「displays」カテゴリーアーカイブ

Galaxy Z Flipに採用の「曲がるガラス」、サムスンが他社にも販売へ

サムスン電子が発売した縦折り端末Galaxy Z Flipには、薄くて折り曲げられるフォルダブル画面用のカバーガラスが採用されていますが、これと同じ超薄型ガラス(Ultra Thin Glass:UTG)を業界で初めて製品化。他社にも販売すると発表しました。キャッチコピーは「Tough, yet Tender(タフだけどやわらかい)」。 UTGの厚みは30μm。また強度と柔軟性を両立させるために、特殊な材料を浸透させているとのことです。なお、Galaxy Z

15.6型で税込1万9800円。USB-Cモバイルモニタ市場にサンコーが参戦

「便利だけれどニッチなアイテム」という存在から抜け出して、どうやら普及への道を辿りはじめた......と思えるほど、参入メーカーや製品が多く発売されているモバイルディスプレイ。 そんな市場の盛り上がりをさらに加速する、税込で2万円を切る15.6インチ/フルHDのモデルが発売されました。

サムスン、曲率1000RのQLEDゲーミングモニタ「Odyssey」発表。上位モデルはデュアルQHDの超ワイドに

Samsungは1月7日から始まるCES 2020に先駆け、新しいゲーミングモニタ「Odyssey」を発表しました。これまでOdysseyの名前はMRヘッドセットやゲーミングラップトップに使用していましたが、ここにあらたにゲーミングモニタが加わった形です。

ゲーム用モニタの「最速」更新。秒間280コマ対応モデルをASUSが海外発表

eスポーツでの需要を背景に、ゲーム用ディスプレイにおいて高速化が進む最高リフレッシュレート(1秒間に書き換え可能なコマ数:詳細は後述します)。コンシューマー製品レベルでは通常の4倍速となる240Hzが最速でしたが、ここへ来てさらに更新がなされそうです。 PCパーツやゲーム用PC周辺機器大手のASUS(エイスース)が、280Hzへの対応を謳った27インチフルHD液晶ディスプレイ『VG279QM』を発表しました。