「Technology」カテゴリーアーカイブ

時速1,175kmでシカゴとクリーブランドを結ぶ「ハイパーループ計画」。米下院が資金を提供で、法整備へ

Image:HTT504kmの距離を28分で繋ぐ!イーロン・マスクが構想を発表したのち、2013年に手を挙げて設立されたHTT(ハイパーループ・トランスポーテンション・テクノロジーズ)。彼らは大きなチューブの中の空気を減圧して、その中を音速(時速1,225km)に近いスピードで人や貨物の入ったカプセルを移動させる、という次世代交通システム「ハイパーループ」を作ろうとしています。そのコンセプトとメカ

マルチディスプレイの力をフルに引き出すヒント7つ

Image:FarzadNazifi/Unsplashなんて無駄に贅沢なことを!1台のコンピューターにディスプレイを2台つなげるなんて──これまでマルチディスプレイを経験したことがなければ、そう思うかもしれません。しかし、ディスプレイが1台増えると、生産性がぐんと上昇し、文字通り、目の前に明るい未来が見えてきます。今日は、思い切って2台めのディスプレイをつないでみたあなたのために、その投資を最大限

たった2つのローターで飛ぶUFO風ドローン、スイス連邦工科大学ローザンヌ校が開発

Image:ÉcolepolytechniquefédéraledeLausanne(EPFL)/YouTube同軸反転式ローターは効率的でした。ドローンのほとんどはクワッドローター、つまり4つの回転翼で宙に浮くよう作られています。ちょうど安定するのが4つなので、かなり小型でもクワッドローターが主流となっています。ですがひとつ欠点を挙げるとすると、一度に回す翼が4枚なので、けっこうな消費電力になっ

橋の崩壊を衛星画像から予測できるようになりました

Image:UniversityofBath建造物予報。Googleマップといったアプリなどで目にする衛星画像ですが、NASAのジェット推進研究所とイギリスのバース大学の研究者たちは高精細な衛星画像の新たな活用方法を考え出しました。その方法とは、橋のような建造物の崩壊の前兆となるようわずかな変化の分析に用いることです。建造物のメンテナンスはとても困難橋のようなインフラ計画は、都市や地方自治体が定期

16K解像度に対応した新規格「DisplayPort 2.0」が重要な理由

Photo:AlexCranz(Gizmodo)スペックはすごいぞ!DisplayPortの名前を聞いたことがない人もいるかもしれません。HDMIのライバルのこの規格は、ハイエンドのモニタ、専用グラフィックスカードなどなど、プレミアムなプロ向けテクノロジに限定されています。そんななか、DisplayPortの新バージョンが発表されました。これはこれまでで最大のアップグレードで、将来的に多くのデバイ

ソニー、人体用ペルチェ冷温デバイス REON POCKET発表。熱設計技術をウェアラブルに応用 – Engadget 日本版

ソニー、人体用ペルチェ冷温デバイス REON POCKET発表。熱設計技術をウェアラブルに応用 - Engadget 日本版

ソニー、人体用ペルチェ冷温デバイス REON POCKET発表。熱設計技術をウェアラブルに応用 - Engadget 日本版

ソニーが伝統の熱設計技術とペルチェ素子を使ったウェアラブル冷温感デバイス『REON POCKET』を発表しました。 専用インナーウェア背面のポケットに装着することで、送風ではなく首もとへの接触により効率的に熱を移動させ、夏涼しく冬暖かい快適感が得られるとうたうデバイスです。 ソニーのスタートアップ創出プログラ...

はてなブックマーク - ソニー、人体用ペルチェ冷温デバイス REON POCKET発表。熱設計技術をウェアラブルに応用 - Engadget 日本版 はてなブックマークに追加

人間に新しい手をくれる。車椅子用ロボットアーム

Image:Kinova-YouTubeこれぞテックの存在意義だ!テックは人間の生活を豊かにしてくれる一方で、脅威です。テックに頼りきっている私たちは、テック無くして家から締め出され半日も路頭に迷いますし、プライバシーだってダダ漏れ。率先してプライバシーを公開する中毒もありますし、なんだかテックという巨大な手のひらの上で転がされているみたい。だから、私はテックが好きだけど怖いです。古き良き、テック

1円玉よりも軽いドローン「ロボ・ビー」が進化したよ

Image:HarvardJohnA.PaulsonSchoolofEngineeringandAppliedSciences/YouTubeviaGizmodoUS実は、ハーバード大学でミツバチタイプのドローン「ロボ・ビー」の開発が始まってから、ゆうに10年は経過しているんですよね。デザインは至ってシンプルな、この虫型ドローン「ロボ・ビー」、ここ数年でその機能は格段に進化してきました。「新機能」

変な声じゃないと反応してくれないGoogle Home

Image:ギズモード・ジャパンGoogleさん、これワザとやってるの?今では多くの家に置かれ、たくさんの人が利用しているスマートスピーカー。でもみなさん、どうしたわけか持ち主である自分の声を認識してもらえないってこと、ありませんか?FreshGadgetsいわく、YouTuberのジェイソンMさんもそのひとりだそうで、どうしてもGoogleHomeが彼の声を、主だと認めてくれないようです。そこで

もうこれガジェットじゃん! レバーひとつで折りたためるギター

Image:CiariGuitars/YouTube弦のテンションもピンと張れる!ガジェット折りたたんで広げたり拡張できるギミックがあると興奮しません?最近はスマートフォンでも折りたたみ型が世に出ようとしている時代ですし、エレキギターが折りたたみ型にならない理由が見つかりません。ということで、LaughingSquidが取り挙げたのがこちら、「CIARITRAVELGUITAR」です。ネックの真ん

Firefoxのプライバシー対策がさらに進化! パスワードが流出したら教えてくれるよー

Image:Lockwise.Firefox.comあなたの代わりに、あなたの情報を見張ってます。自分のユーザ名やパスワードが不正アクセスされていないか、ログイン情報をすべてチェックするのは至難の業です。そこで、Mozilla(モジラ)が開発するインターネットブラウザのFirefoxでは、ブラウザ内に保管されているログイン情報が漏洩したら、パスワード管理アプリFirefoxLockwiseがユーザ

中国のAIスタートアップが迷い犬を鼻の指紋(?)を使って捜索するアプリを開発

Image:Natalyadiies1/Shutterstock.com迷い犬のポスター見かけたら絶対にチェックする。まだまだ肌寒い日が続いていますが、もう花火大会の季節ですね。つまり、飼い犬が花火の音に怯えて脱走する季節でもあります。最近は室内飼いの犬が増えていますが、それでも開けっ放しの窓やドアの隙間から目にも留まらぬ早業で逃げていきますからね。我が家の亡き愛犬もこの季節になると逃げ出していま

米ドミノピザでピザのトラッキング開始。え、あの国では2年前に開始してたって?

Image:rafapress/Shutterstock.comアメリカ人って本当にピザが大好きですよね。オリジンはイタリアなのに、なぜかアメリカのほうが宅配ピザをこよなく愛している印象。ピザにかける情熱が異次元レベルというか、なんというか。だから、Mashableが米ドミノピザがオンラインデリバリー・サービスにGPS機能を追加して、ピザの位置を追跡できるようになったと報じても、なんら不思議に感じ

やっとリプ制限機能がきたと思ったのに…。頼むよTwitter!

Image:tanuha2001/Shutterstockお、ササっと操作できそうじゃない。Twitterの公式サポートアカウントが、自分のツイートに対するリプライを隠す機能を、カナダにてテストしている、とツイートしました。いずれは世界中の誰もがこの機能を利用できますが、現在はカナダの人々のみがリプライ隠しを試せるようです。We’retestingafeaturetohiderepliesfrom

バスチーユデーで華麗に飛んだZapataのフライボード、フランス国防相が軍事利用を示唆

Image:Zapataシャンゼリゼをぐるんぐるん...。空飛ぶ円盤「フライボード」は水圧で浮上する飛行体です。フランスのZapataという会社が開発しています。みなさんもSNSで見たことがあるかもしれませんね。そのSFチックさたるや。乗ってみたい感はありますが、これに乗った人に上空から攻撃されたら怖いなーという感じもあります。そんなフライボードが7月14日のバスチーユデー(パリ祭とも呼ばれるフラ

Googleマップの進化が止まらない! 今度は、シェアサイクルの場所と台数を表示してくれるように

Image:TheVergeもうすべての機能をGoogleマップに紐付けちゃえばいいんじゃない? Googleマップが、シェアサイクルの場所を直接アプリに表示する機能をロールアウトします。TheVergeによると、ItoWorldが提供するデータによって、シェアサイクルのステーションや、自転車の台数、スタンドの空き情報なんかを確認できるようになるそうですよ。この機能は、去年、ニューヨークで試験運用

Pixelカメラの裏側にある「1タップ」と「写り」のせめぎ合い。中の人に魔法の秘密をインタビュー!

マーク・レヴォイ氏と、アイザック・レイノルズ氏Screenshot:GizmodoUS3世代目となったGooglePixelのカメラの素晴らしさといったら。Samsung、Apple、Huaweiなどの競合他社の端末の背面にはたくさんのセンサーやデュアルカメラなどを盛り盛り搭載していますが、Pixel3と3aに関しては、シングル・リアカメラでシンプルなハード設計を実現しています。しかしPixel3

【更新中】ついに始まる、脳直結インターフェースの時代。イーロン・マスクのAI危機対策として

Image:Neuralink/YouTube「こいつ、直結脳内に…!」なんて驚かなくなる未来。2019年7月17日のお昼過ぎ、イーロンマスクとNeuralink(ニューラリンク)のメンバーたちが、約2年の静けさを破ってその事業内容を公開しました。脳直結インターフェースの開発です。なぜ開発しているのか、どう作るのか、使うとどうなるのか。一気にカバーしていきたいと思います。AI(人工知能)の進化に対

空飛ぶタクシーの可能性アップ。小型航空機用の自動着陸システムが実現しました

Image:TUMuenchen/YouTube将来は無人機や空飛ぶタクシーにも利用可能かも。これからは小さな飛行場を飛ぶ、小型航空機が自動で着陸できるようになりそうです。でもそれ、一体何がスゴいのでしょうか?まずジャンボジェットなどの大型旅客機には、大型だから搭載できる計器着陸装置(ILS)があり、それらが滑走する大きな空港からも地上からの通信で大型機を誘導するため、空と陸からのサポートで自動着

イーロン・マスクが脳直結インターフェイス「Neuralink」をプレゼン | TechCrunch Japan

イーロン・マスクが脳直結インターフェイス「Neuralink」をプレゼン | TechCrunch Japan

イーロン・マスクが脳直結インターフェイス「Neuralink」をプレゼン | TechCrunch Japan

イーロン・マスク氏のステルス・スタートアップの1つがいよいよ表舞台に登場する。米国時間7月16日午後8時(日本時間7月17日正午)に 同社のサイトからビデオストリーミングによるプレゼンが公開される予定だ。2017年に創立されたNeuralink(ニューラリンク)のテクノロジーについて詳しく知ることができるはずだ。 Neur...

はてなブックマーク - イーロン・マスクが脳直結インターフェイス「Neuralink」をプレゼン | TechCrunch Japan はてなブックマークに追加

Googleライブ翻訳がより良いAI搭載で新たに60ヶ国語追加→マレー語と英語を翻訳させてみた【検証】

私物の本(マレー語)を翻訳させてみましたPhoto:中川真知子これは便利、かも。Googleのリアルタイム翻訳が、言語を60以上追加してトータルで88国語に対応するようになったんですって。これで東南アジアや中東に行っても大丈夫、かな?TheVergeによると、新たにサポートされた言語は、アラビア語、ヒンディー語、マレー語、タイ語、ベトナム語などなど。いわゆる、検討もできないほどチンプンカンプンな類

電話の自動応答システムは悪い自動化の体現者である

Photo:Getty長い保留音の後に電話オペレーターにつながるかと思ったら、自動音声応答システムだった時のガッカリ感。世の中さまざまな自動化がありますが、米GizmodoのBrianMerchant記者いわく、電話の自動音声応答システムは悪い自動化の体現者なんだとか。以下、彼の見解です。電話の自動音声応答システムは、無人レジかおそらくそれ以上に、悪い自動化の最たる例です。人件費を削減して企業の収

「オナラの音と臭いを消すパンツ」高校生が開発、商品化めざす(高校生新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

「オナラの音と臭いを消すパンツ」高校生が開発、商品化めざす(高校生新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

「オナラの音と臭いを消すパンツ」高校生が開発、商品化めざす(高校生新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

東京の高校生3人が「オナラの音と臭いを消すパンツ」の開発に取り組んだ。すでに、オナラの音を小さくするクッションや、臭いをやわらげるパンツは商品化されているが、3人が目指すのは、臭いと音の両方を消す万能パンツだ。 開発したのは布施和伸君、斎藤和寛君、齋藤潤一君(東京・東京学芸大学附属高校、共に3年)。...

はてなブックマーク - 「オナラの音と臭いを消すパンツ」高校生が開発、商品化めざす(高校生新聞オンライン) - Yahoo!ニュース はてなブックマークに追加

猫のきもちがわかる? コロラド大学でウェアラブル猫ヒゲが作られる

Image:instructablescircuits脳が身体の一部だと認識しだすまで、どれくらいかかるでしょうか?昔からSF作品でよくありますが、人間の身体の一部、または脳以外全部をロボットの部品に交換することで、強靭な肉体や特殊な能力を手に入れるというのがありますよね。誰もが憧れますが、一度チョン切った手足は元通りになりませんし、義手や義足でもない限りはあまりオススメできません。ですがコロラド

拾った小枝で作ったロボットが自力で歩く! けなげな姿に感動が止まらない…

GIF:AzumiMaekawa-YouTube木の枝が起き上がって歩くなんて、ディズニー映画みたいだ。先日、ボストンダイナミクスが開発した二足歩行ロボット「ATLAS」が話題になりましたね。障害物が置かれた試験コースでバク転動画が公開され、「すげーっ」と世界中で注目されました。ただ、一見難なく技をこなしているようでも、実は何千時間におよぶ開発やテストのたまものです。同じように試行錯誤するロボット

拾った小枝で作ったロボットが自力で歩く! けなげな姿に感動が止まらない…

GIF:AzumiMaekawa-YouTube木の枝が起き上がって歩くなんて、ディズニー映画みたいだ。先日、ボストンダイナミクスが開発した二足歩行ロボット「ATLAS」が話題になりましたね。障害物が置かれた試験コースでバク転動画が公開され、「すげーっ」と世界中で注目されました。ただ、一見難なく技をこなしているようでも、実は何千時間におよぶ開発やテストのたまものです。同じように試行錯誤するロボット

ガッシャーン! テスラ「Model 3」のクラッシュ実験映像

Image:EuroNCAP/YouTube人形が飛び出しても止まる!幅寄せされても避ける!電気自動車メーカーの筆頭Teslaは、酔っ払って居眠り運転をしていてもフツーに高速道路を走っちゃうくらい安全だったりします。それはソフトウェアが優秀だから可能なワザでした。ですがハード面ではどうでしょう?つまり車両のボディーですね。ということで、ヨーロッパで売られている自動車の安全テストを行なう、EuroN

教えてGoogle Lens! 街にあるこのグラフィティ、描いたのは誰?

Image:Wescover/YouTube知らなかったアーティストを知るチャンス!海外旅行に行くと、よく壁に描かれたグラフィティを目にしますよね。壁画と呼ぶべき大きな作品もたくさん。もちろんインスタします!さて、今まではインスタして終わっていましたが、これからはGoogleの力でもっとアートに近づけます。Google(グーグル)が開発する画像認識技術GoogleLensが新機能をテスト中。グラフ

IBMから狂気のイノベーション「8つ折り大画面スマートウォッチ」

Image:Let'sGoDigitalあくまでもアイディアベースね。IBMが特許に記した内容があまりにも狂気じみています。スマートウォッチはスマートウォッチだけど、必要に応じて画面が大きくなるという折りたたみスマウォです。GlaxyFoldののスマートウォッチ版といえば単純ですが、狂気じみている理由はこの折りたたみが8つ折りであるということ。Image:Let'sGoDigital画面をひらけば

月30ドルでメール高速化。テック界注目のメールアプリ「Superhuman」はアリ?ナシ?

Image:Superhuman1日1ドルで1.5時間もらえるとしたら…アリ?みなさん今、メールってどれくらい使われているでしょうか?この数年、友だちとのやりとりはLINEとかFacebookメッセンジャーといった比較的新しいツールに移行していった人が多いかと思います。でも仕事上のやりとりは、ある程度はSlackとか何らかのメッセンジャーにシフトしたかもしれませんが、特に自分の組織外の人が相手の場