「gui」カテゴリーアーカイブ

宣言的UIはReact Hooksで完成に至り、現代的設計論が必須の時代になる – Qiita

宣言的UIはReact Hooksで完成に至り、現代的設計論が必須の時代になる - Qiita

宣言的UIはReact Hooksで完成に至り、現代的設計論が必須の時代になる - Qiita

現代のGUI開発において、必須となった宣言的UIというパラダイムシフトがあります。宣言的UIは、Facebook社が開発したReactに端を発するものです。 宣言的UIは既にウェブ開発のライバルであるVue.jsやAngularなどでも当たり前のように使われていますし、Android開発などにも使われています。 2019年6月はじめに開催された...

はてなブックマーク - 宣言的UIはReact Hooksで完成に至り、現代的設計論が必須の時代になる - Qiita はてなブックマークに追加

フロントエンドのつくりかた │ nrslib

フロントエンドのつくりかた │ nrslib

フロントエンドのつくりかた │ nrslib

フロントエンドの特定技術について語る解説は多くあれど、そもそもフロントエンドのつくりかたについて語った解説は多くないのではないでしょうか。 フロントエンドという大きな領域ですので恐れ多くもありますが、私が GUI プログラミングに携わった経験をもとにお話した内容のスライドとその補足をここでしたいと考え...

はてなブックマーク - フロントエンドのつくりかた │ nrslib はてなブックマークに追加

GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 | AnyPicks

GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 | AnyPicks

GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 | AnyPicks

以前、GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「Sheetson」を紹介しましたが、今回の「SheetDB」はGUIも整備され、パーミションの設定ができるなど何かと充実しています。 ◆ GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 https://sheetdb.io/ 紹介 GoogleスプレッドシートでRESTful APIが実装できます。 Sheetsonと同...

はてなブックマーク - GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 | AnyPicks はてなブックマークに追加

GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 | AnyPicks

GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 | AnyPicks

GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 | AnyPicks

以前、GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「Sheetson」を紹介しましたが、今回の「SheetDB」はGUIも整備され、パーミションの設定ができるなど何かと充実しています。 ◆ GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 https://sheetdb.io/ 紹介 GoogleスプレッドシートでRESTful APIが実装できます。 Sheetsonと同...

はてなブックマーク - GoogleスプレッドシートでAPIが作れる「SheetDB」 | AnyPicks はてなブックマークに追加

Windows 10シェルのタブ機能「Sets(仮称)」の計画はまだ続いている?

MicrosoftがWindows 10シェルのタブ機能「Sets(仮称)」の開発を取りやめたと1週間ほど前に報じられていたが、そういう話ではなかったようだ(Windows Centralの記事On MSFTの記事)。

Setsは作業に関連する複数のアプリケーションを1つのウィンドウにまとめ、タブで切り替えて使用できるようにする機能だ。2017年11月にWindows Insider Program参加者向けのメールで発表され、12月にはWindows 10 Insider PreviewでA/Bテストが実施された。昨年3月にはWindows 10 Insider PreviewのRS5ビルドで全ユーザーが利用可能になったが、6月に削除されている。この段階でMicrosoftは、テストにより集まったフィードバックをもとにビジュアルデザインの改善や、ワークフロー強化のためOfficeとMicrosoft Edgeの統合を改良していくと述べ、将来のビルドで再度提供する意思を示していた。

今回の報道はMicrosoftのコンソールおよびコマンドライン担当シニアプログラムマネージャーRich Turner氏のツイートが発端となっている。Turner氏はシェルによるタブ機能がなくなったが、タブの追加は優先事項になっていると述べていた。これについてZDNetの記事でMary Jo Foley氏は、ChromiumベースのMicrosoft EdgeにSetsを組み込もうとすればリリースが大幅に遅れることもあり、Setsの計画は数か月前に中止されていたと情報提供者から聞いたとし、Turner氏のツイートは公式に近い発表だと述べていた。

しかし、Turner氏のツイートはコンソールウィンドウのタブ機能に関する質問に答えたものだ。Turner氏はその後、自分がSetsを担当しているわけではなく、Setsによるタブ機能が19H1(May 2019 Update)のコンソールには追加されないと述べただけだと回答している。

これについてMicrisoftは、Setsの計画は取りやめになってはいないものの、現時点ではMicrosoft Edgeに関連する作業を優先する必要がある、とWindows CentralのZac Bowden氏に回答したとのことだ。

すべて読む | デベロッパーセクション | GUI | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10 Insider Previewから「Sets (仮称)」が削除される 2018年06月30日
Windows 10のメモ帳、CRLF以外の改行コードサポート追加へ 2018年05月12日
Windows 10の「メール」アプリ、リンクを開くWebブラウザーはEdge固定になる? 2018年03月21日
Windows 10 Insider PreviewのRS5ビルドに「Sets」が再登場 2018年03月10日
Windows 10 Insider Previewにペイントが間もなく削除されることを表示する機能 2017年12月23日
Windows 10 Insider Preview、新機能でA/Bテスト実施へ 2017年12月02日

iOSのUIデザインに関する知識をテストするWebゲーム「Can’t Unsee」

iOSのUIデザインに関する知識をテストするWebゲーム「Can't Unsee」が公開されている(The Next Webの記事The Vergeの記事)。

Can't Unseeは画面に2つのUI画像が提示され、どちらが正しいか選んでいくゲームだ。Easy/Medium/Hardの各レベルで各15問、合計45問が出題されるが、UI画像の種類としては5種類のみ。そのため、iOSを使ったことがなくてもわかるような問題から、よく見ないと違いがわからない問題までさまざまな問題が出題される。自分で試してみたところ6,530点で、ランキング的には上位50%とのことだった。

得点としては開始時点で1,350点になっており、冒頭のチュートリアル3問で正解すると各10点が加算される。以降、Easyでは1問100点、Mediumは150点、Hardは200点となっているようだ。つまり、全問正解すれば8,130点という計算になる。特に時間制限はないが、おそらく10分前後で完了できると思われる。スラドの皆さんはどれぐらい正解できるだろうか。

すべて読む | アップルセクション | GUI | idle | ゲーム | iOS | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ハーバード大学のThe Music Lab、ベータ版市民科学プラットフォームで音痴テストなどを公開 2019年02月06日
Google、フィッシングメールの見分け方を学習できるクイズを公開 2019年01月25日
米調査、ニュースの記述で事実と意見を確実に判別できた人は3割前後 2018年06月22日

システム負荷を表示するtloadコマンドの使い方 | マイナビニュース

システム負荷を表示するtloadコマンドの使い方 | マイナビニュース

システム負荷を表示するtloadコマンドの使い方 | マイナビニュース

HowtoForgeに10月25日(米国時間)に掲載された記事「Linux tload Command Tutorial for Beginners (with Examples)」が、システム負荷平均を表示するtloadコマンドの使い方を伝えた。tloadはシステム負荷をターミナルにCUIでグラフィカルに表示するコマンドで、使い方はtloadと実行するだけ。ターミナルにシステム負荷がC...

はてなブックマーク - システム負荷を表示するtloadコマンドの使い方 | マイナビニュース はてなブックマークに追加

ダーク系のUIテーマ、使ってる?

Firefox NightlyがWindows 10のライト/ダークモード設定を反映するようになった(Firefox NightlyのツイートBug 1368808)。

Windows 10のライト/ダークモード設定は「設定」アプリの「個人用設定→色→既定のアプリモードを選択します」で選択できる白/黒の配色モード設定だ。この設定が反映されるのは一部のUWPアプリのみで、Windows 10 Insider Previewビルドではエクスプローラーにも反映されるようになっているが、Microsoft Edgeですら別途設定する必要がある。Firefox Nightlyの場合、デフォルトのテーマを選択した場合にWindows 10のライト/ダークモード設定が反映されるようになる。

ライトモードの方は標準的な配色なので特に問題ないが、ダークモードでは非対応アプリの画面がまぶしく感じられることもある。Windows 10に限らず、Webブラウザーの場合はダークモードでも表示内容がWebページ次第となるものが多い。AndroidアプリSamsung Internet BrowserのナイトモードはWebページの配色もダーク系に変更されて見やすいが、メニュー表示やタブ切り替え時などに白い部分が多くなってやはりまぶしい。スラドの皆さんはOS/アプリでダーク系のUIテーマを使用しているだろうか。

すべて読む | ITセクション | GUI | OS | ソフトウェア | Windows | IT | スラドに聞け! | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10のメモ帳、CRLF以外の改行コードサポート追加へ 2018年05月12日
GIMP 2.10.0リリース 2018年05月06日
Firefox 57は「Firefox Quantum」に 2017年09月29日
Firefox 53リリース、Auroraチャンネルは更新を停止 2017年04月22日
Windows 10 Creators Updateは4月11日に提供開始 2017年03月30日
Windows 10 Insider Preview、Edgeの拡張機能をストアでインストール可能に 2016年05月13日
Windows 10 Insider Preview ビルド14316、Bashが利用可能に 2016年04月09日
Apple、4インチ画面のiPhone SEや9.7インチ画面のiPad Proなどを発表 2016年03月22日
Windows 10 Insider Preview、新ビルドが4日間に3回リリースされる 2015年07月04日

Windows 10 Insider Previewから「Sets (仮称)」が削除される

ファーストリングおよびSkip Ahead向けの提供が6月27日に始まったWindows 10 Insider Preview ビルド17704(RS5)で「Sets (仮称)」が削除された(Windows Experience Blogの記事Softpediaの記事Windows Centralの記事Ars Technicaの記事)。

Setsは昨年11月にテリー・マイヤーソン氏がInsider Program参加者向けのメールで発表したもので、作業に関連するドキュメントやWebページを1つのウィンドウにまとめ、タブで切り替えて使用できるようにする機能だ。一時期Windows 10 Insider PreviewのRS4ビルドでA/Bテストが行われ、ビルド17618(RS5)以降ではInsider Program参加者全員が利用できるようになった。最近のビルドではSetsのタブをドラッグ&ドロップして結合できるようになるなど、機能も向上していた。

Windows 10の今秋の大型アップデート(コードネーム: Redstone 5/RS5)の新機能のように受け取られていたSetsだが、実際にMicrosoftがリリース時期に言及したことはなく、名称も仮称のままだ。Microsoftは現在、ビジュアルデザインの改善や、ワークフローを強化するためにOfficeとMicrosoft EdgeのSetsへの統合の改善に注力しているといい、将来のビルドでは再度提供する計画も示されている。ただし、RS5への搭載はなくなったという見方が強いようだ。

すべて読む | デベロッパーセクション | GUI | ソフトウェア | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows Insider Program、「スロー」リングに意味はあるのか 2018年06月24日
Windows 10のメモ帳、CRLF以外の改行コードサポート追加へ 2018年05月12日
Windows 10の「メール」アプリ、リンクを開くWebブラウザーはEdge固定になる? 2018年03月21日
Windows 10 Insider PreviewのRS5ビルドに「Sets」が再登場 2018年03月10日
Windows 10 Insider Preview、新機能でA/Bテスト実施へ 2017年12月02日

Apple、iOSアプリでの絵文字使用制限を強化か

最近AppleがiOSアプリでの絵文字使用制限を強化し、Appleの絵文字をテキスト以外の要素に使うとApp Storeの審査で落とされるようになったという話が出ているようだ(Emojipediaの記事9to5Macの記事Mashableの記事Mac Rumorsの記事)。

Reaction Match」の開発者は12月4日、「GitHawk」の開発者は1月23日、「Bittracker」の開発者は1月31日、それぞれ絵文字が原因で更新版が審査を通らなかったことをTwitterで報告している。GitHawkの開発者とBittrackerの開発者は、App Store審査ガイドラインの5.2.5に違反していると説明されたという。

5.2.5には昨年6月の改訂で、「他社製のキーボードやステッカーパックを含め、アプリケーションやExtensionにAppleの絵文字を含めることはできません。」という一文が追加されている。しかし、これらのアプリでは以前から絵文字を使っており、Bittrackerは昨年12月のリリース以降、5バージョンで問題が一切指摘されなかったこともあって困惑したようだ。

ところが、SnapchatのようにAppleの絵文字を多数使用するアプリは問題なく更新されており、メジャーアプリには絵文字の使用が制限されないのではないかという見方も出ていた。また、Appleのコード学習カリキュラム「Swiftによるアプリケーション開発」に絵文字をボタンとして使用する例が含まれており、Apple自身がガイドラインに違反しているのではないかとも指摘されている。

なお、この問題がEmojipediaで取り上げられたことで制限が緩和されたのかどうかは不明だが、Bittrackerは一度却下されたバージョンが再審査なしにそのまま承認されたそうだ。一方、絵文字ベースのパズルゲーム「Moji Match」の場合、Appleの絵文字は使用が認められずEmojiOneの絵文字に変更している。

すべて読む | デベロッパーセクション | GUI | グラフィック | デベロッパー | iOS | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Appleの国内向けアプリ審査ガイドラインでもガチャの入手確率表示義務付けが明示される 2018年01月19日
AppleがApp Store審査ガイドラインを改定、VPNアプリの要件などを盛り込む 2017年12月23日
Apple、App Storeのガイドラインを改定しiOS向けのウイルス対策ソフトを禁止 2017年09月21日
Apple、中国のApp StoreからVPNアプリを削除 2017年08月01日
Apple、iOSの広告ブロックはSafari用のものだけを認める方針か 2017年07月17日
絵文字のピストル、本物っぽいデザインとおもちゃっぽいデザインのどっちがいい? 2016年08月07日
iOS 10では拳銃の絵文字が水鉄砲の絵文字に置き換えられる 2016年08月03日
iOSの「お祈り」絵文字の変更に反発 2015年03月23日
iOSベータ版に「肌の色を指定できる」絵文字が登場 2015年02月25日

Windows 10のUIテキスト翻訳改善を提案できるアプリ「ランゲージコミュニティ」

Windows 10のUIに表示されるテキストの翻訳(Windows翻訳)改善をユーザーが提案できるようにするアプリ「ランゲージコミュニティ」評価版がWindows Insider Program参加者向けに提供されている(Windows Centralの記事Neowinの記事On MSFTの記事Aggiornamenti Lumiaの記事)。

翻訳を提案するには、まずアプリの指示に従って対象の画面をキャプチャする。抽出された画面上のテキストが一覧表示されるので、翻訳を改善したい項目に新しい翻訳を入力して送信すればいい。他のユーザーが提案した翻訳も表示されるので、自分で入力する代わりに賛成票を投じることもできる。

ランゲージコミュニティはWindows 10の「ストア」アプリから入手できる。現在のところ、アプリをインストールするにはPC版のWindows 10 Insider Preview ビルド16232.0以降が必要となっている。また、アプリを使用するにはMicrosoftアカウントでのログインが必要だ。

スラドの皆さんは日ごろ気になっているWindows翻訳があるだろうか。

すべて読む | デベロッパーセクション | GUI | マイクロソフト | ソフトウェア | Windows | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
今秋のWindows 10アップデート、英国などではAutumn Creators Updateに? 2017年07月21日
Wikipediaで他言語版から翻訳の必要な記事を抽出する「Wikipedia GapFinder」 2016年04月30日
LibreOffice 4.2のUI日本語翻訳を確認する作業の協力者募集中、英語力は不要 2014年01月15日
誰もが気軽にソフトウェアのローカライズに参加できるシステム「Honny」 2011年01月24日
再建を進める Nucleus CMS 日本語版プロジェクト、参加者募集中 2011年01月05日
コミュニティでローカライズを行うには ? 2010年09月02日
マイクロソフト、ローカライズガイドを無償公開 2008年04月01日

フラットUIデザインでは目的のリンクやボタンを見つけるのに時間がかかるとの調査結果

headless曰く、

Nielsen Norman Groupが実施した調査によれば、フラットUIデザインのWebページでは目的のリンクやボタンを見つけるのに時間がかかるようになり、無関係な部分に視線が向くことも多かったそうだ。調査は一般的なWebユーザー71名を対象に実施されたもので、アイトラッキングデバイスで視線の動きも記録している(Nielsen Norman Groupの記事アイトラッキングの結果The Register)。

フラットデザインはすっきりしてモダンな印象を与える一方、リンクやボタンが目立ちにくい傾向がある。調査では実在の6カテゴリー9件のWebページをベースにフラット版とクラシック版の2種類を用意し、合計18種類のWebページを使用。元のWebページがフラットデザインの場合、リンクテキストを青字で下線入りにしてボタンを立体的にするなどしたクラシック版、クラシックデザインの場合は逆にフラット版を作成している。

調査対象者にはフラット版かクラシック版、どちらか一方のWebページを見せ、目的のリンクやボタンを探すように指示が与えられる。たとえばホテルのWebページでは部屋を予約するのが目的だと説明し、クリックする場所が見つかったら知らせるように伝える。指示の内容を理解しやすいよう、事前の練習も行われたとのこと。

その結果、フラットデザインではクリックする場所を見つける時間が平均22%長くなり、ページ内で視線のとどまる場所は平均25%多くなったという。ただし、情報量の少ないページや、目的の要素がよくある位置に配置されているページ、周囲の要素とのコントラストが大きい、または離れているページでは大きな差が出なかったそうだ。

なお、調査対象者には集中して目的のクリック場所を探すよう指示しているため、現実のWebブラウズとは異なる。現実には目的の内容がそのページにあるとは限らず、ユーザーは他のページに移動するなどしてあちこち見て回ることになる。その結果、ユーザーが存在を知らなかった情報を得られることもある。今回の研究はフラットデザインのユーザビリティーの問題を調べるのが目的ではなく、ユーザーが個別のページでどのように操作するのかを調べるのが目的だったとのことだ。

すべて読む | ITセクション | GUI | インターネット | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Googleが開発中という新UI「Armadillo」 2017年05月10日
LibreOffice、MS Office風のツールバーを含む新UIを発表 2016年12月26日
Microsoftが2007年に取得したスライダーのデザイン特許、12月のバカバカしい特許に選ばれる 2016年01月06日

TeamSQL | Multi-Platform SQL Client – Simple. Effortless. Extensible.

TeamSQL | Multi-Platform SQL Client - Simple. Effortless. Extensible.

TeamSQL | Multi-Platform SQL Client - Simple. Effortless. Extensible.

Cloud Storage & Saved SQL Queries When you save your TeamSQL queries, they are then available to you no matter where you are. Powerful search functionality means that searching in the cloud is as easy as searching on your computer. TeamSQL allows you to save and manage Oracle, MySQL, PostgreSQL, ...

はてなブックマーク - TeamSQL | Multi-Platform SQL Client - Simple. Effortless. Extensible. はてなブックマークに追加