「author_name|Engadget US(翻訳:石井徹)」カテゴリーアーカイブ

富士フイルム「X100V」発表。初搭載のチルト液晶で街撮りがより楽しく

富士フイルムはロンドンにて、新型高級コンデジ「FUJIFILM X100V」を発表しました。伝統のコンパクトボディにこれまで以上の撮影能力を詰め込んだ1台となっています。店頭予想価格は16万4500円前後(税抜)、2月下旬より各色順次発売します。 イメージセンサーは2610万画素の裏面照射型「X-Trans CMOS 4」を搭載(2018年発売の「X-T3」などと共通です)。最新の画像処理エンジン「X-Processor

Google フォトにバグ発覚。プライベート動画を他人に送信

Google フォトに保存したプライベート動画が勝手に他人に送信されてしまう問題が見つかりました。 このバグはGoogleの公式バックアップツールGoogle Takeoutに含まれており、2019年11月21日〜25日の間にこのツールを利用した人に「見知らぬユーザーの動画が混入した」アーカイブデータを誤って渡していた可能性があります。 Googleはこの期間中にGoogle Takeoutを利用したユーザーに通知するメールを送信。その中では「Google

米当局、FitbitやGarminをウェアラブル特許侵害で調査。フィリップスが申し立て

一部のウェアラブルデバイスメーカーにとって、2020年のスタートは幸先の良いものにはなりませんでした。米国の国際貿易委員会(US ITC)は、蘭Philips(フィリップス)の申し立てを受けて、ウェアラブルデバイス関連の企業に対する特許侵害の調査を行うことを発表しました。調査対象にはFitbit、Garminと輸入代理店のIngram Micro、中国の2つのメーカー(InventecとPegatron関連企業のMaintek)が含まれています。 The

朝食を飛ばしてサムスンを取材したら、ロボットアームがサラダを振る舞ってくれた:CES 2020

筆者(米EngadgetのChris Velazco記者)が朝食を飛ばすときは大抵理由があります。今日はCES 2020の展示会場でサムスンのブースを取材するために、朝食抜きで動いていました。 お目当てはかわいいローリングロボット(現物は思ったよりもパッとしませんでした......)でしたが、それ以外にも思わぬ収穫がありました。キッチンキャビネットから吊り下げられたロボットアームによって作られた豆腐サラダを食べることができたのです。

インテルの折りたためるタブレットPC「Horseshoe Bend」を観察する

画面が折りたためる「フォルダブル」は2019年にサムスンやファーウェイからスマホが登場し、市場が拡大しました。この流れは2020年も続きそうです。DellやレノボはフォルダブルタブレットをCES 2020にて展示していますが、文字通り大きくなりつつあるトレンドを反映したのがインテルの「Horseshoe Bend」と呼ばれる17インチタブレットのプロトタイプです。 インテルはこれまでもE-Inkディスプレイ搭載の2in1「Tiger

Galaxy S10 Lite/Note 10 Lite ハンズオン、ハイスペックで『Lite』な2モデルの実力はいかに

今年のCES 2020でも、サムスンは多数の展示を用意しています。写真から動くアバターを作る"人工人間"のNEONプロジェクトのように目を引くものがある中で、今年は新スマートフォン「Galaxy S10 Lite」「Galaxy Note 10 Lite」もひっそりと展示されています。その名の通り、この2機種はサムスンのフラッグシップGalaxy S10/Note

Galaxy S10 Lite/Note 10 Lite ハンズオン、ハイスペックで『Lite』な2モデルの実力はいかに

今年のCES 2020でも、サムスンは多数の展示を用意しています。写真から動くアバターを作る"人工人間"のNEONプロジェクトのように目を引くものがある中で、今年は新スマートフォン「Galaxy S10 Lite」「Galaxy Note 10 Lite」もひっそりと展示されています。その名の通り、この2機種はサムスンのフラッグシップGalaxy S10/Note

8Kの「ゼロベゼル」テレビ、サムスンがCES2020で発表か

1月6日に開幕する世界最大の家電展示会「CES 2020」にて、サムスンが額縁をなくした「ゼロベゼル」の8Kテレビを発表するとみられています。 ドイツのテックニュースサイト4KFilmeは、「フレームレスサムスン8K QLED TV(Q900TまたはQ950T)」と称する画像を公開しました。