「rakuten」カテゴリーアーカイブ

楽天携帯、実は「ワンプラン」ではない。MVNOから料金を引き継げる

楽天モバイルは4月8日に携帯キャリアサービスを開始します。三木谷浩史社長は「シンプルでわかりやすい『ワンプラン』にした」と、豪語していますが、実際には一部ユーザー向けに複数プランを用意しています。 MVNOの一部プランは、楽天キャリア回線へ引き継げる

ついに料金発表、楽天モバイルへの移行は「アリ」か「ナシ」か (石野純也)

引っ張りに引っ張った楽天モバイルの料金プランが、ついに発表されました。正式サービスは4月8日から。楽天の三木谷浩史社長が「衝撃的なプライシング」と語っていましたが、その中身は2980円でデータ通信が使い放題というものでした。音声通話に関しても、「楽天Link」アプリを通すことで使い放題になります。 料金プランは、この1つのみで、他社やMVNOの楽天モバイルが提供しているような選択肢もありません。シンプルという点では、日本のキャリアはもちろん、海外キャリアも追随できないほどです。

5分でわかる「楽天モバイル」まとめ。iPhoneは使えるのか

楽天モバイルが「携帯キャリアサービス」を4月8日に本格始動します。あわせて月額2980円で通話やデータ通信無制限の料金プラン「Rakuten Unlimit」も発表。また、300万名限定で1年間は同プランを無料で利用できることも明かされました。赤字覚悟の激安プランにも思えますが、注意点を含めまとめました。 料金プランの詳細はこちらの記事をご覧ください ・楽天モバイル、4月8日に本格始動。「月2980円かけ放題&データ無制限」300万名が1年無料

楽天モバイル、つながらない……。 携帯「1年無料」申込ページ、アクセス殺到でエラーに

楽天モバイルは3日、自社回線による携帯電話サービスを4月8日に正式に開始すると発表しました。3日16時に新規ユーザーの申込受付を先行的にスタートしましたが、申込ページにアクセスが殺到したため、2時間30分ほどつながらない状態が続いています。 楽天が発表した料金プランは月額2980円で通話・データ通信が使い放題の「Rakuten UN-LIMIT」プラン。

楽天モバイル、超小型基地局「Rakuten Casa」を3月下旬より提供。宅内の圏外を改善

楽天モバイルは、自宅・店舗向けのフェムトセル「Rakuten Casa(楽天カーサ)」を3月下旬以降に順次提供します。 フェムトセルとは、家庭向けの固定回線(有線LAN)を携帯電話網に変換することで、家庭内の電波環境を改善する超小型基地局のこと。既存の大手キャリア(NTTドコモ/au/SoftBank)は屋内の電波状況が悪い家庭や店舗などに無償で貸し出しています。 Rakuten Casaは4G

楽天モバイル、超小型基地局「Rakuten Casa」を3月下旬より提供。宅内の圏外を改善

楽天モバイルは、自宅・店舗向けのフェムトセル「Rakuten Casa(楽天カーサ)」を3月下旬以降に順次提供します。 フェムトセルとは、家庭向けの固定回線(有線LAN)を携帯電話網に変換することで、家庭内の電波環境を改善する超小型基地局のこと。既存の大手キャリア(NTTドコモ/au/SoftBank)は屋内の電波状況が悪い家庭や店舗などに無償で貸し出しています。 Rakuten Casaは4G

楽天モバイル、MVNOの新規受付を4月7日で停止。自社回線の本格スタートにあわせ

既報の通り、楽天モバイルは、4月8日に自社回線での商用サービスを開始すると発表しました。現在提供しているNTTドコモ網・au網のMVNOサービスは、その開始前日にあたる4月7日に新規の受付を終了します。 楽天モバイルでは既存ユーザーにも自社回線サービスへの移行を促す考え。自社回線の料金プランは月額2980円と、現在提供中のMVNO料金の水準に揃えています。

楽天モバイル、4月8日に本格始動。「月2980円かけ放題&データ無制限」300万名が1年無料

楽天モバイルは4月より開始する4G LTE携帯電話の商用サービスの料金を発表しました。4月8日より正式サービスを開始します。 新規ユーザーのみ、3月3日16時よりから先行申込を受付(店舗では3月4日から)。MNPで楽天に転入する他社ユーザーと、楽天モバイルのMVNOユーザーの移行については「正式開始」となる4月8日からとなります。 ■月2980円の無制限プランのみ、300万名が実質無料に 料金プランは国内かけ放題・データ無制限で月2980円の「Rakuten

楽天モバイル、宇宙から直接スマホに通信提供 100%全国カバーめざす

楽天は、宇宙からスマートフォンに直接4G・5G回線を提供する「AST&Science」(以後AST)と資本業務提携。リードインベスターとして20%出資したと明かしました。ASTは今回英ボーダフォンからも出資を受けていて、これまでの累計調達額は約140億円となります。 「AST」は、多数の小型衛星を地球低軌道上に飛ばし、低遅延の衛星通信の提供を目指す米国テキサス州のベンチャーです。

楽天の携帯料金、大容量プランで月2980円と激安か──日経報道

楽天モバイルが明日(3月3日)に発表する新料金プランについて、大容量プランで月2980円とする方針を固めたと日本経済新聞が報じました。 データ容量については、上限を設けない無制限方式も検討しているとのこと。大容量プランを巡っては、auとソフトバンクが月7480円で無制限プランと50GBプランをそれぞれ展開。NTTドコモも月6980円で60GBプラン(キャンペーンで増量中)を展開しています。報道の通り、大容量プランが月2980円だった場合、既存の3キャリアよりも大幅に安価となります。

楽天の携帯料金、大容量プランで月2980円と激安か──日経報道

楽天モバイルが明日(3月3日)に発表する新料金プランについて、大容量プランで月2980円とする方針を固めたと日本経済新聞が報じました。 データ容量については、上限を設けない無制限方式も検討しているとのこと。大容量プランを巡っては、auとソフトバンクが月7480円で無制限プランと50GBプランをそれぞれ展開。NTTドコモも月6980円で60GBプラン(キャンペーンで増量中)を展開しています。報道の通り、大容量プランが月2980円だった場合、既存の3キャリアよりも大幅に安価となります。

楽天、3月3日の携帯料金プラン発表 コロナウイルスを踏まえ最終調整

今年4月に携帯(MNO)商用サービスを開始する楽天モバイルは、3月3日に予定している料金プランの発表について、新型コロナウイルスによる肺炎の影響を踏まえ、発表方法の最終調整を行っていると明かしました。 コロナウイルスを巡っては、開催取りやめとなる記者会見が相次いでいますが、楽天としてもコロナウイルス感染拡大を踏まえつつ、発表方法の最終検討を行っているとのこと。

独特の挙動、楽天モバイルの国際ローミングを試した(石野純也)

楽天モバイルの無料サポーターになって、初の海外出張に来ています。訪れたのは、サムスン電子の発表会がある米サンフランシスコ。その取材用の回線として、楽天モバイルのSIMカードを使ってローミングを試してみました。無料サポーター期間はローミング料金も0円。容量は一応100GBと区切られていますが、"おかわり"し放題なので、事実上の使い放題と言えます。 楽天モバイルのSIMカードで、国際ローミングを試した

独特の挙動、楽天モバイルの国際ローミングを試した(石野純也)

楽天モバイルの無料サポーターになって、初の海外出張に来ています。訪れたのは、サムスン電子の発表会がある米サンフランシスコ。その取材用の回線として、楽天モバイルのSIMカードを使ってローミングを試してみました。無料サポーター期間はローミング料金も0円。容量は一応100GBと区切られていますが、"おかわり"し放題なので、事実上の使い放題と言えます。 楽天モバイルのSIMカードで、国際ローミングを試した

5分でわかる昨日のニュースまとめ:2月13日に注目を集めたのは「猛威を振るうコロナウイルスの影響でMWCが中止へ」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 2月13日に盛り上がったニュースはこちらでした。 コロナウイルス影響で世界最大のモバイル展示会が中止に。Xperiaやドコモなど撤退相次いだ「MWC Barcelona 2020」

楽天、携帯料金プランを3月3日に発表──三木谷社長明かす

楽天の三木谷浩史社長は本日(2月13日)の決算会見で、4月上旬に本格始動する楽天モバイルの携帯キャリア(MNO)事業について、料金プランを3月3日に発表すると表明しました。 三木谷社長は壇上で『本当は今日(料金プラン)発表したかったが、(他社との競争もあるので)もう少し引き伸ばしたい』とコメント。

楽天モバイル、MWC 2020への出展を取りやめ。新型コロナウイルス影響

楽天モバイルは、スペイン・バルセロナで2月24日〜27日に開催される携帯見本市「MWC Barcelona 2020」への出展を取りやめると発表しました。 出展中止の理由について楽天モバイルは、「世界中で感染が拡がる新型コロナウイルスによる影響を鑑み、顧客やビジネスパートナー各社、楽天の従業員の安全を最優先した」と説明しています。

ショップとの対立が続く楽天の「送料無料」問題が避けられなかった理由(佐野正弘)

今回は、楽天について取り上げてみたいと思います。最近楽天といえば、携帯電話事業に新規参入した楽天モバイルに関する動向が大きな注目を集めており、最近でも2020年4月に本格サービス開始を明言する一方、前回の4倍となる規模の無料サポータープログラム会員の2次募集を開始するなどの取り組みを見せているようです。 ですが今回取り上げるのは、そうした楽天モバイルに関する話ではありません。楽天の本業であるEコマース事業「楽天市場」でここ最近話題となっている、「送料無料」に関する騒動に関してです。

楽天ペイアプリに「楽天Edy」が統合。ただし残高は別管理

スマホ決済アプリ「楽天ペイ」に電子マネーの楽天Edyが統合されます。2月5日に開始したAndroid版楽天Payアプリのアップデートを適用すると、おサイフケータイ対応スマートフォンでEdy払いができるようになります。 Edyはもともとプリペイド型の電子マネーのため、楽天ペイアプリから利用する場合も事前のチャージが必要。楽天Edyの残高は、コード支払いで使える楽天キャッシュの残高とも別管理となります。

au高橋社長、楽天回線は『当初は高品質』となる可能性を指摘

携帯サービスのauを展開するKDDIの高橋誠社長は決算会見で、4月に携帯サービスに本格参入する楽天モバイルのMNO回線について、サービス開始当初は高品質となる可能性を指摘しました。 高橋社長は『(楽天回線は)エリアは狭いが、最初の段階は加入者が少ないので、トラフィックの品質的には良い。ネットワーク的には空きが多いため、速い通信速度を展開できたり、(電波の)干渉量も少ないため、最初は品質が良いと思っている。我々は警戒をして対応しなければならない』とコメント。

極小スマホ Rakuten Mini実機レビュー。小容量プランと相性抜群(石野純也)

すでに募集は締め切られてしまいましたが、1月23日に、楽天モバイルが「無料サポータープログラム」を2万人拡大。合わせて、独自端末の「Rakuten Mini」を発表しました。 一次募集では、あえなく"落選モバイル"になってしまった筆者ですが、ここでの申し込みが功を奏し、二次募集は自動で先着に入ることができています。残念ながら、店舗が混んでいてまだ回線はゲットできていませんが、一足先にRakuten

楽天モバイルの中古スマホ下取り、対応製品を拡大して手順の簡略化

 楽天モバイル株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山田 善久、以下「楽天モバイル」)は、これまで提供していた「端末買取りサービス」をリニューアルし、中古スマートフォン下取りサービス「スマホ下取りサービス」を、本日より提供開始しました。

5分でわかる昨日のニュースまとめ:1月24日に注目を集めたのは「壊れても安心の4年間完全保証スマホ」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月24日に盛り上がったニュースはこちらでした。 画面が割れても本体が壊れてもスマホ交換し放題!「4年間完全保証」のスマホってどんな製品? スマートフォンの修理は意外とお金がかかるものです。Apple

楽天の「無料サポータープログラム」、2次募集もう終了 約10時間で定員に

楽天モバイルは、1月23日の13時に開始した自社回線サービス「無料サポータープログラム」2次募集について、定員数に達したため同日23時45分をもって受付を終了したと発表しました。 無料サポータープログラムは、2020年4月から本格始動する携帯サービスの試験的なプログラムです。無料で提供する代わりに、ユーザーからのフィードバックを得てサービス品質の向上に役立てるのが狙いです。

楽天の「無料サポータープログラム」、2次募集もう終了 約10時間で定員に

楽天モバイルは、1月23日の13時に開始した自社回線サービス「無料サポータープログラム」2次募集について、定員数に達したため同日23時45分をもって受付を終了したと発表しました。 無料サポータープログラムは、2020年4月から本格始動する携帯サービスの試験的なプログラムです。無料で提供する代わりに、ユーザーからのフィードバックを得てサービス品質の向上に役立てるのが狙いです。

5分でわかる昨日のニュースまとめ:1月23日に注目を集めたのは「iPhone SE2(仮)は3月に正式発表?」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月23日に盛り上がったニュースはこちらでした。 iPhone SE2(仮)、2月に量産開始で3月に正式発表か(Bloomberg報道) 今年の春に発売が噂されている、iPhone

5分でわかる昨日のニュースまとめ:1月23日に注目を集めたのは「iPhone SE2(仮)は3月に正式発表?」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月23日に盛り上がったニュースはこちらでした。 iPhone SE2(仮)、2月に量産開始で3月に正式発表か(Bloomberg報道) 今年の春に発売が噂されている、iPhone

2万円の極小FeliCaスマホ「Rakuten Mini」に驚く──実機インプレ

楽天モバイルは、初の独自開発スマートフォン「Rakuten Mini」の先行販売を開始しました。当初は楽天サポータープログラム限定での販売となります。 「Rakuten Mini」は、税込2万1800円という低価格ながら、FeliCa(おサイフケータイ)・eSIMを搭載したスマートフォンです。また、小型な筐体も特徴で、ディスプレイは3.6インチと、一昔前のフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)並となっています。 ▲光沢感のある背面

Rakuten Mini、「無料サポータープログラム」当選者限定で先行発売

楽天モバイルは、初の自社ブランドのスマートフォン「Rakuten Mini」を本日1月23日に発売します。当初は「無料サポータープログラム」当選者限定で、直営6店舗にて販売されます。価格は2万1800円(税込)です。 Rakuten Miniは小型のAndroidスマホ。おサイフケータイ対応(FeliCa搭載)としては最小級の重さ79gの小型なモデルです。さらにeSIMを採用している点も特徴になります。

楽天携帯「5Gは6月」山田社長が再確認

楽天モバイルは23日に実施した発表会の中で、楽天自社回線による次世代モバイル通信「5G」のサービス開始時期を「2020年6月」だと同社の山田善久社長が確認しました。 楽天は2019年10月から4G LTEの商用サービスを開始......する予定でしたが、実際には「無料サポータープログラム」という限定5000人のプレサービスを実施するにとどまっています。23日には2020年4月に4G LTEの商用サービスを開始すると正式に発表しています。