「RetroGaming」カテゴリーアーカイブ

幻の任天堂プレイステーション、約3800万円で落札。Oculus創業者も入札に参加

任天堂とソニーの提携により開発されながら未発売に終わった、幻の「任天堂プレイステーション」ことCD-ROM搭載スーパーファミコン。今年2月から大手オークションサイトに出品されていましたが、最終的に36万ドル(約3800万円)で落札されました。

幻の「任天堂プレイステーション」、オークションに出品。現在価格は約3800万円

任天堂とソニーの提携により開発されながら歴史の闇に葬られた、幻の「任天堂プレイステーション」ことCD-ROMドライブ搭載スーパーファミコン。その実機が大手オークションサイト・ヘリテージオークションに出品され、記事執筆時点の入札額は35万ドル(約3800万円)に達しています。