「aquoszero2」カテゴリーアーカイブ

その軽さに驚く「AQUOS zero2」レビュー。普通に見えるゲーミングフォンとしても

大手キャリア3社が発売予定のAQUOS zero2。ソフトバンクからは1月31日に発売予定ですが、一足早く実機をお借りし、試してみました。 関連記事: ソフトバンク、AQUOS

「AQUOS zero2」の見どころを開発陣に聞く。突き抜けた軽さを『ゲーム』に全振り

シャープが3キャリアの2020年春モデルとして投入した「AQUOS zero2」。これまでの「誰にでも使えるAQUOS」のイメージとは対照的に、スマホゲームを楽しむ人にフォーカスした1台となっています。開発者の3人に聞いた見どころを紹介します。 ▲AQUOS zero2開発陣の面々。左から、篠宮大樹氏、田邊弘樹氏、楠田晃嗣氏 ■カジュアルなスマホゲーマーの広がり シャープのAQUOSスマホには2つのフラッグシップシリーズが存在します。1つは「AQUOS

ソフトバンク、AQUOS zero2を1月31日発売 240Hz駆動有機EL搭載

ソフトバンクは、シャープ製スマートフォン「AQUOS zero2」を1月31日に発売します。 「AQUOS zero2」は6.4インチという、iPhone 11 Pro Max(6.5インチ)並の大型ディスプレイを搭載していますが、それでいて141gという軽さが最大の特徴。例えば、画面サイズが小さい4.7インチの「iPhone 8」の重量は148gとなっており、「AQUOS zero2」はそれより遥かに大画面なのに、軽いことになります。