「moon」カテゴリーアーカイブ

NASA、インドの月探査機チャンドラヤーン2号着陸機を軌道上から確認できず

NASAは27日、月面への降下中に通信が失われたインドの月探査機チャンドラヤーン2号着陸機「Vikram」の目標着陸地点の画像を公開した(NASAの記事India Todayの記事)。

Vikramは7日、月の南極地帯へのソフトランディングを目指して降下を実施した。降下は順調だったが着陸地点の映像を撮影するための回転が大きすぎて宙返りしてしまい、減速のための噴射で加速する結果となった。その後、高度335mで通信が途絶えている。画像はNASAの月探査機Lunar Reconnaissance Orbiter(LRO)が17日に目標着陸地点上空を通過した際に撮影されたものだ。インド宇宙機関(ISRO)はチャンドラヤーン2号周回機が軌道上からVikramの現在位置を確認したと10日に発表しているが、17日には日没が始まっており、広い範囲が影に隠れて全容は確認できない。

Vikramのミッション寿命は着陸地点が昼間の14日間(地球時間)に設定されており、夜に入った21日以降を乗り切ることはできないと考えられている。NASAはVikramが影に隠れている可能性があるとし、現地が再び昼になる10月のLRO通過時にVikramの位置特定と撮影を試みるとのこと。なお、Vikramの着陸時の状況は不明であり、ISROからの公式発表も出ていないが、NASAではハードランディングと表現している。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
インドの月探査機チャンドラヤーン2号周回機、通信が途絶えた着陸機を軌道上から確認 2019年09月12日
インドの月探査機チャンドラヤーン2号着陸機、降下中に通信が途絶える 2019年09月08日
NASA、月面着陸に失敗した探査機Beresheetの衝突地点の画像を公開 2019年05月18日
1970年代に観測された月の温度上昇は宇宙飛行士の活動が原因の可能性 2018年06月19日
NASA アポロ着陸地点のより鮮明な画像を公開 2011年09月08日
NASA、LROによるアポロ着陸船の画像を公開 2009年07月21日

インド、月探査機チャンドラヤーン2号の月軌道投入に成功

インド宇宙研究機関(ISRO)は20日、月探査機チャンドラヤーン2号の月軌道投入(LOI)マヌーバーを実施した(プレスリリースTelegraph Indiaの記事The Indian Expressの記事Times of Indiaの記事)。

マヌーバーはインド標準時9時2分から1,738秒にわたって行われ、近点114km、遠点18,072kmの月周回軌道への投入に成功した。チャンドラヤーン2号は今後、最終の目標軌道となる月面から約100kmの距離で月の極を通過する円形に近い軌道を目指し、一連の軌道マヌーバーを行う。その後、着陸機(Vikram)は遠点100km、近点30kmの月周回軌道を目指して周回機から分離し、一連の減速マヌーバーを実施して9月7日には月の南極地帯への軟着陸を目指すとのことだ。

すべて読む | サイエンスセクション | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
月面に衝突した探査機Beresheet、大量のクマムシを搭載していた 2019年08月08日
ドナルド・トランプ米大統領、NASAは月へ行く話をすべきではないと意見する 2019年06月09日
月の裏側に着陸した中国の探査機、月のマントルの可能性がある岩石を採取 2019年05月22日
NASA、月面着陸に失敗した探査機Beresheetの衝突地点の画像を公開 2019年05月18日
中国・月面での超小型バイオスフィア実験、夜に入って実験終了 2019年01月19日
月の両極付近で氷が存在する「決定的証拠」が観測される 2018年08月23日
インド月探査機との交信途絶える 2009年09月01日
インドの月探査機「チャンドラヤーン1号」、打ち上げ成功 2008年10月23日

200兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 – GIGAZINE

200兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 - GIGAZINE

200兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 - GIGAZINE

by NASA NASAが測定した月の重力分布をベイラー大学の研究チームが分析したところ、月のクレーターの地下深くに異常な重力源があることが判明。さらに詳細な分析を行った結果、研究チームはクレーターの地下に少なくとも200兆トン以上の質量をもつ超巨大な物体が存在する可能性が高いと発表しました。 Deep Structure of...

はてなブックマーク - 200兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 - GIGAZINE はてなブックマークに追加

ドナルド・トランプ米大統領、NASAは月へ行く話をすべきではないと意見する

米国のドナルド・トランプ大統領がNASAに対し、月へ行く話をすべきではないと意見している(トランプ大統領のツイートGeekWireの記事The Vergeの記事Mashableの記事)。

趣旨としては、大金をかけたNASAのミッションのうち、50年前に実現している月探査のような小さな話をせず、火星(月はその一部)や防衛、科学に注力してほしいというものだ。月が「火星の一部」だというのは月探査が火星探査計画の一部という意味だと思われるが、文字通り月が火星に属する衛星(moon)だという意味に受け取った人々から批判を受けることになる。これについてNASAのジム・ブライデンスタイン長官は、「大統領が言う通り、NASAは人類を火星へ送るために月を利用している」と補足した。

すべて読む | サイエンスセクション | アメリカ合衆国 | 軍事 | 政治 | 火星 | サイエンス | NASA | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
NASA、国際宇宙ステーションの民間利用拡大計画を発表 2019年06月08日
NASA、月面着陸に失敗した探査機Beresheetの衝突地点の画像を公開 2019年05月18日
火星探査車Curiosity、火星の重力を測定する 2019年02月05日
元アポロ宇宙飛行士曰く、人間を火星に送ることはバカげている 2018年12月27日
1970年代に観測された月の温度上昇は宇宙飛行士の活動が原因の可能性 2018年06月19日
トランプ大統領、有人月探査を指示する文書に署名 2017年12月15日
ボーイングCEO「火星一番乗りはSpaceXではなくボーイングだ」と語る 2017年12月10日
米副大統領曰く「アメリカは再び有人月探査を目指す」 2017年10月09日
NASAによる火星の有人探査、実現できる時期はまだまだ未定 2017年07月19日
NASAの火星探査計画は現実味が足りない? 2016年02月09日
アポロ11号の月面着陸から45年 2014年07月21日
バズ・オルドリン元宇宙飛行士、米国の「月軽視」姿勢に対し見直しを求める 2014年07月15日

月の裏側に着陸した中国の探査機、月のマントルの可能性がある岩石を採取

あるAnonymous Coward 曰く、

今年1月、中国の月面探査機「嫦娥四号」が人類史上初めて月の裏側に着陸したが(過去記事)、嫦娥四号の月探査車「玉兎二号」が月のマントルの可能性がある月面の岩石サンプルを採取したことが報告されている(soraeCNNナショナルジオグラフィック)。

採取した岩石を分光計で分析したところ、地球のマントルにも含まれているカンラン石と低カルシウム輝石の存在が確認された。これは、今まで人類が採取してきた月の岩石サンプルとは異なる組成であり、月のマントルの組成に関する長年の予測と一致しているのだという。

嫦娥四号が着陸したフォン・カルマン・クレーターは月への隕石の衝突で生まれ、その結果月のマントルが剥き出しになっている可能性があることからも、今回採取されたサンプルが月のマントルのものである可能性を示しているという。

すべて読む | サイエンスセクション | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
中国・月面での超小型バイオスフィア実験、夜に入って実験終了 2019年01月19日
中国の月面探査機「嫦娥四号」、人類史上初めての月裏側への軟着陸に成功する 2019年01月07日
中国、12月8日に月最大のクレーターに探査機を投入予定。植物育成が可能などを調査 2018年12月08日
中米欧、宇宙開発の方向性ですれ違い。中国は早期の月面探査を目指す 2018年07月25日
中国国家航天局、月面探査機が撮影した月面のフルカラー高解像度写真を公開 2016年02月06日

NASA、月面着陸に失敗した探査機Beresheetの衝突地点の画像を公開

NASAは15日、月面着陸に失敗したイスラエル・SpaceILの探査機「Beresheet」衝突地点の画像を公開した(NASAのニュース記事The Vergeの記事SlashGearの記事GeekWireの記事)。

Beresheetは4月11日、月面への降下中に通信が途絶して月面に衝突したとみられている。画像はNASAの月探査機Lunar Reconnaissance Orbiter(LRO)搭載カメラ(LROC)が4月22日に月面の90km上空から撮影したもので、幅10mほどの黒いシミを取り囲むように白いシミが広がっている。LROCの画像ではBeresheetがクレーターを形成したかどうかを確認できないが、クレーターが形成されたとしても確認できないほど小さい可能性や、Beresheetが同サイズの流星物質と比べて軽量で低速であり、進入角も小さかった(月面に対しておよそ8.4度)ことから小さなくぼみを作っただけの可能性もある。

大気のない月には隕石が絶えず落ちてクレーターを作っているが、このシミがBeresheetによるものだと考えられるいくつもの手掛かりがあるという。まず、Beresheetの着陸地点が数マイル以内の精度でわかっていること、4月11日以前に同地点で撮影された写真と見比べると、シミが唯一の変化であり、Beresheetサイズの物体が作る大きさであることを最も重要な点として挙げている。これは数学モデルから推定される大きさと同様であり、過去にBeresheetと同様の速度で月面に衝突した同サイズの宇宙機が残した痕跡とも一致するとのこと。また、白い部分は衝突で巻き上げられた塵が落ちて月面を平滑化したものとみられ、Beresheetの降下方向と同様に南へ向かって伸びている。

LROは月のすべての場所を1か月に2回、それぞれ月での夜間と昼間に通過する。次に同地点を通過するのは5月19日であり、さらに多くの画像を撮影する予定だという。また、BeresheetにはNASAのゴダード宇宙センターが提供したレーザー再帰反射装置が搭載されており、衝撃で壊れずに残っているかどうかについて、LROのLunar Orbiter Laser Altimeterを用いた調査も行われているとのことだ。

すべて読む | サイエンスセクション | スラッシュバック | サイエンス | NASA | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
民間初の月面着陸を目指したSpaceILの探査機、着陸は失敗 2019年04月13日
民間初の月面着陸を目指すSpaceILの探査機が打ち上げ成功 2019年02月24日
1970年代に観測された月の温度上昇は宇宙飛行士の活動が原因の可能性 2018年06月19日
NASA アポロ着陸地点のより鮮明な画像を公開 2011年09月08日
NASA、LROによるアポロ着陸船の画像を公開 2009年07月21日
月面探査による「月の環境破壊」が問題に 2009年03月11日

月は縮んでいた

あるAnonymous Coward曰く、

月はその内部が冷えることで縮んでおり、過去数億年の間でおよそ50メートル以上小さくなっているという。その結果月の表面には「しわ」ができ、これが月面の地形形成の一つの要因になっているとの発表をNASAが行った(NASAの発表AFPBBCTIMESlashdot)。

NASAの無人月探査機「Lunar Reconnaissance Orbiter(LRO)」が撮影した画像を解析したところ、このような結果が得られたという。また、活動がないと考えられてきた北極近くに位置するクレーター「氷の海」は移動し亀裂が発生していることも分かったという。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
月に進出して一攫千金を狙う「ムーンラッシュ」、ブームとなるか 2019年03月15日
1970年代に観測された月の温度上昇は宇宙飛行士の活動が原因の可能性 2018年06月19日
NASA、LROによるアポロ着陸船の画像を公開 2009年07月21日

月は縮んでいた

あるAnonymous Coward曰く、

月はその内部が冷えることで縮んでおり、過去数億年の間でおよそ50メートル以上小さくなっているという。その結果月の表面には「しわ」ができ、これが月面の地形形成の一つの要因になっているとの発表をNASAが行った(NASAの発表AFPBBCTIMESlashdot)。

NASAの無人月探査機「Lunar Reconnaissance Orbiter(LRO)」が撮影した画像を解析したところ、このような結果が得られたという。また、活動がないと考えられてきた北極近くに位置するクレーター「氷の海」は移動し亀裂が発生していることも分かったという。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
月に進出して一攫千金を狙う「ムーンラッシュ」、ブームとなるか 2019年03月15日
1970年代に観測された月の温度上昇は宇宙飛行士の活動が原因の可能性 2018年06月19日
NASA、LROによるアポロ着陸船の画像を公開 2009年07月21日

スーパーブラッドウルフムーンに隕石が衝突していた

minet曰く、

2019年1月21日午前4時41分38秒(UTC)、「スーパーブラッドウルフムーン」と呼ばれていた皆既月食中の月に隕石が衝突、その時の光が地球から観測されていた模様(NewScientistredditGIGAZINE)。

月食中の隕石落下はままあることのようなので(明るさの問題で観測が難しかった)、これからは観測例が増えるのかも。

すべて読む | サイエンスセクション | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
太陽系外から飛来した天体「オウムアムア」、表面には炭素を含む層があることが判明 2017年12月21日
かぐやが発見した月の溶岩洞、全長50kmに渡ることが判明 2017年10月18日
2月6日、南大西洋に隕石が落下していた。爆発規模は原爆と同レベル 2016年02月29日

中国・月面での超小型バイオスフィア実験、夜に入って実験終了

月の裏側に着陸した中国の嫦娥4号着陸機には重慶大学が開発した超小型のバイオスフィア実験装置が搭載されており、ワタの種子を発芽させることに成功していたが、着陸地点が夜になったことで実験は終了となったようだ( 新華網の記事The Registerの記事重慶大学のニュース記事)。

この装置は直径173mm、高さ198.3mmのアルミニウム合金製で、実験用生物としてはワタのほかアブラナやジャガイモ、シロイヌナズナの種子とキイロショウジョウバエの卵、酵母の6種類が搭載されている。水や土、空気、温度調整装置、記録用カメラを含む総重量は2.608kg、内部のスペースは1リットルほどだという。4種の種子のうちワタとアブラナ、ジャガイモは人間の生活に必要な作物となるために選ばれ、シロイヌナズナは成長の早さから選ばれたとのこと。

装置は着陸初日の3日から稼働し、7日にはワタの種子の発芽が確認される。植物栽培実験国際宇宙ステーションでも行われているが、地球以外の天体上で植物の種が発芽するのは世界初だという。しかし、12日には地上から装置にシャットダウンコマンドが送られ、電源が切られる。現在、着陸地点は夜になっており、電源の切れた装置内部は氷点下52度に達するため、内部の生物はすべて凍ってしまったとみられ、実験も終了となった。

新華網の記事では夜になって着陸機がスリープモードに入ったと書かれているが、装置にはバッテリーも搭載されているため、この時点でなぜシャットダウンしたのかは不明だ。

すべて読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス | 中国 | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
中国の月面探査機「嫦娥四号」、人類史上初めての月裏側への軟着陸に成功する 2019年01月07日
中国、12月8日に月最大のクレーターに探査機を投入予定。植物育成が可能などを調査 2018年12月08日
国際宇宙ステーションで枯れそうになっていたヒャクニチソウ、回復して花を咲かせる 2016年01月22日
国際宇宙ステーションで栽培中の植物、花が咲く前に枯れそうになる 2015年12月31日
国際宇宙ステーションの宇宙飛行士、宇宙で栽培した野菜を初めて試食 2015年08月11日
月で「シロイヌナズナ」を発芽させて育てる計画が持ち上がる 2008年07月28日

中国・成都市の企業、人工の「月」を2020年にも打ち上げる計画

中国・成都市の企業が街灯の代わりに地上を照らす人工の「月」(人造月亮)を2020年にも打ち上げる計画だという(People's Daily Onlineの記事SlashGearの記事The Registerの記事搜狐の記事)。

この人工月は人工衛星に搭載した巨大な鏡で太陽光を反射させるもので、「空に吊るした鏡で太陽の光を反射させ、パリの街を一年中照らす」というフランスの芸術家のアイディアが元になっているそうだ。ロシアは1999年に実験しているが、鏡の展開に失敗して実現には至らなかったという。

この企業、成都航天科工微電子系統研究院では何年もかけて研究を行っており、実際に打ち上げが可能な段階に達しているとのこと。2020年には初号機を打ち上げて実証実験を行い、2022年には3機により地上を照らす実験を行う計画だ。

人工月は月の8倍の明るさで直径80km程度の範囲を照らすことができ、街灯の置き換えに十分な明るさが得られるという。ただし、実際の明るさは夏の黄昏時ぐらいとみられ、それほど明るくなるというわけではないようだ。そのため、生物の概日リズムに影響することはないと考えられているとのこと。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | 中国 | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
上空にエアロゾルを撒いて太陽光を遮る温暖化対策、生態系への影響は少なくない 2018年01月30日
夜空で2番目に明るい星になるという人工衛星「Mayak」 2017年07月25日
世界最大の集光型太陽熱発電所、鏡の向きがずれて火事が発生 2016年05月21日
世界最大の集光型太陽熱発電所は野鳥を捕える巨大な罠? 2014年08月24日
建設中のビル、車を溶かす 2013年09月06日
冬には日が当たらなくなるノルウェーの町、鏡で反射した太陽の光を使って町の広場を照らすプロジェクト 2013年07月27日
ラスベガスのホテル、太陽光で客を焼く 2010年09月30日
米が宇宙の巨大鏡を打ち上げ 2007年01月29日
山かげの村に巨大鏡で太陽光 2006年12月20日

1970年代に観測された月の温度上昇は宇宙飛行士の活動が原因の可能性

headless曰く、

1970年代に観測された月の温度上昇は、月に着陸した宇宙飛行士の活動が原因となっていた可能性があるそうだ(CBC NewsLive SciencePhys.org論文概要)。

1971年のアポロ15号ミッションと1972年のアポロ17号ミッションでは、月の地表および地表下にセンサーを設置し、温度変化を調べる実験HPE(heat flow experiment)が行われた。実験が1977年に予算不足で終了するまでセンサーからのデータは地球に送信されていたが、NASAが保存していた記録は1974年までのもので、以降の記録は紛失したと考えられていた。

温度変化の謎を解明するため、テキサス工科大学などの研究グループは2010年に記録の追跡を開始。440本の磁気テープをワシントン国家記録センターで発見し、数年にわたってデータの復元を進めていたという。HPEの担当者は1974年まで緩やかな温度上昇が確認されたと注記していたが、以降も温度勾配は小さくなりつつ温度上昇が続いていたそうだ。

NASAの月探査機Lunar Reconnaissance Orbiter(LRO)搭載カメラが撮影した2着陸地点周辺の高解像度写真を取得して調べたところ、宇宙飛行士が歩いた跡や、探査車が通った跡がはっきりと確認でき、斜長岩主体の白い表層土が乱されて黒っぽくなっていることが判明する。その結果、これらの場所では太陽熱の吸収が大きくなり、温度が上昇したと考えられるとのことだ。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | ストレージ | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
かぐやが発見した月の溶岩洞、全長50kmに渡ることが判明 2017年10月18日
月に巨大溶岩洞が存在する可能性 2015年03月24日
NASAが月面で植物を育てることを計画中 2013年11月25日
ずっと日が沈まない(かもしれない)場所を月に発見 2005年04月16日

夜型人間は死亡リスクが高い、無理して朝型の生活をすることによる負担が原因?

夜型人間が無理をして朝型の生活をすると死亡リスクが上がるという研究結果が発表された(AFPギズモード・ジャパンCNN)。

この調査は英国内の成人約50万人を対象に平均6.5年間追跡を行ったもので、生活サイクルが「夜型」と答えた人は「朝型」と答えた人と比べて死亡リスクが10%高いというデータが得られたという。

死亡リスクが上昇する原因は明らかになっていないが、夜型人間が朝型の生活をしようとすることで体内時計と外界の不一致が起こり問題が発生する可能性があると指摘されている。また、食事をちゃんと取らない、アルコールやドラッグなどを使用すると言った傾向があることや、夜更かしによる疲労なども健康問題の原因となっている可能性があるようだ。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
朝型の人と夜型の人、違いの原因は遺伝子? 2016年02月09日
「朝型人間」は夜になるとより不誠実になる、という研究結果 2014年08月01日
1週間のキャンプ生活で体内時計をリセット 2013年08月04日

アポロ11号ミッション月面着陸時の通信音声にピンク・フロイドが著作権を主張

Ars Technicaでは12月上旬からNASAのアポロ計画に関するドキュメンタリー「The Greatest Leap (第1回第2回)」を連載しているのだが、19日に掲載された第3回の動画に対し、ピンク・フロイドが著作権侵害を主張する通知をFacebookページ経由で送ってきたそうだ(Ars Technicaの記事)。

該当部分は冒頭から3分23秒以降の6秒間で、アポロ11号のニール・アームストロング船長が月面着陸後に通信で「Tranquility Base here, the Eagle has landed. (こちらは静かの海基地、イーグルは着陸した)」と言った有名な録音音声がダビングされている。しかし、この録音は米政府が公式の業務として作成した著作物にあたり、著作権保護の対象にはならない。Ars Technicaが使用したのはInternet Archiveで公開されている音声だ。誤った著作権侵害の主張によりNASAの公式動画が削除されるといったトラブルは過去にも発生しており、著作権侵害の主張はアルゴリズムのミスによるものとみられる。

ただし、通知にはピンク・フロイドのどの作品の著作権を侵害しているのか記載されていない。そのため、Ars Technicaがオンラインで情報提供を求めたところ、同様の音声がピンク・フロイドの「The Great Gig in the Sky」の初期ミックスで使われていたことが判明する。リリースバージョンでは該当部分が別の音声に差し替えられていたが、2011年発売の「The Dark Side Of The Moon — Immersion Box Set」ディスク6にこのバージョンが収録されていたとのこと。

Facebookでは通知に対する反論のオプションを用意しているため、Ars Technicaはこちらのオプションを選択。その結果、ピンク・フロイド側が反論を受け入れ、著作権侵害の主張を取り下げたという連絡がFacebookから届いたとのことだ。

すべて読む | YROセクション | 著作権 | サイエンス | NASA | 音楽 | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
トランプ大統領、有人月探査を指示する文書に署名 2017年12月15日
米副大統領曰く「アメリカは再び有人月探査を目指す」 2017年10月09日
洋画「ドリーム 私たちのアポロ計画」、マーキュリー計画の話だろとツッコまれ改題 2017年06月12日
Apollo 11号に搭載されたコンピュータのソースコード、GitHubでも公開 2016年07月13日
「キューブリック監督が月面着陸映像を捏造した」説、娘が否定 2016年07月11日
アポロ計画で使われていた月面探査機のプロトタイプ、くず鉄として捨てられていた 2015年10月29日
NASAがSoundCloudで音声データを公開 2014年10月25日
NVIDIAがCGでアポロ11号の月面着陸を再現 2014年10月03日
アポロ11号の月面着陸から45年 2014年07月21日
バズ・オルドリン元宇宙飛行士、米国の「月軽視」姿勢に対し見直しを求める 2014年07月15日
アポロ陰謀説は米国による陰謀だという陰謀論 2014年02月13日
訃報: 宇宙飛行士 ニール・アームストロング氏、逝去 2012年08月26日
火星探査機「Curiosity」着陸時の模様を撮影した動画、YouTubeで「著作権侵害」としてブロックされる 2012年08月07日
NASA が Flickr の The Commons で歴史写真を公開 2010年09月01日