「facebook」カテゴリーアーカイブ

小尾口 邦彦 – COVID-19肺炎に対しての人工肺エクモECMOがニュースでとりあげられることが増えました。… | Facebook

小尾口 邦彦 - COVID-19肺炎に対しての人工肺エクモECMOがニュースでとりあげられることが増えました。... | Facebook

小尾口 邦彦 - COVID-19肺炎に対しての人工肺エクモECMOがニュースでとりあげられることが増えました。... | Facebook

COVID-19肺炎に対しての人工肺エクモECMOがニュースでとりあげられることが増えました。 おそろしい数を全国に配るプランまであるようです。まるで重症肺炎に対しての標準治療のように語る報道もあります。 筆者はパンデミックにおいては「ECMO導入は限定的とせざるをえない」と考えます。...

はてなブックマーク - 小尾口 邦彦 - COVID-19肺炎に対しての人工肺エクモECMOがニュースでとりあげられることが増えました。... | Facebook はてなブックマークに追加

しゃーりー on Twitter: “経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H”

しゃーりー on Twitter: "経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H"

しゃーりー on Twitter: "経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H"

経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H

はてなブックマーク - しゃーりー on Twitter: "経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H" はてなブックマークに追加

しゃーりー on Twitter: “経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H”

しゃーりー on Twitter: "経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H"

しゃーりー on Twitter: "経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H"

経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H

はてなブックマーク - しゃーりー on Twitter: "経済産業省で未来の教室、EdTechのリーダーをされてる浅野大介氏が政府マスクチームで関与したということで、自身のFacebookにて「マスク2枚の真相」をシェアしてほしい話として発信してます。 未来の教室… https://t.co/ncZGLDAs1H" はてなブックマークに追加

オンライン会議アプリ「ZOOM」、Facebookにデータを送信しているとの指摘を受けコードを変更

Anonymous Coward曰く、

オンライン会議システムとして最近利用例が多い「ZOOM」だが、このZOOMのiOSアプリがアプリ起動時にユーザーに無断で情報をFacebookに送信していたという(ViceViceによる続報GIGAZINESlashdot)。すでにアップデートでこの情報送信は停止されているとのこと。

送信されていたデータはOSの種類やバージョン、時刻、キャリア、画面サイズ、プロセッサといった端末情報、ターゲティング広告に使われる広告識別子など。

なお、この情報送信についてはZOOMのプライバシポリシには記載されていなかったという。ZOOMはこれについて、このアプリでは以前Facebookアカウントでのログイン機能を実装しており、そのために使用していたFacebook SDKがこの情報送信を行なっていたようだ。

すべて読む | ITセクション | Facebook | 携帯電話 | プライバシ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Facebookの顔認識機能に対するプライバシ侵害訴訟、5億5000万ドルで和解へ 2020年02月04日
iOS 13のプライバシ保護機能はFacebookやGoogleへの挑戦か 2019年09月25日
複数のスマホアプリがユーザーに無断でFacebookに情報を送信していたとの指摘 2019年01月03日

オンライン会議アプリ「ZOOM」、Facebookにデータを無断で送信しているとの指摘を受けコードを変更

Anonymous Coward曰く、

オンライン会議システムとして最近利用例が多い「ZOOM」だが、このZOOMのiOSアプリがアプリ起動時にユーザーに無断で情報をFacebookに送信していたという(ViceViceによる続報GIGAZINESlashdot)。すでにアップデートでこの情報送信は停止されているとのこと。

送信されていたデータはOSの種類やバージョン、時刻、キャリア、画面サイズ、プロセッサといった端末情報、ターゲティング広告に使われる広告識別子など。

なお、この情報送信についてはZOOMのプライバシポリシには記載されていなかったという。ZOOMはこれについて、このアプリでは以前Facebookアカウントでのログイン機能を実装しており、そのために使用していたFacebook SDKがこの情報送信を行なっていたようだ。

すべて読む | ITセクション | Facebook | 携帯電話 | プライバシ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Facebookの顔認識機能に対するプライバシ侵害訴訟、5億5000万ドルで和解へ 2020年02月04日
iOS 13のプライバシ保護機能はFacebookやGoogleへの挑戦か 2019年09月25日
複数のスマホアプリがユーザーに無断でFacebookに情報を送信していたとの指摘 2019年01月03日

高山義浩 – 岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします… | Facebook

高山義浩 - 岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします... | Facebook

高山義浩 - 岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします... | Facebook

岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします。...

はてなブックマーク - 高山義浩 - 岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします... | Facebook はてなブックマークに追加

高山義浩 – 岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします… | Facebook

高山義浩 - 岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします... | Facebook

高山義浩 - 岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします... | Facebook

岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします。...

はてなブックマーク - 高山義浩 - 岩田 健太郎先生 活発な先生の分析からいつも学ばせていただいております。そのことに敬意を示しつつも、3月27日のフライデーの記事にて困惑しましたので、SNSにて失礼いたします... | Facebook はてなブックマークに追加

COVID-19対策のためのユーザー追跡やそれらの情報を使った分析に対し懸念の声

taraiok曰く、

ホワイトハウスは米国のIT企業に対し、コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)対処への協力を求めている。その1つとして挙がっているのが、スマートフォンによる人々の追跡調査だ。これは新型コロナウイルス(COVID-19)の爆発的感染拡大を減らすための強力な武器になる可能性がある。しかし、スマートフォンを使って人々を追跡することは、多くのアメリカ人のプライバシーの感覚を損なうことにもなる(WIREDSlashdot)。

たとえばFacebookは、SNSへの投稿や旅行パターンなどからユーザーの移動パターンを集約して感染の広がりをマッピングするツールを活用している。このツールは2019年にコレラやマラリア対策のために開発された「Disease Prevention Maps(疾病予防マップ)」というもので、すでにCOVID-19予防のために大学や医療非営利団体によって使用されている。Facebookはこのツールについて、個人を追跡に使用されることはなく、データは匿名化され一般的な行動傾向で提示されると主張している。

こうしたIT企業による努力は、プライバシーを重視する人々の考えと衝突する。現在、データを収集して共有することには、COVID-19の拡大防止という説得力のある理由がある。監視は命を救うことにつながる。しかし、どのデータが収集されるのか、誰がそれを使用するのか、そしてどのくらいの期間収集が続くのかについて境界線を引くことはとても難しい。しかも一度収集されたデータは、後で別の目的に使用することも可能だ。

一部のプライバシー専門家は今回の危機が過ぎたら、病気と闘うという名の強化された監視を元に戻すことができるのか疑問に思っている。その先例として懸念されているのが2001年のアメリカ同時多発テロ事件、いわゆる9.11だ。9.11以降に強化された監視能力はAT&Tによる過剰なインターネット監視などの問題を引き起こしている。ただし、病気の急速な広がりは、個人のプライバシーを守る伝統的な擁護者でさえも、デジタル追跡の潜在的な利点を認める考え方を示しており、専門家の間でも意見が分かれているようだ。

すべて読む | ITセクション | Facebook | IT | 政府 | プライバシ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
台湾、新型コロナで隔離措置を受けている人を監視するスマホアプリを導入 2020年03月25日
イラン政府公式の新型コロナウイルス対策アプリ、Google Playストアから削除される 2020年03月13日
中国外からWeChatで新型コロナウイルスの情報を送った男性、中国政府から追跡される? 2020年02月29日
南オーストラリア州公衆衛生局、新型コロナウイルス感染者の移動経路を確認するため携帯電話追跡システムを活用 2020年02月11日
欧州の当局がテロ容疑者追跡にスパイウェアを使用、WhatsAppがこれを警告するメッセージを出す 2020年01月11日

Facebookが適切なコンテンツも「スパム」と判定。正しい新型コロナ情報へのリンクもブロック

Anonymous Coward曰く、

Facebookで投稿フィルタに不具合が発生し、一般的に問題がないと思われるような投稿やWebサイトへのリンクがスパム扱いされて表示されない状態になっていたという(TechCrunch JapanCNETSlashdot)。

新型コロナウイルスに関する情報なども一部ブロックされたようだ。すでにこの問題は修正されているようだが、この障害が発生した原因は不明だという。

すべて読む | ITセクション | 検閲 | ニュース | Facebook | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
電子メールには未来はない? 2008年03月05日
Facebookがグラフ検索機能を一部無効化。プライバシー問題が原因か 2019年06月14日
Facebookはユーザーによる投稿を非中立的にコントロールして世論を操作できる? 2016年04月20日
Facebook、ビルマ語で書かれた中国の習近平氏の名前を「Mr. Shithole」と英訳するトラブル 2020年01月21日

Facebook、国勢調査と見紛うトランプ支援の広告1000件以上を削除。「詐欺的」と報告

Facebookが、トランプ大統領のキャンペーンサイトへ遷移する広告を削除しました。この広告は2020年度のアメリカ国勢調査であるかのように装っており、クリックすればそのようにも見えるウェブサイトへと遷移します。しかし実際のリンク先はトランプ大統領支援グループによる選挙対策調査キャンペーンのウェブサイトであり「詐欺的だ」との報告があがっていました。

Facebook、iOS向けMessengerを再構築。サイズが4分の1になり起動も高速化

Facebookは3月2日(現地時間)、iOS向けMessengerを一から作り直し、軽量で高速化されたバージョンをリリースすると発表しました。 この新バージョンは、2019年の開発者会議F8において、LightSpeedというプロジェクト名で紹介されていたもの。見た目的な変更はほとんどなさそうですが、一から作り直したというだけあり、アプリのコード行数は170万行以上から約36万行と84%削減。アプリのサイズも4分の1になり、起動速度も2倍に高速化されています。

Facebookの3D写真機能、単眼スマホでも利用可能に

Facebookの3D写真投稿が、シングルカメラのスマートフォンでも利用可能となりました。機械学習を用いて写真を解析することで、より多くの写真を2Dから3Dに変換できるようになったとのことです。これから撮影する写真だけではなく、古い写真でも3Dに加工できます。 Facebookの3D写真は、2018年10月に初めて導入されたもの。深度情報を使うため、デュアルカメラ端末でポートレートモードを利用する必要がありました。当初はiPhone

Facebookが新型コロナ関連の広告ルールを強化、過剰アピール広告を締め出しへ

2020年2月26日(現地時間)、Facebookは新型コロナウイルスに関連する広告のルールを強化したと発表しました。ウイルスを確実に防ぐといった過剰なアピールの広告や、早急に対応しないと恐ろしいことになるといった、恐怖心をあおる広告を禁止するのが目的だとしています。

高山義浩 – 岩田 健太郎先生の動画(コメント欄にリンク)を拝見して、まあ、「岩田先生らしいなぁ」と思いつつ、あまり気にしていなかったんですが、しっかり炎上しているようです。… | Facebook

高山義浩 - 岩田 健太郎先生の動画(コメント欄にリンク)を拝見して、まあ、「岩田先生らしいなぁ」と思いつつ、あまり気にしていなかったんですが、しっかり炎上しているようです。... | Facebook

高山義浩 - 岩田 健太郎先生の動画(コメント欄にリンク)を拝見して、まあ、「岩田先生らしいなぁ」と思いつつ、あまり気にしていなかったんですが、しっかり炎上しているようです。... | Facebook

岩田 健太郎先生の動画(コメント欄にリンク)を拝見して、まあ、「岩田先生らしいなぁ」と思いつつ、あまり気にしていなかったんですが、しっかり炎上しているようです。...

はてなブックマーク - 高山義浩 - 岩田 健太郎先生の動画(コメント欄にリンク)を拝見して、まあ、「岩田先生らしいなぁ」と思いつつ、あまり気にしていなかったんですが、しっかり炎上しているようです。... | Facebook はてなブックマークに追加

Facebookの出会い系機能に関するEU当局への資料提出が不十分だとして立ち入り調査が行われる

Anonymous Coward曰く、

Facebookはデーティングサービス(いわゆる「出会い系」サービス)の立ち上げを進めているが、これに対しEUのデータ規制当局に十分な情報を提供していないことから、Facebookへの立ち入り調査や書類の差し押さえが行われる事態になっているという(TechCrunchSlashdot)。

2月12日、アイルランドのIndependent.ieが報じたところによると、アイルランドのデータ保護委員会(DPC)がFacebookオフィスへの立ち入り調査と書類の差し押さえを行ったという。このサービスはすでに南米やアジア、米国などでスタートしており、2020年初頭までに欧州でサービス提供を開始することを計画していた。

すべて読む | ITセクション | Facebook | インターネット | IT | プライバシ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Facebookの顔認識機能に対するプライバシ侵害訴訟、5億5000万ドルで和解へ 2020年02月04日
Slate、最も邪悪なテクノロジー系企業30社のリストを公開 2020年01月23日
Facebook、従業員29,000人分の給与情報を保存したハードディスクを盗まれる 2019年12月18日

5分でわかる昨日のニュースまとめ:2月7日に注目を集めたのは「ウォズの手取りは週50ドル」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。

ウェブ公開画像30億枚で鍛えた顔認識AIの開発企業、FacebookやGoogleらから収集中止と削除の要請相次ぐ

Cleatview AIと称するスタートアップが、FacebookやYouTube、個人間送金アプリVenmoをはじめ就職情報サイト、ニュースサイトなど数百万のウェブサイトからで公開されている画像を収集して顔認識AIを開発していることが物議を醸しています。

CERN、Facebookの組織向けサービス試用を打ち切り、オープンソースソリューションへ移行

headless曰く、

CERNがFacebookの組織向けサービス「Workplace」の試用を打ち切り、主要なコミュニケーション機能をオープンソースソフトウェアによるソリューションに置き換えていくそうだ(CERNの発表PhoronixComputerworld)。

もともとWorkplaceはFacebookがFacebookソフトウェアの社内バージョンとして使用していたもので、2016年に全世界のすべての企業・組織向けに提供開始した際、CERNは無償提供の提案を受けて試用開始したという。データプライバシーについて信頼できない企業が作成したツールを使用することに対する反発も強く、多くの人々が使用しないことを選んだという。それでも1月末時点でCERNコミュニティーのメンバー1,000人ほどがWorkplaceアカウントを作成しており、週間アクティブユーザーはおよそ150人いたそうだ。

ところがFacebokは2019年7月の価格体系変更に伴っCERNへの無償提供について方針を転換し、これによって管理者機能やシングルサインオン機能が利用できなくなったという。Facebookはこれまで使用していた機能をすべて使用できる有償版へ移行するか、もしくは無償版へのダウングレードをCERNに求めたが、機能が欠けており、かつすべてのデータがFacebookに送られる無償版への移行は受け入れがたいため、CERNは試用打ち切りを決めたとのこと。

すでにCERNではMattermostDiscourseを多くのユーザーが使用しており、Workplaceの主要機能を置き換え可能だという。また、Workplaceが提供していた電子メールによるhome.cernの更新情報自動送信機能は内部での通知システムやニュースレターに置き換える計画とのことだ。

なお、CERNはソフトウェアライセンス料の増加を見越してオープンソースソフトウェアへの移行を図るMAlt(Microsoft Alternatives)プロジェクトを昨年発表している。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | ソフトウェア | Facebook | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
CERN、ソフトウェアライセンス料増加対策としてオープンソースへ移行するMAltプロジェクトを発表 2019年06月15日
CERNがLHCの観測データ300TBを公開 2016年04月26日
アニメ制作会社カラー、Blenderへの移行を推進。理由はコスト的な問題 2019年08月15日
CERN、ソフトウェアライセンス料増加対策としてオープンソースへ移行するMAltプロジェクトを発表 2019年06月15日

Facebookの顔認識機能に対するプライバシ侵害訴訟、5億5000万ドルで和解へ

Facebookはかつて顔認識機能を使った写真や映像へのタグ付けの自動化機能を提供していたが、この機能が米イリノイ州の規制に違反しているとしてFacebookユーザーが2015年にFacebookを訴えていた裁判で、Facebookは5億5000万ドルの和解金を支払うことで同意した(CNET Japanロイター)。プライバシー関連訴訟の和解金額としては過去最高だという。

イリノイ州では同意なしの生体認証情報の使用や販売を規制する生体認証情報プライバシー法があり、データの収集方法や収集目的、破棄タイミングなどを書面で用意することを義務付けると共に、生体認証情報の収集と保存について個人からの書面による同意を求めている。

Facebookはユーザーの顔の画像を収集して分析し、写真に写っている人物を自動的にタグ付けする機能を提供していたが、この顔写真収集はユーザーによる事前の同意なしに行われていた。

すべて読む | ITセクション | ニュース | Facebook | プライバシ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
米連邦地裁、生体認証によるデバイスのロック解除強制は憲法違反との判断 2019年01月18日
EU司法裁判所、Facebookの「いいね」ボタンを設置したサイトは個人情報収集・送信の共同責任者になるとの判断 2019年08月02日
公正取引委員会、大手IT企業を対象に個人データの不当な収集や使用を独禁法違反の対象とする指針案を作成 2019年07月19日
Facebook、最大150万人のユーザーからサインアップ時に連絡先情報を無断収集していたことを認める 2019年04月20日

イーロン EDM マスク、デビュー・量産型Model Y公開・コロナウィルス関連デマ対策 : #egjp 週末版201

拾いきれなかったけど気になったニュースをダイジェスト形式でお届けします。今週はetc...をまとめました。

Facebook、20億のユーザーにプライバシー設定の確認促すメッセージ表示を予定

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、「今後数週間」で約20億人のFacebookユーザーにプライバシー設定の見直しを促すことを計画しています。

Facebook、ビルマ語で書かれた中国の習近平氏の名前を「Mr. Shithole」と英訳するトラブル

headless曰く、

ミャンマーを訪問した中国の習近平国家主席の動向を伝えるビルマ語のFacebook投稿で、Facebookの自動翻訳機能が習氏の名前を「Mr. Shithole」と英訳するトラブルが発生していたそうだ(BBC NewsThe New York TimesReuters)。

Facebookによると、ビルマ語表記した習氏の名前がデータベースに登録されていなかったことが原因だという。Facebookの翻訳システムはデータのない語句を翻訳する際、似たような語句を推測して訳語を選択する仕組みになっているそうだ。そのため、「xi」「shi」から始まるビルマ語表記の似たような単語でテストをしたところ、やはり「shithole」と訳されたらしい。Facebookは問題を修正し、再発防止に努めるとしたうえで謝罪したとのこと。

ただし、現在のところビルマ語から英語への翻訳機能は使用できなくなっている。19日夜にはビルマ語のコメントのいくつかに翻訳用のリンク「Translate」が表示され、正しく「Xi Jinping」と訳されるようになっていたが、リンクはその後表示されなくなった。もともとできていたかどうかは不明だが、ビルマ語から日本語への翻訳機能も使用できないようだ。

なお、「Mr. Shithole」ばかりが注目されているが、ミャンマー国家最高顧問府のFacebook投稿自動翻訳された状態のスクリーンショットでは「The Kingdom of the kingdom Mr. Shithole」となっているなど、他にも意味不明な部分がみられる。

すべて読む | ITセクション | バグ | 変なモノ | Facebook | idle | 中国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google、スマートフォン向け会話自動翻訳機能を公開 2019年12月16日
Facebookの自動翻訳の誤訳による誤認逮捕がイスラエルで発生 2017年10月28日
米市民権・移民局、難民のソーシャルメディア審査を担当する職員にオンライン翻訳サービスの活用を推奨 2019年10月02日
大阪メトロ、多数の誤訳指摘で外国版Webページの公開を休止 2019年03月21日

InstagramアプリからIGTVアイコン消える 『需要がないため』

米Facebook傘下のInstagramが、モバイルアプリの上部に表示されるIGTVアイコンを削除していると、TechCrunchが報じました。 IGTVは、最大1時間までの動画を投稿できるモバイルアプリとして、2018年6月から提供していました。また投稿した動画はInstagramでも視聴できる他、同時期からInstagramアプリにIGTVアイコンが表示されるようになりました。

「習近平」を「ミスター・くその穴」に誤訳、FBが謝罪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

「習近平」を「ミスター・くその穴」に誤訳、FBが謝罪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

「習近平」を「ミスター・くその穴」に誤訳、FBが謝罪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ミャンマーの首都ネピドーにある大統領府で、会談を前に握手する中国の習近平国家主席(左)とアウン・サン・スー・チー国家顧問(2020年1月18日撮影)。(c)Nyein CHAN NAING / POOL / AFP 【1月19日 AFP】交流サイト(SNS)最大手、米フェイスブック(Facebook)は18日、盛んに喧伝(けんでん)されている中国の習近平...

はてなブックマーク - 「習近平」を「ミスター・くその穴」に誤訳、FBが謝罪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News はてなブックマークに追加

5分でわかる昨日のニュースまとめ:1月17日に注目を集めたのは「PayPay 40%還元」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月17日に盛り上がったニュースはこちらでした。 速報:PayPayが40%還元、全国の飲食チェーンで2月から

単独型VRヘッドセットOculus Goが値下げ。32GBは2万円以下に

FacebookがPC不要のスタンドアロンVRヘッドセットOculus Goを値下げました。日本での新しい価格は32GBが1万9300円、64GBが2万5700円で、それぞれ4500円と4100円の値下げとなります。Facebookによると、Oculus Goを利用可能なすべての国、すべてのチャンネルで値下げを行っているとのことで、Amazonでも値下げ後の価格となっています。 関連記事: 2万円台のVRヘッドセットOculus Go国内発売。スマホもPCも不要なスタンドアロン型

Facebook、ソーシャルログイン時に通知を行う新機能を発表

アプリやウェブサービスへの登録に便利なのが、FacebookなどのSNSアカウントを利用するソーシャルログインです。ただ、どんな情報が共有されているのかは、意外と分かりづらいものでもあります。これを改善する目的で、Facebookがあらたなログイン機能を発表しました。

クリスマス禁止に抗議した男性、当局に起訴される

Anonymous Coward曰く、

インドネシアで、Facebookにクリスマスミサ禁止に対する抗議を投稿したことがヘイトスピーチに当たるとして男性が起訴されたという(AFP)。

インドネシアの西スマトラ州ナガリシカバウ県ではイスラム教が多数派を占めていることから、「イスラム教とは関係のない宗教儀式を行なってはならない」という取り決めがあり、教会以外でのクリスマスミサが禁止されたという。男性はFacebookでこれに抗議する投稿を行ったところ、投稿が広く拡散されて政府が地元当局にクリスマスミサを許可するよう命じたとのことだが、男性は地元住民から通報されてヘイトスピーチ流布で起訴されたという、笑えない話である。

すべて読む | ITセクション | 検閲 | ニュース | Facebook | SNS | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
中国、小学生向けの国語教科書から神の存在を示す表現などを削除 2019年07月08日
リトアニアの空港、乗客から没収した機内持ち込み禁止物品でクリスマスツリーを作る 2019年12月15日
英スーパーマーケットチェーンのクリスマス向けテレビCM、政治的だとして放送禁止に 2018年11月15日
Visual Studio Codeの「サンタ帽アイコン」に対し宗教的な抗議、その対応で炎上 2019年12月23日