「AshCrown」カテゴリーアーカイブ

【なろう小説】AshCrown

なろう小説ってタイトル一本釣りみたいなところあって「そこが嫌い」だったりもする。
なんだろう、あの文章な感じとか。

AshCrownはそんな作品への嫌悪感が非常に強い時期にランキングをみていて見つけた作品。

一応記載しておきますが、ネタバレ含みます。

独断と偏見による評価

初めて読んだのはジノーファが18歳になるあたり。(実際にはその手前ぐらい)
ちょうどそこで更新に追いついてしまったのでよく覚えてる。

いい意味でなろう小説らしくない文章と、安定したラノベ感がミスマッチのくせに上手く噛み合っている。
転生だとかダンジョンだとか最弱だとか、流行りに一切惑わされずに描かれる大陸史は完結後に改めて読みたいと読んでる今思わせる。

記載時点の読了ポイント
現在、169話戴冠式と結婚式まで読んだ状況で記載しています。

より詳しい感想、考察などは章別の考察記事をどうぞ!

AshCrown 灰色の王子を読んで

タイトルに惹かれて開いたプロローグで衝撃を受けた

なんだと

俺はなろう小説を読んでいたつもりだった。
しかしこれはいい意味でなろう小説じゃなかった

ネット小説いろいろ読んでます

いろいろ読んでは感想を辛辣に思いのまま書いてるので、好みが合いそうな方はぜひ。

まとめ

感想のところでは触れてませんが、この作品の強みはその練り込まれた魔術体系ではないでしょうか。
男子だいたい好きっしょってぐらいこの第一物資からの流れ。理系作者なんだろうなーっていう気持ち。魔術は感覚みたいな作品と、魔術は理論みたいな作品どちらがいいか悪いかは別として、個人的に好きなのは後者です。
超理屈派な自分としてはって感じがひしひしと!

Copyright © 2020 あずめでぃあ All Rights Reserved.

【なろう小説】AshCrown~灰色の王子~

あらすじのと章タイトルでもう察してしまったよね。
道化が冠をいただくまでの物語

なるほど、灰色の王子が没落から成り上がるまでの物語なのだと。

AshCrown全体に関する感想はこちら

【なろう小説】AshCrown

なろう小説、AshCrownを読んだぞ!

AshCrown~灰色の王子~の感想

スタンピードからの一騎打ち、そしてもぬけの殻の自陣。
それはジノーファが王子として殿を努め、最適解を模索した結果の戦いに負けて勝負に勝った様。

しかしまぁ、炎帝としての格の描写の後にサクッと負けないジノーファ。
聖痕の描写があった後なのでこの時点でジノーファも覚醒した(又はしていた)ってのを察してしまった。
15歳という描写もあったので経験値的に勝てる事はないのだろうけども善戦したのはそれ相応だったのだろうと。

よいまろ
とは言え、そりゃないぜとっつぁん

その後、数話を挟んでアンタルヤ王国内の描写。
そして語られるジノーファの真実。
灰色の王子とは外見ではなく、その存在。白黒つかない曖昧な色はジノーファという存在が何者なのかを表しているようだ。

ネット小説いろいろ読んでます

いろいろ読んでは感想を辛辣に思いのまま書いてるので、好みが合いそうな方はぜひ。

Copyright © 2020 あずめでぃあ All Rights Reserved.