「OECD」カテゴリーアーカイブ

“定年制・賃金制度 見直しを”OECDが日本に提言 | NHKニュース

“定年制・賃金制度 見直しを”OECDが日本に提言 | NHKニュース

“定年制・賃金制度 見直しを”OECDが日本に提言 | NHKニュース

高齢者の雇用の拡大を政府が検討する中、OECD=経済協力開発機構は「日本の高齢者は、不安定で賃金の低い非正規雇用で働くケースが多い」として、定年制や賃金制度を見直すべきだとする提言をまとめました。 提言では「日本は高齢者の就業率が最も高い国の一つだが、いったん定年で仕事を辞めたあと、不安定で賃金の...

はてなブックマーク - “定年制・賃金制度 見直しを”OECDが日本に提言 | NHKニュース はてなブックマークに追加

日本の労働生産性 主要7か国で最下位 | NHKニュース

日本の労働生産性 主要7か国で最下位 | NHKニュース

日本の労働生産性 主要7か国で最下位 | NHKニュース

労働者がどれだけ効率的に働いたかを示す去年・2017年の「労働生産性」の調査で、日本は主要7か国で最も低いという結果がまとまりました。 「日本生産性本部」がOECD=経済協力開発機構に加盟する36か国の去年の労働生産性を分析した結果、日本は20位で、主要7か国では最下位でした。 日本は1970年以降、主要7か...

はてなブックマーク - 日本の労働生産性 主要7か国で最下位 | NHKニュース はてなブックマークに追加

日本の労働生産性がG7で最下位にとどまる理由 | 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層 | ダイヤモンド・オンライン

日本の労働生産性がG7で最下位にとどまる理由 | 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層 | ダイヤモンド・オンライン

日本の労働生産性がG7で最下位にとどまる理由 | 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層 | ダイヤモンド・オンライン

くまの・ひでお/第一生命経済研究所経済調査部首席エコノミスト。 山口県出身。1990年横浜国立大学経済学部卒。90年日本銀行入行。2000年より第一生命経済研究所に勤務。主な著書に『バブルは別の顔をしてやってくる』(日本経済新聞出版社)など。 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層 リーマンショック後の大不...

はてなブックマーク - 日本の労働生産性がG7で最下位にとどまる理由 | 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層 | ダイヤモンド・オンライン はてなブックマークに追加