「astronomy」カテゴリーアーカイブ

東京都規模壊滅の恐れ 小惑星、地球にニアミス 前日まで接近わからず – 毎日新聞

東京都規模壊滅の恐れ 小惑星、地球にニアミス 前日まで接近わからず - 毎日新聞

東京都規模壊滅の恐れ 小惑星、地球にニアミス 前日まで接近わからず - 毎日新聞

直径約130メートルの小惑星が25日に地球の近くを通過していたことが29日、判明した。地球に衝突する恐れがある天体を監視する研究者らの団体、日本スペースガード協会によると、もし地球に衝突していれば東京都と同規模の範囲を壊滅させるほどの大きさ。通過前日の24日に初めて見つかり、関係者を驚かせた。 米紙ワシン...

はてなブックマーク - 東京都規模壊滅の恐れ 小惑星、地球にニアミス 前日まで接近わからず - 毎日新聞 はてなブックマークに追加

はやぶさ2 着陸成功 世界初のミッションで | NHKニュース

はやぶさ2 着陸成功 世界初のミッションで | NHKニュース

はやぶさ2 着陸成功 世界初のミッションで | NHKニュース

小惑星内部の岩石を採取する世界初のミッションのため、2度目の着陸に挑戦していた探査機「はやぶさ2」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、「リュウグウ」への着陸に成功したと発表しました。 JAXAの久保田孝研究総主幹は「着陸は大成功となった。なんらかの岩石がとれたと思われる」と喜びを語りました...

はてなブックマーク - はやぶさ2 着陸成功 世界初のミッションで | NHKニュース はてなブックマークに追加

200兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 – GIGAZINE

200兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 - GIGAZINE

200兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 - GIGAZINE

by NASA NASAが測定した月の重力分布をベイラー大学の研究チームが分析したところ、月のクレーターの地下深くに異常な重力源があることが判明。さらに詳細な分析を行った結果、研究チームはクレーターの地下に少なくとも200兆トン以上の質量をもつ超巨大な物体が存在する可能性が高いと発表しました。 Deep Structure of...

はてなブックマーク - 200兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 - GIGAZINE はてなブックマークに追加

1060時間かけて夜空を撮影し1枚の写真におさめた猛者が登場、美しい星雲の画像が公開中 – GIGAZINE

1060時間かけて夜空を撮影し1枚の写真におさめた猛者が登場、美しい星雲の画像が公開中 - GIGAZINE

1060時間かけて夜空を撮影し1枚の写真におさめた猛者が登場、美しい星雲の画像が公開中 - GIGAZINE

地球から約16万3000光年離れた場所に位置する「大マゼラン星雲」は、太陽系が存在する銀河系のすぐ隣にある銀河です。ポルトガルの探検家フェルディナンド・マゼランが船旅の道しるべにしたことにちなんだ名前を持つこの銀河は、南の空にあるため日本からは見ることができません。そんな大マゼラン星雲を数ヶ月間かけて...

はてなブックマーク - 1060時間かけて夜空を撮影し1枚の写真におさめた猛者が登場、美しい星雲の画像が公開中 - GIGAZINE はてなブックマークに追加

すばる望遠鏡の運用保守(930577)(応募資格:<知識・スキルは不問>■高専・専門卒以上 ■英語に抵抗がない… 雇用形態:正社員)|大学共同利用機関法人自然科学研究機構の転職・求人情報|エン転職

すばる望遠鏡の運用保守(930577)(応募資格:<知識・スキルは不問>■高専・専門卒以上 ■英語に抵抗がない… 雇用形態:正社員)|大学共同利用機関法人自然科学研究機構の転職・求人情報|エン転職

すばる望遠鏡の運用保守(930577)(応募資格:<知識・スキルは不問>■高専・専門卒以上 ■英語に抵抗がない… 雇用形態:正社員)|大学共同利用機関法人自然科学研究機構の転職・求人情報|エン転職

◎大型望遠鏡「すばる望遠鏡」の稼動を見守り、メンテナンスを行なうことで、宇宙研究を支えます。 <携わるのは、世界が誇る光学赤外線望遠鏡> 高さ22メートル、主鏡の口径8.2メートル(単一鏡としては世界最大)。約20年前に生まれたすばる望遠鏡は、圧倒的な視野の広さと微弱な光も捉えられることが特徴で、これまで...

はてなブックマーク - すばる望遠鏡の運用保守(930577)(応募資格:<知識・スキルは不問>■高専・専門卒以上 ■英語に抵抗がない… 雇用形態:正社員)|大学共同利用機関法人自然科学研究機構の転職・求人情報|エン転職 はてなブックマークに追加

地球の北磁極が年間55kmも移動、国際的な位置定義を前倒しで更新。ナビゲーションなどに影響の可能性も – Engadget 日本版

地球の北磁極が年間55kmも移動、国際的な位置定義を前倒しで更新。ナビゲーションなどに影響の可能性も - Engadget 日本版

地球の北磁極が年間55kmも移動、国際的な位置定義を前倒しで更新。ナビゲーションなどに影響の可能性も - Engadget 日本版

北極点と南極点を結ぶように機中を貫く地軸が、約23.4度傾いているという話は多くの人が知っている常識です。この傾きと、地球が太陽の周りを公転する位置の関係が、地上に季節を生み出していることもよく知られています。しかし、磁石が指す北の方角が実は北極点を指していないということは意外と知られていない事実か...

はてなブックマーク - 地球の北磁極が年間55kmも移動、国際的な位置定義を前倒しで更新。ナビゲーションなどに影響の可能性も - Engadget 日本版 はてなブックマークに追加

地球の北磁極が年間55kmも移動、国際的な位置定義を前倒しで更新。ナビゲーションなどに影響の可能性も – Engadget 日本版

地球の北磁極が年間55kmも移動、国際的な位置定義を前倒しで更新。ナビゲーションなどに影響の可能性も - Engadget 日本版

地球の北磁極が年間55kmも移動、国際的な位置定義を前倒しで更新。ナビゲーションなどに影響の可能性も - Engadget 日本版

北極点と南極点を結ぶように機中を貫く地軸が、約23.4度傾いているという話は多くの人が知っている常識です。この傾きと、地球が太陽の周りを公転する位置の関係が、地上に季節を生み出していることもよく知られています。しかし、磁石が指す北の方角が実は北極点を指していないということは意外と知られていない事実か...

はてなブックマーク - 地球の北磁極が年間55kmも移動、国際的な位置定義を前倒しで更新。ナビゲーションなどに影響の可能性も - Engadget 日本版 はてなブックマークに追加

低予算で大発見!太陽系の “最果て” に小天体 日本の研究者 | NHKニュース

低予算で大発見!太陽系の “最果て” に小天体 日本の研究者 | NHKニュース

低予算で大発見!太陽系の “最果て” に小天体 日本の研究者 | NHKニュース

太陽系の最も外を回る惑星、海王星のさらに外側に存在すると考えられている、直径が20キロより小さい無数の小天体の一つを、国立天文台などのグループが見つけることに成功しました。こうした小天体は惑星がつくられる材料と考えられ、太陽系の成り立ちの解明につながる成果として注目されています。 こうした小天体につ...

はてなブックマーク - 低予算で大発見!太陽系の “最果て” に小天体 日本の研究者 | NHKニュース はてなブックマークに追加

CNN.co.jp : 6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態

CNN.co.jp : 6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態

CNN.co.jp : 6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態

地球から6光年の距離にある惑星「バーナードスターb」の地表の想像図/ESO/M. Kornmesser (CNN) 米カーネギー研究所などの研究チームは14日、地球からわずか6光年の位置に、凍ったスーパーアース(巨大地球型惑星)を発見したと発表した。太陽に最も近い単独の恒星「バーナード星」を周回しているという。 これ...

はてなブックマーク - CNN.co.jp : 6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態 はてなブックマークに追加

地球を周回する新たな天体を確認、月とは別 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

地球を周回する新たな天体を確認、月とは別 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

地球を周回する新たな天体を確認、月とは別 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ちりでできたコーディレフスキー雲の1つと、地球、月、太陽の位置関係を示すイラスト(原寸には比例していない)。(ILLUSTRATION BY GABOR HORVATH) 地球の周りを回る天体は、月だけではないのかもしれない。半世紀以上にわたる憶測と論争を経て、ハンガリーの天文学者と物理学者のチームが、地球を周回する2つの天体...

はてなブックマーク - 地球を周回する新たな天体を確認、月とは別 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト はてなブックマークに追加

オルバースのパラドックス – Wikipedia

オルバースのパラドックス - Wikipedia

オルバースのパラドックス - Wikipedia

もし星がどこまでも偏りなく分布しているなら、星の表面の割合はどの距離を考えてもほぼ等しいはずである。このときどの方向をみてもほとんど必ず星の表面が見え、夜空の暗闇は消え去っていたはずだ。 ガリレオが始めに見出したように、夜空を望遠鏡で観察すれば、肉眼では見ることのできなかった暗い星を多数見ることが...

はてなブックマーク - オルバースのパラドックス - Wikipedia はてなブックマークに追加

オルバースのパラドックス – Wikipedia

オルバースのパラドックス - Wikipedia

オルバースのパラドックス - Wikipedia

もし星がどこまでも偏りなく分布しているなら、星の表面の割合はどの距離を考えてもほぼ等しいはずである。このときどの方向をみてもほとんど必ず星の表面が見え、夜空の暗闇は消え去っていたはずだ。 ガリレオが始めに見出したように、夜空を望遠鏡で観察すれば、肉眼では見ることのできなかった暗い星を多数見ることが...

はてなブックマーク - オルバースのパラドックス - Wikipedia はてなブックマークに追加