「foldablesmartphone」カテゴリーアーカイブ

修理業者iFIxitがGalaxy Z Flipを分解、防じん性テスト。ホコリの完全な侵入阻止は困難

分解レポートでおなじみの修理業者iFixitが、韓国サムスンの折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip」を分解し、さらに折りたたみヒンジ部への防塵テストも実施して公開しています。 もともと、Galaxy Z Flipではヒンジ部分にマイクロファイバーによる保護機構を採用しており、これにより、ホコリの混入が防げるとされています。これは、メディア貸し出し用機材でなどでホコリの混入による故障に苦しんだ、先代折りたたみスマートフォンの「Galaxy

Galaxy Z Flipに採用の「曲がるガラス」、サムスンが他社にも販売へ

サムスン電子が発売した縦折り端末Galaxy Z Flipには、薄くて折り曲げられるフォルダブル画面用のカバーガラスが採用されていますが、これと同じ超薄型ガラス(Ultra Thin Glass:UTG)を業界で初めて製品化。他社にも販売すると発表しました。キャッチコピーは「Tough, yet Tender(タフだけどやわらかい)」。 UTGの厚みは30μm。また強度と柔軟性を両立させるために、特殊な材料を浸透させているとのことです。なお、Galaxy Z

YouTuberが縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」を分解、構造はFoldよりシンプル

韓国サムスンの縦折りスマートフォン「Galaxy Z Flip」の分解動画が、海外にて投稿されています。 Galaxy Z Flipは縦長の約6.7インチディスプレイを搭載し、フリップケータイのように縦方向に折りたたむことが可能です。これにより、折りたたみ時にはコンパクトなサイズを実現。さらに、本体背面には1.1インチの通知用ディスプレイも搭載しています。

サムスンの縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」の画面強度はプラスチックと変わらない

韓国サムスンの縦折りスマートフォン「Galaxy Z Flip」の画面強度はそれほど高くないという検証結果が発表されました。 今回のテストは、YouTubeチャンネルのJerryRigEverythingが実施したものです。硬度を測定する専用のツールで画面をこすると、レベル2でわずかに、そしてレベル3で明らかにディスプレイにキズがつきました。これは、なんとプラスチックと変わらない硬度です。さらに、爪でもディスプレイに跡がつけられることが確認されています。 Galaxy Z

2画面スマホのSurface Duo、動作端末がカナダで目撃されれる

米マイクロソフトの2画面スマートフォン「Surface Duo」らしき動作する端末が、カナダの交通機関にて目撃され撮影されています。 YouTubeチャンネルのIsrael Rodriguezが投稿した今回の動画では、Surface Duoを見開き状態で使ったり、縦横を回転させたり、あるいは一画面だけで使ってみたり...と、まるでプロモーション動画のようにさまざまな使い方を見せてくれます。 なお、Surface DuoにはOSとしてAndroid

縦折りスマホrazr、早くも非公式分解動画が公開。ゴールド系新色も準備中か

米モトローラブランドの縦折りスマートフォン「razr」は米国で2月6日の発売となりましたが、早くも同モデルの分解動画がYouTubeにて公開されています。 YouTubeチャンネルのPBKreviewsが公開した今回の動画では、razrを折りたたみディスプレイが取り外せるまで分解し、その後に組み立てて電源を入れるところまでをしっかりと収録しています。

縦折りスマホrazr、早くも非公式分解動画が公開。ゴールド系新色も準備中か

米モトローラブランドの縦折りスマートフォン「razr」は米国で2月6日の発売となりましたが、早くも同モデルの分解動画がYouTubeにて公開されています。 YouTubeチャンネルのPBKreviewsが公開した今回の動画では、razrを折りたたみディスプレイが取り外せるまで分解し、その後に組み立てて電源を入れるところまでをしっかりと収録しています。

サムスン縦折りスマホGalaxy Z Flip(仮)プロトタイプ?のハンズオン動画公開

Ben Geskin(Twitter) サムスンのGalaxy Foldに続く折りたたみスマートフォン第2弾、縦折り可能と噂されるGalaxy Z Flip(仮)はすでに何度もリーク情報が届けられてきました。

3つ折りスマホや腕巻きスマホが次のトレンド?TCLが多彩なデザインのディスプレイを開発中

2019年に相次いで発売になった折りたたみ式(フォルダブル)ディスプレイを搭載したスマートフォンも、その後はモトローラが縦折りタイプを投入したり、レノボがノートPCにも採用するなど形状やサイズにバリエーションが出てきました。折りたたみ式ディスプレイの利点は開けば大画面、閉じればコンパクトになることです。とはいえ二つ折りのディスプレイでは開いた時のサイズは2倍になるのが限界です。

Galaxy Fold2(仮)はSペン&5G対応で数か月以内に発売の噂

サムスンの折りたたみスマートフォンGalaxy Foldの後継機が2020年第4四半期、すなわち4~6月に発売されるとの噂が伝えられています。 昨年末から年初にかけて縦折りのGalaxy Z Flip(仮)の情報が相次いで届けられていましたが、こちらは「真のGalaxy

縦折りスマホGalaxy Z Flip(仮)、外側に小画面があって自撮りも可能?双方向ワイヤレス充電にも対応のうわさ

Ice universe 2019年の早い時期に発売が噂されている、サムスンの折りたたみスマートフォン第2弾ことGalaxy Z Flip(仮)。昨年発売されたGalaxy

Galaxy縦折りスマホZ Flip(仮)、90度固定でハンズフリー通話対応の噂

正式発表を前にして続々と噂が届けられている、サムスンの次期折りたたみスマートフォンGalaxy Z Flip(仮)。先行したGalaxy Foldが横折りだったのに対して縦折り型と言われるこの機種は、先日も公式と思われる画像や全体を俯瞰できる予想CGが投稿されていました。

モトローラrazrの米国発売は2月6日に。延期されていた縦折りフォルダブルスマホがいよいよ

米モトローラの縦折りフォルダブル画面搭載スマートフォン「razr」の発売日が、2月6日に決定しました。

Galaxy縦折りスマホ Z Flip(仮)はまさかの女性向け? 全体形状がわかる予測CGも

正式発表に向けて情報が続々と登場している韓国サムスンの縦折りスマートフォン「Galaxy Z Fold」(仮称)ですが、ついに公式と思われる画像や、本体全体が俯瞰できる予測CG画像が、海外にて投稿されています。 まず上の画像は、先日のCES 2020にてサムスンが内々に開催したミーティングにて提示されたと伝えられるものです。この画像では縦長な端末の形状や、「Bloom」という名称が確認できます。

Galaxy Z Flip(仮)がサムスン次期折りたたみスマホの名称に?

韓国サムスンの次期折りたたみスマートフォンの名称が「Galaxy Z Flip(仮称)」になるとの情報が、海外より伝えられています。 今回の情報は、著名リークアカウントのice Universeが伝えるものです。また同アカウントはツイートにて、公式らしきロゴ画像も掲載しています。 サムスンの次期折りたたみスマートフォンについては、同社が昨年投入した横折りタイプの「Galaxy

Galaxy Foldの販売台数は40〜50万台と推測、サムスンCEO語る

韓国サムスンで社長兼CEOを務めるDJ Koh氏は韓国メディアに対して、同社の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」が40万台〜50万台販売されたようだとの見通しを伝えました。 韓国メディアのYonhap News Agencyに対してKoh氏は「Galaxy Foldは40万〜50万台販売されたと思う」と発言しています。なお、なぜ40万〜50万台と幅があるのか、そして断定的な発言を避けたのかはわかっていません。 実は昨年12月、サムスン幹部のYoung

縦折りフォルダブルなモトローラ「razr」を動画でチェック。オリジナルRAZRとも比較:CES2020

モトローラがCES020のプライベートブースにて、昨年12月に北京で発表した縦折式ディスプレイを搭載したスマートフォン「razr」の実機を展示しました。