「chrome」カテゴリーアーカイブ

Appleによる広告のためのユーザー追跡禁止方針、広告市場に大きく影響を与える

Anonymous Coward曰く、

Appleは2017年9月から、Web上のユーザーを追跡するターゲティング広告を制限する方針を取り始めた。たとえばSafariでは、「Intelligent Tracking Prevention」(ITP)というサードパーティーCookieをブロックする機能が導入されており、これによって広告企業はターゲティング広告のための情報の大部分を失うこととなった。その結果、Google Chromeで表示される広告に対する広告費は若干ながら上昇したのに対し、Safariでは大きく減少したという(GIGAZINEThe InformationSlashdot)。 。

また、Google Chromeをスマートフォンで使っているユーザーの場合、Web上での行動のうち79%を追跡できるが、iPhoneとSafariを使っているユーザーの場合、追跡できるのは全体の9%ほどしかないという。しかし、一般的に裕福とされるユーザーの多いiPhoneの所有者は広告主にとっては魅力的であり、加えてWeb分析サービスStatscounterによると、Safariは米国のモバイルブラウザ市場の53%を占めている。そのため、iPhoneユーザーに対しターゲット広告を出すための手法の開発が続けられているそうだ

すべて読む | アップルセクション | ビジネス | Chrome | Safari | 広告 | アップル | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
iOS 13のプライバシ保護機能はFacebookやGoogleへの挑戦か 2019年09月25日
Mozilla、AppleにiOSデバイスの広告IDを月1回変更するよう求める 2019年04月20日
テクノロジー企業にユーザーのセキュリティとプライバシーを強化するよう求めるEFFのキャンペーン 2019年03月03日
Appleのティム・クック氏、個人情報転売への規制を求める 2019年01月23日
FacebookのザッカーバーグCEO、幹部にAndroidスマホだけを使えと命じる 2018年11月21日

デスクトップ版Google Chrome、WebページのQRコード生成機能の実装を進める

headless曰く、

デスクトップ版Google Chromeで表示中WebページのURLをQRコードとして表示し、スマートフォンで容易に表示できるようにする機能の実装が進められているようだ(Techdowsの記事Android PoliceSoftpedia)。

Chrome Canaryのchrome://flagsには「Enable sharing pages via QR code(#sharing-qr-code-generator)」というフラグが追加されており、このフラグを「Enabled」に設定するとWebページのコンテキストメニューに「このページのQRコードを生成」という項目が表示されるようになる。この項目を選択すると「QRコードのスキャン」というポップアップがOmnibox(アドレス・検索バー)直下に表示されるが、現在のところQRコード自体は表示されない。Omniboxに追加される「QRコード」ボタンにはまだ特に機能が割り当てられていない。なお、Issue 993909によると、QRコードの中央に「Dino」を表示することも計画されているらしい。DinoはChromeがインターネットに接続していない状態で表示されるミニゲームの恐竜だ。

すべて読む | ITセクション | Chrome | インターネット | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
タブのコンテキストメニューから複数の項目が削除されたChrome 78、アップデートで「他のタブをすべて閉じる」のみ復活 2019年11月23日
Google、読み込み速度が遅いサイトをChromeで明示する計画 2019年11月15日
デスクトップ版Google Chrome 78.0.3904.87、ゼロデイ脆弱性を含む2件の脆弱性を修正 2019年11月04日
macOS CatalinaでGoogle Chromeのフォント指定が適切に働かない問題 2019年10月15日

Amazonのこの価格、本当に安い? 過去の価格歴をグラフで教えてくれるChrome拡張機能「Keepa」が便利 – ねとらぼ

Amazonのこの価格、本当に安い? 過去の価格歴をグラフで教えてくれるChrome拡張機能「Keepa」が便利 - ねとらぼ

Amazonのこの価格、本当に安い? 過去の価格歴をグラフで教えてくれるChrome拡張機能「Keepa」が便利 - ねとらぼ

Amazon.co.jpで値引きされているこの製品、本当に安いのだろうか? そんな疑問を解消してくれるChrome拡張機能「Keepa(キーパ)」に注目が集まっています。 (追記:Firefox版はこちら) Keepa Amazon.co.jpでは24日まで、大型セールの「ブラックフライデーセール」が開催中です。ところが22日、「Amazonで値引率を不...

はてなブックマーク - Amazonのこの価格、本当に安い? 過去の価格歴をグラフで教えてくれるChrome拡張機能「Keepa」が便利 - ねとらぼ はてなブックマークに追加

Amazonのこの価格、本当に安い? 過去の価格歴をグラフで教えてくれるChrome拡張機能「Keepa」が便利 – ねとらぼ

Amazonのこの価格、本当に安い? 過去の価格歴をグラフで教えてくれるChrome拡張機能「Keepa」が便利 - ねとらぼ

Amazonのこの価格、本当に安い? 過去の価格歴をグラフで教えてくれるChrome拡張機能「Keepa」が便利 - ねとらぼ

Amazon.co.jpで値引きされているこの製品、本当に安いのだろうか? そんな疑問を解消してくれるChrome拡張機能「Keepa(キーパ)」に注目が集まっています。 (追記:Firefox版はこちら) Keepa Amazon.co.jpでは24日まで、大型セールの「ブラックフライデーセール」が開催中です。ところが22日、「Amazonで値引率を不...

はてなブックマーク - Amazonのこの価格、本当に安い? 過去の価格歴をグラフで教えてくれるChrome拡張機能「Keepa」が便利 - ねとらぼ はてなブックマークに追加

タブのコンテキストメニューから複数の項目が削除されたChrome 78、アップデートで「他のタブをすべて閉じる」のみ復活

GoogleはChrome 78でタブのコンテキストメニューから複数のメニュー項目を削除したが、このうち「ほかのタブをすべて閉じる」のみ18日リリースのバージョン78.0.3904.108で復活している(Issue 1020399Log 78.0.3904.97..78.0.3904.108Softpediaの記事Techdowsの記事)。

Chromeでタブのコンテキストメニューから使用頻度の低い項目を削除することは何年も前から議論されていたが、具体的に話が動き出したのは今年8月のようだ。実際に削除されたのは「他のタブをすべて閉じる」のほか、「閉じたタブを開く」「すべてのタブをブックマークに追加」の3項目。しかし後の2項目がタブストリップのコンテキストメニューから実行でき、ショートカットキーも割り当てられているのに対し、「ほかのタブをすべて閉じる」はタブのコンテキストメニューから削除されてしまうと実行できなくなるというのが復元の理由だ。なお、「右側のタブを閉じる」も削除が検討されていたが、こちらは削除されなかったようだ。このほか、Chrome 78のタブのコンテキストメニューでは「新しいタブ」が「右隣に新しいタブを開く」となるなど、いくつかのメニュー項目で表記が変更されている。

すべて読む | ITセクション | Chrome | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Chrome Canaryでタブのプレビュー表示が利用可能に 2019年03月26日
Chrome Canaryに搭載されたタブのグループ化機能、現在のところ機能は限定的 2019年02月04日
Google Chromeのタブ機能は改善するか 2018年11月25日
Google Chromeデスクトップ版、プログラム終了のショートカットキーが廃止に 2018年10月28日
Google Chromeで複数のタブをまとめて閉じる機能、使ってる? 2017年03月25日

その本、図書館にあります。 – Amazonで検索した本が近隣図書館にあるかどうか教えてくれるGoogle Chrome拡張機能

その本、図書館にあります。 – Amazonで検索した本が近隣図書館にあるかどうか教えてくれるGoogle Chrome拡張機能

その本、図書館にあります。 – Amazonで検索した本が近隣図書館にあるかどうか教えてくれるGoogle Chrome拡張機能

近くの図書館を登録するとAmazonのページで 本が図書館に置いてあるかや貸出状態などが分かります。 本を買う前に図書館で借りれないかどうか、一目で分かり、 貸し出されていても「予約する」をクリックすると図書館のホームページに移動します。 いちいち図書館のホームページを検索する必要もないですし便利です。

はてなブックマーク - その本、図書館にあります。 – Amazonで検索した本が近隣図書館にあるかどうか教えてくれるGoogle Chrome拡張機能 はてなブックマークに追加

なぜChromeはURLを殺そうとするのか? (Chrome Dev Summit 2019) – ぼちぼち日記

なぜChromeはURLを殺そうとするのか? (Chrome Dev Summit 2019) - ぼちぼち日記

なぜChromeはURLを殺そうとするのか? (Chrome Dev Summit 2019) - ぼちぼち日記

今年もChrome開発者の集まりChrome Dev Summit 2019 (CDS) がサンフランシスコで開催されました。 今回、私が Chrome Customer Advisory Board (CAB) に選出していただいたこともあり、CDSに初めて参加しました。 これは、CDS終了後のCAB meetingで頂いたChrome Dinosaurフィギュアです。ちなみにゲームはできません。 ...

はてなブックマーク - なぜChromeはURLを殺そうとするのか? (Chrome Dev Summit 2019) - ぼちぼち日記 はてなブックマークに追加

Google、読み込み速度が遅いサイトをChromeで明示する計画

headless曰く、

Googleは11日、アクセス先Webサイトの標準的な読み込み速度が速いか遅いか、将来的にGoogle Chromeで明示する計画を明らかにした(Chromium BlogThe VergeAndroid PoliceSlashGear)。

計画の主眼としては読み込みが遅いサイトをユーザーに知らせることであり、過去の読み込み遅延に関するデータから一般的に読み込みが遅くなるサイトの作りを特定するという。さらに、ユーザーの使用デバイスやネットワークの状況による読み込み速度低下にも拡大する計画もあるとのこと。表示方法としては読み込み中の画面(スプラッシュスクリーン)やプログレスバー、リンクのコンテキストメニューなど、さまざまな方法を検討しているそうだ。例としては、遅いサイトの読み込み中画面に「通常読み込みが遅い」と表示し、速いサイトはプログレスバーを緑色で表示するといったものが挙げられている。

このような機能が実際に搭載されるのは先の話だが、GoogleではWeb開発者に対し、Googleの各種パフォーマンス診断ツールを利用してサイトの読み込み速度を改善するよう推奨している。

すべて読む | ITセクション | Chrome | Google | インターネット | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Chrome Canaryで画像の遅延読み込みが利用可能に 2018年08月18日
Firefox 26では画像が大量にあるページに対する表示速度が大幅に改善される 2013年10月04日
Chromeでレンダリングを遅くするようなコンテンツをブロックするモードが試験的に開発される 2019年02月09日
Google Chrome、ページロード途中のレイアウト変動を抑える技術を導入 2017年04月20日

Google、Chromeブラウザで低速サイトに不名誉なバッジ表示を検討中 – ITmedia NEWS

Google、Chromeブラウザで低速サイトに不名誉なバッジ表示を検討中 - ITmedia NEWS

Google、Chromeブラウザで低速サイトに不名誉なバッジ表示を検討中 - ITmedia NEWS

Web高速化に取り組むGoogleが、将来のChromeブラウザでは読み込みの遅いWebサイトにはそうと分かるバッジを表示する計画を発表した。スピードアップすればこのバッジを返上できる。 米Googleは11月11日(現地時間)、Web高速化の取り組みの一環として、ページの読み込みが特に遅かったり速かったりするWebサイトに、それ...

はてなブックマーク - Google、Chromeブラウザで低速サイトに不名誉なバッジ表示を検討中 - ITmedia NEWS はてなブックマークに追加

[速報]Chromium版Microsoft Edgeがリリース候補に到達。2020年1月15日が正式リリース日と発表。Ignite 2019 - Publickey

[速報]Chromium版Microsoft Edgeがリリース候補に到達。2020年1月15日が正式リリース日と発表。Ignite 2019 - Publickey

[速報]Chromium版Microsoft Edgeがリリース候補に到達。2020年1月15日が正式リリース日と発表。Ignite 2019 - Publickey

マイクロソフトは、フロリダ州オーランドで開催中のイベント「Microsoft Ignite 2019」で、レンダリングエンジンにChromiumを搭載した新版のMicrosoft Edgeが2020年1月15日に正式リリースされる予定であることを発表しました。 Chromium版Microsoft Edgeはレンダリングスピードが従来の約2倍に。 コンパチビリティテスト...

はてなブックマーク - [速報]Chromium版Microsoft Edgeがリリース候補に到達。2020年1月15日が正式リリース日と発表。Ignite 2019 - Publickey はてなブックマークに追加

デスクトップ版Google Chrome 78.0.3904.87、ゼロデイ脆弱性を含む2件の脆弱性を修正

Googleは10月31日、安定版Google Chrome for Windows/Mac/Linuxをバージョン78.0.3904.87に更新した(Chrome Releasesの記事Securelistの記事Mashableの記事BetaNewsの記事)。

本バージョンでは深刻度評価「High」の脆弱性2件が修正された。いずれも解放済みメモリ使用の脆弱性で、CVE-2019-13720はオーディオコンポーネント、CVE-2019-13721はPDFiumコンポーネントに存在する。CVE-2019-13720はKaspersky Labが発見したエクスプロイトを発端に発覚したもので、64ビット版Windowsをターゲットにしたゼロデイ攻撃が確認されている。Kasperskyによれば、エクスプロイトは脆弱性を悪用してタスクスケジューラーにマルウェアの実行ファイルを登録するという。

すべて読む | ITセクション | Chrome | Google | セキュリティ | バグ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google Playの脆弱性報告報奨金プログラム、対象が1億回以上インストールされた全アプリに拡大 2019年09月03日
Google、Chromeのゼロデイ脆弱性と組み合わせて攻撃に使われていたWindowsのゼロデイ脆弱性を公表 2019年03月10日
デスクトップ版Chrome 67、Spectreなどの対策としてSite Isolationが有効に 2018年07月15日
CSSの機能を使用してクロスオリジンのiframeから表示内容を読み取るサイドチャネル攻撃 2018年06月03日
Microsoft、Google Chromeのパッチ提供方針を批判 2017年10月21日
アジアの高級ホテルを舞台とした標的型攻撃「Darkhotel」をKasperskyが報告 2014年11月17日

3年かけてたどり着いた英語記事を読むための方法 – Qiita

3年かけてたどり着いた英語記事を読むための方法 - Qiita

3年かけてたどり着いた英語記事を読むための方法 - Qiita

以前は英語の記事の読み書きが苦手だったのを、このようにして克服した、という話を書きます。 成果を数値で測ってないですが、RSSフィードに登録している英語メディアの数が大幅に増えました。以前は全体の5%程度に対し、今は50%以上が英語メディアになっています。英語に対する心理的ハードルは大きく下がりました。 ...

はてなブックマーク - 3年かけてたどり着いた英語記事を読むための方法 - Qiita はてなブックマークに追加

macOS CatalinaでGoogle Chromeのフォント指定が適切に働かない問題

10月7日にリリースされたmacOSの新バージョン「Catalina(macOS 10.15)」で、Chromeが「ヒラギノ角ゴPro/ProN」フォントを使えない、という問題が報告されている。Catalinaではヒラギノ角ゴPro/ProNが無くなっているためとの話もあるが、AAPL Ch.によるとHigh Sierra(macOS 10.13)の時点ですでにこの変更は行われており、Catalinaでもヒラギノ角ゴPro/ProN自体は利用できるという。

chromiumのissueトラッカーでもこの問題は報告されており、Chrome側の問題の可能性もある。

なお、この影響でCSSで表示フォントとしてヒラギノ角ゴPro/ProNを指定したサイトで適切なフォントでページが表示されないという問題も発生しているようだ

すべて読む | アップルセクション | Chrome | MacOSX | インターネット | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
WebサイトやWebサービスで異体字セレクタは使われているか 2019年04月23日
アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」、表記時には書体の指定があるらしい 2018年11月21日
できの悪いユーザーインタフェースがあると、ユーザーはその利用を諦めてしまう 2015年07月11日
Web ページのフォントサイズはどのくらいが適切? 2010年11月05日

ノーコードでWebページをスクレイプできるChrome拡張「AnyPicker」 – エンジニア・プログラマのソーシャルITメディア

ノーコードでWebページをスクレイプできるChrome拡張「AnyPicker」 - エンジニア・プログラマのソーシャルITメディア

ノーコードでWebページをスクレイプできるChrome拡張「AnyPicker」 - エンジニア・プログラマのソーシャルITメディア

◆ AnyPicker https://anypicker.ryang-studio.com/ 紹介 「AnyPicker」は、ノーコードでWebページをスクレイプできるChrome拡張ツールです。 Chrome拡張機能をインストール後、スクレイプするWebサイトを開くとこのようなサイドバーが出現します。 STEPは全部で5つあり、その1つ目がこちら。今回は初めての登録なので「N...

はてなブックマーク - ノーコードでWebページをスクレイプできるChrome拡張「AnyPicker」 - エンジニア・プログラマのソーシャルITメディア はてなブックマークに追加

macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える – kyoto.nagoya Blog

macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog

macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog

macOS Catalinaが日本時間の10月8日午前2時ぐらいにリリースされまして,早速アップグレードしました. www.itmedia.co.jp アップデートは順調に終了.設定も終わり,いざChromeを開いてみると・・・ あれ? フォントがおかしい. ヒラギノの匂いがしないフォントになっている気がしたのでFont Bookを見てみると・・...

はてなブックマーク - macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog はてなブックマークに追加

macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える – kyoto.nagoya Blog

macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog

macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog

macOS Catalinaが日本時間の10月8日午前2時ぐらいにリリースされまして,早速アップグレードしました. www.itmedia.co.jp アップデートは順調に終了.設定も終わり,いざChromeを開いてみると・・・ あれ? フォントがおかしい. ヒラギノの匂いがしないフォントになっている気がしたのでFont Bookを見てみると・・...

はてなブックマーク - macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog はてなブックマークに追加

macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える – kyoto.nagoya Blog

macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog

macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog

macOS Catalinaが日本時間の10月8日午前2時ぐらいにリリースされまして,早速アップグレードしました. www.itmedia.co.jp アップデートは順調に終了.設定も終わり,いざChromeを開いてみると・・・ あれ? フォントがおかしい. ヒラギノの匂いがしないフォントになっている気がしたのでFont Bookを見てみると・・...

はてなブックマーク - macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog はてなブックマークに追加

Google、Chromeで混合コンテンツを完全にブロックする計画

Googleは3日、Gooogle Chromeで混合コンテンツを完全にブロックする計画を発表した(Chromium Blogの記事VentureBeatの記事Android Policeの記事SlashGearの記事)。

混合コンテンツはHTTPSページのサブリソースがHTTP接続で読み込まれる状況を指し、Chromeを含む現在のブラウザーのほとんどがスクリプトやiframeといった危険性の高い混合コンテンツをブロックする。一方、比較的危険性が低いと考えられる画像や音声、動画については読み込みが許可されるが、偽の画像への差し替えや、トラッキングcookieの挿入といった攻撃を受ける可能性もある。

Chromeでの混合コンテンツ完全ブロック計画は段階的に行われる。まず、12月に安定版がリリースされるChrome 79ではサイト単位で混合コンテンツのブロックを解除可能なオプションが設定に追加され、現在はブロックされているスクリプトやiframeの読み込みを許可できるようになる。

Chrome 80ではHTTPSページで音声と動画のリソースをHTTP接続で読み込むよう指定されている場合、HTTPS接続に自動アップグレードして読み込みを試みる。HTTPSでの読み込みが失敗した場合はデフォルトでブロックされるが、先述のオプションで読み込みを許可することも可能だ。画像の混合コンテンツは引き続き許可されるが、読み込まれた場合はHTTPページと同様に「保護されていない通信」という表示がOmnibox左端に追加される。

Chrome 81では画像の混合コンテンツも自動アップグレードの対象となり、HTTPS接続で読み込めない場合はデフォルトでブロックされるとのこと。Chrome 81は2020年3月に安定版リリース予定となっている。

すべて読む | ITセクション | Chrome | セキュリティ | 暗号 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google、ChromeでのTLS 1.0/1.1サポート終了に向けた今後の計画を発表 2019年10月05日
Google Chrome、FTPサポートを削除する計画 2019年08月21日
Google曰く、Chrome拡張機能プラットフォームの新マニフェストは広告ブロックをより安全にする 2019年06月15日
Google、拡張機能のデータアクセス制限強化などのChromeウェブストアポリシー変更を発表 2019年06月06日
Google Chrome、Flashのサポート終了に向けた情報表示を7月から開始へ 2019年03月28日
Chrome Canaryに搭載されたタブのグループ化機能、現在のところ機能は限定的 2019年02月04日

Google、ChromeでのTLS 1.0/1.1サポート終了に向けた今後の計画を発表

Googleは1日、Google ChromeでのTLS 1.0/1.1サポート終了に向けた今後の計画を発表した(Chromium Blogの記事Neowinの記事gHacksの記事)。

主要Webブラウザーでは昨年10月に2020年のTLS 1.0/1.1無効化計画が発表されている。Mozillaはこれに先立ち、先日Firefox NightlyのデフォルトでTLS 1.0/1.1を無効化した。

GoogleはChrome 72でTLS 1.0/1.1を非推奨とし、開発者ツールのコンソールに警告を表示しているが、2020年1月13日にはChrome 79以降でTLS 1.0またはTLS 1.1接続のページに警告メッセージが表示されるようになる。警告メッセージはページ情報アイコンの右側にHTTP接続ページと同様に「保護されていません」と表示されるほか、ページ情報には接続が完全に安全ではないことが記載されるとのこと。

3月に一般リリース予定のChrome 81では、予定通りTLS 1.0/1.1のブロックが始まる。UI要素による警告メッセージは削除され、ページいっぱいに警告メッセージが表示されるようになる。なお、組織で管理しているChromeではポリシー「SSLVersionMin」の値を「tls1.2」にすることで、無効化後の状態を今すぐ確認できる。逆に無効化後はこのポリシーを使用して2021年1月までTLS 1.0またはTLS 1.1を再び有効化できるとのことだ。

すべて読む | セキュリティセクション | Chrome | セキュリティ | インターネット | 暗号 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Firefox Nightly、デフォルトでTLS 1.0/1.1が無効化される 2019年10月01日
主要ブラウザーは2020年にTLS 1.0/1.1を無効化する計画 2018年10月18日
TLS 1.3正式リリース 2018年08月15日
Yahoo! JAPAN、2018年6月1日以降TLS1.0/1.1のサポートを順次終了へ 2018年04月26日
Chrome 68ではすべてのHTTP接続ページで安全性に関する警告が表示される 2018年02月12日
一部の大手サイトでTLS 1.0無効化が始まる 2017年05月03日
Chrome 45のセキュリティ改善により、開けないサイトが現れる(更新) 2015年09月06日
TLS 1.0無効化における障害は? 2015年07月25日
クレジットカード処理におけるTLS 1.0の使用が非推奨に 2015年06月01日

Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に - Publickey

Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に - Publickey

Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に - Publickey

Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に GoogleはWebブラウザのChrome 78ベータ版で「Native File System API」を試験的機能(Origin Trial)として搭載したことを明らかにしました。 Native File System APIはWeb Platform Incubator Community Groupが策...

はてなブックマーク - Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に - Publickey はてなブックマークに追加

Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に - Publickey

Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に - Publickey

Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に - Publickey

Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に GoogleはWebブラウザのChrome 78ベータ版で「Native File System API」を試験的機能(Origin Trial)として搭載したことを明らかにしました。 Native File System APIはWeb Platform Incubator Community Groupが策...

はてなブックマーク - Chrome 78ベータに「Native File System API」搭載。Webブラウザからローカルファイルを読み書き可能に - Publickey はてなブックマークに追加

Google Chromeのアップデートプログラムが原因で一部のMacが正常に起動しなくなるトラブル

Google Chromeがアップデートに使用する「Keystone」というプログラムのバグが原因で、一部のMacが正常に起動しなくなるトラブルが23日に相次いでいたそうだ(Varietyの記事Neowinの記事Ars Technicaの記事Issue 1007358)。

このトラブルはハリウッドの映画スタジオなどで編集作業に使用するMac Proで数多く報告されており、当初はその多くで使われていたAvidのMedia Composerが疑われていた。しかしその後、Google ChromeのKeystoneバージョン1.2.13.75にバグがあり、アップデートを実行する際にシンボリックリンク/varを削除してしまったことが原因だと判明する。

ただし、Macのすべてで発生する問題ではなく、OSのシステム整合性保護 (SIP)が無効化されているかSIP非搭載の古いバージョン(SIPはOS X El Capitan以降に搭載)で、ログインユーザーにルートディレクトリ(/)への書き込み権限が必要となる。なお、/varからrestrictedフラグが削除されている場合にはSIPが有効でも発生することが確認されている。

Googleでは問題が修正されるまでリリースを停止しており、当初は macOS復元の復元システム上でアップデートプログラムを削除してシンボリックリンクを再作成するという修正手順を紹介していたが、その後 macOS復元からmacOSを再インストールする手順に差し替えている。

すべて読む | アップルセクション | Chrome | アップグレード | MacOSX | バグ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
MozillaがFirefoxの拡張機能で難読化コードの使用禁止を発表した2日後、全拡張機能が動作しなくなるトラブルが発生 2019年05月04日
月例パッチでWindows 7などが起動不能に。一部ウイルス対策ソフト利用者の間で発生 2019年04月19日
iOS 11.2リリース、12月2日以降にiOS 11デバイスの再起動が繰り返される問題を修正 2017年12月03日
ヤマハのルータRTX1210に設定やファーム更新を5回行うと起動しなくなる不具合 2017年03月07日
アップデートで文鎮化するスマートシューズ 2019年02月24日

MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

Microsoftが次期Microsoft EdgeでChromiumを採用したことで、Chromiumのコードベースに含まれる侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進んだようだ(Issue 981129、 The Registerの記事)。 Microsoftのコントリビューターは7月初め、Microsoft内部で使用している機械学習によるツール「PoliCheck」でChromiumのコードベー...

はてなブックマーク - MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT はてなブックマークに追加

MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

Microsoftが次期Microsoft EdgeでChromiumを採用したことで、Chromiumのコードベースに含まれる侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進んだようだ(Issue 981129、 The Registerの記事)。 Microsoftのコントリビューターは7月初め、Microsoft内部で使用している機械学習によるツール「PoliCheck」でChromiumのコードベー...

はてなブックマーク - MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT はてなブックマークに追加

MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT

Microsoftが次期Microsoft EdgeでChromiumを採用したことで、Chromiumのコードベースに含まれる侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進んだようだ(Issue 981129、 The Registerの記事)。 Microsoftのコントリビューターは7月初め、Microsoft内部で使用している機械学習によるツール「PoliCheck」でChromiumのコードベー...

はてなブックマーク - MicrosoftのChromium採用により、Chromiumのコードベースから侮辱的・攻撃的表現を置き換える動きが進む | スラド IT はてなブックマークに追加

【知ってた?】ChromeでPDFを連結できる! 拡張機能と印刷テクニック | できるネット

【知ってた?】ChromeでPDFを連結できる! 拡張機能と印刷テクニック | できるネット

【知ってた?】ChromeでPDFを連結できる! 拡張機能と印刷テクニック | できるネット

複数ファイルの連結や見開き化が可能 ExcelやPowerPointで作成したファイルをほかの人と共有するとき、PDF形式に変換することがよくありますよね。 PDFは異なるパソコンやスマートフォンでも表示が崩れないうえ、改ざんしにくく、ファイルサイズも小さいと、いいことずくめです。相手から受け取る資料にも、PDF形式のフ...

はてなブックマーク - 【知ってた?】ChromeでPDFを連結できる! 拡張機能と印刷テクニック | できるネット はてなブックマークに追加

【知ってた?】ChromeでPDFを連結できる! 拡張機能と印刷テクニック | できるネット

【知ってた?】ChromeでPDFを連結できる! 拡張機能と印刷テクニック | できるネット

【知ってた?】ChromeでPDFを連結できる! 拡張機能と印刷テクニック | できるネット

複数ファイルの連結や見開き化が可能 ExcelやPowerPointで作成したファイルをほかの人と共有するとき、PDF形式に変換することがよくありますよね。 PDFは異なるパソコンやスマートフォンでも表示が崩れないうえ、改ざんしにくく、ファイルサイズも小さいと、いいことずくめです。相手から受け取る資料にも、PDF形式のフ...

はてなブックマーク - 【知ってた?】ChromeでPDFを連結できる! 拡張機能と印刷テクニック | できるネット はてなブックマークに追加