「tech」カテゴリーアーカイブ

Galileo GNSSで障害

90曰く、

7月11日1時(UTC)より、EUが2016年より運用を開始した全球測位衛星システムGalileoが停止しており、捜索救難システムのみが利用可能な状態になっている。イタリアにあるPrecise Timing Facility(PTF)において発生した障害が原因と見られている(Europian GNSS Service SenterBBCInside GNSSEngadgetGPS World)。

全球測位衛星システムは、精密な位置と時刻を提供する地上局と、地上局と精密に同期させた原子時計の時刻を放送しながら飛行する人工衛星からなる。利用者がシステムを構成する4つ以上の衛星から電波を受信すると、受信時刻にはそれぞれ100ms前後のずれが生じる。放送時刻がまったく同一であるにもかかわらず利用者が観測したずれを生じるような座標を求めることで、受信地点が割り出せる。このため、放送される時刻は放送時点で精密に一致している必要があり、地上局との時刻同期が行えなくなると機能しない。

現在復旧作業が進められているとのことだが、現時点で多くの衛星が利用できない状況になっている

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 宇宙 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
NTTドコモ、誤差数センチの測位ができるという位置情報サービスを10月からスタート 2019年06月04日
米軍、GPSを使わずに軍事行動を行えるような訓練を進める 2018年01月19日
6月打ち上げ予定の準天頂衛星「みちびき」2号機に軍用測位コードが搭載される 2017年06月01日
iPhone 7、日本のGPS補完システム「みちびき」に対応 2017年01月20日
欧州の衛星測位システム「ガリレオ」が運用開始 2016年12月22日

10MBのファイルが281TBに膨らむ新型「非再帰的ZIP爆弾」

Anonymous Coward曰く、

プログラマー兼エンジニアのDavid Fifield氏が、たった10MBのサイズにも関わらず、展開すると281TBにまで爆発する新しいタイプの「ZIP爆弾」を発表した。

ZIP爆弾は、そのファイル自体は小さいにもかかわらず、展開すると巨大なファイルになるように細工をしたZIPファイルの俗称。小さなファイルを巨大なファイルとして展開させることによりPCのCPU、メモリ、ディスク容量といったリソースを奪うことができる。

通常のZIP爆弾は内側のZIPファイルの中にさらにZIPファイルを作るという再帰的手法で作られているが、それゆえに多くのアンチウイルスソフトで対策されている。Fifield氏が考案した「非再帰的ZIP爆弾」は、再帰のない単一層でより密集したファイルを作成できるのが特徴。

展開後のファイルサイズこそ高効率で作られた再帰的ZIP爆弾にかなわないものの、それでも展開後のサイズを2800万倍に膨らませることができるという。さらに、ZIP64形式を用いることで46MBのファイルを9800万倍の4.5PBにすることも可能だとしている(ViceGIGAZINESlashdot)。

すべて読む | トップページセクション | テクノロジー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
WinRARの脆弱性を狙ったマルウェアが急増 2019年03月20日
7-Zipで任意コード実行が可能となる2件の脆弱性 2016年05月15日
Windows 10 October UpdateでZIPファイル展開時に確認ダイアログが表示されない不具合 2018年10月23日
さまざまなソフトウェアでのアーカイブファイル展開処理に脆弱性、任意コードの実行を許す可能性 2018年06月11日
WinRARの脆弱性を狙ったマルウェアが急増 2019年03月20日
7-Zipで任意コード実行が可能となる2件の脆弱性 2016年05月15日
Windows 10 October UpdateでZIPファイル展開時に確認ダイアログが表示されない不具合 2018年10月23日
さまざまなソフトウェアでのアーカイブファイル展開処理に脆弱性、任意コードの実行を許す可能性 2018年06月11日

みずほ、新システム全面稼働=信頼回復へ大きく前進:時事ドットコム

みずほ、新システム全面稼働=信頼回復へ大きく前進:時事ドットコム

みずほ、新システム全面稼働=信頼回復へ大きく前進:時事ドットコム

みずほ、新システム全面稼働=信頼回復へ大きく前進 2019年07月16日08時25分 みずほフィナンシャルグループ(FG)は16日、新たな銀行業務の基幹システムを全面的に稼働させた。これにより、連休中に停止していた現金自動預払機(ATM)を含むすべてのサービスを16日午前8時から再開し、17年越しの課題だった...

はてなブックマーク - みずほ、新システム全面稼働=信頼回復へ大きく前進:時事ドットコム はてなブックマークに追加

chromeとATOKで発生している怪現象と対策 – Togetter

chromeとATOKで発生している怪現象と対策 - Togetter

chromeとATOKで発生している怪現象と対策 - Togetter

いまだにボチボチWIndows10 + chrome + atokで黄色くハイライトされて入力語が繰り返される話のインプレが伸びている。一時的に切り替える先があるので(ms-ime/edge/firefox)緊急性が低いだろうから定期更新待つしかないねぇ。

はてなブックマーク - chromeとATOKで発生している怪現象と対策 - Togetter はてなブックマークに追加

chromeとATOKで発生している怪現象と対策 – Togetter

chromeとATOKで発生している怪現象と対策 - Togetter

chromeとATOKで発生している怪現象と対策 - Togetter

いまだにボチボチWIndows10 + chrome + atokで黄色くハイライトされて入力語が繰り返される話のインプレが伸びている。一時的に切り替える先があるので(ms-ime/edge/firefox)緊急性が低いだろうから定期更新待つしかないねぇ。

はてなブックマーク - chromeとATOKで発生している怪現象と対策 - Togetter はてなブックマークに追加

7pay「組織的攻撃の可能性」専用パスワードでも被害 | NHKニュース

7pay「組織的攻撃の可能性」専用パスワードでも被害 | NHKニュース

7pay「組織的攻撃の可能性」専用パスワードでも被害 | NHKニュース

スマホ決済サービスの「7pay」の不正利用について、ほかには一切使っていない専用のパスワードを設定していたにもかかわらず、被害にあった人がいたことが分かりました。専門家は、過去に流出したパスワードで手当たりしだいにログインを試みる「リスト型攻撃」とは異なり、「7pay」の情報が何らかの形で抜き出...

はてなブックマーク - 7pay「組織的攻撃の可能性」専用パスワードでも被害 | NHKニュース はてなブックマークに追加

古い論文を人工知能に分析させることで人間が見逃していた結果を発見

Anonymous Coward曰く、

何百万もの古い科学論文を機械学習アルゴリズムを使用して分析したところ、人間が見逃していた新しい科学的発見ができたという(VICESlashdot)。

ローレンス・バークレー国立研究所の研究者らは、人間が見逃した論文同士のつながりを見つけるため、Word2Vecと呼ばれるアルゴリズムを利用した。その結果、熱をエネルギーに変換できる可能性のある熱電材料を予測する結果が出力されたという

Word2vecは機械学習を使って単語間の関係を分析するアルゴリズム。研究者たちはシステムをトレーニングするためのデータとして、材料科学に関連した330万件の抄録から約50万語の語彙を選択してWord2vecに入力した。

入力したデータには熱電に関する定義は無かったが、このアルゴリズムによって単語同士の関連付けから、将来の熱電材料の候補を見つけ出すことができたという。この結果から、このアルゴリズムは入力したデータから新たに周期表や分子の化学構造などの概念を理解することができたとしている。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 人工知能 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
専門医でも判断が難しい特殊な白血病を人工知能が見抜く 2016年08月05日
Google、児童ポルノ画像検出APIを公開。一定時間の検出率が大幅に増加 2018年09月07日
採用に使われる面接用AIが人種差別をする可能性 2018年04月25日

ロシアがスホーイに第5世代戦闘機Su-57量産型を正式発注、オールフライング双垂直尾翼(傾大)採用

ロシアの航空機メーカー・スホーイが、ロシアから戦闘機「Su-57」の発注を正式に受けたとのこと(おたくま経済新聞Новость ОАК)。

Su-57は米軍などで採用されているF-22よりも高性能であるとロシアは主張しているという(Business Insider JAPAN)。また、調達コストも安いとされている。これについてはロシア特有の事情もあるようだ(航空万能論GF)。

すべて読む | テクノロジー | 軍事 | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ミグとスホーイが合併 2017年07月04日
ロシアの新型ステルス戦闘機PAK-FA、初飛行 2010年02月03日
ドイツ空軍、F-35戦闘機の調達を撤回 2019年02月08日
中国がロシア製戦闘機「Su-35」を購入へ、ただし「リバースエンジニアリングに対する違約金」付き 2015年07月29日

パナソニック、家電でプラスチック代替素材を使用へ

Anonymous Coward曰く、

パナソニックが一部の家電でプラスチックの代替品となる新しい樹脂素材を採用する方針を示した(朝日新聞)。

パナソニックによると、同社は植物由来のセルロースファイバーを55%以上の濃度で樹脂に混ぜ込むことが可能となる複合加工技術を開発。これを製品に活用するという(パナソニックの発表)。

この技術を使用した樹脂はプラスチック以上の強度を持ち、着色も自由に行えるという。まずは数年以内にプラスチック使用量が多い冷蔵庫や掃除機で使用し、住宅建材や車載部品にも使っていくそうだ。

コストはプラスチックより高いとのことだが、食器等、他社製品での使用による生産量の拡大で価格低下を目指すようだ。

プラスチックの海洋汚染問題を受けて、プラスチックの使用を抑える動きは各所で広がっており、ユニクロは、商品持ち帰り用の袋を有料の紙製に切り替える他、商品包装材についても紙に切り替えられるか検証を行なっている

また、パナソニックはアサヒビールと共同でこの樹脂を使ったタンブラーを開発したことも発表している(日経新聞)。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | ビジネス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
植物由来の樹脂を使ったレゴブロック、開発が難航 2019年06月19日
カナダの食料品店、プラスチック製レジ袋削減のためレジ袋に恥ずかしい言葉を印刷 2019年06月18日
生分解性プラスチックを使ったカード類、経年劣化で砕ける恐れ 2019年05月15日
セブン&アイHD、2030年までにプラ製レジ袋を廃止へ 2019年05月10日

日本に本当に必要とされているのは、RPAではなく、iPaaSだと思う|ren@Anyflow Inc.|note

日本に本当に必要とされているのは、RPAではなく、iPaaSだと思う|ren@Anyflow Inc.|note

日本に本当に必要とされているのは、RPAではなく、iPaaSだと思う|ren@Anyflow Inc.|note

こんにちは、Anyflowの坂本です。 RPAっていうワードをよく目にする方も多いんじゃないでしょうか。 2018年のバズワードって言われているそうです。 RPAといえば、こんなニュースが以前話題になっていました。 実験の結果として、RPAを試験導入した事務で、平均84.9%、最大99.1%の作業時間削減効果を確認した。 99%削...

はてなブックマーク - 日本に本当に必要とされているのは、RPAではなく、iPaaSだと思う|ren@Anyflow Inc.|note はてなブックマークに追加

マイクロソフト、AWS抜いてクラウド世界首位  :日本経済新聞

マイクロソフト、AWS抜いてクラウド世界首位  :日本経済新聞

マイクロソフト、AWS抜いてクラウド世界首位  :日本経済新聞

クラウドサービスの世界シェアで、米マイクロソフトが米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を逆転し首位に立ったことが8日までに分かった。英調査会社IHSマークイットが調べた2018年の売上高ベースの市場シェアでマイクロソフトが対前年比2.4ポイント増の13.8%と大きく伸びたのに対し、AWSは同1.1ポイント増の13.2%にと...

はてなブックマーク - マイクロソフト、AWS抜いてクラウド世界首位  :日本経済新聞 はてなブックマークに追加

マイクロソフト、AWS抜いてクラウド世界首位  :日本経済新聞

マイクロソフト、AWS抜いてクラウド世界首位  :日本経済新聞

マイクロソフト、AWS抜いてクラウド世界首位  :日本経済新聞

クラウドサービスの世界シェアで、米マイクロソフトが米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を逆転し首位に立ったことが8日までに分かった。英調査会社IHSマークイットが調べた2018年の売上高ベースの市場シェアでマイクロソフトが対前年比2.4ポイント増の13.8%と大きく伸びたのに対し、AWSは同1.1ポイント増の13.2%にと...

はてなブックマーク - マイクロソフト、AWS抜いてクラウド世界首位  :日本経済新聞 はてなブックマークに追加

これからは航空機とドローンの衝突実験が必要になるかもしれない

Anonymous Coward曰く、

鳥が航空機の機体やエンジンなどに突っ込むと、重大な事故につながりかねない。こうしたバードストライクについて、航空機ではエンジンなどに実際に衝突させて強度を確認する衝突実験が義務付けられている。最近ではドローンによる空港の妨害が増えていることから、ドローンを鳥に見立てた衝突試験も行われるようになるかもしれないという(TechCrunch)。

ドイツ・フラウンホーファー研究機構のフライブルグ研究所では、実際にドローンをエアガンで砲弾のように撃ち出す実験を行っているとされる。チームは、ドローンの質量の大半を占める電池とエンジンをエアガンから射出したところ、ドローンは秒速115〜255mで厚さ最大8mmのアルミ板を直撃。アルミ板は大きく変形し、翼のないドローンは完全に破壊されたとしている。

フライブルグ研究所は、こうしたテストを繰り返すことで、将来のドローン衝突試験の方法の標準化が確立されることになるだろうとしている。

すべて読む | テクノロジー | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ドローンによる死亡事故、これまでに3例が発生していた 2019年02月13日
Facebookのインターネット中継ドローン、6月の初飛行で着陸に失敗していた 2016年12月23日
ロンドン・ヒースロー空港で旅客機に衝突した「ドローンのようなもの」はビニール袋だった? 2016年04月23日

ボーイング737MAXのソフトウェア開発の一部は時給9ドルのエンジニアにアウトソーシングされていた

昨年10月と今年3月に発生したボーイング737 MAX 8型機の墜落事故ではソフトウェアに問題があったとされているが(過去記事)、同型機のソフトウェア開発の一部はアウトソーシング先の低賃金の労働者が行っており、時給が9ドルのスタッフもいたという話が出ている(Business Insider JAPANBloomberg)。

ボーイングはコスト削減のため開発をアウトソーシングしており、アウトソーシング先には航空宇宙分野に関する知識や経験が少ないインド企業も含まれていたという。エンジニアとしてのキャリアが少ないスタッフもおり、コードが正しくないために開発の手戻りが発生することも少なからずあったという。

いっぽうボーイングは、これら企業は事故に関連があると疑われているシステムの開発には関連していないとしている。

なお、ボーイングの737系については事故が発生した737MAXだけでなく、1世代前の機種についても飛行制御システムに不具合があったとの話も出ている(日刊工業新聞)。

すべて読む | テクノロジー | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ボーイング曰く、737 MAXのDisagree alertは無効化したのではなく、有効になっていなかったのだ 2019年05月03日
ボーイング737MAX8の墜落事故、自動制御システムの誤作動が原因か 2019年04月09日
墜落したボーイング737 MAX、オプション扱いの安全機能を搭載していなかった 2019年03月24日
米サウスウェスト航空のボーイング737機、飛行中にエンジンが損傷して緊急着陸。破片で1名が死亡 2018年04月19日

四日市市の停電でフラッシュメモリ工場が停止、6エクサバイト相当のフラッシュメモリが影響を受ける

Anonymous Coward曰く、

6月15日、三重県四日市市で工事用ワイヤロープと送電線との接近が原因で約13分間の停電が発生した(中部電力の発表)。この影響で東芝メモリとウエスタンデジタルが共同運営するフラッシュメモリ生産工場の一部設備が停止し、メモリ生産に影響が出ているという(マイナビニュース日経新聞PC Watch)。

ウエスタンデジタルの発表によると、「現時点では約6エクサバイトのフラッシュウェーハ供給が減る」と予測しているという。

被害をバイトで言われると凄い量に感じる。ちょっとした停電でも、半導体産業への被害は甚大である。

すべて読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ビジネス | 電力 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
中部電力で0.07秒間の電圧降下発生、四日市工業地帯に大きな影響 2010年12月09日
サムスンのNANDフラッシュ工場で30分間の停電、3月の世界供給量の3.5%に相当するウェーハが損傷 2018年03月18日
東北地方太平洋沖地震の余波で世界のシリコンウエハーの4分の1の生産が停止 2011年03月22日
電車の電力設備内に入り込んだナメクジ、回路をショートさせ鉄道運休の原因に 2019年06月26日
北海道節電要請、計画停電は回避できるか 2018年09月11日

VESA、「DisplayPort 2.0」規格を発表

Anonymous Coward曰く、

ビデオエレクトロニクス協会(VESA)が映像伝送規格「DisplayPort(DP) 2.0」を発表した(VESAAV WatchITmediaCNET JapanSlashdot)。

2016年に発表されたDP 1.4以来のメジャーアップデートで、データ転送レーンが従来の8.1Gbps×4から20Gbps×4レーンへと大きく引き上げられている。これによって10Kや16Kといったより高い解像度、より高いリフレッシュレートに対応できるという。接続インターフェイスは従来と同じくDisplayPortコネクタもしくはUSB-Cコネクタに対応する。

すべて読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
DisplayPort 1.4の仕様が発表。 圧縮伝送や60Hz/8Kディスプレイに対応 2016年03月07日
VESA、CESでUSB Type-CからのDisplayPort出力をデモ 2015年01月14日
将来DisplayPortコネクタは消え去り、USB Type-Cに集約される? 2017年06月20日

「データ分析をやるならRとPythonのどちらを使うべき?」への個人的な回答 – 六本木で働くデータサイエンティストのブログ

「データ分析をやるならRとPythonのどちらを使うべき?」への個人的な回答 - 六本木で働くデータサイエンティストのブログ

「データ分析をやるならRとPythonのどちらを使うべき?」への個人的な回答 - 六本木で働くデータサイエンティストのブログ

(Background image by Pixabay) 最近また「データ分析をやるならRとPythonのどちらでやるべきか」という話題が出ていたようです。 言語仕様やその他の使い勝手という点では、大体この記事に書いてあることを参考にすれば良いと思います。その上で、人には当然ながら趣味嗜好がありますので、個々人が好みだと思う方を使...

はてなブックマーク - 「データ分析をやるならRとPythonのどちらを使うべき?」への個人的な回答 - 六本木で働くデータサイエンティストのブログ はてなブックマークに追加

ラストワンマイルを担う宅配ロボットの官民合同協議会設立へ

maia曰く、

物流のいわゆる「ラストワンマイル」を担う宅配ロボット(小型自動走行ロボット)の実用化を目指し、経済産業省は官民合同の協議会を立ち上げる方針で、6月24日に準備会合を行った(ロボスタ)。

デモンストレーションに参加したのは、三菱地所からEffiBotとMarble(立命館大学のニュース)、Hakobot(ECのミカタ)、ZMPのCarriRo Deli、楽天から京東集団のUGV(BCN+R)の5機種。協議会にはヤマト運輸、日本郵便、セイノーホールディングス、楽天、警察庁、国土交通省、自治体なども加わる。

EffiBotは配達人を自動追尾する方式だが、ほかはカメラ画像、GPS、LiDAR(レーザースキャナ)などを駆使して自律走行する。現在、三菱地所、日本郵便、立命館大学、慶應義塾大学などが建物内や敷地内で実験しているが、2020年には道交法が改正され、一部地域での実証実験が可能になるらしい(ビジネス+IT)。

すべて読む | 日本 | テクノロジー | ビジネス | ニュース | 政府 | ロボット | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ピザを自動で焼きながら移動するビックアップトラック 2018年11月07日
ドミノピザの宅配ロボ「DRU」、オーストラリアで無人宅配に成功 2016年03月22日
小型ロボットカートによるご近所配送というアイデア 2015年11月06日
米連邦航空局、無人機宅配サービスは違法と明言 2014年06月25日
eBayのCEO、Amazonの無人飛行機宅配サービスを「ファンタジー」だと否定 2013年12月11日

「君、今日からクラウド担当ね」 未経験者が1人で始めた、ファミマのAWS移行の舞台裏 (1/2) – ITmedia NEWS

「君、今日からクラウド担当ね」 未経験者が1人で始めた、ファミマのAWS移行の舞台裏 (1/2) - ITmedia NEWS

「君、今日からクラウド担当ね」 未経験者が1人で始めた、ファミマのAWS移行の舞台裏 (1/2) - ITmedia NEWS

「AWS Summit Tokyo 2019」のセッションに、ファミリーマートでクラウド移行の責任者を務める土井洋典さんが登壇。土井さんは、前任者が突然退職したため、ある日突然上司からクラウド担当を任された経験を持つ。たった1人でのスタートだったというが、どうやってAWS移行を成功させたのだろうか。 国内に約1万6000店舗、...

はてなブックマーク - 「君、今日からクラウド担当ね」 未経験者が1人で始めた、ファミマのAWS移行の舞台裏 (1/2) - ITmedia NEWS はてなブックマークに追加

ゲーム製作で最初に試みない方がいいn個のこと – 東京工業大学 ロボット技術研究会公式ブログ

ゲーム製作で最初に試みない方がいいn個のこと – 東京工業大学 ロボット技術研究会公式ブログ

ゲーム製作で最初に試みない方がいいn個のこと – 東京工業大学 ロボット技術研究会公式ブログ

東京工業大学 ロボット技術研究会公式ブログ 東京工業大学の公認サークル「ロボット技術研究会」のブログです。 当サークルの日々の活動の様子を皆さんにお伝えしていきます。たくさんの人に気軽に読んでもらえると嬉しいです。 どうもこんにちは。14の らりお と申します。 この記事は春の新歓ブログリレー19日目の記事...

はてなブックマーク - ゲーム製作で最初に試みない方がいいn個のこと – 東京工業大学 ロボット技術研究会公式ブログ はてなブックマークに追加

ロボットエンジニアのためのgRPC入門 – MyEnigma

ロボットエンジニアのためのgRPC入門 - MyEnigma

ロボットエンジニアのためのgRPC入門 - MyEnigma

WEB+DB PRESS Vol.110 目次 目次 はじめに gRPCとは? gPRCの特徴 Protocol buffersでRPCを定義することで、様々な言語のサーバ・クライアント実装が自動生成可能 通信プロトコルにHTTP/2を使うことで高速化、双方向通信、streaming等を実現 通信のデータ量が小さく、データ解釈時の計算時間も短い ProtoファイルでのRPC...

はてなブックマーク - ロボットエンジニアのためのgRPC入門 - MyEnigma はてなブックマークに追加

竹粉を燃料にする「竹粉エンジン」

Anonymous Coward曰く、

徳島工業短大と阿南工業高専のチームが、竹粉を燃料として利用できる「竹粉エンジン」を開発した(SankeiBiz朝日新聞日刊工業新聞竹粉を利用した発電用バイオ・ディーゼル・エンジンの研究)。

このエンジンは放置された竹林を活用する目的で開発されたもので、竹を約0.1mmサイズの粉末にしたものと軽油を燃料として動作する。現在は軽油2割、竹粉8割の割合で軽油が必要だが、今後は軽油の量を1割まで減らすことを目標としているという。

すべて読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | 電力 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
カンタス航空、米国とオーストラリアを結ぶ旅客便でバイオ燃料を使用 2018年02月02日
日産、バイオエタノールを使用できる燃料電池を発表 2016年06月22日
ローソン、店頭調理の廃油をバイオ燃料化して発電に利用へ 2016年02月01日
米海軍、戦艦で牛脂を原料とするバイオ混合燃料を使用へ 2016年01月29日
カンタス航空、米国とオーストラリアを結ぶ旅客便でバイオ燃料を使用 2018年02月02日
日産、バイオエタノールを使用できる燃料電池を発表 2016年06月22日
ローソン、店頭調理の廃油をバイオ燃料化して発電に利用へ 2016年02月01日
米海軍、戦艦で牛脂を原料とするバイオ混合燃料を使用へ 2016年01月29日

「電子書籍に反対していた宝島社が電子化を解禁」 その理由を聞いた – ねとらぼ

「電子書籍に反対していた宝島社が電子化を解禁」 その理由を聞いた - ねとらぼ

「電子書籍に反対していた宝島社が電子化を解禁」 その理由を聞いた - ねとらぼ

「電子書籍に反対していた宝島社が、自社の書籍の電子化に踏み切った」として一部ネットで話題になっています。宝島社に理由を聞きました。 Kindle Storeで「宝島社」を検索した結果 宝島社は2010年にノンフィクション書籍『電子書籍の正体』の新聞広告を掲載した際、「本屋のない町で私たちは幸せだろうか?」「宝島社...

はてなブックマーク - 「電子書籍に反対していた宝島社が電子化を解禁」 その理由を聞いた - ねとらぼ はてなブックマークに追加

中国が宇宙ステーションの実験計画を各国から募集、東大などの9実験を受け入れへ

AC0x01曰く、

中国政府は、国連宇宙部と共同で募集していた中国宇宙ステーション (CSS) での実験計画として、日本の東大など計17カ国からの9件の計画を受け入れることを発表した(中国網日本語版日経新聞AFPBBNewsweek)。

CSSは2022年頃の完成を目指し開発が進めらている中国独自の宇宙ステーション。この募集は、昨年5月に国連加盟国に対して行われたもので、27カ国から42件の応募が寄せられたという。途上国にも活動機会を広げることを意図しているようで、ケニアやメキシコ、ペルーなどの提案も採用されている。東大は中国と共同で燃焼の安定性の研究を行うとのこと。

ただし、CSSの開発は必ずしも順風満帆とは言えないようで、モジュールの打ち上げに用いられる長征5号は2017年の打ち上げ失敗からの復帰が遅れており、場合によっては完成は2020年代半ばとなる可能性もあるという。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 宇宙 | 中国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
中国・月面での超小型バイオスフィア実験、夜に入って実験終了 2019年01月19日
中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」、数ヶ月以内に地球に落下との予想 2017年10月16日
国際宇宙ステーションの後継機は誰が資金を出すのか 2015年09月30日

Uber、今年の夏からドローンでのハンバーガー配達を開始。サンディエゴからスタート

Anonymous Coward曰く、

配車サービスや飲食物配達サービスを手がけるUberが、2019年夏からマクドナルドのハンバーガーをドローンで配達する試みを発表した(DailyHeraldGIGAZINESlashdot)。

このサービスは人口密度の高い都市部での展開を予定しているもので、まずは米サンディエゴでテストを開始するという。ハンバーガー以外の配達についても将来的には対応することを検討しているそうだ。配達料金は同社の既存配達サービスであるUber Eatsと同様のものになるようだ。

ただし、ドローンを使って直接依頼者の家までハンバーガーを運ぶわけではないとのことで、ドローンで運ぶのは途中までで、依頼者宅近くの「安全な着陸場所」でドローンから荷物を受け取ったUber Eatsの配達人が最終的に依頼者の家に届ける形になるという。また、将来的には駐車されている自動車の屋根を着陸場所として利用することも想定されているそうで、車の屋根に描かれたQRコードをドローンが読み取る様子なども動画で公開されている。

すべて読む | テクノロジー | ビジネス | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ロシアの郵便配達ドローン、デモ飛行で壁に激突 2018年04月07日
自律走行するロボットが出前を届けるサービス、米サンフランシスコで開始 2017年04月18日
米Amazon.com、米国内で初めてのドローン配送実験を行う 2017年03月28日
ドミノピザの宅配ロボ「DRU」、オーストラリアで無人宅配に成功 2016年03月22日

米国エネルギー省曰く、地熱エネルギーをもっと活用すべき

Anonymous Coward曰く、

地熱エネルギーはおそらく過小評価されている。米国エネルギー省が最近発表した「GeoVision」レポートによると、風力、太陽光、水力エネルギーと同様に地熱エネルギーを活用すべきだという。レポートによると、探査および掘削技術の改善によって従来の熱水資源の発電量を2倍に増やせるほか、地下深くの熱い岩石を活用する強化地熱システムには成長の余地があるとしている。

強化地熱システムのみでも2050年までに年間45ギガワットの電力を生産可能。さらに一般的なプラントに地熱システムを追加すれば、年間60ギガワットまで増やすことができる。これは現在の地熱発電の26倍に相当するとしている。また、今後天然ガスの価格が上昇し、強化地熱システムの競争力が高まった場合、その2倍の120ギガワットまで発電力を伸ばせる可能性がある。これは、米国で予測されている2050年の総発電量の16%になるとしている。

24時間安定した発電ができる点も風力や太陽光などの再生可能エネルギーとは別のメリットであり、冷暖房向けの活用方法も指摘されている。伝統的な地中熱ヒートポンプは2050年までにこれまでの14倍の2800万世帯まで増加すると予想され、全国の住宅需要の23%を占めると推定されている。一方で投資の効率化や土地利用の認可制度の改善などについても指摘されている(Ars TechnicaThinkGeoEnergySlashdot)。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | 電力 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
韓国・浦項地熱発電所での注水によって地震が誘発されたとの調査報告が出る 2019年03月25日
地熱を利用した家庭向け冷暖房システムを開発するGoogle傘下の「Dandelion」 2017年07月11日
超臨界水を使った発電計画を模索するアイスランド深層掘削計画 2016年12月20日
休火山に水を注入しての地熱発電、オレゴン州にて今夏にも実施される予定 2012年01月17日

食べ物の味を変える手袋型デバイス

nemui4曰く、

明治大学の研究者らが、食べ物の味を変えることができるという手袋型デバイスを開発した(SeamlessPC Watch明治大学のプレスリリース)。

これで薄味でも加味できるか、別の味を体現させられるのでしょうか。

このデバイスは手袋に触れた食べ物や金属製の食器を介して舌に電流を伝えることで「電気味覚」を与えるというものだそうだ。すでにフォークなどの食器を使って電気味覚を与える装置は開発されているが(過去記事)、今回開発されたデバイスは手づかみで食べる場合でも電気味覚を与える点が新しいという。

なお、電気味覚は人によって体感する味が変わるそうで、「金属の味や塩味、酸味、苦味を感じることが多い」という(FUTURUS)。

すべて読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
脳に電気刺激を与えることで高齢者のワーキングメモリが回復するという研究結果 2019年04月15日
ナノ発電機による電気刺激で傷の治癒を早める絆創膏の研究 2018年12月28日
脊髄損傷による下半身不随患者に対し神経を刺激して歩行可能にするデバイス 2018年09月28日
電気刺激で塩味を感じることができるフォーク 2016年03月28日

ウーバーの空飛ぶタクシーの実用化は近いらしい

maia 曰く、

米国の首都ワシントンで「Uber Elevate Summit 2019」が開催されていた。空飛ぶタクシー「Uber Air」はロサンゼルス、ダラス、メルボルンで試験運用を2020年に開始し、2023年の商業運航開始予定だという(DG Lab Hausの記事JBpressの記事The Vergeの記事Mashableの記事)。

Uber Airは垂直離着陸可能な電動小型航空機(eVTOL)を使用し、定員は乗員1名、乗客4名。将来的には自律飛行を目指す。相乗り型サービスは地上のUberXと同等の料金になることが見込まれている(ホワイトペーパー: PDF)。Uber Elevateサイトにはイメージ画像や動画も掲載されている。動画は2017年に公開されたものだが、機体のデザインに大きな違いはないようだ。なお、米連邦航空局(FAA)では、イノベーションは大歓迎だが都市環境で安全に提供できる場合に限る、とツイートしている。

すべて読む | ITセクション | テクノロジー | ビジネス | IT | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ボーイング、自動運転による「空飛ぶタクシー」試験飛行(約1分)に成功 2019年01月29日
空のuberと地中のループ 2018年05月23日
Uber、「空飛ぶタクシー」のプロトタイプを公開 2018年05月11日
エアバス、来年にも電動の「空飛ぶ車」のテストを実施へ 2017年10月12日
エアタクシーに向けたエアバスとボーイングの取り組み 2017年10月10日
自動運転車の父、空飛ぶ自動車の時代が来ると主張 2017年09月22日
垂直離着陸可能で完全電動の空飛ぶタクシー、プロトタイプが初のテスト飛行に成功 2017年04月23日

改正動物愛護法が成立、犬猫へのマイクロチップ埋め込みが義務化

Anonymous Coward曰く、

参院本会議は12日、犬や猫へのマイクロチップ埋め込みの義務付けなどを柱とする改正動物愛護法を全会一致で可決、成立させた(時事通信朝日新聞日経新聞)。

マイクロチップは獣医が注射器で動物の皮膚に埋め込むもので、これにより遺棄や虐待を防ぐほか、災害時などに飼い主の特定に用いることなどが想定されているという。改正法では犬や猫の販売業者に対して、チップの埋め込みと環境相への登録が義務化される。また、既存のペットの飼い主に対しても、装着の努力義務を課すとしている。チップの義務化は公布から3年以内に施行される。

改正法ではその他にも、これまで49日(7週)とされてきた出生後の販売禁止期間を56日(8週)に延長したほか、動物虐待罪を「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に厳罰化する。

すべて読む | 日本 | テクノロジー | 政府 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
迷子犬、データ保護法に阻まれ元の飼い主に戻れず 2010年09月24日
従業員の体内にマイクロチップを埋め込む企業 2017年04月08日
飼い猫にマイクロチップ埋め込み 2001年10月11日

トヨタのEV戦略、加速

maia曰く、

6月7日、トヨタはEV戦略に関するメディア向け説明会を行なった(トヨタの発表Car WatchGQ)。

内容は多岐にわたるが、要は(1)普及目標を5年前倒しする(これ自体は「電動車」50%達成を2025年とする話)。(2)市場動向に合わせて日本では来年春に二人乗り超小型EV(全長2500㎜、最高速60km/h、航続距離100㎞)を出す。(3)中国では2020年からEVを投入するが(IZOAとCH-R)、グローバルには2020年代前半に、10モデル以上のEVを投入する。

ボディは6タイプで、①ミディアムセダン、②ミディアムクロスオーバー、③ラージSUV、④ミディアムミニバン、⑤ミディアムSUV、⑥コンパクト。④ミディアムSUV(C/Dセグメント)はスバルと(CarWatch)、⑥コンパクトはスズキおよびダイハツと共同開発する。(4)プラットフォームは「e-TNGA」と称し、EVユニットなどのモジュール化を目指す。(5)全固体電池の開発は進めるが、電池についてはPanasonicに加えて各社(CATL、BYD、東芝、GSユアサ、豊田自動織機)とも協業を進める。

ちなみにトヨタはCASEに関して協業の姿勢が強いのと、またMaaS(Mobility as a Service)にこだわりがあるように感じる。超小型EV(に限らないが)などもMaaS市場に展開されるのかもしれない。

すべて読む | テクノロジー | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
テスラ株価、一時200ドル割れ。オートパイロット事故やバッテリー火災で将来性への疑問が出る 2019年05月24日
中国ではすでに電池交換式EVが走っている 2019年05月15日
JR大阪駅の「エコタクシー専用」乗り場、EVタクシー激減で閑古鳥 2019年01月24日
世界各都市で広まる公共交通機関EV化 2018年12月19日
オーストリア、電気自動車のみ高速道路の制限速度を引き上げる方針を導入へ 2018年11月27日