「earth」カテゴリーアーカイブ

東京オリンピック・パラリンピックの暑さ対策として検討されている人工降雪、実際に実験が行われる

東京オリンピック・パラリンピックで暑さ対策の一つとして検討されている降雪機による人工降雪について組織委員会は13日、海の森水上競技場 (江東区青海)で実際に実験を行ったそうだ(TOKYO Webの記事デイリースポーツ onlineの記事FNN.jp プライムオンラインの記事時事ドットコムの記事)。

これについて Bill Hates曰く、

カヌーやボート競技が行われる海の森水上競技場の観客席に降雪機で人工雪を5分間降らせるテストを行ったところ気温は下がらず、溶けた雪で衣服や席が濡れてしまったという。

なお気象庁のデータによれば実験が行われた13日午前、江戸川臨海(編注: 会場から11kmほどの距離にある最も近い気象観測所)の気温は最高でも23.0℃。競技日程ではボートが7月24日〜31日まで、カヌーは7月26日〜31日と8月3日~8日に予定されており、今年の7月および8月のデータで同期間の最高気温29.2〜33.8度と比べると6〜10度低かったようである。

また、Anonymous Coward曰く、

メディアによって表現に揺れがあるが、概ね、気温や暑さ指数には変化がなかったという部分では一致している。熱中症者を減らす効果はなさそうだ。

ちなみに使用した氷は300kgとのことで、少なすぎる気がしないでもない。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | スラッシュバック | スポーツ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
東京五輪の暑さ対策として人工降雪が検討される 2019年09月05日
IOC、東京五輪は高温高湿度環境下で行われるとして選手に対策を求める 2019年08月23日
東京五輪・オープンウォータースイミングおよびトライアスロン会場の水質に懸念 2019年08月14日
暑さ対策のための散水、路面温度は低下するが暑さ指数としては軽微な効果しか見られず 2018年10月11日

ロッキー山脈の空からも合成樹脂繊維が降ってくる

Anonymous Coward曰く、

米国地質調査所の研究者によるロッキー山脈の雨水サンプルの分析結果は、想定とははほど遠い内容だった。曰く、そこにあったのは土壌と鉱物の粒子ではなく、さまざまな色の合成樹脂繊維だったという。この報告は「It is raining plastic(プラスチックの雨が降る)」というタイトルでまとめられた。この報告書では、地球上の空気、水、土壌に広がりつつあるプラスチック廃棄物への疑問を提起している。

コロラド州全域で収集され、顕微鏡で分析された雨水サンプルには、虹色の合成樹脂繊維やビーズ、破片が含まれていた。最近発表された別の研究とも一致しており、プラスチック粒子は数百キロメートルの範囲を風で移動できることを示している。他の研究でも、海洋の最深部、英国の湖や川、米国の地下水でもマイクロプラスチックが発見されている(The GuardianSlashdot)。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
マイクロプラスチックの主要汚染源は化学繊維であり、洗濯機である 2018年09月06日
パキスタン政府、使い捨てビニール袋を禁止。違反した場合は約70ドルの罰金 2019年08月19日
英マクドナルドが導入した紙製ストロー、現在のところリサイクル不可 2019年08月10日
生分解性プラスチックを使ったカード類、経年劣化で砕ける恐れ 2019年05月15日

ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ、校内での牛肉製品販売を禁止へ

Anonymous Coward曰く、

英国の名門大学であるロンドン大学・ゴールドスミス・カレッジが、地球環境保護の取り組みの1つとして、9月より校内の食堂や飲食物販売所で牛肉を使ったメニューの販売を取りやめることを決めた(ゴルドスミスカレッジの発表CNN時事通信Slashdot)。

牛肉の生産は環境負荷が高いとされており(AFP)、そのため牛肉を排除することに決めたようだ。また、ボトル入りの水や使い捨てカップの利用を抑えるため、これらに対し10ペンス(約13円)の追加料金を課すことも決めた。そのほか太陽電池パネルの設置推進や、100%クリーンエネルギーを供給するエネルギー会社への切り替えなども行うという。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | 教育 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
米バーガーキング、肉なしワッパー「Impossible Whopper」をテスト開始 2019年04月03日
日清、サイコロステーキ状培養肉の作製に成功 2019年03月27日
中国の研究グループ、遺伝子操作で魚のような脂肪を持つ牛を作る 2015年05月14日
国連食糧農業機関が「昆虫は有望な食料」という報告書をまとめる 2013年05月16日

英マクドナルドが導入した紙製ストロー、現在のところリサイクル不可

headless曰く、

英マクドナルドではプラスチック製ストローに代わる持続可能なソリューションとして紙製ストローを昨年9月から段階的に導入しているが、現時点ではこのストローはリサイクルができず、使用後は廃棄するしかないそうだ(The SunBBC NewsMetro NewsDaily Mail Online)。

この件はThe Sunが入手した内部メモの内容として最初に報じ、マクドナルドの広報担当者が事実関係を認めている。内部メモには紙製ストローがまだリサイクルできないこと、さらなる通達があるまでは一般ごみとして廃棄すべきであることが記載されていたという。これについてマクドナルドの広報担当者は、顧客のフィードバックにより紙製ストローの強度を高める計画だと前置きしたうえで、素材はリサイクル可能であるものの、現在の厚みでは同社の紙製カップなどを処理する業者がリサイクルするのは困難だと述べたとのこと。一方、紙製ストローをマクドナルドに提供する企業では、同社の紙製ストローは100%リサイクル可能だが、企業や地方自治体によるリサイクル設備の改良も必要だと考えているようだ。

英マクドナルドでは従来のプラスチック製ストローが100%リサイクル可能であるとしつつ、それ以上のことが可能だとして紙製ストローへの切り替えを行った。しかし、紙製ストローではマックシェイクを飲むのが困難なことや、炭酸飲料を飲み終わるまでに溶けてしまうことなどで苦情が続出。プラスチック製ストローに戻すよう求めるオンライン署名キャンペーンも行われ、5万人以上の署名を集めている。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | 英国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google、ハードウェア製品の環境持続性への取り組み計画を発表 2019年08月09日
ネスレ日本、「キットカット」大袋の包装をプラスチックから紙に変更 2019年08月02日
廃棄物の移動を制限するバーゼル条約に「汚れた廃プラ」が追加、ゴミの輸出が困難に 2019年05月14日
ネスレ、プラスチック製ストローの全廃などプラスチック廃棄物への取り組みを加速 2019年01月25日
中国のプラスチックゴミ輸入禁止、国内のプラスチックゴミ処分に影響 2018年10月22日
カールスバーグ、従来のプラスチック包装を使用しない缶ビール6本パックを発表 2018年09月09日

放射冷却を活用した冷却システム

taraiok曰く、

米国環境保護庁によると、地球温暖化の原因の約12%は冷蔵・冷凍やエアコンに起因しているという。そこで、カリフォルニアに本拠を置くSkyCool Systems社が、放射冷却を使ったより効率的な冷却システムを開発しているという(QuartzNature SustainabilitySlashdot)。

地球上の熱は、太陽からの光が届かない夜間に大気中に伝わり、最終的には地球外の宇宙に放出される。同社の技術はこの仕組みを活用するもので、屋外に設置したパネルを使って夜間に冷却材を冷やしておき、昼間には冷やしておいた冷却材を屋内に送り込んで屋内を冷やす、というもの。パネルには太陽光を効果的に反射する素材を使用するのが特徴で、この素材で覆った部分の温度は、昼間でも周囲の空気よりも5〜10℃低くなるという。これを利用し、夜間に冷やしておいた冷却材を温度を上げずに昼間まで保持できるという。

同社はいずれは電気を必要としない冷却システムを開発したいとしている。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | 電力 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
放射冷却を利用して作る単結晶の氷 2014年08月25日
「フラクタル日よけ」、京大の研究者らが開発 2009年08月24日

ネスレ日本、「キットカット」大袋の包装をプラスチックから紙に変更

Anonymous Coward曰く、

ネスレ日本が、チョコレート菓子「キットカット」の大袋などをプラスチック製から紙製に切り替えると発表した朝日新聞)。

対象は大袋に小袋が入った「キットカットミニ」5種類で、年間約380トンのプラスチック削減になるらしい。

ネスレグループは、2025年までに全製品で包装をリサイクルまたはリユース可能なものに切り替える方針とのこと。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス | ニュース | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
パナソニック、家電でプラスチック代替素材を使用へ 2019年07月11日
植物由来の樹脂を使ったレゴブロック、開発が難航 2019年06月19日
カナダの食料品店、プラスチック製レジ袋削減のためレジ袋に恥ずかしい言葉を印刷 2019年06月18日
生分解性プラスチックを使ったカード類、経年劣化で砕ける恐れ 2019年05月15日
廃棄物の移動を制限するバーゼル条約に「汚れた廃プラ」が追加、ゴミの輸出が困難に 2019年05月14日
セブン&アイHD、2030年までにプラ製レジ袋を廃止へ 2019年05月10日
パナソニック、家電でプラスチック代替素材を使用へ 2019年07月11日
植物由来の樹脂を使ったレゴブロック、開発が難航 2019年06月19日
カナダの食料品店、プラスチック製レジ袋削減のためレジ袋に恥ずかしい言葉を印刷 2019年06月18日
生分解性プラスチックを使ったカード類、経年劣化で砕ける恐れ 2019年05月15日
廃棄物の移動を制限するバーゼル条約に「汚れた廃プラ」が追加、ゴミの輸出が困難に 2019年05月14日
セブン&アイHD、2030年までにプラ製レジ袋を廃止へ 2019年05月10日

7月は比較的大きな小惑星が3つも地球近傍を通り抜けていた

maia曰く、

7月は比較的大きな小惑星が3つも地球近傍を通り抜けた月だった(THE WATCHERS)。

  • 2019 NN3 7月10日16:29 UTC 直径35~77m 0.83LD(LDは月の距離)
  • 2019 OD 7月24日13:31 UTC 直径52~120m 0.93LD
  • 2019 OK 7月25日01:22 UTC 直径57~130m 0.19LD

特に2019 OKは地球の近くを通過し、サイズも大きかったせいか話題になっている(Washington Postハフィントンポスト毎日新聞

。ツングースカ隕石と匹敵するかその倍くらいか。100m級ともなれば、当たれば一都市が壊滅するレベルとなる。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | 宇宙 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
小惑星が地球に接近、その21時間前まで誰も気付かず 2018年04月25日
9月1日に地球に接近した小惑星フィレンツェは2つの衛星を持っていた 2017年09月21日
NASA、小惑星に人工物をぶつけて軌道を変える実験を計画中 2017年07月05日

北極圏で森林火災相次ぐ 国連「前代未聞の事態」

nemui4曰く、

北極圏のアラスカやシベリアで森林火災が相次いでいるという(NHKギズモード・ジャパンCNN)。

最近CMでもよく聞きますが、北極圏は世界平均の2倍ペースで温暖化しているそうですね。世界的な経済損失の増加はもとより、人間を含めた生態系への影響がどれだけになるのか予測できないのも不安。

北極圏では記録的な猛暑が続いており、空気が乾燥していることから森林火災が発生しやすい状況になっているようだ。また、暑さで泥炭が干上がって乾燥し、そこに火が付く火災も起きている模様。

6月以降の森林火災発生件数は100件を超えており、今後も火災発生は続くと予想されている。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
カリフォルニア州最大の電力会社が破産、「気候変動による最初の犠牲者」か 2019年01月24日
森林火災を早期発見するための警戒衛星 2013年11月21日
NASA、10年間かけて北極圏の気候変動を調査へ 2015年09月11日
米ロサンゼルスで発生した森林火災、現場にドローンがいたため消防ヘリの活動が妨げられる 2015年07月22日

環境省、「2100年未来の天気予報」を公開

環境省が「2100年未来の天気予報」(新作版)を公開した(環境省の発表リせマム)。

予想される2100年の夏と冬の気温を天気予報の形で表現した動画コンテンツで、温暖化対策による産業革命以前からの気温上昇を1.5℃に抑えられなかった場合と、抑えられた場合の2パターンがそれぞれ用意されている。

これらによると、気温上昇を1.5℃以内に抑えられなかった場合の夏の天気予報では「全国140地点で最高気温40℃超え」「熱中症などの熱ストレスによる国内死亡者数1万5千人超」「年間猛暑日予想は東京で60日」「豪雨や強い勢力の台風などによる大きな被害」などが予想されている。一方、1.5℃に抑えられた場合は「全国の最高気温は30℃台後半から40℃程度」、「東京の猛暑日は16日」といった状況になるという。

冬の天気予報では、気温上昇を1.5℃以内に抑えられなかった場合、最高気温は冬場でも25℃を超え、冬でも熱中症となる人が出たり、高い気温のせいで桜が開花しきらないことがあるなどと予想されている。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
温暖化の影響で今後米国の都市も暑くなるとの予想 2019年07月19日
今後数年でインドの相当部分が暑すぎて居住不可能になる可能性 2019年07月06日
地球温暖化により気候アパルトヘイトが発生するとの国連報告書 2019年06月29日
パリ協定の目標を達成しても日本の猛暑日は1.8倍に、気象研究所などがシミュレーション 2019年05月27日

動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される – DNA

動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される - DNA

動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される - DNA

時に動物は人間以上にデリケートといいますが、これは相当なレベルの繊細さ。飼育園が台風で一時閉鎖となってお客さんとふれあうことができなくなってしまったため、寂しさのあまり「うつ病」と診断されてしまったウォンバットがいるそうです。 トンカ君はオーストラリアのビラボング自然保護区で飼われている2歳のウォ...

はてなブックマーク - 動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される - DNA はてなブックマークに追加

ESA曰く、9月に地球と衝突する確率が7千分の1と予想された小惑星の現在位置は不明だが衝突もしない

2006年に発見された小惑星「2006 QV89」は2019年9月9日に地球と衝突する確率が7,000分の1と予想されていたが、ESAによると現在の位置は不明であり、今年地球に衝突する可能性はほぼないそうだ(ESAのニュース記事The Registerの記事)。

2006 QV89は2006年8月29日に発見され、10日後には観測できなくなって以来観測されていない。わずか10日間の観測データをもとに予測されたのが2019年9月9日に7,000分の1の確率で地球に衝突するというものだ。正確な軌道が不明なため現在位置を予測するのも非常に困難だが、地球に衝突するコースを進んでいる場合に出現する方角はわかっている。

そこでESAとヨーロッパ南天天文台(ESO)が超大型望遠鏡(VLT)を用い、7月4日と5日に共同で観測を実施した。2006 QV89は直径20~50 mと予想されているが、それよりも小さい数mの大きさでもVLTは捉えることが可能だ。VLTの画像で確認できないほど小さい場合には大気圏で燃え尽きる。その結果、2006 QV89が2019年に地球と衝突することはなく、その後の衝突リスクも極めて低いと考えられるとのことだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | 宇宙 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
地球の軌道を50%外側に移動するにはどれぐらいかかる? 2019年05月24日
NASA、地球に衝突する可能性のある小惑星が発見されたというシナリオの机上訓練を惑星防衛会議で計画 2019年04月28日
6600万年前、小惑星衝突で恐竜が絶滅したときの化石が発見される 2019年04月03日
小惑星の衝突阻止は想定以上に難しい 2019年03月12日
小惑星の軌道を10年で変えるには約50回ほど「ハンマー」をぶつける必要がある 2018年03月28日
3月5日、地球近くを小惑星が通過する 2016年02月22日
冷戦時代の武器を使って地球への小惑星激突を防ぐ計画 2016年02月22日
NASA、小惑星監視団体との提携を打ち切り。小惑星リスクは投資に見合わず 2015年10月09日
ブルース・ウィリスは爆弾の威力不足で小惑星破壊に失敗する 2012年08月13日
地球に近づく小惑星は宇宙戦艦のレーザー砲で対処せよ 2012年06月26日

今後数年でインドの相当部分が暑すぎて居住不可能になる可能性

温暖化による気温上昇が続けば、インドやバングラデシュの多くの地域は人間が住むには適さない環境になるとの報告が出ている(CNN)。

世界で現状のままの二酸化炭素排出が続き、世界の気温が4.5℃上昇した場合、インド北東部や東部、バングラデシュなどで「生存可能性の限界」を超える、もしくはこれに近づくことになるという。

インドでは昨年から猛暑が続いており、6月にはニューデリーで最高気温が過去最高の48℃を記録したほか、暑さが原因の死亡者も出ている(AFP)。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
フランスで45.9℃を記録、ヨーロッパ各地の記録的暑さで死者や山火事 2019年07月02日
パリ協定の目標を達成しても日本の猛暑日は1.8倍に、気象研究所などがシミュレーション 2019年05月27日
地球温暖化を抑えられる可能性はほぼない? 2019年03月25日
米政府、温暖化で経済に悪影響との報告書をまとめる。一方トランプ大統領は信じないと明言 2018年11月29日
地球温暖化による気温上昇、「1.5℃」と「2℃」では影響が大きく変わる 2018年10月17日

地球温暖化により気候アパルトヘイトが発生するとの国連報告書

taraiok曰く、

国連の人権専門家Philip Alston氏は、気候変動により「気候アパルトヘイト」とも呼ぶべき現象が起きる可能性を指摘している。これは地球規模の温暖化により、何億もの人々が生活の維持に必要な水や食料、住居といった基本的権利を確保できなくなり、民主主義の原則が損なわれている状況に置かれることを言う。同氏は国連やNGO、企業などの対策が「脅威の緊急性と規模に不釣り合い」であるとする報告書を提出した(The GuardianSlashdot)。

世界の最貧層の二酸化炭素排出量はわずか10%だ。にもかかわらず、彼らは気候温暖化による悪影響の75%を負担する推定となる。結果として地域社会の不満や不平等が拡大、そして一部のグループによる略奪が発生する高まるとしている。そのほかにも、ドナルド・トランプ大統領が、気候科学に関連する予算を減らし研究者を「積極的に沈黙させた」ことやブラジルの大統領に、アマゾンの熱帯雨林を鉱業に開放することを約束させたことも強く批判している。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
昆虫のうち40%の種が数十年のうちに絶滅するという研究結果 2019年02月14日
ビル・ゲイツ氏曰く、地球の気候変動問題解決には原子力が必要 2019年02月01日
カリフォルニア州最大の電力会社が破産、「気候変動による最初の犠牲者」か 2019年01月24日
米政府、温暖化で経済に悪影響との報告書をまとめる。一方トランプ大統領は信じないと明言 2018年11月29日

カナダの食料品店、プラスチック製レジ袋削減のためレジ袋に恥ずかしい言葉を印刷

カナダ・バンクーバーの食料品店「East West Market」がレジ袋の利用を減らすため、「不快な軟膏」「奇妙なアダルトビデオ」「結腸治療」といった文字が書かれた「恥ずかしいレジ袋」をレジ袋として提供する試みを始めたそうだ(時事通信Metro)。

一方で物珍しさからか、このレジ袋を求める人がかえって増えてしまうのでは無いかとの声も出ている。なお、同店ではすでにレジ袋が有料化されており、このレジ袋も有料で販売されるという。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | 変なモノ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
セブン&アイHD、2030年までにプラ製レジ袋を廃止へ 2019年05月10日
京都府亀岡市、プラスチック製レジ袋の提供を禁止する条例を制定へ 2018年12月17日

気象庁が発表する台風の進路予報円、精度向上で半径を平均20%縮小

台風進路予報では、台風の中心が70%の確率で入ると予想される範囲を「予報円」として公開している。今後この「予報円」が、予測精度の向上によって20%ほど縮小されるという(気象庁の発表NHK)。

新しいスーパーコンピュータの導入やプログラムの改善によって進路予測の精度が向上したことから、予報円の半径を小さくすることができるようになったそうだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
自衛隊が防災関係者の集まる協議会で「長期予報を発表」したのはまずかったのか 2013年06月13日
気象庁は「防災のため」意図的に不正確な台風情報を流している 2009年11月05日
日本IBM、AIを使った気象予測へ参入 2017年03月15日
韓国、気象観測装置の不具合頻発で天気予報の精度が悪化 2015年09月01日
自衛隊が防災関係者の集まる協議会で「長期予報を発表」したのはまずかったのか 2013年06月13日
気象庁は「防災のため」意図的に不正確な台風情報を流している 2009年11月05日
日本IBM、AIを使った気象予測へ参入 2017年03月15日
韓国、気象観測装置の不具合頻発で天気予報の精度が悪化 2015年09月01日
自衛隊が防災関係者の集まる協議会で「長期予報を発表」したのはまずかったのか 2013年06月13日
気象庁は「防災のため」意図的に不正確な台風情報を流している 2009年11月05日
日本IBM、AIを使った気象予測へ参入 2017年03月15日
韓国、気象観測装置の不具合頻発で天気予報の精度が悪化 2015年09月01日

ボツワナ、ゾウの狩猟を解禁

あるAnonymous Coward曰く、

アフリカ大陸最後の「ゾウの聖域」とも呼ばれるボツワナが22日、2014年に制定されたゾウの狩猟の全面禁止措置を解除したという(AFPBBNewsweek日本版)。

ボツワナ国内のゾウの数は、狩猟が禁止されるまでの10年間で15%も減少しており、環境保護活動に熱心だった当時のイアン・カーマ大統領が禁止措置を導入したという。その後同国のゾウの数は16万頭に達したとのことで、多数の家畜が殺されるなど農民に被害が出ていることから、禁止措置の解除に至ったという。政府は同国のゾウの環境収容力は5万4000頭程度だと主張、現在の頭数は自然が支えられる限界を大きく超えていると述べている。

ただし、環境保護団体は同国のゾウの数を約13万頭と見積もっており、狩猟の禁止以後も密猟が相次ぎ、ゾウの頭数は増えていないと主張している。一方で、同国のゾウの数は1980年代には3万頭~4万頭台まで減少していたのが、その後の狩猟禁止で今の頭数になったという話もあり、現状はそもそも過剰であるとの見方もある(ボツワナ研究者のツィート)。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
人類がオーストラリアに到達したのは約6万5000万年前で、狩猟で多くの動物を絶滅させたという研究結果 2017年07月24日
アフリカのある地域では多くの象が牙を持たずに生まれてくる 2016年12月13日
アフリカゾウは危険な人間を声で識別できる? 2014年03月17日

米エネルギー省次官曰く、天然ガスは「freedom gas」

米エネルギー省次官のマーク・メネゼス氏が天然ガスについて、「freedom gas」(自由のガス)と表現している(米エネルギー省のプレスリリースArs Technicaの記事Slateの記事The Registerの記事)。

メネゼス氏は5月29日までカナダ・バンクーバーで開催された第10回クリーンエネルギー大臣会合(CEM10)に出席し、テキサス州クインターナのFreeport LNGでの液化天然ガス(LNG)生産拡大に伴って追加の輸出をエネルギー省が認可したことを発表した。メネゼス氏によれば、米国の同盟国へ多様で廉価なクリーンエネルギー源を提供することを通じて世界にfreedom gasを広げるため、LNG輸出量の増加は非常に重要とのこと。同じくCEM10に出席したエネルギー省化石エネルギー担当次官補のスティーブン・ウィンバーグ氏はfreedom gasという言葉を使わなかったものの、天然ガスを「molecules of U.S. freedom」(米国の自由の分子)と呼んでいる。

Slateの記事によると、「freedom gas」という言葉を初めて使ったのはEURACTIVの記者だという。5月1日の記者会見でエネルギー長官のリック・ペリー氏は欧州へのLNG輸出量増加について、欧州をナチスドイツの占領から解放したように、今度は兵士ではなくLNGという形で自由を届けると述べている。これに対し記者が「freedom gas」という表現が適切かどうかを質問すると、ペリー氏は「あなたの見方は正しいと思う」と回答したとのことだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | 電力 | 政治 | サイエンス | アメリカ合衆国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
アメリカをカーボンニュートラル化するには年間1兆ドルが必要 2019年05月18日
石炭火力発電からの撤退・廃止が相次ぐ。ドイツ2038年までに全廃、日本でも新設計画転換へ 2019年02月01日
トランプ米大統領の就任以降、カナダ企業で米国からの求職が増加 2017年11月30日
フランスで「Eメール」という言葉を追放か? 2003年07月20日

チバニアンの申請手続き、反対者が土地を入手して不可能に

あるAnonymous Coward曰く、

千葉県で確認された約77万年前の地層が、「地質年代」の境界として国際標準模式地になるという話があり(過去記事)、2017年にこの地層のある千葉県の名前を取って「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しとなった(過去記事)。これに対し、茨城大学名誉教授の楡井久氏が会長を務める「古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会」が異議を唱えていたのだが(過去記事)、この団体が地層周辺の土地の一部の所有者らから土地の賃借権を取得、立ち入りを拒否することで「チバニアン」命名のための申請を妨害する行為に出たという(朝日新聞読売新聞)。

申請要件では、9月までに「研究のための自由な立ち入りの保証」を提出する必要があるということ。元々この土地は、チバニアン発表後に市が購入すべく地主から譲渡を約束する署名も取りつけていたということだが、最終的に反対者が確保してしまったらしい。

研究に異議があるから研究させない、というのはどう考えても悪手だと思うのだが……。チバニアンは幻で終わってしまうのだろうか?

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
チバニアンに別の研究団体が異議を唱え、審査が中断 2018年05月14日
「チバニアン」で注目される千葉県市原市の地層、有志が階段を設置したことに対し市が懸念を示す 2018年02月13日
「チバニアン(千葉期)」誕生へ 2017年11月14日
千葉県の地層由来の時代「チバニアン」、すでに商標登録されていた 2017年06月05日
茨城大などの研究チーム、「チバニアン」認定に向けて国際学会に申請へ 2017年05月08日
地球の歴史に「千葉期」追加か? 2015年08月10日

チバニアンの申請手続き、反対者が借地権を取得して妨害

あるAnonymous Coward曰く、

千葉県で確認された約77万年前の地層が、「地質年代」の境界として国際標準模式地になるという話があり(過去記事)、2017年にこの地層のある千葉県の名前を取って「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しとなった(過去記事)。これに対し、茨城大学名誉教授の楡井久氏が会長を務める「古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会」が異議を唱えていたのだが(過去記事)、この団体が地層周辺の土地の一部の所有者らから土地の賃借権を取得、立ち入りを拒否することで「チバニアン」命名のための申請を妨害する行為に出たという(朝日新聞読売新聞)。

申請要件では、9月までに「研究のための自由な立ち入りの保証」を提出する必要があるということ。元々この土地は、チバニアン発表後に市が購入すべく地主から譲渡を約束する署名も取りつけていたということだが、最終的に反対者が確保してしまったらしい。

研究に異議があるから研究させない、というのはどう考えても悪手だと思うのだが……。チバニアンは幻で終わってしまうのだろうか?

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
チバニアンに別の研究団体が異議を唱え、審査が中断 2018年05月14日
「チバニアン」で注目される千葉県市原市の地層、有志が階段を設置したことに対し市が懸念を示す 2018年02月13日
「チバニアン(千葉期)」誕生へ 2017年11月14日
千葉県の地層由来の時代「チバニアン」、すでに商標登録されていた 2017年06月05日
茨城大などの研究チーム、「チバニアン」認定に向けて国際学会に申請へ 2017年05月08日
地球の歴史に「千葉期」追加か? 2015年08月10日

パリ協定の目標を達成しても日本の猛暑日は1.8倍に、気象研究所などがシミュレーション

2015年の地球温暖化に対するパリ協定では、『産業革命前からの世界の平均気温上昇を「2度未満」に抑える』ことが目的とされている。しかし、この目的を達成したとしても日本の猛暑日は現在の1.8倍に増えるという(ITmedia気象研究所などの発表)。

昨年の夏は記録的な猛暑や豪雨、強大な台風などが発生したが、気象庁気象研究所や東京⼤学⼤気海洋研究所、国⽴環境研究所の研究チームによると、実際の気候条件と温暖化がなかったと仮定した気候条件をもとに調査やシミュレーションを行ったところ、昨年の猛暑は温暖化によるものが大きいという結論になったという。さらに、気候データベースを使った将来の気候評価においては、「我々が過去に数回しか経験したことのないレベルにまで猛暑の発⽣が増加する」ことが⽰唆されたという。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
地球温暖化を抑えられる可能性はほぼない? 2019年03月25日
世界的な異常高温は少なくとも5年間は続くと予想する研究論文が発表される 2018年08月16日
米研究者ら、温暖化による今世紀中の気温上昇を予測。トランプ政権による報告への介入に対する懸念も 2017年08月15日

地球の軌道を50%外側に移動するにはどれぐらいかかる?

headless曰く、

膨張する太陽から逃れるために地球を太陽系外に移動するという中国のSF作品「The Wandering Earth(流浪地球)」がNetflixで4月末にリリースされたことにちなみ、実際に地球の軌道を変更する方法について英グラスゴー大学のロケット科学者Matteo Ceriotti氏がまとめている(The Conversation)。

実際に50億年後には太陽が膨張をはじめ、地球を飲み込む可能性もあると考えられている。また、それよりも手近な問題である地球温暖化の解決策として地球の軌道を現在よりも外側に移動するということも理論上は可能だという。記事では地球の軌道を50%外側へ移動し、火星と同様の軌道に変更することを想定して話が進められている。

小惑星の軌道を変更して地球衝突を防ぐ手法は考案されているが、衝撃が大きかったり、逆に力が弱すぎたりするため、地球の移動に用いることはできない。ロケットを打ち上げる際には地球がわずかに反対側に押されるものの、地球を移動するのには程遠い。現在最もパワフルなSpaceXのFalcon Heavyでも3垓回の打ち上げが必要となり、ロケットを作るのに必要な材料は地球の質量の85%に相当するという。電気航法、特にイオン推進ならより効率の良い移動が可能になるが、それでも地球の質量の13%相当を噴出する必要があるとのこと。

レーザー推進を使用すれば必要なエネルギーは太陽から得ることができ、地球の質量を減らすこともないが、Breakthrough Starshotプロジェクトが想定する100GWのレーザーであっても、300京年間継続的にビームを発し続ける必要がある。一方、地球の直径の19倍の太陽帆を作ることができれば、10億年の間に目標軌道まで移動することが可能とのこと。現時点で最も現実的な方法は、小惑星を運んできて地球にスイングバイさせる方法だが、将来的には巨大な太陽帆の建設の方が期待できるという。小惑星を利用する方法では、計100万個の小惑星を数千年に一度スイングバイさせることで、太陽の膨張に合わせて軌道を徐々に外側へ移動させることが可能とのことだ。

ただし、これらの方法で地球を移動させることと比較すれば、火星を居住可能にして人類を移動させることが難しいとは全く感じられないと結論付けている。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | 火星 | サイエンス | サン・マイクロシステムズ | 宇宙 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
NASA、地球に衝突する可能性のある小惑星が発見されたというシナリオの机上訓練を惑星防衛会議で計画 2019年04月28日
小惑星が地球に接近、その21時間前まで誰も気付かず 2018年04月25日
小惑星の軌道を10年で変えるには約50回ほど「ハンマー」をぶつける必要がある 2018年03月28日
アルファ・ケンタウリまで20年で到達するNanocraft計画 2016年04月14日
地球の高温化ですべての生命が死滅する可能性、ただし28億年後 2013年10月31日

アメリカをカーボンニュートラル化するには年間1兆ドルが必要

あるAnonymous Coward曰く、

米民主党は次の大統領選挙に向け、気候変動が選挙の政治的焦点になると考えている。彼らは地球温暖化ガスの放出を10分の1に抑える計画を立案している。だが、それは本当に可能だろうか。実現には、内燃機関を利用する自動車の利用を停止し、石炭で生産された電力の大半を放棄し、調理や暖房に天然ガスを使用するよう建物を改装する必要がある。

温室効果ガスの定量化を行っているGlobal Carbon Projectによると、2018年の世界全体の排出量は前年同期比で2.7%、米国では2.5%増加したという。民主党の大統領候補の一人Beto O'Rourkeは、2050年までにその目標を達成するため5兆ドルの計画を立てた。2030年までの実現を求める議員も複数いる。

これに対し、ブレイクスルー研究所のAlex Trembath氏は「2050年のカーボンニュートラル実現は可能だろう。しかし、2030年での実現はどう考えても不可能だ」と話す。国連が率いるDeep Decarbonization Pathways Projectによると、米国産業のカーボンニュートラル化を実現するためには、2050年までに年間1兆ドル以上の投資が必要になるという。この数字は、グリーンニューディール政策を達成するには、年間約9,800億ドルの費用がかかるというブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスの見積もり値と一致している。

かといって気候変動に対応しない場合、より対策コストを増加させることになる。国連環境金融イニシアチブプロジェクトの分析によると、二酸化炭素の増加への対策を遅らせると今後15年間で企業は1兆2000億ドルの費用負担が増えると指摘している(Bloomberg BusinessweekSlashdot)。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | アメリカ合衆国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
地球温暖化を抑えられる可能性はほぼない? 2019年03月25日
EU、トラックのCO2排出量を2030年までに30%削減へ 2019年02月22日
地球温暖化による気温上昇、「1.5℃」と「2℃」では影響が大きく変わる 2018年10月17日
ハワイ、2045年までにカーボンニュートラル化を目指す 2018年06月09日

断層が存在しない場所で発生したポルトガル沖の謎の地震はプレートの剥離が原因か

あるAnonymous Coward曰く、

1969年にポルトガル沖で大地震による津波が発生した。一般的に地震は断層のずれや海底火山の活動などが原因とされるが、この地震の震源近くには断層や海底火山は存在せず、なぜその場所で地震が発生したのか、その原因は長らく分かっていなかった。しかし、新たな研究により、この地震は「プレートの剥離」が原因だという仮説が浮かんできたそうだ(ナショナル ジオグラフィックSputnikSlashdot)。

研究によると、地震の震源部分に「密度の高い塊」が存在していることが分かったという。仮説では、プレートの亀裂に入り込んだ海水によってプレートの表層が脆くなり、この「密度の高い塊」の部分が剥離して沈み込んでいき、沈み込み帯と呼ばれる海溝やトラフの元になる領域が生まれるのではないか、と推測されている。

この説はまだ仮説段階だが、もし事実であれば海洋プレートが剥離して沈み込み帯が生まれる様子をとらえた初めての研究となるという。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
3月13日の紀伊水道を震源地とする地震、南海トラフ地震との関連は? 2019年03月16日
相模トラフのプレート境界で発生する大地震の発生間隔は500~2800年 2017年09月07日
東北地方太平洋沖地震により太平洋プレート内部にて正断層地震活動が活溌化 2012年02月01日
マントル遷移層下部に「プレートの墓場」? 2008年02月14日

廃棄物の移動を制限するバーゼル条約に「汚れた廃プラ」が追加、ゴミの輸出が困難に

あるAnonymous Coward曰く、

有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」(バーゼル条約)が改正され、「汚れた廃プラスチック」も規制対象とすることが決まった(朝日新聞日経新聞)。

この条約改正案は、ノルウェーが提案し、日本やスイス、ザンビアなども共同提案国として推進したもの。これまで廃プラスチックはリサイクル資源として規制の対象外となっていたが、今回の改正により、汚れていたり他のゴミと混じっている廃プラは規制対象となる。ただし、「汚れ」の判断基準については各国の運用に任せられるほか、輸入国政府の同意がある場合、またきれいな廃プラについては引き続き移動が認められる。

日本はバーゼル条約の規制品目について、国内法で輸入国に国内と同等の処理体制がないと輸出を認めないとしている。廃プラの年間排出量約900万トンのうち、2018年時点で約100万トンが輸出されていたが、今後これらの多くが行き場をなくす見通しで、企業や自治体は処理能力の増強が迫られる。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ネスレ、プラスチック製ストローの全廃などプラスチック廃棄物への取り組みを加速 2019年01月25日
中国のプラスチックゴミ輸入禁止、国内のプラスチックゴミ処分に影響 2018年10月22日
レゴブロックの植物関連パーツ、植物由来プラスチックが原料に 2018年03月04日

コロンビア大学、水から塩を分離できる低コストかつ効率的な手法を開発

taraiok曰く、

海水から塩分などを取り除いて人間が飲めるようにする淡水化技術は以前より注目されている。しかし、現時点でも淡水化プラントは世界中で稼動しているもののその効率は悪く、精製した淡水以上の塩水を排出することも珍しくないようだ。そのような状況のなか、コロンビア大学の研究者たちが高効率で淡水化を実現する方法を開発したという(CNETコロンビア大学実験動画Slashdot)。

このプロセスはTemperature Swing Solvent Extraction(TSSE) と呼ばれ、海水の7倍の塩分を含む過塩水と呼ばれる産業排水でも淡水化できるという。この手法では、微細有機化合物の製造といった化学工学分野で広く採用されている溶媒抽出法による分離を採用している。現在主流となっている逆浸透膜方式に匹敵する最大98.4%の塩分を除去することに成功したそうだ。

さらに、逆浸透膜や蒸留を含む他の淡水化の方法とは異なり、高圧や加熱を行う必要がなく、加工元の水が70℃未満の温度であれば炭水化可能なため低コストであるとしている。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
キレート剤系列の新素材を使って海水からウランを効率的に回収する技術が開発される 2019年03月01日
台風による塩害が相次ぐ 2018年10月10日
カリフォルニア州で建設中の大規模な海水淡水化プラント、電力で淡水を作ることの是非 2015年04月15日
海水を真水に変えるバッテリー装置、開発中 2012年02月15日

キツツキ、木を突く行動によって脳にダメージを負っていた可能性

Nasubee曰く、

キツツキはくちばしを木に打ち付ける習性を持つが、その衝撃によって脳にダメージが与えられている可能性があることが分かったという(ロイター)。

キツツキはこれまで、脳のサイズが比較的小さい、頭蓋骨にしっかり守られているなどの理由で、脳にはほぼダメージがないと考えられてきた。しかし、最近の研究ではキツツキの脳に脳損傷と関係のある「タウタンパク質」の蓄積が生じていることが分かったそうだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
脊髄損傷による下半身不随患者に対し神経を刺激して歩行可能にするデバイス 2018年09月28日
脊椎損傷で両肩から下が麻痺した男性、脳に埋め込んだ電極経由で筋肉を動かすことに成功 2017年03月31日
衛星レーザーでキツツキを狙え 2010年12月30日

30年以上にわたってフランスの海岸へ漂着し続けたガーフィールド型電話機の流出元が見つかる

headless曰く、

フランス・ブルターニュ地方のイロワーズ海沿岸へ30年以上にわたって漂着し続けていたガーフィールド型電話機の流出元が見つかったそうだ(FranceinfoFrance 3 BretagneThe VergeBBC News動画)。

この電話機は漫画「ガーフィールド」のタイトルロール、オレンジ色で太ったトラネコの形をした有線電話機で、受話器を上げると目を開き、受話器を置くと目を閉じる仕掛けが搭載されている。1980年代に海へ落ちたコンテナから少しずつ流出していると考えられていたが、コンテナの場所は特定されておらず、昨年だけでも鮮やかなオレンジ色をした大小さまざまなパーツが200個ほど、海岸で回収されているという。

発見のきっかけとなったのは今年2月、海岸の清掃に取り組む環境団体Ar ViltansoùFranceinfoを通じて情報提供を呼び掛けたことだ。Franceinfoの記事は話題となり、1980年代の初めにコンテナを見たという男性から情報が提供された。当時19~20歳だった男性は嵐の後でガーフィールド型電話機が散乱しているのを砂浜で見つけ、兄弟で探しに行ってコンテナが洞窟に漂着しているのを発見したとのこと。ただし、兄弟がこの発見を誰かに話すことはなく、そのまま忘れ去られていたようだ。

洞窟はイロワーズ海洋公園の中心部にあり、干満の差が大きい日の干潮時にしか入れないため、Ar ViltansoùとFranceinfoは大潮の3月22日を選んで現地調査を実施。洞窟ではコンテナの残骸やばらばらになった電話機のパーツが多数見つかっており、今後回収作業を行う計画だという。ただし、これまでにガーフィールド型電話機が見つかっている海岸と海流の関係を見ると、流出元がここだけではない可能性もあるとのことだ。

すべて読む | idleセクション | 地球 | ハードウェア | アニメ・マンガ | サイエンス | idle | 情報漏洩 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
東日本大震災の津波の漂流物に乗り、日本の沿岸性海洋生物300種近くが生きたまま米国に漂着 2017年09月30日
海上に柵を作って漂うゴミを集めるシステム、対馬沖へ設置へ 2015年07月03日
米西海岸に漂着した日本の瓦礫、専門家は付着した外来種によって生態系が壊されることを懸念 2012年06月12日
ハーレー社曰く、漂着バイク無償修理し届けたい 2012年05月07日

地球温暖化を抑えられる可能性はほぼない?

今後の地球温暖化状況をシミュレーションしたところ、地球温暖化を「安全なレベル」にまで抑えることは非常に難しいという結果が出たそうだ(ナショナルジオグラフィックNature Climate Change誌掲載論文)。

この研究では「二酸化炭素排出量削減のため使用できる資金は世界の年間GDPの3%未満であること」といった現実的な条件を設定しシミュレーションを行ったという。その結果、2030年までに気温上昇を2℃未満に抑えることは非常に難しく、また気温上昇を1.5℃未満に抑える方法はないということも分かったそうだ。

別の報告書でも、気温上昇を1.5℃未満に収めるには空気中から直接二酸化炭素を回収するといった「大規模な工学的炭素除去」を行うしかないとの結論が出ているそうだ。しかし、これらの技術は実績がなく、成功するかどうか分からない「ギャンブル」だという。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
オーストラリア・ブランブル・ケイ島固有種のネズミが絶滅、温暖化による海面上昇が原因か 2019年02月26日
カリフォルニア州最大の電力会社が破産、「気候変動による最初の犠牲者」か 2019年01月24日
今夏の異常気象は温暖化が原因という解析結果 2018年12月11日
米政府、温暖化で経済に悪影響との報告書をまとめる。一方トランプ大統領は信じないと明言 2018年11月29日
「2005年から10年間で気温は上がるかどうか」で賭けを行なった気候変動研究者と太陽物理学者、勝者は気温上昇派 2018年10月25日
地球温暖化による気温上昇、「1.5℃」と「2℃」では影響が大きく変わる 2018年10月17日

CO2を石炭に戻すという炭素回収技術が開発される

taraiok曰く、

オーストラリア・RMIT大学の研究チームが、気体の二酸化炭素ガスを常温で固体の炭素に変換する技術の開発に成功したという(The IndependentSlashdot)。

この手法は、「液体金属電解法」を使用することで二酸化炭素ガスを固体の炭素粒子に効率的に変換するというもの。現在の炭素回収技術はガスを液体に変えて地下に注入するCCSなどがあるが、経済的な問題や貯蔵場所からの漏洩などの課題があることから普及していない。

研究者たちは二酸化炭素を変換するため、効率的に電気を伝導させる特殊な表面特性を持つ液体金属触媒を設計したという。二酸化炭素は少量の液体金属と共にビーカー中に溶解され、ゆっくりと固体フレークに変換される。このフレークは液体金属表面から自然に剥離されることから、連続生産も可能だとしている。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ビル・ゲイツが選ぶ、ブレイクスルーテクノロジー2019年版 2019年03月02日
インドの石炭火力発電所で二酸化炭素を回収し重曹に転換するシステムが導入される 2017年01月12日
地下にCO2を封印 2002年07月05日

レジ袋、全国一律で有料化を義務付けへ

政府が全国一律での「レジ袋有料化」を検討している(テレビ朝日日経新聞共同通信)。

政府の中央環境審議会が22日、使い捨てプラスチックの排出量を2030年までに25%削減する方針を決定した。レジ袋有料化の義務付けもこの「プラスチック資源循環戦略案」に含まれているという。いつから有料化を行うかについては明示されていないとのことだが、早ければ2020年にも行われるという。

昨今ではプラスチックによる海洋汚染問題に関する議論が広がっており、この問題に対する日本政府の姿勢をアピールしたいという背景もあるようだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | 政府 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ネスレ、プラスチック製ストローの全廃などプラスチック廃棄物への取り組みを加速 2019年01月25日
京都府亀岡市、プラスチック製レジ袋の提供を禁止する条例を制定へ 2018年12月17日
マイクロプラスチックの主要汚染源は化学繊維であり、洗濯機である 2018年09月06日