「science」カテゴリーアーカイブ

シュレーディンガーの猫、救われる

猫が死んでかわいそう、と思ってたみなさまにグッドニュース。 「粒子は予測不可能に振る舞う」という量子力学の基礎原理が、新たな人工原子実験でそんなに単純な話でもないことがわかりました。量子ジャンプという原子の振る舞いはバッチリ予測が可能で、ジャンプを止めてリバースすることさえできることがわかったのです! これは物理学、ひいては量子力学に依存する量子コンピュータが次段階にジャンプする世紀の大発見かも

高知県や静岡県で確認されていた未知の甲殻類、絶滅種とされていた「オオスナモグリ」だった

2016年から2017年にかけて高知県土佐市や静岡県沼津市で確認されていた未知の甲殻類を分析したところ、絶滅したとされていた「オオスナモグリ」であることが分かったという(NHKサイエンスポータル日経新聞)。

当初は新種のスナモグリと思われていたが、捕獲したサンプルやそのDNAを分析したところ、はさみの形がオオスナモグリの化石と一致し、DNA解析結果からもオオスナモグリであるとの結論が得られた。

オオスナモグリは干潟や海底などに1メートル以上の巣穴を掘って生息するとのことで、そのためこれまで発見されていなかった可能性があるそうだ。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
6600万年前、小惑星衝突で恐竜が絶滅したときの化石が発見される 2019年04月03日
オーストラリア・ブランブル・ケイ島固有種のネズミが絶滅、温暖化による海面上昇が原因か 2019年02月26日
昆虫のうち40%の種が数十年のうちに絶滅するという研究結果 2019年02月14日
ハワイマイマイの最後の1匹が他界 2019年01月16日
個体数が減少しているオオアリクイ、人間を襲う例も 2018年11月22日
怠惰が種を絶滅から救う?救わない? 2018年08月26日

このどれかで死ぬのかぁ…、性別、人種、年代別に死亡原因をグラフ化

※この記事は2016年1月12日に公開された記事の再掲載です。デス・ビジュアル…。どんな人だって死にます。生きている人間は、みないつか死にます。では、どんな風に死ぬことになるのでしょう。自分が死ぬ時のことなんて考えたくはないけれど、ちょっとあるグラフを見てみましょう。アメリカ疾病予防管理センターのデータを可視化したのは、ネタ元FlowingDataのNathanYauさん。2005年から2014年

スマホで後頭神経痛。注射20回の地獄を見てきました

Image:TaraJacoby※この記事は2015年6月23日に公開された記事の再掲載です。何カ月か前から頭痛が始まって、ちょっと普通の痛みじゃないんですよね。二日酔いが「割れる」ような痛みなら、これは「焼けつく」ような痛みで。真っ赤に焼けた鉄の棒で頭をぶん殴られて痛みが頭蓋骨全体を稲妻のように駆け抜ける感じなんです。神経学の専門医に相談にいった時には、もう死を覚悟してました。大げさだけど、本気

レーダーに巨大な影が! UFO襲来か? →テントウムシの群れでした

Image:DanKitwood/ゲッティイメージズ画面だけ見てたらギョッとしますよね。ちょっと想像してみてください。とある火曜日の夜、夜勤で退屈していて、アメリカ国立気象局が映す南カリフォルニア周辺のレーダーを見ていた、とします。そして、何やらレーダーに奇妙なものが映ります。正体不明の巨大な塊が、西海岸を北からゆっくり南下してくるのです。どうやら雨雲ではないようですが……そしてその130km四方

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

国立大の教員が私立に移るケースが増えている 私事で恐縮なのだが、私河野はこの新年度に、昨年度まで勤めた一橋大学大学院経営管理研究科(旧商学研究科)を退職し、専修大学法学部に着任した。 大学教員がキャリアの間に何度か大学を移ることは珍しいことではない。だが、私の今回の移籍のニュースを聞いた知人の中に...

はてなブックマーク - 私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7) はてなブックマークに追加

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

国立大の教員が私立に移るケースが増えている 私事で恐縮なのだが、私河野はこの新年度に、昨年度まで勤めた一橋大学大学院経営管理研究科(旧商学研究科)を退職し、専修大学法学部に着任した。 大学教員がキャリアの間に何度か大学を移ることは珍しいことではない。だが、私の今回の移籍のニュースを聞いた知人の中に...

はてなブックマーク - 私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7) はてなブックマークに追加

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

国立大の教員が私立に移るケースが増えている 私事で恐縮なのだが、私河野はこの新年度に、昨年度まで勤めた一橋大学大学院経営管理研究科(旧商学研究科)を退職し、専修大学法学部に着任した。 大学教員がキャリアの間に何度か大学を移ることは珍しいことではない。だが、私の今回の移籍のニュースを聞いた知人の中に...

はてなブックマーク - 私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7) はてなブックマークに追加

日産自動車の技術者が開発した「アイガモロボ」がおひろめ – Togetter

日産自動車の技術者が開発した「アイガモロボ」がおひろめ - Togetter

日産自動車の技術者が開発した「アイガモロボ」がおひろめ - Togetter

#日産自動車 の技術者によるボランティア活動から生まれた #アイガモロボ が山形県の #朝日町 で始動しました! 水面を #自動走行 することで水を濁らせ、雑草の光合成を抑制、減農薬の米作りを目指します。 pic.twitter.com/NziidsRnh0

はてなブックマーク - 日産自動車の技術者が開発した「アイガモロボ」がおひろめ - Togetter はてなブックマークに追加

ナゾの渋滞はこうやって起きる…交通現象シミュレーターから学ぶこと

Image:MartinTreiber/TrafficSimulation.de※この記事は2016年6月18日に公開された記事の再掲載です。運転手だって、人間だもの。(今のところ)突然、前方の自動車たちの減速が始まって、ナゾの渋滞に巻き込まれたことってありませんか?事故も起きていなければ、道路封鎖もなく、国賓車列だってないのに...。そんな交通現象をシミュレーションで解明できるモデルTraffi

ナゾの渋滞はこうやって起きる…交通現象シミュレーターから学ぶこと

Image:MartinTreiber/TrafficSimulation.de※この記事は2016年6月18日に公開された記事の再掲載です。運転手だって、人間だもの。(今のところ)突然、前方の自動車たちの減速が始まって、ナゾの渋滞に巻き込まれたことってありませんか?事故も起きていなければ、道路封鎖もなく、国賓車列だってないのに...。そんな交通現象をシミュレーションで解明できるモデルTraffi

朝食にチョコレート等のデザートを食べると痩せるという研究結果が明らかに

Photo:Shutterstock※この記事は2012年2月27日に公開された記事の再編集版です。えー!デザート食べると太るっていうのが常識だと思っていたのに。朝食にデザートと低カロリーの食事を組み合わせることで体重を減らすことができるとかいう研究結果が明らかに!一日の始まりにスイーツ、クッキー、クレームブリュレ、ケーキをとか食べると、体重を減らせるって本当ですか、今すぐ朝ごはんに甘いもの食べち

電子タバコの副流煙は体に悪いの?

Illustration:BenjaminCurrie(Gizmodo)従来のタバコより毒性が低い電子タバコ。でも、電子タバコの副流煙ってどれだけ体に影響があるのでしょうか。「電子タバコだし害が少ないから大丈夫」とプハープハーしている人、要注意です。化学物質は出ているまず、電子タバコであろうと、誰かがタバコを吸っていれば、そこから発生した化学物質を吸うことになります。この化学物質は普通のタバコのよ

終末期がん患者、VR映像で思い出の場所へ「まさか見られるとは」 不安感減る効果(神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース

終末期がん患者、VR映像で思い出の場所へ「まさか見られるとは」 不安感減る効果(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース

終末期がん患者、VR映像で思い出の場所へ「まさか見られるとは」 不安感減る効果(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース

一日でもいいから自宅に帰りたい。ふるさとをもう一度訪れたい-。終末期のがん患者の願いをかなえるため、兵庫県芦屋市朝日ケ丘町の市立芦屋病院の緩和ケア病棟で、仮想現実(VR)の装置が活用されている。患者は病室にいながら外出を疑似体験でき、気分の落ち込みが改善するなどの効果が表れているという。2017...

はてなブックマーク - 終末期がん患者、VR映像で思い出の場所へ「まさか見られるとは」 不安感減る効果(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース はてなブックマークに追加

月に隕石が激突する瞬間を動画で!

Image:JmMadiedo/YouTube※この記事は2018年08月06日に公開された記事の再掲載です。誰かが月面でメテオの呪文を唱えたようです。ウサギが餅をついているといわれる月の世界ですが、地表に降りてみれば岩だらけでボコボコのクレーターだらけ、それに人類が残したゴミが180トンも放ったらかしになっています。24時間でふたつの隕石が月面にそんな月面を荒れ地にするのは、やはり隕石。そして7

ヘリウムが入手できない!JAXAなど研究機関が“悲鳴”

ヘリウムが入手できない!JAXAなど研究機関が“悲鳴”

ヘリウムが入手できない!JAXAなど研究機関が“悲鳴”

冷やすと電気抵抗がゼロになる超電導材料の低温研究から、医療機器や半導体製造まで、幅広く使われているヘリウムの調達が難しくなっている。産業向けが優先され、後回しになりがちな研究機関は悲鳴を上げる。その中で大規模ユーザーの東京大学物性研究所は、使用分の9割以上を回収・再生する設備を持つ。ヘリウムを使...

はてなブックマーク - ヘリウムが入手できない!JAXAなど研究機関が“悲鳴” はてなブックマークに追加

オスのマウスばかり使う実験が科学的研究をダメにしている

Photo:Shutterstock科学分野における性差別って人間の女性だけに向けられたものじゃないんですって。今週発表された新しい論文によると、動物研究でもみられるのだそうです。実験に使われるマウスはオスばかりどういうことなのかというと、エストロゲンのようなホルモンが実験結果を歪めるだろうという考えが今でもまかり通っていて、実験に使われる動物のほとんどがオスなんだそうです。(メスが難を逃れている

幻想的な光の芸術。ISSから全宇宙をX線撮影してみた

Image:bOinGbOinGいつか宇宙探索に役立つであろう、銀河の地図です。NASAが一見すると光の芸術か、もしくは宇宙から夜間の地球を撮ったものか、はたまた新たな太陽の磁場か?というような写真を公開しました。ですがこれは、ISS(国際宇宙ステーション)が22カ月かけてX線を撮影することで完成した、全天の地図なのです。撮影したのは、ISSに積まれた、中性子星を高精度で検出する機材NICER(N

地球は毎年5万トンずつ軽くなっています。

※この記事は2012年2月8日に公開された記事の再掲載です。どんなダイエット?地球は毎年約5万トンずつ軽くなっています。しかも1年間に宇宙空間の塵が約4万トンもふりそそいでくるのに、その分を相殺してなお5万トン軽くなるのです。どうしてそんなに軽くなっていくのでしょう?そして、それは我々人間にとって問題ないのでしょうか?そんな疑問について、イギリス・BBCのラジオ番組「MoreorLess」で、Th

ベッドから出ないで、ずーっと寝て過ごしたらどうなるの?

Image:GizmodoUS※この記事は2016年8月24日に公開された記事の再掲載です。ずーっと寝る、今年はオリンピックイヤー。日暮熟睡男を思い出します。暑い、だるい、眠い…。1日中空調のきいた部屋でゴロゴロダラダラできたら幸せだろうなー。いっそのこと、ずーっと寝て過ごせたらいいのに。なんてことは、ダラダラ系の人間なら1度は夢見る生活です。その甘い夢を、現実的に打ち砕き解説しているのがLife

イケメンの後に見た顔はイケメンに見えがちなことが発覚

※この記事は2016年05月06日に公開された記事の再掲載です。EXILE効果(命名:筆者)。オンライン科学誌「ScientificReports」に掲載された論文に非常に興味深いデータが発表されました。「二目惚れ(Loveatsecondsight)」なんて素敵なタイトルが付けられているこの研究、シドニー大学とアムステルダム自由大学の研究者たちによって行われました。何について研究したかと言うと今

イケメンの後に見た顔はイケメンに見えがちなことが発覚

※この記事は2016年5月6日に公開された記事の再掲載です。EXILE効果(命名:筆者)。オンライン科学誌「ScientificReports」に掲載された論文に非常に興味深いデータが発表されました。「二目惚れ(Loveatsecondsight)」なんて素敵なタイトルが付けられているこの研究、シドニー大学とアムステルダム自由大学の研究者たちによって行われました。何について研究したかと言うと今や欧

深海に棲むアンコウの繁殖行動が観察されたけど…正直ゾクッとする

Image:ScienceMagazine/YouTube※この記事は2018年03月27日に公開された記事を再編集のうえ再掲載するものです。大きな頭に、死んだ魚のような目、ギザギザの歯、それに長く伸びる白いコレは...。見た目のインパクトだけでもかなり強烈なこの魚、ヒレナガチョウチンアンコウ科の「Caulophrynejordani」といいます。野生の姿を捉える事ですらきわめて貴重なのだそうです

親の職業で自分の職業がどの程度決まるのかを1枚のチャートで

※この記事は2016年3月23日に公開された記事の再掲載です。親の職業で自分の職業選択も影響受けてんのかな…と疑問に思ったことある人のために、フェイスブックが親子560万組のデータを根性で調べてインタラクティブなチャートにまとめてくれましたよ。同社研究員のIsmailOnurFilizさんとLadaAdamicさんが公式ブログに発表したもので、対象は親子関係と職業をサイトで自己申告している英語圏の

5000万年前の「魚の群」の化石が発見

Image:Mizumotoetal./ProceedingsoftheRoyalSocietyB古代のタタミイワシみたい。上の写真は、5000万年前の「めだかの学校」の化石です(多分めだかではないけど)。魚たちが長い間、一緒に浅瀬を泳いでいた証拠なんですって。古生物学者はこれまでにも、性交する虫や、襲われた恐竜、移動途中の三葉虫など生き物の行動をそのまま残した化石をみてきました。このような状態に

運動を続けてても体重が減らなくなる理由が明らかに

※この記事は2016年02月02日に公開された記事の再掲載です。年明けからジムに通い始めた私はどうすれば…。今年こそ運動するぞ!と走り始めたり、ジムに行きだした人は私だけではないと思います。そしてその成果はそろそろ出始めているのではないでしょうか。でも体重を減らすという意味では、しばらくは期待できますが、そのうち落ちなくなっていくかもしれません。新たな研究によると、人間の体にはある程度運動を続けて

大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選

※この記事は2016年10月17日に公開された記事の再掲載です。この、痩せた大ネズミみたいのがクジラ!?地球の歴史上、動物たちは環境の変化に適応してさまざまにその形態を変え、あるものは繁栄し、あるものは絶滅してきました。今では可愛がられている動物がかつてはあんまり可愛くなかったり、今でも強力で恐れられている動物が昔はさらに巨大だったり、幻だと思っていた動物が実在していて、でもあんまりファンタジック

コーヒー1日25杯まで問題なし=専門家 飲みすぎの是非に終止符か  | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

コーヒー1日25杯まで問題なし=専門家 飲みすぎの是非に終止符か  | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

コーヒー1日25杯まで問題なし=専門家 飲みすぎの是非に終止符か  | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

<美味しいコーヒーがさらに美味しく感じる、コーヒー愛飲者に朗報> 一日の始まりの一杯、仕事の合間にコーヒーブレイクでホッと一息、打ち合わせでまた一杯...... コーヒーを飲む機会はなかなかに多く、1日の終わりには「今日はコーヒーを飲みすぎたかも」なんて思い返すことがあるが、不安は杞憂だったようだ。 英ガ...

はてなブックマーク - コーヒー1日25杯まで問題なし=専門家 飲みすぎの是非に終止符か  | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト はてなブックマークに追加

3万年前のライオン、氷漬けで発見 シベリアの永久凍土:朝日新聞デジタル

3万年前のライオン、氷漬けで発見 シベリアの永久凍土:朝日新聞デジタル

3万年前のライオン、氷漬けで発見 シベリアの永久凍土:朝日新聞デジタル

シベリアの永久凍土から、氷河期に生息していたホラアナライオンの赤ちゃんとオオカミの頭部が氷漬けの状態で見つかったと、ロシアと日本の共同研究チームが3日発表した。いずれも約3万年前の個体で、表情が分かるほど「奇跡的に良好」な保存状態だという。 発表によると、ホラアナライオンの赤ちゃんは昨年7月、シベ...

はてなブックマーク - 3万年前のライオン、氷漬けで発見 シベリアの永久凍土:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加

かつて水銀は薬だった。19世紀、その毒性を暴いた海難事故

※この記事は2016年01月03日に公開された記事の再掲載です。昔々、水銀はいろいろな病気に効く薬だと考えられていました。俗説というわけではなく、専門家である医師たちも、それが体に良いと信じていたのです。でも、ある海難事故とそれを分析した医師によって、水銀の捉え方が大きく変わりました。1810年、スペインの船がアンダルシア地方カディスの近くで嵐にあい、動けなくなっていました。幸い近くにはイギリス海