「VRレビュー」カテゴリーアーカイブ

ハイエンド向けVR『VoxEl』試遊レポート&開発者インタビュー【TGS2018】


東京ゲームショウ2018(TGS2018)のAR/VRブースに出展されている、DeNAプロデュースであまた株式会社と共同開発中の新規コンテンツ『VoxEl』の体験レポートをお届けします。

ハイエンド向けVRタイトル『VoxEl』とは

本作はDeNAプロデュースであまた株式会社と共同開発中の新規コンテンツ。VR専用のステージクリア型謎解き&バトルゲームです。


プレイヤーは色と音を奪われた世界で、足に鎖で繋がれた不思議な少女「エル」とともにフィールドのギミックを解き明かし、たどり着いた先に現れる敵と戦います。


本作は4月にフランスのラヴァルで開催された世界最大規模のAR/VR展示会「LAVAL VIRTUAL 2018」に出展し、優れたコンテンツを表彰する「LAVAL VIRTUAL AWARDS 2018」に参加しました。

▼日本語版PV。ヒロイン「エル」の日本語版ボイスは声優の石川由依さんが担当しています。

▼ブースには「エル」の衣装を着た「うに子」さんが登場。


世界観の奥深さが感じられる謎解きゲーム

ゲームの目的はフィールド内のエレメントを使い、設置されたギミックを利用しつつ、先に進んでいくこと。エレメントには風や火などの効果があり、風のエレメントで風車を動かす、火のエレメントで機械を作動、といったことが可能です。


謎解きやパズル要素の強い本作ですが、一番印象的だったのが作り込まれた世界観です。この手のジャンルはVRと親和性が高いのですが、その多くはプレイヤー自身が動かない箱庭型や、一定のルートを進んでいくタイプのものがほとんどでした。

しかし、本作では制限はあるものの、360度に広がる世界を自由に動き回ることができます。また、ハイエンド向けVRタイトルということで、グラフィックの美しさも特徴の1つ。プレイを始めて目の前に世界が広がった瞬間は、正直な話、かなり圧倒されました。


VRといえば「VR酔い」も気になるところ。本作では移動方法が「任意の定点へのワープ」となっており、思ったより酔いませんでした。

視点変更にややクセがある(プレイ環境から後ろを振り向くのが少し大変)のですが、プレイヤー自身が動くことから、あまり酔わない設計になっているようです。

▼プレイしている様子。フィールドのあちこちにギミックがあるので、360度キョロキョロしながらプレイしています。


ゲームのラストにはボスが出現。ボスもギミックを利用して倒すのですが、これまでと違いボスがこちらに迫ってくるため、じっくりと解く余裕はありません。

その巨体さから、視覚から訴える圧力がすごく、緊張感のあるバトルが楽しめます。


本作の開発を務める永田峰弘氏へのインタビュー

ーー本作はいつ頃から開発していたのでしょうか?

永田峰弘氏(以下、永田氏):去年の4月ぐらいから研究を始めて、3ヶ月ぐらいでプロトタイプを作りました。その後、中心メンバー10人ほどで現在のビルドまで制作しました。

ーー現在の完成度は?

永田氏:90%ぐらいです。細かいバグは残っていますが、当初予定していた内容はほぼ入っています。ただ、お話としては余地を残しているので、そこは今後の開発次第ですね。

ーーフィールドの完成度の高さが印象的でした。

永田氏:最初は決まった場所にのみ移動するタイプでした。ただ、「VRタイトルで没入感を高めるには自由移動する必要があるのでは」という考えから、今の形になりました。ただ自由に移動できても、舞台が単純なものだとつまらないですよね。なのでフィールドやギミックなど、世界観の描写はこだわっています。

ーーVRの酔いについて意識したところはありますか?

永田氏:継続移動するタイプは酔いやすいので、ワープ移動することでVR酔いを緩和しています。移動方法はいろいろ試したのですが、今のところこれが最善かなと。あと、やりようとしてはワープ移動にエフェクトを足して移動情報をわかりやすく伝えるとかですかね。そこは今後の研究課題です。

ーー試遊した人の反応はどうでしたか?

永田氏:VR自体の注目度も高く、日本のプレイヤーはもちろん、海外のプレスの方にもプレイしていただきました。多くの方が楽しんでくれたようで、反応もいい感じです。

ーーいずれはPSVRなどでも遊べるようになるのでしょうか?

永田氏:現在はハイエンドPCのHTCviveで開発しており、最初の配信はsteamが現実的かと思います。本作はグラフィックもリッチにするというコンセプトなので、PSVRなどのデバイスでは少し考えないといけませんね。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

©DeNA Co., Ltd.All rights reserved.

VR酔いしないメカニズム+ナムコのゲーセン技術が結びついた『冒険川下りVRラピッドリバー』がスゲー!

新宿のVR施設「VR ZONE SHINJUKU」に追加された新アクティビティ『冒険川下りVRラピッドリバー』のレビューをお届けします。
※9月13日に大阪・梅田にオープンするVR ZONE OSAKAでも体験できます。

本作では体験者が協力してオールを操作して、ルートの分岐を決めたり障害物を避けたりしながら幻の遺跡を目指すことに。


まるで本当に川下りの冒険をしているかのようなスリルと爽快感を体感できるVRアクティビティとなっていました!

▼コヤ所長(右)とタミヤ室長(左)、そして『冒険川下りVRラピッドリバー』のプロデューサーを務めるサイダさん(中央)。


声をかけあうのが楽しいジェットコースター的なアクティビティ

本作はオールを操作して川下りをするアクティビティ。プレイ方法は簡単で、左に曲がりたいときは右に座っている人がオールをこぎ、逆に右に曲がりたいときは左に座っている人がオールをこぐだけ。

▼オールをこぐ! ヘッドマウントディスプレイを通じて見ると、本当にオールを持っているように見えるわけですよ。



リアルなボートと同じで、ある意味シンプルな操作ですが、周囲の人と声をかけあいながら動きを決めるところがなかなか楽しい!

穏やかな川の流れのときは「右に曲がるので、左の人お願いしまーす」なんてのんきなムードですが、スピード感溢れる激流で岩が迫ってくると「みぎ! みぎぃぃぃぃ!!」なんて感じの切迫感が出てきて、これはこれでめちゃくちゃ楽しいのです(笑)。

さて、そんな『冒険川下りVRラピッドリバー』のポイントの1つが、水面に浮かぶ船の揺れや高低差がある場所での浮遊感、岩にぶつかった時の衝撃など、本当に船で川を下っているようなリアルな感覚を味わえるところ。


ビジュアル的にも、水がかかると水滴がつくなど、細かいリアル志向な演出がたまりません! 激流あり、高低差ありと、まるでジェットコースーターのような刺激を楽しむことができました。

ちなみにゲームシステム的には、途中にルート分岐があるところに注目。遺跡と激流と2つのルートが用意されており、正直、遺跡のルートを目指すのはテクニックが必要です(初見だとちょっと無理ゲーかもしれません)。

リピートして遊ぶ際の楽しみとして、ぜひ2つのルートを制覇してみてほしいと思います。


操作に失敗して岩などにぶつかりまくるとゲームオーバーになるそうですが、数回ぶつかったくらいでは大丈夫なので、あまり神経質にならずに豪快に楽しむのがいいでしょう(筆者がプレイした際のぶつかった回数は8回でした。初見プレイとしては、平均的な感じじゃないでしょうか)。

でかくて動く! なのに酔わない!! VRアクティビティの1つの到達点がここに!

さて、普通に遊ぶだけでも楽しい『冒険川下りVRラピッドリバー』ですが、ここでマメ知識を1つ。

このアクティビティはリアルな川下りを実現するために、非常に大きな装置を使って遊ぶことになります。もう、めっちゃ台座が回転するんですよね!

▼実際に遊んでいると気になりませんでしたが、客観的に見たら、めっちゃ台座が動いていてビックリしました。ぐるんぐるん!


となると不安になるのが、VR酔いの問題です。ただでさえ、人によってはVR酔いがありうるのに、これだけ台座が激しく動いたら、めちゃくちゃ酔ってしまうのでは……?

でも、実際にプレイしたところ、乗り物酔いがひどい筆者ですら、まったく酔わずにプレイできました。なんで!?

そんな疑問にコヤ所長たちが答えてくれました!

ざっくり説明すると、3D酔いの研究が進み、人間の移動方向によるVR酔いへの耐性差の傾向が見えてきたとのこと。

具体的には、前進時の加減速や上昇/下降時の加減速(エレベーターとかですね)については、けっこう耐性があるそうです。


でも、今回の『冒険川下りVRラピッドリバー』のようにヨーイング(左右の揺れ)に対しては耐性が低い=VR酔いをしやすいという問題点があります。

ちなみにそれは『マリオカート アーケードグランプリ VR』などのレースゲームの際の課題の1つでもあり、激しいカーブを取り入れたコースだとVR酔いを起こしやすいため、あえてカーブはかなりゆるめにするといった工夫をしていたそうです。

ですが、『冒険川下りVRラピッドリバー』は激しい左右移動を取り入れないと刺激が半減してしまいます……。

そこで行った対策が「視点の動きと体の動きをきちんとリンクさせること」。VR酔いの一因は、見えている風景と体の動きの不一致から起こるので、その部分を一致させればVR酔いを軽減できるわけですね。


これ、言うのは簡単ですが、実際に実現させるのは非常に大変だったとのこと。『冒険川下りVRラピッドリバー』を例にすると、4人乗り=大柄な人も想定すると最大400kgレベルの重量を動かすことも必要で、重心の位置1つとっても苦心したそうです。
(重心位置を計算=できるだけ中心に重量を集めるため、実際の船のように4人が同じほうを向くのではなく、背中合わせにしたとのこと。座り方1つとっても、工夫があるんですね!)

余談ですが、バンダイナムコアミューズメントにはナムコのアーケードゲーム時代の大型可動筐体(レースゲームやシューティングゲームなど)のノウハウが蓄積されており、だからこそこういった大型のVRの仕掛けを作る際に参考になることが多いそうです。

自分はゲームセンターでいろいろな大型可動筐体を遊んできた人種ですが、そういった歴史のつながりのなかで今のVRゲームも作られていると考えると、本当に感慨深いものがあります。

というわけで、皆さんが『冒険川下りVRラピッドリバー』を遊ぶ際に、知り合いにマメ知識を披露してみてはいかがでしょうか!

大阪のVR ZONE OSAKAではゴジラが大暴れ!

最新VRアクティビティとなる『冒険川下りVRラピッドリバー』は、9月13日に大阪・梅田にオープンするVR ZONE OSAKAでも体験できます。

ちなみにVR ZONE OSAKAでは、大阪先行で『ゴジラVR』を体験できるんですよね……めっちゃ気になる!

大阪近辺にお住いの方は、『冒険川下りVRラピッドリバー』だけでなく、ぜひ『ゴジラVR』も体験してみてください!

©BANDAINAMCOAmusementInc.
TM&©TOHO CO., LTD.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

『ドラゴンクエストVR』レビュー。メラやルーラ、バイキルトの再現度がすごい!

dqvr - 10


新宿のVR施設「VR ZONE SHINJUKU」で4月27日から遊べる『ドラゴンクエストVR』の先行レビューをお届けします。

戦士2人・魔法使い・僧侶で4人パーティーを組んでゾーマと戦えるなんて……勇者がいないんかーい! というツッコミはさておき、誰もが夢見た「ドラゴンクエストごっこ」の完成版みたいなVRを味わえるわけで、すごい時代になったもんです。

時代を先取っていた体験ゲーム機『剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣』(2003年9月発売)で剣を振りすぎて腱鞘炎になりかけるほどハマった自分としては、感無量ですねえ。

dqvr - 1


そんなわけで、実際に遊んで感じたアレコレを紹介していきましょう!

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)