「CL-映画・映像」カテゴリーアーカイブ

慰安婦テーマの映画「主戦場」が場外乱闘に…櫻井よしこ氏らの抗議に監督が猛反論 – 弁護士ドットコム

慰安婦テーマの映画「主戦場」が場外乱闘に…櫻井よしこ氏らの抗議に監督が猛反論 - 弁護士ドットコム

慰安婦テーマの映画「主戦場」が場外乱闘に…櫻井よしこ氏らの抗議に監督が猛反論 - 弁護士ドットコム

旧日本軍の慰安婦問題をあつかったドキュメンタリー映画「主戦場」をめぐり、出演した保守派論客が「商業映画に出演することに承諾していない」などとして、上映中止をもとめる抗議声明を発表した。 こうした状況を受けて、同作監督をつとめた日系アメリカ人のミキ・デザキ氏と配給会社が6月3日、都内で記者会見を開いた...

はてなブックマーク - 慰安婦テーマの映画「主戦場」が場外乱闘に…櫻井よしこ氏らの抗議に監督が猛反論 - 弁護士ドットコム はてなブックマークに追加

2018年に名監督・小津安二郎の“狂気”がバズった理由 | 文春オンライン

2018年に名監督・小津安二郎の“狂気”がバズった理由 | 文春オンライン

2018年に名監督・小津安二郎の“狂気”がバズった理由 | 文春オンライン

いま、小津安二郎が流行っている。 小津といえば、名実ともに日本を代表する映画監督のひとりである。その独創的な映像表現は世界的にも高く評価されており、代表作の『東京物語』(1953年)は、2012年にイギリスの映画雑誌『Sight & Sound』が企画した世界の名だたる監督たちによる投票で第1位に選出された。 しかし、...

はてなブックマーク - 2018年に名監督・小津安二郎の“狂気”がバズった理由 | 文春オンライン はてなブックマークに追加