「autonomousvehicles」カテゴリーアーカイブ

イーロン・マスク、自宅でAIハッカソンパーティを開くとツイート

テスラCEOのイーロン・マスクが、自宅で約4週間後にハッカソンを開催するとツイートしました。このハッカソンにはテスラのAIおよびAutopilot開発チームも参加します。すぐにも招待状を発送するとしており、マスク曰く「楽しいAIパーティになる」とのこと。

イーロン・マスク、自宅でAIハッカソンパーティを開くとツイート

テスラCEOのイーロン・マスクが、自宅で約4週間後にハッカソンを開催するとツイートしました。このハッカソンにはテスラのAIおよびAutopilot開発チームも参加します。すぐにも招待状を発送するとしており、マスク曰く「楽しいAIパーティになる」とのこと。

実質『自動運転』なバス、国内初の公道での定期運行を4月開始。茨城県境町で

茨城県境町は、自動運転バスの定時・定路線運行を4月をめどに開始すると発表しました。自治体による公道でのバスの運行としては、国内初となるとしています。 走行区間は境町の観光拠点「河岸の駅さかい」から銀行、小学校、郵便局、スーパーマーケット、医療センターなどを結ぶ約5km。運賃無料のシャトルバスとして1日に3〜4往復程度を走行します。

「Vision-S」は、ソニーが供給できるセンサー群やインフォテインメント技術を示すコンセプトカー

ソニーは電機メーカーでありながらCES 2020にレベル2の半自動運転機能を備えるBEV「Vision-S」を持ち込み、世界を驚かせました。その外観はどことなくポルシェの「Taycan」のようにも、テスラの「Model 3」風にも、はたまたLucid Motorsの「Air」的にも思えるものの、ソニーはこの試作車で完成車メーカーになろうとしているわけではないので気にする必要はありません。

Bosch、自動運転向けに開発したLiDARを発表。カメラ、レーダーと組合わせあらゆる自動運転の状況に対応

独Boschが、自動運転のあらゆるユースケースに対応する自動運転専用の長距離LiDARを完成させたと発表しました。Boschは2017年にレベル3以上の自動運転を実現するにはカメラ映像とレーダーによるセンシングに加えてLiDARが欠かせないと判断、開発に取りかかることを明らかにしていました。