「input」カテゴリーアーカイブ

サンワサプライ、手首の傾斜でクリック操作を行えるエルゴノミクスマウスを発売

Anonymous Coward曰く、

サンワサプライが、手首を傾けることでクリック操作を行えるワイヤレスマウスを発売した(PC Watch製品情報)。

こういった製品は右手専用が多いのですが、本体スイッチ切り替えで左右どちらの手にも対応している点が良いと思います。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10 May 2019 Updateの「ペイント」ではキーボード操作で描画可能に 2019年05月18日
サンワサプライ、心拍数や操作状況を測定・記録できるマウス2製品を発売 2016年12月31日
スタートボタンが必要なら、マウスに付ければいい? MSがWindowsボタン付きのマウスを発表 2013年05月28日
エレコム、トラックボール新製品を5種類も発売していた 2015年12月17日

スマートフォンでの文字入力とPCでの文字入力、どっちが速い?

フィンランド・アールト大学の研究者を中心とした研究の成果によると、スマートフォンのタッチスクリーンからの英文入力速度がPCの物理キーボードによる英文入力速度に近づいているそうだ(アールト大学のニュース記事論文アブストラクトThe Guardianの記事[1][2])。

調査はWebベースの入力テストツール(Typing Test)を用い、37,370名のボランティアが参加して行われた。スマートフォンを使用した入力速度が最も速かったのは両手の親指を使用する場合の平均38単語/分(WPM)で、PCでの入力と比べて25%遅いだけだったという。全体の平均でも36.2WPM、最も速かった人の入力速度は85WPMに達したそうだ。年齢層別では10~19歳(39.6WPM)が最も速く、50~59歳(26.3WPM)が最も遅い。入力支援技術ではオートコレクトを使用した場合が速く、予測入力やジェスチャー入力(Swype入力、グライド入力など)は遅くなっている。研究グループでは今回の研究のデータセットやコードも公開しており、テキスト入力方法の改善につながることを期待しているようだ。

なお、Typing Testは現在も公開されており、データ収集に合意すれば誰でも試すことができる。自分で試してみたところ、スマートフォン(ジェスチャー入力)では20WPM、PCでは45WPMだった。よく使われる単語は高速に入力できるジェスチャー入力だが、入らない単語は何度やり直しても入らず、結局1文字ずつ入力するしかないこともある。親指2本も試してみたが、慣れているジェスチャー入力よりも速くなることはなかった。個人的には手本を見ながら入力するのがあまり得意ではないため、速度としてはこんなものだろう。スラドの皆さんはいかがだろうか。

すべて読む | サイエンスセクション | 入力デバイス | サイエンス | スラドに聞け! | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
脳波を使ったタイピング、スマートフォンでの平均的な入力速度を上回る 2019年09月09日
スマホの入力ミス増加で精神疾患の前兆を予測 2018年10月19日
英文でピリオドの後にスペースを2つ続けると読みやすくなる? 2018年05月11日
脳信号で動物にキーボードを打たせる実験に成功 2016年09月20日
タイプミスが40%減り、入力速度が12%向上するというキーボード 2015年10月14日
キーを押した強さを検出できるキーボード 2015年06月08日
Intel、ホーキング博士向けに新たな意思伝達システムを開発 2014年12月04日
数年後にはPCが使えない若者が入社してくる? 2014年10月19日
新卒採用でタイピング速度が早い人に「特別選考枠」を与える企業 2012年11月07日
タイピング速度は仕事の進捗に影響する? 2010年12月28日

Apple、最新型MacBook Pro/Airのキーボード不具合を認める

あるAnonymous Coward曰く、

Appleが同社のノートPCで採用されているバタフライキーボードの一部で不具合があることを認めたという。同社曰く、「第3世代のバタフライキーボードで少数のユーザーが問題を経験していることを認識しており、申し訳なく思っている」とのこと(TechCrunchiPhone ManiaSlashdot)。

The Wall Street Journalの記者ジョアナ・スターン氏が、2018年に発売されたMacBook Airのキーボードで一部のキーが正常に動作しないことについてAppleにコメントを求めた際にこのような回答が得られたそうだ。問題が発生しているユーザーに対しては、サポートに連絡を取るよう勧めている。

2015年にMacBookで採用された「バタフライキーボード」に対しては問題点が指摘されており、集団訴訟が起こされる事態にもなっている。Appleはこのバタフライキーボードを改善しているようで、昨年発売されたMacBook Proに搭載された第3世代バタフライキーボードではゴム加工膜が追加された。しかし、それでもユーザーはキーの固着やランダムな誤動作に不満を持ち続けているという。

すべて読む | アップルセクション | 入力デバイス | アップル | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
新MacBook Proのキーボードが静音化したのは埃侵入対策の副作用? 2018年07月16日
Apple、MacBookおよびMacBook Pro一部機種でのキーボード無償修理プログラムを発表 2018年06月28日
MacBookなどに搭載されている「バタフライキーボード」に対し集団訴訟 2018年05月19日

HHKB出荷50万台突破記念キャンペーン、特定製品の購入者に「打鍵成就御守り」をプレゼント

PFUのキーボード製品ブランド「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)の出荷台数が50万台を突破したという。これを記念した記念キャンペーンが行われている(Engadget日本版)。

HHKB開発の原点となったという「Aleph Keyboard」配列図をシルク印刷した「特製キーボードルーフ」(アクリル製キーボードカバー)が500個限定で5,400円で販売されるほか、直販サイト「PHUダイレクト」でHHKB Professional Type-SまたはBTを購入した人先着500名に『HHKB「打鍵成就」』お守りがプレゼントされる。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | 変なモノ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
トラックポイント付きミニキーボード「Miniguru」開発中 2010年01月17日
HHKに日本語配列のモデルが登場 2008年11月10日
Happy Hacking Keyboard Professional 2 登場 2006年03月16日

キートップに電子ペーパーを用い、全キーの割り当て変更が可能なキーボード

headless曰く、

キートップに電子ペーパーディスプレイを配し、キー割り当てを自由に変更可能というキーボードをフランスのNemeioという会社がCES 2019に出品しているそうだ(SlashGear公式サイト)。

通常のキーボードでもキー割り当てソフトウェアを使用すれば割り当て変更は実現できるが、キートップの刻印は変わらない。Nemeioのキーボードでは専用ソフトウェアを使用し、ドラッグ&ドロップで全キーの割り当てが変更できるだけでなく、キートップに配した電子ペーパーディスプレイの表示も割り当てに合わせて変更されるという。キートップの書体も変更できるようだ。PCやスマートフォンなどとの接続にはBluetoothおよびUSBが利用可能で、充電にはUSBを使用する。

なお、現在のところ価格や発売時期については発表されていないそうだ。個人的には必ず右CtrlをDelと入れ替えるが、スラドの皆さんはキー割り当てを変更しているだろうか。差し支えなければ変更内容やその理由もコメントしてほしい。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
2018年は自作キーボードがブームに 2018年12月18日
左右分離型メカニカルキーボード、クラウドファンディングで資金募集中 2015年11月09日
iOS 9のキーボード、Shiftキーがオフの状態ではキートップが小文字表示に 2015年06月12日

2018年は自作キーボードがブームに

今年は「自作キーボード」が(一部で)ブームになった年だそうで、ITベンチャーのfreeeでは23人ものエンジニアが自作キーボードキットを購入する事態になっているそうだ(freee Developers blog)。また、同社には自作キーボード愛好家のグループも存在するそうだ。

キーボード自作についてはASCII.jpの記事が詳しいが、自分の好みに応じてキーボード全体の形状やスイッチ、キートップ、キーマップを選択できるのが魅力のようだ。また、基板を独自に製作してオリジナルの形状のキーボードを作る人もいる模様。「自作キーボード Advent Calendar 2018」も公開されており愛好家がノウハウや魅力を公開している。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
「タイピングeスポーツ」をうたうキーボードタイピング競技大会 2018年12月04日
「英語キーボード」、根強い人気が続く理由は 2018年08月24日
左右分離型メカニカルキーボード、クラウドファンディングで資金募集中 2015年11月09日
キーのないキーボード作りから始める自作キーボードチュートリアル 2015年02月13日

「タイピングeスポーツ」をうたうキーボードタイピング競技大会

キーボードでの文字入力の速さと正確性を競う大会なるものが開催されているそうだ(ファミ通.com)。

この大会は、東プレのキーボードブランド「REALFORCE」が主催するもの。2018年大会は10月9~23日にオンライン予選が行われ、11月18日にオフラインでの決勝トーナメントが開催された。

ルールは、ランダムで表示される文章を入力し、先に入力し終わったほうに「セット」が与えられる。10セット先取でラウンド勝利、2本(決勝戦は3本)先取で勝利となる。ただし、正確性が95%未満になると負けになってしまうという。日本語入力方式はカナ入力・ローマ字入力を問わない。出題ワードは「元気」「esports」「タイピング」「3種全部入り」から選択でき、この選択にも駆け引きがあるそうだ。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ゆっくりとキーボードをタイプした方が良い文書が書ける、という研究結果 2016年01月26日
タイプミスが40%減り、入力速度が12%向上するというキーボード 2015年10月14日
タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 2014年06月10日
最近の新入社員はPCを使えない? 2014年04月16日

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」新モデル登場

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」の新モデル「ScanSnap iX1500」が発表された。6年ぶりのフルモデルチェンジだという(PC Watch

筐体デザインの変更やスキャン速度の高速化、ソフトウェアの刷新、大画面タッチパネルの搭載などが特徴となる。PCを使用せずにスキャン結果を対応クラウドサービスに保存する機能も備える。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
書籍のスキャン代行サービス、2審の知財高裁も著作権侵害と認める 2014年10月23日
「自炊代行」による損害賠償金は1社1人あたり10万円 2013年10月02日
PFUが裁断なしにスキャンできるドキュメントスキャナを発表 2013年06月13日
無線LAN機能搭載の新ScanSnap登場 2012年11月15日
パナソニック、個人向けドキュメントスキャナを発表 2012年09月27日

ロジクール、同社初の「縦型マウス」を発表

ロジクールが、手首を立てた状態で持って使用するマウス「MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス」を発表した(プレスリリースPC Watch)。

人間工学に基づいたデザインで、ボタンやホイールが設置された天面が57度傾いているのが特徴。これによって手首を立てた状態で操作を行う形になり、筋肉への負担が小さくなるという。右クリック/左クリックとスクロールホイールに加えて、上面に1つ(デフォルトではDPI切り替え)、内側に2つのボタン(デフォルトでは戻る/進む)のボタンが搭載されており、これらの昨日はカスタマイズが可能。接続方式はBluetoothもしくはUSB、Unifyingレシーバー(ロジクール独自の無線USBドングル)で参考価格は1万2,880円。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
長期間の酷使に耐えるテクノロジー関連製品は何? 2014年04月20日
丸洗いできるキーボード 2014年04月15日
iPhone 5s&5をはめ込んで使うゲームパッド「G550」、ロジクールから 2013年12月09日
ロジテック、10億個目のマウスを出荷 2008年12月05日
ロジクール、「最長で7秒間回転するスクロールホイール」搭載のレーザーマウスを発表 2007年06月02日

「英語キーボード」、根強い人気が続く理由は

英語キーボード(ASCIIキーボード)はEnterキーやBackSpaceキーなどのキーが押しやすく、またショートカットキーの多くが英語キーボード前提になっているため使いやすいのだという(ITmediaの『「英語キーボード」の根強い人気が続く理由』記事)。

そのほか、プログラマにとってはASCIIキーボードは各種記号が打ちやすいというメリットもある。いっぽうで英語キーボードの小さいEnterキーは打ちにくいという声もあるようだ。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Dellから世界初の磁気浮遊式キーボード採用のノートPC 2018年06月19日
英字以外のキーの多くを省略した「世界最小クラス」のメカニカルキーボード 2017年09月12日
数年後にはPCが使えない若者が入社してくる? 2014年10月19日

キーボードがなぜQWERTYになったかの歴史的経緯

あるAnonymous Coward曰く、

国立国語研究所のサイト「ことば研究館」の「ことばの疑問」コーナーに、パソコンのキーボードは、なぜABC順・五十音順ではないのですかと言う記事が上がっていたのでたれ込みたい。

著者の安岡孝一氏によれば、19世紀末、元々配列の元になった英文タイプライターで「1」(いち)が「I」(アイ)「0」(ゼロ)と「O」(オー)と一緒だったことから始まり、ある程度は最初はある程度ABC……の順番に並べられていたものを、モールス電信を受信して書き写すのに都合が良い様に改良、英語に頻出する英字を隣り合わせにして、最後は特許を回避する為に移動が行われて、現在の形になったのだそう。

一方日本語配列は、20世紀前半に基礎が作られ、そこからカナ・英文両方打てるようにするあたりからカオス化が始まり、最終的にIBMがコンピュータ用に変更、最後にNTTが現在の形を作ったのだそうだ。

それぞれのキーを移動させた理由はあっても、キー配列全体が1つの理由で説明できるわけではない

タレコミ子は「タイプライターのアームが絡まないように敢えて打ちづらく作った」という俗説を信じてしまっていたが、違ったみたい。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
フランス政府、フランス語が入力しにくいフランス語配列キーボードの配列変更へ 2016年01月27日
StackOverflowの創立者が独自のキーボードを開発 2013年08月29日
求む: 電話と同じキー配列の計算機? 2011年09月28日

REALFORCEの東プレとHappy Hacking KeyboardのPFUが協業

キーボード製品「Happy Hacking Keyboard」シリーズで知られるPFUと、同じくキーボード製品の「REALFORCE」シリーズで知られる東プレが協業、PFUの通販サイトで東プレのREALFORCE R2シリーズ「PFU Limited Edition」4モデルを発売する(PFUの発表)。

また、PFUの中国販売拠点でのREAL FORCE R2シリーズの販売なども行うとのこと。REALFORCE R2 PFU Limited Editionはすべてテンキーレスのモデルで、日本語配列及び英語配列が用意される。カラーはアイボリーとブラックの2色で、価格はそれぞれ2万8,500円(税抜)。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Happy Hacking KeyboardをノートPCのキーボードの上に置いて使うための公式ボード 2017年12月21日
東プレのキーボードREALFORCE、第二世代を発表 2017年09月22日
Happy Hacking Keyboard累計出荷30万台記念で「Red Control Key」 2009年10月16日
HHKBシリーズ20万台突破記念キャンペーン 2007年08月21日

英文でピリオドの後にスペースを2つ続けると読みやすくなる?

headless曰く、

英文でピリオドの後にスペースを2つ続けると、スペース1つよりも読みやすいとする研究成果が議論の的となっている(Ars TechnicaThe VergeThe Washington PostLifehacker論文要旨)。

ピリオドの後にスペース2つを続けて入力するのはタイプライター時代のなごりだ。等幅の書体で単語間とセンテンス間を識別しやすくするためとされ、ワードプロセッサーでプロポーショナルフォントが使われるようになって衰退した。しかし、2009年に米心理学会が発行したPublication Manual 6th Editionでは、読みやすくするため原稿のドラフトでピリオドに2つのスペースを続けることが推奨され、議論を巻き起こした。

論文を発表した米スキッドモア大学の学生による研究チームは、これまでスペースの数による読みやすさの違いが実験により確認されたことはないとして、学生60人の被験者で実験を行っている。実験内容は(1)テキストを入力してもらい、被験者がスペースをどのように使っているかを調べる、(2)ピリオド/カンマに続くスペースの数による読む速度への影響を視線計測デバイスで調べる、というものだ。

(1)の結果はピリオドの後にスペースを1つ入力する被験者が39名(A)、2つ入力する被験者が21名(B)。(2)の結果はBグループでピリオドの後にスペース2つの場合にスペース1つよりも3%ほど速く読めた(カンマの後はいずれもスペース1つ)のに対し、Aグループでは1%ほど遅くなっている。カンマの後のスペースだけを2つにした文章では両グループとも遅くなったが、ピリオド/カンマともにスペースを2つ続けた文章では、Aグループで速く、Bグループで遅くなっている。いずれの組み合わせでも読む速度はBグループの方がAグループよりも速かった。

平均するとスペース2つのほうがわずかに速くなるようだが、誤差の範囲といえる。また、視線計測テストで等幅フォントのCourier Newが使われていることや、被験者の数が少なすぎることが批判されており、顔を固定したテストは文章を実際に読む動作とは異なるためスペースの数による違いを正確に判定できないという指摘もみられる。1スペース派のNick Douglas氏はLifehackerの記事で、21名もの学生がピリオドの後にスペースを2つ入力するなど信じられないとも述べている。

すべて読む | idleセクション | 入力デバイス | サイエンス | idle | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
エレコムのBluetoothキーボードで不具合、コンマとピリオドを入力できず 2016年08月09日
ドイツの特別調査委員会、セキュリティ対策としてタイプライターの使用を検討 2014年07月18日
小数点はコンマかピリオドか 2003年10月11日

携帯型Ctrl+Alt+Deleteキー、発売

Windowsユーザーにはおなじみ、CtrlキーとAltキー、Deleteキーの3つのキーを携帯できるようにしたデバイス「KACHA」が発売される(Engdget Japanese)。

メカニカルキーボード用のキースイッチとして有名なCherry製の青軸スイッチ3個とCtrl、Alt、Deleteのキーをセットにして組み込んだもの。キーを押して楽しむという使い方が想定されており、スイッチは電気的には接続されていないようだ。利用法として「アイデア降臨」「ストレス解消」「発想拡大」「暇つぶし」「無の境地の想像」などが提案されている。現在クラウドファンディングサイトMakuakeで資金募集が行われており、2,890円の出資で商品を入手できる。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | 変なモノ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ブルースクリーンに表示されるテキストのオリジナル版はスティーブ・バルマーが書いたものだった 2014年09月07日
ビル・ゲイツ氏、「Ctrl+Alt+Del」は失敗だったと認める 2013年09月30日
足でキー入力できるUSB接続フットペダル 2010年02月03日
Ctrl+Alt+Del考案者が新たな人生に向けリスタート 2004年01月29日

中国業者に入力業務を再委託していた業者、OCRでのデータ電子化が問題に

先日「日本年金機構から入力業務を委託されていた業者、契約で禁止されていたにも関わらず中国の業者に再委託」という話題があったが、この業者がスキャナーとOCRを使ってデータ入力を行っていたことが話題になっている(読売新聞)。

契約では「2人1組で手入力」となっていたが、実際にはスキャナとOCRでデータの電子化を行っていたという。誤認識されたデータは修正されていなかったそうだ。

これに対し、スキャナを利用することについての是非が議論になっている(Togetterまとめはてなブックマーク)。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
日本年金機構から入力業務を委託されていた業者、契約で禁止されていたにも関わらず中国の業者に再委託 2018年03月22日
Comodo、OCRの誤認識により一部ドメインで正規所有者以外がSSL証明書を取得できる状態だった 2016年10月23日
原子力規制庁サイトの「目視では判別しづらい誤字」、原因はOCRソフトの誤認識 2014年06月10日
スキャナで読み取った画像内の数字がランダムに置き換わる問題 2013年08月07日

昨今の多くのPCはApple ][eより反応速度が悪い

昨今の多くのPCにおいて、ユーザーインターフェイスの反応速度はApple ][e以下だという(GIZMODO AU)。

MicrosoftのエンジニアであるDan Luu氏が高速カメラを使ってキーボードを押してからそれが画面に反映されるまでの時間(レイテンシ)を調べたところ、1983年のApple 2eでは30ミリ秒だったのに対し、2017年のCore i7搭載PC(OSはLinux)では90~170ミリ秒と遅いことが分かったそうだ。

また、スマートフォンやタブレットについても調査しているが、iPad ProやiPhoneなどはレイテンシが短かったとのこと。逆にAndroid端末は反応が悪い傾向があったという。

この原因についても考察されているが、apple 2eはキーボードのスキャンレートが556Hzと高速で、またCRTディスプレイはレイテンシが短いことなどが理由として挙げられている。

iOSについてはタッチパネルのスキャンレートが高速であり、また高速なレスポンスが得られるようなハードウェア/ソフトウェア構成になっているのが低レイテンシの理由のようだ。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Pixel 2には「Pixel Visual Core」という独自のプロセッサが搭載されている 2017年10月24日
AIに仕事を奪われないためには「脳とコンピューターの直結」が必要? 2017年02月17日
MS、プレイヤーの操作を予測してレイテンシを削減するクラウドゲーミング向け遅延解消技術を発表 2014年08月29日

Happy Hacking KeyboardをノートPCのキーボードの上に置いて使うための公式ボード

あるAnonymous Coward 曰く、

PFUのHappy Hacking Keyboardシリーズはキーボードヘビーユーザーに人気だが、ノートPCと組み合わせて使用する場合に場所を取るという問題があった。そこでPFUが新たに公式オプションとしてノートPCのキーボードの上に置いて使う板状の「キーボードブリッジ」を発売する。

MacBookシリーズで確認済みとのことだが、ノートPCの機種によってはキーボードのサイズが異なり適合しない場合もあるようだ。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
トラックポイント付きミニキーボード「Miniguru」が開発中止 2010年06月21日
HHKに日本語配列のモデルが登場 2008年11月10日
Dellのミニノートは専用開発のキーボードを搭載? 2008年06月10日
Happy Hacking Keyboard Professional 2 登場 2006年03月16日

「物理フリックキーボードキット」発売

take-ash曰く、

スイッチサイエンス物理フリックキーボードキットの販売が開始されている(開発者のツイートITmedia)。

はんだづけを含む組み立てを行う必要があるキットとなっており、PCにはドライバなしでUSBキーボードとして認識される。以前、Googleからフリック入力向け物理キーボードが発表されたが、製品化される様子がないため、個人で製品化したとのこと。

想定したペースをはるかに上回ったとのことで、現在売り切れ状態となっている。次回入荷は1か月ほど先となるようだ。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
スマホでフリック入力するとPCに文字を入力できるデバイスが開発される 2017年06月27日
Google、フリック入力向け物理キーボードを発表 2016年04月01日
「画面を見ずに入力できる」というiOS向け入力アプリ「Move&Flick」 2015年08月27日
「若者のキーボード離れ」でフリック入力の普及が進む? 2014年10月22日

東プレのキーボードREALFORCE、第二世代を発表

東プレの高級キーボード「REALFORCE」シリーズが「世代交代」するという(Engadget Japanese)。

今回のリニューアルでは筐体の「フチ」の幅を狭くすることでサイズがコンパクト化されたほか、静音化モデルも登場。さらに、モデルによってキーが反応する圧力が異なるという。さらに上位モデルではキーを押し込んだ際に反応する位置をキー毎に設定できる機能が搭載されるという。また、これに合わせて浅い打鍵感を好むユーザー向けにキーの押し込みを物理的に制限するスペーサーも付属するそうだ。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
キーを押した強さを検出できるキーボード 2015年06月08日
DIATEC、Majestouch Tenkeylessを発表、発売は07/04 2008年06月27日
一太郎キーボード、登場 2005年12月06日
Mac版Realforceを作ってもらおう 2004年11月01日

ポラロイド、復活

Polaroidのブランドや知的財産権を取得したドイツPolaroid Originals社が、Polaroidブランドでのインスタントカメラ新モデルを発表した(CNET Japan)。

このカメラは「OneStep 2」という製品名で、価格は119.99ユーロ。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
その実物はすでに存在しない「高齢者」アイコンたち 2012年05月16日
ポラロイド、Android OS搭載「スマートカメラ」を発表 2012年01月15日
プリンタ内蔵デジカメ「Polaroid Two」、国内で発売予定 2009年12月05日
ポラロイドのインスタントフィルム、復刻の動き 2009年05月29日

ケンブリッジ大学、学生の手書き能力低下を受けてコンピュータでの試験を検討へ

ケンブリッジ大学が、試験においてコンピュータの利用を認めることを検討しているそうだ。コンピュータの普及により、学生の手書き能力が低下し、書いた文字を試験官が読めない、といった事態が起きているためだという(GuardianNewSphere)。

とはいえ、カンニング対策やセキュリティ対策などの必要があることから、導入は容易ではないという。また、学生にとって手書きは必要という理由でこれに対し反対する声もあるようだ。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
人間の筆跡をまねることのできるソフトウェアが開発される 2016年09月09日
まだまだ続く手書きの履歴書は是か非か論争 2015年03月10日
タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 2014年06月10日
履歴書、手書きしている ? 2009年07月08日

英字以外のキーの多くを省略した「世界最小クラス」のメカニカルキーボード

あるAnonymous Coward 曰く、

「フルキーボードの40%サイズ」というメカニカルキーボード「VORTEX CORE」なる製品が発売された(AKIBA PC Hotline!)。

フレームがなく、また搭載されているキーも一般的な英字(ASCII)キーボードの下から4段部分のみで、英字以外のキーは大胆に省略されている。本来Enterキーの左にあるはずの「'」キーや、「P」キーの右にあるはずの「[」「]」キー、右シフトキー左の「/」キーも省略されているほか、もちろんPrintScreenやScrollLock、Pause/Breakキー、矢印キーなどもない。なお、ASCII配列ベースにもかかわらずなぜか「A」キーの左が「Tab」キーになっている。

ということで個人的には残念という感じなのだが、ものとしては面白そうではある。

すべて読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ポメラ DM200はSDカード内にインストールしたLinux環境が利用可能 2017年07月19日
スマホでフリック入力するとPCに文字を入力できるデバイスが開発される 2017年06月27日
「PCとキーボードを使う人」はIT弱者? 2017年04月24日