「healthcare」カテゴリーアーカイブ

原宿でしみ・しわを数値化するスマートミラーを試してみた(辛酸なめ子)

アットコスメ ストアの旗艦店「アットコスメ トーキョー」は、様々なコスメのランキングや、スマートミラー、バーチャルメイクなどが体験できる、情報密度が高い空間です。 何度か通ったのですが、スマートミラーがさり気なく設置されていたので初体験。パナソニック製の「スノービューティミラー」です。若い女子たちが試して「やばい!」「え〜怖!」「笑ったらほうれい線が出た〜!」と盛り上がっていました。

カシオから心拍計とGPS機能を搭載したG-SHOCKが登場。両方の機能を有するのはブランド初

2020年2月26日、カシオ計算機は、心拍計とGPS機能を搭載したG-SHOCK『GBD-H1000』を発表しました。片方どちらかの機能を有するG-SHOCKは過去にありましたが、両方を搭載するのは今回が初となります。 『GBD-H1000』は、血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定する光学式センサーと、位置情報を取得するGPS機能のほか、方位・気圧/高度・温度を計測するトリプルセンサー、歩数や移動距離を計測する加速度センサーも搭載しています。

Apple Watchの勢い止まらず。2019年出荷台数がスイス製時計の合計を上回るとの予測レポ

スマートウォッチ市場が急成長しているなかで、Apple Watchはその半分以上のシェアを占めていると推定されています(2019年11月時点)。 そうした勢いはスマートウォッチ内に留まらず、時計市場全体で見ても注目すべきもののようです。そうした証左の一端となるような、2019年内のApple

心房細動を検出できるAIが開発される。99%の検出率謳う

2020年1月28日(現地時間)、医療機器メーカーのEko社は、同社が開発した心房細動を検出するAIと電子聴診器を用いた心疾患のスクリーニングプログラムが、FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けたと発表しました。 Eko社は電子聴診器の開発・製造を行っている企業です。2015年に聴診記録を専用アプリで解析する電子聴診「Eko Core」を開発し、2019年には、心音から心臓弁膜症などの心疾患を診断する機能を新たに追加した「Eko DUO」を発表。今回、この「Eko

今後のApple Watchは病気の予防に活躍?クックCEOが「早期発見は医療費を大幅削減」と発言

VCG via Getty Images アップルのティム・クックCEOは、同社がアイルランドに40年にわたって貢献したことを讃えられ、IDA(アイルランド政府産業開発庁)により特別表彰を贈られました。同国南部のコーク市郊外に生産拠点や欧州本社を置くことで、現在も約6000人を雇用していることが主な理由です。 それに関連してIDAのマーティン・シャナハンCEOと対談した場にて、今後Apple

アナ雪2とSWコラボの子ども向け活動量計、GPS老舗のガーミンから。vivofit jr.2が9800円で発売

老舗GPS機器メーカーのガーミンは、子ども向けのアクティビティトラッカー「vivofit jr.2」を1月23日に発売します。価格は9800円(税抜)で、Amazonや楽天などのECサイトや家電量販店で販売します。

カップルそれぞれの体温を自動調節するスマートベッド「Climate360」

Sleep Number 人生のおよそ3分の1を過ごすベッドは、多少お金がかかったとしても相性のいい製品を選びたいもの。しかし高価だからといっても、必ずしも快適な睡眠を約束してくれるとは限らず、その日の天気や体調によっては寝付きが悪くなることもありがちです。 そうした悩みに応えるように、米国に拠点を置く寝具・アクセサリー企業のSleep