「laugh」カテゴリーアーカイブ

ナマケモノ、「ヤレバデキルモノ」に改名提案 日本ナマケモノ学会

ナマケモノ、「ヤレバデキルモノ」に改名提案 日本ナマケモノ学会

ナマケモノ、「ヤレバデキルモノ」に改名提案 日本ナマケモノ学会

全国のナマケモノの専門家でつくる日本ナマケモノ学会は14日、ナマケモノの学名を「ヤレバデキルモノ」に変更するよう求める議案を採択した。今後国内外の学会に向けて、学名の変更を働きかける方針だ。 南米を生息地とするナマケモノは、体長60センチほど。動きが遅いうえ、日中はほとんど眠っており、週に1度程度...

はてなブックマーク - ナマケモノ、「ヤレバデキルモノ」に改名提案 日本ナマケモノ学会 はてなブックマークに追加

「凬」「罧」「愆」…何て読む? 難読社名増加、検索社会を反映

「凬」「罧」「愆」…何て読む? 難読社名増加、検索社会を反映

「凬」「罧」「愆」…何て読む? 難読社名増加、検索社会を反映

「腮墲悚」「凬罧愆」「雎竭竇」――。近年、社名に常用漢字にない難読漢字をあてる企業が増えている。「覚えやすくて読みやすい」という従来の命名セオリーの逆を行く企業が増加する背景には、風評が爆発的に広まるネット社会の発達があった。 ネット広告代理店の愆雎竭櫢凬(東京都)は、3月に立ち上がったばかりベンチ...

はてなブックマーク - 「凬」「罧」「愆」…何て読む? 難読社名増加、検索社会を反映 はてなブックマークに追加

「ウォーリーを絵本から自動で探し当てるロボ」が開発 顔認識技術を応用した悪魔的発明 – ねとらぼ

「ウォーリーを絵本から自動で探し当てるロボ」が開発 顔認識技術を応用した悪魔的発明 - ねとらぼ

「ウォーリーを絵本から自動で探し当てるロボ」が開発 顔認識技術を応用した悪魔的発明 - ねとらぼ

絵本『ウォーリーをさがせ!』(北米版は『Where's Waldo?』)のページから、自動でウォーリーを見つけ出すロボット「Waldo」が誕生してしまいました。同作の醍醐味を数秒で奪い去る悪魔の発明。 ウォーリーはどこだ…… ページ中の顔をすべて抽出 あらかじめ学習していたウォーリーの顔と一致するものを発見 ドンッ、こ...

はてなブックマーク - 「ウォーリーを絵本から自動で探し当てるロボ」が開発 顔認識技術を応用した悪魔的発明 - ねとらぼ はてなブックマークに追加