「DNA」カテゴリーアーカイブ

「復活させたDNA」で孤島のマンモスの絶滅理由を解明。生殖機能などに遺伝的な欠陥

われわれが"マンモス"と聞いて真っ先に思い出すのが、体中が長い毛で覆われたケナガマンモス。この"ゾウの祖先"が絶滅した理由を、研究者は調べています。研究者らは、約4000年前までシベリア東部のウランゲリ島に生活していたマンモスのDNAを復活させ、それが他のマンモスやアジアゾウなどに比べて、遺伝的な変異を発見しました。

DNA分析キットの23andMe、従業員100人レイオフを発表。需要低下響く

個人ゲノム解析サービスの23andMeが、全スタッフの14%、100人の従業員をレイオフすると発表しました。またレイオフは会社の成長拡大を計画する部門も含んでおり、今後は消費者への直接的なビジネスと治療部門に事業をしぼることを計画しています。

挿し木ができる秘密…幹細胞に戻す植物の「スイッチ」遺伝子発見 基生研 – 毎日新聞

挿し木ができる秘密…幹細胞に戻す植物の「スイッチ」遺伝子発見 基生研 - 毎日新聞

挿し木ができる秘密…幹細胞に戻す植物の「スイッチ」遺伝子発見 基生研 - 毎日新聞

通常のヒメツリガネゴケの葉(左)と、「スイッチ」のステミンが働き、幹細胞があちこちに生まれて形が崩れた葉(右)=基礎生物学研究所提供 挿し木や種いもで草木を増やす時、葉や茎、根などに特殊化した細胞の一部がいったんリセットされ、どの器官にもなれる幹細胞が生まれる。植物独特のこの能力は、ただ一つの遺伝...

はてなブックマーク - 挿し木ができる秘密…幹細胞に戻す植物の「スイッチ」遺伝子発見 基生研 - 毎日新聞 はてなブックマークに追加

挿し木ができる秘密…幹細胞に戻す植物の「スイッチ」遺伝子発見 基生研 – 毎日新聞

挿し木ができる秘密…幹細胞に戻す植物の「スイッチ」遺伝子発見 基生研 - 毎日新聞

挿し木ができる秘密…幹細胞に戻す植物の「スイッチ」遺伝子発見 基生研 - 毎日新聞

通常のヒメツリガネゴケの葉(左)と、「スイッチ」のステミンが働き、幹細胞があちこちに生まれて形が崩れた葉(右)=基礎生物学研究所提供 挿し木や種いもで草木を増やす時、葉や茎、根などに特殊化した細胞の一部がいったんリセットされ、どの器官にもなれる幹細胞が生まれる。植物独特のこの能力は、ただ一つの遺伝...

はてなブックマーク - 挿し木ができる秘密…幹細胞に戻す植物の「スイッチ」遺伝子発見 基生研 - 毎日新聞 はてなブックマークに追加

切り裂きジャック、DNA解析でついに正体が判明 | 女性自身

切り裂きジャック、DNA解析でついに正体が判明 | 女性自身

切り裂きジャック、DNA解析でついに正体が判明 | 女性自身

切り裂きジャックが使ったと伝えられているナイフ。(提供:AP/アフロ) 1888年、英国ロンドンを恐怖のどん底に陥れた連続殺人犯“切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)”。今日に至るまで犯人はわかっておらず、世界で最も有名な未解決事件として知られていたが、DNAの解析により、ついに犯人の正体が明らかとなっ...

はてなブックマーク - 切り裂きジャック、DNA解析でついに正体が判明 | 女性自身 はてなブックマークに追加

ゲノム編集でDNA消失、新技術の信頼ゆらぐ 英チーム:朝日新聞デジタル

ゲノム編集でDNA消失、新技術の信頼ゆらぐ 英チーム:朝日新聞デジタル

ゲノム編集でDNA消失、新技術の信頼ゆらぐ 英チーム:朝日新聞デジタル

遺伝子を自在に操作できるゲノム編集技術の一つ「クリスパー・キャス9」を使うと、DNAの一部が意図せずに消えてしまう恐れがあることを英国の研究チームが発見した。医療への応用が期待される新技術の信頼性がゆらぐ結果で、チームは、編集された遺伝子を徹底して調べるべきだと警鐘を鳴らしている。 科学誌「ネイチ...

はてなブックマーク - ゲノム編集でDNA消失、新技術の信頼ゆらぐ 英チーム:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加