「AQUOSR5G」カテゴリーアーカイブ

ソフトバンクが5Gスマホ発表、AQUOSやOPPOなど4機種 Xperia 1 IIはナシ

ソフトバンクは、3月27日に開始予定の5G商用サービスに対応するスマートフォンを発表しました。国内ですでに発表済みの「AQUOS R5G」に加え、「ZTE Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の計4機種を用意。このうち「OPPO Reno3 5G」は、国内の通信事業者としてソフトバンクだけが取り扱います。 なお、全ての製品が端末購入補助プログラム「トクするサポート+」に対応します。 AQUOS R5G (3月27日発売)

2種類の5G──「ミリ波」「Sub6」って何? Xperia 1 IIは後者のみ

日本でも3月より商用サービスが始まる5G。この対応をめぐり「ミリ波とSub 6に両対応するスマホ」と「Sub 6だけに対応するスマホ」に分かれています。 「Sub6」とは、6GHz未満の比較的低い周波数帯のことです。実質4G周波数の延長として利用でき、エリアを広くカバーするのに適しています。国内では「4.5GHz帯」と「3.7GHz帯」が割り当てられており、ドコモとKDDIがそれぞれ200MHz幅、ソフトバンクと楽天はそれぞれ100MHz幅を利用します。

5Gスマホの8K対決、AQUOS R5GはGalaxy S20のライバルになるか:山根博士のスマホよもやま話

シャープが日本初の商用5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を発表しました。日本以外の国では主要国で5Gサービスがすでに始まっており、海外の展示会や発表会では「5G」の表記を見ることもすっかり当たり前になっています。5Gで出遅れた日本も、いよいよ5G時代を迎え各メーカーからはこれから続々と5Gスマートフォンが登場することでしょう。 スマートフォンの技術はカメラならファーウェイ、ディスプレイならサムスンといったように、海外勢が次々と新しい開発を行っています。しかしシャープのAQUOS

5Gスマホの8K対決、AQUOS R5GはGalaxy S20のライバルになるか:山根博士のスマホよもやま話

シャープが日本初の商用5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を発表しました。日本以外の国では主要国で5Gサービスがすでに始まっており、海外の展示会や発表会では「5G」の表記を見ることもすっかり当たり前になっています。5Gで出遅れた日本も、いよいよ5G時代を迎え各メーカーからはこれから続々と5Gスマートフォンが登場することでしょう。 スマートフォンの技術はカメラならファーウェイ、ディスプレイならサムスンといったように、海外勢が次々と新しい開発を行っています。しかしシャープのAQUOS

ようやく登場! 国内向け初の5Gスマホ「AQUOS R5G」を触ってみた

シャープが2月17日に発表したフラグシップモデル「AQUOS R5G」を触ってきました。同機はSnapdragon 865 5Gを搭載し、サブ6の周波数帯に対応。国内向けとしては初の5Gスマートフォンになります。端末の仕様など、製品概要については既報にて紹介しているので、本稿では筆者のインプレッションをお届けします。 興味深いのは、5G時代にスマートフォンで何をするのか──が考えられていること。AQUOS