「lawsuit」カテゴリーアーカイブ

「ビジネスの秘密を明かしている」アップルが元従業員の著書に販売中止を要求

アップルが元従業員の書いた本につき、「かなりの経済的価値のある」「ビジネスの秘密」を明かしているとして、出版社および著者に販売中止を求める書簡を送ったと報じられています。

米裁判所、Huaweiの「製品締め出しは違憲」の訴えを却下。米国政府は「満足」とコメント

米国政府は2018年、政府機関がHuaweiおよびZTEの製品を使用することは安全保障上の問題があるとしてこれを政府が禁じたことに対し、Huaweiは2019年3月、米国憲法に違反すると米国政府を訴えていました。

アップル、アマゾン、Googleら音楽ストリーミングサービスが無許可演奏で提訴。米3位の音楽著作権管理組織から

米国の著作権管理組織Pro Music

5分でわかる昨日のニュースまとめ:1月29日に注目を集めたのは「JR東日本のQR乗車券実験は5月から」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月29日に盛り上がったニュースはこちらでした。 JR東日本「自動改札機でQR乗車券」を5月から実験。QR付き改札は新宿・高輪ゲートウェイに設置

5分でわかる昨日のニュースまとめ:1月29日に注目を集めたのは「JR東日本のQR乗車券実験は5月から」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月29日に盛り上がったニュースはこちらでした。 JR東日本「自動改札機でQR乗車券」を5月から実験。QR付き改札は新宿・高輪ゲートウェイに設置

マリカー訴訟で任天堂勝訴、5000万円の支払い命じる知財高裁判決。旧マリカー社は「誠に遺憾」

任天堂が公道カートレンタル業のMARIモビリティ開発、旧称 株式会社マリカーを不正競争防止法違反等で訴えていた事件で、知財高裁は1月29日、MARIモビリティ開発に対し5000万円の賠償金支払いを命じる判決を言い渡しました。

アップル、技術ライセンス企業Wilanに93億円の賠償支払いへ。160億円から少し減額

アップルはカナダの技術ライセンス企業Wilan(ワイラン)の特許を侵害していたとして、米カリフォルニア州サンディエゴ連邦地裁での陪審裁判にて8500万ドル(約93億円)の命じる判決を下されました。

アップルの調達担当副社長、コスト削減とサプライヤーとの協力で会社を支える(WSJ報道)

アップルのiPhone大量生産や巧みな在庫管理、全世界スマートフォンの総利益66%を占めるほどの高い効率性は、複雑なサプライチェーン管理に支えられています。そうした管理を統括する幹部、調達担当副社長トニー・ブレビンス氏が2000年の入社以来、20年にわたってどのような仕事をしてきたかが報じられています。

アップルらハイテク企業がEU規制当局に特許トロール抑止を要請。「技術革新を阻害する」と警告

Getty Images 自らは研究開発や製品の製造・販売を行わなず、多数の特許を買い集め、それらを侵害している可能性のある企業から賠償金を得ようとする個人や団体を「パテントトロール」(または特許トロール)と呼びます。彼らの存在はハイテク企業にとって悩みの種となっています。