「drm」カテゴリーアーカイブ

ゲームソフトのセーブデータ改造代行を行っていた男性ら、不正競争防止法違反で摘発される

Anonymous Coward曰く、

人気ゲームタイトルのセーブデータを改ざんして販売していた男性らが摘発されていたことをコンピュータソフトウェア著作権協会が報告している4GamerFNN PRIME)。

逮捕されたのは新潟県在住の30代男性と、京都府在住の20代男性。前者は中古で購入した「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」や「モンスターハンター4G」のセーブデータをゲームデータ改造用機器を使用して書き換えたうえで計約1万円で販売していたという。セーブデータを改造したソフトの販売は10年ほど前から行っていたとのこと。改造用機器を販売していた企業も警察の捜索を受けていると報じられている(読売新聞の記事1記事2)。

また、後者についてはネットで「データを希望の内容にする代行サービス」を提供していたという(神奈川新聞)。

なお、技術的制限手段の回避については、従来はコンテンツを保護するための制限手段の回避のみが違法とされていたが、2018年11月の不正競争防止法改正によって対象が電磁的記録に記録された情報の処理やそのほか情報の記録にも拡大され、これら制限手段を無効化するようなハードウェア・ソフトウェアの提供についても違法とされるようになった。

すべて読む | ITセクション | テクノロジー | DRM | YRO | ソフトウェア | 著作権 | ゲーム | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
B-CASカード不要で有料放送を視聴できるプログラムを独自に開発・公開した17歳少年が逮捕される 2016年06月08日
DVDリッピングソフトをネットオークションで販売した出品者が逮捕される 2013年03月13日
全国の税関でマジコンが輸入差止対象に 2012年11月23日
マジコンを販売していた男性、不正競争防止法違反で逮捕される 2012年05月31日
PSPのカスタムファームウェアを販売した男、逮捕される 2012年05月21日
改正不正競争防止法施行、コピーガード回避機能を持つソフトの配布に刑事罰 2011年12月09日

購入した電子書籍が“消滅”する:マイクロソフトの撤退で、再び「DRM」の問題点が浮き彫りに|WIRED.jp

購入した電子書籍が“消滅”する:マイクロソフトの撤退で、再び「DRM」の問題点が浮き彫りに|WIRED.jp

購入した電子書籍が“消滅”する:マイクロソフトの撤退で、再び「DRM」の問題点が浮き彫りに|WIRED.jp

IMAGE BY ELENA LACEY; ZOCHA_K/GETTY IMAGES 「iTunes」に保存してある映画や「Kindle」で読んでいる本は、正確にはあなたの所有物ではない。消費者はコンテンツにアクセスする権利を購入したのであり、その権利がいきなり無効になる可能性は常にある。 一方で、実際にそうした事態が起きたことはほとんどなく、この事...

はてなブックマーク - 購入した電子書籍が“消滅”する:マイクロソフトの撤退で、再び「DRM」の問題点が浮き彫りに|WIRED.jp はてなブックマークに追加

Oculus、VRアプリ「Virtual Desktop」に対しPC向けVRアプリをストリーミングプレイできる機能の削除を要求

Anonymous Coward曰く、

Oculusストアで販売されているVRヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)向けの仮想デスクトップアプリ「Virtual Desktop」のアップデートでPC向けVRプラットフォーム「SteamVR」のアプリをリモートから動かすという機能が追加されたのだが、Oculus社がこの機能の削除を要求したことから騒動になっている(ITmedia)。

この機能は専用ソフトしかプレイできないスタンドアロン型の「Oculus Quest」や「Oculus Go」、「Gear VR」といったVR HMDでPC向けのSteamVRアプリをストリーミングプレイできるというもの。別途PCは必要となるが、PC用の多くのVRアプリがプレイできたという(ITmedia機能を解説したブログ)。

しかし、redditに投稿された作者のコメントによれば、Qculus社はこれを「Questを傷つけるものだ」として、機能の削除を要求してきたとのこと。現在redditには800件を超えるコメントが寄せられるなど大荒れであり、作者は今後SteamVR対応版を外部サイトで配信するとしている。

すべて読む | YROセクション | DRM | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Oculus、Rift向けタイトルをほかのVRデバイスでは利用できないようにするためDRMを強化へ 2016年05月27日
OculusのVR HMD新モデル2機種は5月21日出荷開始、日本でも予約受付中 2019年05月04日
MRデバイス「Magic Leap One」開発者版、ついに発売 2018年08月11日
スタンドアローンVRヘッドセット「Oculus Go」発売開始 2018年05月02日

AmazonのAlexaチーム、スピーカーで流した音声に対しても機能する電子透かし技術を開発

あるAnonymous Coward曰く、

米Amazon.comの研究者らが、音声向けの新しい「電子透かし」技術を開発した。電子透かし技術はすでにさまざまなものがあるが、今回開発された技術はスピーカーを経由して広い場所で配信されるような場合でも透かしを認識できるのが特徴だという(Alexa BlogsVentureBeatSlashdot)。

音声用電子透かしでは、人間には知覚できず、コンピュータなどでのみ認識できるサウンドパターンを音声に付け加えることで、著作権で保護された作品を識別できる。しかし、従来の技術では広い場所で配信されるようなケースにおいてはノイズや遅延などから電子透かしの信頼性が著しく低下していたという。

新たに開発された技術では、オリジナルの音声信号に約2秒の透かしが追加されていれば、20フィート(約6メートル)以上離れた場所でも透かしを「ほぼ完全な精度」で検出することができるとしている。

また、この技術ではAmazonの音声認識技術であるAlexaの音声認識性能向上にも応用できるという。Alexaが再生する音声にリアルタイムで電子透かしをいれることで、室内の残響音を測定したり、その影響を抑えるようなフィルタを適用できるという。

すべて読む | YROセクション | DRM | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ゼロ幅文字を使ってテキストに電子透かしのようなものを埋め込む手法 2018年04月12日
JPEGへのDRM導入が提案される 2015年10月20日
「テキストの内容と句読点を変更する」という新たな電子透かし技術が開発される 2013年06月21日

一部のニコニコチャンネル、動画配信を暗号化

あるAnonymous Coward曰く、

ニコニコ動画は2019年3月5日、著作権保護を目的に一部のチャンネル動画配信の暗号化を順次開始したと発表した(ニコニコ動画の発表)。

暗号化を有効にしたチャンネル動画は、ニンテンドー3DS、Wii U、Nintendo Switch、PlayStation Vitaなどゲーム機での再生ができなくなり、一部のユーザーからは不満の声が上がっている。ニコニコチャンネルサービスには、チャンネル会員となって月額料金を支払ったユーザーだけが視聴できる動画があるチャンネルもあり、月の途中での変更に対し告知tweetには一部のユーザーからの不満の声が寄せられている。

暗号化を有効にしたチャンネル動画はFLASHプレーヤー版でも再生できなくなり、HTML 5版での視聴がより一般的になると思われる。なお、タレコミ子の環境ではFirefoxで視聴するとHTML 5版では10分前後で再生が停止してしまう問題があり、HLS(HTTP Live Streaming)形式からHTTP形式に変更して視聴する必要があった。この問題は、暗号化を有効にしたチャンネル動画では解消しているようで、そもそも配信形式の設定メニューがないようだ。

今回の変更によってカジュアルなダウンロードは以前より困難になり、一般的な正規動画配信サイト並みのDRMレベルとなった。これにより、今後配信されるコンテンツがより充実することに期待したい。

すべて読む | YROセクション | DRM | YRO | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

4K放送録画機の互換性問題

昨年12月より4K8K衛星放送がスタートし、これに対応する録画機もすでに出回っているものの、録画したものを光ディスクに記録した場合の再生互換性にはまだまだ課題が残っているという(AV Watch)。

4Kコンテンツ向けの光ディスク規格としてはUltra HD Blu-ray(UHD BD)がある。すでにUHD BD再生に対応したプレーヤーは登場しているが、4K放送対応レコーダーで録画したコンテンツをBlu-rayディスクに書き出したものはそのままでは一般的なUHD BD再生機器での再生ができないという。さらに、たとえばパナソニックのレコーダで書き出したBlu-rayディスクはシャープのレコーダでは再生できない、というメーカー毎の互換性問題もあるそうだ。

これは、著作権保護規格の違いや、記録方式の違いなどが原因だという。

すべて読む | YROセクション | テレビ | ハードウェア | DRM | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
多くの新聞のテレビ欄は4K8K放送への対応がまだまだ不十分 2019年02月05日
4K8K放送開始後1ヶ月、世帯普及率は全体の約1% 2019年01月29日
12月1日より新4K8K衛星放送がスタート 2018年12月03日
4K/8K放送に関するアンケート調査、4K放送をぜひ視聴したいとの回答は12% 2018年11月06日
4K/8K衛星放送、コピープロテクトとしてAACS2の採用が決定 2018年09月05日

コピーガード「Denuvo」は多くのゲームタイトルでパフォーマンス低下を引き起こす

「最強のコピーガード」と言われる「Denuvo」は多くのPCゲームタイトルで採用されているが、これに対してはパフォーマンス低下やシステムを不安定にする可能性があるのではないかと指摘されていた。実際、複数のゲームタイトルで検証が行われているのだが、影響があるという意見とないという意見の両方が出ており、その決着は出ていない。

そのため、ゲーム関連の分析動画をアップロードしているOverload Gamingが複数タイトルについてDenuvoの影響を検証する動画をYouTubeで公開した。この動画によると、タイトルによってその影響度合いは異なるものの、Denuvoが有効な状態ではロード時間の増加やフレームレートの低下といった現象が確認できたという(GIGAZINE)。

すべて読む | YROセクション | DRM | ゲーム | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
コピーガード「Denuvo」のクラックを研究していたブルガリアのクラッカー、当局から摘発される 2018年08月02日
「バイオハザード7」のコピーガードが早々に破られて海賊版が出回っているという話 2017年02月02日
最強のコピーガードと言われる「Denuvo」、数週間で破られる 2016年09月02日
違法コピーに悩まされる美少女ゲームメーカー、「世界最高レベル」のコピープロテクト実装へ 2016年03月11日

4K/8K衛星放送、コピープロテクトとしてAACS2の採用が決定

今年12月より開始される4K/8K衛星放送(BS/110度CS 4K8K放送)では、コピープロテクトとしてAACS2が採用されるそうだ(AV Watchプレスリリース)。

AACS2は4K対応のUltra HD Blu-rayなどでも採用されている(PHILE WEB)。これにより、4K/8K放送をBD-R/REに記録することが可能になるという。

すべて読む | YROセクション | テレビ | DRM | YRO | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
4K放送はひとまず録画可能に 2018年03月27日
4K/8K放送で導入されるACASチップ、消費者へのコスト転嫁が批判される 2018年01月22日
4K/8K放送開始に向けて既存BS放送の解像度が削減される 2018年01月17日
家庭用テレビで8Kの意味はあるのか 2017年09月21日

DRMフリーのゲーム配信サービスGOG.com、反DRMキャンペーン「FCKDRM」を開始

あるAnonymous Coward曰く、

DRMフリーでゲームなどのコンテンツを販売しているGOG.comは以前よりDRMに反対する立場を示していたが、同サイト及び同サイトを運営するCD Projektが「FCKDRM」と言う新たな活動を開始した(TorrentFreakGameSparkSlashdot)。

FCKDRMはDRMによって消費者の権利が制限されることを伝える活動を行うもので、サイトでは「購入したコンテンツが突然利用できなくなる」などといったDRMの問題点を説明している。なお、同サイトではDRMフリーが重要な理由として下記を挙げている。

  • DRMを利用したコンテンツは突然アクセスできなくなる可能性がある
  • DRMフリーのコンテンツは自由にバックアップやコピーができどこでも利用できる
  • DRMフリーのコンテンツはオフラインでも利用できる
  • DRM付きコンテンツを提供する企業は消費者を信頼しておらず、消費者の権利をコントロールしている
  • DRMフリーのコンテンツは電子的な形で永久に保存できる

すべて読む | YROセクション | DRM | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
フライトシミュレーターのアドオンにマルウェア、開発元は海賊版対策だと説明 2018年02月22日
W3C、著作権管理技術EMEの標準化を決定。フリーソフトウェア財団などは反発 2017年07月18日
UHD Blu-ray対応ドライブが発売されるも、利用のハードルは高い 2017年01月27日

DRMフリーのゲーム配信サービスGOG.com、反DRMキャンペーン「FCKDRM」を開始

あるAnonymous Coward曰く、

DRMフリーでゲームなどのコンテンツを販売しているGOG.comは以前よりDRMに反対する立場を示していたが、同サイト及び同サイトを運営するCD Projektが「FCKDRM」と言う新たな活動を開始した(TorrentFreakGameSparkSlashdot)。

FCKDRMはDRMによって消費者の権利が制限されることを伝える活動を行うもので、サイトでは「購入したコンテンツが突然利用できなくなる」などといったDRMの問題点を説明している。なお、同サイトではDRMフリーが重要な理由として下記を挙げている。

  • DRMを利用したコンテンツは突然アクセスできなくなる可能性がある
  • DRMフリーのコンテンツは自由にバックアップやコピーができどこでも利用できる
  • DRMフリーのコンテンツはオフラインでも利用できる
  • DRM付きコンテンツを提供する企業は消費者を信頼しておらず、消費者の権利をコントロールしている
  • DRMフリーのコンテンツは電子的な形で永久に保存できる

すべて読む | YROセクション | DRM | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
フライトシミュレーターのアドオンにマルウェア、開発元は海賊版対策だと説明 2018年02月22日
W3C、著作権管理技術EMEの標準化を決定。フリーソフトウェア財団などは反発 2017年07月18日
UHD Blu-ray対応ドライブが発売されるも、利用のハードルは高い 2017年01月27日

JPEG、偽ニュースや著作権侵害対策にブロックチェーンを利用する技術を開発へ

画像フォーマットであるJPEGにDRM機能を導入しようという動きがある(David GerardSlashdot)。

JPEGにDRM関連の機能を組み込むという話は以前から提案されていたが、今回話題になっているのは検討されているDRMがブロックチェーン技術を利用したものになっているからのようだ。

JPEGフォーマットの策定を行なっているJPEG(Joint Photographic Experts Group)の発表では、偽ニュースや著作権侵害、メディアフォレンジック、プライバシやセキュリティといった問題をブロックチェーン技術で解決できる可能性があるとし、「JPEG Blockchain」として標準化していく意向のようだ。

すべて読む | YROセクション | DRM | 著作権 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
AndroidもHEIFに対応 2018年03月12日
ロイヤリティフリーで高性能というコーデック「AV1」とその静止画版、 普及なるか 2018年01月26日
Google発のJPEGエンコーダー「Guetzli 1.0」リリース 2017年03月22日
「JPEGのプライバシ問題」を解決するべく新たな規格策定が進んでいる 2017年01月13日
JPEGへのDRM導入が提案される 2015年10月20日

意図的に不具合を仕込むことでHTMLやCSS、JavaScriptの無断流用を防ぐテクニック

昨今ではサイトのHTMLやCSS、JavaScriptなどを権利者に無断でコピーして使用するような業者があるという。そのため、勝手にコピーしてそのまま使用すると発生する不具合を仕込むことでこういった不正利用を防ぐというテクニックがQiitaで紹介されている(INTERNET Watch)。

紹介されている「不具合」は「ランダムで無限ループを起こす」というもの。これをソースコード上で複数の位置に分散して仕込んだり、独自に難読化したり、たとえばURLやmetaタグで指定したauthorの値をチェックして無限ループを発生させるといったトリガーを工夫するといった手法が提案されている。

また、記事のコメントでは「土日にのみ不具合を発生させる」「一定時間が経過したら不具合が発生」「一部だけの挙動がおかしくなる」といったアイデアが提案されている。

すべて読む | ITセクション | DRM | インターネット | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
コードの文脈を判断して自動的にネット上で公開されているコードを提案する「Codota」 2017年06月22日
DMMゲームズのソーシャルゲーム、リリース前にサービス終了 2015年09月17日
DMMのブラウザゲーム「刀剣乱舞」で画像盗用問題が発覚 2015年07月14日
「コピペでのレポート作成」を課題にする講義 2015年02月17日
Xbox360 のゲームソフトでソースコードの盗用が発覚 2009年06月23日