「twitter界隈」カテゴリーアーカイブ

「特務機関NERV」Twitterアカウント、地震直後に“凍結” 災害情報発信できず 運営者「一番あってはならないタイミング」 – ITmedia NEWS

「特務機関NERV」Twitterアカウント、地震直後に“凍結” 災害情報発信できず 運営者「一番あってはならないタイミング」 - ITmedia NEWS

「特務機関NERV」Twitterアカウント、地震直後に“凍結” 災害情報発信できず 運営者「一番あってはならないタイミング」 - ITmedia NEWS

防災情報を発信しているTwitterアカウント「特務機関NERV」(@UN_NERV)が6月18日夜、一時的にアカウントロックされた。理由は不明だが、新潟県で最大震度6強の地震が発生し、津波注意報などの情報発信が求められるタイミングだったこともあり、ネット上ではTwitter社の対応を疑問視する声が相次いでいる。 特務機関NERV...

はてなブックマーク - 「特務機関NERV」Twitterアカウント、地震直後に“凍結” 災害情報発信できず 運営者「一番あってはならないタイミング」 - ITmedia NEWS はてなブックマークに追加

シュナムルさんのツイート: “原爆のことを考える時には、いつか見た黒焦げの子供の死体の写真を思い出す。米国には原爆投下を正当化するための百の理由があるだろうし、日本には追及を躊躇う百の事情があるだろうけど、じゃああの日焼かれて死んだ無数の人々の苦しみを、我々が水に流すことは、正しいのか。”

シュナムルさんのツイート: "原爆のことを考える時には、いつか見た黒焦げの子供の死体の写真を思い出す。米国には原爆投下を正当化するための百の理由があるだろうし、日本には追及を躊躇う百の事情があるだろうけど、じゃああの日焼かれて死んだ無数の人々の苦しみを、我々が水に流すことは、正しいのか。"

シュナムルさんのツイート: "原爆のことを考える時には、いつか見た黒焦げの子供の死体の写真を思い出す。米国には原爆投下を正当化するための百の理由があるだろうし、日本には追及を躊躇う百の事情があるだろうけど、じゃああの日焼かれて死んだ無数の人々の苦しみを、我々が水に流すことは、正しいのか。"

原爆のことを考える時には、いつか見た黒焦げの子供の死体の写真を思い出す。米国には原爆投下を正当化するための百の理由があるだろうし、日本には追及を躊躇う百の事情があるだろうけど、じゃああの日焼かれて死んだ無数の人々の苦しみを、我々が水に流すことは、正しいのか。

はてなブックマーク - シュナムルさんのツイート: "原爆のことを考える時には、いつか見た黒焦げの子供の死体の写真を思い出す。米国には原爆投下を正当化するための百の理由があるだろうし、日本には追及を躊躇う百の事情があるだろうけど、じゃああの日焼かれて死んだ無数の人々の苦しみを、我々が水に流すことは、正しいのか。" はてなブックマークに追加

小西ひろゆき (参議院議員)さんのツイート: “W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、

小西ひろゆき (参議院議員)さんのツイート: "W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、

小西ひろゆき (参議院議員)さんのツイート: "W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、

W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為に、あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い。

はてなブックマーク - 小西ひろゆき (参議院議員)さんのツイート: "W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、 はてなブックマークに追加