「iPad Pro」カテゴリーアーカイブ

新型『iPad Pro(2019)』もトリプルレンズカメラに? 『iPad』にはデュアルの噂

今年発売される新型『iPad Pro(2019)』は、トリプルレンズカメラ搭載かもしれません。

『iPhone 11』と同じく『iPad Pro』もトリプルレンズカメラに?


今年発売される新型『iPad Pro(2019)』は、トリプルレンズカメラの可能性があるとMacお宝鑑定団 blog(羅針盤)が報じました。

同ブログは中国サプライヤーからの話として、11インチモデルと12.9インチモデルの『iPad Pro』後継機種の背面カメラはトリプルレンズになる可能性があると伝えています。

また、『iPad(第6世代)』の後継機種、または発売が噂されている10.2インチモデルの『iPad』はデュアルレンズカメラ搭載の可能性があるそうです。

今年発売される『iPhone 11(仮称)』はトリプルレンズカメラになるとの噂が以前から流れていましたが、それが『iPad』にも搭載されるとの噂は(筆者の記憶では)初耳です。

タブレットにもデュアルレンズ、トリプルレンズの時代がくるのでしょうか?

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

新型『iPad Pro(2019)』もトリプルレンズカメラに? 『iPad』にはデュアルの噂

今年発売される新型『iPad Pro(2019)』は、トリプルレンズカメラ搭載かもしれません。

『iPhone 11』と同じく『iPad Pro』もトリプルレンズカメラに?


今年発売される新型『iPad Pro(2019)』は、トリプルレンズカメラの可能性があるとMacお宝鑑定団 blog(羅針盤)が報じました。

同ブログは中国サプライヤーからの話として、11インチモデルと12.9インチモデルの『iPad Pro』後継機種の背面カメラはトリプルレンズになる可能性があると伝えています。

また、『iPad(第6世代)』の後継機種、または発売が噂されている10.2インチモデルの『iPad』はデュアルレンズカメラ搭載の可能性があるそうです。

今年発売される『iPhone 11(仮称)』はトリプルレンズカメラになるとの噂が以前から流れていましたが、それが『iPad』にも搭載されるとの噂は(筆者の記憶では)初耳です。

タブレットにもデュアルレンズ、トリプルレンズの時代がくるのでしょうか?

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

『iPad Pro』がスケルトン仕様になる壁紙を修理会社『iFixit』が公開!

iPad Pro』シリーズがスケルトン仕様になる壁紙を修理会社『iFixit』がブログで公開しています。

『iPad Pro』シリーズがスケルトンになる壁紙


米修理会社『iFixit』が、同社の公式ブログにて『iPad Pro』シリーズがスケルトン仕様に見えるようになる壁紙を公開しました。

用意された壁紙は9.7インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第1世代仕様)の4種類。

いずれもスケルトン仕様以外に、X線で撮影した透過仕様の壁紙も用意されています。

端末の中身が見えているような一風変わった壁紙を使ってみたい人は、『iFixit』公式ブログからダウンロードしましょう。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「iFixit」より

Apple、10.5インチ『iPad Pro』販売終了。『iPad Air』登場で消える

Appleが10.5インチサイズの『iPad Pro』の販売をひっそりと終了しました。

『iPad Air』登場で消える10.5インチ『iPad Pro』


Appleが3月18日に『iPad Air(第3世代)』と『iPad mini(第5世代)』の販売を開始しましたが、その陰で10.5インチ『iPad Pro』の販売が終了されたことがわかりました。

10.5インチ『iPad Pro』は2017年6月6日に発表された『iPad Pro』の第2世代モデルです。

しかしながら『iPad Air(第3世代)』が同じ10.5インチサイズのため、スペック的には『iPad Air(第3世代)』を上回る部分が多いものの姿を消すことになったようです。

10.5インチサイズの『iPad』が欲しい方は、『iPad Air(第3世代)』を選びましょう。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

Apple『iPad Pro』でのプレゼンテーションやノートの作り方、Podcastの配信方法などの動画5本公開

Appleは公式YouTubeチャンネルで、『iPad Pro』でできる「新しい方法」の動画シリーズを2月5日に公開しました。

全5本の「新しい方法」シリーズ


公開された動画は全部で5本。

「新しい方法」シリーズと名付けられており、プレゼンテーションの作り方、ノートの作り方、部屋のデザイン、書類のペーパーレス化、そしてPodcastの配信方法などを動画で案内しています。

1.iPad Pro — 新しい方法でプレゼンテーションをつくろう

「プレゼンテーションをつくろう」はアプリ『Keynote』を使ったプレゼンテーションの作り方の紹介です。

Apple PencilやAirplayも登場します。

2.iPad Pro — 新しい方法でノートをつくろう

「ノートをつくろう」はアプリ『Notability』を使ったノートの作り方の紹介です。

『Notability』はGinger Labsが配信しているノート作成とPDFへ注釈を入れるためのアプリ。OCRでの手書き文字のテキスト変換や写真撮影、音声の録音シーンが登場します。

3.iPad Pro — 新しい方法で部屋をデザインしよう

「部屋をデザインしよう」はアプリ『Morpholio Trace -スケッチ CAD』を使った部屋のデザイン方法の紹介です。

最初に『iOS 12』から登場した純正アプリ『計測』を使って部屋の大きさを測り、『Houzz』から家具データをARで投影しています。

4.iPad Pro — 新しい方法でペーパーレスをはじめよう

「ペーパーレスをはじめよう」では、多数のアプリを使ってペーパーレス化する方法を紹介しています。

あのマイクロソフトの『Word』も使われています。

5.iPad Pro — 新しい方法でPodcastを配信しよう

「Podcastを配信しよう」では、アプリ『Anchor』を使ったPodcastの録音方法の紹介です。

音声をマイクで撮ったあと、『GarageBand』でBGMまでつけるという気合の入れっぷり。

YouTube ・販売元: Google LLC
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 244.8 MB
・バージョン: 14.04
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

動画:Apple Japan – YouTubeより

新型の12.9インチiPad Proには102個の磁石が埋め込まれている – iPhone Mania

新型の12.9インチiPad Proには102個の磁石が埋め込まれている - iPhone Mania

新型の12.9インチiPad Proには102個の磁石が埋め込まれている - iPhone Mania

新型iPad Proは、Apple PencilやSmart Keyboard Folioを、磁石を使って脱着しますが、人気YouTuberによるレビュー動画で、埋め込まれた磁石の数を数えた結果、102個あることが分かりました。 磁石で周辺機器を取り付ける新型iPad Pro 新型iPad Proは、Smart Keyboardがぴったりと安定して取り付けられるほか、iPad Proそ...

はてなブックマーク - 新型の12.9インチiPad Proには102個の磁石が埋め込まれている - iPhone Mania はてなブックマークに追加

新型『iPad Pro』どう変わった? 前モデルとスペックを比較


Appleが10月30日に発表した新型『iPad Pro』は、前モデルからどう変わったのでしょうか?

スペックを比較してみました。

iPad Proのスペック比較表

サイズ 12.9インチ(新モデル) 11インチ(新モデル) 10.5インチ(旧モデル)
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ Retinaディスプレイ
解像度 2,732×2,048ピクセル 2,388×1,668ピクセル 2,224×1,668ピクセル
サイズ 高さ:280.6mm
幅:214.9mm
厚さ:5.9mm
高さ:247.6mm
幅:178.5mm
厚さ:5.9mm
高さ:250.6mm
幅:174.1mm
厚さ:6.1mm
重量(Wi-Fi) 631g 468g 469g
重量(Cellular) 633g 468g 477g
CPU A12X Bionic A12X Bionic A10X Fusion
Neural Engine 搭載 なし
ストレージ 64GB
256GB
512GB
1TB
64GB
256GB
512GB
リアカメラ シングルレンズ
12MP広角カメラ
フロントカメラ 7MP TrueDepthカメラ 7MP FaceTime HDカメラ
Touch ID なし 対応
Face ID 対応 なし
ポート USB-C Lightning
バッテリー 最大10時間
防水・防塵性能 なし
カラー シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド
価格(Wi-Fi) 64GB:111,800円
256GB:128,800円
512GB:150,800円
1TB:194,800円
64GB:89,800円
256GB:106,800円
512GB:128,800円
1TB:172,800円
64GB:69,800円
256GB:86,800円
512GB:108,800円
価格(Cellular) 64GB:128,800円
256GB:145,800円
512GB:167,800円
1TB:211,800円
64GB:106,800円
256GB:123,800円
512GB:145,800円
1TB:189,800円
64GB:84,800円
256GB:101,800円
512GB:123,800円

Face ID搭載でホームボタン廃止

見た目の大きな変化はFace IDの搭載と、それによるホームボタンの廃止です。

かんたんに説明すると認証方式が『iPhone X』シリーズと同じになりました。ただし、iPadはベゼルが大きいため前面にFace ID用センサーを内蔵してもノッチ(切り欠き)がありません。

前面がほぼフルディスプレイになったことから、アプリやゲームなどへの没入感がより高まることが期待されます。

USB-C搭載でほかのデバイスが利用しやすく

端子がApple独自のLightningから、多くの電子機器で採用されているUSB-Cに切り替わりました。

このおかげでアダプターを用意せずとも、デジタル一眼レフカメラや外部ディスプレイなどを接続して利用することができます。

クリエイティブ面で影響が大きいのは、外部ディスプレイへの出力形式が5K画質まで対応した点です。写真や動画の編集方法が大きく変わることが予想されます。

また、新型『iPad Pro』のUSB-Cから『iPhone』の充電もできるそうです。

Neural Engine搭載でポートレートモードにも対応

スペック面での変化は、単純な性能アップ以外にNeural Engineの搭載です。

これによりシングルカメラながらも『iPhone XR』と同じようにポートレートモードでの写真撮影ができます。

Neural Engineによる機械学習の効果も様々な面で期待できます。

第2世代『Apple Pencil』が登場

新型『iPad Pro』のスペックではありませんが、新型『iPad Pro』にあわせて第2世代『Apple Pencil』も登場しました。

新型『iPad Pro』とは磁石でくっつけることができ、ペアリングと充電もそのまま行えます。つまり、かなり手軽に『Apple Pencil』を利用できるようになりました。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

画像は「Apple」より。

新型iPhone情報をチェック!

新型iPhoneについては、【iPhone XS/XS Max/XR】予約開始日・価格・発売日・スペックまとめをチェック!
発表会のすべての内容は、リアルタイムレポートから確認できます。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

新型『iPad Pro』はこの秋発売!? 「Face ID」の横向き対応も


画像は「YouTube」より

Appleが新型『iPad Pro』を、今秋に発売する可能性が高いことがわかりました。

これは米メディア『9to5Mac』が伝えたもので、9月18日に配信された開発者向けのiOS『iOS 12.1』に「iPad2018Fall」というコードが含まれているのを発見したとのことです。


画像は「9to5Mac」より

「iPad2018Fall」、どうみても「2018年秋にiPadが出る」としか読めません。

横向きでの「Face ID」に対応?

また、このほかにもアプリ開発者のSteve Troughton-Smith氏が、『iOS 12.1』から新型『iPad Pro』が横向き(ランドスケープモード)での「Face ID」に対応するコードを見つけたとも発表しています。

このことから新型『iPad Pro』にはうわさどおり「Face ID」が搭載される可能性が高いとみられています。

実際、『iOS 12』を『iPad』にインストールすると、「Face ID」のセンサーが埋め込まれる画面上部のノッチ(切り欠き)にあたる部分にスペースが確保されていることを確認できます。

▼旧iOSでのiPadの画面


▼『iOS 12』でのiPadの画面。時刻表示が左側に移動


iPadの購入を考えている人は、ひとまず秋の新型発表を待ちましょう。買うのはそれからでも遅くない!

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

新型iPhone情報をチェック!

新型iPhoneについては、【iPhone XS/XS Max/XR】予約開始日・価格・発売日・スペックまとめをチェック!
発表会のすべての内容は、リアルタイムレポートから確認できます。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

新型iPad Proはホームボタンなしで薄型ベゼル? iOS12ベータ版からアイコン見つかる

『iOS 12』の開発者向けベータ版から、新型『iPad Pro』とみられるアイコンが発見されたと米ブログ『9to5Mac』が伝えています。


画像引用元:9to5Mac

そのアイコンにはなんとホームボタンがなく、ベゼルもかなり薄くなっていることを確認できます。それなのに顔認証に必要なノッチ(切り欠き)が見当たりません。

おそらく薄いベゼルのどこかに埋め込まれているのだと思われますが、一体どのようなデザインなのでしょうか? 気になりますね。

なお、これとは別にアプリ開発者のGuilherme Rambo氏が新型『iPad Pro』にFace IDの設定が組み込まれていると指摘しており、新型『iPad Pro』にFace ID機能があることはほぼ確実です。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6