「League of Legends」カテゴリーアーカイブ

【League of Legends】5つの武器を操る新チャンピオン『アフェリオス』が実装!!

League of Legends(略称:LoL)』に、新チャンピオン「アフェリオス」が実装されました。

5つ武器を操る新チャンピオンが登場!


PCオンラインゲーム『LoL』に、147体目となる新しいチャンピオン「信ずる者の武器 アフェリオス」が実装されました。

今までのチャンピオンとはスキルやレベルアップの仕様が大きく変わっており、新しい戦い方ができるチャンピオンとなっているので、ぜひこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
月明かりの陰から武器を構えて立ち現れるアフェリオスは、不気味なまでに音も無くルナリの敵の息の根を止める

その存在を示すのは、正確な狙いから放たれる銃声のみ。

自らを突き動かす毒の力。アフェリオスは言葉を奪われながらも、その力によって遠く離れた寺院に住む妹のアルーンに導かれている。

そして彼女はその聖域からムーンストーンの武器を兄の手に授けている。夜空に月が輝く限り、アフェリオスが孤独になることは決してない。

新チャンピオン「信ずる者の武器 アフェリオス」について

武器の仕組み
「アフェリオス」は5種類の武器を順番に切り替えて戦います。いつでも好きな武器を選んで切り替えられる訳ではなく、。武器にはそれぞれ50発の弾薬(ムーンライト)がチャージされており、それを使い切ると次の順番にある武器に切り替わります。弾薬が空になった武器は再チャージのため順番が最後になります。

レベルアップについて
アフェリオスはQとRを自動的に習得するため、18レベル分のポイントはスキルではなく3つのステータス「攻撃力」「攻撃速度」「増加物理防御貫通」のいずれかに割り振られます。

『アフェリオス』のスキル
アフェリオスにはQ、W、Rの3つのボタンしかありません。

Wはメインハンドとオフハンドの持ち替えに使うため、実際には2つのスキルしかないようなものです。

アフェリオスのQスキルは、5種類の武器のうちメインハンドとして装備している武器固有のものになります。そして、各Qスキルにはそのとき装備しているオフハンド武器に応じて、追加の攻撃と効果が適用されます。

5種類のQスキルすべてがマナと弾丸を消費し、またそれぞれ独自のクールダウンを持っています。Qスキルはレベル2になると自動的に習得し、試合が進むにつれて少しずつ強化されていきます。

Rスキルはレベル6になると自動的に習得し、その後はレベル11と16になった際に自動的にレベルアップします。

カスタム HUD
1.固有スキル。それぞれの武器とレベルアップの説明。
2.アフェリオスのメインハンド武器と残りの弾薬数。
3.Qスキル。
4.アフェリオスのオフハンド武器と残りの弾薬数。
5.現在の武器が弾切れになった際、次に切り替わる武器。
6.Rスキル。


「混沌の闇アフェリオス」スキンが発売

新チャンピオン『アフェリオス』は、975RP(課金により購入することができるゲーム内ポイント)、または7,800ブルーエッセンス(ゲームをプレイすることでもらえるゲーム内ポイント)で購入することができます。

また、「アフェリオス」のゲームプレイ中の見た目や各種動作を変えることができるスキン「混沌の闇アフェリオス」(1,350RP)も同時に登場しています。


新チャンピオン「アフェリオス」関連コンテンツ

トレーラー
スポットライト
ユニバース
テーマ
開発エピソード

『LoL』公式サイト

©2018 Riot Games, Inc. All rights reserved.

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

『LoL』ってどんなゲーム? スマホ版リリースに向けてプレイしてみた

League of Legends(略称:LoL)』のプレイレポートをお届けします!

世界で最も熱いゲーム『LoL』


『LoL』 とは、アメリカのゲーム会社Riot Gamesが2009年に開発したMOBA(Multiplayer Online Battle Arena)と呼ばれるジャンルのPCゲームです。

『LoL』は世界で最もプレイヤー数の多いPCゲームと言われており、最近では世界大会も行われました。配信サイトTwitchで世界大会の決勝が放映され、同時視聴者数が170万人超と過去最高の視聴者数になっており、世界で最も熱いゲームと言っても過言ではありません。

さらに『LoL』の10周年を祝してモバイル版のリリースなども発表されましたので、どれぐらい熱いゲームなのか確かめる為、ライターの「カク」がプレイしてみました!

基本的なモードのルール

基本的なモードでは箱庭の中を5vs5のプレイヤー同士で戦い、相手の本拠地である「ネクサス」を先に壊すと勝利です。


ゲーム開始時、プレイヤーはLv1から始まり、箱庭の中のミニオン(敵味方に存在するNPCの兵士)やマップ上に現れるモンスターを倒すことでレベルが上がっていきます。レベルが上がるごとにスペル(攻撃や回復などのスキル)を振ることができ、このスペルを駆使して敵と戦っていきます。


試合中、ミニオンやモンスター、または敵プレイヤーを倒すことでゴールドを獲得することができます。このゴールドをショップで使用することで武器や防具、回復アイテムなどを購入することができます。ショップは自陣のリスポーンでしか使用できないので、ショップを使用するために自陣に戻るタイミングが試合中、大事になってきます。


レーンについて

『LoL』ではレーンと呼ばれる自分の守るポジションのようなものがあります。必ずしもそこのレーンだけを守らなければならないわけではありませんが、5人で協力して勝つには、このレーンをうまく連携を取りながら守る必要があります。そして敵陣地に攻め込んで行かなければ勝てません。

守りながら攻めるのは難しいですが、守ってるだけでは勝てませんので攻めの意識も忘れないようにしましょう!

【それぞれのレーンの場所】
TOPレーン:マップの一番上のレーン
MIDレーン:真ん中のレーン
BOTレーン:マップの一番下のレーン
JG(ジャングル):レーンとレーンの間にある森の中


TOPレーンとMIDレーンは基本1人で守り、BOTレーンは2人で守ります。そしてJGは、1人で自陣側のジャングルの中を回りながら、現れるモンスター倒してレベルを上げていきます。


それぞれのレーンに適したチャンピオン(自身が使用するキャラクター)が存在しますが、ゲームを始めてすぐは覚えることも多く、どのチャンピオンが適しているのか分からないでしょう。そういう場合は、ゲーム内のチャットを使用して聞くのがおすすめですよ!

エピックモンスターについて

通常のモンスターと違い、試合中一定時間ごとに現れるエピックモンスターが存在します。このエピックモンスターは倒すと、倒したチーム全員に強力なバフ効果を試合中、得ることができます。エピックモンスターの出現時間は、試合中に確認できるので、意識して戦いましょう。


エピックモンスターの中でも試合時間20分が経過すると現れる「バロンナッシャー」は、倒すと一定時間ステータス上昇や味方ミニオンの強化など強力なバフ効果を得られるので、お互いのチームはこの「バロンナッシャー」を取るために意識して動かなければなりません。


チャンピオンの数が豊富

『LoL』の魅力の1つはチャンピオン(キャラクター)の数です。100体以上の中から好きなチャンピオンを選んで、自分のプレイスタイルに合わせて戦うことができます。それぞれにあった役割などもありますが、ゲームをやっていくと分かってきます。そのため初めは、好きなチャンピオン直感で選ぶのがおすすめです!


チャンピオンはゲーム内通貨で購入することができるので、無課金でも十分に好きなチャンピオンを選ぶことができますよ!


ルーンやサモナースペルを事前にセット

試合を開始する前に、チャンピオンを選択してルーンやサモナースペルをセットしておく必要があります。この要素もかなり試合に影響してくるので、しっかりと組んでおきましょう。

ルーンとは、試合開始時から発動しているチャンピオンの潜在能力のようなものです。攻撃力や防御力を上げるルーンや特定のアイテムを試合途中から自動で所持してくれるルーンなど用途はさまざまです。自分のプレイスタイルにあったルーンを組みましょう。


サモナースペルとは、チャンピオンが持っているスキルとは別に存在する能力のことです。1試合に2つまでセットすることができ、強力な効果を発動することができるようになります。

その場から別の場所に一気に移動することができる「テレポート」や短い距離ですが瞬間移動して壁をすり抜けることができる「フラッシュ」などどれも強力です。しかしサモナースペルはクールタイム(再使用までの時間)がかなり長いので、使うタイミングが大事になってきます。


『LoL』を実際にプレイして思ったことは、覚えることが本当に多いです。しかし、その分やればやるほど強くなれる気がします。『LoL』を始めるのであれば覚えることも沢山あったり、協力が大事なゲームになってきますので、友達など誘って一緒にプレイして強くなっていくのが良いかもしれませんね! 皆さんもぜひ世界で最も熱い『LoL』をプレイしてみてください!

©2018 Riot Games, Inc. All rights reserved.

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

【LoL】10周年を祝して「格ゲー」など複数の新作ゲームを発表!!

League of Legends(略称:LoL)』が10周年を祝して、『LoL』の世界を舞台にした複数の新作ゲームを発表しました。

10周年を祝して複数の新作ゲームが発表!!


『LoL』は10周年を記念して、『LoL』の世界を舞台にした複数の新作ゲームを発表しました。さらに『LoL』の新しいキャラクターや10周年特別放送など情報も公開しました。

「Riot Pls」を記念したイベントが開催

10周年特別放送「Riot Pls」を記念するイベントが、ボゴタ(コロンビア)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、イスタンブール(トルコ)、リマ(ペルー)、ロンドン(イギリス)、ロサンゼルス(アメリカ)、マドリード(スペイン)、メキシコシティー(メキシコ)、モスクワ(ロシア)、 サンチアゴ(チリ)、サンパウロ(ブラジル)、ソウル(韓国)、上海(中国)、シンガポール(シンガポール)、シドニー(オーストラリア)、東京(日本)の世界中で開催されました。

「Riot Pls」の視聴はこちら
Twitch

新しいキャラクターの発表

『LoL』では、新しいキャラクター(チャンピオン)のセナが発表されました。彼女は既存のチャンピオンであるスレッシュのランタンに閉じ込められた多くの魂のひとつであり、ルシアンの物語に登場して以来、ファンに人気の存在となっていたキャラクターです。

セナは10月29日に『LoL』のパブリックベータ環境(PBE)に実装、そして11月10日に本実装される予定です。

PBEにて新たな要素「エレメントの目覚め」がリリース

10月22日よりPBEにて新たな要素「エレメントの目覚め」がリリースされ、ここ数年で最大のサモナーズリフトの変化が行われます。プレシーズンの変更はライブサーバーでは11月20日に登場予定です。


そのほかの情報

そのほか、楽しくカオスなゲームプレイが人気のウルトラ・ラピッド・ファイア(URF)が、4年ぶりに期間限定ゲームモードとして、全チャンピオンと共に復活。また、『LoL』の各シーズンの楽曲を収録した9枚のシリーズアルバムが複数の音楽配信プラットフォームで10月15日にリリースされます。

最後に、サモナーズリフトに足を踏み入れていただいた全プレイヤーに感謝のギフトが用意されます。10月17日から10日間、日本時間10月16日10:00までに作成されたアカウントを利用する全プレイヤーは、ゲームにログインしてプレイすることで、毎日ゲーム内ギフトを手に入れることができます。このイベントは『LoL』の誕生10周年記念日となる10月27日まで続きます。

『LoL』追加コンテンツの詳細はこちら
プレシーズン2020のゲームプレイ:エレメントの目覚め | League of Legends

『モバイル版チームファイト タクティクス』

ライアットの人気オートバトルゲームである『チームファイト タクティクス(略称:TFT)』は、2020年の第1四半期にモバイル版をリリースする予定です。10月15日よりGoogle Playストアで事前登録が可能になります。


『レジェンド・オブ・ルーンテラ』

レジェンド・オブ・ルーンテラ(略称:LoR)』は『LoL』の世界を舞台にした基本プレイ無料のストラテジーカードゲームです。『LoR』には『LoL』で人気のチャンピオンたちに加えて、ルーンテラの各地域から新キャラクターや仲間たちがカードになって登場し、それぞれが独自のスタイルと戦略的優位性を持っています。

『LoR』のゲームプレイではダイナミックな戦闘が交互に展開し、プレイヤーはスキルと独創性、そして頭脳を駆使して勝利を目指します。また、『LoR』にはカードの入手方法が複数用意されており、無料プレイでのカード入手はもちろん、ゲーム内で獲得または購入した通貨を利用して好きなカードを直接購入することもできます。

『LoR』はPCとモバイルで2020年に正式リリースを予定しており、現在は事前登録を受け付けています。


『LoR』公式サイトはこちら
レジェンド・オブ・ルーンテラ

『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』

リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト(略称:ワイルドリフト)』はモバイルおよびコンシューマーゲーム機に向けた5v5の新作MOBAゲームです。

新たなプラットフォームにあわせて調整されており、PC版の『LoL』とほぼ同じゲームプレイを楽しめます。『ワイルドリフト』では新しくツインスティックでの操作方法が採用されており、15分~18分で楽しめるようにサモナーズリフトが再構築されています。

『ワイルドリフト』はモバイル版のリリースが2020年に予定されており、現在Google Playストアで事前登録が利用可能です。


『ワイルドリフト』公式サイトはこちら
ワイルドリフトへようこそ!

『Arcane』

『Arcane』はライアットゲームズが企画と制作を行う『LoL』のアニメーションシリーズであり、2020年のリリースを予定しています。豊かな生活を送るピルトーヴァーと抑圧されたゾウンの地下世界が舞台となっており、『LoL』で人気のチャンピオン2人の始まりの物語、そして2人を引き裂く力について語られます。


『Project A(プロジェクト A)』

ライアットゲームズはスタイリッシュで競技性の高い、キャラクターベースのPC向けタクティカルシューターを開発中であり、『Project A』という仮称で呼んでいます。本作は美しい近未来の地球が舞台で、独自のスキルを持つパワフルなキャラクターたちを操作し、戦術性の高いガンプレイを楽しめます。詳細は2020年に発表されます。


『Project L(プロジェクト L)』

『Project L』は『LoL』の世界を舞台にした格闘ゲームの仮称です。本作の開発は初期段階であり、現時点ではこれ以上公開できる情報はありません。

『Project F(プロジェクト F)』

『Project F』は極めて初期の開発段階にあるプロジェクトの仮称で、ルーンテラの世界を友達と一緒に渡り歩くことができるよう可能性を模索しています。

『League of Legends Origins』

『League of Legends Origins』はアカデミー賞にノミネートされたドキュメンタリー作家であるレスリー・アイワークス(Leslie Iwerks)氏による長編ドキュメンタリーです。

本作の中で彼女は『LoL』の誕生、そして世界でもっとも早いペースで『LoL』をスポーツへと成長させた存在を追いかけます。アイワークス氏は 『LoL』を愛するファンとそれを作り上げた先駆者たちの声を通して、開発の初期から2017年に北京国家体育場で開催されたWorldChampionshipまで、この世界的な現象誕生のドラマを追いかけます。

「League of Legends: Origins」はNetflixを始めとする多くのストリーミングVODプラットフォームで試聴可能です。

『Karma(Riot Games Social Impact)』

ライアットが全世界で継続的に社会への貢献を果たせるよう、非営利団体「The Riot Games Social Impact Fund(ライアットゲームズ ソーシャルインパクトファンド)」を創設したことを発表しました。

ライアットの『Karma』プログラムではこれまでに400万ドル以上が世界中のチャリティーに寄付されており、その多くが『LoL』のプレイヤーたちによって選ばれた慈善団体です。「秩序の光カルマ」はその全収益が「The Riot Games Social Impact Fund」の資金となる最初の『LoL』スキンとなります。

『Riot games』公式サイトはこちら
Home | Riot Games

『リーグ・オブ・レジェンド eSports マネージャー』

『リーグ・オブ・レジェンド eSports マネージャー』は現在開発中のチームマネジメントゲームです。本作ではファンがマネージャーとなって選手との契約などを行いながら、世界レベルのリーグ・オブ・レジェンドeSportsチームを結成するゲームとなっています。

『リーグ・オブ・レジェンド eSports マネージャー』はeSportsのビジネスエコシステム拡大を目的としてデザインされており、本作から得られた収益をこのゲームに登場するプロチームと共有することで、持続的に活動できるよう投資されます。本作は最初にLeague of Legends Pro League(LPL)地域で来年リリースされ、その後ほかの地域にも拡大される予定です。

『リーグ・オブ・レジェンド eSports マネージャー』公式サイトはこちら
Home of the LCS (League of Legends Championship Series – North America) – League of Legends

©2018 Riot Games, Inc. All rights reserved.

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

【LoL】日本最高峰の戦い「LJL 2018 Spring Split Final」が本日17時より開催!

001


PC向けオンラインゲーム『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)』の日本公式プロリーグ『League of Legends Japan League』(以下、LJL)にて、春季シーズンの決勝戦「LJL 2018 Spring Split Final」が本日17時より開始されます。

今回の対戦カードは「DetonatioN ForcusMe(DFM)」 対 「PENTAGRAM(PGM)」。2016年に公式リーグとして発足してから過去4回、全ての対戦カードがこの二組となっており、ファンの間では「LJLのクラシコ(伝統の一戦)」とまで言われています。

この戦いに勝利したチームが5月にヨーロッパで開催される国際大会「2018 Mid-Season Invitational(MSI)」に出場し、公式プロリーグがある世界14地域の代表チームと戦います。

放送はTwitchOPENRECAbemaTV ウルトラゲームスチャンネルで視聴することができます。

ルールをよく知らなくても、目の前に繰り広げられている戦いに熱くなること間違いありません。ぜひ日本最高峰のe-sportsをその目に焼き付けてください!

放送概要

名称: LJL 2018 Spring Split Final

開催日時: 4月14日(土)17:00~

会場: Red Bull Gaming Sphere Tokyo(東京都中野区)

試合形式: Bo5(Best of 5 ※3ゲーム先取制)

対戦カード: DetonatioN ForcusMe 対 PENTAGRAM

主 催:合同会社ライアットゲームズ

協 賛:ALIENWARETM、Logicool G™

出場チーム紹介

DetonatioN FocusMe(デトネーション フォーカスミー / DFM)

チームコメント

DetonatioN FocusMe は、去年の悔しい気持ちを胸に、リベンジャーでありチャレンジャーとして LJL 王者奪還を目指します。チーム史上最強の布陣であるとの自信もあり、ファンの皆様の期待に今年こそは応えられるよう、チーム一丸となって LJL に臨みたいと思っておりますので、応援のほど宜しくお願いいたします。

Top:Evi(エビ)

LJL 2017 Summer Split優勝チームのRampage(現PENTAGRAM)から今季 DFM に加入。日本人では数少ない、ハイレベルな韓国サーバーでチャレンジャーになった選手の一人。高いレベルの個人技を持っており素晴らしいプレイでファンを魅了する選手。

Jungle:Steal(スティール)

韓国で有名なチームKT Rolsterで練習生をしていた実力派の韓国人プレイヤー。日本のチームに所属して半年ほど経つが、すでに日本語でコミュニケーションを取ることができ、そこから生まれる安定したマップコントロールでチームを勝利に導く。

Mid:Ceros(セロス)

ジグスやハイマーディンガーなども記憶に新しいが、使用できるチャンピオンの多さから、たびたび「日本発」のオリジナルメタを生み出すことが多いプレイヤー。長年の経験で培ったプレイにより、大黒柱としてチームを引っ張る。

ADC:Yutapon(ユタポン)

DFM のエースプレイヤー。どのロール、どのチャンピオンをとっても高水準に使いこなし、ゲームの理解度もとても高い。特に随所に見せる相手の裏をかくようなプレイに注目。

Support:viviD(ビビッドゥ)

今年で LJL でのプレイが 3 年目に突入する、日本語のコミュニケーションも問題ない韓国人プレイヤー。その練習量から、数々の名プレイを生み出している。コンビを組む Yutapon との連携もさらに深まってきた今シーズン、ボットレーンからのゲームメイクに期待。

Coach:JOON(ジュン)

韓国人コーチ。元『スタークラフト』のプロゲーマー。2017 年に LCKの2部リーグのチームAPK Prince でコーチを務め、今季から DFMに加入した。

PENTAGRAM(ペンタグラム / PGM)

チームコメント

PENTAGRAM は、2012 年に設立されたチーム Rampage を前身に、2018 年、PENTAGRAM へと進化し、生まれ変わりました。今シーズンは、過去の優勝メンバーであった Paz、そして他国リーグで豊富な経験を積んだ Once、Gaeng を新たにチームへ迎え、さらなる連覇へ向けチーム一丸となり取り組んで参ります。皆様、ご声援の程よろしくお願いいたします。

Top:Paz(パズ)

LJL3連覇の始まりとなった、2016年 Summer シーズンの優勝メンバーがチームへと帰ってきました。深いゲーム知識、持ち前の明るさを発揮し、早くもチームのムードメーカーとなっています。

Jungle:Once(ワンス)

韓国2部リーグ、台湾1部リーグ等を経て、今シーズンよりチームへ加入しました。日本の文化が好きで来日以前より日本語を勉強しており、ゲーム以外の面でもチームメイトと一日も早く日本語で話せるよう、日々勉強する努力家です。

Mid:Ramune(ラムネ)

2017年のSpring Splitにデビューし、Spring、Summerとリーグ2連覇の原動力となったスーパールーキー。昨年には世界大会(Worlds)出場経験を積み、今シーズンのさらなる成長に期待がかかる注目選手です。

ADC:YutoriMoyasi(ユトリモヤシ)

2017年の優勝メンバーとして、今シーズンも引き続きチームと共に戦います。ゲームに対するチームで一番ストイックな姿勢を持ちながらも、イタズラ心も併せ持ち、チームの年長者として他のメンバーの見本となっています。

Support:Gaeng(ゲン)

韓国1部チームの練習生を経て、今シーズンよりチームへ加入した新メンバーです。いつも落ち着いていて、早くもチームの大黒柱として活躍しています。試合では、韓国サーバーのチャレンジャーランクで磨かれた高いプレイヤースキルに是非ともご注目ください。

Coach:34(スリーフォー)

韓国のeスポーツ専門学校 CTU から 2017年 Spring Splitにチームへと加入。韓国2部リーグで培った経験を活かした的確なアドバイスや、強いリーダーシップで今シーズンもチームを優勝へと導きます。

© 2017 Riot Games, Inc. All rights reserved. Riot Games, League of Legends and PvP.net are trademarks, services marks, or registered trademarks of Riot Games, Inc.

『リーグ・オブ・レジェンド』イレリアがリニューアル! トリッキーな動きで相手を翻弄!


PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』で、チャンピオン「イレリア」がリニューアルされました。

スキルだけではなく、スキン、物語背景といった各種設定が大幅に見直され、全く新しいチャンピオン「イレリア」として、本日4月4日から実装となりました。

凪いだ海のような静けさと嵐のような激しさ。アイオニアを護るイレリアは、一族に伝わる古代舞踊の訓練を受けるなかで戦いの技術を身に付けた。飛刃の舞い手は優雅な動きで戦い、征服者気取りの愚か者たちを宙に浮かべた複数の刃で切り刻む。

“我は夕凪の海にして、荒れ狂う嵐” ー イレリア

『リーグ・オブ・レジェンド』とは


2009年10月にアメリカでサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲームです。

マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競います。

RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されています。毎年9月から10月にかけて、世界中のトップチームが参戦する、eSports最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship」が開催されています。

日本でも2016年から正式サービスを開始し、日本公式プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」も開催されています。

筆者もプレイヤーで、LJLは全試合見ているのですが、プロゲーマー達の高レベルなプレイング、熱い実況と解説により、とにかく面白いです! ゲームをきちんと知らなくても「よく分からないけどすげぇ!」と思えるハズですので、ぜひ一度ご覧ください。

試合の観戦はTwitchOPENRECAbemaTV ウルトラゲームスで見ることができますよ。

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)