「LEAGUE OF WONDERLAND」カテゴリーアーカイブ

【リグワン】AppBankがおすすめのデッキを紹介!! 11月からの賞金付き大会に備えよ!![PR]

株式会社セガ・インタラクティブが配信するハイスピード戦略バトル『LEAGUE OF WONDERLAND(リーグ・オブ・ワンダーランド)』(略称:リグワン)の新キャラクターや新イベントなどの最新情報、AppBankが考えた最強のデッキの解説などまとめています。

たった2分間で決着する超スピードバトルが楽しめる対戦ゲーム


『リグワン』はたった2分間で勝敗が決する、超ハイスピードの対戦ゲームです。戦い方は時間とともに溜まる「MP」を消費して、ユニットを場に出すだけ。3本のレーン・タワーからなる戦場で、相手のタワー2本先取で勝利となります。

制限時間2分間以内に先に相手のタワーを2本破壊するか、1本破壊して自陣タワーを守り抜けば勝利!! 2分で決着がつかなかった場合は、1分サドンデスの延長線に突入します。サドンデスでも決着がつかなければ、引き分けとなります。


手に入れたカードの中から8枚+SPタワーのデッキを組んでバトルに挑戦! どんなデッキを組めばいいか分からない人向けに、【デッキコピー】【自動編成】【カードの動画紹介】などの各機能も充実しています!


『リグワン』では、自分のMPを消費して場に出す「ユニット」とは別に、タワーから自動で生成される兵士「ミニオン」が存在します。自分・相手のタワーからは、基本同戦力のミニオンが出撃、対消滅します。ミニオンは相手タワーに到達できると、突撃して大ダメージを与えます。いかに自軍のミニオンを守りながら相手タワーに届けるか、プレイヤー介入の勝敗影響をより顕著にします。


デッキに3枚まで組み込める、特殊ユニット「ドローキャスト」は場に出た後でもプレイヤーのアクション介入により特別な必殺技を放つ事が可能です。「ドローショット」と呼ばれる多様な特殊ユニットがもつ必殺技は、それぞれ異なるオンリーワンの効果をもっています。指で描いた軌跡に沿って放つドローショットは、素早く正確なプレイヤースキルが試されます!!


古今東西の物語からキャラクターがゲームに登場!!

『リグワン』では古今東西の物語で登場した人物がゲームのキャラクターとなって登場します。さらにキャラクターたちの物語に合ったドローショット(スキル)にもなっているので、ぜひチェックしてみてください!

鬼討ち・吉備津彦

お供3体を引き連れて出現する、近接攻撃のドローキャスト。ドローショットで指定の向きに敵を薙ぎ払う範囲攻撃を放つ! ドローショットで敵をけちらしつつ自身でタワーの攻撃を引き付ければ、ミニオンのような動きをするお供達がタワーに突撃し一気に破壊! お供も含めて空中からの攻撃には対応できないのとHPの低いお供は範囲攻撃などで一気にやられやすい点に注意しましょう。

▼鬼討ち・吉備津彦


▼ドローショットで指定の向きに敵を薙ぎ払う範囲攻撃


マッチ売りの少女・ミクサ

ミクサは遠距離攻撃の「ドローキャスト」。通常攻撃では地上/空中の敵を攻撃可能で、ドローショットでは、自由曲線で描いた場所に、炎のエリアを生成して敵に継続的なダメージを与えることができます。味方ユニットを援護するように描けば迎え撃つ敵の集団ユニットへの備えになり、動かない敵の建物やタワーを巻き込むと確実に継続ダメージを与えられ、色々な場面でとても便利です。

▼マッチ売りの少女・ミクサ


▼ドローショットで自由曲線で描いた場所に、炎のエリアを生成


ゲーム初心者にウレシイ報酬GETのチャンスがいっぱい!

これからゲームを始める方でもミッションなどで報酬GETのチャンスがいっぱい。序盤でたくさんの報酬が入手できるので、『リグワン』を始めるなら“今”がおすすめです!

『リグワン』では7日間、毎日お題が解放されていき、クリアを積み重ねる事で 序盤のゲームの流れを理解しながら序盤(D3リーグまで)に登場する最高レアを含む全てのユニットとクリスタルをミッション達成数を積み重ねることで、段階的に報酬を獲得できます。徐々にお題が解放されるので、情報過多にならず、ゲームを覚えながら、序盤の資産集めが可能となっています。


入手したカードパックで強化するためには、時間経過によるパック開封が必要です。しかしゲーム開始直後は「カードパック」開封までの時間がものすごく短く、サクサク成長できます! また、「開封キー」というアイテムが存在し、パックの即時開封も可能です。クリスタルを消費しなくても、サクサク資産を集められますよ!


戦闘に勝利することでカードパックを獲得し、時間経過とともにパックを開ける事ができる仕組みです。ただし、一定のリーグまでは、敗北時にも「ドンマイパック」としてカードパックがもらえます! この「ドンマイパック」は短時間でパック開封が可能です。試合で負けが続いてもカードてが入手できるので、デッキの強化ができ、勝利を目指せるようになっています。


11月1日より新キャラ登場!!

11月1日より新たに3キャラクターが登場!! ドローキャストの「赤ずきん・スカーレット」や建物の「ワラ製防壁」などが登場します。

赤ずきん・スカーレット(WR)【ドローキャスト】

概要
赤い頭巾をかぶった暗殺者。
姿を消してターゲットに接近すると、素早い跳躍で音もなく命を刈り取る。

使い方
ステルスで遠距離ユニットに安全に接近可能!一気に叩け!

ドローショット
跳躍して範囲内の敵にダメージを与える

▼赤ずきん・スカーレット(WR)【ドローキャスト】


セイレーン(R)【ユニット】

概要
人を惑わすほどの美しい声を持つ、海の住人。竪琴の
音色にのせた歌声でさざ波を起こし敵を飲み込む。

使い方
遠距離まで届く貫通範囲攻撃で、集団をまとめて攻撃可能!

▼セイレーン(R)【ユニット】


ワラ製防壁(N)【建物】

概要
三匹の子豚の長男お手製のワラ製の防壁。
ふわふわしていて弾力があり、敵をおびき寄せる。

使い方
配置・破壊時に敵をノックバックさせることが可能。うまく配置して時間を稼げ!

▼ワラ製防壁(N)【建物】


新イベント「トライアリーナ」が実施!!

新イベント「トライアリーナ」はMP2倍など普段とちょっと違うルールで毎日『3連勝』に挑む期間限定のイベントバトルです。毎日『1勝』→『2連勝』→『3連勝』達成で報酬GET!! 特殊ルールにマッチしたデッキで挑みましょう!

勝っても負けてもリーグptは変動せず、期間中は『3連勝』に何度でも挑戦可能なので普段使わないデッキなどでの気軽なプレイも楽しめます。さらに毎日の『3連勝』達成報酬に加え、毎日の連勝数の積み重ねで豪華なボーナス報酬獲得!!

負けても失うものはないので、はじめたばかりのリグワン初級者から全日程で3連勝を目指す、リグワン上級者まで全員が楽しめるイベントとなっています。

【開催期間】 
2019年11月13日(水)〜11月18日(月)

【遊び方】
①開催期間中、「イベント」ボタンから『トライアリーナ』へ。
②『トライアリーナ』内の専用バトルボタンでバトル開始!
 最大3連勝するか、敗北するまで挑戦を続けることができます。当日なら何回でも挑戦可能!
③毎日「1勝」→「2連勝」→「3連勝」ごとに報酬獲得
④累計ボーナス達成時にも報酬獲得
⑤過去の連勝数も更新したい…そんな場合も、日程を指定して再挑戦可能。(要クリスタル消費)



※画面は開発中のものです

オンライン賞金大会を毎週実施予定

『リグワン』では、11月から年内中に4~5回の賞金付きのオンライン大会(GameArena主催)を実施予定です。具体的な規模や参加レギュレーションなどはまだ明らかにされていませんが、上位者への賞金のほかに、参加者の中から抽選で賞金獲得のチャンスもあるそうです。事前登録報酬や日めくりチャレンジなどで、最高レアリティキャラが手に入るチャンスがあるので、今から『リグワン』を始めるプレイヤーでも参加は遅くないありません! ぜひオンライン賞金大会までに腕を磨いておきましょう。

AppBankおすすめデッキ!!

今回AppBankの筆者がおすすめするデッキはこちら!


低MPユニットを多く採用しており、序盤からガンガン攻めて相手に守らせる前に倒しきるデッキとなっています。ドローユニットは「クイーン・オブ・ハート」「スノウ・クイーン」「斉天大聖・美猴」を採用。

タワーは今回HPにしていますが、攻撃かミニオンでも問題ありません。今回紹介しているデッキは攻撃寄りなので、自陣を責められてしまうと弱いので、安定を求めるのであればHP、短時間で勝利を狙うのであれば攻撃かミニオンがおすすめとなっています。

そしてこのデッキは強いだけでなく、Dリーグからでもすべてのユニットが使える点がおすすめの1つです。実際筆者もDリーグから使っておりC3まで行くことができました。タワーはCリーグに到達しなければATKとミニオンは入手できませんが、HPタワーでも十分に戦えます。

主な戦い方

速攻で試合を終わらせたいので、スペシャルタワー以外の2つのレーンを攻めます。


基本的に試合開始直後は低コストのユニットを配置しましょう。ここですぐにドローユニットは使用しない方がおすすめです。まずは様子を見て、お互いのユニットが混合してぶつかりそうであれば「スノウ・クイーン」を出して敵の動きを止めて集団戦に勝利するか、「斉天大聖・美猴」を出して集団戦の敵を一掃するなどしましょう。


カノン砲は固定砲台なので、自陣が責められている場合はタワー下に配置、こちらが攻めたい場合には攻めたいレーンの真ん中に配置すると良いです。


「クイーン・オブ・ハート」はドロー発動までに少し時間がかかるので、密集地帯に配置してドローを使う前に倒されるのだけは避けましょう。ドローの発動タイミングは「味方の援護要因として召喚」するのも良いですが、召喚させられる範囲はかなり広いので、「敵の残り少ないタワーのHPを削るためにタワーの目の前にいきなり召喚」する奇襲のような使い方がおすすめです。


採用しているドローユニット

今回採用しているドローユニットは「クイーン・オブ・ハート」「スノウ・クイーン」「斉天大聖・美猴」。それぞれにきちんと役割があるので、しっかりと把握しておきましょう。

【クイーン・オブ・ハート】
指定した範囲にトランプ剣士を召喚するドローを持ったユニット。ドローは広範囲を選択することができるので、いきなり敵のタワーに奇襲をかけるときに使えます。しかしクイーン・オブ・ハート自体は体力が低く、倒されやすいので、なるべく相手から攻撃を受けない場所に配置してからドロー効果を使用しましょう。


【スノウ・クイーン】
指定した範囲の敵を一時的に行動不能にするドローを持ったユニット。行動不能中の敵に対しては一方的に攻撃を仕掛けることができるので、敵と味方が混合してる密集地帯に向かってドローを撃つと効果的です。スノウ・クイーン単体ではドローを使っても行動を一時的に止めるだけで敵を倒しきれないので、ほかのユニットを組み合わせて使うのが効率が良いです。


【斉天大聖・美猴】
ドローを使用することで、直線を高速移動して自身を強化することができるユニット。ドローで自身の強化時間が長く、生き残ればしばらく高火力でのダメージを出してくれるので優秀なアタッカーです。範囲攻撃を持ち攻撃力に優れていますが、単体で突っ込んでしまうと一瞬でやられてしまうので、味方ミニオンが敵の攻撃を受けてヘイトを稼いでいるときなどにドローで突っ込むのがおすすめです。

またスノウ・クイーンで行動不能にしている密集地帯に向かって、斉天大聖・美猴のドローで突っ込むと一気に敵を倒し切ることができるので、一気に有利な状況を作り出すことも可能です。


AppBankのおすすめデッキは序盤で揃えられ初心者でも使いやすい構成になっているので、特にリグワンを始めたばかりのプレイヤーさんは、ぜひ使ってみてください!

公式サイト:対戦型アクティブ戦略バトル「リーグ・オブ・ワンダーランド(リグワン)」

リーグ・オブ・ワンダーランド ・販売元: SEGA CORPORATION
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 160.6 MB
・バージョン: 1.1.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©SEGA