「ArtificialIntelligence」カテゴリーアーカイブ

更新されないWikipedia記事を更新するAI、MITが開発。人が書いたように新情報へ置き換え

Wikipediaはどんな人でも自身が知っていることを書き込んで更新していけるオンライン百科事典として、確たる地位を築いています。しかし、世の中の人の興味というのは移ろいゆくもので、ある記事では複数の執筆者による書き込み合戦が勃発したりする一方、ある記事では新たなトピックが生まれているにもかかわらず閑古鳥状態で放置されている状況が生まれます。

5分でわかる昨日のニュースまとめ:2月7日に注目を集めたのは「ウォズの手取りは週50ドル」

日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。

ウェブ公開画像30億枚で鍛えた顔認識AIの開発企業、FacebookやGoogleらから収集中止と削除の要請相次ぐ

Cleatview AIと称するスタートアップが、FacebookやYouTube、個人間送金アプリVenmoをはじめ就職情報サイト、ニュースサイトなど数百万のウェブサイトからで公開されている画像を収集して顔認識AIを開発していることが物議を醸しています。

AI活用で創製された新薬、日本で臨床試験を開始

大日本住友製薬と英国のAIを使った創薬企業Exscientiaは1月30日、AIにより作られた新薬候補が臨床試験を日本で開始したと発表しました。 DSP-1181と呼ばれる新薬候補は、強迫性障害(OCD)の治療薬として開発されているもの。可能性のある化合物を直接選別するアルゴリズムを使用し、それらをパラメーターの巨大なデータベースと照合して作成されました。これにより、通常、4年半かかる開発を12か月未満で完了したとのことです。 ExscientiaのCEO、Andrew

Googleフォトの写真をAIが選んで毎月印刷する有料定額サービス、米国でテスト開始

米国やカナダ、欧州ではGoogleフォトにアップロードした写真を使い、フォトブックを作成する有料サービスがありますが、この写真印刷に関して、Googleはさらに新しいサービスのテストを開始したようです。 9to5Googleによると、Googleフォトにアップロードした写真から毎月10枚を自動的に選択し、4x6インチサイズに印刷。それを届けてくれる有料サブスクリプションのテストを米国で開始しています。価格は8ドルで、いまのところ招待制となっています。

イーロン・マスク、自宅でAIハッカソンパーティを開くとツイート

テスラCEOのイーロン・マスクが、自宅で約4週間後にハッカソンを開催するとツイートしました。このハッカソンにはテスラのAIおよびAutopilot開発チームも参加します。すぐにも招待状を発送するとしており、マスク曰く「楽しいAIパーティになる」とのこと。

イーロン・マスク、自宅でAIハッカソンパーティを開くとツイート

テスラCEOのイーロン・マスクが、自宅で約4週間後にハッカソンを開催するとツイートしました。このハッカソンにはテスラのAIおよびAutopilot開発チームも参加します。すぐにも招待状を発送するとしており、マスク曰く「楽しいAIパーティになる」とのこと。

IBM、ハンチントン病の進行を予測するAI研究を発表

米IBMはCHID財団(ハンチントン病の進行を遅らせる薬などの開発を目的とする組織)と提携し、ハンチントン病の発症や進行を予測する人工知能モデルの研究結果を発表しました。

GoogleピチャイCEO、AIに関する規制の重要性を主張。「国際的な枠組みが必要」

Googleのスンダー・ピチャイCEOが、人工知能(AI)を野放し状態で自由に開発することは危険性をともなうとして、この分野はより強力な規制を駆けるべきだとFinancial

HBO発宇宙豪華客船コメディ・ヴィトン印の完全ワイヤレス・ハト羽根で飛ぶドローン: #egjp 週末版199

1週間の間に拾いきれなかったニュースをダイジェスト形式でお届けします。今週はハト羽根で飛ぶドローン、宇宙豪華客船が舞台のSFコメディドラマ、ヴィトン印の完全無線イヤホンなどの話題をまとめました。

映画製作にも人工知能。Warner Bros.がAI搭載の作品製作プロジェクト管理システムを導入

2000年代も20年目になると、人工知能はあらゆる場面に進出しはじめています。Warnerの映画制作部門は、3年前から映像制作管理ソフトウェアのCinelyticが開発してきた、AI搭載のプロジェクト管理システムを導入したことを発表しました。

米トランプ政権、AIソフトウェアの輸出を規制。中国など競合国の活用を防ぐ

Wang Gang/China News Service/Visual China Group via Getty Images 米トランプ政権は、慎重な扱いを要する技術が中国などの競合国の手に渡らないように、AI(人工知能)ソフトウェアの輸出を規制すると発表しました。