「biology」カテゴリーアーカイブ

約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース

約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース

約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース

太平洋の南鳥島沖の海底で、およそ1100万年前に巨大な隕石が衝突したことを示す痕跡を、海洋研究開発機構などの研究グループが発見し、この時代に起きた生物の大量絶滅の原因になった可能性が高いとしています。 海洋研究開発機構などの研究グループは、太平洋にある南鳥島沖の海底を掘削して資源調査を行っていたところ...

はてなブックマーク - 約1100万年前の隕石の痕跡 海底で発見 生物絶滅に関係か | NHKニュース はてなブックマークに追加

地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出:朝日新聞デジタル

地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出:朝日新聞デジタル

地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出:朝日新聞デジタル

隕石(いんせき)からリボ核酸(RNA)を構成するのに必須な糖を検出したと、東北大と北海道大、米航空宇宙局(NASA)などのチームが19日、米科学誌に発表する。これまでにもアミノ酸などの有機物が見つかったことはあったが、生命の根幹を担うRNAを構成するのに必要な糖が見つかったのは初めて。地球で生命...

はてなブックマーク - 地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加

“シマウマ”模様の牛に虫寄りつかず 愛知の試験場など研究 | NHKニュース

“シマウマ”模様の牛に虫寄りつかず 愛知の試験場など研究 | NHKニュース

“シマウマ”模様の牛に虫寄りつかず 愛知の試験場など研究 | NHKニュース

黒毛の牛に白い塗料を塗ってシマウマのような模様にすると、通常の状態の牛と比べて、アブなどの虫が寄ってこなくなるという研究結果を、愛知県の農業総合試験場などがまとめました。 発表によりますと、研究では黒毛の牛を、通常の状態と白い塗料を塗って「シマウマ」のような白黒のしま模様にした状態、それに色による...

はてなブックマーク - “シマウマ”模様の牛に虫寄りつかず 愛知の試験場など研究 | NHKニュース はてなブックマークに追加

CNN.co.jp : 性別は720種類、脳がないのに学習 特異な生命体、パリ動物園で一般公開

CNN.co.jp : 性別は720種類、脳がないのに学習 特異な生命体、パリ動物園で一般公開

CNN.co.jp : 性別は720種類、脳がないのに学習 特異な生命体、パリ動物園で一般公開

(CNN) 明るい黄色をしていて、時速4センチの速度ではうことができ、脳がなくても問題を解決でき、半分に切断されても自己修復できる――。そんな特異な生命体が、フランスのパリ動物園で19日から初めて一般公開される。 この生命体は、単細胞の粘菌の一種モジホコリ(学名フィサルム・ポリセファルム)。植物でも...

はてなブックマーク - CNN.co.jp : 性別は720種類、脳がないのに学習 特異な生命体、パリ動物園で一般公開 はてなブックマークに追加

エンケラドゥス、生命存在の可能性高まる。噴出した水溶性の有機化合物を発見 – sorae 宇宙へのポータルサイト

エンケラドゥス、生命存在の可能性高まる。噴出した水溶性の有機化合物を発見 - sorae 宇宙へのポータルサイト

エンケラドゥス、生命存在の可能性高まる。噴出した水溶性の有機化合物を発見 - sorae 宇宙へのポータルサイト

土星の衛星「エンケラドゥス」から宇宙空間へ噴出した氷粒に、これまで未確認だった有機化合物が含まれていたことがわかりました。NASAのジェット推進研究所(JPL)と欧州宇宙機関(ESA)から10月2日付で発表されています。 カッシーニが撮影した土星の衛星「エンケラドゥス」の疑似カラー画像(Credit: NASA/JPL/Space ...

はてなブックマーク - エンケラドゥス、生命存在の可能性高まる。噴出した水溶性の有機化合物を発見 - sorae 宇宙へのポータルサイト はてなブックマークに追加

分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功 | 東京大学

分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功 | 東京大学

分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功 | 東京大学

分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功 - 情報と機能の分業を「対称性の自発的破れ」により解明 - 研究成果 生命の根本原理の1つは、ゲノムと触媒の区別、すなわち遺伝と触媒の分業である。現在知られている生物ではすべてDNAなどの核酸分子が遺伝情報を担い、そこから一方向に情報が流れ、タンパ...

はてなブックマーク - 分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功 | 東京大学 はてなブックマークに追加

実験室で培養の「ミニ脳」に神経活動、人の脳に類似 米研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

実験室で培養の「ミニ脳」に神経活動、人の脳に類似 米研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

実験室で培養の「ミニ脳」に神経活動、人の脳に類似 米研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

培養開始から10か月が経過した「脳オルガノイド」。米カリフォルニア大学サンディエゴ校のムオトリ研究所提供(2019年8月29日提供)。(c)AFP PHOTO / Muotri Lab/ UCTV 【8月30日 AFP】実験室で培養した脳から、人のものに似た電気的活動を初めて検出したとする研究論文が29日、発表された。この研究結果は、神経学的状...

はてなブックマーク - 実験室で培養の「ミニ脳」に神経活動、人の脳に類似 米研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News はてなブックマークに追加

【実録】ヤシガニ逃走中 〜家のどこかにヤシガニがいる恐怖〜 – 沖縄B級ポータル – DEEokinawa(でぃーおきなわ)

【実録】ヤシガニ逃走中 〜家のどこかにヤシガニがいる恐怖〜 - 沖縄B級ポータル - DEEokinawa(でぃーおきなわ)

【実録】ヤシガニ逃走中 〜家のどこかにヤシガニがいる恐怖〜 - 沖縄B級ポータル - DEEokinawa(でぃーおきなわ)

陸上で生活する節足動物全体の中で最大の生物ヤシガニ。大きさもさながら、ハサミに指を挟まれたらちぎれてしまうぐらいの力の持ち主。そんなヤシガニが我が家で逃げたのです インド洋と西太平洋に生息しており、日本では主に宮古・八重山諸島に生息しているヤシガニ。一時期、沖縄本島のヤシガニは絶滅したとも言われて...

はてなブックマーク - 【実録】ヤシガニ逃走中 〜家のどこかにヤシガニがいる恐怖〜 - 沖縄B級ポータル - DEEokinawa(でぃーおきなわ) はてなブックマークに追加

過重力で運動習得能力向上=ドラゴンボールの効果実証-中部大:時事ドットコム

過重力で運動習得能力向上=ドラゴンボールの効果実証-中部大:時事ドットコム

過重力で運動習得能力向上=ドラゴンボールの効果実証-中部大:時事ドットコム

過重力で運動習得能力向上=ドラゴンボールの効果実証-中部大 2019年07月08日13時32分 強い重力下で動物の運動習得能力が高まることを中部大工学部の平田豊教授(生体情報工学)が実験で突き止めた。教授が親しんだ人気漫画「ドラゴンボール」では、主人公の孫悟空が「精神と時の部屋」と呼ばれる過重力の環境下で修業...

はてなブックマーク - 過重力で運動習得能力向上=ドラゴンボールの効果実証-中部大:時事ドットコム はてなブックマークに追加

思っていた以上にオワコンだった~論文引用からみた分子細胞生物学系雑誌の衰退|AkiraMatsuura|note

思っていた以上にオワコンだった~論文引用からみた分子細胞生物学系雑誌の衰退|AkiraMatsuura|note

思っていた以上にオワコンだった~論文引用からみた分子細胞生物学系雑誌の衰退|AkiraMatsuura|note

私が所属する大学院コースは博士の学位取得にフルペーパーが査読誌に受理されていることが必須条件のため、博士課程の学生が学位取得に必要な論文を投稿する際に、難しい雑誌にチャレンジするか、少し格は落ちるけれど早い受理が叶いそうな雑誌にするか、の二者択一を迫られます。博士課程修了を目指す学生の論文投稿先...

はてなブックマーク - 思っていた以上にオワコンだった~論文引用からみた分子細胞生物学系雑誌の衰退|AkiraMatsuura|note はてなブックマークに追加

巨大深海魚リュウグウノツカイ 人工ふ化に世界初成功 沖縄 | NHKニュース

巨大深海魚リュウグウノツカイ 人工ふ化に世界初成功 沖縄 | NHKニュース

巨大深海魚リュウグウノツカイ 人工ふ化に世界初成功 沖縄 | NHKニュース

幻想的な姿で知られる巨大な深海魚「リュウグウノツカイ」について沖縄県にある研究機関が人工授精と人工ふ化に成功したと明らかにしました。専門家によりますと、世界で初めてのケースだということで、謎に包まれた生態の解明につながると期待されています。 2匹はオスとメスで水族館に運ぶ間に死にましたが、研究のた...

はてなブックマーク - 巨大深海魚リュウグウノツカイ 人工ふ化に世界初成功 沖縄 | NHKニュース はてなブックマークに追加

世界で初めて「性を失った」シロアリを発見 -シロアリの常識を覆すメスだけの社会- — 京都大学

世界で初めて「性を失った」シロアリを発見 -シロアリの常識を覆すメスだけの社会- — 京都大学

世界で初めて「性を失った」シロアリを発見 -シロアリの常識を覆すメスだけの社会- — 京都大学

矢代敏久 農学研究科特定研究員(現・シドニー大学研究員)、松浦健二 同教授、小林和也 フィールド科学教育研究センター講師らの研究グループは、本来はオスとメスが共同で社会生活を営んでいるシロアリにおいて、メスしか存在せず、単為生殖だけで繁殖しているシロアリを世界で初めて発見しました。 本研究成果は、201...

はてなブックマーク - 世界で初めて「性を失った」シロアリを発見 -シロアリの常識を覆すメスだけの社会- — 京都大学 はてなブックマークに追加