの両方があった。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10 更新アシスタントに脆弱性 2019年10月14日
Windows版の「Apple Software Update」ツールに脆弱性 2019年10月16日
Microsoft、暗号化機能付きのSSDもBitLockerの対象に 2019年10月03日
Microsoft、電子投票システムのWindows 7には2020年いっぱいセキュリティ更新プログラムを無償提供 2019年09月22日

Windows版の「Apple Software Update」ツールに脆弱性

セキュリティ企業Morphisecが、「Apple Software Update」ツールにゼロデイ脆弱性が存在し、これがランサムウェアによる攻撃に悪用されていたことを報告している

このツールはWindows版のiTunesやiCloudに同梱されており、10月7日にリリースされたiTunes for Windows 12.10.1iCloud 10.7iCloud 7.14ではこの脆弱性が修正されているとのこと。

問題の脆弱性は「unquoted path vulnerability」(引用符で囲まれていないパス)の処理に関連するもので、悪意のあるユーザーがこれを悪用することで悪意のあるプログラムを実行させることができるという。また、Apple Software UpdateはiTunesなどをアンインストールしても残されるとのこと(別途アンインストール作業が必要となる)。そのため、多くのマシンにこのコンポーネントが存在している可能性があるという。

すべて読む | アップルセクション | セキュリティ | アップル | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
GNOMEのファイルマネージャーで任意のVBScriptコードを実行可能なバグ「Bad Taste」 2017年07月22日
Android版Gmailアプリに偽装した送信元アドレスを簡単に表示させられるバグ 2015年11月19日
Appleは最も脆弱性の多いソフトウェアベンダーであるという指摘 2015年10月29日
40以上のWindowsアプリケーションに深刻な脆弱性がある? 2010年08月23日

Windows 10 更新アシスタントに脆弱性

「Windows 10 更新アシスタント」(Windows 10 Update Assistant)にローカルでの特権昇格の脆弱性(CVE-2019-1378)が発見されたそうだ(セキュリティ更新プログラムガイドBleeping Computerの記事Softpediaの記事)。

この脆弱性を悪用すると、ローカルの攻撃者がシステム権限で任意のコードを実行可能になるという。ただし、発見者のJimmy Bayne氏がBleeping Computerに語ったところによると、特権昇格はアップデート実行中にコンポーネントを乗っ取ることで実現されるといい、実際の攻撃に使われる可能性は低いようだ。また、更新アシスタントは実行ファイルごとにアップデート先のWindows 10バージョンが決まっているため、対象バージョンへのアップデート完了後は攻撃不可能になるとみられる。

それでも過去に更新アシスタントの実行ファイルをダウンロードしたことがある場合は削除し、実行済みの場合はアンインストールすることが推奨されている。Bleeping ComputerではKB4023814が適用されたWindows 10にも更新アシスタントがインストールされているとして、こちらも削除することを推奨している。なお、現在「Windows 10のダウンロード」ページでダウンロード可能な更新アシスタントは脆弱性が修正されているとのことだ。

すべて読む | セキュリティセクション | アップグレード | セキュリティ | バグ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10 May 2019 Update、段階的な一般提供開始 2019年05月25日
Windows 10 April 2018 Update、一般向けにリリース 2018年05月02日
Windows 10 Fall Creators Update、一般向けにリリース 2017年10月19日
Windows 10 Sのインストーラーが公開される 2017年08月05日
Microsoft、Windows 10バージョン1507にアップデートを促す通知の表示を開始 2017年07月06日
Microsoft、Windows 10をバージョン1511にアップデートするツールをリリース 2016年05月19日

Windows 10 19H2は「November 2019 Update」

Microsoftは10日、Windows 10 19H2が完成し、名称が「November 2019 Update」となったことを発表した(Windows Experience Blogの記事Neowinの記事The Vergeの記事On MSFTの記事)。

先日Release Previewリングに配信されたビルド18363.418にはNovember 2019 Updateのすべての新機能KB4517389のすべての修正が含まれており、Microsoftではこのビルドをファイナルビルドと考えているという。ただし、一般リリースまでに累積更新プログラムが配信されるため、リビジョン(マイナービルド)はこれよりも大きい数字になるとみられる。November 2019 Updateの新機能は、ロック画面でのサードパーティ製デジタルアシスタント利用や、タスクバーのカレンダーフライアウトからのイベント作成など、細かいものが中心だ。

May 2019 Update(バージョン1903)はNovember 2019 Update(バージョン1909)と同じサービシングコンテンツを共有するため、共通の累積更新プログラムパッケージが適用されることになる。つまり、KB4517389を適用したMay 2019 Update(ビルド18362.418)にはビルド18363.418と同じ新機能が無効化された状態で含まれている。そのため、November 2019 Updateへのアップグレードでは新機能を有効化するパッケージがインストールされ、ビルド番号が18362から18363に変更されるとのこと。

November 2019 Updateの完成に伴い、Microsoftでは数週間のうちにスローリングを選択したユーザーを20H1ビルドへ移行することを計画している。現在スローリングで19H2ビルド(ビルド18362.100xxx)を受け取っているユーザーがNovember 2019 Updateのファイナルビルドを受け取るには、Release Previewリングに切り替える必要があるようだ。ただし、Release Previewリングに変更してすぐにファイナルビルドが提供されるわけではなく、今後数週間のうちに提供されるとのことだ。

November 2019 Updateのメジャービルドは8月時点で「18363」に決まっていたようなものだが、Windows Insider Previewでファイナルビルド完成が発表されるのは今回が初めてだ。

すべて読む | デベロッパーセクション | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft、Windows 10 Insider Preview 19H2ビルドをリリースプレビューリングの一部へ限定提供開始 2019年08月30日
Windows 10 Insider Preview、初の19H2ビルドが登場 2019年07月04日
Microsoft曰く、我々の「春」の定義は必ずしも一般的な季節に一致しない 2019年06月23日
Windows 10 May 2019 Updateがリリースプレビューに 2019年04月12日
Windows 10 Insider Preview、初の20H1ビルドが提供開始 2019年02月16日

Windows 7の2023年1月までの延長サポート、全Professional/Enterprise版ユーザーを対象に有償提供へ

2020年1月にWindows 7のサポートが終了し、それ以降はセキュリティアップデートなどが提供されなくなるが、Microsoftが10月1日、Windows 7 Professional/Enterpriseを利用している全ユーザーに対し、有料での延長サポートを2023年1月まで提供することを発表した日経xTECHPublickey)。

ボリュームライセンス契約を行っている企業に対してはすでにWindows 7の有料延長サポートの提供がアナウンスされていたが(過去記事)、この対象を広げた形になる。なお、サポート料金は毎年値上げされていく予定。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
0patch、Windows 7/Server 2008のサポート終了後もサードパーティーパッチを提供する計画 2019年09月22日
Microsoft、Windows 10 E5などの利用者にWindows 7サポート終了後のセキュリティ更新1年目を無料提供 2019年08月29日
Windows 7のサポート終了まで残り半年、相変わらず高いシェアを占める 2019年08月04日
Windows 7延長サポート終了後の有料セキュリティアップデートオプション、4月1日から販売開始 2019年03月09日
Windows 7のサポートは2020年1月まで 2017年07月11日

Microsoft、暗号化機能付きのSSDもBitLockerの対象に

Anonymous Coward曰く、

Windowsには、BitLockerという名称の暗号化ツールが付属している。BitLockerはこれまで、ハードウェアベースの暗号化機能を持つというSSD製品に関しては、信頼して暗号化の対象にはしなかった。しかし、9月24日にリリースされたWindows 10「KB4516071」の更新でこの方針が変更された。すべてのSSDは暗号化していない前提であると仮定、デフォルトでBitLockerの適用対象にするようになった。

これに対し、セキュリティ情報を提供しているSwiftOnSecurityは「MicrosoftはSSDメーカーを信頼しなくなった」と説明、こうした方針変更はSSDの暗号化機能に脆弱性があることが昨年11月に発覚したことが原因としている。この脆弱性では、パスワードや秘密鍵を知らなくても暗号化されたストレージの内容を復号できたという研究が発表されている(TomsHardwareTechRadarSlashdot)。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows | ストレージ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
自己暗号化SSDの中にはパスワードを知らなくてもデータを復元できる製品があるという研究結果 2018年11月11日
「コールドブート攻撃」への対策機能を無効化する手法が発見される 2018年09月19日
Windows 10の新たな脆弱性、アップデート時にキーを押すだけで暗号解除と管理者権限取得が可能に 2016年12月05日
暗号化ソフトTrueCrypt、XPのサポート終了とともに開発終了へ 2014年05月30日

マイクロソフトが方針転換。Windows 7の2023年までの延長サポート、あらゆる企業が購入可能に - Publickey

マイクロソフトが方針転換。Windows 7の2023年までの延長サポート、あらゆる企業が購入可能に - Publickey

マイクロソフトが方針転換。Windows 7の2023年までの延長サポート、あらゆる企業が購入可能に - Publickey

Windows 7のサポートは2020年1月14日に終了し、それ以降もセキュリティパッチの提供を受けるには、マイクロソフトとボリュームラインス契約を結んだ企業のみが延長サポートを有償で購入できる、というのが、これまでのマイクロソフトの方針でした。 米マイクロソフトはこの方針を転換。ボリュームライセンス契約を結んで...

はてなブックマーク - マイクロソフトが方針転換。Windows 7の2023年までの延長サポート、あらゆる企業が購入可能に - Publickey はてなブックマークに追加

Microsoft曰く、Windows 10 バージョン1903は幅広い提供の準備が整った

headless曰く、

Microsoftは9月26日、Windows 10バージョン1903(May 2019 Update)をWindows Updateで幅広いデバイスに提供する準備が整ったことを発表した(既知の問題とお知らせComputerworldSoftpediaNeowin)。

これにより、既にサービスが終了した古いバージョンのWindows 10だけでなく、11月12日にサービス終了を迎えるWindows 10バージョン1803(April 2018 Update)Home/Pro/Pro for Workstationを実行するデバイスについても幅広く更新を開始するとのこと。該当デバイスでWindows 10バージョン1903が提供されない場合、既知の問題を確認するよう求めている。また、古いバージョンのWindows 10を実行している企業に対しては、Windows 10バージョン1903の幅広い展開を組織内で開始することを推奨している。

なお、AdDuplexのWindows 10バージョン別シェアデータ9月分によると、Windows 10バージョン1903は既に45.5%を占めており、バージョン1809が25.5%。幅広い更新の対象となるバージョン1803は24.1%、これよりも古いバージョンは合計4.6%となっている。

すべて読む | ITセクション | アップグレード | Windows | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft曰く、Windows 10を実行するデバイスは9億台以上 2019年09月28日
Windows 10 バージョン1903で9月の月例更新適用後に発生していたスタートメニューと検索の問題、修正されないまま解決済みとマーク 2019年09月27日
Windows 10の一部でスクリーンショットがオレンジ色に染まる問題、Lenovoが修正手順を公表 2019年09月14日

「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に - Publickey

「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に - Publickey

「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に - Publickey

「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に マイクロソフトはクラウドサービスとしてWindows 10の仮想デスクトップ環境を提供する「Windows Virtual Desktop」を正式サービス化したと発表しました。 パブリックプレビュー版は米...

はてなブックマーク - 「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に - Publickey はてなブックマークに追加

「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に - Publickey

「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に - Publickey

「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に - Publickey

「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に マイクロソフトはクラウドサービスとしてWindows 10の仮想デスクトップ環境を提供する「Windows Virtual Desktop」を正式サービス化したと発表しました。 パブリックプレビュー版は米...

はてなブックマーク - 「Windows Virtual Desktop」正式サービスとして提供開始、マイクロソフト純正のVDI環境。Azureの東西日本リージョンからも利用可能に - Publickey はてなブックマークに追加

Microsoft曰く、Windows 10を実行するデバイスは9億台以上

Microsoftは24日、Windows 10を実行するデバイスの数が9億台を超えたことを明らかにした(ユスフ・メディ氏のツイートMicrosoft by the NumbersNeowinの記事Windows Centralの記事)。

MicrosoftはWindows 10のリリース当初、2~3年で10億台到達を目標としていた。しかし、リリースから11か月で3億5千万台を超えたものの、無償アップグレードキャンペーンが終了した2016年後半以降はペースが鈍り目標到達はもう少し先になるとの見通しをMicrosoftコーポレートバイスプレジデントのユスフ・メディ氏が示していた。

5億台到達が発表されたのは2017年5月、6億台到達が発表されたのは2017年11月。7億台到達は昨年6月に発表されたが、8月には「7億台近く」に変更され、9月に改めて7億台を超えたと発表されている。8億台到達が発表されたのは今年3月7日であり、およそ6か月半で1億台増加したことになる。

発表のタイミングは実際の到達時期と必ずしも一致しないと思われるが、現在のペースが続けば遅くとも2020年中には10億台を超えるとみられる。

すべて読む | ITセクション | Windows | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
12月のデスクトップOSシェア、Windows 10とWindows 8.1がほぼ並ぶ 2016年01月06日
10月のデスクトップOSシェア、Windows 10がMac OS X全バージョンのシェア合計とほぼ並ぶ 2015年11月03日
9月のデスクトップOSシェア、Windows 10の増加が続く。Steamでは2位に上昇 2015年10月03日
Windows 10へのアップグレード、7月29日までにする?しない?もうした? 2016年05月07日
Microsoft、Windows 10を実行するデバイスが10億台に到達するのは目標よりも先になるとの見通しを示す 2016年07月17日
Microsoft曰く、Windows 10の月間アクティブデバイスは5億台 2017年05月14日
Microsoft曰く、Microsoft Edgeの月間アクティブデバイスは3億3千万台 2017年09月17日
5月のWindowsバージョン別シェア、Windows 7が40%を割る 2018年06月06日
Windowsユーザーの総数は大幅に減少している? 2018年03月26日
Windowsバージョン別シェアでWindows 10が50%を超える 2018年10月06日
アジアでWindows 10のシェアがWindows 7を超える 2018年11月04日
Microsoft曰く、Windows 10を実行するデバイスは8億台以上 2019年03月12日

Windows 10 バージョン1903で9月の月例更新適用後に発生していたスタートメニューと検索の問題、修正されないまま解決済みとマーク

headless曰く、

Windows 10バージョン1903(May 2019 Update)では9月の累積更新プログラムKB4515384(ビルド18362.356)の適用により、スタートメニューやデスクトップ検索機能の問題発生が報告されていたのだが、修正や回避策が提供されないまま解決済みとマークされた(Windows 10リリース情報Neowin)。

報告されていた問題はスタートメニューが表示されない、「Critical Error」というダイアログボックスが表示される、スタートメニューやタスクバーからの検索で結果が表示されない、といったものだ。KB4515384をアンインストールすると復旧し、再度インストールすると再発するといった報告も出ていた。

しかし、Microsoftではユーザーに大きな影響を与える問題を見つけることができなかったという。そのため、この問題に解決済みとマークする一方、今後も注視を続けるとのこと。問題が発生したユーザーにはフィードバックHubでの報告と、「検索とインデックス作成」トラブルシューティング(設定→更新とセキュリティ→トラブルシューティング)の実行を推奨している。

この問題が発生した環境はごく一部のようで、手元の環境でも発生しなかった。この問題を目撃した方はスラドの皆さんの中におられるだろうか。

すべて読む | ITセクション | バグ | idle | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
30日にリリースされたWindows 10累積アップデート適用後にCPU使用率が急上昇する不具合 2019年09月05日
KB4512941で新たな問題、スクリーンショットを撮るとオレンジ色になる 2019年09月11日
8月のWindows UpdateでVB関係に不具合 2019年08月16日
配信が始まったWindows 10 May 2019 Update、いくつかの不具合が確認される 2019年05月27日

「.NET Core 3.0」正式版が登場。Windowsデスクトップアプリ開発可能、exeファイルを生成、マイクロサービス対応など - Publickey

「.NET Core 3.0」正式版が登場。Windowsデスクトップアプリ開発可能、exeファイルを生成、マイクロサービス対応など - Publickey

「.NET Core 3.0」正式版が登場。Windowsデスクトップアプリ開発可能、exeファイルを生成、マイクロサービス対応など - Publickey

マイクロソフトはオープンソースで開発している.NETフレームワークの最新版「.NET Core 3.0」正式版のリリースを、オンラインイベント「.NET Conf 2019」で発表しました。 マイクロソフトが提供するおもなフレームワークには、Windows向けの「.NET Framework」、当初はおもにサーバアプリケーション向けとして登場したオ...

はてなブックマーク - 「.NET Core 3.0」正式版が登場。Windowsデスクトップアプリ開発可能、exeファイルを生成、マイクロサービス対応など - Publickey はてなブックマークに追加

0patch、Windows 7/Server 2008のサポート終了後もサードパーティーパッチを提供する計画

ソフトウェアの未修正脆弱性に対し「マイクロパッチ」と呼ばれるサードパーティーパッチを提供するACROS Security0patchが20日、Windows 7/Server 2008のサポート終了後もこれらのOSに対するパッチを提供し続ける計画を明らかにした(0patch Blogの記事Windows Centralの記事)。

NetApplicationsのデスクトップOSバージョン別シェアデータによれば、Windows 7のシェアは昨年8月 (37.80%)から今年8月 (30.34%)の1年間で7.46ポイントしか減少しておらず、サポートが終了する来年1月時点でも高いシェアを維持し続けるとみられる。MicrosoftではWindows 7向けにサポート終了後の有料セキュリティアップデートオプション(Windows 7 ESU)を最大3年間にわたって提供するが、ボリュームライセンスのWindows 7 Professional/Enterpriseのみが対象であり、価格も毎年上昇する。

0patchのパッチ作成計画としては、Windowsの月例更新に合わせて出されるMicrosoftのセキュリティアドバイザリからWindows 7/Server 2008にも適用されそうな脆弱性を特定し、Windows 10の更新プログラムの変更部分から同じコードがWindows 7/Server 2008にも存在するかどうかを確認する。あとはPOCの収集とマイクロパッチの作成を行い、POCによるテストとその他の副作用に関するテストを経てパッチをリリースするとのこと。0patchのマイクロパッチは常駐プログラム「0patch Agent」により、実行中のプロセスに対して直接適用される。パッチ適用に再起動は必要なく、適用の有無も切り替え可能だ。

0patchは現在、個人と非営利の教育向け利用に限って無料で利用できるFree版と、有料のPro版が提供されており、大きな組織向けにパッチの中央管理が可能なEnterprise版も第4四半期に提供開始が予定されている。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10のシェア、NetApplications調べで50%を超える 2019年09月05日
8月のデスクトップOSシェア、SteamでWindows 10が60%を超える 2018年09月06日
Microsoft、Windows 10 E5などの利用者にWindows 7サポート終了後のセキュリティ更新1年目を無料提供 2019年08月29日
Microsoft、Exchange Server 2010のサポートを9か月延長 2019年09月20日
Windows 7延長サポート終了後の有料セキュリティアップデートオプション、4月1日から販売開始 2019年03月09日
Windowsの未修正脆弱性に対するサードパーティのパッチが公開される 2017年03月04日

Microsoft、Exchange Server 2010のサポートを9か月延長

headless曰く、

Microsoftは16日、Exchange Server 2010の延長サポート終了日を2020年1月14日から2020年10月13日に変更することを明らかにした(Exchange Team BlogComputerworldgHacksRegister)。

延長の決定は数多くの顧客の環境におけるデプロイ状態を調査・分析した結果によるものだといい、一部の顧客がアップグレードの最中であることを考慮したとのこと。変更は既に製品ライフサイクル検索結果にも反映している。サポートが終了してもExchange Server 2010が動作しなくなるわけではないが、一刻も早いアップグレードが推奨されている。なお、Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了日は2020年1月14日のまま変更されていない。これらのOS上でExchange Server 2010を実行している場合、OS側の対策も必要となる。

すべて読む | セキュリティセクション | ビジネス | セキュリティ | マイクロソフト | ネットワーク | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 7延長サポート終了後の有料セキュリティアップデートオプション、4月1日から販売開始 2019年03月09日
英イングランドの都市自治体、4分の1がサポートの終了したサーバーソフトウェアを使用 2018年08月26日
米海軍、Windows XPなどのカスタムサポート契約を延長 2015年06月27日
英政府、Windows XPからの移行が進まない一方でMicrosoftとのカスタムサポート契約は延長せず 2015年05月02日

GitHub Actions で Windows IE11 と Mac Safari を selenium-webdriver で動かす – Qiita

GitHub Actions で Windows IE11 と Mac Safari を selenium-webdriver で動かす - Qiita

GitHub Actions で Windows IE11 と Mac Safari を selenium-webdriver で動かす - Qiita

GitHub Actions で Windows IE11 と Mac Safari を selenium-webdriver で動かす 最近得た天啓で、 「GitHub Actions はコンテナを windows / mac / ubuntu から選べる」ということは、 本物の safari と ie11 を selenium-webdriver で動かすことができるのでは?」 と思ってガチャガチャやってみたら、なんとできてし...

はてなブックマーク - GitHub Actions で Windows IE11 と Mac Safari を selenium-webdriver で動かす - Qiita はてなブックマークに追加

ローランド、無償の音楽制作ソフト、「Zenbeats」をリリース…… iOS/Android/Mac/Windowsに対応 – ICON

ローランド、無償の音楽制作ソフト、「Zenbeats」をリリース…… iOS/Android/Mac/Windowsに対応 - ICON

ローランド、無償の音楽制作ソフト、「Zenbeats」をリリース…… iOS/Android/Mac/Windowsに対応 - ICON

ローランドが新製品、「Zenbeats(ゼンビーツ)」を発表。「Zenbeats」は、iOS/Android/Mac/Windowsに対応したマルチ・プラットホームの音楽制作ソフトウェアで、本日から無料で(!)ダウンロードすることができます。 Mac版「Zenbeats」 誰もが手軽に曲作りを楽しめることを目標に開発されたという「Zenbeats」は、...

はてなブックマーク - ローランド、無償の音楽制作ソフト、「Zenbeats」をリリース…… iOS/Android/Mac/Windowsに対応 - ICON はてなブックマークに追加

KB4512941で新たな問題、スクリーンショットを撮るとオレンジ色になる

Anonymous Coward曰く、

すでに8月30日のWindows 10累積アップデート「KB4512941」を適用すると特定条件でCPU負荷が異常に高くなる問題が報告されているが、このアップデートで発生する別の不具合として、保存したスクリーンショットがオレンジ色になってしまうというものが新たに報告されている。これはアプリケーションやスクリーンショット保存方法に関係なく発生するらしい。

ほかにも資格情報を入力すると画面がオレンジになる例も発生しているそうだ。この問題は古いビデオドライバーが引き起こしているとみられ、ドライバーのアップデートもしくはKB4512941のアンインストールで解決する模様(MSPoweruseSlashdot)。

すべて読む | ITセクション | バグ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
30日にリリースされたWindows 10累積アップデート適用後にCPU使用率が急上昇する不具合 2019年09月05日
8月のWindows UpdateでVB関係に不具合 2019年08月16日
配信が始まったWindows 10 May 2019 Update、いくつかの不具合が確認される 2019年05月27日
Windows向けの「令和」元号対応に向けた更新プログラム、一部アプリで不具合が確認される 2019年05月07日

Windows 10用「PowerToys」プレビュー版が公開される

Microsoftは5日、Windows 10向けにリブートした新生PowerToysの最初のプレビュー版を公開した(プロジェクトページダウンロードページThe Vergeの記事gHacksの記事)。

PowerToysはWindows 95以降、Microsoftが非サポートのパワーユーザー向けツールの総称として使用していたが、PowerToys for Windows XPを最後に目立つところでは使われなくなっていた。新生PowerToysはWindows 10向けの新たなPowerToysをオープンソースで開発するというもので、5月に計画が発表されていた。

今回公開されたプレビュー版は常駐プログラムで、ウィンドウをスナップさせることが可能なレイアウトを作成できる「FancyZones」と、Windowsキーを長押しすることでWindowsキーとの組み合わせで使用可能なショートカットキーをオーバーレイ表示する「Shortcut Guide」が含まれる。なお、現在のバイナリはJanea Systemsにより署名されているが、将来のリリースではMicrosoftが署名するとのこと。

このほか現在作業が進められている機能として、5月時点で発表されていた「Maximize to new desktop (MTND) widget」に加え、ウィンドウの「閉じる」ボタンやタスクマネージャーで終了できなくなったプログラムを強制終了できる「Process terminate tool」、選択したファイルを新しいフォルダーに移動してからリネームしたりファイル名の一部を置換したりできる一括リネームツール「Batch file renamer」、画面を録画してアニメーションGIFを生成・編集できる「Animated gif screen recorder」が挙げられている。スラドの皆さんが気になる機能はあるだろうか。

すべて読む | ITセクション | ソフトウェア | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows Terminalプレビュー版、Microsoft Storeで提供開始 2019年06月25日
Microsoft、Windows 10用「PowerToys」をオープンソースで開発へ 2019年05月12日
Visual Studio Codeの公式snapパッケージが公開される 2019年04月09日
Windows 10の「電卓」アプリ、MIT Licenseでオープンソース化される 2019年03月11日
Windowsファイルマネージャー、Microsoft Storeで入手可能に 2019年02月05日

Microsoft、exFATの技術仕様を公開。Linux向けのドライバ開発支援も表明

Anonymous Coward曰く、

8月29日、USBメモリやSDカード用のファイルシステムとして使われてきたexFATの技術仕様をMicrosoftが公開した。LinuxでのexFATサポート支援も行うという(TechCrunchITmedia)。

exFATはMicrosoftが開発した独自規格。有志が開発したLinux向けのexFATドライバも存在するが、Microsoftが公式にLinuxをサポートすることで、今後Linuxベースの幅広いシステムでexFATが利用可能になるという。

すべて読む | Linuxセクション | Linux | ハードウェア | マイクロソフト | Windows | ストレージ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
SD カード陣営とメモリースティック陣営が 2TB までの拡張を発表 2009年01月09日
Vista SP1 RC公開。ExFAT実装へ 2007年12月13日
Microsoft、高速なmallocを公開 2019年06月25日
Microsoft、SysinternalsツールのLinux移植を開始 2018年11月10日

Microsoft、Windows 10 Insider Preview 19H2ビルドをリリースプレビューリングの一部へ限定提供開始

headless曰く、

Microsoftは26日、「Release Preview」リングを選択したWindows Insider Program参加者の一部を対象に、Windows 10 19H2で計画している台数限定でロールアウトする手法のテストを開始した(Windows Experience Blog)。

対象はRelease Previewリングを選択したユーザーの10%程度。Windows Updateに「Windows 10、バージョン1909の更新プログラム」と表示され、「今すぐダウンロードする」をクリックした場合(日本語化されているかどうかは不明)にのみインストールされる。これまで19H2ビルドはWindows 10 May 2019 Update(19H1)の累積更新プログラムとして「スロー」リングで配信されており、メジャービルドは19H1と同じ「18362」だった。今回のビルドでは19H2を機能更新プログラムと位置付けるためメジャービルド番号が1つ大きい「18363」となり、フルビルドとして配信されている。

ただし、19H2の完成が近付いてからRelease Previewリングで配信されるビルドとは異なり、本ビルドはファイナルビルドではない。現在スローリングで提供されている19H2ビルドの機能がすべて組み込まれているわけでもないとのこと。一方、スローリングとRelease Previewリングで配信されている19H2更新プログラムは異なる方法でパッケージングされているため、現時点ではスローリングからRelease Previewリングに切り替えることはできず、今回の更新プログラムも提供されない。Microsoftでは切り替えが可能になったら発表するので、しばらく待つように求めている。

アナウンスされた19H2ビルドはビルド18363.327だが、(おそらく)同日に通常のリリースプレビュー版となるKB4512941(19H1)の新リビジョンが配信されており、こちらのビルドが18362.327だったため混乱を招いた。手元のRelease Preview環境も更新プログラム適用でビルド18362.327となった。Windows Insider Program担当のBrandon LeBlanc氏はこれを知らなかったらしく、具体性に欠けるビルド番号の説明をしている。

すべて読む | ITセクション | アップグレード | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10 18963(20H1)ではワードパッドやペイントがオプション機能扱いに 2019年08月20日
Windows 10 Insider Preview、初の19H2ビルドが登場 2019年07月04日
Windows 10 Insider Preview 20H1、再起動前に実行していたアプリを復元するかどうか選択可能に 2019年08月25日
ChromiumベースのMicrosoft Edge、ベータ版の提供が始まる 2019年08月23日

Microsoft、Windows 10 E5などの利用者にWindows 7サポート終了後のセキュリティ更新1年目を無料提供

headless曰く、

MicrosoftがWindows 10 Enterprise E5/Microsoft 365 E5/Microsoft 365 E5 Securityのサブスクライバーを対象に、Windows 7サポート終了後の有料セキュリティアップデートオプション1年目(Windows 7 ESU 2020)を無料で提供するプロモーションを実施している(Windows 7 and Office 2010 End of Support FAQ Final [DOCX][PDF]Computerworld)。

プロモーション期間は2019年6月1日~12月31日で、この間に上述のSKU(EDU E5を除く)の有効なサブスクリプションがあればWindows 7 ESU 2020無料提供の資格が得られる。有資格者は2020年1月14日以降、ボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)でWindows 7 ESUのキーが表示されるようになるとのこと。プロモーションを利用した場合、2020年分のESUを購入しなくても2021年~2022年のESUを購入可能だ。なお、ESUを購入した場合の提供期間は1年間に固定されているが、プロモーションによるESU提供はサブスクリプション終了時点で終了となる。

プロモーションは3か月近く前から実施されているが、Windows 7サポート終了の特設ページからリンクしているFAQのPDFはプロモーションに関する記述のない古いバージョンであり、Computerworldが取り上げるまで特に注目されなかったようだ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 7サポート終了に向けた通知を表示する更新プログラムの提供が始まる 2019年03月27日
Windows 7、サポート終了に向けた通知表示を4月から開始 2019年03月16日
2020年のWindows 7サポート終了、中小企業の45%が認知しておらず 2018年07月06日
Windows 7のサポート終了まで残り半年、相変わらず高いシェアを占める 2019年08月04日
2019年になっても3分の1近くの企業でWindows XPが使われているとの調査結果 2019年08月01日
Windows 7サポート終了に向けた通知を表示する更新プログラムの提供が始まる 2019年03月27日
Windows 7、サポート終了に向けた通知表示を4月から開始 2019年03月16日
2020年のWindows 7サポート終了、中小企業の45%が認知しておらず 2018年07月06日
Windows 7のサポート終了まで残り半年、相変わらず高いシェアを占める 2019年08月04日
2019年になっても3分の1近くの企業でWindows XPが使われているとの調査結果 2019年08月01日

VTuberのための悪魔のアイテム、VoidolがついにWindowsに対応。標準搭載のイケメンボイスの新キャラクタも追加に | | 藤本健の “DTMステーション”

VTuberのための悪魔のアイテム、VoidolがついにWindowsに対応。標準搭載のイケメンボイスの新キャラクタも追加に | | 藤本健の "DTMステーション"

VTuberのための悪魔のアイテム、VoidolがついにWindowsに対応。標準搭載のイケメンボイスの新キャラクタも追加に | | 藤本健の "DTMステーション"

2019/08/29 VTuberのための悪魔のアイテム、VoidolがついにWindowsに対応。標準搭載のイケメンボイスの新キャラクタも追加に 4月に「VTuberに超強力兵器が誕生!リアルタイムに自分の声をキャラクタボイスに変換できるソフト、Voidolが960円で発売開始!」という記事で紹介したクリムゾンテクノロジーが開発したソフト、V...

はてなブックマーク - VTuberのための悪魔のアイテム、VoidolがついにWindowsに対応。標準搭載のイケメンボイスの新キャラクタも追加に | | 藤本健の "DTMステーション" はてなブックマークに追加

Windows 10から削除すべき「役立たずのゴミ」機能まとめ – GIGAZINE

Windows 10から削除すべき「役立たずのゴミ」機能まとめ - GIGAZINE

Windows 10から削除すべき「役立たずのゴミ」機能まとめ - GIGAZINE

By orcearo Windows 10は2015年7月に発売してからおよそ4年が経過し、その間にも数々のアップデートによって進化を遂げています。テクノロジーに関するニュースメディアであるHow-To Geekが数々のアップデートを乗り越えていまだにWindows 10に残り続けている「無駄な機能」のリストを発表しています。 All the Useless ...

はてなブックマーク - Windows 10から削除すべき「役立たずのゴミ」機能まとめ - GIGAZINE はてなブックマークに追加