「Vainglory」カテゴリーアーカイブ

『Vainglory』2019年初期にPC版リリース! α版ダウンロードでスキンを無料プレゼント



Super Evil Megacorp(SEMC)が配信中のスマートフォン向け『Vainglory(ベイングローリー)』は、「誰とでも」「どこでも」「公平に」ゲームを遊べる”ポスト・プラットフォーム”の未来を見据え、『Vainglory』のWindows・macOS版を2019年初期に配信すると発表しました。また、2019年後期までに据え置きゲーム機版のリリースも予定されています。

『Vainglory』について

『Vainglory』は、3対3、5対5、そしてクイックモードで仲間と力を合わせて対戦する、「全く妥協のない」マルチプレイオンラインバトルアリーナ(MOBA)です。ゲームエンジンはSuper Evil Megacorpが特許を持つ「E.V.I.L.」を搭載しています。深い戦略性と緻密な操作性を誇り、互換性のある端末では一秒間に最大120フレームまでの美しいグラフィックを提供します。

2015年に配信開始し数々の賞を受賞した同作は、3M+ポリゴンを搭載し、200以上の完全アニメ化された動くアクターや、業界初のテクノロジーと妥協のない操作性と戦略を実現します。 2019年初期にはWindows・macOS版が配信され、モバイルだけでなくどの端末においてもMOBAジャンルにおける革新的なタイトルとなります。



クロスプラットフォーム化について

2015年の『Vainglory』のローンチ以来、SEMCは自社開発の「E.V.I.L.」エンジンによってスマートフォンゲームの最先端技術と最高品質の体験を提供し続けました。同社が誇るPCゲーム級のグラフィック、精密な操作性、そして深い戦略性はそのままPC版にも引き継がれます。

PC版と同時に配信される『Vainglory』アップデート4.0は使用デバイスに関わらず公平な競技性を提供し、複数のデバイスや操作方法でのプレイを実現化します。PC版ローンチ以降のeスポーツ競技はクロスプラットフォームを推進し、プレイヤー自身が得意な端末で競技に参加できます。




クロスプラットフォームでの競技化を記念し、2018年12月16日(現地時間)にロサンゼルスで開催されるESP Gaming主催のeスポーツイベント「Vainglory World Invitational」では、世界初となるPC対スマートフォンのエキシビション戦が披露されます。

▼Vaingloryクロスプラットフォームの紹介(日本語字幕あり)

2019年1〜2月にはeスポーツコミュニケーションズが主催する賞金総額2万4000米ドル(約270万円)のWESG日本予選が開催され、選出されたチームは日本代表として中国・Alisportsが主催するWESG Vainglory部門に出場します。さらに、『荒野行動』『陰陽師』中国・NetEase(網易)と提携を結び、中国国内でのローンチ準備を進めていると発表しています。

WESGについて

中国・Alibabaの子会社であるAlisports主催の国際eスポーツ大会「WESG」の日本予選として、eスポーツコミュニケーションズ合同会社主催のWESG日本予選が2019年1月から2月にかけて開催され、『Vainglory』の予選も行われます。Vaingloryの賞金総額は24,000米ドルとなり、優勝チームには20,000ドル、2位チームは4,000ドルの賞金が与えられ、日本代表チームとして中国の本戦に出場します。

オンライン予選:2019年1月19・20日
オフライン決勝(ヨシモト∞ホール):2019年2月10日 
WESG本戦(中国・重慶市):2019年3月

【日本予選の詳細】

NetEaseとの提携について

また、NetEaseとの提携によって、SEMCはVaingloryのクロスプラットフォーム版を世界と同時に中国国内で配信します。

Super Evil Megacorp CEOのKristian Segerstraleは以下のように語っています。
「中国のゲーム市場は世界的に見て圧倒的なシェアを誇っており、イノベーションにおいても著しく成長しています。NetEaseとの戦略的パートナーシップによって中国国内でのVaingloryの成長を図るだけでなく、中国から学んでグローバル戦略に役立てられるものも多いと感じます」

NetEaseの創設者およびCEOのWilliam Ding氏は以下のように語っています。
「Vaingloryはクロスプラットフォームの競技的なゲームとして革新的なタイトルです。SEMCとの綿密な協力によりVainglory 4.0を中国国内で成功させたいと考えています」

Vaingloryのアップデート4.0はWindows、macOS、iOS、Android版として2019年初期に配信を予定しています。アップデート4.0はクロスプラットフォームでのプレイ、プレイヤー同士のコミュニケーション機能の向上、イベントを伴う新ゲームモードなどを搭載する予定です。

PC α版をダウンロードしたプレイヤーには、無料で「ヴォックス・オン・アイス」のレジェンダリー・スキンがプレゼントされます。

Windows・macOS α版のダウンロード

Vainglory 5V5 ・販売元: Super Evil Mega Corp.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 1,928.1 MB
・バージョン: 3.8.4
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

【Vainglory】バーチャルパッドやボイスチャット、新ヒーロー「キネティック」追加


MOBA『Vainglory(ベイングローリー)』のサマーシーズン開始となる、アップデート3.4が配信されました。

今回のアップデートでは、バーチャルパッド操作の追加、パーティー内のボイスチャット、やりこみ要素のランク報酬やギルドイベント、新ヒーロー「キネティック」などの新しいコンテンツが多数追加されました。

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)