「bookreview」カテゴリーアーカイブ

中公新書「ヒトラーの時代」の内容がひどいらしい – Togetter

中公新書「ヒトラーの時代」の内容がひどいらしい - Togetter

中公新書「ヒトラーの時代」の内容がひどいらしい - Togetter

リンク Wikipedia 2 users 37 池内紀 池内 紀(いけうち おさむ、1940年11月25日 - )は、日本のドイツ文学者、エッセイスト。 兵庫県姫路市出身。姫路市立城北小学校卒業。兵庫県立姫路西高等学校卒業、東京外国語大学外国語学部卒業、1965年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。神戸大学助教授、東京都立大学教...

はてなブックマーク - 中公新書「ヒトラーの時代」の内容がひどいらしい - Togetter はてなブックマークに追加

太田垣章子『家賃滞納という貧困』 – 紙屋研究所

太田垣章子『家賃滞納という貧困』 - 紙屋研究所

太田垣章子『家賃滞納という貧困』 - 紙屋研究所

司法書士として家賃滞納の処理にあたってきた筆者が、18のケースを紹介している。 家賃滞納という貧困 (ポプラ新書) 作者: 太田垣章子 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2019/02/08 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 230ページの本なのに200ページまで事例紹介が食い込んでくるのは、いくらなんでも多すぎな...

はてなブックマーク - 太田垣章子『家賃滞納という貧困』 - 紙屋研究所 はてなブックマークに追加

日本人女性の声は、なぜこうも「高音」なのか | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本人女性の声は、なぜこうも「高音」なのか | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本人女性の声は、なぜこうも「高音」なのか | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

──生涯で最も多く聞く「音」が自分の声なのですね。 意識されることは少ないが、それだけ絶大な力を実は秘めている。人の心を動かし、揺さぶり、自分自身の心身さえ変えていく力を持つ。声にその人のすべてが出てしまう。人間は声による奇跡の積み重ねで作られている。 ──奇跡? 声は人間の脳と聴覚と発声の驚異的な連携...

はてなブックマーク - 日本人女性の声は、なぜこうも「高音」なのか | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 はてなブックマークに追加