「windows」カテゴリーアーカイブ

Microsoftの広告SDKを通じた不正広告キャンペーン、1か月以上経過しても対策なし

Microsoftがストアアプリ向けに提供している広告SDKを通じた不正広告攻撃キャンペーンが4月から発生しており、1か月以上経過しても対策は行われていないようだ(Softpediaの記事The Registerの記事Bleeping Computerの記事Born's Tech and Windows Worldの記事)。

不正広告攻撃の内容としては、アプリのバナー広告に触れなくてもデフォルトブラウザーでWebページが開き、「賞品が当たった」「ウイルスに感染している」などと表示されるというもの。サードパーティー開発者によるアプリだけでなく、Microsoft製のアプリや、Outlook.comなど広告の表示されるMicrosoftのWebサイトでも発生しているらしい。MSDNのフォーラムでは4月17日にアプリ開発者が報告しており、4月19日にはMSDNのコミュニティサポート担当者が広告チームに伝えると回答している。しかし、その後の更新情報はなく、開発者やユーザーから不満の声が数多く投稿されている。修正予定なしとSDKチームから聞いたとのコメントもみられる。当初の報告はドイツのユーザーからのものだったが、英国やオランダからの報告も出ているほか、4月末にはフランスでも発生していたようだ。

Microsoftコミュニティーにボランティアのモデレーターが投稿した記事によれば、不正広告ページの中にはWindows Defender SmartScreenでブロックされるものもあるが、ドメイン単位でのブロックは行われていないという。また、偽のウイルス警告ページがダウンロードページにリダイレクトする偽セキュリティアプリはMicrosoftが望ましくない可能性のあるアプリケーション(PUA)に区分しているものの、Windows Defenderがマルウェアとして検出することはないそうだ。

MicrosoftはThe Registerに対し、同社がユーザーに無断でメッセージを送ることはなく、そのようなメッセージが表示されたらブラウザーのウィンドウを閉じればいいと述べるのみで、広告SDKの問題については触れなかったとのことだ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | spam | ソフトウェア | 広告 | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Bing検索結果にGoogle Chromeの偽広告が出現 2018年11月01日
インド・デリーの偽コールセンター、偽のMicrosoftテクニカルサポートスタッフなど24名が逮捕 2018年10月09日
Windows版Google Chromeユーザーを主なターゲットにしたテクニカルサポート詐欺の手法 2018年02月12日
DoubleClickの広告経由で仮想通貨採掘スクリプトが配信される 2018年01月27日
MSNやNew York Timesなどの大手Webサイトを通じた不正広告攻撃が急増 2016年03月20日
Let's Encryptの証明書、不正広告攻撃に悪用される 2016年01月11日
Windowsストアアプリ、アプリ内広告の配信数が激減 2013年05月06日

Microsoftの広告SDKを通じた不正広告キャンペーン、1か月以上経過しても対策なし

Microsoftがストアアプリ向けに提供している広告SDKを通じた不正広告攻撃キャンペーンが4月から発生しており、1か月以上経過しても対策は行われていないようだ(Softpediaの記事The Registerの記事Bleeping Computerの記事Born's Tech and Windows Worldの記事)。

不正広告攻撃の内容としては、アプリのバナー広告に触れなくてもデフォルトブラウザーでWebページが開き、「賞品が当たった」「ウイルスに感染している」などと表示されるというもの。サードパーティー開発者によるアプリだけでなく、Microsoft製のアプリや、Outlook.comなど広告の表示されるMicrosoftのWebサイトでも発生しているらしい。MSDNのフォーラムでは4月17日にアプリ開発者が報告しており、4月19日にはMSDNのコミュニティサポート担当者が広告チームに伝えると回答している。しかし、その後の更新情報はなく、開発者やユーザーから不満の声が数多く投稿されている。修正予定なしとSDKチームから聞いたとのコメントもみられる。当初の報告はドイツのユーザーからのものだったが、英国やオランダからの報告も出ているほか、4月末にはフランスでも発生していたようだ。

Microsoftコミュニティーにボランティアのモデレーターが投稿した記事によれば、不正広告ページの中にはWindows Defender SmartScreenでブロックされるものもあるが、ドメイン単位でのブロックは行われていないという。また、偽のウイルス警告ページがダウンロードページにリダイレクトする偽セキュリティアプリはMicrosoftが望ましくない可能性のあるアプリケーション(PUA)に区分しているものの、Windows Defenderがマルウェアとして検出することはないそうだ。

MicrosoftはThe Registerに対し、同社がユーザーに無断でメッセージを送ることはなく、そのようなメッセージが表示されたらブラウザーのウィンドウを閉じればいいと述べるのみで、広告SDKの問題については触れなかったとのことだ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | spam | ソフトウェア | 広告 | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Bing検索結果にGoogle Chromeの偽広告が出現 2018年11月01日
インド・デリーの偽コールセンター、偽のMicrosoftテクニカルサポートスタッフなど24名が逮捕 2018年10月09日
Windows版Google Chromeユーザーを主なターゲットにしたテクニカルサポート詐欺の手法 2018年02月12日
DoubleClickの広告経由で仮想通貨採掘スクリプトが配信される 2018年01月27日
MSNやNew York Timesなどの大手Webサイトを通じた不正広告攻撃が急増 2016年03月20日
Let's Encryptの証明書、不正広告攻撃に悪用される 2016年01月11日
Windowsストアアプリ、アプリ内広告の配信数が激減 2013年05月06日

Windowsバージョン別シェア、日本では4月からWindows 8が4%を超えていた

headless 曰く、

StatCounterのWindowsバージョン別シェアデータ4月分では一部の国・地域分データで5月初めの発表以降に大幅な調整が入っているのだが、日本ではWindows 8のシェアが4%を超えていたようだ。

日本における4月のWindows 8のシェアは当初の発表で2.84%となっていたが、現在は4.14%となっている。日本でWindows 8のシェアが4%を超えるのは2014年10月以来4年半ぶり。5月分では4月から0.07ポイント減少したが、4.07%で4%台を維持した。このほか、日本の4月分データで大幅に調整が行われたWindowsバージョンはWindows 7(30.59%→28.46%)のみ。5月分ではWindows 10が0.74ポイント増の60.51%、Windows 7が0.95ポイント減の27.51%などとなっている。

4月にWindows 8が大幅に増加してWindows 10を上回る1位となったドミニカ国セントビンセント・グレナディーンの5月分データでは、それぞれWindows 10が大幅増加、Windows 8が大幅減少して再びWindows 10が1位となった。このほか、4月分では調整後にイランチャドバミューダで1位が入れ替わっており、Windows 10が1位の国・地域の数は235か国・地域中205か国・地域(当初の発表時は204か国・地域)となった。5月分では6か国・地域でWindows 10が1位に上昇する一方、6か国・地域で2位に後退しており、結果としてWindows 10が1位の国・地域の数は前月から変動していない。

世界全体のデータでも4月分は調整が行われているが、調整幅は各バージョンとも1ポイント未満となっている。5月はWindows 10が0.58ポイント増の56.48%、Windows 7が0.19ポイント減の33.59%となった。Windows 8は0.31ポイント減の1.75%となり、0.14ポイント増で1.81%のWindows XPが再び上回った。デスクトップOS種別ではChrome OSが0.19ポイント増の1.43%となり、過去最高をマークした。また、「Unknown」が再び0.55ポイント増加して4.17%となっており、Windowsは78.94%(0.51ポイント減)、OS Xが13.89%(0.16ポイント減)、Linuxが1.56%(0.07ポイント減)となった。全プラットフォーム合計のOSシェアでは4月分でAndroid(35.41%→37.42%)とWindows(39.89%→38.05%)に大幅な調整が入っているが順位に変動はなく、5月も引き続きWindows(38.49%)がAndroid(36.79%)を上回っている。

Net Applicationの5月分デスクトップOSバージョン別シェアデータでは、1位のWindows 10が45.73%(1.63ポイント増)、2位のWindows 7が35.44%(0.99ポイント減)。以下、Mac OS X 10.14が5.34%(0.11ポイント増)、Windows 8.1が3.97%(0.25ポイント減)、Windows XPが2.22%(0.24ポイント減)の順に並んでいる。5月は過去12か月間の平均値でWindows 10(39.87%)がWindows 7(38.52%)を初めて上回った。デスクトップOS種別ではWindowsが88.3%(0.08ポイント増)、Mac OSが9.30%(0.08ポイント減)、Linuxが1.92%(0.07ポイント減)、Chrome OSが0.43%(0.09ポイント増)などとなっている。なお、Net Applicationsでも発表後に数字が大きく変更されたことはあるが、4月分データは5月初めの発表時から変更されていない。

Steamでは、Windows 10 64 bitが0.92ポイント増の67.84%となっているが、32ビット版は減少しており、Windows 10全体では0.90ポイント増の66.92%。このほか、Windows 7全体では0.53ポイント減の24.57%など、大きな動きはみられない。なお、MacOS 10.14.4 64 bitが初登場(1.20%)したようにみえるが、4月にも初登場(0.71%)していた。OS種別ではWindows(95.90%)とOSX(3.26%)が0.01ポイント減少し、Linux(0.84%)が0.02ポイント増加している。

すべて読む | デベロッパーセクション | OS | 統計 | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
4月のWindowsバージョン別シェア、日本でWindows 8が大幅増加 2019年05月06日
3月のデスクトップOSシェア、Windows XPがLinuxと同レベルまで減少 2019年04月07日
2月のWindowsバージョン別シェア、ロシアでWindows 10が初の1位に 2019年03月06日
1月のデスクトップOSシェア、Windows 10が40%を超える一方でWindows 7も微増 2019年02月07日
サポート終了まで残り1年のWindows 7、依然として高いシェアを保つ 2019年01月14日
9月のデスクトップOSシェア、Net ApplicationsでLinuxが4%を超える (追記: 実は前月よりも減っていた) 2017年10月04日

Microsoftが計画している新OSはユーザーが気付かないうちにアップデートが行われる

あるAnonymous Coward曰く、

以前、Windows 10の次のOSはコンポーネント化が進むという予想があったが(過去記事)、ZDNetによるとこの開発中の「新Windows」は現在のWindowsよりも「Chrome OS」に似ているという(The VergeZDNetTechCrunchSlashdot)。

この記事は、Microsoftの営業担当副社長Nick Parker氏によるComputexでの講演を元にしている。氏は新Windows自体を発表することはなかったが、講演にはいくつかのヒントが含まれていたという。たとえば、新Windowsではアップデートは常時バックグラウンドで目に見えない形で行われるという。

すべて読む | ITセクション | ソフトウェア | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows Insider Preview SDKに「Andromeda」OSの定義が登場 2018年02月18日
Windows 10の次のWindowsはどうなるのか 2018年02月13日
Microsoftが進める「Andromeda」と呼ばれるプロジェクト 2017年10月20日

Microsoft、Windows 10のMicrosoft StoreでWin32ゲーム提供を計画

Microsoftのゲーミング担当エグゼクティブバイスプレジデントのフィル・スペンサー氏は5月30日、ネイティブWin32ゲームをWindows 10のMicrosoft Storeでフルサポートする計画を明らかにした(Xbox Wireの記事On MSFTの記事Softpediaの記事)。

この計画はPCゲーミングに関する3つの計画の1つとして発表された。あとの2つは、厳選された100本以上のPCゲームタイトルを無制限で利用可能なXbox Game Pass for PCの提供と、Xbox Game StudioのPCゲームタイトルをMicrosoft StoreだけでなくSteamなど複数のストアで同時に提供する計画だ。

Microsoft StoreでWin32ゲームをサポートすることについて、スペンサー氏はWindows 10をクリエイターが最高のコンテンツを提供し、ゲーマーが次のお気に入りゲームを見つける場所にしたいと述べたうえで、Win32はゲーム開発者とゲーマーの両方に好まれるアプリケーションフォーマットであることを理由に挙げている。これにより、開発者とゲーマーの両方がオープンなWindowsゲーミングエコシステムに期待するカスタマイズやコントロールが可能になるとのこと。

Microsoft StoreではUWP化されたWindows標準アプリOffice 2016が入手できなくなっており、UWP化してMicrosoft Storeで提供する計画が発表されていたペイントも当面はWin32アプリとしてWindows 10に残ることになるなど、UWPアプリが成功しているとはいいがたい状況だ。The VergeのTom Warren氏はMicrosoftのUWPアプリの夢が終わったと述べているが、複数の開発者からは反論も出ている。スラドの皆さんのご意見はいかがだろうか。

すべて読む | デベロッパーセクション | マイクロソフト | Windows | ゲーム | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Office 2016アプリ、Microsoft Storeからの直接インストールが不可に 2019年05月06日
Microsoft、当面は「ペイント」をWindows 10から削除しないと明言 2019年04月27日
Windows 10 Fall Creators Updateで削除される機能が公表される。ペイントは「非推奨」となりWindowsストアで提供 2017年07月26日
UWPアプリ化したWindows標準アクセサリアプリがインストール可能に 2016年06月27日
Microsoft、PCとXbox Oneプラットフォームを統一すると発表 2016年03月04日

Windows 10 May 2019 Updateで削除または置き換え予定の機能

あるAnonymous Coward曰く、

MicrosoftがWindows 10 May 2019 Update以降で削除・置き換え予定の機能を発表している(窓の杜)。

削除されるものとしてはXDDMベースのリモートディスプレイドライバやメッセージングアプリの同期機能が挙げられている。また、タスクバーのカスタムレイアウトの同期機能やWEPおよびTKIPによる無線LAN接続、USBメモリからのWindows起動(Windows To Go)、Print 3Dについてはアクティブな開発が終了している状況で、今後削除される可能性が高いという。

なお、Print 3Dからの移行先として3D Builderが推奨されているが、3D BuilderはそもそもFall Creator Updateで非推奨となってPaint 3DとPrint 3Dへの移行を促された機能であり、相変わらずの迷走ぶりである。過去に何を廃止予定にしたのかくらい覚えておいていただきたい

すべて読む | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
配信が始まったWindows 10 May 2019 Update、いくつかの不具合が確認される 2019年05月27日
Windows 10 May 2019 Update、段階的な一般提供開始 2019年05月25日
Windows 10 May 2019 Updateの「ペイント」ではキーボード操作で描画可能に 2019年05月18日
Microsoft、Windows 10用「PowerToys」をオープンソースで開発へ 2019年05月12日
Windows 10 19H2はどこに行った? 2019年05月11日

配信が始まったWindows 10 May 2019 Update、いくつかの不具合が確認される

Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)の配信が5月21日より段階的に開始されたが(過去記事)、いくつかの不具合も確認されているようだ(窓の杜続報)。不具合が発生する可能性のある環境に対しては配信停止措置が取られているため、手動インストールを行わない限り問題が表面化することはないようだが、手動でのアップデートを行う際には注意が必要とのこと。

ディスプレイの明るさを調整できない、Dolby Atmos関連ライセンスの認証の不具合、特定の条件でユーザープロファイルディレクトリに空のフォルダが作成される、といった問題が発見されているという。

すべて読む | ITセクション | バグ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10 May 2019 Update、段階的な一般提供開始 2019年05月25日
Windows 10 May 2019 Updateの「ペイント」ではキーボード操作で描画可能に 2019年05月18日
Windows 10 19H2はどこに行った? 2019年05月11日
Windows 10 May 2019 Update、エクスプローラーの「日常的な日時表現」は非搭載に 2019年05月04日
Windows 10 May 2019 Update、外部ストレージが接続された状態では適用できない 2019年04月28日

MacかWindowsか? 選ぶときに考えたい6つのこと | ギズモード・ジャパン

MacかWindowsか? 選ぶときに考えたい6つのこと | ギズモード・ジャパン

MacかWindowsか? 選ぶときに考えたい6つのこと | ギズモード・ジャパン

MacかWindowsか? 選ぶときに考えたい6つのこと2019.05.23 19:307,011 David Nield - Gizmodo US [原文] ( 福田ミホ ) Image: Microsoft/Apple だいぶ近くなったけど、やっぱり違う。 ほとんどの人にとっては、いまやWindowsもmacOSもあまり変わりません。家のパソコンで日々やることはたいていWebブラウザ上ででき...

はてなブックマーク - MacかWindowsか? 選ぶときに考えたい6つのこと | ギズモード・ジャパン はてなブックマークに追加

Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック)

Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック)

Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック)

現時点ではWindows 10パソコンで手動で更新操作したり、更新用ディスクを使ったりしない限り、大型更新が自動的に適用されることはない。マイクロソフトは「不具合が解消されるまで手動で更新しないことを薦める」としている。 緩和策がない3個の不具合は、(1)ディスプレーの明るさ調整ができない、(2)Dolby Atmosヘ...

はてなブックマーク - Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック) はてなブックマークに追加

Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック)

Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック)

Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック)

現時点ではWindows 10パソコンで手動で更新操作したり、更新用ディスクを使ったりしない限り、大型更新が自動的に適用されることはない。マイクロソフトは「不具合が解消されるまで手動で更新しないことを薦める」としている。 緩和策がない3個の不具合は、(1)ディスプレーの明るさ調整ができない、(2)Dolby Atmosヘ...

はてなブックマーク - Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック) はてなブックマークに追加

Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック)

Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック)

Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック)

現時点ではWindows 10パソコンで手動で更新操作したり、更新用ディスクを使ったりしない限り、大型更新が自動的に適用されることはない。マイクロソフトは「不具合が解消されるまで手動で更新しないことを薦める」としている。 緩和策がない3個の不具合は、(1)ディスプレーの明るさ調整ができない、(2)Dolby Atmosヘ...

はてなブックマーク - Windows 10 May 2019 Updateに12個の不具合、MSは更新しないよう呼びかけ | 日経 xTECH(クロステック) はてなブックマークに追加

Windowsのリモートデスクトップサービスに重大な脆弱性、Windows XP/Server 2003にも修正パッチが出る

あるAnonymous Coward曰く、

WindowsのRemote Desktop Servicesに、悪用することで任意の外部コードを実行できてしまう脆弱性(CVE-2019-0708)が発見された。細工を施した接続リクエストを送信するだけで攻撃が可能で、自己増殖型のマルウェアに悪用される可能性も高いとのこと(ITmedia窓の杜)。

この脆弱性の影響を受けるのはWIndows 7/Windows Server 2008 R2以前のWindowsのようだ。Windows 8以降については影響はないとのこと。Windows 7およびWindows Server 2008/2008 R2向けにセキュリティアップデートがすでに提供されているほか、すでにサポートが終了しているWindows XPおよびWindows Server 2003についても、影響が大きいとして修正パッチがリリースされている

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft、Windows XPなど旧OS用の新たなセキュリティ更新プログラムをさらに公開 2017年06月16日
Windowsのセキュリティ更新プログラム、重要な公共サービスなどで多数使われている限り提供し続ける必要がある? 2017年05月21日
ランサムウェア「WannaCrypt」、大流行中 2017年05月15日
Microsoft、Windows XPのセキュリティ更新プログラムを公開 2017年05月14日

Microsoft、Windows 10用「PowerToys」をオープンソースで開発へ

Microsoftが「PowerToys」をWindows 10向けにリブートし、オープンソースで公開するそうだ(GitHubリポジトリNeowinの記事On MSFTの記事BetaNewsの記事)。

PowerToysは元々、Windows 95のシェルチームが開発した非サポートのパワーユーザー向けツール群だった。カーネルチームによる「KernelToys」も公開されていた。カスタマイズツール「Tweak UI」の設定オプションをはじめ、後にWindowsの標準機能となった機能も多い。また、Windows 98のCDにはTweak UIが収録されており、Windows XP対応のPowerToys for Windows XPも存在した。Windows 10の電卓アプリには単位変換機能が搭載されており、オープンソース化された電卓アプリグラフ作成モードの追加が進められていることも3月に話題となったが、PowerToys for Windows XPのPower Calculatorには既に両機能とも搭載されていた。

PowerToysのオープンソースプロジェクトは過去のツールをオープンソース化するのではなく、新たなPowerToysを開発するというものだ。現在、作業が進められているのは、ウィンドウの「最大化/元に戻す」ボタンのホバー時に追加のボタンを表示し、クリックすると新しいデスクトップにウィンドウを最大化する「Maximize to new desktop (MTND) widget」と、Windowsキーを1秒以上押し続けると現在使用可能なキーボードショートカットが表示される「Windows key shortcut guide」の2本。このほか10本が検討中となっており、MicrosoftではGitHubリポジトリのIssuesで新しいアイディアの追加や、検討中の10本に対する投票を求めている。

新生PowerToysは今夏、最初のプレビュー版とソースコードが公開される予定とのことだ。

すべて読む | ITセクション | ソフトウェア | Windows | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows標準の電卓にグラフ作成モード、欲しい? 2019年03月24日
Windows 10の「電卓」アプリ、MIT Licenseでオープンソース化される 2019年03月11日
Windowsファイルマネージャー、Microsoft Storeで入手可能に 2019年02月05日
Microsoft、Windows NT4のファイルマネージャをオープンソース化 2018年04月10日
PowerShellがオープンソースに、LinuxおよびMac OS X版も提供へ 2016年08月19日

Windows 10 19H2はどこに行った?

MicrosoftはWindows 10 May 2019 Update(19H1)がほぼ完成となった時点でWindows Insider Programのリリースプレビューリングに提供し、19H2ビルドのテストも開始すると述べていたが、19H1がリリースプレビューとなってから1か月以上経過しても19H2ビルドのテストが始まる様子はない。

Windows Experience Blogではリリースプレビューリングでの19H1提供開始を知らせる記事を最後に、19H2に言及されなくなっている。現在ファストリングでは20H1の新ビルドが週1回以上のペースで提供されているが、ビルド18894でエクスプローラーの新しい検索機能のテスト開始がアナウンスされた程度で特に新しい機能は追加されていない。

これについてWalkingCat氏は、19H2がどこにもないようだとツイートしている。一方、このツイートに返信したMary Jo Foley氏によれば、Microsoftが19H2をスキップすることはないが、19H1のサービスパックに毛が生えた程度のものになると聞いているとのこと。実際のところ、既に20H1ビルドを実行している環境に19H2ビルドが提供されるとは考えにくく、19H2ビルドは安定重視のスローリングやリリースプレビューリングでテストされるとみられる。そう考えると、サービスパックレベルの更新という説明も納得がいくものとなる(Softpediaの記事[1][2])。

すべて読む | デベロッパーセクション | アップグレード | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10 May 2019 Updateがリリースプレビューに 2019年04月12日
Windows 10 Insider Preview、初の20H1ビルドが提供開始 2019年02月16日
Windows Insider Program、Skip Aheadの受付を再開 2019年02月02日

Windowsにおけるファイルコピーに関する驚くほど複雑な注意点

あるAnonymous Coward 曰く、

ソフトイーサの創業者として知られる登大遊氏が、「Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い」としてWindowsにおけるファイルおよびディレクトリーのコピー時に注意しなければならない仕様19点を挙げている。

どうしてそうなったんだ……。

これによると、Windowsでは歴史的経緯から長いファイル名を扱う際に「謎の呪文」を使わなければならなかったり、Windows特有の複雑なファイル属性やアクセス権限や代替ストリーム、ファイルシステムによって異なるタイムスタンプ精度などの仕様、面倒なシンボリックの仕様、OSのバージョンによる互換性問題などを考慮しなければならないとのことで、Windowsのファイルコピーは非常に複雑になっているという。

すべて読む | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft、Windows 7向けにDirectX 12との互換性を提供するパッチを提供へ 2019年03月19日
MS曰く、IEは技術的負債をもたらす 2019年02月12日
Windows 10 バージョン1809で削除される機能、開発を終了した機能 2018年09月20日

Windows向けの「令和」元号対応に向けた更新プログラム、一部アプリで不具合が確認される

Microsoftが4月26日に新元号「令和」に対応するための更新プログラムをオプション扱いでリリースした。5月1日にはWindows 10 バージョン1809向けの更新プログラムもリリースされ(窓の杜)、これで現在サポートされているすべてのバージョンのWindowsで新元号対応のための更新プログラムがリリースされたことになるが、これらに関連する不具合も複数報告されているようだ(Qiitaに投稿された報告記事1報告記事2)。

特に大きな問題として指摘されているのは、一部のアプリケーションで画面表示が崩れるというもの(「KancolleSniffer」での報告)。更新プログラムを導入すると、MS UIゴシックやMS Pゴシックでテキストの幅が僅かに大きくなり、そのためレイアウトが崩れるケースがあるようだ。

また、本来オプションとして配布されるはずの更新プログラムが誤って一部のユーザーに自動配信される問題も発生している(窓の杜)。この更新プログラムには新元号関連の変更も含まれており、インストールされると和暦を扱うアプリケーションに影響が発生する可能性もあるという。

すべて読む | Windows | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
今日から令和 2019年05月01日
Microsoft、新元号「令和」対応のための更新プログラムをオプション扱いで配信開始 2019年04月26日
LibreOffice 6.2.3公開、新元号「令和」に対応 2019年04月23日
「令和」合字に対応した源ノ角ゴシックver.2.001リリース 2019年04月12日

マイクロソフトが「React Native for Windows」を公開 | TechCrunch Japan

マイクロソフトが「React Native for Windows」を公開 | TechCrunch Japan

マイクロソフトが「React Native for Windows」を公開 | TechCrunch Japan

米国時間5月6日、Microsoft(マイクロソフト)は、React NativeのデベロッパーがWindowsをターゲットにするための新しいオープンソースプロジェクトを発表した。「React Native for Windows」と自然に名付けられたそのプロジェクトは、MITライセンスの下でReact Nativeを「性能を重視して」実装することを目指す。 Faceb...

はてなブックマーク - マイクロソフトが「React Native for Windows」を公開 | TechCrunch Japan はてなブックマークに追加

[速報]マイクロソフト、「Windows Terminal」発表。タブ機能、コマンドプロンプト、PowerShell、SSHなどを統合、オープンソースで開発中。Microsoft Build 2019 - Publickey

[速報]マイクロソフト、「Windows Terminal」発表。タブ機能、コマンドプロンプト、PowerShell、SSHなどを統合、オープンソースで開発中。Microsoft Build 2019 - Publickey

[速報]マイクロソフト、「Windows Terminal」発表。タブ機能、コマンドプロンプト、PowerShell、SSHなどを統合、オープンソースで開発中。Microsoft Build 2019 - Publickey

マイクロソフトはWindowsに対応した新しいコマンドラインインターフェイス、「Windows Terminal」を発表しました。 Windows Terminalではタブによっていくつでも画面を開くことができ、それぞれの画面でコマンドプロンプトやPowerShell、Windows Subsystem for LinuxやSSH経由でほかのサーバへの接続などが可能。Windows...

はてなブックマーク - [速報]マイクロソフト、「Windows Terminal」発表。タブ機能、コマンドプロンプト、PowerShell、SSHなどを統合、オープンソースで開発中。Microsoft Build 2019 - Publickey はてなブックマークに追加

[速報]Windows上でフル互換のLinuxシステムコールを実現する「WSL 2」発表、Dockerも実行可能に。Microsoft Build 2019 - Publickey

[速報]Windows上でフル互換のLinuxシステムコールを実現する「WSL 2」発表、Dockerも実行可能に。Microsoft Build 2019 - Publickey

[速報]Windows上でフル互換のLinuxシステムコールを実現する「WSL 2」発表、Dockerも実行可能に。Microsoft Build 2019 - Publickey

マイクロソフトはWindows上でLinux互換機能を提供するWindows Subsystem for Linux(WSL)の次期版となる「WSL 2」を発表しました。 WSL 2には、最初からWSL 2に最適化されたLinuxカーネルが含まれており、フル互換のLinuxシステムコールを実現。またファイルシステム性能は最大20倍もの劇的な向上も実現しているとのこ...

はてなブックマーク - [速報]Windows上でフル互換のLinuxシステムコールを実現する「WSL 2」発表、Dockerも実行可能に。Microsoft Build 2019 - Publickey はてなブックマークに追加

Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows で、ファイルやディレクトリのコピーなど、ファイル操作のコードを書くときは、決して油断してはならない。UNIX の開発者が Windows の世界にいざ足を踏み入れるときなど、Windows の素人は、以下のすべての点について、当然、万全の注意を払わなければ、大変なひどい目に遭うのである。 (1)♪ 当然、ファイルやディレクトリのパス文字列は 260 文字を超える可能性があるのだから、当然、先頭に謎の呪文である “\\?\” とい

Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows で、ファイルやディレクトリのコピーなど、ファイル操作のコードを書くときは、決して油断してはならない。UNIX の開発者が Windows の世界にいざ足を踏み入れるときなど、Windows の素人は、以下のすべての点について、当然、万全の注意を払わなければ、大変なひどい目に遭うのである。 (1)♪ 当然、ファイルやディレクトリのパス文字列は 260 文字を超える可能性があるのだから、当然、先頭に謎の呪文である "\\?\" とい

Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows で、ファイルやディレクトリのコピーなど、ファイル操作のコードを書くときは、決して油断してはならない。UNIX の開発者が Windows の世界にいざ足を踏み入れるときなど、Windows の素人は、以下のすべての点について、当然、万全の注意を払わなければ、大変なひどい目に遭うのである。 (1)♪ 当然、ファイルやディレクトリのパス文字列は 260 文字を超える可能性があるのだから、当然、先頭に謎の呪文である "\\?\" とい

登 大遊はFacebookを利用しています。Facebookに登録して、登 大遊さんとつながりましょう。 Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows で、ファイルやディレクトリのコピーなど、ファイル操作のコードを書くときは、決して油断してはならない。UNIX の開発者が Windows の世界にいざ足を踏み入れると...

はてなブックマーク - Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows で、ファイルやディレクトリのコピーなど、ファイル操作のコードを書くときは、決して油断してはならない。UNIX の開発者が Windows の世界にいざ足を踏み入れるときなど、Windows の素人は、以下のすべての点について、当然、万全の注意を払わなければ、大変なひどい目に遭うのである。 (1)♪ 当然、ファイルやディレクトリのパス文字列は 260 文字を超える可能性があるのだから、当然、先頭に謎の呪文である "\\?\" とい はてなブックマークに追加

Announcing WSL 2 | Windows Command Line Tools For Developers

Announcing WSL 2 | Windows Command Line Tools For Developers

Announcing WSL 2 | Windows Command Line Tools For Developers

Today we’re unveiling the newest architecture for the Windows Subsystem for Linux: WSL 2! Changes in this new architecture will allow for: dramatic file system performance increases, and full system call compatibility, meaning you can run more Linux apps in WSL 2 such as Docker. What exactly is W...

はてなブックマーク - Announcing WSL 2 | Windows Command Line Tools For Developers はてなブックマークに追加

Office 2016アプリ、Microsoft Storeからの直接インストールが不可に

Windows 10のMicrosoft Storeでは昨年からUWP版のMicroosft Office 2016アプリが提供されていたが、数週間前から入手できなくなっているようだ(Windows Centralの記事Softpediaの記事)。

購入済みアプリのページをMicrosoft Storeで開くと、そのアプリがインストールされていない環境では「インストール」ボタンが表示されてインストールが可能になる。しかし、ExcelやWordの場合は「インストール」をクリックすると既定のWebブラウザーが開き、Click-to-Runインストーラーがダウンロードされるのだという。このインストーラーを実行するとデスクトップ版のOfficeアプリがインストールされることになる。このインストーラーはSモードが有効になったWindows 10でも使用できるそうだ。

UWP版のOfficeアプリがインストールされている環境ではMicrosoft Storeから更新プログラムが提供され、「起動」ボタンから起動することもできるが、Click-to-Runインストーラーでインストールした場合にはMicrosoft Storeでアプリを管理することはできなくなる。未購入の場合は「入手」ボタンが表示されず、新たにMicrosoft Storeで購入することはできない。「Office 365の購入はこちら」というボタンも表示されるが、クリックするとWebブラウザーで購入ページが表示される。なお、米国版のMicrosoft Storeでは現在もOffice 365 Home/Personalを購入可能となっている。

Microsoftは今後も引き続きOfficeをMicrosoft Storeで見つけることができ、未インストールの場合はWebサイトからインストールできると説明しているとのことで、手違いで変更されたわけではなさそうだ。Microsoft Store(Windowsストア)では2017年末にGroove Music Passのサービス終了に伴ってデジタルミュージックの販売を終了し、今年4月には電子書籍の販売を終了している。アプリストアとしても成功しているとはいいがたく、Softpediaの記事ではMicrosoft Store自体が終了してしまう可能性も指摘している。

すべて読む | ITセクション | ビジネス | マイクロソフト | ソフトウェア | Windows | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Microsoft Store、電子書籍から撤退。購入者には全額返金へ 2019年04月05日
Mac App Store、Office 365の提供を開始 2019年01月27日
LibreOfficeがMicrosoft Storeに登場、ただし…… 2018年07月26日
Microsoft、Groove Music Passのサービス終了とSpotifyとの提携を発表 2017年10月07日
デスクトップ版MS OfficeがWindowsストアに登場、インストールは現在のところ不可 2017年05月26日
デスクトップアプリをUWPアプリに変換するツール、Microsoftストアで入手可能に 2016年09月18日
UWPアプリ化したWindows標準アクセサリアプリがインストール可能に 2016年06月27日
Microsoft、Windows標準アクセサリアプリのUWPアプリ化を進行中? 2016年05月04日

登 大遊 – Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows… | Facebook

登 大遊 - Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows... | Facebook

登 大遊 - Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows... | Facebook

Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows で、ファイルやディレクトリのコピーなど、ファイル操作のコードを書くときは、決して油断してはならない。UNIX の開発者が Windows の世界にいざ足を踏み入れるときなど、Windows...

はてなブックマーク - 登 大遊 - Windows のファイルのコピーは、驚くほど奥が深い。 Windows... | Facebook はてなブックマークに追加

ソリティアがビデオゲームの殿堂入り

米国・ニューヨーク州にある遊びの歴史博物館 The Strongは2日、Microsoftの「ソリティア」をビデオゲームの殿堂 World Video Game Hall of Fameに加えたことを発表した(ニュースリリースPlay Stuff Blogの記事On MSFTの記事GeekWireの記事)。

ソリティアはWindows 3.0以降、長年にわたりWindowsに標準アプリとして含まれていた。Windows 8ではストアアプリとなって別途インストールが必要になったものの、Windows 10では再び標準アプリとなっている。このことから、影響力・長寿命・地理的な到達範囲・アイコンとしての位置付け、といったWorld Video Game Hall of Fameの要件をすべて満たすとのこと。

2019年版World Video Game Hall of Fameにはソリティアのほか「コロッサル・ケーブ・アドベンチャー」「モータルコンバット」「スーパーマリオカート」が選ばれている。これにより、歴代の殿堂入りビデオゲームは計24本となった。2019年版の候補には「キャンディークラッシュ」「センチピード」「ダンスダンスレボリューション」など8本が含まれていたそうだ。

すべて読む | ITセクション | マイクロソフト | Windows | ゲーム | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
あの伝説的超人気ゲーム「オレゴン・トレイル」オリジナル版開発者、そのメイキングを語る 2017年03月10日
Windows 10のソリティアは「基本プレイ無料」に 2015年07月31日
Windows 10へのアップグレードで失われる機能、使えなくなると困るのは? 2015年06月11日
Microsoft、ソリティア大会を開催へ 2015年05月20日
Windows 10に同梱されるゲーム、世界の生産性を再び低下させるか 2015年05月17日
古き時代のMac OSのアイコンのスケッチ、MOMAに収蔵されることに 2015年03月11日
殿堂入りさせたい初期の時代のソフトウェアは? 2013年01月29日
Windows 8でもっとも進化したもの、それはマインスイーパ 2012年08月09日
「インターネットの殿堂」、初の殿堂入りリストが発表される 2012年04月27日

VSCodeのRemote Development機能が革命的な話。 – Crieit

VSCodeのRemote Development機能が革命的な話。 - Crieit

VSCodeのRemote Development機能が革命的な話。 - Crieit

背景 今月始めにMicrosoftからRemote Development Extension Pack. というのが発表された。簡単に言うと、VSCodeでコードを書くOSとプラグインが実行されるOSを別にすることが出来る。 よくあるパターンで、「MacでNokogiriがビルドできません」「WindowsでESLintを実行するにはどうしたら良いですか」みたいな質問があ...

はてなブックマーク - VSCodeのRemote Development機能が革命的な話。 - Crieit はてなブックマークに追加

VSCodeのRemote Development機能が革命的な話。 – Crieit

VSCodeのRemote Development機能が革命的な話。 - Crieit

VSCodeのRemote Development機能が革命的な話。 - Crieit

背景 今月始めにMicrosoftからRemote Development Extension Pack. というのが発表された。簡単に言うと、VSCodeでコードを書くOSとプラグインが実行されるOSを別にすることが出来る。 よくあるパターンで、「MacでNokogiriがビルドできません」「WindowsでESLintを実行するにはどうしたら良いですか」みたいな質問があ...

はてなブックマーク - VSCodeのRemote Development機能が革命的な話。 - Crieit はてなブックマークに追加

開発マシンをWindowsに移行した話 – Crieit

開発マシンをWindowsに移行した話 - Crieit

開発マシンをWindowsに移行した話 - Crieit

2010年頃に開発マシンをMacに移行して、それからずっとMacで開発していたのだけれど、Windowsに戻してみることにした。 理由 最近なんかMacイケてないと思わない? 新型MacBook Pro1.3kgはともかく、13インチMacBook Airが1.2kgってありえないでしょ?アップルの空気はそんなに重いの? 一方で、WindowsでWEB開発する条...

はてなブックマーク - 開発マシンをWindowsに移行した話 - Crieit はてなブックマークに追加

開発マシンをWindowsに移行した話 – Crieit

開発マシンをWindowsに移行した話 - Crieit

開発マシンをWindowsに移行した話 - Crieit

2010年頃に開発マシンをMacに移行して、それからずっとMacで開発していたのだけれど、Windowsに戻してみることにした。 理由 最近なんかMacイケてないと思わない? 新型MacBook Pro1.3kgはともかく、13インチMacBook Airが1.2kgってありえないでしょ?アップルの空気はそんなに重いの? 一方で、WindowsでWEB開発する条...

はてなブックマーク - 開発マシンをWindowsに移行した話 - Crieit はてなブックマークに追加