「windows」カテゴリーアーカイブ

Microsoft、Windowsの未修正脆弱性を公表

headless曰く、

Microsoftは23日、Windowsの未修正脆弱性を公表した(ADV200006NeowinArs TechnicaThe Verge)。

脆弱性はAdobe Type Manager LibraryがAdobe Type 1 PostScriptフォントを扱う方法に存在する2件のリモートコード実行脆弱性で、既にWindows 7をターゲットにした限定的な攻撃が確認されているという。攻撃者は特別に細工したドキュメントをターゲットに開かせたり、エクスプローラーのプレビューウィンドウに表示させたりすることで脆弱性を悪用できる。

脆弱性の影響を受けるのはWindows 7/Server 2008以降すべてのバージョンのWindowsとなっているが、Windows 10およびServer 2016以降では攻撃が成功してもコードはAppContainerサンドボックス内で実行されるため影響は小さい。ただし、Windows 10バージョン1607以前とServer 2016の場合、インストールされたフォントはカーネルモードで処理されるそうだ。

回避策としてはエクスプローラーでの詳細ウィンドウ/プレビューウィンドウや縮小版の非表示、WebClientサービスの無効化、ATMFD.DLLのリネームといったものが挙げられている。この脆弱性を修正する更新プログラムは未公開であり、現時点では今後の月例更新で修正する計画のようだ。ただし、攻撃が確認されている場合は報告から7日間で情報を公開するというポリシーに従い、影響を受けるWindowsバージョンや回避策などを公開したとのこと。

なお、Microsoftでは公衆衛生上の大きな問題が発生している現状を考慮し、(現在Cリリース/Dリリースとして月2回提供している)セキュリティコンテンツを含まないオプションの更新プログラムの提供を5月以降は一時停止し、セキュリティ修正に注力するとのことだ(Windowsメッセージセンター)。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | バグ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft、SMBv3の脆弱性を修正する更新プログラムを公開 2020年03月14日
Microsoft、不具合報告を受けてWindows 10向けセキュリティ更新プログラムKB4524244の提供を中止 2020年02月21日
Microsoft、2月の月例更新でInternet Explorerのゼロデイ脆弱性を修正 2020年02月14日

Microsoft、Windows 10 バージョン1709 Enterprise/Educationエディションのサポートを6か月間延長

Microsoftは19日、Windows 10 Enterprise/Education/IoT Enterpriseの3エディションについて、バージョン1709(Fall Creators Update)のサポートを10月13日まで延長すると発表した(Windows IT Pro Blogの記事Neowinの記事SlashGearの記事Computerworldの記事)。

Windows 10 バージョン1709ではHome/Pro/Pro Education/Pro for Workstationの4エディションが昨年4月9日にサポートを終了しており、Enterprise/Education/IoT Enterpriseの3エディションは今年4月14日のサポート終了が予定されていた。サポート延長の理由としてMicrosoftでは、現在の公衆衛生に関する状況を評価した結果、ユーザーの直面する多くの問題の一つを緩和するためと説明している。

なお、GoogleはChrome 81の安定版リリース延期を発表しているが、Microsoftもこれに合わせてChromium 81ベースのMicrosoft Edge 81安定版リリースを延期し、当面はEdge 80のセキュリティおよび安定性向上に注力するとのことだ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 医療 | インターネット | Chromium | Windows | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google、ChromeブラウザーおよびChrome OSの次バージョンリリースを一時停止 2020年03月21日
Windows 10 Mobile、サポート終了を1月に延期 2019年12月16日
Windows 10 Fall Creators Update、一般向けにリリース 2017年10月19日

俺より強い動物に会いに行け!アニマル対戦格闘『Fight of Animals』:発掘!インディーゲーム

【連載:発掘!インディーゲーム】 PCゲームプラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品から、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ! 今回ご紹介するのは『Fight of Animals』です。 発掘!インディーゲーム連載一覧 『Fight of Animals』は、Digital Crafterが開発を手掛けた対戦格闘ゲーム。"インターネットミーム"を元ネタとした動物たちを操作し、最強のファイターを目指しましょう。

WSL 2のLinuxカーネル、Windows Update経由での配布に変更へ

Anonymous Coward曰く、

2020年前半にリリース予定のWindows 10の新バージョン(Windows 10 version 20H1、もしくは2004)では、Windows上でLinuxカーネルを動作させるWindows Subsystem for Linuxの新版(WSL2)が導入される予定だが、WSL2ではWindows UpdateでLinuxカーネルのアップデートも提供されることになるという。

現在、WSLではOSイメージの一部としてLinuxカーネルが提供されているが、Windows Update経由でLinuxカーネルを提供することで、Linuxカーネルのアップデートを迅速かつ頻繁にユーザーが行えるようになるという。

ただし、Windows Update経由でのLinuxカーネル配布開始はWindows 10 version 2004のリリースから数ヶ月後になるとのことで、初期リリースでは一時的に手動でLinuxカーネルをインストールする必要があるという(ZDNetマイナビニュースSlashdot)。

すべて読む | Linuxセクション | Linux | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft、技術イベント「Build 2019」でさまざまな発表を行う 2019年05月07日
Windows 10 October 2018 Update、一般提供が再開されないまま11月に入る 2018年11月03日
Windows 10上での実行に特化したLinuxディストリビューション「WLinux」 2018年09月27日
WindowsストアでLinuxが提供されてもWindows 10 Sでは使用できない 2017年05月24日
Windows 10 Anniversary Updateの一般提供が始まる 2016年08月03日
Windows 10 Anniversary Updateは8月2日に提供開始 2016年06月29日

Windows 10の月間アクティブデバイス数、10億台を超える

headless曰く、

Microsoftは16日、Windows 10の月間アクティブデバイス数が10億台を超えたと発表した(Windows Experience BlogThe VergeNeowinGeekWire)。

Microsoftは当初、Windows 10をリリースした2015年から2~3年以内の10億台到達を目標としていたが、2016年にはもう少し時間がかかるとの見通しをユスフ・メディ氏が示していた。その後、昨年3月には8億台9月には9億台に到達しており、この1年間で2億台増加したことになる。ただし、今年1月末にはイタリアのMicrosoftが10億台到達を発表したと報じられていた。なお、現在のところ、Microsoft by the Numbersでは9億台のままになっている。

すべて読む | ITセクション | スラッシュバック | Windows | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
韓国政府、Windows 7マシンからLinuxへの移行を実施へ 2020年02月20日
Windowsバージョン別シェア1月分、Windows 7が25%を割る 2020年02月03日
2019年のPC出荷台数は8年ぶりに増加 2020年01月16日
Microsoft曰く、Windows 10を実行するデバイスは9億台以上 2019年09月28日
Microsoft曰く、Windows 10を実行するデバイスは8億台以上 2019年03月12日
Microsoft、Windows 10を実行するデバイスが10億台に到達するのは目標よりも先になるとの見通しを示す 2016年07月17日
10月のデスクトップOSシェア、Windows 10がMac OS X全バージョンのシェア合計とほぼ並ぶ 2015年11月03日

消えゆくスクロールバー|3inowayosuke|note

消えゆくスクロールバー|3inowayosuke|note

消えゆくスクロールバー|3inowayosuke|note

最近スクロールバーを見かけなくなった気がします。ざっと調べてみると、スクロールバーはすでに消え始めており、今のスタンダードはスクロールインジケーターになってる様です。そうかと思えば、そのスクロールインジケーターすら消え始めている状況です。 ▼1.消えゆくスクロールインジケーター1.1 フェイスブックiO...

はてなブックマーク - 消えゆくスクロールバー|3inowayosuke|note はてなブックマークに追加

華麗に舞える2Dガンアクション『Gunlock』:発掘!インディーゲーム

【連載:発掘!インディーゲーム】 PCゲームプラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品から、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ! 今回ご紹介するのは『Gunlock』です。 発掘!インディーゲーム連載一覧 『Gunlock』はAleksandar Kuzmanovic Gamesが開発した2Dアクションゲーム。画面内を華麗に飛び回り、スタイリッシュに敵を狙い撃ちましょう。

Windowsのパスワードを「chntpw」で強制リセットしてログインできなくなったPCを使えるようにする方法 – GIGAZINE

Windowsのパスワードを「chntpw」で強制リセットしてログインできなくなったPCを使えるようにする方法 - GIGAZINE

Windowsのパスワードを「chntpw」で強制リセットしてログインできなくなったPCを使えるようにする方法 - GIGAZINE

コンピューターにパスワードを設定することは、セキュリティの観点から非常に大切なことですが、そのパスワードを失念してしまったり、前の持ち主からパスワードを聞きそびれてしまったりした場合、コンピューター内のデータにアクセスできなくなってしまう事態に陥ってしまいます。「chntpw」はWindowsのパスワードを強...

はてなブックマーク - Windowsのパスワードを「chntpw」で強制リセットしてログインできなくなったPCを使えるようにする方法 - GIGAZINE はてなブックマークに追加

Windowsのパスワードを「chntpw」で強制リセットしてログインできなくなったPCを使えるようにする方法 – GIGAZINE

Windowsのパスワードを「chntpw」で強制リセットしてログインできなくなったPCを使えるようにする方法 - GIGAZINE

Windowsのパスワードを「chntpw」で強制リセットしてログインできなくなったPCを使えるようにする方法 - GIGAZINE

コンピューターにパスワードを設定することは、セキュリティの観点から非常に大切なことですが、そのパスワードを失念してしまったり、前の持ち主からパスワードを聞きそびれてしまったりした場合、コンピューター内のデータにアクセスできなくなってしまう事態に陥ってしまいます。「chntpw」はWindowsのパスワードを強...

はてなブックマーク - Windowsのパスワードを「chntpw」で強制リセットしてログインできなくなったPCを使えるようにする方法 - GIGAZINE はてなブックマークに追加

Windows 10で時刻同期を完璧にする方法 お前らのやり方は間違っている – Windowsは好きですが何か

Windows 10で時刻同期を完璧にする方法 お前らのやり方は間違っている - Windowsは好きですが何か

Windows 10で時刻同期を完璧にする方法 お前らのやり方は間違っている - Windowsは好きですが何か

Windows 10の時刻同期の設定方法として紹介されているものは、すべて間違っている。正しい方法であれば数ミリ秒レベルの誤差に収まるのに、それとは程遠い方法しか紹介されていない。 Windowsには比較的まともなNTPクライアントが実装されている。NTPクライアントに普通に仕事をさせるだけで、最悪でも数ミリ秒の精度は...

はてなブックマーク - Windows 10で時刻同期を完璧にする方法 お前らのやり方は間違っている - Windowsは好きですが何か はてなブックマークに追加

Microsoft、SMBv3の脆弱性を修正する更新プログラムを公開

Microsoftは12日、SMBv3(Microsoft Server Message Block 3.1.1)の脆弱性(CVE-2020-0796)を修正する更新プログラム(ビルド18362.720/18363.720)を公開した(KB4551762セキュリティ更新プログラムガイド)。

この脆弱性はSMBv3プロトコルが特定のリクエストを扱う方法に存在するリモートコード実行の脆弱性で、攻撃者が悪用すればSMBサーバー上またはSMBクライアント上でのコード実行が可能になるという。SMBサーバーを攻撃するには細工したパケットを送り付ければよく、SMBクライアントの攻撃では攻撃用のSMBv3サーバーを設置してターゲットに接続させればいい。脆弱性の影響を受けるのはSMBv3圧縮が導入されたバージョン1903以降のWindows 10/Serverのみとなっている。

もともとCVE-2020-0796は3月の月例更新プログラム(KB4540673)で修正予定だったようだ。KB4540673には修正が含まれていなかったのだが、脆弱性情報が予期せず公開されてしまったため、Microsoftは緩和策を含むセキュリティアドバイザリ(ADV200005)を公開していた(Ars Technicaの記事BetaNewsの記事[1][2])。

すべて読む | idleセクション | セキュリティ | マイクロソフト | ネットワーク | idle | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft、2月の月例更新でInternet Explorerのゼロデイ脆弱性を修正 2020年02月14日
Microsoft、Internet Explorerのゼロデイ脆弱性を公表 2020年01月19日
Microsoft、Windows XPのセキュリティ更新プログラムを公開 2017年05月14日
Shadow BrokersがNSAも使っているというエクスプロイトを公開、Windowsにおいてはすべて対応済み 2017年04月19日
Microsoft、2月の月例更新プログラム提供を延期 2017年02月17日
デフォルト設定のWindowsおよびWindows Serverにおける権限昇格の可能性が指摘される 2016年01月20日
Samba 3.0~3.3.12に危険度の高い脆弱性 2010年06月24日
マイクロソフトが11月の月例パッチを公開 2008年11月13日

Windows 10 Homeでは256GBのメモリを搭載したマシンでも128GBまでしか利用できない

2019年には1枚で32GBの容量を持つメモリモジュールが登場している。これにより、一般的なPCでも256GBのメモリ搭載が現実のものとなった。ただし、Windows 10 Homeでは最大128GBまでのメモリしか扱えないという制限があるという(AKIBA PC Hotline!)。

実際に256GBのメモリを搭載したPCにWindows 10 Homeをインストールしてみると、256GBのメモリは認識するものの、利用可能なメモリは128GBまでと表示されるという。

なお、メモリを多く使用すると言われているGoogle Chromeでも、256GBのメモリは使い切れず、また動画編集ソフトでは「Premiere Pro」と「After Effects」を同時に起動した状態でもメモリに余裕がある状態だったという。

そのほか、記事ではRAMディスクとしてメモリの空き容量を活用する方法も紹介されている。なお、記事で使われている32GBメモリモジュール(「Crucial CT2K32G4DFD8266」)の価格は2枚組(64GB相当)で約3万9,000円とのこと。

すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
メモリ2GBのWin7マシンをWin10にアップグレードし職場で配備、人道上許されないの声 2019年12月10日
日本マイクロソフト曰く、「4年前のPC1台あたり34万9,983円の損失」 2018年10月19日
PCにおいて2020年代には不揮発性メモリとDRAMの混載が主流になる? 2017年10月17日

Windows での Python によるスクリプト作成と自動化の概要 | Microsoft Docs

Windows での Python によるスクリプト作成と自動化の概要 | Microsoft Docs

Windows での Python によるスクリプト作成と自動化の概要 | Microsoft Docs

Windows で Python を使用してスクリプト作成と自動化を開始するGet started using Python on Windows for scripting and automation 07/19/2019 以下に示すのは、開発者環境を設定し、Windows で Python を使用し、ファイル システム操作のスクリプト作成と自動化を開始するためのステップ バイ ステップ ガイドです。T...

はてなブックマーク - Windows での Python によるスクリプト作成と自動化の概要 | Microsoft Docs はてなブックマークに追加

フンドシ一丁で空を舞う!3D消火アクション『Otokomizu~漢水~』:発掘!インディーゲーム

【連載:発掘!インディーゲーム】 PCゲームプラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品から、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ! 今回ご紹介するのは『Otokomizu~漢水~』です。 発掘!インディーゲーム連載一覧 『Otokomizu~漢水~』は、BIG BOYS STUDIOが開発を手掛けた3Dアクションゲーム。手足から水を噴射する主人公を操り、大火に見舞われた江戸の街を救いましょう。

あなたの Window 10 には何種類の Python が入っていますか?私は5種類でしたが。 – Qiita

あなたの Window 10 には何種類の Python が入っていますか?私は5種類でしたが。 - Qiita

あなたの Window 10 には何種類の Python が入っていますか?私は5種類でしたが。 - Qiita

タイトルは煽りです。WSL Ubuntu 18.04 上にはpyenv経由で3種類+OS由来の2種類で合計10種類でした。 なぜこの記事を書こうとしたのか 背景を説明します。ひさびさにWindows 10を開いたのでセキュリティアップデートも兼ねて Visual Studio Comminity 2019 update や Microsft Store からのアプリのアップデートをよく確...

はてなブックマーク - あなたの Window 10 には何種類の Python が入っていますか?私は5種類でしたが。 - Qiita はてなブックマークに追加

Windows 10で3001年1月19日にフリーズする不具合が確認される

Windows 10では、3001年1月19日以降にインストールが行えないという不具合があるそうだ(ニッチなPCゲーマーの環境構築ZBleepingComputer)。

たとえばマザーボードで現在日時を3001年1月19日以降に設定することでこの不具合を発生させることが可能だそうで、その場合インストール後の再起度後にフリーズしてしまうという。

すべて読む | ITセクション | バグ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Linuxカーネル5.6、32ビット版で2038年問題への対応が行われる 2020年02月05日
年を2桁で処理するシステムの「2020年問題」 2020年01月14日
旧暦2033年問題は確実に近づいている 2018年12月09日

3万円台の14型格安ノートPC、CHUWI HeroBook Proレビュー

格安PCを多数手がけている中国CHUWI(ツーウェイ)が、14型ながら3万円前半と格安なノートPC「HeroBook Pro」を1月末から日本のAmazonで販売しています。 4月から小学校でのプログラミング学習が必修になることもあり、格安PC需要が高まりを見せていますが、この手の価格が安すぎるPCは、メモリが4GBだったりストレージが64GBだったり。わかっている人が割り切って使う分にはいいものの、PC初心者には勧められないものが少なくありません。 その点、HeroBook

Windows10に3000年(Y3K)問題が見つかる | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z

Windows10に3000年(Y3K)問題が見つかる | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z

Windows10に3000年(Y3K)問題が見つかる | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z

特定の日付以降にWindows10をインストールすると、Windows10が起動しないという不具合が見つかりました。 この不具合を発見したのはYouTuberのCarey Holzman氏。同氏によると、マザーボードのBIOSの日付を3001年1月19日以降に設定していると、Windows10 v1909のインストール後、2回目の再起動中にフリーズしてOSが起動し...

はてなブックマーク - Windows10に3000年(Y3K)問題が見つかる | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z はてなブックマークに追加

ネットで否定派が目立っても、家電店頭用PCに「Office」がバンドルされ続ける理由

Anonymous Coward曰く、

日本で販売されているPCの多くにはMicrosoft Officeがプリインストールされている。これは、実際にOfficeがインストールされたPCの需要があるからだという(ITmedia)。

ちょっと前の「日本マイクロソフト曰く、日本の一般消費者が買う売れ筋PCは「特殊」(過去記事)と同根の話なのだろう。

すべて読む | ITセクション | マイクロソフト | ソフトウェア | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
日本マイクロソフト曰く、日本の一般消費者が買う売れ筋PCは「特殊」 2020年01月28日
新しい「Office」アプリ、全Windows 10ユーザーに提供へ 2019年02月25日
ASUS、米国などでLinuxプリインストールPCを販売 2018年08月20日
Microsoft、10インチ画面で399ドルのSurface Goを発表、ただし日本では6万4,800円から 2018年07月12日

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ – GIGAZINE

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE

Windows 8で搭載され、Windows 10にも引き継がれていた、スタートメニューにニュースや最新の情報を表示させる「ライブタイル」機能の廃止が、いよいよ近づいてきたようです。 Windows 10 is likely to get a new Start menu without live tiles https://www.windowslatest.com/2020/02/24/windows-10-start-menu-live-t...

はてなブックマーク - Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE はてなブックマークに追加

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ – GIGAZINE

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE

Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE

Windows 8で搭載され、Windows 10にも引き継がれていた、スタートメニューにニュースや最新の情報を表示させる「ライブタイル」機能の廃止が、いよいよ近づいてきたようです。 Windows 10 is likely to get a new Start menu without live tiles https://www.windowslatest.com/2020/02/24/windows-10-start-menu-live-t...

はてなブックマーク - Windows 10の「ライブタイル」機能が廃止へ - GIGAZINE はてなブックマークに追加

Windows 10標準アプリ、カラフルな新アイコンの導入が始まる

Windows 10 Insider Previewの標準アプリで、カラフルな新アイコンの導入が始まった(Windows Experience Blogの記事Mediumの記事SlashGearの記事On MSFTの記事)。

Windows 10ではFall Creators Update(バージョン1709)から新デザイン言語のFluent Designが導入されている。2018年にはOfficeのアイコンがFluent Designとなり、Chromiumベースの新Microsoft EdgeにもFluent Designのアイコンが導入されたが、標準アプリ(UWPアプリ)の多くではWindows 8から踏襲した単色のアイコンが使われ続けていた。

Fluent Designの新アイコンは昨年12月にデザインの一部が公開されており、今後Windows Insider Program参加マシンを対象にMicrosoft Store経由でアプリの更新版とともに順次提供されていくとのこと。Release Previewリングでも既に「メール」「カレンダー」のアイコンがロールアウトしているとのことで、一般向けの提供も近そうだ。

個人的にはGrooveミュージックの新アイコンの配色がどうも気に入らないのだが、改めてじっくり見たことでレコード盤と「G」を組み合わせたデザインだということに気付いた。標準アプリの新アイコン、スラドの皆さんのご感想はいかがだろうか。

すべて読む | ITセクション | グラフィック | idle | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft、IEに似ていない (が、Firefoxに似ている) Microsoft Edgeの新ロゴを公開 2019年11月04日
マイクロソフト、「Office」アプリのアイコンを刷新へ 2018年12月03日
アイコンをオレンジ色にリニューアルしたVisual Studio Code、批判殺到で元の色に戻る 2017年10月26日
Microsft、新デザイン言語「Microsoft Fluent Design System」を発表 2017年05月13日

Windows 10のアイコンが『脱フラットデザイン』。カラフルな新アイコンに

マイクロソフトはWindows 10アプリに新しいアイコンデザインを導入します。2月20日より配信が開始された先行体験版「Windows 10 Insider Preview Build 19569.1000」では、標準搭載のメールとカレンダーが新アイコンに更新されます。 新アイコンは2017年にWindows 10に導入されたデザインシステム「Fluent(流ちょうな) Design System」に基づくもの。Windows

Microsoft、不具合報告を受けてWindows 10向けセキュリティ更新プログラムKB4524244の提供を中止

headless曰く、

Microsoftは15日、2月の月例更新の一つとして提供していたスタンドアロンのWindows 10向けセキュリティ更新プログラム(KB4524244)の提供中止を発表した(Microsoftのサポート記事BetaNewsNeowinGhacks)。

KB4524244はUEFIを有効にしたコンピューターをサードパーティーのUEFIブートマネージャーが脆弱性にさらす可能性を修正するもので、Windows 10バージョン1607以降のすべてのバージョンが対象になっている。しかし一部の環境で、この更新プログラムをインストールすると「このPCを初期状態に戻す」が失敗する問題や、インストール時・インストール後の問題が発生するという。実際にMicrosoft Communityではインストール後の再起動時に問題が発生したという報告があり、同様の質問があるというユーザーは150人を超えている。

この問題を受けてMicrosoftではWindows UpdateのほかMicrosoft Update CatalogやWSUSでの提供を中止し、問題を修正したバージョンの開発を進めているという。問題が発生した場合にKB4524244をアンインストールしても、2月の月例更新で提供された他の更新プログラムは影響を受けないとのこと。現在のところ、日本向けのサポート記事では提供中止に関する追記はされていない。なお、手元の環境で問題は発生していないが、更新履歴(設定→更新とセキュリティ→更新の履歴を表示する)でKB4524244の項目をクリックするとWindows 10向けではない古い更新プログラム(KB4504418)の情報が表示される。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | バグ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
KB4512941で新たな問題、スクリーンショットを撮るとオレンジ色になる 2019年09月11日
30日にリリースされたWindows 10累積アップデート適用後にCPU使用率が急上昇する不具合 2019年09月05日
配信が始まったWindows 10 May 2019 Update、いくつかの不具合が確認される 2019年05月27日

Microsoftの広告収益化プラットフォーム廃止を前に、自ら広告プラットフォームを作ったストアアプリ開発者

headless曰く、

数多くのカジュアルゲームをMicrosoft Storeで公開しているRandom Salad GamesのCEO、Sam Kaufmann氏が独自にストアアプリ(UWPアプリ)向け広告プラットフォーム「Pubfinity」を立ち上げた(CNBCOn MSFTWindows Central)。

MicrosoftはUWPアプリ向け広告収益化プラットフォームの廃止計画を1月末に発表したが、Kaufmann氏が独自の広告プラットフォーム開発を考え始めたのはそれよりも早い時期だという。2019年1月にMicrosoftはWindows 10 Mobileのサポート終了計画を発表し、Android/iOSデバイスへの移行を推奨。これによりユニバーサルなWindowsプラットフォームはモバイルプラットフォームを失うことになる。さらに2019年にはMicrosoftの広告収益化プラットフォームSDKを通じた不正広告キャンペーンが発生したが対応は遅く、Kaufmann氏はMicrosoftが広告で無料UWPアプリを支える意欲を失いつつあると感じ始める。

Random Salad GamesがMicrosoft Storeで公開している「Simple Solitaire」などの50本以上のカジュアルゲームはすべて無料であり、広告収入ですべてをまかなっている。CNBCの記事によると同社の広告収入は7桁で、Microsoft Store最大の広告付きアプリ開発者だという。Kaufmann氏は9年に及ぶ広告付きアプリ開発の経験を生かして広告主と話し合うなど、広告プラットフォームを研究した末にPubfinityが誕生する。既に同社のゲームではPubfinityを使用しているが、他の開発者にもSDKを提供する計画だ。当初は厳選した開発者への提供に限られるが、Microsoftが広告収益化プラットフォームを廃止する6月1日までには幅広い開発者への提供が可能になることを目指しているとのことだ。

すべて読む | デベロッパーセクション | ビジネス | 広告 | Windows | デベロッパー | お金 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft、ストアアプリ向け広告収益化プラットフォーム廃止へ 2020年02月02日
Microsoftの広告SDKを通じた不正広告キャンペーン、1か月以上経過しても対策なし 2019年06月08日
Windows 10 Insider Preview、スタートメニューに広告が表示されるとして話題に 2015年10月18日
Windowsストアアプリ、アプリ内広告の配信数が激減 2013年05月06日

Windows と日本語のテキストについて – Windows Blog for Japan

Windows と日本語のテキストについて - Windows Blog for Japan

Windows と日本語のテキストについて - Windows Blog for Japan

今回は、Windows 10 やクラウド環境への移行によりお問い合わせが増えている Windows 上での日本語のテキストの取り扱いについてお伝えしたいと思います。 Windows は多言語に対応しており、わずかな設定の変更で表示言語や入力言語を追加する等のカスタマイズが可能です。どの言語の Windows もバイナリは共通であり、...

はてなブックマーク - Windows と日本語のテキストについて - Windows Blog for Japan はてなブックマークに追加

韓国政府、Windows 7マシンからLinuxへの移行を実施へ

Anonymous Coward曰く、

韓国政府が政府機関で使われているWindows PCのLinuxへの移行を計画しているという(GIGAZINEFOSSBYTES)。

この話は以前にも紹介されているが、背景の1つには、Window 7のサポート終了があるという。稼働していたWindows 7マシンをWindows 10に切り替えるにはおよそ7800億ウォン(約6億5500万ドル)の費用が必要になると見積もられているそうで、そのコスト削減やシステムのWindows依存を減らすことがLinux移行の目的だという。

すでにいくつかの部門ではUbuntuベースの「Harmonica OS」の導入が進められているほか、ほかのディストリビューションを採用している部門もあるという。また、Windowsを完全に廃止する訳ではない模様。

すべて読む | Linuxセクション | Linux | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 7のサポート終了でユーザー増を期待するLinuxディストロメーカー 2020年01月18日
韓国政府、WindowsからLinuxへの移行を検討 2019年05月22日
Windows 7から10へのアップグレードよりLinuxへの移行の方が満足度が高かったケース 2018年12月06日
ドイツ・ニーダーザクセン州、税務所で使う1万3千台近いLinux PCをWindowsへ移行する計画 2018年07月29日
スペインのバルセロナ市、Microsoft製品からオープンソース製品への移行を検討中 2018年01月16日

世界一危ないドメイン「corp.com」、約2億円で売りに出される

「corp.com」というドメインは「世界一危ない」という話がギズモード・ジャパンで紹介されている。このドメインは現在約2億円で売りに出されているという。

Windowsのネットワーク管理機能であるActive Directoryでは、かつては「corp」という名前がデフォルトのローカルネットワーク名として使われていた。そのせいで、「corp.com」というドメインには世界中の端末からさまざまなデータが送られてくる状況になっていたという。

技術的な背景についてはSophosのnaked securtyブログが詳しいが、「corp」というローカルネットワーク名が設定されていないネットワークから「corp」というローカルネットワークにアクセスしようとした場合、当然ながら名前解決に失敗する。その場合、Windowsはその端末で設定されているホスト名や検索パスを使ってドメイン名の補完を試みる。そして、ホスト名や検索パスのトップレベルドメインが「.com」に設定されている端末の場合、そこから「corp.com」というドメイン名に補完されてしまうという。これによって「corp.com」への情報の誤送信が発生してしまうそうだ。

すべて読む | ITセクション | ネットワーク | インターネット | Windows | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
「tomocha.moe」というドメインが取得できない問題、発生 2014年07月03日
ICANNが策定中の新gLTDの問題点:内部ネットワークとの衝突 2013年07月18日
無料ダイナミックDNSサービス「No-IP」のドメイン、Microsoftに差し押さえられる 2014年07月02日

FSF、Windows 7のソースコードをコピーして返送できるようMicrosoftにHDDを送る

headless曰く、

FSFが1月から実施していたWindows 7を「フリーソフトウェア」化して価値を高めるリサイクル「アップサイクル」ができるように求めるキャンペーンUpcycle Windows 7」が終了し、2月13日に署名をMicrosoftへ送付したそうだ(FSFのブログ記事更新情報Softpedia)。

狙った数字ではあるものの明らかに控えめな目標署名件数7,777件は軽く超え、13,635件の署名が集まっている。Windows 7はStatCounterの1月分Windowsバージョン別シェアで4分の1近くを占めており、Windows 10を実行するデバイスの台数が9億台以上ということを考えると13,635件はわずかな数字だが、FSFは署名の送付にあたってアップサイクルしたHDDを同梱し、簡単にソースコードをコピーして返送できるようにしたとのこと。公開された写真では錠前のついた箱の窓からWindows 7アップサイクルロゴの貼られたHDDが見えるが、容量は不明だ。

このキャンペーンは「ドン・キホーテ的」「完全な妄想」などと評されつつも、すべての場合においてFSFのメッセージの中心にある「実際的な理想主義」が人々に認識されたという。さらに、キャンペーンが攻撃される場であっても、FSFが本当に「すべてのソフトウェアをフリーソフトウェアにしたい」ということが理解されたとのことだ。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | スラッシュバック | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Flashはオープンソース化されるべきか 2017年07月30日
RMS、Microsoft本社で講演する 2019年09月07日
FSF、初の「完全に自由な」ノートパソコンを認定。ただし本体はThinkPad X60の再生品 2013年12月21日
MIPS命令セットアーキテクチャがオープンソース化される 2018年12月21日