「communications」カテゴリーアーカイブ

デジタル小電力コミュニティ無線対応のトランシーバが登場

総務省が昨年制度化した、「デジタル省電力コミュニティ無線」に対応するトランシーバが登場した(Engadget JapaneseHamlife.jp)。

「デジタル省電力コミュニティ無線」は免許や資格、登録などが不要で利用できる無線機で、150MHzを使用し、特に用途は限定せずに利用が可能。送信出力は500mW。第1号製品として、アイコムがIC-DRC1という製品を発売している。

通話距離は「見通しの良い場所」で約3km、郊外で約1~2km、市街地では約200~500mとのこと。利用可能なチャンネル数は18。多人数を相手に同時に通話できるという。また、GPSを利用して位置情報を取得し、通話相手がどの方向でどのくらい離れているかを表示する機能もあるという。

すべて読む | 通信 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
サイエンテックス、CB無線機の新モデル「JCBT-17A」を発表 2017年05月24日
デジタル簡易無線のハンディ機、「第2世代」に突入 2016年09月02日
日本で初というLTE対応IPトランシーバー/IP無線機、発売へ 2015年07月10日
Anonymous、インターネットに依存しない無線通信ネットワークを構築するソフトウェアを公開 2014年05月15日
トランシーバー機能付き携帯、来夏発売予定 2004年12月26日

au 3Gは2022年3月末に終了

gf1e 曰く、

KDDIと沖縄セルラーは16日、auの3G通信サービス「CDMA 1X WIN」を2022年3月末で終了することを発表した(ニュースリリース)。

これに伴い、au VoLTE非対応機種へのサービスも終了する。そのため、3G専用端末だけではなく、4G LTE対応端末でもau VoLTEに対応していない機種 (AQUOS K、xxL2x/xxY2xの型番を持つAndroid端末、iPhone 5/5c/5s) は利用できなくなる。auは国内で唯一CDMA2000を利用して3G通信サービスを提供していた。

一方ドコモは、2020年代の半ばに3G通信サービスを終了したいと表明している。

すべて読む | モバイルセクション | 通信 | 携帯電話 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
au 3G、11月で新規受付終了 2018年07月24日
新iPhoneではauの3G回線が利用不可能に 2017年09月22日
PHSの新規契約等の受付、2018年3月31日に終了へ 2017年04月22日
米AT&T、2Gサービスを1月1日に終了していた 2017年01月22日
旧イー・モバイルで使われていたソフトバンクの1.7GHz帯利用3Gサービス、2018年1月で終了 2015年12月15日
2G 携帯 (ムーバ) の終焉 2012年03月27日
ソフトバンクモバイル、2010年3月31日に2G携帯サービス終了 2008年07月04日

ZEISS、Adobe Lightroom内蔵デジカメを発表

hylom 曰く、

カールツァイスがレンズ一体型デジタルカメラ「ZX-1」を発表した(プレスリリース特設サイトデジカメWatchの記事)。

昨今ユーザーが多いレンズ交換式ではないが、高品位なレンズや3740万画素の35mmフルサイズセンサーを搭載し、内蔵のAdobe Lightroom CCによりカメラ単体で編集を行えるという。512GB SSDを内蔵しており、メモリカードスロットは搭載しない。撮影したデータはWi-Fi/Bluetooth/USB Type-Cで転送できる。AdobeのクラウドサービスCreative Cloudとの連携機能もあるようだ。

すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 通信 | ソフトウェア | クラウド | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
富士フイルム、1億画素のセンサーを備える中判デジタルカメラの開発を発表 2018年09月28日
パナソニック、フルフレームミラーレスカメラ発表 2018年09月27日
キヤノン、フルフレームミラーレス一眼カメラ「EOS R」を正式発表 2018年09月07日
ニコン、フルサイズミラーレスカメラ「ニコンZ」シリーズを正式発表 2018年08月26日

米空港パブリックWi-Fi危険度ランキング、1位はサンディエゴ

クラウドセキュリティサービスを提供するCoronetの調査によると、米国の空港でパブリックWi-Fiの危険度が最も高いのはサンディエゴ国際空港だったそうだ(プレスリリースHackReadの記事リポート: PDF)。

調査では最も旅客数の多い45空港を利用した個人ユーザーおよび企業ユーザー25万人以上から5か月にわたってデータを収集・分析。危険度は空港を利用するユーザーのデバイスにおける脆弱性と、偽ホットスポットなどに接続する危険性について各5点満点、計10点満点(高い方が危険)で評価している。

Wi-Fiの利用が危険な空港トップ10とスコアは以下の通り。いずれもデバイスに適切な保護を行っていなければWi-Fiの利用を避けるべき、危険度スコア5.9以上となっている。
空港 スコア
サンディエゴ国際空港(SAN) 10
サンタアナ・ジョンウェイン空港(SNA) 8.7
ヒューストン・ホビー空港(HOU) 7.5
フォートマイヤーズ・サウスウェストフロリダ国際空港(RSW) 7.1
ニューアーク・リバティー国際空港(EWR) 7.1
ダラス・ラブフィールド空港(DAL) 6.8
フェニックス・スカイハーバー国際空港(PHX) 6.5
シャーロット・ダグラス国際空港(CLT) 6.4
デトロイト・メトロ空港(DTW) 6.4
ボストン・ローガン国際空港(BOS) 6.4
5位のリバティー国際空港では中リスクのネットワークに接続する可能性が1%、高リスクのネットワークに接続する可能性が0.6%なのに対し、一位のサンディエゴ国際空港ではそれぞれ30%、11%に跳ね上がる。サンディエゴは危険度スコア満点であり、正規のWi-Fiアクセスポイントと同名の偽(Evil Twin)アクセスポイント「#SANfreewifi」がARPポイズニング攻撃を実行しているとのこと。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 通信 | インターネット | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
HEL行き666便、13日の金曜日最後のフライトを終える 2017年10月15日
ユナイテッド航空、勘違いでComic-Con参加者に書籍を預入手荷物に入れないようアナウンス 2017年07月28日
英国人の過半数が無料Wi-Fiのセキュリティを懸念する一方、7人に1人は使えるなら何でも使うとの調査結果 2017年06月25日
アメリカン航空136便、Wi-Fiアクセスポイントの名前が原因で17時間遅れる 2014年11月01日
空港の公衆無線LANサービスで第三者によって通信内容が簡単に閲覧できることが話題に 2014年08月27日
米連邦航空局の諮問委員会、離着陸時を含め旅客機内での電子機器やWi-Fiの利用は安全性に問題ないと結論 2013年10月06日
「Free」「Public」などの名前が付いている不審な無線LANに接続してはいけない 2010年11月13日
Google、米国47の空港で無料Wi-Fiサービス開始 2009年11月13日
空港のサービスでもっとも重要なのは食べ物よりも無線LAN? 2009年05月28日

Telegramを禁じたイラン政府、国産アプリを公認メッセンジャーアプリに認定

国民にTelegram Messengerの使用を禁じたイラン政府が、代替となるアプリ「Soroush」を公認メッセンジャーアプリにしたそうだ(Al Jazeeraの記事Android Policeの記事CNBCの記事The Next Webの記事)。

Telegramは昨年の反政府デモで連絡手段として使われるなどイラン政府にとって脅威と考えられており、イラン国内で唯一通信インフラを提供するTelecommunication Infrastructure Companyは先日、Telegramの国内サーバー設置許可を取り消している。Soroushによる置き換え計画も以前から明らかにされていたものだ。

SoroushはTelegramと同様の機能を備え、Telegramからのデータ移行手段も提供される。アプリ自体は2年以上前から存在しており、Google Playでも公開されている。そのため、政府が国産アプリを公認アプリとし、国のメッセージングサービスに位置付けたということのようだ。公式のものなのかどうかは不明だが、ステッカーストアでは「アメリカに死を」といったスローガンを掲げるステッカーも提供されているとのことだ。

すべて読む | ITセクション | 通信 | ソフトウェア | 政治 | IT | 政府 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ロシア、当局への暗号鍵提出を拒否したメッセージングアプリ運営者に対するブロッキングを実行 2018年04月20日
国民に一定の金銭を支給する制度を導入してから6年が経過したイラン、その影響は 2017年06月07日
イランで4歳の少女の視力を奪った被告に対し「目には目を」の刑が執行される 2016年11月11日
イランが爆発物を搭載して自爆攻撃を行える「自爆無人機」を公開 2016年11月02日
アムネスティによる人気メッセージングアプリ11社のプライバシーランキング、1位はFacebook 2016年10月29日
米国はマルウェア「Stuxnet」でイランに深刻なダメージを与えようとしていた 2016年07月13日

業界初という衛星/地上デュアルモード対応スマートフォンがドバイで発表される

ドバイのThuraya Telecommunications Companyは11日、モバイル衛星サービス(MSS)業界初という衛星/地上のデュアルモードに対応するAndroidスマートフォンThuraya X5-Touchを発表した(プレスリリースAndroid Policeの記事SlashGearの記事)。

Thuraya X5-TouchはSIMカードスロットを2つ搭載し、衛星モードと地上モード(2G/3G/4G)で同時待ち受けが可能なフルデュアルモードを実現。Thurayaの衛星ネットワークは欧州・アフリカ・アジア・オーストラリアの160か国以上をカバーしており、無指向性衛星アンテナにより歩きながらの衛星通話も実現する。地上モードは多くの2G/3G/4G周波数に対応しているとのこと。Thurayaでは衛星/地上フルデュアルモード対応のフィーチャーフォンや、スマートフォンに衛星通信機能を追加するスリーブ製品などを発売しているが、これまで衛星通信対応のスマートフォンは製品化していなかった。

Thuraya X5-Touchは政府などの仕事で地上基地局によるカバー範囲を頻繁に出入りするユーザーがターゲットで、GPSだけでなくロシアのGLONASS、中国のBeiDou(北斗)といった衛星測位システムも利用可能だ。防水・防塵性能はIP67でMIL 810 G/Fにも準拠しており、MSS業界で最も丈夫な携帯電話だという。プレスリリースにスペック表は掲載されていないが、ゴリラガラスを採用する5.2インチのFHDタッチスクリーンディスプレイやカメラ(リア/フロント)、大容量バッテリー、専用SOSボタン、Wi-Fi/Bluetooth/NFCなどの記載がみられる。

Thuraya X5-TouchはThurayaのサービスパートナーから2018年第4四半期に提供開始予定とのことだ。

すべて読む | モバイルセクション | モバイル | 地球 | 通信 | 携帯電話 | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
米FCC、SpaceXの衛星ブロードバンドサービス計画を認可 2018年04月01日
ソフトバンク、地上基地局と人工衛星の両方に対応した携帯端末技術を開発 2016年06月14日
スマートフォンを衛星電話にできるモバイルルーター「イリジウム Go!」 2014年12月08日
iPhone 5向けのケース型衛星電話と専用アプリ登場 2013年09月05日
NTTドコモ、インマルサット対応衛星電話の提供開始 2012年07月26日

米FCC、SpaceXの衛星ブロードバンドサービス計画を認可

米連邦通信委員会(FCC)は3月29日、SpaceXが申請していた衛星コンステレーションによるブロードバンドサービス提供計画を認可したことを発表した(ニュースリリースGeekWireの記事SlashGearの記事The Vergeの記事)。

SpaceXが計画しているのは、小型の人工衛星「Starlink」4,425機で構成される衛星コンステレーションを地球低軌道(LEO)に配備し、地球全体に非静止軌道(NGSO)からの固定ブロードバンドサービスを提供するというもの。SpaceXは2月のPAZ打ち上げミッションに相乗りしてStarlink衛星デモ機2機(Tintin A/B)をLEOに投入し、通信を確立している。FCCでは認可の要件として2024年3月29日までに半数、2027年3月29日までにすべての衛星を指定軌道に投入して運用を開始するよう命じている。FCCではこれまでにOneWebやSpace Norway、Telesatに対して同様のブロードバンドサービス提供を認可しており、米国内すみずみまでブロードバンドサービスを行き渡らせることを目指す。

すべて読む | ITセクション | 通信 | インターネット | 宇宙 | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
SpaceX、Falcon 9ロケットから切り離したフェアリングのキャッチに挑戦 2018年02月24日
SpaceX、Falcon Heavyロケットの初打ち上げに成功 2018年02月08日
SpaceX、大西洋上に着水したFalcon 9ロケットを回収する計画 2018年02月03日
SpaceX、今年の打ち上げ第一弾は謎の宇宙機「Zuma」 2018年01月11日

Skype、Facebookアカウントでのサインインオプションを来年1月に廃止

現在デスクトップ版SkypeアプリとSkype for WebではFacebookアカウントによるサインインオプションが用意されているが、来年1月に廃止となるそうだ(Skype Supportの記事Neowinの記事Windows Centralの記事Thurrottの記事)。

FacebookアカウントでSkypeを利用していたユーザーが今後も使い続けるには、Microsoftアカウントへ移行する必要がある。Skype.comにFacebookアカウントをMicrosoftアカウントへ転送するツール(要ログイン)が用意されており、これを使用することでSkypeクレジットの残高や契約している月額プラン、Skype番号、請求情報、支払方法を転送できる。

連絡先の転送は連絡先の送信機能を使用することになるようだ。リンク先で解説されているのはSkype for Windowsデスクトップでの手順だが、Skype for Webでも連絡先は送信できる。また、会話履歴についてはSkype for WindowsデスクトップSkype for Macで保存する手順が紹介されているが、クラウド上に保存されている30日以内の会話履歴には対応しない。

FacebookアカウントをMicrosoftアカウントに転送しない場合、Skypeクレジットの残高は2018年1月10日以降自動的に返金処理される。Skype番号や月額プランは自動的にキャンセルされるとのことだ。

すべて読む | ITセクション | マイクロソフト | 通信 | Facebook | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows 10のストアアプリ、Microsoftアカウントなしで無料アプリがインストール可能に 2016年12月01日
Skype、アカウントなしでもゲストとして利用可能に 2016年11月16日
SkypeアカウントをMicrosoftアカウントとして使用可能に 2016年10月23日
WhatsApp、アカウント情報をFacebookと共有へ 2016年08月28日
Google CEOのQuoraアカウントが乗っ取られ、連携先のTwitterでツイートが送信される 2016年06月30日
Outlook.com、Windows Live Mail 2012のサポート終了へ 2016年05月10日
ゲーム「Quantum Break」のWindows 10版、Microsoftアカウントにサインインしないと海賊扱いに 2016年04月10日
店頭に展示されているPCで客がMSアカウントでログイン後放置するケースは少なくない 2016年03月24日
Skype アカウントの不正利用者を見つけ出すには? 2013年04月24日
Skype、同時ログインユーザ数が500万を突破 2006年01月24日

札幌航空交通管制部の無線障害、電源供給装置の故障が原因

札幌航空交通管制部で24日夜、管制用の無線設備で障害が発生した。設備は1時間30分ほどで復旧したが、20便以上が欠航するトラブルとなった(NHKニュースの記事[1][2])。

これについて、あるAnonymous Coward 曰く、

管制システムの不具合の結果、新千歳空港の離発着便のみといったレベルではなく、北海道やその周辺空域に航空機が進入できないという大規模トラブルとなったようだ。

また、acountname 曰く、

無線機の電源が落ちたうえ、バックアップ用の内蔵バッテリーも動作しなかったらしい。レーダーとか他の機器は動いていたので全域の停電ではなく無線機だけがコケたっぽい。寒いからUPSも動かなかったとか、そんな感じだろうか。

現在のところ、国土交通省から特に発表は出ていない。

すべて読む | ハードウェアセクション | 通信 | 電力 | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
滑走路がベトついて閉鎖されたカナダの空港 2017年11月12日
HEL行き666便、13日の金曜日最後のフライトを終える 2017年10月15日
フェニックス・スカイハーバー国際空港、猛暑で短距離路線の欠航が相次ぐ 2017年06月24日
アメリカン航空2214便、ぬかるみにはまって立ち往生 2017年06月08日
英ブリティッシュ・エアウェイズで発生した大規模障害に対し外注とコストダウンが原因ではないかとの指摘 2017年06月02日
Microsoft Azureの東日本データセンターで障害、空冷システムへの電源供給の不具合が原因 2017年04月06日
全日空でシステム障害、4台のサーバーが順にダウン 2016年03月23日
羽田のレーダーシステムにトラブル発生、14便欠航 2010年01月15日
全日空システム障害は中継システム更新が原因 2007年05月30日
全日空、システムダウンで106便欠航 2003年03月21日

水産庁、ミサイル発射を漁業無線で自動的に漁船に通知するシステムを導入へ

あるAnonymous Coward曰く、

水産庁が、漁船に対し自動でミサイル発射を無線で通知するシステムを導入するという(時事通信TBSFNN琉球新報)。

導入されるのは、内閣官房からミサイル発射情報が発信された場合、それを漁業無線局が自動で音声化して通知するというものだそうだ。

無論ミサイルには弾道弾だけでなく、誤動作で漁船に命中しかねない対艦ミサイルもある。漁民・船員を守る為の船舶用ミサイル警報装置に反対はできまいが、コストエフェクティブかどうかは検討の余地があると思う。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 通信 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
日本政府が高出力レーザーによるミサイル迎撃システムを検討中との報道 2017年09月04日
全国瞬時警報システム(Jアラート)はSIMフリー端末などでは受信できない 2017年09月01日
北朝鮮がミサイルを発射、北海道上空を通過 2017年08月29日