「radioactive」カテゴリーアーカイブ

鳩山由紀夫 on Twitter: “福島県の子どもたちは他県の子どもたちと比較して、圧倒的に甲状腺がんの発生確率が高い。明らかに原発事故による放射線被ばくによるものである。にもかかわらず、線量が高いとがんが増えるとは限らないと、福島県は原発事故とがんの関連性を否定する中間報告をまとめたという。科学者の忖度極まれり。”

鳩山由紀夫 on Twitter: "福島県の子どもたちは他県の子どもたちと比較して、圧倒的に甲状腺がんの発生確率が高い。明らかに原発事故による放射線被ばくによるものである。にもかかわらず、線量が高いとがんが増えるとは限らないと、福島県は原発事故とがんの関連性を否定する中間報告をまとめたという。科学者の忖度極まれり。"

鳩山由紀夫 on Twitter: "福島県の子どもたちは他県の子どもたちと比較して、圧倒的に甲状腺がんの発生確率が高い。明らかに原発事故による放射線被ばくによるものである。にもかかわらず、線量が高いとがんが増えるとは限らないと、福島県は原発事故とがんの関連性を否定する中間報告をまとめたという。科学者の忖度極まれり。"

福島県の子どもたちは他県の子どもたちと比較して、圧倒的に甲状腺がんの発生確率が高い。明らかに原発事故による放射線被ばくによるものである。にもかかわらず、線量が高いとがんが増えるとは限らないと、福島県は原発事故とがんの関連性を否定する中間報告をまとめたという。科学者の忖度極まれり。

はてなブックマーク - 鳩山由紀夫 on Twitter: "福島県の子どもたちは他県の子どもたちと比較して、圧倒的に甲状腺がんの発生確率が高い。明らかに原発事故による放射線被ばくによるものである。にもかかわらず、線量が高いとがんが増えるとは限らないと、福島県は原発事故とがんの関連性を否定する中間報告をまとめたという。科学者の忖度極まれり。" はてなブックマークに追加

被ばく量を過小評価 論文修正へ|NHK 福島県のニュース

被ばく量を過小評価 論文修正へ|NHK 福島県のニュース

被ばく量を過小評価 論文修正へ|NHK 福島県のニュース

東京電力福島第一原発の事故による住民の被ばく量について、東京大学の名誉教授らが3分の1程度に過小評価する論文を発表していたとして、学術誌に修正を申し入れたことがわかりました。 名誉教授は「計算プログラムのミスによるもので、意図的な誤りではない」としています。 東京大学の早野龍五名誉教授らは、おとと...

はてなブックマーク - 被ばく量を過小評価 論文修正へ|NHK 福島県のニュース はてなブックマークに追加

原子力機構の作業員 あごにプルトニウム付着 茨城 | NHKニュース

原子力機構の作業員 あごにプルトニウム付着 茨城 | NHKニュース

原子力機構の作業員 あごにプルトニウム付着 茨城 | NHKニュース

茨城県にある日本原子力研究開発機構の研究施設で、今月6日、作業員のあごに核燃料の材料になるプルトニウムが付着するトラブルがあったことがわかりました。原子力機構は、すぐに除染し、作業員の被ばくは確認されなかったとして公表しませんでした。 原子力機構は、すぐに除染し、健康への影響はないとしています。 ...

はてなブックマーク - 原子力機構の作業員 あごにプルトニウム付着 茨城 | NHKニュース はてなブックマークに追加