「gear」カテゴリーアーカイブ

DNA分析キットの23andMe、従業員100人レイオフを発表。需要低下響く

個人ゲノム解析サービスの23andMeが、全スタッフの14%、100人の従業員をレイオフすると発表しました。またレイオフは会社の成長拡大を計画する部門も含んでおり、今後は消費者への直接的なビジネスと治療部門に事業をしぼることを計画しています。

Apple、ジムと提携し「Apple Watch Connected」プログラムを米国で開始

Appleが、フィットネスジムと提携し、Apple Watchで計測したアクティビティデータに応じて会費の割引などを受けられる「Apple Watch Connected」プログラムを米国で開始しました。まずは、Orangetheory、Basecamp Fitness、YMCA、Crunch Fitnessの4つのフィットネスチェーンと提携しています。

2020年のGoogle I/Oは5月12日~14日に開催

Googleが、2020年の年次開発者会議Google I/Oを5月12日~14日に開催すると発表しました。場所は5年連続となるカリフォルニア州マウンテンビューのショアライン・アンフィシアターです。 Google I/Oのスケジュール発表といえば、分からない人には何の事だかさっぱりわからない問題を解くと初めて分かるような仕掛けが話題になりますが、今年はダウンした銀河間衛星ネットワークを復旧させるというものでした。

2020年のGoogle I/Oは5月12日~14日に開催

Googleが、2020年の年次開発者会議Google I/Oを5月12日~14日に開催すると発表しました。場所は5年連続となるカリフォルニア州マウンテンビューのショアライン・アンフィシアターです。 Google I/Oのスケジュール発表といえば、分からない人には何の事だかさっぱりわからない問題を解くと初めて分かるような仕掛けが話題になりますが、今年はダウンした銀河間衛星ネットワークを復旧させるというものでした。

Google、検索履歴の自動整理機能「コレクション」をAndroid向けに提供開始。AIが履歴を自動でグループ化

何かをウェブで検索し、その場ではブックマークなどをしなかったものの、後になってその情報を見返したくなり、履歴から探し出すのに苦労する......といった経験をした人は少なくないはず。Googleはそんな苦労を解消するかもしれない新機能「コレクション」をAndroidのGoogleアプリに追加しました。

DirecTVの通信衛星に爆発の可能性。バッテリー損傷、墓場軌道へ移動急ぐ

衛星放送サービスのDirecTVが、15年間稼働してきた通信衛星Spaceway-1が搭載するバッテリーに異常が発生し、爆発の危険性があると報告しました。現在、DirecTVは静止軌道よりも約300km遠くにある、いわゆる"墓場軌道"へこの衛星を移動させようとしています。

FBIがiPhone 11のロックを破ったとの記述、司法省のウクライナ疑惑関連文書からみつかる

米軍施設銃撃犯が持っていたiPhoneのロック解除に関して、FBI、司法長官、さらには大統領までがアップルに対して執拗に圧力をかけ続けている件ですが、なんと司法省の文書から、FBIがごく最近iPhone

Microsoft、昨年12月に2億5000万件のサポートデータを誤って公開。既に修正済、対象ユーザーには個別連絡

米Microsoftは1月22日(現地時間)、サポートケースの分析に利用されるカスタマーサポートデータベースの設定ミスにより、一時的に約2億5000万件のデータがウェブ上で公開状態になっており、誰でもアクセス可能な状態になっていたことを明らかにしました。 Microsoftによると、12月5日にデータベースに加えられた変更が原因だったとのこと。データベースが公開されていることに気が付いたセキュリティ研究家のBob

ボーイング、737MAXの飛行承認見込みを2020年半ば以降に修正。四半期決算で追加情報公表へ

ボーイングが、737MAX旅客機の復帰が少なくとも2020年半ばまで遅れるとの見通しを発表しました。来週の四半期決算で追加の情報を公表するとしています。これまで、航空各社は2020年第1四半期中には連邦航空局の承認が下りると見込んでいたものの、最近になって全面的に書き直したとされるソフトウェアに問題が発見されたため、復帰がさらに遅くなることを予想していました。

Under Armourのフィットネスデバイスが役立たずに。専用アプリを3月31日に終了

米スポーツ用品メーカーのUnder Armourが、2016年に発売したフィットネスデバイスが利用するコンパニオンアプリ「UA Record」を、3月31日にサービス終了すると発表しました。 UA Recordは、2019年12月31日にGoogle StoreやApp

VodafoneもFacebookの暗号資産「Libra」推進団体から脱退。ただし将来の復帰に含み

英国に本拠を構える携帯通信事業企業Vodafoneが、Facebookが設立した暗号資産(仮想通貨)Libraの運営団体Libra

Digital Wellbeingの実験的アプリに3種追加。スマホの使い過ぎを抑制

Google I/O 2018で発表され、Android 9.0以降のAndroid端末で標準搭載されたスマートフォンの管理機能「Digital Wellbeing」。2019年10月には、このDigital Wellbeingに基づいた実験的アプリを提供する場として「Digital Wellbeing Experiments」を開設しましたが、そこにあらたに3つのアプリが加わりました。 関連記事: Googleが「スマホと適切に付き合う」実験的アプリ5種を公開。Digital

HP、5G対応ノートPCの日本導入を予告

日本HPは、5G対応のノートPC「HP Elite Dragonfly」の日本市場への投入を準備していることを明らかにしました。1月21日開催された日本HPの事業戦略説明会の中で、同社代表取締役の岡隆史氏が言及しました。 岡氏は5G対応版のHP Elite Dragonflyについて、「日本市場についても準備していく。現時点では時期は確定していない」と説明しています。

GDPR発効からの制裁金累計は約139億円。データ侵害は約16万件

2018年5月に欧州でGDPR(一般データ保護規則)が発効してから1年8か月近くが経ちましたが、この間、GDPR違反で制裁金を科せられたという話題がいくつも登場しています。では、その合計はいくらになったのかというレポートを、グローバルに活動している法律事務所DLA Piperが発表しました。

テスラ、NHTSAに調査請願の意図せぬ加速現象は「完全に誤り」と主張。2重の安全機構、記録も異常なし

先週、テスラのEVに「ドライバーの意図に反して勝手に加速する問題」があるとして、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に対し約50万台におよぶ調査と回収修理(リコール)を請願する書類が提出されました。この問題に対し、テスラは請願が「完全な偽情報」であり、風説の流布で株取引における利益を得ようとする"ショートセラー(空売り屋)"の仕業だと主張しています。

GoogleピチャイCEO、AIに関する規制の重要性を主張。「国際的な枠組みが必要」

Googleのスンダー・ピチャイCEOが、人工知能(AI)を野放し状態で自由に開発することは危険性をともなうとして、この分野はより強力な規制を駆けるべきだとFinancial

ESA、月の砂から酸素を取り出す試験プラントをオープン。月面で空気と燃料を生成する技術

欧州宇宙機関(ESA)が、レゴリスと呼ばれる月の砂から酸素を作り出す装置を開発、試験運転を開始しました。この装置はレゴリスから溶融塩電解と呼ばれる方法で酸素を取り出すことが可能で、将来月面に基地を建設し飛行士が生存するための呼吸と燃料に必要な酸素を供給可能とします。

ファーウェイ、Googleマップ代替サービスを提供か?

ナビゲーションやデジタルマップ製作を行うオランダのTomTomが、HUAWEIと地図データおよび関連サービスの使用に関して契約を結んだことを明らかにしました。契約自体はしばらく前に締結されており、契約内容の詳細については公開しないとのこと。 HUAWEIは、米国商務省のエンティティリストに入り、禁輸措置が続いている状態です。Google関連サービスも利用できませんが、この契約により、Googleマップに代わる独自の地図サービスを提供する可能性が出てきました。

ボーイング737MAX、修正したソフトウェアに新たな問題見つかる。コンピューターが正しく連携せず

2度の墜落事故を起こし、いまだ大空に戻ることができていない旅客機ボーイング737MAXに、新たなソフトウェア上の問題が見つかりました。ボーイングはアメリカ連邦航空局(FAA)とともに対策に当たっているとしています。

HBO発宇宙豪華客船コメディ・ヴィトン印の完全ワイヤレス・ハト羽根で飛ぶドローン: #egjp 週末版199

1週間の間に拾いきれなかったニュースをダイジェスト形式でお届けします。今週はハト羽根で飛ぶドローン、宇宙豪華客船が舞台のSFコメディドラマ、ヴィトン印の完全無線イヤホンなどの話題をまとめました。

シャオミのサブブランド「POCO」が独立。新興国向けプレミアムスマホを展開

Xiaomi(シャオミ)は1月17日、2018年に立ち上げたサブスマートフォンブランド「POCO(ポコ)」をスピンオフさせると発表した。POCOは新会社として中国大手家電から独立し、独自に事業を展開する。 数カ月前には、元Google社員で同社のトップだったJai Mani(ジャイ・マニ)氏と他の創設・主要メンバーがPOCOを去っている。POCOは1月17日、POCOブランドで販売されている唯一のスマートフォンPOCO

Internet Explorerに「攻撃下にある脆弱性」 US-CERTが警告。マイクロソフトは月次修正で対応へ

米国土安全保障省(DHS)の情報セキュリティ対策部門US-CERTが、ウェブブラウザーInternet Explorerに遠隔コード実行の脆弱性があることを報告しました。すでにこの脆弱性を突く攻撃が発生していると警告しています。マイクロソフトは修正を提供すると述べていますが、先週サポートが打ち切られたWindows 7が搭載するInternet

5分でわかる昨日のニュースまとめ:1月17日に注目を集めたのは「PayPay 40%還元」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月17日に盛り上がったニュースはこちらでした。 速報:PayPayが40%還元、全国の飲食チェーンで2月から

単独型VRヘッドセットOculus Goが値下げ。32GBは2万円以下に

FacebookがPC不要のスタンドアロンVRヘッドセットOculus Goを値下げました。日本での新しい価格は32GBが1万9300円、64GBが2万5700円で、それぞれ4500円と4100円の値下げとなります。Facebookによると、Oculus Goを利用可能なすべての国、すべてのチャンネルで値下げを行っているとのことで、Amazonでも値下げ後の価格となっています。 関連記事: 2万円台のVRヘッドセットOculus Go国内発売。スマホもPCも不要なスタンドアロン型

5分でわかる昨日のニュースまとめ:1月16日に注目を集めたのは「Chromeアプリ、2022年に終了」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月16日に盛り上がったニュースはこちらでした。 「Chromeアプリ」2022年に終了、Googleがタイムラインを発表

ポルシェEVタイカン・ターボS、EPA航続距離が約309kmに留まる。下位モデルよりもさらに短縮

ポルシェ初のEVタイカン・ターボは2019年12月に米国環境保護庁(EPA)による航続距離計測が行われ、約201マイル(約323km)という、期待される数値に比べかなり控えめな結果をたたき出していました。 年が明け、こんどはタイカンの上位モデルとなるタイカン・ターボSの航続距離測定が行われましたが、EPAはこの最上位モデルについて航続距離約192マイル(約309km)という値を記しています。

新Edgeブラウザ、「確定申告の影響」で日本向け配信は4月以降に。ダウンロードは可能

本日16日にマイクロソフトが公開した新しい(Chromiumベースの)Microsoft Edgeブラウザーですが、日本でのWindows Updateを通じた配信は4月1日以降に延期されると日本マイクロソフトが明らかにしました。 同社はその理由を「確定申告の影響を考慮」したためと説明しています。 なお、延期となるのはWindows

Fitbitの既発売5機種に、血中酸素濃度(SpO2)変動測定機能が追加。米国にて対応

Fitbitのスマートウォッチやアクティビティトラッカーの一部モデルが「SpO2」の計測に対応しました。Redditで、アップデートを受け取ったユーザーが追加された「Estimated Oxygen Variation(推定酸素変動量)」の画面を投稿しています。

やっぱり不要だった? Androidの「アプリを更新」通知が廃止へ

スマートフォンを使う上で避けられないのが、怒濤のごとくやってくる不要な通知の大群。GoogleはAndroid 10においてその不快感を軽減するための機能を導入していますが、Google 自身が提供するアプリでも通知の削減を目指しているようです。 Googleサポートなどに寄せられたユーザーの報告によると、Google Play ストア

「Chromeアプリ」2022年に終了、Googleがタイムラインを発表

Googleが1月15日(現地時間)、Chromeアプリのサポート終了に向けたタイムラインを発表しました。2022年6月にChrome OSを含むすべてのOSにおいて、Chromeアプリのサポートが終了します。 Chromeアプリは2013年9月から提供開始されていましたが、2016年には、利用者の少なさとChromeの単純化を理由にサポート終了が発表されていました。その際は2018年前半にはWindows、Mac、Linux向けのサポートを終了するものの、Chrome