「payment」カテゴリーアーカイブ

d払いが3月12日限定で50%還元、17日から10%還元

NTTドコモはコード決済サービス「d払い」の新たなキャンペーンとして、「ウォレットの日限定!d払い+50%還元キャンペーン」と「街のお店 d払い+10%還元キャンペーン」を発表。エントリーの受付を9日午前10時から開始しました。 ウォレットの日限定!d払い+50%還元キャンペーン

PayPay、昼時のスーパーで5〜10%還元 31日まで実施

スマホ決済のPayPayは、全国のスーパーマーケットで5〜10%還元を実施します。期間は3月4日から3月31日の10時〜14時です。 還元率は、ヤフープレミアム会員・ソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーは10%、それ以外のユーザーは5%です。 付与上限は1回500円、期間中は3000円。ヤフーカード・その他のクレジットカードの利用は還元の対象外となります。 対象となるスーパーは下記の通りです。 ・ゆめタウン ・ゆめマート ・いちやまマート ・イトーヨーカドー

au PAY祭り、4週目は火曜へ継続(訂正)

毎週10億円を還元する「au PAY祭り」。4週目は火曜日もキャンペーンが継続することになりました。 「au PAY祭り」は、月曜日から始まる1週間のうち、10億円を還元し尽くすと、その週のキャンペーンは終了となります。 2週目から3週目は初日の月曜日で10億円を使い果たし、キャンペーンは次週へ持ち越しとなっていました。なお、その週のキャンペーンを終了する場合には、終了日の17時までにau

ヤマダ電機、顔認証決済「ヤマダPay」を5店舗に導入

大手家電量販店のヤマダ電機は2月28日より、顔認証を活用したスマートフォン決済サービス「ヤマダPay」を5店舗に導入しました。 ヤマダPayは、ヤマダLABIカード会員向けのバーコード決済サービス「ケータイ de クレジット」に登録したユーザーを対象に提供するもの。従来は、クレジットカードを登録することで、アプリ上にバーコードを表示した決済方法のみですが、今後は顔認証による決済も可能になります。

ドトールコーヒー、NFC-A/B非接触決済とクレカを導入

ドトールコーヒーは3月2日、クレジットカード会社のジェーシービー、三井住友カード、セディナと協働し、全国展開する約1300店舗にクレジットカードと非接触ICサービスを導入しました。 導入した店舗は、ドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、カフェ レクセル、ル・カフェ ドトールです。

三井住友「Visa プリペ」がGoogle Pay/Apple Pay両対応に

三井住友カードは、プリペイド型のVisaカード「Visa プリぺ」をリニューアルしました。デザイン刷新にあわせ「Google Pay」に新たに対応します。 先日の三井住友VISAカードのデザイン変更に続くもので、今回はカード作成時の審査が不要で6歳から持てるプリペイドカードが対象です。新デザインのカードは3月2日より新規発行するほか、既存のカードユーザーには更新や再発行のタイミングで提供します。 新デザインのVisa

「au PAY」10億円祭りが4週目突入、従来と異なる注意点まとめ

毎週10億円を還元する「au PAY祭り」が4週目に突入しました。3週目以前とは条件が異なる「ステージ2」にも突入。還元を受けるために抑えておきたい注意点をまとめました。 4週目の特徴は、「ステージ2」に突入したこと。この「ステージ」というのは期間中の付与上限額のことで、この上限額がリセットされました。つまり、3月2日から3月22日までの累計で、3万円相当の還元をフルフルに受けられます。各ステージの詳細は下記の通りです。 ステージ1:2月10日〜3月1日:3万ポイント(3万円相当)

PayPay、4月は有名飲食チェーンで20%還元 付与上限2000円/回

PayPayは、全国の有名飲食チェーンで20%還元キャンペーンを実施します。期間は4月1日から4月30日まで。 対象の飲食チェーンは後日アナウンス予定。付与上限は1回あたり2000円相当、期間中は3000円相当です。還元対象となるのはPayPay残高による支払いで、ヤフーカードやクレジットカードでの支払いは対象外となります。また、ヤフープレミアム会員は還元率が25%に増加します。 加えて「まちかどペイペイ

Origami Payが6月30日に全サービス終了 4年の歴史に幕

Origami Payは、メルペイとの統合に伴い6月30日をもって全サービスを終了します。 サービスの終了は段階的で、まず4月28日午後10時に下記サービスを終了します。 ・クレジットカード/デビットカードを指定したスキャン支払い ・クレジットカード/デビットカードを指定したコード支払い ・金融機関口座を指定したコード支払い また、6月30日午後10時をもって、Origamiアプリの全機能の提供を終了します。なお、返金手続きは従来どおり取引から90日間は行なえます。 Origami

イオン、スマホで商品をスキャンして会計する「どこでもレジ レジゴー」を3月から本格展開

イオンリテールは2月26日に、3月から「どこでもレジ レジゴー」を本格展開することを発表しました。2020年度中に東京・千葉・神奈川の「イオン」「イオンスタイル」を中心に約20店舗に展開予定です。 「どこでもレジ レジゴー」は、店舗への来場者が貸出用の専用スマートフォンで商品のバーコードをスキャンして、専用レジで会計する仕組みです。 利用方法としては、店舗入口付近にて専用スマホを手に取ります。カートを利用する場合は、スマホホルダーにセットします。

au PAY、ローソンで「200円クーポン」毎週配布 3月2日から

auユーザー以外も利用できるスマホ決済「au PAY」は、全国のローソン(スリーエフ・ローソン・ポプラ・ナチュラルローソン・ローソンストア100を含む)にて、au PAYで201円(税込)以上の買い物をした場合に、200円の割引クーポンを配布するキャンペーンを実施します。 配布されたクーポンは、au PAY アプリ内の「クーポン一覧」ボタンより取得可能。「クーポンを使う」ボタンを押し、必ずクーポンをセットしてから、au

メルペイ、3月に最大50%還元「メルペイフィーバー」開催。日曜日はどこでも20%還元

メルカリアプリの決済サービス「メルペイ」は3月1日〜3月31日まで開催するキャンペーン「メルぺーフィーバー」「メルペイサンデー」を発表しました。 両キャンペーンあわせて最大3000円分(3000ポイント)が還元されます。1回の決済あたりの還元上限に500ポイントの制限があり、少額な買い物を複数回する人向けのキャンペーン内容と言えます。支払い方法は、コード決済とiD決済の両方が対象になります。

Androidスマホ版「モバイルSuica」26日から年会費無料に。ケータイ向けサービスは終了

JR東日本は2月26日よりAndroidスマホ版「モバイルSuica」の年会費を無料化します。一方でケータイ向けのサービスを終了します。 モバイルSuicaはおサイフケータイ(FeliCa)対応の機種で使えるICカード乗車券サービス。これまでは、JR東日本系列以外のクレジットカードで使う場合、年会費1030円が発生していましたが、2月26日以降、年会費の設定がなくなります。 なお、iPhone/Apple Watch版の「Apple

「新しいKyashカード」申し込み受付開始、Visaタッチ対応のプリペイド

Kyashは、IC搭載でVisaタッチレス決済対応の「新しいKyash Card」の申込受付を開始しました。 「新しいKyash Card」は、IC搭載により国内外のVisa加盟店でサインレス支払いが行えるプリペイドカードです。NFC PayのVisaタッチ決済にも対応し、対応店舗において物理カードをかざすだけで支払いが完了します。 加えて、AndroidスマートフォンのGoogle Payに対応し、QUICPayを利用したモバイル決済も可能。なお、広報担当者によると、Apple

5分でわかる昨日のニュースまとめ:2月20日に注目を集めたのは「Xperia L4発表。欧州向けエントリーモデル」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 2月20日に盛り上がったニュースはこちらでした。 「Xperia L4」発表、縦長21:9ディスプレイになった欧州向けエントリーモデル ソニーモバイルはAndroidスマートフォン「Xperia

au PAY祭りの還元上限が1日あたり6000ポイントに。2月24日から

2月10日より開催されている「au PAY」の大規模20%還元キャンペーンですが、条件が変更となり、24日からの還元には1日あたり6000ポイントの上限が設定されることになります。 KDDIによれば"より多くのお客さまに本キャンペーンをご利用いただくため、2月24日(月)より「1日あたりの還元ポイントは最大6,000ポイント/au ID」と設定させていただきます。"とのこと。

5分でわかる昨日のニュースまとめ:2月18日に注目を集めたのは「iPhone SE2(仮)は3月31日発表?」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 2月18日に盛り上がったニュースはこちらでした。 アップル、3月31日にスペシャルイベント開催?iPhone SE2(仮)は4月3日発売か

レジなし店舗 「ローソンGO」、富士通と試験展開。生体認証で「手ぶら入店」も

コンビニ大手のローソンは、店内の商品を手にとり退店するだけで決済できるレジなし店舗「ローソン富士通新川崎TSレジレス店」を2月26日〜5月25日までの期間限定でオープンします。富士通新川崎テクノロジースクエア(新川崎TS)に勤務する従業員3000名を対象に、オペレーションや利便性について検証します。

セブン、世界標準のタッチ決済導入 FeliCa非搭載スマホでもOK

セブン−イレブンは、NFC Type A/Bによるクレジット・デビットカードなどの非接触決済(コンタクトレス / NFC Pay)を6月に一斉導入します。非接触対応のクレジットカードなどをかざすだけで決済可能。カードの挿入や暗証番号の入力も一定額まで不要です。 また、FeliCa非対応でも、NFC Type A /

「dポイントカード」がApple Payに対応。ローソンでポイント7倍キャンペーン開始

NTTドコモのポイントカード 「dポイントカード」がApple Payでの表示に対応しました。iPhoneやApple Watchに登録して、かざすだけでカードが提示できます。dポイントクラブのWebサイトにてApple Payへカードを登録可能です。 ただし、このカード提示方法が使える店舗はコンビニのローソンのみとなっています(2月18日時点)。ローソンではApple PayのSuica/iD/QUICPayで支払う場合、「Apple

d払いの10%還元2月25日開始、Amazonやメルカリ利用が対象

NTTドコモは2月25日から開始する「ネットのお店 d払い+10%還元キャンペーン」について、エントリーの受付を17日午前10時から開始しました。 キャンペーンの内容は、事前にエントリーした上で、Amazonやメルカリなど対象となるECサイトでの支払いに「d払い」を利用すると、通常の進呈ポイント(税込100円につき1ポイント)に加えて、支払い額の10%分をdポイントで進呈するもの。 ポイントの進呈上限は期間中が1000ポイント、決済1回につき500ポイントです。

au PAY毎週10億円キャンペーン、第2週は2月17日23時59分に終了

2月17日から開始した10億円還元の「au PAY祭り」第2週目キャンペーンが、同日23時59分に終了することがアナウンスされました。次回のキャンペーンは次回は2月24日(月)0時00分から開始予定です。 併せて、キャンペーンの条件変更も発表されました。内容は下記の通り。 ・当日23:59にキャンペーンが終了する場合がある。 ・キャンペーンの終了は、当日17:00までに、au PAY アプリ(旧au WALLET アプリ)上で告知。 ・2月17日(月)より、

2週目突入、月曜勝負の「au PAY祭り」で知っておきたい5項目

毎週10億円を還元する「au PAY祭り」が2週目に突入しました。先週は月曜の開始後、わずか2日で10億円を還元し尽くし終了に。『今週は祭りに乗り遅れない!』というユーザー向けに、au PAY還元を受けるための知識を5つのポイントに絞ってお伝えします。 au PAYは、ドコモ・ソフトバンクユーザーも使えるスマホ決済です。同キャンペーンでは、期間中に「au

2週目突入、月曜勝負の「au PAY祭り」で知っておきたい5項目

毎週10億円を還元する「au PAY祭り」が2週目に突入しました。先週は月曜の開始後、わずか2日で10億円を還元し尽くし終了に。『今週は祭りに乗り遅れない!』というユーザー向けに、au PAY還元を受けるための知識を5つのポイントに絞ってお伝えします。 au PAYは、ドコモ・ソフトバンクユーザーも使えるスマホ決済です。同キャンペーンでは、期間中に「au

5分でわかる昨日のニュースまとめ:2月14日に注目を集めたのは「iPhone SE2(仮)は順調だけど12(仮)は遅れそう?」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 2月14日のバレンタインデーに盛り上がったニュースはこちらでした。 iPhone、SE2(仮)の準備は順調だが12(仮)の生産は遅れる可能性があるとの噂

セゾンが「次世代クレカ」 完全番号レス、物理カードは希望者のみ

クレディセゾンが2020年秋から次世代クレジットカードを発行します。スマホ上で利用できるバーチャルカードを基本とし、プラスチックカードは希望者だけに発行します。 申し込みから発行までが全てスマホで完結する点も売りで、最短5分でクレジットカード番号をアプリ上で確認できるため、プラスチックカードの受け取り不要で利用できます。 希望者のみに発行する物理カードは、カード券面にクレジットカード番号・有効期限・セキュリティコードを一切表示しないデザインで、セキュリティ性に配慮します。

セゾンが「次世代クレカ」 完全番号レス、物理カードは希望者のみ

クレディセゾンが2020年秋から次世代クレジットカードを発行します。スマホ上で利用できるバーチャルカードを基本とし、プラスチックカードは希望者だけに発行します。 申し込みから発行までが全てスマホで完結する点も売りで、最短5分でクレジットカード番号をアプリ上で確認できるため、プラスチックカードの受け取り不要で利用できます。 希望者のみに発行する物理カードは、カード券面にクレジットカード番号・有効期限・セキュリティコードを一切表示しないデザインで、セキュリティ性に配慮します。