「blackberry」カテゴリーアーカイブ

「BlackBerryは死なず」キーボード無しブラックベリーの歴史から、2020年の復活を信じたい

TCLがブラックベリーから撤退することを発表しました。その理由は「ブラックベリーのブランド力低下」「キーボード端末の需要減」という2つの要因が考えられます。しかしブラックベリーの名を付けたスマートフォンが今後出てこないとはまだ決まっていません。今後再びブラックベリーからライセンスを受けたスマートフォンが出てくる可能性は十分ありうるのです。

TCL CommunicationによるBlackBerry端末の製造・販売、8月31日で終了

headless曰く、

BlackBerry Mobileの公式Twitterアカウントは3日、TCL Communicationが2020年8月31日をもってBlackBerryブランドのモバイルデバイス製造・販売を終了すると発表した(BlackBerry MobileのツイートThe VergeArs TechnicaAndroid Police)。

BlackBerryとTCL Communicationは2016年に長期の契約を締結し、TCLがインド・スリランカ・ネパール・バングラデシュ・インドネシアを除く全世界でBlackBerryブランドのスマートフォンを独占的に製造・販売する権利を得ていた。TCLは2017年にQWERTYキーボード搭載のAndroidスマートフォン「BlackBerry KEYone」を発表したのをはじめとして複数のモデルを発売しているが、2018年発表の「BlackBerry KEY 2 LE」を最後に新モデルは発表されていない。

8月31日以降、TCLには新たなBlackBerryモバイルデバイスを設計・製造・販売する権利がなくなるとのことだが、契約満了なのか、契約打ち切りなのかについては明確にされていない。今後の製品についても計画は示されていないが、既存製品については2022年8月31日までTCLがサポートするとのことだ。

すべて読む | モバイルセクション | モバイル | ビジネス | Blackberry | 携帯電話 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
BlackBerryがTwitterを特許侵害で訴える 2019年03月05日
BlackBerry CEO曰く、裁判所命令があれば端末の暗号を破る用意がある、ただし…… 2017年11月04日
TCL、2018年にPalmブランドを復活させる計画 2017年09月02日
TCL、QWERTYキーボードを搭載した「BlackBerry KEYone」を発表 2017年03月01日

さよならBlackBerryスマホ。TCLが製造・販売を8月で終了

BlackBerryブランドのスマートフォンを製造している中国TCLコミュニケーションは、同社によるBlackBerryスマホの製造・販売を2020年8月末をもって終了すると発表しました。 BlackBerry社(旧RIM社)は、自社でのスマートフォン開発・製造を2016年に終了しており、現在はオンラインセキュリティ事業を中核とした企業になっています。

折りたたみの「BlackBerry」にも期待!TCLのスマホは復活なるか:山根博士のスマホよもやま話

シャオミの日本参入で大いに沸いた2019年12月。ところが年末にもなってさらに驚くべきニュースが入ってきました。FOXがTCLブランドにスマートフォン「PLEX」を日本で発売します。TCLといえば中国の大手家電メーカー、そして中国国外ではアルカテルブランドのスマートフォンを展開中。さらにブラックベリーのライセンスを受けQWERTYキーボードスマートフォン「KEY」シリーズなどを出しています。

BlackBerry CEO曰く、裁判所命令があれば端末の暗号を破る用意がある、ただし……

BlackBerry CEOのJohn Chen氏がForbesに対し、暗号を破ってターゲットを盗聴するよう裁判所から命じられればそれに従うと明言したそうだ(Forbesの記事Softpediaの記事)。

ただし、その前日の10月24日、BlackBerryがロンドンで開催したBlackBerry Security Summitの報道陣向け質疑応答で、Chen氏は自社製品だからといって簡単にセキュリティを無効化できるわけではないと述べていたという。裁判所命令は尊重し、それに従って暗号の解除は試みるが、実際に解除できることを意味するわけではないとのこと。

Chen氏はBlackBerryバージョンのAndroidは最もセキュアなAndroidというだけでなく、Appleや競合他社の製品よりも確実にユーザーのデータを保護できると自慢する。一方、王立カナダ騎馬警察(RCMP)が2010年からBlackBerry Messengerのメッセージを復号可能なマスターキーを持っていたと昨年4月に報じられた際、Chen氏はブログ記事でBlackBerry Enterprise Serverがかかわった可能性を否定したものの、政府による市民のプライバシー侵害は防止すると述べたのみで、マスターキーの存在については否定も肯定もしていない。

すべて読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | Blackberry | 暗号 | 政府 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
TCL、QWERTYキーボードを搭載した「BlackBerry KEYone」を発表 2017年03月01日
BlackBerry、自社でのハードウェア開発終了を発表 2016年10月01日
ニューヨークの地方検事、AppleやGoogleに暗号化の水準を昔に戻すように求める 2016年08月02日
カナダ警察、2010年からBlackBerryのメッセージを復号するマスターキーを持っていた 2016年04月17日
iPhoneのロック解除に関し、AppleにFBIへの協力を強制する裁判所命令が出た場合、Appleのエンジニアが協力を拒否する可能性 2016年03月20日
Apple 対 FBI のバックドア問題について、ビル・ゲイツはつまり何が言いたいのか 2016年02月27日
Apple、米当局からの銃乱射事件容疑者のiPhoneのロック解除要求を拒否 2016年02月18日
オランダ警察、「PGP Blackberry」で使われているPGP暗号化されたメールを解読していた 2016年01月19日
Tim Cook曰く、Apple製品にバックドアはない 2015年10月26日
アイオワ州知事、Blackberryを長年使っていながら「電子メールもスマートフォンも使っていない」と主張 2015年04月01日
Blackberryの新タブレットはGalaxyTabをベースにセキュリティを強化 2015年03月18日
米当局はBlackBerryを含むスマートフォンの個人情報にもアクセスできた 2013年09月11日