「earth」カテゴリーアーカイブ

COVID-19感染の懸念から北米でエコバッグ一時禁止の動き

買い物袋を繰り返し使用することでCOVID-19感染リスクが高まるとして一時的にエコバッグを禁止し、使い捨て型レジ袋の禁止を解除する動きが北米で出ているそうだ(EcoWatchの記事Gristの記事Thompson Citizenの記事northjersey.comの記事POLITICOの記事Hawaii Tribune-Heraldの記事The Vergeの記事)。

最近の研究によれば、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は実験室の環境でボール紙の表面に付着してから最大24時間、プラスチックやステンレスの表面に付着してから2~3日は検出可能な状態を維持することが明らかになっている。エコバッグの素材に多い布帛は研究の対象になっていないが、客の持ち込んだ買い物袋に触れる機会の多い店員は感染リスクが高いという。エコバッグ利用者は使用後に毎回洗濯・消毒することでリスクを最低限に抑えることができるものの、店員がエコバッグの衛生状態を知ることはできない。

近年は増加するプラスチックごみによる環境への影響の懸念から、一回で使い捨てにするプラスチック製品を禁止する動きが加速していたが、スターバックスが日本と北米の店舗で一時的に使い捨て型食器のみの提供へ切り替えるなど、COVID-19パンデミックにより当面は減速するとみられる。その後スターバックスでは北米の店舗を一時的に持ち帰り専用としているが、持ち帰りと配達に限って飲食店の営業を認める自治体も増えており、このような営業形態では使い捨て型の食器・容器が主力となる。

買い物袋に関しては自治体により対応は異なるが、一時的なエコバッグ禁止やレジ袋提供禁止解除のほか、エコバッグは禁止しないまでも衛生状態を保つようにとの呼びかけも行われている。これを受けてレジ袋提供を再開した店舗も出ているとのこと。ただし、布地を通じてCOVID-19の感染が広がっているという証拠はなく、COVID-19に対する不安感をあおってレジ袋禁止を後退させようとしているという批判も出ている。

一方、日本では7月からレジ袋有料化が義務付けられるが、前倒しして4月から開始した店舗も多いようだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | 医療 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Dell、データセンターの消毒が必要な場合は専門業者に依頼することを推奨 2020年03月22日
タイの首都バンコクと隣接5県、生活必需品以外の物品やサービスを提供する店舗などを3週間閉鎖 2020年03月22日
米TSA、ハンドサニタイザー限定で大きな容器での旅客機客室内持ち込みを認める 2020年03月15日
スターバックス、日本と北米の店舗で再使用可能食器の使用を一時中止 2020年03月07日
中国人民銀行、新型肺炎(COVID-19)感染地域で流通した紙幣の消毒・隔離を指示 2020年02月18日
米ニューヨーク市、市が所有・賃借する敷地内での使い捨てプラスチックボトルの排除へ 2020年02月14日
コカ・コーラは使い捨て型プラスチックボトルの使用をやめない 2020年01月28日
ライター用オイル缶の新幹線持込発覚で約6万円の増運賃が請求される事件 2020年01月15日
パキスタン政府、使い捨てビニール袋を禁止。違反した場合は約70ドルの罰金 2019年08月19日
レジ袋、全国一律で有料化を義務付けへ 2019年02月28日
京都府亀岡市、プラスチック製レジ袋の提供を禁止する条例を制定へ 2018年12月17日
Collins Dictionary、2018年を代表する単語に「Single-use」を選定 2018年11月10日

ウミガメが海洋プラスチックごみに付着した微生物や藻類の匂いを食べ物の匂いと誤認している可能性

ウミガメが海洋プラスチックごみを食べてしまう原因として、付着した微生物や藻類の匂いを食べ物の匂いと誤認してしまう可能性を示す研究成果が発表された(論文ノースカロライナ大学のニュース記事Ars Technicaの記事)。

ウミガメが海洋プラスチックごみを食べる原因としては、プラスチック製の袋の外見がクラゲに似ているため餌と誤認するという仮説もあるが、餌と誤認しそうもない外見のプラスチックごみを食べたウミガメが発見されることもある。一方、ウミガメが食べ物の匂いやジメチルスルフィドといった空気中の臭気物質を検知できることが過去の研究で確認されている。

今回の研究では生後約5か月のアカウミガメ15匹それぞれに対し、(a)脱イオン水、(b)ウミガメの餌、(c)清浄なプラスチック、(d)バイオフィルムの付着したプラスチック の匂いをランダムな順序で水槽上部の空間に送り、反応を確認している。その結果、アカウミガメは(b)(d)の場合に(a)(c)の場合の3倍の時間鼻先を水面から突き出していたという。ただし、今回の研究ではアカウミガメが反応した臭気物質の特定までは行っておらず、水中に溶け込んだ物質に反応した可能性も排除できない。

具体的にウミガメが何に反応し、行動に影響を受けているのかといった点についてはさらなる調査が必要となる。その原因を理解することは増加し続ける海洋プラスチックごみがもたらす野生生物や生態系への影響を緩和するためにも重要とのことだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ハチノスツヅリガの幼虫によるポリエチレンの代謝と腸内細菌叢のかかわりを示唆する研究成果 2020年03月11日
コカ・コーラは使い捨て型プラスチックボトルの使用をやめない 2020年01月28日
The Coca-Cola Company、海洋プラスチックごみを原料に使うコカ・コーラボトルを開発 2019年10月14日
京都府亀岡市、プラスチック製レジ袋の提供を禁止する条例を制定へ 2018年12月17日
「プラスチックごみ」対策で木製ストローが開発される 2018年12月14日
カールスバーグ、従来のプラスチック包装を使用しない缶ビール6本パックを発表 2018年09月09日
東日本大震災の津波の漂流物に乗り、日本の沿岸性海洋生物300種近くが生きたまま米国に漂着 2017年09月30日

牛の二酸化炭素排出量を抑える「超高密度放牧」

taraiok曰く、

家畜による温室効果ガスの排出量は全世界の約14%を占めており、とくに牛は一頭あたり毎年約100キログラムのメタンを吐き出すと推定されていることから、気候変動の世界では悪役とされてきた。リチャード・ティーグ教授率いるテキサスA&M大学の研究チームは、この問題を改善するための効果的な放牧システムを発見した(CNNSlashdot)。

その手本となったのがダニー・スラブバート氏の放牧方法だ。彼は牛の群れの密度を大幅に高め、特定の場所の草を食べ尽くしたら別の場所に行くという回遊鳥の群れのような仕組みを作り出した。この方法は超高密度放牧と呼ばれている。牛がすべての草を食べ、糞をすることで、良質な草の種のみが生き残る。そしてそこにカブトムシの幼虫を紛れ込ませる。小さな虫は糞を分解し、大きな虫は自然の肥料を土壌の奥深くまで運び込む。これにより土壌と草原の状態が良くなる。

研究では、適度に効果的な放牧システムを行うことで、牛が排出するガスよりも多くの炭素を土壌に閉じ込めることができるという。地球の表面の約30%から40%は天然の草原とされる。植物は光合成により大気から炭素を吸収し、その根によって土壌に炭素を送り込む。しかし、土壌が炭素を貯蔵できるようにするには、土壌が生きたものでなければならないのだという。

世界中の農家は化学肥料などを利用することで土壌の効率が落ち、土壌にあった炭素も失われてきた。多くの農民や科学者は、科学革命の犠牲になった土壌を蘇らせたいと考えている。その再生農業の鍵は、スラブバート氏の超高密度放牧のような牛と作物の2つを組み合わせることにあるとしている。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
人類の食習慣を変えなければ気候変動問題は解決しないとの指摘 2019年10月03日
アフリカの砂漠にごみをまいて農地をつくる日本人 2018年03月05日
食糧問題を解決する鍵は「昆虫」と「人工肉」 2012年08月08日
牧場の牛の群れをリモートコントロールする装置 2008年10月09日
食用肉の脂肪からバイオディーゼルを生産する試み 2007年04月19日

クジラ座礁は太陽嵐が原因?

Anonymous Coward曰く、

コククジラは地球の磁場を関知してそれを利用して移動しており、太陽嵐の影響で磁場が乱れると座礁することがある、ということを示す研究結果が発表された(ナショナルジオグラフィックSlashdot)。

クジラが浅瀬や岩場などに乗り上がって動けなくなる現象は「座礁鯨」などと呼ばれており、昔から確認されている。こういった現象が発生する理由はまだ分かっていないが、今回発表された研究はこの理由の1つとして太陽嵐を上げている。

コククジラは大陸の沿岸部を数万kmに渡って回遊することが知られているが、最近このコククジラの座礁が頻発しているという。そのため研究者らが1985年以降、北米の西海岸で発生したコククジラの座礁事件を調べたところ、太陽嵐の影響で地場が乱れている日にコククジラの座礁が多く発生する傾向があることを発見したという。

鳥類や昆虫、魚類などで磁場を感じることのできる種がいることはすでに確認されており、クジラがそうであっても不思議ではない。ただ、実際にその能力があるかどうかは未確認だという。

論文では、地球の磁場の変動を示す「ap指数」もついても調査しているが、こちらはクジラの座礁とは関連がないことも明らかになったとしている。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
太陽嵐発生が予測された 2013 年 5 月になりました 2013年05月09日
2013 年、大規模な太陽嵐が地球に到達? 2010年06月18日
火星の厳しい放射線環境を軽視する風潮に対する批判 2020年01月29日
人間も地磁気を感じることができるという研究結果 2019年03月20日

南極で過去最高気温となる18.3℃を観測か

南極の気温が上昇しているという話は以前より話題になっており、2015年にはエスペランサ観測基地過去最高気温を更新する17.5℃が観測されたが、(過去記事)、今年2月6日に同基地でこれを上回る18.3℃の気温が観測された可能性があるという。世界気象機関(WMO)が発表した(共同通信ウェザーニュースYahoo!ニュース)。

フェーン現象がこの高温の原因の1つとも推測されている。なお、同基地の2月の最高気温の平均は3.7℃だそうだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
南極の棚氷から巨大氷山がついに分離、面積は三重県とほぼ同じ 2017年07月18日
南極で巨大氷山が分離し、海面が上昇する恐れ 2017年01月11日
南極大陸のエスペランサ基地、気温17.5度を記録。観測史上最高 2015年04月06日

タガメ、希少動物として規制対象に

Anonymous Coward曰く、

政府がカメムシ類の昆虫「タガメ」を「特定第2種国内希少野生動植物種」とし、売買や販売目的の捕獲を禁止する対象に指定した(共同通信)。

実はタレコミ子はタガメを見た事がない。

昨今ではタガメの生息地が激減しているだけでなく、マニアによる乱獲なども行われているという。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | 政府 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
絶滅危惧種「ミヤコタナゴ」の繁殖に成功、しかし無許可で譲り受けていたため逮捕される 2014年01月15日
京都府の指定絶滅危惧種「ヤドリキ」、情報共有不足で府土木事務所によって伐採される 2019年06月07日
ハワイマイマイの最後の1匹が他界 2019年01月16日
ドジョウが準絶滅危惧種に指定される。将来は絶滅危惧種になる可能性も 2018年05月25日

地質時代「チバニアン」、国際学会が正式に認定

約77万4000〜12万9000年前の地質時代を「チバニアン」(千葉時代)と命名することが国際地質科学連合の理事会で決定した。地質時代に日本の地名がつくのは初めてとなる(NHK毎日新聞日経新聞)。

「チバニアン」の由来は、千葉県市原市の地層。この地層は地場の逆転を示す境になっていることなどから、当時の環境を示す優れた現場だと認定された。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
「チバニアン」3次審査を通過 2019年12月02日
市原市、「チバニアン」申請に向け反対派の妨害を条例で対処へ 2019年06月26日
チバニアンに別の研究団体が異議を唱え、審査が中断 2018年05月14日
「チバニアン」で注目される千葉県市原市の地層、有志が階段を設置したことに対し市が懸念を示す 2018年02月13日
千葉県の地層由来の時代「チバニアン」、すでに商標登録されていた 2017年06月05日
茨城大などの研究チーム、「チバニアン」認定に向けて国際学会に申請へ 2017年05月08日
地球の歴史に「千葉期」追加か? 2015年08月10日

NASAの系外惑星探索衛星TESS、ハビタブルゾーンに位置する地球サイズの系外惑星を初めて発見

NASAの系外惑星探索衛星TESSがミッション開始以来初めてハビタブルゾーン内に位置する地球サイズの系外惑星を発見したそうだ(NASAのニュース記事GeekWireの記事Mashableの記事SlashGearの記事)。

TESSは全天を26分割した各セクターをそれぞれ27日ずつ観測し、恒星の手前を天体が通過する際の明るさの変化をとらえるトランジット法により天体を検出する。ケプラー宇宙望遠鏡のミッションで対象としていた恒星の30倍~100倍程度明るい恒星が対象のため、地上の望遠鏡や宇宙望遠鏡での追跡調査もはるかに容易だという。

今回ハビタブルゾーン内で発見された地球サイズの系外惑星は「TOI 700 d」と呼ばれる。主星のTOI 700はかじき座に位置する赤色矮星で地球からの距離は100光年と少し、大きさは太陽の40%程度、表面温度は太陽の半分程度となる。TOI 700 dを追跡調査したのは1月に退役を控えたスピッツァー宇宙望遠鏡で、大きさとハビタブルゾーンに位置することを確認して新たな成果を上げた。

TOI 700系では3つの系外惑星が見つかっており、最も内側の軌道を10日で周回するTOI 700 bはほぼ地球と同じサイズで、岩石惑星とみられている。中間の軌道を16日で周回するTOI 700 cはガス惑星で、地球の2.6倍の大きさ。ハビタブルゾーンに位置するのは最外周を37日で周回するTOI 700 dのみで、地球よりも20%大きいとのこと。3つの系外惑星はすべて自転と公転が同期しており、常に同じ面が主星に照らされていると考えられている。

TOI 700 dについてはスピッツァー宇宙望遠鏡のデータを元にさまざまな環境モデルが作られているが、常に同じ面が主星に照らされていることから地球の環境とは大きく異なるとみられる。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | 宇宙 | NASA | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
太陽系外の惑星で水蒸気の存在が確認される、降雨や生命の可能性も 2019年10月09日
NASA、ケプラー宇宙望遠鏡の退役を発表 2018年11月02日
バルカン星の「太陽」として知られるエリダヌス座40番星Aのハビタブルゾーンにスーパーアース 2018年09月22日
地球から1,481光年の距離に謎の天体が観測される、ダイソン球の可能性? 2015年10月20日
銀河バルジ内で発見された系外惑星、高い確率でハビタブルゾーンに位置することが確認される 2013年10月20日
NASAのTESS宇宙望遠鏡は生命生存に適した太陽系外惑星発見を目指す 2013年05月29日
ハビタブルゾーン内でこれまでで最も地球に近いサイズの惑星が見つかる 2013年04月20日
太陽系外惑星に酸素と炭素を発見 2004年02月01日

海洋酸性化はサメに影響を与える

headless曰く、

海洋酸性化がサメに与える影響について、南アフリカとドイツの研究チームがモヨウウチキトラザメ(Haploblepharus edwardsii)を用いた実験による研究成果を発表した(Scientific Reports掲載論文Mashableの記事)。

海洋酸性化は海水が大気中の二酸化炭素を吸収することで引き起こされるもので、西暦2300年までに地球全体で海洋の水素イオン指数は慢性的にpH 7.3まで低下すると予測されている。モヨウウチキトラザメは南アフリカ沿岸の固有種。生息域のベンゲラ海流大規模海洋生態系(BCLME)は南半球の春から秋にかけて湧昇により海水がたびたび高炭酸状態となり、秋にはpH 6.6まで低下することもあるという。そのため、生理学的には高炭酸状態に適応しているが、高炭酸状態が長期に及ぶと皮膚に影響が表れるようだ。

実験で使用した80匹のモヨウウチキトラザメは、南半球の春にケープタウン近郊サイモンズタウンのヨットハーバーでスキューバダイバーが手で捕まえたもの。高炭酸状態の海水(ph 7.3)を使用するグループと正常炭酸状態の海水(ph 8.0)を使用するグループ(対照群)に分け、短期(24時間+回復時間8時間)と長期(9週間)の経過を調査している。その結果、短期・長期ともに高炭酸状態でも体内の酸塩基バランスに大きな影響はみられない一方、高炭酸状態が長期に及ぶと皮膚の小歯状突起(皮歯)が化学的腐食し、通常と比べて表面の滑らかさや角の鋭さが失われていたという。

小歯状突起が化学的腐食することで代謝が増加するほか、皮膚の保護能力も低下する。モヨウウチキトラザメは呼吸をするために泳ぐ必要はないが、遠洋に住む大型のサメでは小歯状突起の表面が滑らかさを失うことで泳ぐ速度が低下し、二酸化炭素の代謝能力が影響を受ける可能性がある。また、サメの歯は構造的・組成的に小歯状突起と同じであることから、歯への影響も考えられる。海洋酸性化による海洋生物への影響は無脊椎動物や硬骨魚類で数多く研究されているが、サメなどの軟骨魚類に関してはあまり研究されていないことから、さらなる研究が必要だと論文は結論付けている。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
酸による傷害事件から実を守るための耐酸化粧品、2020年に製品化へ 2019年06月11日
ペルム紀末に急速な海洋酸性化が進み、海洋生物の大量絶滅を引き起こしたことを示す研究成果 2015年04月12日
恐竜の絶滅は、隕石の衝突による酸性雨などが原因だった説 2014年03月10日
「海洋酸性化」によって南極海の食物連鎖を支える「海のカタツムリ」の殻が脆くなっている 2012年11月29日
秋田県田沢湖で絶滅したと見られていたクニマス、山梨県西湖で生きていた 2010年12月16日

2019年の平均気温は歴代最高に

Anonymous Coward曰く、

冬としては暖かい日が続いているが、23日の気象庁の発表によれば、2019年の年平均気温の速報値は基準値(10年までの30年平均)を0.92度上回り、1898年の統計開始以来最も高温となるようだ(日経新聞)。

年平均気温は北海道から沖縄まで15の観測地点を抽出し、それぞれの基準値の差から算出。全国的に気温の高い状態が1年を通して続いたことが記録更新の要因だという。

また台風は29個発生、うち15個が接近、5個が上陸。いずれも平年値(発生25.6個、接近11.4個、上陸2.7個)を上回ったとしている。ちなみに世界の年平均気温速報値は基準値(同)を0.42度上回り、1891年の統計開始以来で2番目に高くなりそうだとのこと。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
グリーンランドの氷床で湖が大きく増加、Google Earth技術による解析で判明 2019年12月20日
2011年から2014年の間、電気料金上昇が原因で少なくとも1280人が亡くなっているという推計 2019年10月31日
環境省、「2100年未来の天気予報」を公開 2019年07月23日
温暖化の影響で今後米国の都市も暑くなるとの予想 2019年07月19日
今後数年でインドの相当部分が暑すぎて居住不可能になる可能性 2019年07月06日
パリ協定の目標を達成しても日本の猛暑日は1.8倍に、気象研究所などがシミュレーション 2019年05月27日

グリーンランドの氷床で湖が大きく増加、Google Earth技術による解析で判明

グリーンランドの氷床を撮影した航空写真を分析した結果、過去20年で氷床上に存在する湖の数が約27%増加していることが分かったという(ナショナルジオグラフィック)。

氷床上に現れる湖の数や大きさの増加は、気温の上昇に関係していると見られている。さらに、湖の水が湖の外に流れ出ることで氷床自体の崩壊が進む可能性があるともされている。

このデータは、NASAの地球観測衛星テラに搭載されている中分解能撮像分光放射計によって過去20年間に撮影された観測画像を、Google Earthで使われている技術を使って分析したもの。画像の数は1万8000枚で、データ解析には5日がかかったという。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
南極の氷は地球内部からの熱によっても溶かされていたという説 2017年11月17日
南極の氷の下に新たに91の「火山の可能性がある地形」が見つかる 2017年08月18日
グリーンランドの氷床上に建設された軍事基地、温暖化によって危機が訪れる 2016年09月28日
NASA、南極の氷床は厚みが増加していると発表 2015年11月04日
南極大陸の融解速度が速まっている 2014年05月22日

グリーンランドの氷床で湖が大きく増加、Google Earth技術による解析で判明

グリーンランドの氷床を撮影した航空写真を分析した結果、過去20年で氷床上に存在する湖の数が約27%増加していることが分かったという(ナショナルジオグラフィック)。

氷床上に現れる湖の数や大きさの増加は、気温の上昇に関係していると見られている。さらに、湖の水が湖の外に流れ出ることで氷床自体の崩壊が進む可能性があるともされている。

このデータは、NASAの地球観測衛星テラに搭載されている中分解能撮像分光放射計によって過去20年間に撮影された観測画像を、Google Earthで使われている技術を使って分析したもの。画像の数は1万8000枚で、データ解析には5日がかかったという。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
南極の氷は地球内部からの熱によっても溶かされていたという説 2017年11月17日
南極の氷の下に新たに91の「火山の可能性がある地形」が見つかる 2017年08月18日
グリーンランドの氷床上に建設された軍事基地、温暖化によって危機が訪れる 2016年09月28日
NASA、南極の氷床は厚みが増加していると発表 2015年11月04日
南極大陸の融解速度が速まっている 2014年05月22日

海の酸素減少でマグロやサメなどが減少、海がクラゲやイカによって支配される時代が来る可能性

Anonymous Coward曰く、

国際自然保護連合(IUSN)は国連気候会議で、1960年から2010年の間に海洋に溶け込んでいる酸素の量が、水温の上昇に伴い2%減少したとの報告書を発表した。気候変動による温室効果の影響で熱が海に吸収され、そこに溶け込む酸素の量を低下させている(GuardianEngadget日本版Slashdot)。

このまま気候変動に十分な対策をせずに現状維持を活動を続けた場合、2100年までには酸素量がさらに3~4%減少すると予測している。酸素が実質的に存在しない「デッドゾーン」と呼ばれる領域は、1700年代に研究が行われた45か所から現在は700にも増加し、過去半世紀の間で4倍に広がっているとされる。

その結果、多くの生態系が崩壊の危険にさらされている。とくにサメ​​、マグロ、カジキなどの大型魚種は危険な状態にあるという。すべての魚は水中に溶けた溶存酸素を必要とするが、とくに大型種は生存するため、より多くの酸素を必要としている。その一方でクラゲ、一部のイカ、海洋微生物などの低酸素環境を許容可能な種は繁栄し、生態系のバランスを崩すという懸念が高まっているとしている。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
温暖化によって日本海深海の酸素が減少する恐れ 2018年08月02日
地球の気候変動によって水質汚染が拡大するとの予測 2017年08月04日
ここ10年間の異常気象はアメリカに7,610億ドルもの被害をもたらしている 2019年09月18日
気候変動によってビールの供給不足や価格上昇が発生するとの予測 2018年10月17日

「チバニアン」3次審査を通過

NOBAX曰く、

2017年に茨城大学などが千葉県の地層を「国際標準模式地」候補として申請していましたが、この申請が国際層序委員会による審査を通過しました(国立極地研究所の発表)。

この後、国際地質科学連合による答申が認められれば正式にこの地層が国際標準模式地として認められられることとなり、地質時代の中期更新世(約77万4千年前~約12万9千年前)が、「千葉の時代」を意味する「チバニアン(Chibanian)」と名付けられます。

この地層がある場所では、基準地認定に反対する人物が地層周辺の賃借権を取得していましたが、市原市は今年9月、調査研究目的でこの地域に立ち入ることへの妨害を禁じる罰則付きの条例を施行しています(過去記事)。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
市原市、「チバニアン」申請に向け反対派の妨害を条例で対処へ 2019年06月26日
チバニアンの申請手続き、反対者が借地権を取得して妨害 2019年05月27日
チバニアンに別の研究団体が異議を唱え、審査が中断 2018年05月14日
「チバニアン(千葉期)」誕生へ 2017年11月14日
茨城大などの研究チーム、「チバニアン」認定に向けて国際学会に申請へ 2017年05月08日

「チバニアン」3次審査を通過

NOBAX曰く、

2017年に茨城大学などが千葉県の地層を「国際標準模式地」候補として申請していましたが、この申請が国際層序委員会による審査を通過しました(国立極地研究所の発表)。

この後、国際地質科学連合による答申が認められれば正式にこの地層が国際標準模式地として認められられることとなり、地質時代の中期更新世(約77万4千年前~約12万9千年前)が、「千葉の時代」を意味する「チバニアン(Chibanian)」と名付けられます。

この地層がある場所では、基準地認定に反対する人物が地層周辺の賃借権を取得していましたが、市原市は今年9月、調査研究目的でこの地域に立ち入ることへの妨害を禁じる罰則付きの条例を施行しています(過去記事)。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
市原市、「チバニアン」申請に向け反対派の妨害を条例で対処へ 2019年06月26日
チバニアンの申請手続き、反対者が借地権を取得して妨害 2019年05月27日
チバニアンに別の研究団体が異議を唱え、審査が中断 2018年05月14日
「チバニアン(千葉期)」誕生へ 2017年11月14日
茨城大などの研究チーム、「チバニアン」認定に向けて国際学会に申請へ 2017年05月08日

無印良品、コオロギせんべいを開発中

以前より昆虫は人類にとって有用な栄養源だという話があるが、このたび無印良品がコオロギ粉末を練り込んだせんべい「コオロギせんべい」を発売すると発表した

コオロギは栄養価が高い、環境負荷が少ない、生産が効率的といった特徴があるという。発売は2020年春予定。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
コオロギ50匹分の粉末が入ったプロテインバー 2019年03月07日
コオロギを食べると腸内環境が改善したとの研究結果 2018年08月05日
フィンランドで乾燥コオロギを生地の材料に使ったパンが発売される 2017年11月29日
国連食糧農業機関が「昆虫は有望な食料」という報告書をまとめる 2013年05月16日
食糧問題を解決する鍵は「昆虫」と「人工肉」 2012年08月08日

南鳥島沖の海底に巨大隕石の痕跡

maia曰く、

南鳥島沖5,600mの海底で採取された試料から高濃度のオスミウムが発見された(産経ニュースの記事)。

隕石由来という事で、およそ1,100万年前と推定される堆積年代から、これが1.163万年前の大量絶滅の原因かもしれないという。1,163万年前とは新生代新第三紀中新世トートニアン期の始まりだ。隕石直径は数km、クレーター径は100km程度と推定されている。

堆積物を採取したイジェクタ層ではオスミウム同位体比の負異常や白金族元素の異常濃集、ニッケルに富むスピネルを多数含む球状粒子産出といった天体衝突イベント由来の証拠が発見されたという。堆積年代に一致する大きなクレーターが陸上で見つかっていないことから、世界で2例目の海洋天体衝突イベントの発見である可能性も高いとのこと。研究成果は20日付のScientific Reportsに掲載された(JAMSTECのプレスリリース論文)。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | 宇宙 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
「実は現在は6度目の大量絶滅期である」という論文が発表される 2015年08月26日
ペルム紀末に急速な海洋酸性化が進み、海洋生物の大量絶滅を引き起こしたことを示す研究成果 2015年04月12日
恐竜の絶滅は、隕石の衝突による酸性雨などが原因だった説 2014年03月10日
アメリカ最大のクレーターで「世界最古の海水」が見つかる 2013年12月03日
ファーストインパクト?南極で巨大クレーター発見 2006年06月04日

Collins Dictionaryが選ぶ2019年を代表する言葉は「climate strike」

Collins Dictionaryは7日、2019年を代表する言葉「Collins Word of th Year 2019」として「climate strike」の選定を発表した(Word Lover's blogの記事)。

climate strikeは気候変動対策を求めるデモに参加するため学校や仕事を休む、という抗議の形を示す名詞。9月には世界各地で大規模なGlobal Climate Strikeが繰り広げられ、大手IT企業の従業員も経営側に気候変動対策を求めるデモの形で加わった。

このほか、最終選考に残った言葉は以下の通り。
  • bopo (名詞): 自分の体の外見、特にサイズに誇りを持つべきだと提唱する運動。body positivity。BoPoとも表記
  • cancel (動詞): 特にソーシャルメディアで、人物や組織などの活動や意見を認めないことを表立って示すこと
  • deepfake (名詞、動詞): デジタル画像や動画に編集の痕跡がわからないよう他の画像や動画を合成する技術(名詞)、またはその技術により合成すること(動詞)
  • double down (句動詞): 反対意見やリスクにもかかわらず、投機やアイディアへのコミットメントを強化すること
  • entrist (名詞、形容詞): 既存政党の理念や政策を変えるために入党する人物(名詞)、またはそのような活動に関連した(形容詞)
  • hopepunk (名詞): 困難に直面した時のポジティブな目的の追求を称賛する文学・芸術運動
  • influencer (名詞): ソーシャルメディアを利用してフォロワーにライフスタイルや製品を推奨する人
  • nonbinary (形容詞): 性別や性指向が男性か女性、ホモセクシャルかヘテロセクシャルといった二者択一のカテゴリーに沿わない。non-binaryとも表記
  • rewilding (名詞): 自然には存在しなくなった生物種の再導入を含む、土地を野生の状態に戻そうとする活動

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
米国がパリ協定からの離脱を正式に通告 2019年11月07日
2020年東京オリンピック、マラソンおよび競歩の開催地は札幌に変更か? 2019年10月20日
Oxford English Dictionary、口語的表現の追加で英語の水準を下げると批判される 2019年10月19日
Merriam-Webster、三人称単数代名詞「they」の新定義など533の新語句や新定義を追加 2019年09月20日
米IT大手、気候変動に関するストライキを9月20日に実施 2019年09月19日
Collins Dictionary、2018年を代表する単語に「Single-use」を選定 2018年11月10日

ネオニコチノイド系殺虫剤の影響で宍道湖の昆虫が激減、その影響でワカサギやウナギも減ったとの研究結果

産業技術総合研究所(産総研)が、農薬として使われているネオニコチノイド系殺虫剤の影響によって島根県宍道湖におけるウナギやワカサギの漁獲量が減少している可能性があるとの発表を行ったScience誌掲載論文Limnology 水から環境を考える)。

発表によると、殺虫剤がウナギやワカサギの餌となる生物を殺傷することで、間接的にウナギやワカサギが減少している可能性があるという。ネオニコチノイド系殺虫剤は水溶性であり、水田で使われると溶液が広い範囲に流出し影響を与える可能性があるという。

今回調査対象となった宍道湖では、1993年以降突然1993年前後を境にワカサギやウナギの数が激減したという。調査ではオオユスリカやキスイヒゲナガミジンコの個体数の激減も確認されており、これは1992年にネオニコチノイド系殺虫剤「イミダクロプリド」が日本で利用できるようになり、水田でこの殺虫剤が使われるようになったためではないかと推測されている。発表ではこういった昆虫類が激減した結果、これらを餌とするワカサギやウナギの数も減少したと推測されている。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
スルホキサフロルはネオニコチノイド系殺虫剤と同様ハナバチのコロニーに悪影響を与えるとの研究結果 2018年08月23日
EU域でネオニコチノイド系農薬3種の屋外使用禁止へ 2018年04月30日
ミツバチのコロニー激減の原因は殺虫剤のネオニコチノイド? 2017年07月05日
細菌と放射線で「ヒトスジシマ蚊を根絶」する実験、生態系へのリスクはないのか 2019年08月03日
農薬が知的障害の原因になるという研究結果 2018年10月30日

ブラジル熱帯雨林はこのままだと2021年には修復不可能になるという報告書が発表される

taraiok曰く、

ピーターソン国際経済研究所のMonica de Bolle氏が発表した報告書によれば、ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領によるアマゾン開発推進がこのまま進んだ場合、2021年にはアマゾンの熱帯雨林は修復不可能な転換点を超えて破壊されるという(The GuardianSlashdot)。

熱帯雨林が破壊されると十分な雨が降らないことでサバンナ化し、それにより数十億トンの炭素が大気中に放出され、南アメリカの天候は異常化するすことになるだろうとしている。

この報告書は、気候科学者の間で論争を巻き起こした。転換点はまだ15〜20年先であると考えている人もいれば、ボルソナロ大統領と地球温暖化がアマゾンの生態系にもたらす危険を正確に反映していると認める人もいる。また、ブラジルの宇宙研究機関INPEは、2019年8月の森林破壊は2018年8月よりも222%進んだと報告している。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
アマゾン炎上、ブラジル大統領曰く「環境団体が補助金削減の腹いせに放火した可能性がある」 2019年08月23日
地球温暖化により気候アパルトヘイトが発生するとの国連報告書 2019年06月29日
森林はむしろ増えている 2018年08月14日
100 年後の世界はどんな姿? 2012年01月18日

ブラジル熱帯雨林はこのままだと2021年には修復不可能になるという報告書が発表される

taraiok曰く、

ピーターソン国際経済研究所のMonica de Bolle氏が発表した報告書によれば、ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領によるアマゾン開発推進がこのまま進んだ場合、2021年にはアマゾンの熱帯雨林は修復不可能な転換点を超えて破壊されるという(The GuardianSlashdot)。

熱帯雨林が破壊されると十分な雨が降らないことでサバンナ化し、それにより数十億トンの炭素が大気中に放出され、南アメリカの天候は異常化するすことになるだろうとしている。

この報告書は、気候科学者の間で論争を巻き起こした。転換点はまだ15〜20年先であると考えている人もいれば、ボルソナロ大統領と地球温暖化がアマゾンの生態系にもたらす危険を正確に反映していると認める人もいる。また、ブラジルの宇宙研究機関INPEは、2019年8月の森林破壊は2018年8月よりも222%進んだと報告している。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
アマゾン炎上、ブラジル大統領曰く「環境団体が補助金削減の腹いせに放火した可能性がある」 2019年08月23日
地球温暖化により気候アパルトヘイトが発生するとの国連報告書 2019年06月29日
森林はむしろ増えている 2018年08月14日
100 年後の世界はどんな姿? 2012年01月18日

強毒のヒアリ、国内で定着の可能性

2017年、強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が日本に上陸したことが話題となったが、このヒアリが東京港青海埠頭で定着した可能性が極めて高いとの分析結果を国立環境研究所が出したという(産経新聞ロイター朝日新聞)。

環境省が10月9日に行った調査では、ヒアリの働きアリ300個体以上、有翅女王アリ20個体、幼虫約10個体が確認されたという(環境省の発表)。青海では巣の中に繁殖可能な女王アリが見つかったとのことで、すでに別の場所に拡散したおそれもあるという。一方環境省は「生存可能な子孫を継続的につくる『定着』とまでは断言できない」としており、調査を継続するようだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ヒアリは特定のウイルスに感染すると食べ物の嗜好が変わる 2018年10月11日
米国・ヒューストン、洪水に浮かぶヒアリの筏 2017年09月02日
ヒアリ、関東で発見 2017年07月07日
大阪港でヒアリの女王アリが確認される 2017年07月05日
ヒアリに続き、今度はアカカミアリという有毒のアリが見つかる 2017年06月27日
強い毒を持つ南米原産の蟻「ヒアリ」、日本上陸か 2017年06月19日

気象庁、台風19号に命名する方針。42年ぶり

気象庁が、先日本州を襲った台風19号に名前を付ける方針を決めたという。台風に名前を付けるのは1977年の「沖永良部台風」以来42年ぶり(毎日新聞産経新聞)。

気象庁は台風の名称を定める基準を「大規模損壊1000棟以上、浸水家屋1万棟以上、相当の人的被害」と設定しており、台風19号はこれに該当するため。来年5月までに名前を決定するという。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
台風19号の影響で新幹線や図書館が水没、多数の堤防が決壊 2019年10月16日
監視装置がない低圧線や引き込み線の損傷による停電、千葉で相次ぐ 2019年09月25日
台風による倒木が停電復旧の妨げに 2019年09月24日
停電地域で設置された信号機用発電機、相次いで盗まれる 2019年09月19日
台風15号による鉄塔や電柱倒壊を受け安全基準を厳しくすることが検討される 2019年09月17日
台風15号、首都圏各地で被害 2019年09月09日

The Coca-Cola Company、海洋プラスチックごみを原料に使うコカ・コーラボトルを開発

The Coca-Cola Companyが海洋プラスチックごみのリサイクル素材を25%使用したコカ・コーラ用ボトル約300本の試作に成功したそうだ(プレスリリースFOODBEASTの記事動画)。

試作品のボトルは地中海および沿岸でプラスチックごみを回収するMares Circularesプロジェクトと、先進のリサイクル技術を持つオランダのIoniqa Technologies、コカ・コーラのPET素材サプライヤーの一つであるIndorama Venturesとの提携により実現した。プラスチック成分を分解して不純物を除去することにより、これまでリサイクルできなかった低品質なプラスチックごみであっても食品用や飲料用のパッケージに利用可能な品質に復元できるとのこと。海洋プラスチックごみをリサイクルして飲料用に利用可能なプラスチックボトルが作られるのは世界初だという。

低品質なプラスチックごみのリサイクルが可能になれば焼却または埋め立てるしかないプラスチックが減少するだけでなく、石油燃料から作られるバージンPET素材の使用量が減少し、炭素排出量の削減も可能になる。コカ・コーラでは2020年から一部のボトルで改良されたリサイクル素材を導入していく計画とのことだ。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | スラッシュバック | サイエンス | idle | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
英マクドナルドが導入した紙製ストロー、現在のところリサイクル不可 2019年08月10日
ネスレ日本、「キットカット」大袋の包装をプラスチックから紙に変更 2019年08月02日
廃棄物の移動を制限するバーゼル条約に「汚れた廃プラ」が追加、ゴミの輸出が困難に 2019年05月14日
100%植物由来エチレンで製造したPETボトルキャップ 2019年03月05日
ネスレ、プラスチック製ストローの全廃などプラスチック廃棄物への取り組みを加速 2019年01月25日
中国のプラスチックゴミ輸入禁止、国内のプラスチックゴミ処分に影響 2018年10月22日
海上に漂うプラスチックゴミを回収する「Ocean Cleanup」プロジェクト 2018年09月14日
すかいらーくホールディングス、国内外全店でプラスチック製ストロー廃止へ 2018年08月18日
米国のクラフトビールメーカー、生分解性の缶ビール6本パック用ホルダーを開発 2016年05月22日
海上に柵を作って漂うゴミを集めるシステム、対馬沖へ設置へ 2015年07月03日
ペプシ、100%植物原料のボトルを開発 2011年03月19日
ペットボトルを電子レンジで手軽に分解 2006年09月11日

人類の食習慣を変えなければ気候変動問題は解決しないとの指摘

Anonymous Coward曰く、

気候変動に関する書籍「WE ARE THE WEATHER」の著者であるJonathan Safran Foer氏曰く、畜産業はすべての飛行機、自動車、鉄道よりも多くの温室効果ガスを排出しているという。

家畜のげっぷやおならからはメタンが排出されるほか、糞尿からはメタンと亜酸化窒素が排出される。メタンは二酸化炭素と比べて86倍、亜酸化窒素は310倍も強力な温室効果があるという。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の特別報告書によると、地球を救うために必要なほかのすべてを実行したとしても、動物製品の消費を削減しなければ、パリ気候協定の目標を達成することは不可能だと主張する。同氏によれば、人が地球の危機に取り組むためにできることのうち、食事を植物ベースに変えるのは簡単だと主張している。

なお、New York Timesの最近の記事によると、温室効果ガスへの影響への影響の大きな食材は1位が牛肉で続いて子羊、次に養殖甲殻類、豚肉、家禽、養殖魚などが続くとしている(the GuardianSlashdot)。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
国連IPCC報告書、近い将来5~7倍のペースで海水温は上昇していくという可能性を指摘 2019年10月01日
原子力発電の温暖化対策効果は弱いとの調査レポート 2019年09月28日
ビル・ゲイツ曰く、世界を変えるなら二酸化炭素削減技術よりも温暖化適応技術に投資すべきだ 2019年09月20日
温暖化の影響で今後米国の都市も暑くなるとの予想 2019年07月19日

国連IPCC報告書、近い将来5~7倍のペースで海水温は上昇していくという可能性を指摘

Anonymous Coward曰く、

地球の海の温度は上昇が続いており、昨今ではその上昇速度も加速しているという(Engadget日本版nprSlashdot)。

国連・気候変動政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)の発表によると、ここ10年間で温暖化によって地球の雪氷圏は減少しており、これによって氷雪や北極の海氷が減少しているそうだ。さらに、1970年から地球の海洋温度は上昇傾向にあるが、1993年以降はその上昇率が2倍になっているという分析もある。その結果、海面上昇や海洋生物の個体数減少天候の不安定化など、さまざまな問題が引き起こされるという。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
米政府、温暖化で経済に悪影響との報告書をまとめる。一方トランプ大統領は信じないと明言 2018年11月29日
南極大陸東部の氷の下に熱源が存在する可能性 2018年11月28日
気候変動によってビールの供給不足や価格上昇が発生するとの予測 2018年10月17日
地球温暖化による気温上昇、「1.5℃」と「2℃」では影響が大きく変わる 2018年10月17日
今後、北半球で猛暑長期化や極端な豪雨などが発生する可能性 2018年08月23日

エサンベ鼻北小島が消失

Anonymous Coward曰く、

昨年消失の可能性が話題となっていた北海道の「エサンベ鼻北小島」だが、このたび海上保安庁が消失したことを確認したという。島があった付近は浅瀬となっているようだ(毎日新聞日経新聞ハフィントンポスト)。

場所的にはこのあたりのようだ。国土地理院の地図には明確に島があるが、Googlaマップの航空写真で見ると島のような痕跡があるように見える程度。とはいえ沖合500mという場所なので、なくなっても日本の排他的経済水域や領海への影響はほぼないという。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
オーストラリア・ブランブル・ケイ島固有種のネズミが絶滅、温暖化による海面上昇が原因か 2019年02月26日
北海道・猿払村沖の小島が消失した可能性 2018年11月07日
国、48離島を「有人国境離島」として振興や保全を図る方針へ 2017年03月08日

エサンベ鼻北小島が消失

Anonymous Coward曰く、

昨年消失の可能性が話題となっていた北海道の「エサンベ鼻北小島」だが、このたび海上保安庁が消失したことを確認したという。島があった付近は浅瀬となっているようだ(毎日新聞日経新聞ハフィントンポスト)。

場所的にはこのあたりのようだ。国土地理院の地図には明確に島があるが、Googlaマップの航空写真で見ると島のような痕跡があるように見える程度。とはいえ沖合500mという場所なので、なくなっても日本の排他的経済水域や領海への影響はほぼないという。

すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
オーストラリア・ブランブル・ケイ島固有種のネズミが絶滅、温暖化による海面上昇が原因か 2019年02月26日
北海道・猿払村沖の小島が消失した可能性 2018年11月07日
国、48離島を「有人国境離島」として振興や保全を図る方針へ 2017年03月08日

台風による倒木が停電復旧の妨げに

台風15号の影響によって千葉県で大規模な停電が発生した。この停電では復旧に時間がかかったことがすでに報じられているが、その理由の1つに、大量の倒木が復旧作業の障害となったことが挙げられている。こうした大量の倒木が発生した原因として、幹の内部が空洞化する「溝腐病」にかかった杉が多く存在していたことがあるようだ(NHK)。

pongchang曰く、

兎に角、伐れ。

犬の命、猫の命、思い入れが深すぎて、殺処分でイキリアガル種族が居るように、木を伐ると声を大にする人びとが居る。石垣や古墳は根が構造を破壊するのだが、保全すべきは木で、城郭や古墳(石室)の保全が蔑ろにされる事例もある(仙台市の史跡調査結果)。

仙台城跡は豊かな自然環境と共存しているという特色がありますが、一方、樹木の根が石垣や土塁の変形の原因となる場合があります。また、城跡からの眺望や周囲からみた景観に樹木が影響を与えている面もあります。そのため、樹木等の維持管理について検討する必要があります。

大火や空襲が無かった分、街路樹は長生きしている。しかし、街路樹の根張りは浅い(「街路樹の根系と植栽基盤の現況」)。街路樹は、盛んに植えられた高度成長時代から半世紀が過ぎ、全国的に更新の時期を迎えている(共同通信)。毎年計画をたてて、3本おきとか6本おきに順繰り若い子に植え替えるべきなのに、「植栽予算」「道徳的心理的樹木への愛着」から更新が怠られている。台風と倒木(平成16年度の考察)は兎も角、それから15年以上経って木も伸び放題なので、樹高だけでも脆弱になっている。

薪や炭、畑に鋤き込む草というもので、「禿山」だった明治大正に較べて、今は樹高が高く、更新されない木が多すぎる。戦前は細々とした森林鉄道が国土を覆い伐り出していた(千葉県にも、かつて森林鉄道があった)のが「緑を伐るのは駄目という道徳観」が邪魔するようになってきたとしたらシッペ返しは当然だろう。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | 電力 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
台風15号、首都圏各地で被害 2019年09月09日
チェルノブイリ原発近辺の森林、放射能の影響によって腐敗が遅れる 2014年03月17日
停電地域で設置された信号機用発電機、相次いで盗まれる 2019年09月19日
台風15号による鉄塔や電柱倒壊を受け安全基準を厳しくすることが検討される 2019年09月17日

東京オリンピック・パラリンピックの暑さ対策として検討されている人工降雪、実際に実験が行われる

東京オリンピック・パラリンピックで暑さ対策の一つとして検討されている降雪機による人工降雪について組織委員会は13日、海の森水上競技場 (江東区青海)で実際に実験を行ったそうだ(TOKYO Webの記事デイリースポーツ onlineの記事FNN.jp プライムオンラインの記事時事ドットコムの記事)。

これについて Bill Hates曰く、

カヌーやボート競技が行われる海の森水上競技場の観客席に降雪機で人工雪を5分間降らせるテストを行ったところ気温は下がらず、溶けた雪で衣服や席が濡れてしまったという。

なお気象庁のデータによれば実験が行われた13日午前、江戸川臨海(編注: 会場から11kmほどの距離にある最も近い気象観測所)の気温は最高でも23.0℃。競技日程ではボートが7月24日〜31日まで、カヌーは7月26日〜31日と8月3日~8日に予定されており、今年の7月および8月のデータで同期間の最高気温29.2〜33.8度と比べると6〜10度低かったようである。

また、Anonymous Coward曰く、

メディアによって表現に揺れがあるが、概ね、気温や暑さ指数には変化がなかったという部分では一致している。熱中症者を減らす効果はなさそうだ。

ちなみに使用した氷は300kgとのことで、少なすぎる気がしないでもない。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | スラッシュバック | スポーツ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
東京五輪の暑さ対策として人工降雪が検討される 2019年09月05日
IOC、東京五輪は高温高湿度環境下で行われるとして選手に対策を求める 2019年08月23日
東京五輪・オープンウォータースイミングおよびトライアスロン会場の水質に懸念 2019年08月14日
暑さ対策のための散水、路面温度は低下するが暑さ指数としては軽微な効果しか見られず 2018年10月11日