「Technology」カテゴリーアーカイブ

Facebookが「ユーザーの声」活用にお金を払う

Image:SeanGallup/GettyImagesNews/ゲッティイメージズお友達の名前を言うだけの簡単なお仕事です。ユーザーの会話をコソコソ聞くのはもう終わりです。きっちりお金の発生するビジネスとしてやりましょう、そうしましょう。TheVergeの報道によると、Facebookが自社のマーケティング調査アプリViewpointsで、新しいプログラム「Pronunciations」を始める

シャオミがスマート・マスクの特許を米国で取得。空気汚染や呼吸データを計測

Image:UnitedStatesPatentandTrademarkOffice本来はコロナウイルスのためではなかったけど、そのためのマスクにもなるかも?中国北京の家電メーカーXiaomi(シャオミ)が、ジャイロスコープと加速度計で装着時間、呼吸量、呼吸回数、空気の汚染度などを記録し、それを無線でデータ送信するスマート・マスクを作ろうとしています。そしてこのたび、米国特許商標庁にて特許を取得し

発毛にも使えるって。貼りっぱなしで薬を投与するスマート包帯

Image:UConnTodayなんと発毛促進にも使えるとのこと。糖尿病の合併症で起こる創傷治癒の遅延は、最悪の場合、四肢切断につながることもあるのだそうです。そこでコネチカット大学のバイオメディカル・エンジニアリング科にて、貼りっぱなしで薬を投与するスマート包帯を開発している、とUConnTodayが報告しています。ネットからも無線操作できるNEWATLASでは、この投薬はスマートフォン程度の大

宅配もやがて電気で届く。クロネコヤマトが中型商用EVトラックを導入

Image:ヤマト運輸グリーン物流に向けて、一歩前へ。テスラ、日産、三菱、BMW。近年、自動車界にはEV化への流れがやってきていますが、それは物流へも。クロネコヤマトでおなじみのヤマト運輸は、中型の商業EVトラックを導入しました。2019年11月には、日本初となる小型商用EVトラックを導入していましたが、グリーン物流への次のステップとして、今度はより多くの荷物を運べる中型の商業トラックへ!というわ

「不快なものを俺の視界に入れさせるな」圧が高まってるよな

「不快なものを俺の視界に入れさせるな」圧が高まってるよな

「不快なものを俺の視界に入れさせるな」圧が高まってるよな

Google検索のノイズ問題とか「いろんなページが引っかかって困る」というより 「そもそもノイズが表示されることが我慢できない」という人が多いように感じる。 不快なものが視界に入ってくるたびイライラして仕方ないって感じ。 はてブでもサイトブロック機能やNGワード機能を要望する人が多いし フェミも「ゾーニング...

はてなブックマーク - 「不快なものを俺の視界に入れさせるな」圧が高まってるよな はてなブックマークに追加

SpaceX、今までの2倍の高さまで飛べる宇宙旅行を計画

ISSにドッキングするCrewDragonPhoto:NASA宇宙のかなたへ。イーロン・マスクの宇宙開発企業SpaceX(スペースX)と宇宙旅行会社のSpaceAdventuresが、民間向け宇宙旅行の契約を結んだと発表しました。SpaceAdventures社のEricAnderson会長によると、この宇宙旅行は従来の民間宇宙旅行の倍の高度まで乗客を送ることができるとのこと。この宇宙旅行で使われ

スカウターのように選手を観察でき、ダンクシュートは目の前で展開。5G時代のスポーツ観戦がすごい

Photo:小原啓樹今楽しみなことといえば、やっぱりこの春から商用サービスが始まる「5G」じゃないでしょうか。大容量かつ低遅延でのデータ通信、簡単に言えば「超高速モバイル通信」ができるようになるということで、すでに5Gを想定した新しいサービスが生まれつつあります。そんな5Gですが、僕たちにどんなメリットがもたらされるのでしょうか?なんとなく「スマホのデータ通信が速くなるんだろうな」という感じで、あ

飛行機搭乗時の面倒を軽減。自動手荷物預け機をJALが羽田空港に導入、AIが荷物や人を判断

日本航空(JAL)は2月20日、自動手荷物預け機6台と新型自動チェックイン機(12台)を羽田空港国内線に導入したと発表しました。2月5日から試験運用を開始しており、これを正式に導入するもの。3月中旬ごろから本格的な運用を開始します。 自動手荷物預け機「Self Baggage

クアルコムの新5Gモデムチップ「SDX60」はずげーぞー

Image:arsTechnicaでも出るのは2021年。日本でも今年春からいよいよ始まる、5G通信。そんな通信技術を縁の下から支える、Qualcomm(クアルコム)の新モデムチップ「SnapdragonX60」が発表されました。SnapdragonX60の特徴は、サブ6とミリ波という2つの5G帯域でのキャリアアグリゲーション(CA)をサポートしていること。サブ6はより低周波数で安定してつながる一

女優のいとうまい子さんが「ロボット開発者」に転身したワケ–超高齢社会に技術で挑む – CNET Japan

女優のいとうまい子さんが「ロボット開発者」に転身したワケ--超高齢社会に技術で挑む - CNET Japan

女優のいとうまい子さんが「ロボット開発者」に転身したワケ--超高齢社会に技術で挑む - CNET Japan

女優やタレントなどマルチに活躍する、元アイドル歌手のいとうまい子さんが、ロボット開発者に転身していることをご存知だろうか。2019年1月には、AIによって超高齢社会などの課題解決に挑むエクサウィザーズのフェローにも就任している。 人生100年時代において健康寿命を延ばすためには予防医学が重要なことから、「ロ...

はてなブックマーク - 女優のいとうまい子さんが「ロボット開発者」に転身したワケ--超高齢社会に技術で挑む - CNET Japan はてなブックマークに追加

胸に貼って、無呼吸症候群を機械学習で検出するウェアラブル・パッチ

Image:onera機械学習が、平常時と違う体内電圧を判断。昼間の眠気や脳卒中、心臓病、記憶障害のリスク増加を引き起こしかねない無呼吸症候群。これを検出するためのウェアラブル・パッチが開発されています。体内の電気信号とアルゴリズムが検出するご覧の通り、このパッチは胸に貼り付けて使います。IEEESPECTRUMでは、無呼吸の検知方法は、体脂肪計にも使われる、身体を通過する電気信号を測定する生体イ

太陽光発電で1年間飛び続ける! 英国の電気航空機が豪州での試験飛行に成功

Image:MisterRuss1/YouTube1年もの間、成層圏を飛んで太陽光で発電し続け、地上の観測や監視に使われる予定のイギリス製航空機「PHASA-35」。これが南オーストラリアにある空軍の試験場ウーメラにて、初の試験飛行を成功させました。設計から2年足らずの歳月で完成させたのは、BAESystemsの子会社Prismatic社。それがイギリスの防衛科学技術研究所とオーストラリア防衛科学

イギリスではあと15年でガゾリン車が販売できなくなる

Image:Getty見せてもらおうか、気候変動懐疑派が行なう気候変動対策の本気度とやらを。イギリスは2035年までにガソリン・ディーゼル・ハイブリッド車を禁止へイギリスが自動車禁止に向けて本気を出してきました。今年11月にグラスゴーで開催される国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で議長国を務めるイギリスのボリス・ジョンソン首相は、ガソリン車とディーゼル車の禁止を現行の2040年

JR西日本が「自動運転」を試験、大阪環状線と桜島線で実用化目指す

JR西日本は19日、大阪環状線で列車を「自動運転」する試験を行ったと発表しました。 JR西日本が今回実施した実験では、駅を出たときの加速から状況に応じた速度の変更、停車駅での減速や停止操作など一連の運転の流れの自動化を目指します。 試験では大阪環状線で使われている制御装置(ATS-P)に加減速制御と定位置停止制御の機能を加えて自動運転を実現。大阪環状線外回り線の大阪~京橋駅間にて終電後に行われました。試験は安全への配慮として、運転士が乗車した状態で行われています。

LOVOTの猫耳ウェア期間限定で発売

GROOVE Xはコミュニケーションロボット「LOVOT(らぼっと)」専用ウェア「ねこみみホールガーメント」を2月21日に発売します。価格は税別1万980円で、直販サイトと東名阪の髙島屋店舗にて数量限定で展開予定です。 LOVOTは2019年12月から出荷開始されたコミュニケーションロボットです。ユーザーとのスキンシップで、人への懐き方も変化することなどが特徴です。専用のウェアを着替えさせると、LOVOTは"手を挙げて喜び"ユーザーに懐く仕様となっています。

Star Trekにまた一歩近づいた!数十秒で3Dプリントできる新技術

Image:EPFLレプリケーターまで後もう少し?転送装置、光速で移動できる宇宙船...StarTrek(スタートレック)は私たちに、23世紀が待ち遠しくなるような素晴らしい未来の技術を見せてくれました。しかし、そのすべてが私たちが白骨になった後まで登場しないとは限りません。というのも、3Dプリンタがレプリケーターの実現に向けて大きな一歩を踏み出したからです。製造業やプロトタイプ制作では何十年も使

5Gモデム3世代目「Snapdragon X60」発表。ミリ波×サブ6 CAや5G音声通話をサポート

クアルコムは5Gモバイル通信向けの新型モデムチップ「Snapdragon X60」を発表しました。スマートフォンなどに組み込まれる5Gモデムとしては3世代目で、世界初の5nm設計を採用。より幅広い製品で使えるように機能が向上しています。 通信速度は下り最大7.5Gbps(前世代は最大7Gbps)、上り最大3Gbpsへと高速化。"5Gだけのネットワーク"(5G スタンドアロン/5G SA)では、サブ6周波数帯のピーク速度が2倍となることを約束しています。

ソフトバンクの手提げ袋がよりエコに。その秘密は「石灰岩」

ソフトバンクザラザラしないのかな?ソフトバンクは全国のソフトバンクおよびワイモバイル店舗にて、石灰岩を含む新素材を使用した「BioLIMEXBag」を導入すると発表しました。BioLIMEXBagに使われるLIMEX(ライメックス)という素材は、石灰岩(炭酸カルシウム)など無機物を50%以上含む複合素材です。さらにBioLIMEXBagでは、植物由来の樹脂も原料となっています。従来のプラスチックバ

コロナウイルス、電子顕微鏡だとこんな見た目なんだって

Image:NIAID/flickerデジタルで着色すると綺麗ですけども…。病名「COVID-19」と名付けられた、SARSの姉妹種コロナウイルス「SARS-CoV-2」が各地で猛威を振るっています。ですがそんな折、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のロッキー・マウンテン研究所(RML)が、走査型と透過型の電子顕微鏡を使って「SARS-CoV-2」のヴィジュアルを捉えた、とNEWA

アメリカで初の「CRISPR編集した免疫細胞」を用いたがん治療、新たな研究成果が明らかに

Photo:GettyImages免疫システムを強化して、がんと闘う。最近、遺伝子編集技術「CRISPR」を用いた治療方法が注目されています。さまざまな技術があるなかで特に注目されているのが、T細胞として知られる免疫系をリプログラミングすることでがんに働きかけるという方法。T細胞は患者の血液から採取され、腫瘍細胞をターゲットとできるようラボでの修正・増殖を経てふたたび体内に注入されます。アメリカで

ロケットなしで衛星を打ち上げ? アマゾンの謎特許

USPTOそのアイディアはなかった。人工衛星は基本的に、ロケットで打ち上げるのが普通。しかしAmazon(アマゾン)はなんと、ムチを使って人工衛星などの荷物を宇宙空間に投入するという、実に風変わりなシステムを特許出願しているのです。このシステムでは、何キロメートルもの長さのムチを船舶に設置されたウィンチに設置します。そしてムチのもう片方の先端には「航空機」が接続され、ムチをしならせることで荷物をを

レトロチックでトイチック。自分の手でフィルムを出すインスタントカメラ

Image:タカラトミー撮って終わりじゃないカメラ、すきです。タカラトミーが、新しいインスタントカメラ「Pixtoss(ピックトス)」を発表しました。Holgaのようなトイカメラのようにも見えますが、目を引くのはやはりハンドルの存在でしょう。今年は手回しのリバイバルが来ている…!?レンズ横のシャッターレバーを押して撮影しますが、撮影されたチェキフィルムを出すためにはハンドルを回す必要があるわけです

トンデモ技術で有名な米DARPA、ゲーマーの脳波からAIを作り自律型軍事ロボットを作りたい

Image:DouglasLevereviaUBNowロボたちが反乱したら完全に『ターミネーター』の世界。ニューヨーク州立大学バッファロー校では現在、将来的に人間のように考え、自律型軍事ロボットを操るAIを育てるべく、国防高等研究計画局(DARPA)のためにゲーマーの脳波や眼球の動きといったデータを蓄積しているのだそうです。どのような研究かFuturismによりますと、DARPAは大学に31万60

めんどうなスマートホームの設定、アップルがもっと簡単にしてくれそう

Image:NicoElNino/shutterstock.comHomePodにも頑張ってほしい今や、電球も冷蔵庫もインターネットに繋がる時代。そしてApple(アップル)は、スマートホームシステムをもっと便利にする特許を出願しています。そもそも現在市場にあるスマートホーム製品は、アプリを使い分けたり自分で設定をしなければいけなかったりと、いまいちスマートとはいえません。一方、Appleのワイヤ

Bluetoothコントローラになるデニム。撫でるだけで音量アップ&ダウンができちゃう

Photo:武者良太ファブリックinセンサーって、めっちゃ需要あると思う!2月12日~14日まで開催していたウェアラブルEXPOで、興味深い一品と出会いました。トルコのデニムメーカーISKO(イスコ)が開発した「ISKOTouch」です。デニム生地のなかにタッチセンサーを埋め込み、触ると同じく埋め込まれたLEDが光るというデモ。パッと見はよくあるようなネタに思えたのですが、いくら触ってもセンサーの

5G対応iPad Proは最強のモバイルルーターになりそう

Image:antb/Shutterstock.com自宅でも活躍しそう2020年は世界でも日本でも、次世代通信こと「5G」が大きく羽ばたきます。そしてそれにあわせて、5G対応iPadProが今年秋に登場するかもしれませんよ?台湾紙のDigiTimesが伝える情報によると、今年秋には5G対応のiPadProと次期iPhoneが登場するそうです。これらのデバイスは5nmで製造されるA14プロセッサを

マクドナルドの使用済み油、エコな3Dプリント素材に。土に還るしコストも安いし

Image:DonCampbell/UniversityofTorontoviaGizmodoUSマクドナルドの使用済み油から作ったプラスチックの蝶。0.1mmの精度で形を表現できていて熱的・構造的にも安定、生分解性あり、しかも低コスト。あのポテトの匂い、するのかな…?フライドポテトってつい食べちゃうんですが、控えたほうがいい理由はカロリーだけじゃありません。揚げ物に使った油を普通にシンクに捨てて

エアバスが太っちょ旅客機「MAVERIC」のミニチュア試作機を飛ばす

Image:AIRBUS未来のジャンボジェットは、みんなこうなるんだろうか?航空機メーカーのAIRBUS(エアバス)社が、翼と胴体を混合した太っちょ旅客機「MAVERIC」プロジェクトに取り組んでいます。そしてこれを、全長2m、全幅3.2mのラジコンで飛ばすデモ機として、検証を行ないました。100年前のコンセプトが実現しつつあるAIRBUSいわく、この機体は「blendedwingbody」、つま

長さ、距離、高度、重量、速度、湿度…スマホで「測れる」すべて

Image:RulerAppスマートフォンは、何でもできます。ポータブルミュージックプレイヤー、日記帳、デジタルカメラ、電卓、20年前はそれぞれ別々に持ち歩いていたデバイスがスマホ一台で事が済むようになりました。でも実は、スマートフォンでいろんなものを測ることができるメジャー機能を使いこなしている人はそんなにいないかもしれません。適切なセンサーと適切なアプリがあれば、実は想像以上に多くのデータを測