「science」カテゴリーアーカイブ

「音のGoogle マップ」を作る科学者たち。環境音から自然を知る試み

Image:QueenslandUniversityofTechnologyviaABCかなりの長期戦ですが、得られるものはデカいです。オーストラリアに作られた、世界初の国立音響観測所が、太陽光発電する400個もの録音装置を国中100カ所の地域に設置し、5年間途切れることなく大自然が発する音を収集してきました。そうした音を分析することにより、季節ごとに起こる環境の変化を音でマッピングできるようにな

人の耳には聞こえない低周波音が、竜巻事故を軽減するかも?

Image:JasonPersoffStormdoctor/ゲッティイメージズ地響きでも起こっているのでしょうか?新たな研究結果により、人間の可聴範囲以下の音が、竜巻の予測や追跡にどのように役立つかが示されました。半分以上が誤報の場合も竜巻の予測は、人命救助のために重要です。今日では、気象学者はドップラー・レーダーの結果だけでなく、地上の目撃者からの報告も組み合わせることで予測をしています。この技

オウムアムアとは全く違う。恒星間天体ボリソフ彗星の新しい画像が届きました

Image:PietervanDokkum,Cheng-HanHsieh,ShanyDanieli,GregoryLaughlinいかにも彗星!だけど、とにかくデカい。ハワイの望遠鏡が、2l/Borisovことボリソフ彗星の近接写真を撮影しました。これは我々の住む太陽系外からやって来た、2番目の恒星間天体です。トップ画像左が今回撮影された星間彗星2l/ボリソフの画像。右は、サイズ確認のために同スケ

未来の人間の死因ってどんなもの? 専門家に聞いてみた

Illustration:ElenaScotti(Photos:GettyImages,Shutterstock)なかには、今だからできる対策もあるのかも...。日常のギモンを専門家に投げかけてみるGizAsksシリーズ、今回は未来の人間の死因とは何かについて聞いてみました。ちょっと積極的に考えてみたいトピックではありませんが、専門家によるアカデミックな視点からこのトピックと向き合ってみると、漠然

地球が「臨界点」超える危険性、気候科学者が警鐘(ナショナル ジオグラフィック日本版) – Yahoo!ニュース

地球が「臨界点」超える危険性、気候科学者が警鐘(ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース

地球が「臨界点」超える危険性、気候科学者が警鐘(ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース

地球は緊急事態にあると、気候科学者らが警鐘を鳴らしている。複数の地球システムが連鎖的に「臨界点」を超えることで、地球全体が後戻りできなくなる可能性があるという。 ギャラリー:カリフォルニア州史上最悪の山火事 写真18点 これは「文明の存亡の危機」だと英エクセター大学の気候科学者ティム・レントン氏らは1...

はてなブックマーク - 地球が「臨界点」超える危険性、気候科学者が警鐘(ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース はてなブックマークに追加

昆虫滅べば人間も滅ぶ!? 光害は昆虫にも影響を及ぼしていた

Photo:Getty昆虫類は花を受粉させ、屍を分解し、さらに地域の水質改善に一役買っています。もっと褒めたたえたって罰は当たらないはず。それなのに人間は感謝するどころか殺虫剤、生息地破壊、そして気候変動で彼らを殺しているのです。そして今回、科学者らが警鐘を鳴らしたのは、悪夢のような光害でした。先日、BiologicalConservationに掲載された論文は、4月に発表されたいわゆる昆虫のアポ

「まばたきの意外な役割」(視点・論点)  | 視点・論点 | 解説アーカイブス | NHK 解説委員室

「まばたきの意外な役割」(視点・論点)  | 視点・論点 | 解説アーカイブス | NHK 解説委員室

「まばたきの意外な役割」(視点・論点)  | 視点・論点 | 解説アーカイブス | NHK 解説委員室

大阪大学 准教授 中野 珠実 私たち人間は、およそ3秒に1回の頻度で自発的に瞬きをしています。瞬きの度に視覚の入力が0.3秒間ほど遮断されるので、起きている時間の約1割の視覚情報が瞬きのために犠牲になっています。それなのに、こんなに頻繁に瞬きをする理由は、未だに解明されていません。私は、この謎を解き明か...

はてなブックマーク - 「まばたきの意外な役割」(視点・論点)  | 視点・論点 | 解説アーカイブス | NHK 解説委員室 はてなブックマークに追加

ちょっと舐めさせてもらえません? 隕石から4種の糖類が見つかる

Image:WikimediaCommons宇宙はスイーツだ!新しい研究により、科学者たちが原始の隕石中に糖分子の存在を示す証拠を発見したのだそうです。もし可能であれば、ペロっと味見してみたいですね。私は砂糖というものを、コーヒーを少し飲みやすくするために使う、ショ糖分子以外のものからなる分子に所属しているもの、と理解しています。実際、これらの岩石に存在する糖分子のひとつであるリボースは、遺伝物質

集中できない、ボーッとしちゃう…。ブレインフォグの原因は何? 専門家に聞いてみた

Illustration:BenjaminCurrie(Gizmodo)怠惰じゃないんです。ちゃんと寝たはずなのに頭が働かなかったり、気が付けば思考停止していたり...。なんだか原因不明で本調子じゃないなぁと感じることってありませんか?身近な疑問を専門家にぶつけてみるGizAsksシリーズ、今回はこうした頭のモヤモヤ状態「ブレイン・フォグ」について神経学、栄養学、放射線学、予防医学のプロに聞いてみ

2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ | ギズモード・ジャパン

2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ | ギズモード・ジャパン

2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ | ギズモード・ジャパン

2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ2019.11.25 22:00 Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US [原文] ( satomi ) ブラックホール衝突のシミュレーション画像 ターニングポイントが一度に訪れた10年。 2010年代は宇宙、物理の考え方が根底から変わる「パラダイムシフトの通過点」だったと、スタンフォード大学のNata...

はてなブックマーク - 2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ | ギズモード・ジャパン はてなブックマークに追加

2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ

ターニングポイントが一度に訪れた10年。 2010年代は宇宙、物理の考え方が根底から変わる「パラダイムシフトの通過点」だったと、スタンフォード大学のNatalia Toro素粒子物理学・天体物理学准教授は語り、「行く末はわからないけど、50年後に振り返って、あれが幕開けだったと思うかもしれない」と言っています。 10年の主な出来事を振り返ってみましょう。

太陽に超接近するNASAの探査機からデータ大公開

GIF:NASA/JHUAPL/GizmodoUSアーティストによるパーカー・ソーラー・プローブのコンセプト図。燃え尽きるまでデータを集める探査機。太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」は、ミッション開始から15カ月目を迎え、軌道ごとに着実に太陽に近づいています。このたび、同探査機が過去2回の近日点到達で集めたデータがオンラインで公開されました。NASAは「興味ある一般のユーザーが任意のやり方

近い将来、光合成を“再設計”できるようになるのかも

英国リッチフィールド近くのトウモロコシ畑Image:Bs0u10e0/Flickr人口爆発による食糧難に備えられるか。生物学者たちが複雑なタンパク質の構造を解明したことで、植物の重要なメカニズムが明らかになりました。この発見は光合成の仕組みの改良、ひいては穀物生産量の増加につながるかもしれません。光合成は自然界のすばらしい発明ですが、だからと言って科学者らがその改良を止めたことはありません。Nat

地球の半分を人間のいない土地として保護する「ハーフ・アース」計画が必要な理由

Image:Getty非現実的な気がしますが、そうでもしないと地球は救えない...?人類は地球を瀬戸際に追い込み、100万種以上の生物が絶滅の危機にさらされています。自然の崩壊を止めるためのアイデアはたくさんありますが…もっとも大胆で抜本的なものは、地球の半分を保護するというアイデアです。どういうこと?それは陸と海を護ることを指しますが、そのために多くの手法があります。しかしそれに必要な一般的な要

空気が原料のプロテイン「Air Protein」が登場 – GIGAZINE

空気が原料のプロテイン「Air Protein」が登場 - GIGAZINE

空気が原料のプロテイン「Air Protein」が登場 - GIGAZINE

アメリカ・カリフォルニア州のスタートアップKiverdiが、空気中にある二酸化炭素などから生成されるタンパク質「Air Protein」を発表しました。 AIR PROTEIN https://www.airprotein.com/ Air Protein just created 'meat' made from air - CNET https://www.cnet.com/news/air-protein-launches-air-based-meat/ The ve...

はてなブックマーク - 空気が原料のプロテイン「Air Protein」が登場 - GIGAZINE はてなブックマークに追加

空気が原料のプロテイン「Air Protein」が登場 – GIGAZINE

空気が原料のプロテイン「Air Protein」が登場 - GIGAZINE

空気が原料のプロテイン「Air Protein」が登場 - GIGAZINE

アメリカ・カリフォルニア州のスタートアップKiverdiが、空気中にある二酸化炭素などから生成されるタンパク質「Air Protein」を発表しました。 AIR PROTEIN https://www.airprotein.com/ Air Protein just created 'meat' made from air - CNET https://www.cnet.com/news/air-protein-launches-air-based-meat/ The ve...

はてなブックマーク - 空気が原料のプロテイン「Air Protein」が登場 - GIGAZINE はてなブックマークに追加

【火星移住のための新情報】火星は季節によって酸素量が変わります

Image:NASAviaGizmodoUSキュリオシティから見たゲールクレーター火星移住をしたい皆さんに新情報。火星の大気中に含まれる酸素の量が、季節によって変動していることがわかりました。NASAの火星探査ローバー「キュリオシティ」が送ってきたデータを分析した結果です。しかし、なぜ変動しているのかはわかっていません。メタンガスを放出し続けている「なにか」キュリオシティが火星から送ってくるデータ

中国は臓器提供データを偽造していた?規則性の高すぎるデータから研究者が推測

Image:Gettyimagesその実態は?ある調査研究は、中国が方程式を利用して偽の臓器提供データを作っていたようだと推測しています。研究者らは法医学の手法を用いて統計データ内の疑わしいパターンを見つけだしたのです。BMCMedicalEthicsに掲載された最新の論文は、中国が死刑囚からの臓器摘出はしないと断言していたにもかかわらず、それを続けているのではないかという懸念を提起しています。こ

NASAの火星探査機の次の着陸場所はココ。生命の痕跡がある可能性も

Photo:NASAviaGizmodoUS火星のジェゼロクレーターの地形図。色が薄いほど高度が高くなっています。こんどこそ火星に生命の痕跡が見つかるかも?遠い昔、火星にもし原始的な生命が存在していたとしたら、それらが化石となって残っていてもおかしくない場所が見つかったそうです。その場所とはジェゼロクレーター。NASAが2020年に新たにローンチを予定している火星探査ローバー(名称は未定)の着陸予

MITと海洋学者がタッグを組み、水中写真をクリアに処理するアルゴリズムが完成

Image:DeryaAkkaynak/SCIENTIFICAMERICAN陸に上げたときに見られる色を再現します。海でのダイビングを楽しみながら水中撮影。体験したことのある方ならわかると思いますが、照明を使わず撮ると全体的に青緑色になるんですよね。これは水中に届く光の波長が、赤と黄色を吸収および錯乱させてしまうのが原因です。波長を正すアルゴリズムそこで、エンジニアでもあり海洋学者でもあるダリヤ・

「耳鳴りを抑える方法」が偶然にも車酔い軽減デバイスの研究中に発見される – GIGAZINE

「耳鳴りを抑える方法」が偶然にも車酔い軽減デバイスの研究中に発見される - GIGAZINE

「耳鳴りを抑える方法」が偶然にも車酔い軽減デバイスの研究中に発見される - GIGAZINE

by @chairulfajar_ 実際には音がしていないのに耳障りな音が聞こえる耳鳴りは、人々の集中を妨げたり、リラックス中の穏やかな気分を阻害したります。そんな耳鳴りを簡単に治療する方法を、偶然にも車酔いを軽減するデバイスの研究中に発見したかもしれないと、研究者が述べています。 We ‘may’ have discovered a poten...

はてなブックマーク - 「耳鳴りを抑える方法」が偶然にも車酔い軽減デバイスの研究中に発見される - GIGAZINE はてなブックマークに追加

約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース

約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース

約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース

太平洋の南鳥島沖の海底で、およそ1100万年前に巨大な隕石が衝突したことを示す痕跡を、海洋研究開発機構などの研究グループが発見し、この時代に起きた生物の大量絶滅の原因になった可能性が高いとしています。 海洋研究開発機構などの研究グループは、太平洋にある南鳥島沖の海底を掘削して資源調査を行っていたところ...

はてなブックマーク - 約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース はてなブックマークに追加

15分に1人が耐性菌で死亡、米CDD所長が「ポスト抗生物質時代」を宣言

どんな薬も効かないスーパー耐性菌。 最近少しは減ったのかしらん?と思っていたら、米疾病管理予防センター (CDD)の最新調査で予想以上のスピードで広まっていることがわかりました。所長自らが「ポスト抗生物質時代はもう始まっている」と報告書の中で宣言していますよ。

DNAは、無数の遺伝分子の1つにすぎないのかも

Image:NASA/JPL-Caltech/SpaceScienceInstituteその可能性、未知なり。JournalofChemicalInformationandModelingに掲載された論文によると、地球上のあらゆる生命を表す遺伝情報を保存するDNAのほかに、遺伝情報を保存する機能を備えた構造は数百万ほど存在する可能性が示唆されています。研究者らは、MOLGEN5.0と呼ばれるプログ

「宇宙はまるい」説が浮上!宇宙理論が根本からひっくり返るかも

Image:ハッブル宇宙望遠鏡銀河団の様子。プランクが発見したPLCKG004.5-19.5銀河も地球も昔はまるくなかった。ある科学者グループが、消滅した衛星のデータを分析していたんですが、そのなかで「もしかして、宇宙ってまるいんじゃない?」という説が出てきました。もしそうなら、ちょっとヤバいことになるかも、と彼らは最新の論文に詳細を記しています。現在、宇宙の年齢やサイズ、進化の過程などにまつわる

京大iPS細胞備蓄事業、国支援打ち切りか 年10億円:朝日新聞デジタル

京大iPS細胞備蓄事業、国支援打ち切りか 年10億円:朝日新聞デジタル

京大iPS細胞備蓄事業、国支援打ち切りか 年10億円:朝日新聞デジタル

拒絶反応が起きにくい再生医療をめざす京都大のiPS細胞の備蓄事業について、政府が、年約10億円を投じてきた予算を打ち切る可能性を京大側に伝えたことがわかった。ノーベル賞受賞から7年たって基礎研究から事業化の段階になってきたことや、企業ニーズとの違いが浮き彫りになったことが背景にある。 iPS細胞は...

はてなブックマーク - 京大iPS細胞備蓄事業、国支援打ち切りか 年10億円:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加

地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出:朝日新聞デジタル

地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出:朝日新聞デジタル

地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出:朝日新聞デジタル

隕石(いんせき)からリボ核酸(RNA)を構成するのに必須な糖を検出したと、東北大と北海道大、米航空宇宙局(NASA)などのチームが19日、米科学誌に発表する。これまでにもアミノ酸などの有機物が見つかったことはあったが、生命の根幹を担うRNAを構成するのに必要な糖が見つかったのは初めて。地球で生命...

はてなブックマーク - 地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加

ダチョウ脚のロボット「キャシー」、今度はジャグリングが上手になる

Image:HybridRobotics/YouTubeボールひとつなので、サッカーのリフティングですね。オレゴン州立大学にあるアジリティー・ロボティクス社が開発している、脚だけのロボット「キャシー」。ダチョウの脚みたいな姿でガッチャンガッチャンと歩くのですが、前回は左右独立したホバーシューズに乗ることができるようになるなど、日々進化しています。その「キャシー」が、今度はボールひとつですがジャグリ

研究者たちが水に沈まない金属構造を開発中。沈没しない船ができるかも

Image:UniversityofRochester/YouTubeこれに乗って水蜘蛛の術とかやってみたいかも。ロチェスター大学の研究者らが、固体の金属構造物を水中に浮かべる方法を発見しました。水に潜るミズグモやヒアリが、水に浮くために撥水性の脚や身体を使って空気を閉じ込める方法からヒントを得たとのこと。これでうっかりトイレに落としてもすぐに沈まないスマートフォンや、沈没しない船を作る道を開く可

“シマウマ”模様の牛に虫寄りつかず 愛知の試験場など研究 | NHKニュース

“シマウマ”模様の牛に虫寄りつかず 愛知の試験場など研究 | NHKニュース

“シマウマ”模様の牛に虫寄りつかず 愛知の試験場など研究 | NHKニュース

黒毛の牛に白い塗料を塗ってシマウマのような模様にすると、通常の状態の牛と比べて、アブなどの虫が寄ってこなくなるという研究結果を、愛知県の農業総合試験場などがまとめました。 発表によりますと、研究では黒毛の牛を、通常の状態と白い塗料を塗って「シマウマ」のような白黒のしま模様にした状態、それに色による...

はてなブックマーク - “シマウマ”模様の牛に虫寄りつかず 愛知の試験場など研究 | NHKニュース はてなブックマークに追加