「PR」カテゴリーアーカイブ

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed 求人検索』だけでOK!! [PR]

進学を機に新たなバイトを始める方、将来に向けた就職活動に本腰を入れる方も多いのではないでしょうか?今回はそんなお仕事を探すみなさんにおすすめ、手軽に大量の求人情報を検索できる神アプリ『Indeed 求人検索』をご紹介します。(文:唐傘)

検索エンジンだから求人情報がまとめて見られる


『Indeed 求人検索』の最大の強みは、求人情報サイトではなく求人検索エンジンだということ!

自分にあった求人情報をたくさん見たいと思ったら、通常はいくつかのサイトや情報誌を確認する必要があって大変ですよね。

でもIndeedは検索エンジンなので、求人情報サイトや企業のコーポレートサイトなどのインターネット上にあるあらゆる求人情報をまとめて検索することができます。

インターネット上にある求人情報だけでなく、Indeedに直接投稿されている求人情報も豊富

つまり『Indeed 求人検索』さえダウンロードしておけば、あらゆる求人情報をまとめてチェックできちゃうんです!

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]


イメージが実際の仕事につながるフリーワード検索が便利

基本の検索方法は希望の勤務地と、キーワードを入れるだけなのでとっても簡単。希望の勤務地は「日本」や都道府県名などざっくりしたものでも検索できるし、居住地や学校の最寄り駅などピンポイントで指定して検索することもできます。

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR] 仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]


キーワードにはどんなワードを入れてもOK。例えば、「飲食店」や「書店」など、希望の職業ジャンルを入力して探すこともできます。「オシャレなカフェ」のようなこだわりのあるキーワードでもいいし、「読書」「サッカー」といった趣味や関心ごとで検索することも可能です。

また、この画面では合わせて「雇用形態」や「職種」、「仕事の特徴(スケジュール、待遇など)」、「給料」など、こだわりを細かく設定できるので希望の仕事をピンポイントで探せるのが便利です。

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR] 仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]


具体的にどんな仕事をしたいか決まっていない場合は、「短時間」や「駅近」などふわっとしたキーワードでも検索することができます。いろいろな職業の情報が表示されるので、自分の希望に合うお仕事がきっと見つかるはずです。

根っからのインドア派である私は、「在宅」という条件で検索。在宅の仕事は限られたものしかないと思っていたのですが、エンターテイメント系やクリエイティブ系など、予想をはるかに上回る充実ぶりで自分の認識をアップデートさせないとだめだなと反省しました。

また情報を見ることで、いろいろな職業を知るきっかけになるのもいいなと思いました。

例えば「ゲーム」で検索するとプログラマーやイラストレーターだけでなくプランナー、コピーライターなど関連職業もヒットして、「こんな仕事もあるのか、こんな風な関わり方もできるのか」と仕事に対する興味の幅がどんどん広がっていきました。

気になるものはお気に入り登録もできるので、空き時間についついチェックしてしまいますよ。

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]


「発見」タブにあるフィルター機能を使用すれば、理想の条件を選ぶだけで自分に合った求人を見つけることができます。

中でも「働きがい検索」では「自然と向き合う仕事」なら農林漁業、「人に教える仕事」なら保育士、教師、講師など、イメージに合わせた職種を教えてくれます。分野がかなり細かく分かれているので、自分に向いていそうなもの、ライフスタイル像に合っているものを選べるのが嬉しいところです。

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]
仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]


「発見」では、ほかにも「人気の特徴・こだわり」、「企業クチコミ検索」、「給料検索」など、細やかな検索をすることが可能です!

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR] 仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]


気になる求人情報をタッチして掲載元で詳細を確認したり、Indeedに直接投稿している企業の求人情報ならそのままアプリから応募画面に進めるので、すぐに応募につなげられるのも嬉しいところです。

まとめ:今仕事を探してなかったとしてもダウンロードしておきたい!

ちょっと触っただけでも、その膨大な求人情報量に圧倒されます。自由なワードで検索できるので、自分が将来やってみたい仕事を探すのにも便利。「ゲーム」や「テレビ」など好きな単語で検索して、関連する仕事にはどんなものがあるのか見てみるのも新しい発見があっておもしろいです。

さらに今まさに仕事を探したい時は、フリーワード検索をする以外にも、フィルターで簡単に自分好みの情報を検索でき、そのまま応募画面に進めます。インターネット上のあらゆる求人情報を探すことができるので、『Indeed 求人検索』さえあれば求人サイトを何個も見比べる必要はありません。忙しい学生さんや社会人の方でも、アプリを起動するだけで短時間で仕事を探すことができます。

今まさに、転職・バイト探しをしている方はもちろん、今は探してなくてもどんな仕事があるのか知りたい方も、アプリから気軽に検索してみてください。きっと新しい発見があるはずです!

Indeed 求人検索 ・販売元: Indeed Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ビジネス
・容量: 45.8 MB
・バージョン: 45.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

【戦場の絆】カバパンのMS紹介動画「ユニコーンガンダム」公開![PR]

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』をAppBankが応援する企画、カバパンによるMS紹介動画。今回は「ユニコーンガンダム」をご紹介します。

格闘型機体「ユニコーンガンダム」の「NT-D」の使いどころをご紹介


カバパンによるモビルスーツの使いこなしを指南する「MS紹介動画」。

今回は、地球連邦軍の格闘型機体「ユニコーンガンダム」をプレイヤーの「YAMIKAZE」さんと共にご紹介します。

本機の特徴であり強みでもある、発動時無敵になり、射撃トリガ武装が「ビーム・マグナム」に換装され、一定時間攻撃力および機動力が向上する「NT-D」の使いどころを中心とした内容となっています。

なお、NT-D発動中の「ビーム・マグナム」はパージ武装であるコスト+10の「ビーム・マグナム」とも射程や威力などが異なります。詳しくは『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式サイトの有料会員が閲覧できる、「MSデータベース」をご参照ください。



<動画の見どころ>
・「NT-D」の使いどころは?
・「NT-D」を使ってはいけないところは?
・「NT-D」発動後の武装の変化について

「ユニコーンガンダム」の紹介動画をチェック!

https://youtu.be/0pI8BpcJIlY


©創通・サンライズ


【戦場の絆】カバパンのMS紹介動画「ユニコーンガンダム」公開![PR]

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』をAppBankが応援する企画、カバパンによるMS紹介動画。今回は「ユニコーンガンダム」をご紹介します。

格闘型機体「ユニコーンガンダム」の「NT-D」の使いどころをご紹介


カバパンによるモビルスーツの使いこなしを指南する「MS紹介動画」。

今回は、地球連邦軍の格闘型機体「ユニコーンガンダム」をプレイヤーの「YAMIKAZE」さんと共にご紹介します。

本機の特徴であり強みでもある、発動時無敵になり、射撃トリガ武装が「ビーム・マグナム」に換装され、一定時間攻撃力および機動力が向上する「NT-D」の使いどころを中心とした内容となっています。

なお、NT-D発動中の「ビーム・マグナム」はパージ武装であるコスト+10の「ビーム・マグナム」とも射程や威力などが異なります。詳しくは『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式サイトの有料会員が閲覧できる、「MSデータベース」をご参照ください。



<動画の見どころ>
・「NT-D」の使いどころは?
・「NT-D」を使ってはいけないところは?
・「NT-D」発動後の武装の変化について

「ユニコーンガンダム」の紹介動画をチェック!

https://youtu.be/0pI8BpcJIlY


©創通・サンライズ


大幸薬品の「クレベリン」はコロナ対策になるか | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大幸薬品の「クレベリン」はコロナ対策になるか | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大幸薬品の「クレベリン」はコロナ対策になるか | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

新型肺炎の影響で、感染症に対する関心は高まる一方だ。そんな中、胃腸薬の正露丸で有名な大幸薬品のウイルス除去製品「クレベリン」が注目されている。 大幸薬品の株価は1月下旬から急騰し、2月中旬には10年半ぶりに上場来高値を更新した。市場関係者の間では、「新型コロナウイルスの感染者が増えるとクレベリンの販売...

はてなブックマーク - 大幸薬品の「クレベリン」はコロナ対策になるか | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 はてなブックマークに追加

【アプリレビュー】月額200円で高速Wi-Fi使い放題&暗号化でパスワード保護する『ギガぞうWi-Fi』[PR]

月額200円で高速&高セキュリティな通信が利用できるアプリ『ギガぞうWi-Fi』をレビュー!

Wi-Fi使い放題アプリ『ギガぞうWi-Fi』とは?


『ギガぞうWi-Fi』は、KDDIグループのWi2(ワイヤ・アンド・ワイヤレス)社が運営している通信サービスです。

特徴は、月額たったの200円で全国約10万ヶ所のWi-Fiスポットが使い放題になること。

さらに無料で利用できるフリーWi-Fi接続時に、VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)による暗号化通信も提供してくれます。

多くの人が何気なく使っているフリーWi-Fiですが、セキュリティ保護されていないことが多く、そのようなフリーWi-Fiはパスワードやクレジットカード番号などを入力したときに個人情報が盗まれてしまう恐れがあります。

『ギガぞうWi-Fi』では専用のVPNサーバーを通じて暗号化して通信することにより、これら個人情報の流出を防いでくれます。

このレビューでは実際に『ギガぞうWi-Fi』を使った感想や、そのメリット、詳しい使い方を紹介します。

全国約10万ヶ所のWi-Fiスポットで高速通信!

『ギガぞうWi-Fi』会員になると、日本全国約10万ヶ所に設置されてるWi-Fiスポットに接続できるようになります。

会員用Wi-Fiスポットはスターバックスやコメダなどのカフェ、ケンタッキーフライドチキンやモスバーガーなどのファーストフード店、ガストやCoCo壱番屋などのレストランに多数設置されています。


どこの店舗にWi-Fiスポットが設置されているかは、Webサイトやアプリから調べることができます。


現在位置を元に調べられるため、近場で高速通信できる場所を探したいときに便利です。

Wi-Fiスポットへの接続方法

実際に会員用Wi-Fiスポットに接続してみます。

月額200円プランで利用できる会員用Wi-Fiスポットは以下のSSIDです。この他、Wi2_freeや提携自治体等のフリーWi-Fiも利用できます。

  • Wi2eap
  • 0000Wi2
  • Wi2
  • Wi2_club
  • wifi_square
  • mobilepoint
  • mobilepoint2

今回はスターバックスコーヒーに「Wi2eap」が用意されているようなので、実際に行って接続してみました。




気になるでしょうから、Wi-Fiがどれくらい速いのか通信速度を測定してみました。


Googleが提供している『インターネット接続テスト』で下り25.1Mbps、上り44.5Mbpsと計測されました。これは速い。


ほかの店舗でも試してみました。
こちらはマクドナルドのSSID「mobilepoint」です。


ただ、見てわかるようにSSID「mobilepoint」にはパスワードがかけられています。
こうした各SSIDのパスワードはアプリから確認できます。


「mobilepoint」に店外からアクセスした結果、通信速度は下り6.4Mbps、上り13.6Mbpsでした。


さきほどのスターバックスと比較すると遅いですが、この速度でも『YouTube』の動画を見るくらいなら全然余裕です。


これがたったの月額200円で使えると考えると、かなり安いです。

Wi-Fiスポットが設置されている店舗によく行く人や、外出先での作業がメインの人におすすめしたいですね。

フリーWi-FiをVPNで暗号化

『ギガぞうWi-Fi』のもうひとつの特徴が、専用のVPNサーバーによる暗号化通信です。

無料で利用できるフリーWi-Fiを使って通信をしている人は多いと思いますが、セキュリティ保護されていないものが多数あります。

そのようなフリーWi-Fiに接続しているときにパスワードやクレジットカードの情報を入力すると、悪意を持った第三者に情報が盗まれ、悪用されてしまう恐れがあります。

しかし、月額200円の『ギガぞうWi-Fi』アプリをインストールしておけば、ユーザーは専用のVPNサーバーによる暗号化通信を利用できます。


暗号化されているため、パスワードやクレジットカード情報を盗まれる恐れはありません。

VPNに接続できているかどうかは、スマホの上部を見ると確認できます。


月額200円でこうしたVPNサービスを利用できるアプリはほかにありません。
よくフリーWi-Fiにアクセスする人は、『ギガぞうWi-Fi』でセキュリティアップしましょう。

格安SIMユーザーにおすすめ!

では、どんな人に『ギガぞうWi-Fi』がおすすめなのでしょうか?

その答えはズバリ、格安SIMユーザーです。

理由は格安SIMの多くは通信速度が遅いこと、そのうえで『ギガぞうWi-Fi』の利用料金が安いことです。

格安SIMの回線は混雑時に遅くなることが知られていますが、Wi-Fiスポットによる高速通信を利用すれば関係ありません。

その高速通信が月額200円で利用できるとなれば、格安SIMのオプションをつけるようなものです。

よく利用する店舗にWi-Fiスポットがある場合は、格安SIMのプランを見直すことで逆にお得になる可能性すらあります。


いま格安SIMを使っており、お店で落ち着いて利用するときに回線が遅くてストレスがたまっている人に『ギガぞうWi-Fi』はおすすめです。

複数端末での切り替えやパソコンでの利用でも

また、『ギガぞうWi-Fi』は複数端末でも利用できます。

スマホ専用の月額200円プランの場合、一度ログアウトしてからほかの端末で再度ログインすることで端末を切り替えられます。

それが面倒な人や、パソコンでも利用したい人は5台プラン(スタンダードプラン:月額500円)、
10台のプラン(ファミリー機器安心パック:月額858円)を契約すると解決できます。

月額200円をプラスすることで高速通信とVPNによる暗号化を手に入れ、毎月のギガを節約しましょう。

『ギガぞうWi-Fi』のインストール方法

最後にiPhoneでの『ギガぞうWi-Fi』のインストール方法を案内します。
まずは『App Store』の『ギガぞうWi-Fi』のページにアクセスし、


『ギガぞうWi-Fi』をインストールします。ここまでは無料です。


『ギガぞうWi-Fi』をインストール後したら、次にアプリを起動して【新規登録】を行います。


今回は【ギガぞうWi-Fi スマホ専用プラン】を契約します。


利用規約を確認し、問題がなければ【同意する】をタップします。


続いてユーザー登録を行います。SNSアカウントを利用するとかんたんです。


ユーザー登録をすると、『App Store』のサブスクリプション契約ができるようになります。
契約を解除しないかぎり、毎月200円かかるため忘れないよう注意してください。


最後にサブスクリプション契約を承認すると、登録完了です。


プロファイルのインストール

iPhoneで『ギガぞうWi-Fi』アプリを利用するには、プロファイルのインストールも必要です。


【プロファイルのダウンロード】ボタンをタップすると、プロファイルのダウンロードが実行されます。


ダウンロードしたプロファイルは【設定】アプリから確認でき、ユーザーが【承認】することでインストールが完了します。


プロファイルのダウンロードで原因不明のエラーが起きるときは?

まれに、プロファイルのダウンロード時に「原因不明のエラー」が起きてしまい、ダウンロードできないことがあります。


このエラーは、iOSの一部のVer.で発生する場合があるとの事で、iPhoneを一度再起動することで解決できます。

まとめ

以上、『ギガぞうWi-Fi』のレビューと使い方の紹介でした。

まとめると『ギガぞうWi-Fi』は

  • 月額200円で全国約10万ヶ所のWi-Fiスポットが利用できる
  • Wi-Fiスポットでは高速通信が可能
  • フリーWi-Fi接続時にVPNによる暗号化通信ができる
  • 設置店舗をよく利用する格安SIMユーザーにおすすめ
  • 複数台やパソコンからも利用したい場合は月額500円

という通信サービスです。

いま使っているスマホの通信速度に不満がある人、店舗でもっと高速なWi-Fiを利用したい人は、ためしに『ギガぞうWi-Fi』を使ってみてください。

WiFi ギガぞうWi-FiWi-Fi 安心安全にパケット通信量を節約 ・販売元: Wire and Wireless Co.,Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 77.3 MB
・バージョン: 1.6.5
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2018 Wire and Wireless Co.Ltd

【戦場の絆】あおにゃん奮闘! Aクラスは4時間となったIDバースト出撃イベントレポート[PR]

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』。その応援企画「IDバースト出撃イベント」が2月23日(祝・日)に実施されました。

あおにゃんが初めての4時間参戦! マッチングした皆様に感謝!!

▼参戦会場として使わせていただいたnamco巣鴨店。P.O.D.の映像を大型モニターに出力でき、来場者も気軽にイベントの様子を見学することができるようになっていました。


2020年2回目のIDバースト出撃イベントは、3連休の中日となる2月23日(日・祝)に、おなじみのnamco巣鴨店での参戦となりました。

今回は、Aクラスのあおにゃんに、休憩を適宜とっていただきつつ、15時~19時と初めての4時間の参戦をお願いしました。

Sクラスは前回まで同様17時~20時の3時間、ゲストに「YAMIKAZE」さんを迎えて、カバパンと2人での参戦です。

ステージはAクラスが15時~17時までイベント戦の「ランダムステージ」で、Sクラスがスタートした17時からはサイド5実験場/リバースステージで固定となっていました。いずれも対戦形式は6vs6です。



あおにゃんの1クレジット目は地球連邦軍でトリントン基地に出撃。マッチングが始まると先にボイスがつながったようで、「よろしくお願いします~!」と自ら挨拶していたらバーストメンバーが決定。初めてマッチングしたメンバーの方を確認しつつテンション高く1戦目がスタートとなりました。

「ゲルググJ」が後ろに控える火力のある編成で、「ジム・ストライカー(ネメシス隊)」に搭乗したあおにゃんは護衛を担っていましたが、「ゲルググJ」の火力に僚機が先に落とされ、あおにゃんも続いて撃墜されてしまいます。

逆サイドにリスタートし、「ケンプファー」との壁引っ掛け合戦で検討していましたが、戦力ゲージが大きく差が開き、残念ながら敗北スタート。

オデッサでの戦いとなった2戦目から、Sクラス出撃時刻となる17時まではカバパンが横でアドバイスしながらのプレイとなりました。

「何乗ればいいですか?」とバーストメンバーに機体チョイスを相談していたあおにゃんに、カバパンは「ナラティブガンダム B装備」をおすすめ(しながらトリガーとレバーを操作して決定(笑))。もちろんバーストメンバーには「カバさんに〝赤ロックして弾を撃つだけ〟って言われました」と報告していました。

ロックオン(通称赤ロック)で誘導がかかり、ダメージも与えられるメイントリガ武装「4連装ミサイル・ランチャーA」、ロックオンして射出すれば強力な誘導を誇り、強制よろけ効果を持つサブトリガ武装「有線式遠隔攻撃端末」も持ち、開けたステージで、レーダーを活用しながらポジション取りをしていけば役割が果たしやすいという点がおススメポイントです。

序盤は数的不利でしたが、僚機の「ユニコーンガンダム」とともに「ギガン」を削り、これを撃破。リスタートしてきた「ギガン」とともに敵護衛がラインを上げてきたため、徐々に下がりながら「4連装ミサイル・ランチャーA」の適正距離を徐々につかんでいったあおにゃん。

結局追い詰められて1落ちとなりましたが、リスタート後にも敵機を撃破、味方拠点攻略チームが2拠点目の撃破に成功し、そのままゲージを飛ばしての本日初勝利となりました。

その後は地球連邦軍では「ジム・寒冷地仕様」や「陸戦型ガンダム」などの近距離戦型、格闘型では「ジム・ストライカー(ネメシス隊)」に主に搭乗。

ジオン軍では「ギラ・ズール」や「ザクII改」、「ザク・デザートタイプ」と近距離戦型を主に使用していました。


様子を外から見ていたのですが、格闘型機体に搭乗している際、乱戦時にクイックドローを外して別の敵に飛び回る動きも見られ、徐々に動きに変化が出てきていました。

今後も練習しているという支援型や、今回乗った射撃型などにも挑戦していくことで、視野や遊びの幅が広がっていけば、さらに楽しく遊べるのではないでしょうか……?

結果、地球連邦軍では7勝3敗(うちCPU戦3)、ジオン軍では6勝2敗(うちCPU戦3)という結果となりました。

「初めての4時間は、いろんな戦士の皆様と楽しくおしゃべりしながら遊べて、気が付いたらあっという間に終わっていました」とあおにゃん。

何度か運悪く対CPU戦となることもあったのですが、全員が遠距離砲撃型に搭乗したり、懐かしい「アッガイ祭」でわいわいと楽しくおしゃべりしながら「戦場の絆」を楽しんでいるのが伝わってきました。

ラスト1戦がCPU戦だったこともあり、“泣きの1クレ(ジット)”ということで、19時5分からさらに2戦プレイしてもらいましたが、フルバーストの准将チームとマッチングして「完敗」をもらうなど最後までドキドキのイベントとなりました。

自分の出撃時間の合間や、出撃時間が終わっても、今回も他のP.O.D.の様子を熱心に見学していたあおにゃんでした。

▼あおにゃんのリプレイです。

▼合間に常連さんのお子さんとお話ししたり、カバパンのP.O.D.を見学したりと「戦場の絆」を堪能していました。




安定感抜群のSクラス戦。その秘密は……?

今回ゲストとしてご協力いただいた「YAMIKAZE」さん。「どこでもやりますよ」とバーストメンバーに声をかけ、メンバーの希望を叶えつつ、難しいポジションを担っていたのが印象的です。

地球連邦軍では「ユニコーンガンダム」、ジオン軍では「ギャン」や動画でご紹介いただいた「ギラ・ズール」のほか、「アッガイ」などにも搭乗。役割とコストに合わせた立ち回りを見せてくれました。

ゲストプレイヤーさんやカバパンのプレイの様子を見ていて毎回思うことですが、上級者はリラックスして操作していて、動きに無駄がないように見えるのです。

ボイスチャットの情報伝達が必要十分かつ最小限。戦略的に「今は行くべきなのか引くべきなのか、それともこの場を維持すべきなのか」といった状況判断。

それらを踏まえ立ち位置を調整しながら、攻めるときは声かけしながら、戻る時はバーストメンバーに気を配りながら、常に先を読みながら行動しているので、“慌てて何かをする”ということがほとんどないように見えるわけです。

とくにアンチ担当時は敵タンク(遠距離砲撃型)のリスタートポイントを前衛に搭乗していても確実に把握し、撃破する場所を含めてリスタートのタイミングの調整が効くときはちょっと待ってから敵の正面にリスタートするようにするなどしつつ、すぐに自ら抑えに行くといった、基本に忠実に、“勝つためにやることをできるだけシンプルに味方に共有し続けて”戦略の成功確度を上げていくというところが強さの秘密なのかもしれません。

地球連邦軍では5勝3敗、ジオン軍では4勝2敗(うちCPU戦1)という戦績でした。


▼「YAMIKAZE」さんのリプレイです。

カバパンも今回は前衛を中心に搭乗。地球連邦軍では「ユニコーンガンダム」のほか、「寒ジムに乗りたい!」と「ジム・寒冷地仕様」をチョイス。

ジオン軍では「ギャン」、「シナンジュ」、「シルヴァ・バレト・サプレッサー」のほか「ザクレロ」に初搭乗するなど、格闘型でアンチをメインに多彩な機体を選択していました。

カバパンも「YAMIKAZE」さんと同様、前衛に搭乗して敵を相手にしながらも、戦況に応じて攻め時と守り時を踏まえた提案をチームメンバーとボイスチャットで共有しながら、自らの役割を調整しつつ戦っていました。

ステージがやや高い建物が多い「サイド5実験場」でしたので、護衛→アンチもしくはその逆の役割のスイッチも戦況に応じて使い分けてどこかのタイミングで優位を築く、もしくは戦力ゲージ的に負けていても拠点撃破で勝てるよう、味方を導く戦い方が見られて、非常に参考になりました。

地球連邦軍では3勝3敗、ジオン軍では6勝2敗(うちCPU戦1)の戦績となりました。


▼カバパンのリプレイです。

3月にもIDバーストイベント実施予定!

今回は、あおにゃん、カバパン、「YAMIKAZE」さんとマッチングした両軍のパイロットの皆さんに、限定称号「奇跡の時報マッチ」がプレゼントされましたので、公式連動サイトの「メニュー」→「称号」→「設定称号の作成」→「検索条件の詳細」でご確認ください。

今回もnamco巣鴨店のスタッフの方々をはじめ、関係者のご尽力で、無事にイベントを終えることができました。ご協力誠にありがとうございました!!

Twitterで告知させていただきましたが、3月も引き続きIDバースト出撃イベントを実施する予定でおりますので、今回マッチングできた方も、残念ながらマッチングできなかった方も、開催概要が決定しだい、AppBank.netやTwitterにて告知いたしますので、ご参加いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします!


【戦場の絆】あおにゃん奮闘! Aクラスは4時間となったIDバースト出撃イベントレポート[PR]2020/02/28 10:00
【戦場の絆】あおにゃん奮闘! Aクラスは4時間となったIDバースト出撃イベントレポート[PR]
【戦場の絆】「勢力戦 ウインターバトル2020」の先行支給機体「局地型ガンダム(北米戦仕様)」と「ブグ(RR)」をチェック![PR]2020/02/27 10:00
【戦場の絆】「勢力戦 ウインターバトル2020」の先行支給機体「局地型ガンダム(北米戦仕様)」と「ブグ(RR)」をチェック![PR]
【戦場の絆】カバパンの新機体インプレッション動画「局地型ガンダム(北米戦仕様)」、「ブグ(RR)」公開![PR]2020/02/26 10:02
【戦場の絆】カバパンの新機体インプレッション動画「局地型ガンダム(北米戦仕様)」、「ブグ(RR)」公開![PR]
【戦場の絆】全国大会が2020年冬に開催決定! 『機動戦士ガンダム 戦場の絆II』制作が発表![更新終了]2020/02/08 13:06
【戦場の絆】全国大会が2020年冬に開催決定! 『機動戦士ガンダム 戦場の絆II』制作が発表![更新終了]
【戦場の絆】限定称号がもらえるIDバースト出撃イベントを2月23日(日・祝)に実施します![PR]2020/02/07 11:00
【戦場の絆】限定称号がもらえるIDバースト出撃イベントを2月23日(日・祝)に実施します![PR]

©創通・サンライズ


【戦場の絆】「勢力戦 ウインターバトル2020」の先行支給機体「局地型ガンダム(北米戦仕様)」と「ブグ(RR)」をチェック![PR]

バンダイナムコアミューズメントは、アーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』のイベントとなる「勢力戦 ウインターバトル2020」を開催します。開催期間は2月28日~4月7日です。

「勢力戦 ウインターバトル2020」の先行支給機体は素体コスト180の2機種!


今回の勢力戦では、地球連邦軍に「局地型ガンダム(北米戦仕様)」、ジオン軍に「ブグ(RR)」の2機体が先行支給されます。

どちらも「貢献ポイント」を勢力戦期間中に750ポイントを貯めることが支給条件になっています。

ステージスケジュールは公式サイトをご確認ください。

地球連邦軍:局地型ガンダム(北米戦仕様)



カテゴリー:近距離戦型
素体コスト:180
地上/コロニー出撃可能
再出撃Lv4

左肩に仰角調整機能のあるキャノン砲を装備したモビルスーツ。

サブ武装に装備している「ショルダー・キャノン」は、性質の異なる4種類から選択可能。扱いやすい「A」型、威力に優れた「B」型など、マップや僚機との組み合わせによって使い分けることで、様々な戦い方を可能としています。

バランサーは160/240(よろけ/ダウン)のいわゆる中バランサー機体となっています。

▼左肩に装備された「ショルダー・キャノン」が特徴。仰角調整が可能です。


仰角調整は両トリガを引いている間に行われ、指を離すと弾が射出されます。タイプによってそれぞれスタート角度と射角調整方向が異なるので、詳細はサブトリガ武装の説明をご確認ください。

・メイントリガ武装



右腕に装備する「MS用マシンガン」が唯一のメイントリガ武装となります。

1トリガ6発発射のマシンガンで、トリガを引き続ける事で間隔をおいたフルオート射撃が可能です。

ロックオン距離が250mと近距離戦型としては長めになっており、5mほど先までの射程となっています。

1発1発がバラけるタイプのマシンガンで、威力は1発7~8ほどになります。ダウン値は低めで、相手をよろけさせるには対低バランサーで3発、中バランサーで4発、高バランサーには5発ヒットさせることが必要です。当たり具合は相対距離で調整するといいでしょう。

ヒット時ノックバック効果(攻撃が当たると相手が後ずさること)があるため、数発かすらせるだけでも足止めとして使うことができそうです。

装弾数は42発なので7セットでリロードとなります。撃ちきりリロードで約8カウントかかりますので、サブトリガ射撃などでフォローしていきましょう。

主に相手をよろけさせることを狙い、かすらせつつ位置取りを調整しやすい武装だと思います。

・サブトリガ武装

「A」型~「D」型までの4種の「ショルダー・キャノン」から選択が可能です。

「A」型は、1トリガ1発を発射するキャノン砲です。武器の持ち替えがなく即座に射出され、1発で高バランサーまでよろけさせられるダウン値が高い武装です。

射程は持ち替え前の武装に依存し、射程は約160mとなっています。ロックオン(いわゆる赤ロック)中は横方向への誘導がかかります。

仰角調整は水平からスタートし、上昇するタイプなので、即座に撃てば相手の硬直を狙えますし、トリガーを引き始めて少し経てば山なりに射撃することができ、障害物を超えて攻撃が可能です。

装弾数は3発。リロードが約6カウントなので、回転率はそこそこいい武装と言えそうです。

メイントリガ武装を避けて突っ込んでくる相手の硬直を狙って使うもよし、誘導を活かして離れた間合いでのけん制に使うもよし。使い勝手のよいオーソドックスなサブトリガ射撃武装となっています。

「B」型は「A」型と逆に45度付近から仰角調整が始まり射角が下がっていくタイプのキャノン砲です。

こちらは単発発射で威力が30~40とサブトリガ射撃としては高めです。弾速も「A型」に比べるとあり、1発で全モビルスーツがダウンするという特性なので、相手の硬直を狙って撃ち込むといいでしょう。

装弾数は5発。ロックオン距離は持ち替え前に準じますが、射程が約260mあるのも特徴といえます。リロードは約9.5カウントかかります。

▼「ショルダー・キャノンC」は強制よろけ効果のついた拡散弾です。



「C」型は45度付近が初期射角で、「A」型と同じように仰角が上がっていくタイプのキャノン砲。「B」型より5mほど射程距離が短めの拡散弾を1発射出します。

ダメージは全距離15で固定、ダウン値も50と低めですが、強制よろけ効果が付与されていますので、ヒットすれば味方によろけた相手をパスしたり、メイン武装で追撃したりといった使い方が効果的な武装です。

装弾数は3発。リロードは9カウント弱かかります。

障害物越しに複数の相手をよろけさせるということも可能ですが、弾は一定距離飛翔してから拡散しますので、約120m以内のロックオン表示が赤になる至近距離ではヒットしにくいことに注意してください。

「D」型は装弾数が2発と少ないのですが、ヒットすると相手の行動が遅くなる燃焼効果が付与されています。なお、装備するとコストが20プラスとなります。

射程距離は約200m。初期射角は約45度で、トリガーを引き続けると水平方向へ射角が下がっていきます。

ダメージは直撃で20と低めで、1発で相手がダウンします。ただ、燃焼時間が長めになっており、約7カウントほど持続しますので、ダウンした相手が起き上がってもまだ効果が持続しています。

さらに、ダウンした相手の起き上がりに重ねるように使うことで燃焼効果のみを与えることで、その後の攻防に勝てる可能性が上がります。

起き上がりに燃焼効果を与えるには、起き上がってくる相手に密着して重ねるように射撃するか、離れた相手の場合は起き上がるところに早めに撃ち込むといった使い方が想定できます。
味方と2対2のシチュエーションなどに撃ち込むと、カットを遅らせつつ瞬間数的有利を生み出せますので効果的かと思います。

・格闘トリガ武装

「ビーム・サーベル」での格闘3連撃となります。ロックオン距離約60m、威力は20→25(20)→35(22.4)となっており、3撃目が一番威力が高くなります。

地球連邦軍の同カテゴリ同コスト帯の機体と比較すると、「ジム・コマンド」や「装甲強化型ジム」と1撃目と3撃目が同じですが、2発目がやや低めの設定になっています。

なお、タックルの威力はタックルセッティングで50、旋回~機動セッティングで30、歩行~装甲セッティングで40となっています。

・どう運用する?

本機は、「ジム・コマンド」との比較になりますが、APが270(機動)~296(旋回)~345(装甲)と多めになっています。

機動面では全体的にダッシュ速度がやや控えめ、ジャンプ速度と旋回速度が高め、硬直が長めという調整になっているようです。

本機の性格は基本的に護衛に向いているのではないでしょうか。実際の運用はサブトリガ武装「ショルダー・キャノン」のチョイスで変わります。

ヒットさせやすく使い勝手のいいのは「A」型か「C」型かと思います。ステージを問わずけん制に使いやすく、距離を調節しながらメイントリガ武装と組み合わせて相手を削っていくという形が理想でしょう。

また、市街地など建物の多いステージでは味方と組んで戦うなら「D」型の燃焼効果を使って味方を活かす運用も魅力的でしょう。

弾速に優れる「B」型を選ぶ場合、メイントリガ武装との組み合わせで硬直を狙ってダウンを取るという形が理想となりますので、メイントリガ武装とサブトリガ武装の役割が逆になることがある点には注意したいところです。

「C」型は、ホバー特性を持つ機体を相手にする場合にも効果的かと思います。モビルスーツ2体分ぐらいの範囲を強制よろけ効果を持つ拡散弾でカバーできるので、ばらけるメイントリガ武装と合わせて置き撃ちしたり、レーダーを見つつロックオン範囲外からこちらに向かってくる相手に活用できるでしょう。

なお、全般的に距離が詰まってくると即ダウンを奪いにくくなる武装の組み合わせが多いことには注意しましょう。

ジオン軍:ブグ(RR)



カテゴリー:射撃型
素体コスト:180
地上/宇宙/コロニー出撃可能
再出撃Lv4

ロングジャンプによる滞空性能の高さと、ダメージは低いものの、微硬直かつ弾速の速いメイン射撃「MS用マシンガンA」が特徴。

空中で敵の死角に位置取りながら弾速の速いメイン射撃で敵の硬直を狙ったり、カットなどの味方への援護をメインとして使うと効果的な武装を持っており、シブい役割が似合いそうなモビルスーツです。

バランサーは120/180(よろけ/ダウン)のいわゆる低バランサー機体となっています。

▼ジャンプ時のブースト消費がゆるやかなので、滞空時間を稼ぎやすい機体です。重力の低下がある宇宙ステージではさらに空間機動がやりやすいでしょう。


・メイントリガ武装



1トリガ単発発射、右トリガを引き続けるとフルオート射撃も可能な「MS用マシンガンA」が装備可能です。

ダメージは1発18~22と射撃型メイントリガ武装としては低めですが、高バランサーまで1発でよろけさせることができ、射程は265m、ロックオン距離は250mほどあります。

弾速もそこそこありますので、ある程度距離が離れていても、相手の硬直へ撃ち込んだり、斬られている味方のカットにも使えそうです。

2発、3発と重ねればダウンも狙えますので、ダウン値のコントロールも可能です。

装弾数は10発で、リロードは9カウント強と少々かかります。2~3発ずつ撃っている場合は、こまめに撃ち捨ててリロードしておきましょう。

なお、発射時に軽微ですが硬直が生まれますので、空中で撃つ場合、射撃後にジャンプペダルを即踏み込むことで高度を回復できることを覚えておきましょう。

・サブトリガ武装

3つの「クラッカー」、そして「MS用マシンガンB」の4種の武装から選択が可能です。本機の場合、「クラッカー」は地球連邦軍の「ハンド・グレネイド」のようにアンダースローで投擲するので、高所から投げ込むような使い方が適しています。

「クラッカーA」は4発装填単発投擲のクラッカー。1発で全モビルスーツがダウンし、威力は1発22程度。リロードは8カウント弱かかり、両トリガを引きっぱなしにすれば連続で投げ込んでくれます。

射程は160m。こちらに近づいてくる相手をダウンさせて距離を稼いだり、瞬間的に数的有利を作りたい場合に使いやすい武装です。

「クラッカーB」は射程が「A」型より10mほど短くなり、威力も単発20程度となりますが、強制よろけ効果が与えられています。

装弾数が「クラッカー」として多い3発で、リロードは9カウント弱かかります。

ヒットする=相手がよろけるので、斬られている味方のカットに使ったり、自ら攻め込みたいときのきっかけづくりに役立ちます。

ただし投擲したクラッカーがわりとゆっくり飛んでいくので、できれば相手の行動を読んで置き撃ちし、ヒットしたらクイックストライクを仕掛けたり、乱戦では、味方が斬られそうだなというところに投げ込んでカットを狙っていくといいでしょう。

「クラッカーC」は1トリガで2発のクラッカーをV字の軌道に投げます。

1回使うたびに9カウント強のリロードとなりますが、単発45とサブトリガ武装としては高い威力を持っています。メイン武装の瞬間火力に不安がある本機のダメージソースとして使いたい武装です。

なお、「クラッカー」に多い近接信管(敵機に近づくと爆発する)機能がないようなので、直撃させるか、射程限界付近で当てる必要があります。

▼「MS用マシンガンB」は発射時硬直のない6連射のマシンガン武装です。



サブトリガ武装最後となる「MS用マシンガンB」は、1トリガ6連射のマシンガン。集弾率は高く、まとめて弾が飛んでいくイメージの武装です。

射程が210m、ロックオン距離は190mと、サブトリガ武装としてはそこそこ遠い距離でもヒットさせることが可能です。

威力が単発4~6と低めですが、ダウン値も2発ヒットで低バランサー、3発ヒットで中バランサー、4発ヒットで高バランサーがよろけるという性能になっているので、まとめてヒットさせてダメージを稼ぐ使い方になるでしょう。

装弾数は24発と4セットでリロードとなります。リロードは「A」型よりも長い10カウント強かかりますので、残弾が少ない場合は撃ちきってリロードしておきましょう。

・格闘トリガ武装

「ヒート・ホーク」での3連撃が可能です。ロックオン距離は約60m。

威力は12→23(18.4)→41(26.24)と射撃型らしい尻上がりにダメージが向上するタイプ。ジオン軍同カテゴリ同コストの「ドム」と同じ性能となっています。

・どう運用する?

本機のAPは245(機動)~271(旋回)~320(装甲)とコストのわりにやや少なめでしょうか。

機動力面では「ドム」と比較するとダッシュ速度、ジャンプ速度は「ドム」を上回りますが、小ジャンプ硬直が長めなので、着地を狙われないよう位置取りに気を使いましょう。

タックルの威力は旋回~機動セッティングが30、歩行~装甲セッティングが40、タックルセッティングが50となっています。

本機はジャンプ時の速度はそれほど高くはありませんが、ブースト消費量が少な目なので、高所をふわふわと移動しながら相手の攻撃を避けつつ滞空時間を稼ぎながら位置取りできます。
さらに、自分の目線より下の相手への攻撃に向いた武装が揃っているので、ちくちくと射撃してダメージを蓄積させていく、シブい戦いが得意そうです。

どの装備も装弾数が多くないので、メイン→サブ→メイントリガと交互に使っていると、いざというときに「撃つ弾がない!」ということにならないよう、特にメイントリガ武装の残弾に気を付けてリロードをこまめに行うことが重要になるでしょう。

本機は、ダメージソースとして動くのは難しい武装が多いため、高い場所に位置どることで、上から味方の援護を的確に行い、味方を活かす目的で運用できれば理想です。

「チャンスに大ダメージを与える」のではなく、「味方の攻め込むきっかけをつくる」、「ピンチをチャンスに変える」といった近距離戦型のような行動がハマりそうな機体に仕上がっています。アンチよりも護衛に向いていそうですが、味方の理解も必要そうです。


©創通・サンライズ


【戦場の絆】カバパンの新機体インプレッション「局地型ガンダム(北米戦仕様)」、「ブグ(RR)」公開![PR]

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』で2月28日より開催されるイベント「勢力戦 ウインターバトル2020」に登場する先行支給機体のカバパンによるインプレッション動画2本が公開されました。

「勢力戦 ウインターバトル2020」で先行支給される2機体をカバパンがチェック!


今回は地球連邦軍に「局地型ガンダム(北米戦仕様)」、ジオン軍に「ブグ(RR)」が先行支給されます。

どちらも久しぶりとなる素体コスト180の機体です。カバパンのインプレッション動画をお楽しみください。

「局地型ガンダム(北米戦仕様)」のインプレッション動画をチェック!


<動画の見どころ>
・メイントリガ武装「MS用マシンガン」の特徴は?
・4種のサブトリガ武装「ショルダー・キャノン」の使い分けは?
・おすすめの運用法は?

「ブグ(RR)」のインプレッション動画をチェック!


<動画の見どころ>
・メイントリガ武装「MS用マシンガン」の特徴は?
・おすすめのサブトリガ武装の組み合わせは?
・おすすめの運用法は?


©創通・サンライズ


【戦場の絆】限定称号がもらえるIDバースト出撃イベントを2月23日(日・祝)に実施します![PR]

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』。その応援企画として、「一緒にIDバーストして『戦場の絆』を楽しもう!」というイベントを2月23日(祝・日)に実施します!

今回Aクラスは4時間実施します! マッチングのチャンス!


今回のIDバースト出撃イベントは、2月23日(日・祝)の15時~20時に開催いたします!! Aクラスのスタートが15時となり、出撃回数も増えていますので、限定称号を手に入れるチャンスです。Sクラスは前回と同様となります。

AクラスはあおにゃんがIDバーストに参加します。

Sクラスでは、カバパンとゲストプレイヤーのふたりがIDバーストに参加します。ゲストプレイヤーにつきましては、後日決定次第AppBank『戦場の絆』Twitterアカウントと本記事内で追記し、お知らせいたします。

あおにゃん、カバパン、ゲストプレイヤーさんはそれぞれ、下記出撃時間表の時刻(P.O.D.内表示時計時刻に合わせます)にパイロットカードをタッチし、出撃形式画面で「IDバースト出撃」を選択という手順で出撃します。

IDバースト出撃するためには、パイロットターミナルで事前にIDを登録しておく必要があります。IDの登録方法は公式サイトをご確認ください。

今回のイベントで使用するパイロットカードは、「ABあおにゃん」(中佐)、「ABカバパン」(少将)、「ABイベント」(少将)カードでの出撃となります。いずれもnamco巣鴨/AppBank小隊所属ですので、お間違えのないようお願いいたします。

地球連邦軍、ジオン軍のいずれかの軍で、時間によって出撃軍を入れ替えながら出撃します。誰がどちらの軍で出撃するかはマッチングしてのお楽しみです! 

【開催日時】
2020年2月23日(日・祝)15時~20時


【Aクラス マッチングID】
りんごA
※Aは大文字
【Aクラス IDバースト出撃時間表(予定)】
15時05分 16時05分 17時05分 18時05分
15時30分 16時30分 17時30分 18時30分
【Sクラス マッチングID】
りんごS
※Sは大文字
【Sクラス IDバースト出撃時間表(予定)】
17時10分 18時00分 19時15分
17時35分 18時25分 19時40分
18時50分

※参加する際には、ご自身のクラスに合ったマッチングIDを使用するようお願いいたします。

見事マッチングできれば限定称号がもらえます!

今回は、あおにゃん、カバパン、ゲストプレイヤーさんとマッチングした両軍のパイロットの皆さんに、限定称号「奇跡の時報マッチ」が後日プレゼントされます。ぜひ出撃時間を確認して、出撃してみてください!

全国の『戦場の絆』のパイロットの皆さん、Aクラスのあおにゃん、Sクラスのカバパンやゲストプレイヤーさんと一緒に&敵軍として戦ってみませんか? ぜひ、『戦場の絆』を一緒に楽しみましょう!

【注意事項】
※IDバーストの仕様上、必ずあおにゃん、カバパン、ゲストとマッチングできるとは限りません。ご了承ください。
※IDバーストではボイスチャットが使えます。参加者への暴言、誹謗中傷など不適切な発言があった場合は、予告なくイベントを中断いたします。ご了承ください。
※状況により、ボイスチャットが使用できないなどの不具合が起こる可能性があります。その際のプレイ保証等はできかねます。ご了承ください。
※限定称号は後日、当イベントのIDバーストであおにゃん、カバパン、ゲストとマッチングされた両軍パイロットのカードに付与されます。
※限定称号が付与されるのは公式連動サイト登録パイロットカードのみとなります。
※限定称号の付与は公式連動サイトの「メニュー」→「称号」→「設定称号の作成」→「検索条件の詳細」でご確認いただけます。
※イベントの様子やリプレイ動画は記事などで公開を予定しております。参加、観覧を問わず、お顔やパイロットネーム、所属大隊、所属小隊が映る場合がございます。あらかじめご了承ください。


©創通・サンライズ


【戦場の絆】カバパンのMS紹介動画「リ・ガズィ」公開![PR]

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』をAppBankが応援する企画、カバパンによるMS紹介動画。今回は「リ・ガズィ」をご紹介します。

パージ装備ながら出撃後すぐにフライトモードで移動できる格闘型機体「リ・ガズィ」をご紹介


カバパンによるモビルスーツの使いこなしを指南する「MS紹介動画」。

今回は、パージ装備ながら出撃時からフライトモードで高速移動が可能な「BWS」を装備する地球連邦軍の格闘型機体「リ・ガズィ」をプレイヤーの「ばる」さんと共にご紹介します。



<動画の見どころ>
・フライトモードを活用した立ち回りは?
・武装の使い分けは?
・おすすめの運用法は?

「リ・ガズィ」の紹介動画をチェック!

https://youtu.be/XAQ43oCcBbQ


©創通・サンライズ


【戦場の絆】テンション高いコミュニケーションが楽しめた2020年初のIDバースト出撃イベントレポート[PR]

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』の応援企画として、2020年1月11日(土)に、今年最初のIDバースト出撃イベントが行われました。その模様をレポートしていきましょう。

テンション高いコミュニケーションであおにゃんのテンションも最高潮!

▼今回もnamco巣鴨店のP.O.D.をお借りしました。「勢力戦」最中ということでイベント中も8台全部が埋まっており、活況を呈していました。


2020年最初のイベントとなったIDバースト出撃イベントは、昨年末の「交流対戦会」同様、「勢力戦クライマックスバトル’19→’20」の期間中の土曜日に実施させていただきました。

IDバースト出撃イベントで出撃場所としてお借りしているnamco巣鴨店さんでも、イベント開始前から熱心にプレイされているパイロットの皆さんがいらっしゃいました。

今回もAクラスは16時から、Sクラスは17時から3時間と、クラスごとに対戦が盛り上がる時間を想定してスタート時間を1時間スライドしての実施です。

ステージはAクラスが最初の1時間は「サイド7」とリバースステージで固定、Sクラスがスタートした17時からはランダム選択となっていました。いずれも対戦形式は6vs6です。

AppBank小隊のあおにゃん、カバパン、そして今回のゲスト「ばる」さんもイベントスタート前から練習に余念がなく、気合の入ったスタートとなりました。

今回、Aクラスで唯一の出撃となったあおにゃん。出撃時間が近づくとP.O.D.に入りつつ、「今回は地球連邦軍とジオン軍を2クレジット(4戦)ずつ入ろうかな……」と出撃プランを教えてくれました。

いつもは1クレジットごとに軍を交代しているので、どういったマッチングになるのか、メンバーはどうなるのか? 見ているこちらも興味深々です。

▼あおにゃんはテンション高いIDバーストメンバーとブリーフィングから楽しい会話ができたようで、終始笑顔でプレイしていました。


ひとりAクラスで出撃となったあおにゃん。マッチングはいつも通りあっという間にチームメンバーが揃い、パイロットネームを読み上げつつボイスチャットでブリーフィングを始めていました。

回数を重ねて何度かイベントに参加してくれているパイロットを発見したり、初めての方とのあいさつで声がつながっていることを確認しながらのブリーフィングから盛り上がっていたようです。

残念ながら環境的に声でのやりとりができなかったメンバーもシンボルチャットでやりとりもでき、これまでの経験が活かされてきたようでした。

今回、地球連邦軍では「ジム・寒冷地仕様」や「ザクII(F2)」といった近距離戦型だけでなく、バーストメンバーに促される形で「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」と「ユニコーンガンダム」と迷いに迷った結果、「ユニコーンガンダム」の「ビーム・マグナム」装備にIDバーストイベントで初めて搭乗。「ゆにこーん!」とボイスコマンドでNT-Dを発動させて華麗にタンク処理をしていました(笑)。

また、格闘型「ジム・ストライカー(ネメシス隊)」で2勝を挙げた試合は、今までのIDバーストと違った成長を見せてくれました。

ファーストアタックで味方が拠点撃破に先行すると、そのままライン上げを行ってリスタートから護衛を厚めに戦形を整えてセカンドアタックで2拠点撃破できれいに勝利するといった戦果を挙げていました。

ジオン軍でも近距離戦型の定番となっていた「ザク・デザートタイプ」だけでなく、格闘型の「ザクIII改(TWA)」にも搭乗していました。

ラストには「オッゴ」4機+「ザクI」+「ギガン」と「オッゴ」祭りも体験。笑いに包まれたお祭りを楽しんでいたようです。

Sクラス戦にも巻き込まれたこともあってか、地球連邦軍は2勝6敗、ジオン軍は1勝5敗(CPU戦1)という結果となりました。

「今回、負けが多くなってかたじけない……。でも、IDバーストしていただいたメンバーがテンションが高い方が多くて、負けが多かったけれど雰囲気が良くて。超楽しかった! 女子もいたんですよ!」とイベント後に嬉しそうに語ってくれました。

▼あおにゃんはIDバーストイベントで「ユニコーンガンダム」に初搭乗。戦いの様子を見ていたカバパンに「難しい~!」と報告していました。



▼あおにゃんのリプレイです。

先行支給機体の運用などで盛り上がったSクラス


▼「ファンネル」を活用することで火力の高い「ヤクト・ドーガ(GG)」などを中心に搭乗していた「ばる」さん。ラストは「シナンジュ・スタイン(NT)」で撃ち合いの結果……!



1時間後にスタートしたSクラスでは、ゲストとして「ばる」さんに再び参加していただきました。

有名パイロットは全国に知り合いも多く、あいさつもそこそこに「何乗ります?」とブリーフィングも活発に編成決めが行われており「乗りたいモビルスーツを決めてから役割決めましょうか?」とメンバーに合わせての編成にも柔軟に対応していました。

今回の「ばる」さんはジオン軍では前衛として「ヤクト・ドーガ(GG)」、連邦軍では「リ・ガズィ」でアンチを引き受け、敵タンクの周囲で乱戦を起こして遅延させる役割を主に担当。

戦っている様子を後ろから伺っていたのですが、戦いながら味方に「このモビルスーツを見てていて欲しいです」、「タンク止められそう」といった指示出しや報告を行いつつ、戦力ゲージを確認しながらのセカンドアタックへの指針をメンバーに提案していて、情報処理と目の前の敵との駆け引きを同時に進行させていました。

前衛としての要所での技術力の確かさと、チームメンバーの動きをレーダーやゲージを使って把握する視野の広さを両立させるというのは、多人数戦闘では重要なことですが、乱戦中はカットがすぐに飛んでくるSクラスでは状況が瞬時に変化するため、大変なことでもあります。

そんな中でも「ばる」さんは安定感のある戦いを見せ、地球連邦軍は6勝2敗、ジオン軍は4勝2敗となりました。

▼カバパンは今回は主に前衛(特に格闘型機体)に搭乗。あおにゃんも熱心に見学していました。




カバパンはマッチング直後から「よろしくお願いします! いくぞー!」とIDバーストメンバーに声をかけリラックスした雰囲気を提供しつつ、今回は主に前衛機に搭乗。

ボイスチャットでは先行支給機体の「シルヴァ・バレト・サプレッサー」の運用について「どのセッティングがいいですか?」と質問されると、チームメンバーに「どれがいいと思う?」と逆質問する一幕も。

このゲームの面白いところは、多彩な武装選択やセッティングが用意されていることで、「自分にあう武装、セッティング」を見つけ出せるという楽しみと、「運用、戦術に合わせた武装やセッティング選び」で悩み、それをチームで共有して答えを出していける点にあると思います。

限られた時間ですが、特に先行支給機体でこうした会話で盛り上がれるのも本作の楽しみ方のひとつ。他にも「今まで一番乗った機体は何?」など、長期稼働タイトルならではの会話が弾んでいたのが印象的でした。

カバパンの戦績は地球連邦軍が3勝3敗(うちCPU戦1)、ジオン軍が5勝3敗(うちCPU戦1)となりました。

また、先に出撃タイムが終わったあおにゃんが「ユニコーンガンダム」に乗るカバパンのP.O.D.に張り付いて熱心に見学していたのが印象的でした。高コスト機体も乗りこなせるようになると戦力的に貢献しやすいですしね。

Sクラス戦が始まると、こうして常に誰かが2人のP.O.D.に張り付いて熱心に観戦しており、見学者の熱量の高さも感じられました。

▼ばるさんのリプレイです。

▼カバパンのリプレイです。

イベント終了後、あおにゃん、カバパン、ゲストの「ばる」さんとマッチングした両軍のパイロットの皆さんに、限定称号「バーストフレンド」が配布されましたので、公式連動サイトの「メニュー」→「称号」→「設定称号の作成」→「検索条件の詳細」でご確認ください。

今回もnamco巣鴨店のスタッフの方々をはじめ、関係者のご尽力で、無事にイベントを終えることができました。ご協力誠にありがとうございました!!

2月もIDバースト出撃イベントを実施する予定でおりますので、今回マッチングできた方も、残念ながらマッチングできなかった方も、開催概要が決定しだい、AppBank.netやTwitterにて告知いたしますので、ご参加いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします!

©創通・サンライズ


【戦場の絆】テンション高いコミュニケーションが楽しめた2020年初のIDバースト出撃イベントレポート[PR]

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』の応援企画として、2020年1月11日(土)に、今年最初のIDバースト出撃イベントが行われました。その模様をレポートしていきましょう。

テンション高いコミュニケーションであおにゃんのテンションも最高潮!

▼今回もnamco巣鴨店のP.O.D.をお借りしました。「勢力戦」最中ということでイベント中も8台全部が埋まっており、活況を呈していました。


2020年最初のイベントとなったIDバースト出撃イベントは、昨年末の「交流対戦会」同様、「勢力戦クライマックスバトル’19→’20」の期間中の土曜日に実施させていただきました。

IDバースト出撃イベントで出撃場所としてお借りしているnamco巣鴨店さんでも、イベント開始前から熱心にプレイされているパイロットの皆さんがいらっしゃいました。

今回もAクラスは16時から、Sクラスは17時から3時間と、クラスごとに対戦が盛り上がる時間を想定してスタート時間を1時間スライドしての実施です。

ステージはAクラスが最初の1時間は「サイド7」とリバースステージで固定、Sクラスがスタートした17時からはランダム選択となっていました。いずれも対戦形式は6vs6です。

AppBank小隊のあおにゃん、カバパン、そして今回のゲスト「ばる」さんもイベントスタート前から練習に余念がなく、気合の入ったスタートとなりました。

今回、Aクラスで唯一の出撃となったあおにゃん。出撃時間が近づくとP.O.D.に入りつつ、「今回は地球連邦軍とジオン軍を2クレジット(4戦)ずつ入ろうかな……」と出撃プランを教えてくれました。

いつもは1クレジットごとに軍を交代しているので、どういったマッチングになるのか、メンバーはどうなるのか? 見ているこちらも興味深々です。

▼あおにゃんはテンション高いIDバーストメンバーとブリーフィングから楽しい会話ができたようで、終始笑顔でプレイしていました。


ひとりAクラスで出撃となったあおにゃん。マッチングはいつも通りあっという間にチームメンバーが揃い、パイロットネームを読み上げつつボイスチャットでブリーフィングを始めていました。

回数を重ねて何度かイベントに参加してくれているパイロットを発見したり、初めての方とのあいさつで声がつながっていることを確認しながらのブリーフィングから盛り上がっていたようです。

残念ながら環境的に声でのやりとりができなかったメンバーもシンボルチャットでやりとりもでき、これまでの経験が活かされてきたようでした。

今回、地球連邦軍では「ジム・寒冷地仕様」や「ザクII(F2)」といった近距離戦型だけでなく、バーストメンバーに促される形で「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」と「ユニコーンガンダム」と迷いに迷った結果、「ユニコーンガンダム」の「ビーム・マグナム」装備にIDバーストイベントで初めて搭乗。「ゆにこーん!」とボイスコマンドでNT-Dを発動させて華麗にタンク処理をしていました(笑)。

また、格闘型「ジム・ストライカー(ネメシス隊)」で2勝を挙げた試合は、今までのIDバーストと違った成長を見せてくれました。

ファーストアタックで味方が拠点撃破に先行すると、そのままライン上げを行ってリスタートから護衛を厚めに戦形を整えてセカンドアタックで2拠点撃破できれいに勝利するといった戦果を挙げていました。

ジオン軍でも近距離戦型の定番となっていた「ザク・デザートタイプ」だけでなく、格闘型の「ザクIII改(TWA)」にも搭乗していました。

ラストには「オッゴ」4機+「ザクI」+「ギガン」と「オッゴ」祭りも体験。笑いに包まれたお祭りを楽しんでいたようです。

Sクラス戦にも巻き込まれたこともあってか、地球連邦軍は2勝6敗、ジオン軍は1勝5敗(CPU戦1)という結果となりました。

「今回、負けが多くなってかたじけない……。でも、IDバーストしていただいたメンバーがテンションが高い方が多くて、負けが多かったけれど雰囲気が良くて。超楽しかった! 女子もいたんですよ!」とイベント後に嬉しそうに語ってくれました。

▼あおにゃんはIDバーストイベントで「ユニコーンガンダム」に初搭乗。戦いの様子を見ていたカバパンに「難しい~!」と報告していました。



▼あおにゃんのリプレイです。

先行支給機体の運用などで盛り上がったSクラス


▼「ファンネル」を活用することで火力の高い「ヤクト・ドーガ(GG)」などを中心に搭乗していた「ばる」さん。ラストは「シナンジュ・スタイン(NT)」で撃ち合いの結果……!



1時間後にスタートしたSクラスでは、ゲストとして「ばる」さんに再び参加していただきました。

有名パイロットは全国に知り合いも多く、あいさつもそこそこに「何乗ります?」とブリーフィングも活発に編成決めが行われており「乗りたいモビルスーツを決めてから役割決めましょうか?」とメンバーに合わせての編成にも柔軟に対応していました。

今回の「ばる」さんはジオン軍では前衛として「ヤクト・ドーガ(GG)」、連邦軍では「リ・ガズィ」でアンチを引き受け、敵タンクの周囲で乱戦を起こして遅延させる役割を主に担当。

戦っている様子を後ろから伺っていたのですが、戦いながら味方に「このモビルスーツを見てていて欲しいです」、「タンク止められそう」といった指示出しや報告を行いつつ、戦力ゲージを確認しながらのセカンドアタックへの指針をメンバーに提案していて、情報処理と目の前の敵との駆け引きを同時に進行させていました。

前衛としての要所での技術力の確かさと、チームメンバーの動きをレーダーやゲージを使って把握する視野の広さを両立させるというのは、多人数戦闘では重要なことですが、乱戦中はカットがすぐに飛んでくるSクラスでは状況が瞬時に変化するため、大変なことでもあります。

そんな中でも「ばる」さんは安定感のある戦いを見せ、地球連邦軍は6勝2敗、ジオン軍は4勝2敗となりました。

▼カバパンは今回は主に前衛(特に格闘型機体)に搭乗。あおにゃんも熱心に見学していました。




カバパンはマッチング直後から「よろしくお願いします! いくぞー!」とIDバーストメンバーに声をかけリラックスした雰囲気を提供しつつ、今回は主に前衛機に搭乗。

ボイスチャットでは先行支給機体の「シルヴァ・バレト・サプレッサー」の運用について「どのセッティングがいいですか?」と質問されると、チームメンバーに「どれがいいと思う?」と逆質問する一幕も。

このゲームの面白いところは、多彩な武装選択やセッティングが用意されていることで、「自分にあう武装、セッティング」を見つけ出せるという楽しみと、「運用、戦術に合わせた武装やセッティング選び」で悩み、それをチームで共有して答えを出していける点にあると思います。

限られた時間ですが、特に先行支給機体でこうした会話で盛り上がれるのも本作の楽しみ方のひとつ。他にも「今まで一番乗った機体は何?」など、長期稼働タイトルならではの会話が弾んでいたのが印象的でした。

カバパンの戦績は地球連邦軍が3勝3敗(うちCPU戦1)、ジオン軍が5勝3敗(うちCPU戦1)となりました。

また、先に出撃タイムが終わったあおにゃんが「ユニコーンガンダム」に乗るカバパンのP.O.D.に張り付いて熱心に見学していたのが印象的でした。高コスト機体も乗りこなせるようになると戦力的に貢献しやすいですしね。

Sクラス戦が始まると、こうして常に誰かが2人のP.O.D.に張り付いて熱心に観戦しており、見学者の熱量の高さも感じられました。

▼ばるさんのリプレイです。

▼カバパンのリプレイです。

イベント終了後、あおにゃん、カバパン、ゲストの「ばる」さんとマッチングした両軍のパイロットの皆さんに、限定称号「バーストフレンド」が配布されましたので、公式連動サイトの「メニュー」→「称号」→「設定称号の作成」→「検索条件の詳細」でご確認ください。

今回もnamco巣鴨店のスタッフの方々をはじめ、関係者のご尽力で、無事にイベントを終えることができました。ご協力誠にありがとうございました!!

2月もIDバースト出撃イベントを実施する予定でおりますので、今回マッチングできた方も、残念ながらマッチングできなかった方も、開催概要が決定しだい、AppBank.netやTwitterにて告知いたしますので、ご参加いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします!

©創通・サンライズ


新宿南口の首吊り自死のスマホ撮影に対して葬儀屋社長がド正論を連発「何から何まで人間社会でやってはいけないこと」 – Togetter

新宿南口の首吊り自死のスマホ撮影に対して葬儀屋社長がド正論を連発「何から何まで人間社会でやってはいけないこと」 - Togetter

新宿南口の首吊り自死のスマホ撮影に対して葬儀屋社長がド正論を連発「何から何まで人間社会でやってはいけないこと」 - Togetter

リンク wezzy|ウェジー 109 新宿駅南口での首吊り自殺もスマホ撮影、人身事故では「撮影ご遠慮ください」 - wezzy|ウェジー 今月6日の午後12時半頃、新宿駅南口の歩道橋で男性が首を吊って自殺を図る事件が発生した。 Twitterでは現場付近… 佐藤信顕@遺体と火葬のほんとうの話 @satonobuaki 創業89年の佐藤葬祭社長...

はてなブックマーク - 新宿南口の首吊り自死のスマホ撮影に対して葬儀屋社長がド正論を連発「何から何まで人間社会でやってはいけないこと」 - Togetter はてなブックマークに追加

【戦場の絆】記念称号がもらえるIDバースト出撃イベント、2020年1月11日開催!![PR]

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』。その応援企画として、「一緒にIDバーストして『戦場の絆』を楽しもう!」というイベント、2020年最初は1月11日(土)に実施します!

Aクラスはあおにゃん、SクラスはカバパンとゲストプレイヤーがIDバーストで出撃します!


今回のIDバースト出撃イベントは、2020年1月11日(土)の16時~20時に開催いたします!! 前回と同じく、AクラスとSクラスの参戦時間を1時間ほどずらしていますので、ご注意ください。

あおにゃんはAクラスでIDバーストに参加します。

Sクラスでは、カバパンとゲストプレイヤーのふたりがIDバーストに参加します。ゲストプレイヤーにつきましては、後日決定次第AppBank『戦場の絆』Twitterアカウントと本記事内で追記し、お知らせいたします。

あおにゃん、カバパン、ゲストプレイヤーさんはそれぞれ、下記出撃時間表の時刻(P.O.D.内表示時計時刻に合わせます)にパイロットカードをタッチし、出撃形式画面で「IDバースト出撃」を選択という手順で出撃します。

IDバースト出撃するためには、パイロットターミナルで事前にIDを登録しておく必要があります。IDの登録方法は公式サイトをご確認ください。

今回のイベントで使用するパイロットカードは、「ABあおにゃん」(中佐)、「ABカバパン」(少将)、「ABイベント」(少将)カードでの出撃となります。いずれもnamco巣鴨/AppBank小隊所属ですので、お間違えのないようお願いいたします。

地球連邦軍、ジオン軍それぞれに分かれて出撃し、出撃軍を入れ替えます。誰がどちらの軍で出撃するかはマッチングしてのお楽しみです! 

【開催日時】
2020年1月11日(土)16時~20時

【Aクラス マッチングID】
りんごA
※Aは大文字
【Aクラス IDバースト出撃時間表(予定)】
16時00分 17時15分 18時05分
16時25分 17時40分 18時30分
16時50分
【Sクラス マッチングID】
りんごS
※Sは大文字
【Sクラス IDバースト出撃時間表(予定)】
17時10分 18時00分 19時15分
17時35分 18時25分 19時40分
18時50分

※参加する際には、ご自身のクラスに合ったマッチングIDを使用するようお願いいたします。

見事マッチングできれば限定称号がもらえます!

今回は、あおにゃん、カバパン、ゲストプレイヤーさんとマッチングした両軍のパイロットの皆さんに、限定称号「バーストフレンド」が後日プレゼントされます。ぜひ出撃時間を確認して、出撃してみてください!

全国の『戦場の絆』のパイロットの皆さん、Aクラスのあおにゃん、Sクラスのカバパンやゲストプレイヤーさんと一緒に&敵軍として戦ってみませんか? ぜひ、『戦場の絆』を一緒に楽しみましょう!

【注意事項】
※IDバーストの仕様上、必ずあおにゃん、カバパン、ゲストとマッチングできるとは限りません。ご了承ください。
※IDバーストではボイスチャットが使えます。参加者への暴言、誹謗中傷など不適切な発言があった場合は、予告なくイベントを中断いたします。ご了承ください。
※状況により、ボイスチャットが使用できないなどの不具合が起こる可能性があります。その際のプレイ保証等はできかねます。ご了承ください。
※限定称号は後日、当イベントのIDバーストであおにゃん、カバパン、ゲストとマッチングされた両軍パイロットのカードに付与されます。
※限定称号が付与されるのは公式連動サイト登録パイロットカードのみとなります。
※限定称号の付与は公式連動サイトの「メニュー」→「称号」→「設定称号の作成」→「検索条件の詳細」でご確認いただけます。
※イベントの様子やリプレイ動画は記事などで公開を予定しております。参加、観覧を問わず、お顔やパイロットネーム、所属大隊、所属小隊が映る場合がございます。あらかじめご了承ください。


©創通・サンライズ


【戦場の絆】先行支給機体も登場! 熱戦が繰り広げられた第5回交流対戦会レポート[PR]

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』を応援イベントの一環として、AppBank主催による「交流対戦会」第5回が12月21日、「namco松戸店」にて開催されました。

先行支給機体が早くも登場! 多彩な機体が登場したイベントに


昨年に引き続き、今年を締めくくる交流対戦会をnamco松戸店さんで開催させていただきました。皆様年末でお忙しい時期だろうということもあり、早めに参加者を募らせていただきましたが、今回も述べ200名近い応募がありました。本当にありがとうございます。

前回からnamco松戸店の『戦場の絆』の配置場所が地下1階から2階へと変更となり、ターミナルやP.O.D.内の様子が見られる大型モニターと、来場者が観戦できる長椅子を多数用意していただきました。前日閉店から会場スペースを作ってくださったスタッフの方々、本当にありがとうございました。

10時から受付を開始、あっという間に枠が埋まっていきます。都内や関東近県からはもちろん、遠方からも参加していただいた方がいらっしゃり、11時30分から用意した当日枠もすぐに埋まりました。今回も参加者の皆様のご協力でスムーズな受付ができました。ありがとうございます。

そして迎えた12時。見学者も含め『戦場の絆』コーナーは熱気に包まれる中、あおにゃん、みっくす、カバパンが登場。イベントがいよいよスタートとなりました。

「交流対戦会」は『戦場の絆』を参加者の皆さんに楽しんでいただくことを第一に、参加者同士の交流によって新たな「絆」を作っていただくことを目的とし、時間内にできる限り参加者に数多く有意義に遊んでいただけるよう企画させていただいております。

今回の参加者の階級の内訳は、当日までの集計で元帥~少将が20名、准将が15名とSクラス帯が圧倒的でした。当日枠でもSクラス帯の方々が参加され、平均階級が高めになりました。長期運営されている本作のプレイヤー層の現れといえそうです。

見学に来られた方も含め、普段はSNSなどで交流されている方に直接会える機会でもあり、イベントスタート前からプレイヤーさん同士が挨拶をかわしたり、旧知のプレイヤーさんと談笑している姿が会場の各所で見られました。ひとりでプレイされている方も「このイベントを通して『戦場の絆』のプレイヤーとの交流を広げたい」と参加されていました。

▼パイロットターミナルのLIVE映像とP.O.D.内の映像、さらにボイスチャットも聞くことができました。


▼カバパンによる生解説も本イベントの魅力。今回は勢力戦で登場した新機体を中心に、それぞれの機体の特性、扱うにあたっての注意点などをみんなで聞きながらの観戦となり、見ごたえがありました。


今回は6vs6=12台のP.O.D.を使ったA~Hチームの総当たり戦を予定していましたが、事情により5vs5に変更となりました。

このイベントではおなじみとなる「じゃんけんで勝った側が軍かステージを選択し、負けた側が残りを選択するという形式で試合が行われていきました。

さて、みっくすが参加したAチームとGチームとの対戦から試合がスタート。カバパンが「みっくすは歩くことを覚えたからね!」と前回のIDバースト出撃でのみっくすの成長を報告。

戦い慣れてくると、ブーストやジャンプでの着地硬直を狙われることを覚えてから、どこで歩くべきなのか、どの攻撃が歩いていても当たるのかがわかってきて、戦術的行動をするためにどこでブーストダッシュやジャンプを使うのか、硬直を隠すためにどこに隠れるのかといった動きに変化が出てきます。

惜しくもAチームは敗北からのスタートとなりましたが、会場全体がみっくすの動きに注目した1戦となりました。みっくすは地球連邦軍では「乗りたい!」と訴えていた「トリスタン」、ジオン軍では「ザクII改」や「ザク・デザートタイプ」に搭乗していました。



▼みっくすのリプレイです。

2戦目はカバパン属するFチームとBチームが対戦。マイクを担当したあおにゃんは「今、勢力戦の最中じゃないですか! もう新機体を取っている人もいますよね。Twitter見てたからわかります。私も乗ってみたい!」とプレイヤーとしての目線で来場者に話を振っていました。

会場で挙手していただきましたが、12月20日から行われているオンラインイベント「勢力戦 クライマックスバトル’19→’20」のスタート翌日にも関わらず、もう先行支給機体の「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」と「シルヴァ・バレト・サプレッサー」の2機体を入手している方、中にはどちらも取得されている方も思った以上にいらっしゃって(初日に12時間ほどプレイされてゲットしたそうです)、『戦場の絆』、そして新機体に対しての熱量を感じました。

▼「勢力戦 クライマックスバトル’19→’20」開始から1日で先行支給機体をすでに取得している方々が!


ジオン軍が多かったカバパンは「ギガン」や「ザク・デザートタイプ」などに搭乗していました。

雰囲気もなごやかになってきた途中から、対戦するチーム同士で打ち合わせして、「サイド7演習場」での「B.D.2号機」同士の格闘型機体対決や、「ガンダム(G-3)」と「高機動型ザク(R-3S)」のバックブラスト機体同士の対戦も行われており、バックブラスト対戦に参加したカバパンは「あれ、どうやったら勝てたかな……?」と来場者と一緒に話し合うという場面も。

▼対戦チームであらかじめ打ち合わせての機体縛り対決も盛り上がりました。こちらはカバパンが参加したバックブラスト機対決。


▼カバパンのリプレイです。

あおにゃんは前回の巣鴨に続き、軍/ステージ決めのじゃんけんに「カバパンじゃんけん」を推し、カバパンが出撃している間はほぼ「カバパンじゃんけん」が行われていました(笑)。

▼あおにゃんは「B.D.2号機」対決にも参加。「同じ機体がいっぱいいてごちゃごちゃになった(笑)」とお祭り編成好きらしく楽しそうにプレイしていました。


Dチームでの出撃したあおにゃんは、地球連邦軍では「ジム・寒冷地仕様」や「ザクII(F2)」に搭乗。ジオン軍では「ザクII」に乗っていました。

ある1戦でコスト200以下の低コスト編成で出撃したあおにゃん。「ザクII」で出撃した後に「『ザクII』で意外と戦えました」と驚いた様子でした。

「低コスト機体だけれど結構いけるでしょ?」とカバパンが指摘したとおり、「Rev.4」では最低コストとなるコスト120機体ですが、リスタートレベルが導入されたことだけでなく、武装も意外と強力ですし、オーバーヒートしても回復が早いなど扱いやすいので、「最近勝てなくなった」と伸び悩んでいる方にも、基本を見つめなおす意味でもおすすめしたい機体です。



▼あおにゃんのリプレイです。

「GGGP2019」優勝メンバーのトークも!


今回は夏に行われた株式会社創通主催の大会「GGGP2019」の優勝チームのメンバーである「オカダンゴムシ」さんと「ファンシー」さんをゲストとしてお招きし、カバパンやあおにゃん、みっくすと共に参加者とチームを組んでの試合だけでなく、解説やエキシビションマッチにもご協力いただきました。

ほかにも、「GGGP2019」の出場エピソードを聞く時間も設けさせていただきました。

――どのくらい練習しました?

オカダンゴムシ 「GGGP2019」が開催されることが発表されてから、チームメンバーを集めて週2(日)ぐらい……月曜の4vs4(オンライン)とその週のどこかでPM(プライベートマッチ)をやっていました。

――来場者の中でもPMの対戦相手を手伝ってくれた人もいます?

オカダンゴムシ いっぱいいます。それ以外にも、前回の全国大会から、大会がなかった期間も毎週同じメンバーで欠かさず4vs4をやっていたんで……。

個人的に『戦場の絆』を週5(日)プレイしているメンバーもいましたね。僕は週3(日)ぐらい……かな。

――ファンシーさんは大会に結構優勝していると思うんだけれど、今回の若いメンバーが主力のチームに入ってどうだった?

ファンシー 勢いがあるチームだった、ということと、日ごろからゲームをプレイしているということ。ゲームに対する姿勢が僕らが最前線でやっている時から(実力が)あがってきていた子たちだったので、大会がなかった時期が長くてなかなか実績があげられなかったというのもあって……報われてなかったかなと。

僕が今まで一緒に大会に出ていたメンバーもバラバラになってどうしよう? とTwitterでつぶやいたときにリーダーから「いっしょにやりませんか?」と声をかけていただいて。

――ありがとうございました。

▼チームリーダーによる4vs4のガチバトルもあり、会場がかたずをのんで見守っていました。


途中何度か実施したエキシビションマッチでは、ゲスト2名と来場者によるオーストラリア演習場での2vs2や、チームリーダー8名によるニューヤークでのハイレベルな4vs4などが行われました。

▼あおにゃんとみっくすが敵味方に分かれ、希望者を募っての5vs5も行われました。じゃんけんからアツく盛り上がりました!


あおにゃんとみっくすが敵味方に分かれ、希望者を募っての5vs5も行われました。「みっくすを勝たせたい人!」と「あおにゃんを勝たせたい人!」でのじゃんけんからアツく盛り上がりました。

対戦も残り75カウントあたりでコスト差100でジオン軍がリードするという緊迫した対戦になりました。

▼あおにゃんチーム(地球連邦軍)対みっくすチーム(ジオン軍)の対戦のリプレイです。

ラストはゲストのおふたりが別軍に分かれての希望者を募っての対戦。こちらもじゃんけんから盛り上がる対戦で締めくくられました。

途中、機材トラブルなどもあり、何度かお待たせする時間もありましたが、今回もnamco松戸店のスタッフの方々をはじめ、関係者のご尽力と、参加者の方々のご協力でイベントを終えることができました。ご参加誠にありがとうございました!

▼終幕後、残ってくださった方々と記念撮影。長時間本当にありがとうございました。


次回は「IDバースト出撃イベント」を2020年1月11日に実施予定!!(※)

さて、次回のAppBank主催のイベントは、「IDバースト出撃イベント」を2020年1月11日(土)での開催に向け調整中です(※)。IDバーストで出撃してみたい方、腕試しをしたいという方はぜひご参加くださいませ!!

※イベントの開催予定が変更となる可能性があります。ご了承ください。


©︎創通・サンライズ


【戦場の絆】「勢力戦クライマックスバトル’19→’20」で「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」と「シルヴァ・バレト・サプレッサー」を先行支給![PR]

バンダイナムコアミューズメントは、アーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』のイベントとなる「勢力戦クライマックスバトル’19→’20」を開催します。開催期間は2019年12月20日~2020年2月9日です。

「勢力戦クライマックスバトル’19→’20」の先行支給機体は素体コスト300の格闘型2機種!


今回の勢力戦では、地球連邦軍に「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」、ジオン軍に「シルヴァ・バレト・サプレッサー」の2機体が先行支給されます。

どちらも「貢献ポイント」を勢力戦期間中に750ポイントを貯めることが支給条件になっています。

ステージスケジュールは公式サイトをご確認ください。

地球連邦軍:ユニコーンガンダム2号機 バンシィ



カテゴリー:格闘型
素体コスト:300
地上/宇宙/コロニー出撃可能
再出撃Lv2

圧倒的なジャンプ性能を有する300コストの格闘型で、高低差を活かした攻めを可能としています。本機は「ユニコーンガンダム」とは異なり、常に「NT-D」が発動し、画面周囲にエフェクトがついた状態になっています。

バランサーは200/300(よろけ/ダウン)のいわゆる高バランサー機体となっています。

▼本機は常に「NT-D」が発動した状態になっており、画面にエフェクトがついています。



全セッティングでブーストゲージ量が多めになっており、「走」セッティングでダッシュペダルを最短で踏むと5%程度しか消費せず、連続してジャンプペダルを踏んで飛距離を稼ぐポンピングジャンプ(通称ふわジャン)でも細かくペダルを踏む→離すと忙しく操作しなくても、比較的軽快な空中機動が可能になっています。高い建物に乗ることもやりやすい機体です。

また、メイントリガ武装の「アームド・アーマーBS」2種はチャージ射撃と短押し射撃で異なる弾種のビームを撃ち分けることが可能な点が特徴となっています。



・メイントリガ武装



右腕に装備する「アームド・アーマーBS」を(A)、(B)の2種から選択可能です。どちらも短押し/長押しで発射するビームの特性が変わります。

なお、チャージしはじめるとキャンセルすることはできず、右トリガを引いている間は他の攻撃行動ができません(ずっとチャージ状態が維持される)。右トリガを離すか、他の攻撃操作をするとビームが発射されます。

「アームド・アーマーBS(A)」は5発装填単発発射で、短押し/長押し時共通で射撃時の硬直はなく、発射遅延もない武装です。

単押し時は、連射間隔も短く、1発ヒットで中バランサーまでよろけさせることができます。威力は10~15程度と距離によって変動します。

ノックバック(攻撃が当たると相手が後ずさること)がないこともあり、この武装をヒットさせてからの格闘連撃やタックルでの追撃が可能なので、攻めのきっかけ作りに使いやすいでしょう。

長押し時は威力が向上、ヒットすると相手をダウンさせることができます。相手に近づくほど威力が高まり、至近距離でダメージが56まで向上しますので、クイックドロー向けの特性となります。

チャージは1カウント程度で完了しますので、相手をよろけさせたいのか、ダウンさせたいのかを判断しながら使い分けがしやすい武装です。

ただ、リロード時間が12カウント強と長めなところには注意が必要です。

ロックオン距離や射程距離は短押し、長押しで変動はなく、ロックオン距離は格闘型機体のビーム兵装では標準的な127m、射程距離はそれより28mほど先に届きますので、その差を活かした置き撃ちも十分可能です。

クイックドロー外しにも使えます。発射時硬直がありませんので、相手の側面や背後をついて格闘連撃による大ダメージを狙いやすい武装です。なお、短押しでもクイックドローを相手にヒットさせると1発でダウンします。

「アームド・アーマーBS(B)」は、同(A)と比べるとロックオン距離や単発射撃武装であることには変わりはありませんが、射程距離が5m伸び、短押し/長押しともにヒットさせると1発で相手がダウンします。また、装弾数が4発と1発少なくなっています。

また、威力は同(A)よりも高めになっており、短押しで最低25、フルチャージで最大60に上昇します。ロックオン距離内では安定して短押しで約25、長押しで約40ほどのダメージを与えることができるのも特徴です。

なお、相手から離れた方が威力が向上するので、ロックオン距離以遠がダメージ向上ゾーンとなります。

その分、チャージ時間がかなり長くなっており、フルチャージに約3カウントほどかかります。

リロードも約14カウントと長くなっているため、サブトリガ射撃や格闘、タックルなどの攻撃や回避行動を織り交ぜながら戦う時間が必要になります。

「アームド・アーマーBS(B)」は、格闘型としては長い射程を活かした置き撃ちで相手のダウンを先制して奪い、その後の位置取りを優位に展開する目的で使いたいところです。

フルチャージにこだわりすぎなければ、安定した威力が出せるので、射撃戦も展開できそうです。

・サブトリガ武装

「60mmバルカン砲」と「アームド・アーマーBS(C)」の2種から選択が可能です。



「60mmバルカン砲」は、1トリガ4発を発射するバルカン砲です。武器の持ち替えがなく即座に射出され、弾速も速めであること、1発で高バランサーまでよろけさせられるダウン値の高さがあり、格闘型ではオーソドックスな使いやすさのある武装です。

射程が170mとメイントリガ武装よりも長いため、メイン/サブトリガ選択中に発射することで置き撃ちしたり、旋回やジャンプを活用してラスト1発を当てることでクイックストライクに使ったりと、格闘型機体を乗りこなしているパイロットには頼りになるでしょう。

装弾数は24発で6セット撃て、フルオート発射も可能ですが、リロードが約14カウントと長いため、こまめに撃ち切ってリロードしておくことをお忘れなく。

「アームド・アーマーBS(C)」はコストが+20となりますが、同(B)よりさらに射程が5m長いビーム兵装です。装弾数が3発、常時リロードで1発あたり11カウントほどかかります。

1発ヒットで全モビルスーツがダウンし、射出時長めの硬直が発生します。なお、メイントリガ武装と異なり、長押しはありません。

射出されるビーム弾は「プロトタイプガンダム」の「ビーム・ライフル」に似た特性で、相手から離れるほど威力が向上するタイプで、最低35、最高60の威力となっています。

ビジュアル的には稲妻のようなエフェクトが後に残るビーム弾になっています。

ロックオン距離は持ち替え前の武装と同じですので、127m以遠は必然的に置き撃ちで使うことになります。

また、本武装は、「トリスタン」のサブトリガ武装「ビーム・ライフルB」のように、メイントリガ武装から続けて入力することで、連続射出が可能です。

例えば「アームド・アーマーBS(A)」(短押し)→同「(C)」と連携すれば連続ヒットさせることもでき、ダメージを上乗せしつつダウンも奪えます。

▼「アームド・アーマーBS(A)」(短押し)→同「(C)」へとつないで連射すると、よろけさせた相手を2発目のビームでダウンさせることもできます。


・格闘トリガ武装



左腕に装備された「アームド・アーマーVN」での殴打による格闘連撃となります。ロックオン距離約70m、威力は27→41(32)→57(37)となっており、通常時の「ユニコーンガンダム」より2、3段目の威力が高い設定になっています。クイックドロー外しなどを使った最大連撃回数は6です。

さすがに素体コスト350の「ユニコーンガンダム」の「NT-D」発動中には及びませんが、3連撃で合計96のダメージが奪え、クイックドロー外しを活用してさらに威力を高めることができますので、高コスト格闘機らしい威力があり、軽快な機動を活用して格闘→クイックドローで飛び回ることも可能です。

さらにメイントリガ武装の場合、トリガをホールドしてチャージしつつ、位置を変えつつクイックドローのダメージアップを狙ったりロック送りで別の敵機にヒットさせるといった使い方も想定できます。

ただし、あまり長くホールドすると相手の格闘よろけが解除されてしまうため、反撃には注意しましょう。

・どう運用する?

300という高コストですが、ブースト量に恵まれ、軽快な機動力と多めのAPがあり、建物の多いステージでは、高所からの攻めを活用することで4vs4の戦場で活躍できそうです。

APは265(機動)~291(旋回)~350(装甲)となっており、例えば「アレックス」と比較すると全体的にAPが多く、ジャンプ速度が高め、硬直が少な目というあたりがセッティング上の特徴と言えそうです。

「アームド・アーマーBS(A)」装備時は、これまでの高コスト格闘型機体があまり得意としなかった低~中バランサー相手のクイックストライクからの攻めがやりやすいところが本機の利点となります。

ステージとの相性を考えると、やはり市街地など建物の多い場所を主戦場に選ぶと戦いやすいと思います。

ただし、いくらブースト量にものをいわせた長時間の滞空が可能だとはいえ、可変機のフライトモードや、支援型や射撃型の中~長距離の射撃に狙われないよう警戒は必要でしょう。

さらに、重力の少ない宇宙ステージでは本機の特徴が活かしやすいと想像できます。

宇宙であれば「機」や「走」セッティングでポンピングジャンプ(ふわジャン)でブーストリミッターを気にすることなく高所から高所へと移動ができます。

「グラナダ」や「アイランド・イーズ」といったステージでは、敵機の上を取り続けることも十分可能です。

1点運用に留意すべき点があるとすれば、ブースト量が多いということは、回復にもそれなりの時間がかかることです。もしオーバーヒートしてしまうと、13カウントほど回復にかかります。

高跳びする際にブーストゲージをギリギリまで使ってしまうと、着地しながら攻撃をヒットさせたとしても、オーバーヒートしないようにするとその後の行動に制限が出てきます。

ゲージ1/3ぐらいを残して地上に降り、少し歩いてこまめに回復しながら戦うか、着地時は硬直は短めとはいえ、建物の影に隠れるなど工夫が必要でしょう。

サブトリガ武装は想定される状況を考えて選択するといいでしょう。無難といえるのはやはり「60mmバルカン砲」です。

射撃に自信のある方は「アームド・アーマーBS(C)」で射撃戦におけるダメージソース的役割を担っても面白いと思います。

ジオン軍:シルヴァ・バレト・サプレッサー



カテゴリー:格闘型
素体コスト:300
地上/宇宙/コロニー出撃可能
再出撃Lv2

メイントリガ武装に「ビーム・マグナム」を装備するジオン軍トップクラスの火力を誇るコスト300の格闘型機体です。

優れたダッシュ性能とほどほどのAP(アーマーポイント)を持った機体で、強大な火力と、それに伴って生まれる硬直を踏まえ、決めるときは決める、我慢する時は我慢するといった格闘型らしい戦いが楽しめる機体といえます。

バランサーは200/300(よろけ/ダウン)のいわゆる高バランサー機体となっています。


・メイントリガ武装



「ビーム・マグナム」のみ装備となります。

「ユニコーンガンダム」の同名武装と同じく、独特の効果音とともに1トリガで1発の大きめのビーム弾を射出します。装弾数は4発。

最低で50、最高威力は「ユニコーンガンダム」の「NT-D」発動時を超える65のダメージが与えられ、ヒットすると全モビルスーツをダウンさせることができます。

しかし、本機の場合、射撃時の大きな反動を吸収しきれず、射出ごとに右腕を交換するというアクションが入るため、「ユニコーンガンダム」よりも硬直が長めになっています。

敵機に近づくことで威力が上がるので、クイックドローで使用することでその威力を発揮します。

また、ロックオン距離は約110mと短めですが、弾体が大きいためか射程は150m以上あり、「ユニコーンガンダム」よりも長くなっていますので、置き撃ちがしやすい武装です。

本機の生命線といえる威力と弾速がありますが、硬直があるため必中を心掛けたいところです。

リロードが16カウント強とかなり長いので、こまめに撃ち捨ててリロードしておくことも忘れずに。

▼ロックオン距離が短めなので、射程距離との差を活かして置き撃ちはしやすいのですが、発射後の硬直がありますので、できるだけヒットさせたいところです。



・サブトリガ武装

「60mmバルカン砲」、「グレネード・ランチャー」、「ビーム・キャノン」の3つから選択が可能です。

「60mmバルカン砲」は1トリガ4連射のバルカン砲。持ち替えなく即発射され、発射硬直もありませんので、活躍の場面も多い武装かと思います。フルオート発射も可能です。

ダメージは全距離で3と控えめですが、高バランサーの相手を1発でよろけさせることができるダウン値の高さがあります。

弾数は24発なので6セット発射が可能。リロード時間が12カウント強と長めですのでこまめにリロードしておきましょう。

射程距離は「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」より短めの148mほど。メイントリガ武装のロックオン距離が短く、射程距離との差がありますので、置き撃ちでばらまくには適した性能です。

なお、青ロックから格闘連撃をスタートした場合、クイックドローを本武装で行うと、1発ヒットではダウンしないので、いわゆるカス当てした後、攻めを継続することが可能です。

ただし、その後急いで斬りに行くと1連撃でダウンしてしまいますので、タックルでしめるか、相手の裏を取って時間を稼いでからの連撃を推奨します。

▼青ロックから斬りかかった場合、1発はヒットしてしまいますが残りを外して攻めを継続できます(HITマークが出ていますが相手はダウンしていません)。




「グレネード・ランチャー」は1トリガ2連射の実弾武装。6発装填で3セット発射可能。

射出時足が止まりますが、射出中旋回は可能ですし、ある程度の高さを確保しながら撃つことで、再ジャンプやダッシュは可能な程度の硬直です。

威力は最高で20、最少は16とサブトリガ武装としては高めですが、「シナンジュ」の同名武装よりわずかに控えめ。リロードは10カウントほどで本機の射撃武装の中では最速になります。

ダウン値は1発150と高く、よろけさせやすい反面追撃はやりにくく、2発ヒットで全モビルスーツがダウンします。

発射後はロックオン位置に向かって直線状に飛んでいきます(誘導はありません)ので、硬直を狙ってもいいのですが、ロックオン距離が持ち替え前の武装に依存しますので、かなり短い点に注意です。

射程が160mとなっていますが、限界点近くで爆発し、やや大きめの爆風を伴います。

また、2発同時でなく順次発射のため、旋回しながら射出することでヒットゾーンを水平に広げることも可能です。

ロックオン距離と射程の差や爆風を活かして面を制圧し、相手の進撃を阻んだり、行動を制限する牽制武装として使うといいでしょう。



「ビーム・キャノン」は装備するとコストが+20されます。

本機の射撃武装では最長の180mの射程を誇り、2発のビームを水平に2発発射します。1発ヒットで全モビルスーツがダウンします。

この武装の最大の魅力はやはりサブ射撃武装らしからぬ威力。ヒットすれば45~75とかなりのダメージを与えることが可能です。相手と離れるほどダメージが上昇するタイプのビーム弾です。

装弾数が4発なので2セットでリロードとなり、リロード時間は約15カウントと長めです。メイントリガ武装との兼ね合いも考えると、射撃に頼れない時間も長くなります。

また、発射硬直もありますので、本装備を選択した場合はメイントリガ武装、サブトリガ武装ともに射撃は必中を心掛け、硬直にはより注意する必要が出てきます。

・格闘トリガ武装



「ビーム・サーベル」での3連撃が可能です。ロックオン距離は約60m。

最大連撃数は6ですが、「60mmバルカン砲」以外は発射硬直があるため、クイックドローを当ててダウンを奪う形が効率がいいと思われます。

威力は25→39(31.2)→61(39.04)と尻上がりにダメージが向上するタイプ。

ほぼ密着距離でメイントリガ武装の「ビーム・マグナム」が65と破格の威力を誇るため、3連撃+クイックドローで約160と十分なダメージが与えられます。

状況に合わせて1、2連撃からのクイックドローに切り替えても瞬間火力としては十分な威力になります。

ただし、発射遅延もわずかにありますので、クイックドロー時は外れないよう、相手と密着するよう心がけましょう。

・どう運用する?

本機はジオン軍待望といえる瞬間火力に優れる高機動格闘型機体といえます。

APも285(機動)~311(旋回)~370(装甲)と多めなことも頼りがいがあります。

ただし、何度も書いてきたように「60mmバルカン砲」以外の射撃武装には発射硬直が生まれます。1対1のシチュエーションはもちろん、射撃武装は「撃つなら当てる」ことを考えつつ戦うことは必須といえます。

「60mmバルカン砲」をチョイスした場合、地球連邦軍の「ガンダム」の「ビーム・ライフルB」装備に近い運用が可能かと思います。AP、ダッシュ速度、ジャンプ速度、旋回速度は「ガンダム」を上回る分はコスト差と考えるといいかもしれません。

「ユニコーンガンダム」と比較すると、APはさすがに差が出ますが、通常時とはダッシュ速度やジャンプ速度、硬直などはいい勝負ではないでしょうか。「ユニコーンガンダム」の「NT-D」発動時ともダッシュ速度ではかなり健闘できそうです。

本機は高火力と高機動を活かしてワンチャンスで一気に接近し大ダメージを与えられる分、攻撃を外した時のリスクはそれなりに高めに感じられます。

また、リロードの長い武装が多いので、チャンスを活かすには弾数の管理も重要になってきます。

ブースト消費量はコストのわりにそこまでピーキーなものではありませんが、オーバーヒートすると8カウントほど回復時間がかかります。硬直に焦ってブーストやジャンプペダルを踏み続けてしまわないよう、丁寧なペダルワークが重要です。

味方と組んでアンチ(タンク)向けの運用で敵機を迅速に撃破する、というのが基本的な用途となりそうですが、味方をカバーしつつ的確な位置取りをし、チャンスを伺って取れるダメージを瞬時に奪う、高コスト格闘型に慣れた方に向いた機体でしょう。


©創通・サンライズ


【戦場の絆】カバパンの新機体インプレッション「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」と「シルヴァ・バレト・サプレッサー」公開!

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』で12月20日より開催されるイベント「勢力戦 クライマックスバトル’19→’20」に登場する先行支給機体のカバパンによるインプレッション動画2本が公開されました。

「勢力戦 クライマックスバトル’19→’20」で先行支給される2機体をカバパンがチェック!


今回は地球連邦軍に「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」、ジオン軍に「シルヴァ・バレト・サプレッサー」が先行支給されます。

どちらもコスト300の高コスト格闘型機体となります。カバパンのインプレッション動画をお楽しみください。

「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ」のインプレッション動画をチェック!


<動画の見どころ>
・メイントリガ武装「アームド・アーマーBS」2種の特徴は?
・サブトリガ武装の使い分けは?
・おすすめの運用法は?

「シルヴァ・バレト・サプレッサー」のインプレッション動画をチェック!


<動画の見どころ>
・強烈な威力のメイントリガ武装「ビーム・マグナム」の特徴は?
・おすすめのサブトリガ武装の組み合わせは?
・おすすめの運用法は?


©創通・サンライズ


【戦場の絆】「Rev.4.27」にアップデート! 「Zガンダム」など既存機体に調整が入る[PR]

バンダイナムコアミューズメントは、アーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』を12月17日に「Rev.4.27」にアップデートしました。

リビジョンは「Rev.4.27」へ! 「Zガンダム」再調整ほか多くの既存機体も変更点あり

『機動戦士ガンダム 戦場の絆』は12月17日に「Rev4.27」へと更新されました。それにともない、既存機体9機体の調整も行われています。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

●地球連邦軍

・近距離戦型機体

「ジム・コマンド/ジム・コマンド(宇宙戦仕様)」はAPが全セッティングで15増えました。

「ガンダム5号機」はサブトリガ武装の「ハイパー・バズーカ」の追加コスト10が削除、空中セッティングまで含めAPが全セッティングで15増加しています。

「リゼル」はメイントリガ武装の「ビーム・ライフル」の追加コストが10低下し+10に。APが全セッティングで5増加となっています。

・射撃型機体

「ガンダム6号機」のサブトリガ武装「300mm低反動キャノン砲A」の装弾数が3→5発に増加しました。

「Rev.4.26」で調整の入った「Zガンダム」は、メイントリガ武装の「ハイパー・メガ・ランチャー」のモビルモード時の性能に調整が入っています。

リロード時間は1.5カウント増え、連射間隔が開き、発射硬直と発射遅延が増えています。中間点威力も低下。総じてみると、「Rev.4.25」以前と「Rev.4.26」の中間的な火力になっているといえそうです。

●ジオン軍

・近距離戦型機体

「ザクII改」はAPがホバーセッティング含め全セッティングで15増加。

「高機動型ザク(R-1A)」はサブトリガ武装の「クラッカー」のリロード時間が1.6カウント減少。APは全セッティングで15増加しました。

「ガザD(袖付き)」はメイントリガ武装の「ナックル・バスターC」の追加コストが20→10に緩和。全セッティングでAPが5増加しています。

・射撃型機体

「ジュアッグ」のサブトリガ武装「3連装ロケット・ランチャーC」は装弾数が倍増。2セット(12発)装填に増えています。


©創通・サンライズ


Takashi Mochizuki on Twitter: “アナ雪ツイート騒動、続報です。複数の電通社員は自社の関与を認めました。参加した漫画家は「PR表記をつけないよう依頼」とステルスだったことを告白。WSJは電通、ディズニージャパン及びディズニー本社に「誰の発案だったのか」問い合わせて… https://t.co/gtp7K0jzV4”

Takashi Mochizuki on Twitter: "アナ雪ツイート騒動、続報です。複数の電通社員は自社の関与を認めました。参加した漫画家は「PR表記をつけないよう依頼」とステルスだったことを告白。WSJは電通、ディズニージャパン及びディズニー本社に「誰の発案だったのか」問い合わせて… https://t.co/gtp7K0jzV4"

Takashi Mochizuki on Twitter: "アナ雪ツイート騒動、続報です。複数の電通社員は自社の関与を認めました。参加した漫画家は「PR表記をつけないよう依頼」とステルスだったことを告白。WSJは電通、ディズニージャパン及びディズニー本社に「誰の発案だったのか」問い合わせて… https://t.co/gtp7K0jzV4"

アナ雪ツイート騒動、続報です。複数の電通社員は自社の関与を認めました。参加した漫画家は「PR表記をつけないよう依頼」とステルスだったことを告白。WSJは電通、ディズニージャパン及びディズニー本社に「誰の発案だったのか」問い合わせて… https://t.co/gtp7K0jzV4

はてなブックマーク - Takashi Mochizuki on Twitter: "アナ雪ツイート騒動、続報です。複数の電通社員は自社の関与を認めました。参加した漫画家は「PR表記をつけないよう依頼」とステルスだったことを告白。WSJは電通、ディズニージャパン及びディズニー本社に「誰の発案だったのか」問い合わせて… https://t.co/gtp7K0jzV4" はてなブックマークに追加

日本発のステーブルコインを発行 作家の竹田氏が代表 – 産経ニュース

日本発のステーブルコインを発行 作家の竹田氏が代表 - 産経ニュース

日本発のステーブルコインを発行 作家の竹田氏が代表 - 産経ニュース

作家の竹田恒泰氏が代表を務める「エクスコイン」(日本法人)と外貨両替所「エクスチェンジャーズ」は11日、法定通貨を価値の裏付けとして持つ日本発の暗号資産(仮想通貨)「xcoin(エクスコイン)」を発行すると発表した。12月中旬に両替所で取り扱う156種類の通貨それぞれに対応した仮想通貨を発行。専...

はてなブックマーク - 日本発のステーブルコインを発行 作家の竹田氏が代表 - 産経ニュース はてなブックマークに追加

「アナ雪2」Twitter感想漫画に「ステマ」疑惑 7本ほぼ同時投稿され炎上 ディズニーは「ステマという認識はない」と弁明 (1/2) – ねとらぼ

「アナ雪2」Twitter感想漫画に「ステマ」疑惑 7本ほぼ同時投稿され炎上 ディズニーは「ステマという認識はない」と弁明 (1/2) - ねとらぼ

「アナ雪2」Twitter感想漫画に「ステマ」疑惑 7本ほぼ同時投稿され炎上 ディズニーは「ステマという認識はない」と弁明 (1/2) - ねとらぼ

映画「アナと雪の女王2」の感想を描いた漫画が、12月3日の19時ごろに7本一斉にTwitterへ投稿され、その不自然さが「ステマ(ステルスマーケティング)ではないか」と物議を醸しています。ねとらぼ編集部の取材に対し、ウォルト・ディズニーの担当者は「本来PR表記を行う予定だったが、どこかでコミュニケーションミスが...

はてなブックマーク - 「アナ雪2」Twitter感想漫画に「ステマ」疑惑 7本ほぼ同時投稿され炎上 ディズニーは「ステマという認識はない」と弁明 (1/2) - ねとらぼ はてなブックマークに追加

【戦場の絆】カバパンのMS紹介動画「ザクII寒冷地仕様」公開![PR]

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』をAppBankが応援する企画、カバパンによるMS紹介動画。今回は「ザクII寒冷地仕様」をご紹介します。

サブトリガに3種の燃焼効果武装を持つ機体「ザクII寒冷地仕様」をご紹介


カバパンによるモビルスーツの使いこなしを指南する「MS紹介動画」。

今回は、サブトリガ武装に、3種の燃焼効果を持つ近距離戦型機体「ザクII寒冷地仕様」をご紹介します。



<動画の見どころ>
・燃焼効果武装のそれぞれの違いは?
・「クラッカーB」の当て方はどうやるの?
・「起き攻め」を完璧にするためのコツは?

「ザクII寒冷地仕様」の紹介動画をチェック!


©創通・サンライズ


【戦場の絆】「声がつながると楽しい!」ゲームの魅力を再認識したIDバースト出撃イベントレポート[PR]

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』の応援企画として、11月23日(土・祝)に、IDバースト出撃イベントが行われました。その模様をレポートします。

1時間早くスタートのAクラスはあおにゃん、みっくすともに健闘!!



▼今回もnamco巣鴨店のP.O.D.をお借りしました。『戦場の絆』のパイロットターミナルの配置などが変わり、通路が広くなりました。


今回のIDバースト出撃イベントは、前回、前々回に続き平日忙しい方もご参加いただけるよう、土曜日に実施させていただきました。

当日は関東地方があいにくの雨模様で冷たい雨の降るなか、IDバースト出撃イベントで出撃場所としてお借りしているnamco巣鴨店さんには、Aクラススタート時点の16時には関東近県からも見学者がいらしゃっていたこともあり、おそらく過去一番の熱気あふれるイベントスタートとなりました。

今回はAクラスは16時から、Sクラスは17時から3時間と、クラスごとに対戦が盛り上がる時間を想定してスタート時間を1時間スライドしての実施とさせていただきました。

ステージはAクラスが最初の1時間は「サイド5実験場」とリバースステージで固定、17時からはランダム選択となっていました。いずれも対戦形式は6vs6です。

AppBank小隊のあおにゃん、みっくすもスタート30分前には現地に到着。アドバイザーのカバパン、そして今回のゲストである『GGGP2019』優勝メンバーのひとりである「オカダンゴムシ」さんもAクラスのふたりの出撃を見守りながらのイベントスタートとなりました。

さて、11月6日に「Rev.4.26」へアップデートが行われた『機動戦士ガンダム 戦場の絆』ですが、新リビジョン適用後2週間ほどが経過し、モビルスーツ運用がどうなったのかを主に注目して見学させていただきました。

詳しくはアップデート記事を参照いただきたいのですが、特に「ハイパー・メガ・ランチャー」の弾数が増え、リロード時間も減り、貫通効果が付与され使い勝手がよくなった「Zガンダム」が以前より積極的に活用されている印象でした。

Aクラスのあおにゃんとみっくすは、地球連邦軍とジオン軍をお互いに分けて交互に出撃。

▼ボイスチャットでうまくホストとしてチームを回していたあおにゃん。


あおにゃんは約1か月久しぶりのIDバースト出撃ということもあってか「緊張する~!」とP.O.D.に入っていきましたが、今回、ジオン軍では定番となっていた「ザク・デザートタイプ」ではなく、カバパンのアドバイスを受けて「ザクII寒冷地仕様」に主に搭乗。地球連邦軍では「陸戦型ガンダム」や「ジム・寒冷地仕様」、「ガンタンク」を使っていました。

地球連邦軍は2勝2敗の五分(2戦対CPU戦)、ジオン軍でも4勝4敗の五分の結果となりました。マッチングした味方との会話もきっかけづくりからスムーズにできていたようです。「やっぱり、声がつながってチームの皆さんと会話するのは楽しい! 『みっくすさんと味方マッチした』とか、いろいろ教えてもらいましたよ」と出撃後に教えてくれました。

▼最初は緊張の面持ちでしたが、今回はかなり勝ち越せたみっくすは「味方のおかげですね」と言っていました。


みっくすは地球連邦軍では「ザクII(F2)」をメインに、ジオン軍では「ザクII改」を主軸に「ザク・デザートタイプ」に搭乗。地球連邦軍は4勝4敗の五分、ジオン軍はなんと5勝1敗と大幅に勝ち越していました。

こちらもバーストメンバーと会話しながら打ち解けて余裕が出てきたのか、あおにゃんとフルバースト対決となったラスト1戦では射撃型の「トリスタン」に搭乗。火力担当として活躍でき、あおにゃんも撃破されていたようです。

ただ、ランダムステージで「ヒマラヤ」を引いたときは「難しい!」と戦闘終了後に一言。ステージ全体が傾斜しているので、上り側も下り側も平面主体のステージとは事情が変わってきます。その対応が難しかったようです。

あおにゃんもカバパンやみっくすだけでなく、店舗に訪れていたプレイヤーとも積極的に情報交換。「今度は射撃型に挑戦してみたいな~」と12月に実施予定の交流対戦会に向け、課題をみつけていたようです。

▼Aクラスは先に終了しましたが、自らのリプレイだけでなくSクラスのリプレイも見学し、課題をみつけていたふたりでした。


▼あおにゃんのリプレイです。

▼みっくすのリプレイです。

Sクラスでは『GGGP2019』優勝の「オカダンゴムシ」さんをゲストに迎えて充実した対戦が展開


▼前衛機はもちろん、タンクも積極的に搭乗していた「オカダンゴムシ」さん。広域レーダー表示(通称大マップ)を開く頻度がかなり高く、敵機の位置や戦況判断を細かくチームメンバーと共有して丁寧に戦っていたのが印象的でした。



1時間後にスタートしたSクラス。今回ゲストとして参加していただいた「オカダンゴムシ」さんはホストとして「よろしくお願いします! タンク乗られる方いらっしゃいます?」と会話を切り出し、前衛とタンク(遠距離砲撃型)をIDバーストメンバーの要望に応じて素早く編成し、戦闘中も指示出しをコンパクトな会話でしていました。

事情でボイスチャットが使えないメンバーにはシンボルチャットでフォローも忘れず、前衛機に乗っている際もタンク撃破後の展開の予測などをメンバーと頻繁に行っていて、わかりやすく戦いやすいようにバーストメンバーを引っ張っている様子がうかがえました。

特にタンクに搭乗していたときの、拠点砲撃の合間やファーストアタック(1回目の拠点撃破)後のラインの上げ下げを広域レーダー表示(通称大マップ)を活用しつつ、味方との情報共有をこまめにやっていたのが印象的でした。

▼今回は前衛(特に格闘型機体)も多かったカバパン。射撃型とマンセルを組んでのアンチなど見事な動きでチームに貢献していました。


カバパンもマッチング直後からIDバーストメンバーにリラックスした雰囲気を提供しつつ、前衛機、タンクと乗り分け、指示出しや展開予測といった情報を早めに共有していて、一緒にプレイしていたメンバーは戦いやすかったのではないでしょうか? この今後の展開予測の共有を戦いながら行うのは、戦力的にもコストゲージ的にも拮抗している状況となると、実際プレイしているとなかなか難しいものです。

「Rev.4」では、モビルスーツのコスト帯が幅広くなり火力も向上し、フライトモード搭載機体など高機動が可能なモビルスーツの登場や、レベルによって細かくわけられたリスタートポイントにより、敵機の撃破タイミングによってはあっという間に戦況が逆転することもありますし、セカンドアタックに行くべきなのか、タンクに自拠点に戻ってキャッチしてもらっての防衛戦に切り替えるのかの判断が難しい局面が多々起こります。

モビルスーツの操作テクニックだけでなく、お互いに拠点を1回撃破後の展開をどう読むか、味方と敵のAPの残り具合や残り時間、ステージなどを加味しつつ予測してどう勝ちに結び付けていくのか? どこでコストプラスを作っていくのか? といった状況判断や戦略がこのゲームの面白いところでもあり、深みのあるところですが、熟練プレイヤーの実際のプレイでの状況判断はプレイヤーの皆さんも気になっていたところだったのではないかと思います。ふたりのP.O.D.には常にだれかが張り付いて熱心に見学していたのが印象的でした。

▼SクラスもAクラスもフルバースト同士の対決が多いイベントとなりました。ご参加ありがとうございます!



▼オカダンゴムシさんのリプレイです。

▼カバパンのリプレイです。

イベント終了後、あおにゃん、みっくす、カバパン、ゲストの「オカダンゴムシ」さんとマッチングした両軍のパイロットの皆さんに、限定称号「絆仲間」も配布されましたので、公式連動サイトの「メニュー」→「称号」→「設定称号の作成」→「検索条件の詳細」でご確認ください。

今回も出撃会場としてお借りしたnamco巣鴨店のスタッフの方々をはじめ、関係者のご尽力で、無事にイベントを終えることができました。ご協力誠にありがとうございました!!

さて、すでに第1次募集を開始しておりますが、12月は21日(土)にnamco松戸で6vs6での対戦をメインとした「交流対戦会」を実施させていただく予定です。普段はひとりでプレイしているという方も、ちょっと伸び悩んでいるという方も、もっと強くなりたい、楽しく遊びたいという方も、『機動戦士ガンダム 戦場の絆』を楽しんでいる者同士、交流を広げるきっかけとして、年末のあわただしい時期になりますが、ご参加いただけますと幸いです。

©創通・サンライズ


【戦場の絆】12月21日(土)に第5回「交流対戦会」を松戸で開催します!! GGGP出場メンバーも参加![PR]

最大で8vs8のチーム戦が楽しめる人気アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』。本作の店舗イベント「交流対戦会」を、2019年12月21日(土)、namco松戸店にて開催します!

AppBank小隊+カバパンと『戦場の絆』を一緒に遊ぼう!!


「交流対戦会」とは、いわゆる優勝チームを決める「大会」ではありません。
本イベントに参加していただいた方を運営側でチーム分けして、総当たりのリーグ戦に挑んでいただく「シャッフル対戦」を中心に、プレイヤー間の交流を目的とした店舗イベントとなります。今回は久しぶりに6vs6での対戦をメインに楽しんでいただく予定です。

また、当日はゲストとして『GGGP2019』(株式会社創通主催)に出場された「オカダンゴムシ」さんと「ファンシー」さんも参加いただく予定ですので、上級者の戦略や機体運用などをアドバイスいただいたりできるチャンスです!

<出演>
・カバパン(タレント/プレイヤー)
・空野青空(タレント/プレイヤー)
・みっくす(YouTuber/プレイヤー)

▼こちらは3月に実施した博多での交流対戦会の様子です。


『戦場の絆』プレイヤーで本イベントに興味を持っていただけた方は、下の開催日時、募集期間などを確認のうえ、『戦場の絆』交流対戦会応募フォームから、ぜひ応募をお願いします!

【開催日時】
2019年12月21日(土)12時~18時

※本イベント当選者の受付は10時~11時に行います。イベント開始は12時を予定しています
※観覧のみも可能となります。その場合、応募の必要はございません

【募集人数】
45名

【募集期間】
・一次募集期間:11月22日(金)~12月6日(金) 午前11時59分まで
・二次募集期間:12月9日(月)~12月18日(水) 午前11時59分まで

※一次募集の当選連絡は12月7日(土)中、二次募集の当選連絡は12月19日(木)中にご連絡いたします
※当選連絡は当選者に限り行います。当選された方は出席のご確認をお願いいたします
※一次募集で定員に達しなかった場合やキャンセルが出た場合、二次募集の締切までに応募された方の中から再抽選を行います

【注意事項】
・参加費無料、プレイ料金無料。交通費、宿泊費は自己負担となります
・『戦場の絆』のデータが入っている「バナパスポートカード」、または「Aimeカード」の持参が必須となります
・サブカードによる階級詐称は禁止させていただきます
・イベントの様子は記事や動画にて公開を予定しております。参加、観覧を問わず、お顔が映る場合がございます。また、参加される場合、パイロットネーム、所属大隊、所属小隊が映る場合がございます。あからじめご了承ください
・観覧者多数の場合、スペースの都合で入れない場合がございます


© 創通・サンライズ


「78円でこのおいしさは企業努力の賜物」イオンのバーリアルがどうなってるかわからないくらい安くておいしいので困惑する人々 – Togetter

「78円でこのおいしさは企業努力の賜物」イオンのバーリアルがどうなってるかわからないくらい安くておいしいので困惑する人々 - Togetter

「78円でこのおいしさは企業努力の賜物」イオンのバーリアルがどうなってるかわからないくらい安くておいしいので困惑する人々 - Togetter

350ml78円で買えるイオンの「BARREAL」。なんでこんなに安いのか…という疑問の声が続出。 提供:イオンリテール株式会社

はてなブックマーク - 「78円でこのおいしさは企業努力の賜物」イオンのバーリアルがどうなってるかわからないくらい安くておいしいので困惑する人々 - Togetter はてなブックマークに追加

【戦場の絆】マッチングすれば限定称号もらえるIDバースト出撃イベント、次回は11月23日(土)に実施! ![PR]

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』。その応援企画として、「一緒にIDバーストして『戦場の絆』を楽しもう!」というイベントを11月23日(土)に実施します!

Aクラスはあおにゃんとみっくす、SクラスはカバパンとゲストプレイヤーがIDバーストで出撃します!


今回のIDバースト出撃イベントは、11月23日(土)の16時~20時に開催いたします!! 今回はAクラスとSクラスの参戦時間を大きくずらしていますので、ご注意ください。

あおにゃん、そしてみっくすのふたりはAクラスでIDバーストに参加します。

Sクラスでは、カバパンとゲストプレイヤーのふたりがIDバーストに参加します。ゲストプレイヤーにつきましては、後日決定次第AppBank『戦場の絆』Twitterアカウントと本記事内で追記し、お知らせいたします。

あおにゃん、みっくす、カバパン、ゲストプレイヤーさんはそれぞれ、下記出撃時間表の時刻(P.O.D.内表示時計時刻に合わせます)にパイロットカードをタッチし、出撃形式画面で「IDバースト出撃」を選択という手順で出撃します。

IDバースト出撃するためには、パイロットターミナルで事前にIDを登録しておく必要があります。IDの登録方法は公式サイトをご確認ください。

今回のイベントで使用するパイロットカードは、「ABあおにゃん」(中佐)、「ABみっくす」(大尉)、「ABカバパン」(少将)、「ABイベント」(少将)カードでの出撃となります。4名のパイロットはnamco巣鴨/AppBank小隊所属ですので、お間違えのないようお願いいたします。

地球連邦軍、ジオン軍それぞれに分かれて出撃し、出撃軍を入れ替えます。4人がどちらの軍で出撃するかはマッチングしてのお楽しみです! 

【開催日時】
2019年11月23日(土)16時〜20時

【Aクラス マッチングID】
りんごA
※Aは大文字
【Aクラス IDバースト出撃時間表(予定)】
16時00分 17時15分 18時05分
16時25分 17時40分 18時30分
16時50分
【Sクラス マッチングID】
りんごS
※Sは大文字
【Sクラス IDバースト出撃時間表(予定)】
17時10分 18時00分 19時15分
17時35分 18時25分 19時40分
18時50分

※参加する際には、ご自身のクラスに合ったマッチングIDを使用するようお願いいたします。

見事マッチングできれば限定称号がもらえます!

今回は、あおにゃん、みっくす、カバパン、ゲストプレイヤーさんとマッチングした両軍のパイロットの皆さんに、限定称号「絆仲間」が後日プレゼントされることになりましたので、ぜひ出撃時間を確認して、出撃してみてください!

全国の『戦場の絆』のパイロットの皆さん、Aクラスのあおにゃんとみっくす、Sクラスのカバパンやゲストプレイヤーさんと一緒に&敵軍として戦ってみませんか? ぜひ、『戦場の絆』を一緒に楽しみましょう!

【注意事項】
※IDバーストの仕様上、必ずあおにゃん、みっくす、カバパン、ゲストの4人とマッチングできるとは限りません。ご了承ください。
※IDバーストではボイスチャットが使えます。参加者への暴言、誹謗中傷など不適切な発言があった場合は、予告なくイベントを中断いたします。ご了承ください。
※状況により、ボイスチャットが使用できないなどの不具合が起こる可能性があります。その際のプレイ保証等はできかねます。ご了承ください。
※限定称号は後日、当イベントのIDバーストであおにゃん、みっくす、カバパン、ゲストの4人とマッチングされたパイロットのカードに付与されます。
※限定称号が付与されるのは公式連動サイト登録パイロットカードのみとなります。
※限定称号の付与は公式連動サイトの「メニュー」→「称号」→「設定称号の作成」→「検索条件の詳細」でご確認いただけます。
※イベントの様子やリプレイ動画は記事などで公開を予定しております。参加、観覧を問わず、お顔やパイロットネーム、所属大隊、所属小隊が映る場合がございます。あらかじめご了承ください。


©創通・サンライズ


【リグワン】AppBankがおすすめのデッキを紹介!! 11月からの賞金付き大会に備えよ!![PR]

株式会社セガ・インタラクティブが配信するハイスピード戦略バトル『LEAGUE OF WONDERLAND(リーグ・オブ・ワンダーランド)』(略称:リグワン)の新キャラクターや新イベントなどの最新情報、AppBankが考えた最強のデッキの解説などまとめています。

たった2分間で決着する超スピードバトルが楽しめる対戦ゲーム


『リグワン』はたった2分間で勝敗が決する、超ハイスピードの対戦ゲームです。戦い方は時間とともに溜まる「MP」を消費して、ユニットを場に出すだけ。3本のレーン・タワーからなる戦場で、相手のタワー2本先取で勝利となります。

制限時間2分間以内に先に相手のタワーを2本破壊するか、1本破壊して自陣タワーを守り抜けば勝利!! 2分で決着がつかなかった場合は、1分サドンデスの延長線に突入します。サドンデスでも決着がつかなければ、引き分けとなります。


手に入れたカードの中から8枚+SPタワーのデッキを組んでバトルに挑戦! どんなデッキを組めばいいか分からない人向けに、【デッキコピー】【自動編成】【カードの動画紹介】などの各機能も充実しています!


『リグワン』では、自分のMPを消費して場に出す「ユニット」とは別に、タワーから自動で生成される兵士「ミニオン」が存在します。自分・相手のタワーからは、基本同戦力のミニオンが出撃、対消滅します。ミニオンは相手タワーに到達できると、突撃して大ダメージを与えます。いかに自軍のミニオンを守りながら相手タワーに届けるか、プレイヤー介入の勝敗影響をより顕著にします。


デッキに3枚まで組み込める、特殊ユニット「ドローキャスト」は場に出た後でもプレイヤーのアクション介入により特別な必殺技を放つ事が可能です。「ドローショット」と呼ばれる多様な特殊ユニットがもつ必殺技は、それぞれ異なるオンリーワンの効果をもっています。指で描いた軌跡に沿って放つドローショットは、素早く正確なプレイヤースキルが試されます!!


古今東西の物語からキャラクターがゲームに登場!!

『リグワン』では古今東西の物語で登場した人物がゲームのキャラクターとなって登場します。さらにキャラクターたちの物語に合ったドローショット(スキル)にもなっているので、ぜひチェックしてみてください!

鬼討ち・吉備津彦

お供3体を引き連れて出現する、近接攻撃のドローキャスト。ドローショットで指定の向きに敵を薙ぎ払う範囲攻撃を放つ! ドローショットで敵をけちらしつつ自身でタワーの攻撃を引き付ければ、ミニオンのような動きをするお供達がタワーに突撃し一気に破壊! お供も含めて空中からの攻撃には対応できないのとHPの低いお供は範囲攻撃などで一気にやられやすい点に注意しましょう。

▼鬼討ち・吉備津彦


▼ドローショットで指定の向きに敵を薙ぎ払う範囲攻撃


マッチ売りの少女・ミクサ

ミクサは遠距離攻撃の「ドローキャスト」。通常攻撃では地上/空中の敵を攻撃可能で、ドローショットでは、自由曲線で描いた場所に、炎のエリアを生成して敵に継続的なダメージを与えることができます。味方ユニットを援護するように描けば迎え撃つ敵の集団ユニットへの備えになり、動かない敵の建物やタワーを巻き込むと確実に継続ダメージを与えられ、色々な場面でとても便利です。

▼マッチ売りの少女・ミクサ


▼ドローショットで自由曲線で描いた場所に、炎のエリアを生成


ゲーム初心者にウレシイ報酬GETのチャンスがいっぱい!

これからゲームを始める方でもミッションなどで報酬GETのチャンスがいっぱい。序盤でたくさんの報酬が入手できるので、『リグワン』を始めるなら“今”がおすすめです!

『リグワン』では7日間、毎日お題が解放されていき、クリアを積み重ねる事で 序盤のゲームの流れを理解しながら序盤(D3リーグまで)に登場する最高レアを含む全てのユニットとクリスタルをミッション達成数を積み重ねることで、段階的に報酬を獲得できます。徐々にお題が解放されるので、情報過多にならず、ゲームを覚えながら、序盤の資産集めが可能となっています。


入手したカードパックで強化するためには、時間経過によるパック開封が必要です。しかしゲーム開始直後は「カードパック」開封までの時間がものすごく短く、サクサク成長できます! また、「開封キー」というアイテムが存在し、パックの即時開封も可能です。クリスタルを消費しなくても、サクサク資産を集められますよ!


戦闘に勝利することでカードパックを獲得し、時間経過とともにパックを開ける事ができる仕組みです。ただし、一定のリーグまでは、敗北時にも「ドンマイパック」としてカードパックがもらえます! この「ドンマイパック」は短時間でパック開封が可能です。試合で負けが続いてもカードてが入手できるので、デッキの強化ができ、勝利を目指せるようになっています。


11月1日より新キャラ登場!!

11月1日より新たに3キャラクターが登場!! ドローキャストの「赤ずきん・スカーレット」や建物の「ワラ製防壁」などが登場します。

赤ずきん・スカーレット(WR)【ドローキャスト】

概要
赤い頭巾をかぶった暗殺者。
姿を消してターゲットに接近すると、素早い跳躍で音もなく命を刈り取る。

使い方
ステルスで遠距離ユニットに安全に接近可能!一気に叩け!

ドローショット
跳躍して範囲内の敵にダメージを与える

▼赤ずきん・スカーレット(WR)【ドローキャスト】


セイレーン(R)【ユニット】

概要
人を惑わすほどの美しい声を持つ、海の住人。竪琴の
音色にのせた歌声でさざ波を起こし敵を飲み込む。

使い方
遠距離まで届く貫通範囲攻撃で、集団をまとめて攻撃可能!

▼セイレーン(R)【ユニット】


ワラ製防壁(N)【建物】

概要
三匹の子豚の長男お手製のワラ製の防壁。
ふわふわしていて弾力があり、敵をおびき寄せる。

使い方
配置・破壊時に敵をノックバックさせることが可能。うまく配置して時間を稼げ!

▼ワラ製防壁(N)【建物】


新イベント「トライアリーナ」が実施!!

新イベント「トライアリーナ」はMP2倍など普段とちょっと違うルールで毎日『3連勝』に挑む期間限定のイベントバトルです。毎日『1勝』→『2連勝』→『3連勝』達成で報酬GET!! 特殊ルールにマッチしたデッキで挑みましょう!

勝っても負けてもリーグptは変動せず、期間中は『3連勝』に何度でも挑戦可能なので普段使わないデッキなどでの気軽なプレイも楽しめます。さらに毎日の『3連勝』達成報酬に加え、毎日の連勝数の積み重ねで豪華なボーナス報酬獲得!!

負けても失うものはないので、はじめたばかりのリグワン初級者から全日程で3連勝を目指す、リグワン上級者まで全員が楽しめるイベントとなっています。

【開催期間】 
2019年11月13日(水)〜11月18日(月)

【遊び方】
①開催期間中、「イベント」ボタンから『トライアリーナ』へ。
②『トライアリーナ』内の専用バトルボタンでバトル開始!
 最大3連勝するか、敗北するまで挑戦を続けることができます。当日なら何回でも挑戦可能!
③毎日「1勝」→「2連勝」→「3連勝」ごとに報酬獲得
④累計ボーナス達成時にも報酬獲得
⑤過去の連勝数も更新したい…そんな場合も、日程を指定して再挑戦可能。(要クリスタル消費)



※画面は開発中のものです

オンライン賞金大会を毎週実施予定

『リグワン』では、11月から年内中に4~5回の賞金付きのオンライン大会(GameArena主催)を実施予定です。具体的な規模や参加レギュレーションなどはまだ明らかにされていませんが、上位者への賞金のほかに、参加者の中から抽選で賞金獲得のチャンスもあるそうです。事前登録報酬や日めくりチャレンジなどで、最高レアリティキャラが手に入るチャンスがあるので、今から『リグワン』を始めるプレイヤーでも参加は遅くないありません! ぜひオンライン賞金大会までに腕を磨いておきましょう。

AppBankおすすめデッキ!!

今回AppBankの筆者がおすすめするデッキはこちら!


低MPユニットを多く採用しており、序盤からガンガン攻めて相手に守らせる前に倒しきるデッキとなっています。ドローユニットは「クイーン・オブ・ハート」「スノウ・クイーン」「斉天大聖・美猴」を採用。

タワーは今回HPにしていますが、攻撃かミニオンでも問題ありません。今回紹介しているデッキは攻撃寄りなので、自陣を責められてしまうと弱いので、安定を求めるのであればHP、短時間で勝利を狙うのであれば攻撃かミニオンがおすすめとなっています。

そしてこのデッキは強いだけでなく、Dリーグからでもすべてのユニットが使える点がおすすめの1つです。実際筆者もDリーグから使っておりC3まで行くことができました。タワーはCリーグに到達しなければATKとミニオンは入手できませんが、HPタワーでも十分に戦えます。

主な戦い方

速攻で試合を終わらせたいので、スペシャルタワー以外の2つのレーンを攻めます。


基本的に試合開始直後は低コストのユニットを配置しましょう。ここですぐにドローユニットは使用しない方がおすすめです。まずは様子を見て、お互いのユニットが混合してぶつかりそうであれば「スノウ・クイーン」を出して敵の動きを止めて集団戦に勝利するか、「斉天大聖・美猴」を出して集団戦の敵を一掃するなどしましょう。


カノン砲は固定砲台なので、自陣が責められている場合はタワー下に配置、こちらが攻めたい場合には攻めたいレーンの真ん中に配置すると良いです。


「クイーン・オブ・ハート」はドロー発動までに少し時間がかかるので、密集地帯に配置してドローを使う前に倒されるのだけは避けましょう。ドローの発動タイミングは「味方の援護要因として召喚」するのも良いですが、召喚させられる範囲はかなり広いので、「敵の残り少ないタワーのHPを削るためにタワーの目の前にいきなり召喚」する奇襲のような使い方がおすすめです。


採用しているドローユニット

今回採用しているドローユニットは「クイーン・オブ・ハート」「スノウ・クイーン」「斉天大聖・美猴」。それぞれにきちんと役割があるので、しっかりと把握しておきましょう。

【クイーン・オブ・ハート】
指定した範囲にトランプ剣士を召喚するドローを持ったユニット。ドローは広範囲を選択することができるので、いきなり敵のタワーに奇襲をかけるときに使えます。しかしクイーン・オブ・ハート自体は体力が低く、倒されやすいので、なるべく相手から攻撃を受けない場所に配置してからドロー効果を使用しましょう。


【スノウ・クイーン】
指定した範囲の敵を一時的に行動不能にするドローを持ったユニット。行動不能中の敵に対しては一方的に攻撃を仕掛けることができるので、敵と味方が混合してる密集地帯に向かってドローを撃つと効果的です。スノウ・クイーン単体ではドローを使っても行動を一時的に止めるだけで敵を倒しきれないので、ほかのユニットを組み合わせて使うのが効率が良いです。


【斉天大聖・美猴】
ドローを使用することで、直線を高速移動して自身を強化することができるユニット。ドローで自身の強化時間が長く、生き残ればしばらく高火力でのダメージを出してくれるので優秀なアタッカーです。範囲攻撃を持ち攻撃力に優れていますが、単体で突っ込んでしまうと一瞬でやられてしまうので、味方ミニオンが敵の攻撃を受けてヘイトを稼いでいるときなどにドローで突っ込むのがおすすめです。

またスノウ・クイーンで行動不能にしている密集地帯に向かって、斉天大聖・美猴のドローで突っ込むと一気に敵を倒し切ることができるので、一気に有利な状況を作り出すことも可能です。


AppBankのおすすめデッキは序盤で揃えられ初心者でも使いやすい構成になっているので、特にリグワンを始めたばかりのプレイヤーさんは、ぜひ使ってみてください!

公式サイト:対戦型アクティブ戦略バトル「リーグ・オブ・ワンダーランド(リグワン)」

リーグ・オブ・ワンダーランド ・販売元: SEGA CORPORATION
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 160.6 MB
・バージョン: 1.1.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©SEGA

【戦場の絆】カバパンのMS紹介動画「ゲルググM(S)」公開![PR]

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』をAppBankが応援する企画、カバパンによるMS紹介動画。今回は「ゲルググM(S)」をご紹介します。

バックブラスト射撃武装を持つ機体「ゲルググM(S)」をご紹介


カバパンによるモビルスーツの使いこなしを指南する「MS紹介動画」。

今回は、メイントリガ武装とサブトリガ武装に、トリガを引くと同時にブーストペダルを踏むことで射撃武器の反動を背部のバーニア噴射(バックブラスト)で相殺することで素早くブーストダッシュに移行できる「バックブラスト射撃武装」を持つ射撃型機体「ゲルググM(S)」をプレイヤーの「ファンシー」さんとともにご紹介します。



<動画の見どころ>
・バックブラスト射撃武装の入力のコツは?
・バックブラスト射撃武装ならではの利点と注意点は?
・おすすめの運用法は?

「ゲルググM(S)」の紹介動画をチェック!


©創通・サンライズ


【戦場の絆】フルバースト同士が激突! 盛り上がった第3回IDバースト出撃イベントレポート[PR]

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』の応援企画として、10月19日(土)に、3回目となるIDバースト出撃イベント(出撃イベント自体は今年4回目)が行われました。その模様をレポートします。

IDバーストチーム同士がマッチング、ボイスチャットで盛り上がるアツい展開に!



9月から実施中の勢力戦「オータムバトル2019」もあともう少しで終了ですね。先行支給機体「ディジェ」と「バウ」取得のラストスパートの時期に行われた今回のIDバースト出撃イベントは、平日忙しい方もご参加いただけるよう、前回と似た形式で土曜日に16時から3時間の間実施されました。

▼早めに集合したメンバーはさっそく情報交換や練習にいそしんでいました。


会場としてお借りしたnamco巣鴨店に、あおにゃん、みっくすも早々と来場。先日誕生日を迎えたあおにゃんはライブ等の練習で「筋肉痛なんですよ~」と言うや否やP.O.D.に突撃して出撃。みっくすは前回までの出撃を振り返り、機体選択などの相談トークをしつつ、イベント開始時刻を迎えました。

▼先日お誕生日を迎えてレベルアップしたあおにゃん。


あおにゃんはバーストした方々とパイロットネームの話題や編成の相談などをフランクにトークしつつ、地球連邦軍の前衛では「ジム・寒冷地仕様」に「100mmマシンガンA」と「頭部バルカン砲」、「ダッシュ」のセッティングで搭乗。ジオン軍では「ザク・デザートタイプ」の「ザク・マシンガンA」と「頭部バルカン砲」、「ダッシュ」セッティングに主に乗っていました。

地球連邦軍は4-4(うち対CPU戦1)、ジオン軍は4-2で勝ち越しと筋肉痛に負けずがんばっていました。

▼今回のイベントであおにゃんが1回だけ「ザクII改」に搭乗、活躍していたリプレイです。

▼出撃前から機体選択に迷っていたみっくすはちょっと硬い表情でした。


みっくすは、Twitter動画での意気込みとは別に、前回追われる展開になることが多かったこともあり、どんな機体が自分の役割に合っているか、機体一覧を見ながら悩みつつ、P.O.D.に入っていきました。

今回は地球連邦軍では「ジム(WD隊)」と「ザクII(F2)」、ジオン軍では「ザク・デザートタイプ」に集中的に乗り込んでいましたが、AP(アーマーポイント)的にやや余裕があり、サブトリガ射撃の「ハンド・グレネイド」で即座によろけが取れる「ザクII(F2)」がしっくりきていたようです。

ほとんどが佐官クラスとのマッチングで、地球連邦軍は2勝4敗、ジオン軍では3勝5敗と前回同様マークされて追われる展開に。終盤に狙われて撃破されたときはボイスチャットで「ごめんなさいー!」とチームメンバーに謝っていました。

リザルトも気にしていたようですが、「役に立てるように立ち回りたい」と1戦するたびにP.O.D.から出てきてつぶやいていたのが印象的でした。

▼みっくすのリプレイです。観戦者一同「がんばれ!」と応援していました……!

ふたりともSクラスの様子が気になるようで、時間をずらして出撃しているカバパンとゲストプレイヤーの「こっぺー」さんのP.O.D.を空き時間に熱心に見学していました。

▼ふたりは空き時間にSクラスの様子を見学。ボイスチャットを活用したリアルタイムの情報交換、戦略の共有など、IDバースト出撃だからできることを学んでいたようです。


▼ゲストプレイヤーの「こっぺー」さん。参加メンバーに合わせて幅広いカテゴリーの機体をチョイスしていました。



今回、ゲストプレイヤーとして参加していただいた「こっぺー」さん。ジオン軍では「ギラ・ズール」、「ザク・デザートタイプ」など近距離戦型、「ギャン」、「サイコ・ザク(TB)」など格闘型、射撃型では「ゲルググM(S)」、遠距離砲撃型では「ザクタンク」などに搭乗。

地球連邦軍では「ジム・ストライカー」を中心に、遠距離砲撃型「ガンタンク」で勝ちをもぎ取っていました。

▼イベント中の「こっぺー」さんのリプレイです。

▼カバパンは今回は格闘型機体で活躍。遠距離砲撃型にも搭乗していました。


カバパンは地球連邦軍では「ユニコーンガンダム」、ジオン軍では「イフリート(S)」に主に搭乗。地球連邦軍は大幅に勝ち越し、ジオン軍は五分五分の成績でした。

▼イベント中のカバパンのリプレイです。

今回のイベントでも、両クラスともIDバーストチーム同士が対戦する形になり、面識のない方同士でも『機動戦士ガンダム 戦場の絆』ならではのボイスチャットを使った密度の濃い戦いが盛り上がっていた3時間でした。

11月もIDバースト出撃イベント実施予定!

イベント終了後、あおにゃん、みっくす、カバパン、ゲストの「こっぺー」さんとマッチングした両軍のパイロットの皆さんに、限定称号「戦場の邂逅」も配布されましたので、公式連動サイトの「メニュー」→「称号」→「設定称号の作成」→「検索条件の詳細」でご確認ください。

今回も出撃会場としてお借りしたnamco巣鴨店のスタッフの方々をはじめ、関係者のご尽力で、無事にイベントを終えることができました。ご協力誠にありがとうございました!!

このイベントは「IDバースト」を楽しんでいただきたいという思いで関係各所のご協力をいただいて実施しています。11月も「IDバースト出撃イベント」を実施させていただく予定です。日程等、決まりましたら記事で告知させていただきますので、ぜひ、参加をお願いします!

AppBank小隊やゲストさんと一緒のバーストルームになれなくても、このイベントをきっかけに皆さんが「IDバースト」での出撃の楽しさを体感していただき、普段のプレイでも『機動戦士ガンダム 戦場の絆』の魅力を感じていただけたら幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。


© 創通・サンライズ


鮨店は行きづらい……という初心者にもおすすめしたい、ホスピタリティーと発見がある都内の鮨店2軒 | Fun Pay! | あたらしい自分、はじめよう。楽天カード

鮨店は行きづらい……という初心者にもおすすめしたい、ホスピタリティーと発見がある都内の鮨店2軒 | Fun Pay! | あたらしい自分、はじめよう。楽天カード

鮨店は行きづらい……という初心者にもおすすめしたい、ホスピタリティーと発見がある都内の鮨店2軒 | Fun Pay! | あたらしい自分、はじめよう。楽天カード

「すしログ」というブログを運営している、大谷と申します。名前の通り鮨(すし)をメインに扱っており、日本料理や和菓子のお店・文化も紹介しています。 ブログを始めようと思ったきっかけは、鮨がひたすら好きだから、に尽きます。 ブログを開設した2015年頃、鮨を専門にしたサイトやブログはほとんどありませんでし...

はてなブックマーク - 鮨店は行きづらい……という初心者にもおすすめしたい、ホスピタリティーと発見がある都内の鮨店2軒 | Fun Pay! | あたらしい自分、はじめよう。楽天カード はてなブックマークに追加