「android」カテゴリーアーカイブ

『Google抜き』のHUAWEIスマホはどうなる? 中国の事例から考えてみる(山谷剛史) – Engadget 日本版

『Google抜き』のHUAWEIスマホはどうなる? 中国の事例から考えてみる(山谷剛史) - Engadget 日本版

『Google抜き』のHUAWEIスマホはどうなる? 中国の事例から考えてみる(山谷剛史) - Engadget 日本版

▲中国のファーウェイ代理店。モールなどでよく見る 米Googleがファーウェイ(HUAWAI)との一部ビジネスを停止したと報じられている。販売済の端末についてはGoogle Playを提供するが、今後出る端末については、Androidこそ利用できるが、Google Play、Gmail、YouTube、Chrome、Google マップなどグーグルのアプリが...

はてなブックマーク - 『Google抜き』のHUAWEIスマホはどうなる? 中国の事例から考えてみる(山谷剛史) - Engadget 日本版 はてなブックマークに追加

Googleがファーウェイに対してAndroidのサポートを中止へ | TechCrunch Japan

Googleがファーウェイに対してAndroidのサポートを中止へ | TechCrunch Japan

Googleがファーウェイに対してAndroidのサポートを中止へ | TechCrunch Japan

トランプ政権のHuawei(ファーウェイ)制裁が広い範囲に長期にわたって影響を与えることは間違いない。 当面、ファーウェイ以外の関係者は米国と中国の間で立場を明らかにし、いわば橋を焼き落とことを避けようと慎重に行動している。ここでGoogleがはからずも注目を浴びてしまった。競争の激しいスマートフォン業界にあ...

はてなブックマーク - Googleがファーウェイに対してAndroidのサポートを中止へ | TechCrunch Japan はてなブックマークに追加

米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋 – ロイター

米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋 - ロイター

米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋 - ロイター

5月19日、米アルファベットは、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)との一部ビジネスを停止した。写真はチューリヒで昨年12月撮影(2019年 ロイター/Arnd Wiegmann) [ニューヨーク 19日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との...

はてなブックマーク - 米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋 - ロイター はてなブックマークに追加

GoogleがHuaweiのAndroid端末向けサービス停止を検討か──Reuters報道 – ITmedia NEWS

GoogleがHuaweiのAndroid端末向けサービス停止を検討か──Reuters報道 - ITmedia NEWS

GoogleがHuaweiのAndroid端末向けサービス停止を検討か──Reuters報道 - ITmedia NEWS

米商務省が15日にHuaweiを“ブラックリスト”に載せたことを受け、GoogleがHuaweiに対するAndroidおよびGoogleサービスの技術サポートの提供や協力の中止を検討しているとReutersが報じた。 米Googleが、中国Huaweiとの取引停止を検討していると、米Reutersが5月19日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話として報じた。...

はてなブックマーク - GoogleがHuaweiのAndroid端末向けサービス停止を検討か──Reuters報道 - ITmedia NEWS はてなブックマークに追加

「ZenFone 6」発表、フリップカメラ搭載でノッチなし その中身を徹底解説する (1/3) – ITmedia Mobile

「ZenFone 6」発表、フリップカメラ搭載でノッチなし その中身を徹底解説する (1/3) - ITmedia Mobile

「ZenFone 6」発表、フリップカメラ搭載でノッチなし その中身を徹底解説する (1/3) - ITmedia Mobile

ASUSが新フラグシップスマホ「ZenFone 6」を発表した。ノッチのない狭額縁ディスプレイとモーターで駆動するフリップカメラが特徴。ASUS本社で実機に触れる機会を得たので、本機の新しさを徹底解説する。 ASUSは5月16日(現地時間)、スペイン・バレンシアで、ZenFoneシリーズの新たなフラグシップモデル「ZenFone 6」を...

はてなブックマーク - 「ZenFone 6」発表、フリップカメラ搭載でノッチなし その中身を徹底解説する (1/3) - ITmedia Mobile はてなブックマークに追加

iPhone6s以降のユーザーはPixel 3aに乗り換えるべきでない理由 – iPhone Mania

iPhone6s以降のユーザーはPixel 3aに乗り換えるべきでない理由 - iPhone Mania

iPhone6s以降のユーザーはPixel 3aに乗り換えるべきでない理由 - iPhone Mania

Googleが5月7日に発表した廉価モデルのPixel 3aは、コストパフォーマンスに優れた端末として注目を集めています。しかし、結局のところ“廉価版”とハイエンドモデルには埋めがたい差があることを忘れてはいけません。 iPhoneよりもオトクは本当? Pixel 3aの価格は399ドル(約44,000円:日本では48,600円)です。価格の安...

はてなブックマーク - iPhone6s以降のユーザーはPixel 3aに乗り換えるべきでない理由 - iPhone Mania はてなブックマークに追加

Android 「Q」の名前は何になる?

先日Google I/OでAndroidバージョン10になることが公式に発表されたAndroid Qだが、名前が発表されるのはもう少し先になるとみられる。これについてThe VergeやMashableが予想される名前をリストアップしている(The Vergeの記事Mashableの記事)。

AndroidのメジャーバージョンではCupcake以来、アルファベット順にデザートの名前を付けるのが恒例となっている。Googleは甘い食べ物の名前である必要はないとたびたび示唆しているものの、甘くない食べ物の名前が使われたことはない。今年は「Q」から始まる名前の食べ物となるが、英語ではQで始まる単語自体が少ない。手元にあったイタリア語やフランス語、ドイツ語の辞書も見てみたが、Qの項目は明らかに薄い。日本の食べ物にも「Q」から始まる名前のものがあると思っていたが、パッケージにQマークが使われているだけで、正式には「キュー」らしい。

名前がQから始まる甘い食べ物で、The VergeとMashableがリストアップしたのは以下の通り。エキゾチックな食べ物が数多くリストアップされている。

すべて読む | idleセクション | idle | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Android Q Beta 3提供開始、対応デバイスが21モデルに増加 2019年05月10日
次期Android「P」の名称は何になる? 2018年04月17日
「Android O」発表、「O」はやっぱり「Oreo」 2017年08月23日
Android O、Google内部でのコードネームはOatmeal Cookie? 2017年06月25日
次期Android「O」の名称は何になる? 2017年02月23日
次期Android「N」の名前募集、インドの揚げ菓子が人気を集める 2016年05月29日
Google、次期Android「N」の名前募集を開始 2016年05月20日
Google内部でのAndroid Nのコードネームは「New York Cheesecake」 2016年03月17日
Androidの次期コードネームは「Nori」になるかも? 2016年03月02日
Google、次期Android「N」の名称をオンライン投票で決めることを検討 2015年12月19日
Androidの「M」は「Marshmallow」の「M」 2015年08月18日
次期Android「M」の名称は何になる? 2015年05月30日

Android Oreoが最も多く使われているAndroidバージョンとなり、Pieは10%を超える

GoogleがAndroid Developersサイトで半年ぶりに更新したプラットフォームバージョンごとのデータによると、Android 9 Pieのシェアが10%を超えている。

今回のデータはPlayストアアプリが5月7日までの7日間に収集したもので、0.1%未満のバージョンは除外されている。昨年10月26日までの7日間に収集された前回のデータでAndroid 9 Pieは0.1%に到達していなかったが、今回は10.4%となっている。このほか、半年間で大きく増加したのはAndroid 8.1 Oreoのみで、7.9ポイント増加して15.4%となった。Android 8.0 Oreoは1.1ポイント減の12.9%。Oreo合計では6.8ポイント減の28.3%となり、最も多く使われているAndroidバージョンとなった。

一方、Android 7.x Nougat(19.2%)とAndroid 6.0 Marshmallow(16.9%)は大きくシェアを減らして20%を割り込んでおり、Android 5.x Lollipopも14.5%まで減少している。このほかのバージョンは半年間での変動は小さく、Android 4.4 KitKatは0.7ポイント減(6.9%)、Android 4.1.x~4.3 Jelly Beanは0.2ポイント増(3.2%)、Android 4.0.x Ice Cream Sandwichは増減なし(0.3%)、Android 2.3.x Gingerbreadは0.1ポイント増(0.3%)となっている。

Pieは昨年8月6日のリリースから9か月間で10%を超えたことになる。10%を超えるまでのペースとしてはLollipopMarshmallowよりは遅いものの、NougatOreoよりも速くなっている。

すべて読む | デベロッパーセクション | 統計 | デベロッパー | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Android Q Beta 3提供開始、対応デバイスが21モデルに増加 2019年05月10日
Android OreoのシェアがMarshmallowを超える 2018年10月30日
Android Pは「Pie」 2018年08月08日
Android Oreoのシェアが10%を超え、KitKatは10%を割る 2018年07月28日
Android 7.0 Nougatのシェアが10%を超える 2017年07月09日
Android 6.0 Marshmallowのシェアが10%を超える 2016年06月11日
Android Lollipop、シェアがようやく10%を超える 2015年06月05日

ゲーミングスマートフォン「Red Magic 3」発表

90曰く、

中国・ZTE傘下のNubiaがゲーミングスマートフォン「Red Magic 3」を発表した(Engadget日本版すまほん!!)。

古くからのスラド民にとっては非常に残念なことに、OSには最新のAndroid 9 Pieを採用する。BSD Unix派生ではないようだ。

ディスプレイは6.65インチ(2340×1080ドット、リフレッシュレート90Hz)のAMOLED、SoCはSnapdragon 855、RAMは6GB~12GB(モデルによって異なる)。スマートフォン内部に冷却ファンを搭載して廃熱性能を高め、SoCを最高性能で利用できるようになっているという。

また、側面に静電容量式のボタンを備えており、背面の指紋センサーもタッチボタンとして利用可能。そのほか専用端子に接続してしようできる有線LANアダプタも提供されるとのこと。価格は約4万8000円からだそうだ。

すべて読む | モバイルセクション | 携帯電話 | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google、クラウドベースのゲームプラットフォーム「STADIA」を発表 2019年03月20日
ASUSのゲーミングスマートフォン「ROG Phone」は自分自身を充電できる 2018年12月12日
ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone」登場、専用クーラーが付属 2018年11月19日
「ゲーミングPC」市場が日本で急拡大 2017年11月20日
Razer、Androidスマートフォン「Razer Phone」を発表 2017年11月04日

Android Q Beta 3提供開始、対応デバイスが21モデルに増加

headless曰く、

Googleは7日、Android Q Beta 3の提供を開始した(Android Developers Blog)。

Beta 3では先日発表されていたとおり、Scoped Storageの変更が適用されている。また、バックグラウンドアプリの制限はこれまで警告表示のみだったが、Beta 3では実際にブロックされるようになる。このほか、システムレベルのスマートリプライ機能やダークテーマも利用できるようになっている。

Beta 3はPixelデバイス6モデルに加え、12ブランドの15モデルでも利用可能となり、対応デバイスは計21モデルとなっている。Android Q向けのアプリを開発するには、Android Studio3.3以降でAdroid Q Beta SDKをダウンロードすればいい。Android Q関連の変更の最新の修正を必要とする場合は現在Canary版のAndroid Studio 3.5が推奨される。

なお、7日に始まったGoogle I/Oでは、Android QがAndroidバージョン10となることや、Androidのアクティブデバイスが25億台以上であることも発表されている。

すべて読む | デベロッパーセクション | プログラミング | デベロッパー | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Android QのScoped Storage、旧APIをターゲットにしたアプリでは必須化されない 2019年05月01日
Google、Android Q Beta 2の提供を開始 2019年04月06日
Google、Android Q Beta 1を公開 2019年03月16日
Android QではSIMロック機能が大幅に強化される 2019年01月24日

ES File Explorerなどが規約違反としてGoogle Playから削除される

あるAnonymous Coward曰く、

百度傘下の中国系ソフトハウスDO Globalが提供している複数のAndroidアプリが、Google Playから削除されたとBuzzFeed Newsが報じている

削除されたアプリは46にも及び、それらの延べインストール回数は600万回以上にもなるとのこと。以前バックグラウンドでHTTPサーバーを立ち上げていたことが指摘された ES File Explorerなどのメジャーアプリも含まれているようだ。

これらのアプリには、広告費を稼ぐためにユーザーがアプリを使っていない時でも広告をクリックするようなコードが含まれているそうだ。また、開発元がDO Globalであることを隠しており、これもGoogle Playの規約に違反しているとのこと。

すべて読む | Android | 中国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google曰く、昨年Google Playで登録申請を却下したアプリは前年比55%増 2019年02月17日
Androidアプリ「ES File Explorer」がバックグラウンドでHTTPサーバーを立ち上げていたことが見つかる 2019年01月22日
EFF曰く、Appleの開発者規約が原因でEFFアプリのiOS版を提供できない 2015年01月11日
ニフティの Android 向け動画アプリ、規約違反によって Google Play から削除される 2012年05月10日

Google、4万円台FeliCaスマホ「Pixel 3a」日本投入 高価格化に一石(石野純也) – Engadget 日本版

Google、4万円台FeliCaスマホ「Pixel 3a」日本投入 高価格化に一石(石野純也) - Engadget 日本版

Google、4万円台FeliCaスマホ「Pixel 3a」日本投入 高価格化に一石(石野純也) - Engadget 日本版

グーグルは、5月8日に、Pixelシリーズの廉価版にあたる「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」の2機種を発表しました。どちらのモデルも日本で発売される予定で、「Pixel 3」「Pixel 3 XL」と同様、日本版はFeliCaを搭載。おサイフケータイやGoogle Payの非接触決済に対応します。ディスプレイサイズはPixel 3aが5.6インチとPixe...

はてなブックマーク - Google、4万円台FeliCaスマホ「Pixel 3a」日本投入 高価格化に一石(石野純也) - Engadget 日本版 はてなブックマークに追加

Android搭載のスマートドア

OSとしてAndroidを搭載するドアが発売される(ITmedia)。

片面に鏡が設置された屋内用ドアで、この鏡の一部がタッチ操作に対応するディスプレイとなる。ディスプレイをOFFにした状態では単なる鏡のように見えるデザインになっており、ディスプレイの解像度は1920×1200ピクセル。カメラも内蔵している。

天気やスケジュールなどを表示できるほか、Google Play経由でアプリをインストールすることも可能。スマート家電との連携なども考えられているようだ。

すべて読む | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Amazon Dash Button、販売終了 2019年03月04日
クラウド連携スマートリモコン、クラウド側の障害でリモコン操作が一時的にできなくなる 2018年12月26日
Microsoftが人工知能を使った冷蔵庫を開発、LGはWindows 10搭載冷蔵庫を発表 2016年09月09日
ロジテックがスマートホーム機器を操作できる小型スイッチを発表 2016年08月16日

Android搭載のスマートドア

OSとしてAndroidを搭載するドアが発売される(ITmedia)。

片面に鏡が設置された屋内用ドアで、この鏡の一部がタッチ操作に対応するディスプレイとなる。ディスプレイをOFFにした状態では単なる鏡のように見えるデザインになっており、ディスプレイの解像度は1920×1200ピクセル。カメラも内蔵している。

天気やスケジュールなどを表示できるほか、Google Play経由でアプリをインストールすることも可能。スマート家電との連携なども考えられているようだ。

すべて読む | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Amazon Dash Button、販売終了 2019年03月04日
クラウド連携スマートリモコン、クラウド側の障害でリモコン操作が一時的にできなくなる 2018年12月26日
Microsoftが人工知能を使った冷蔵庫を開発、LGはWindows 10搭載冷蔵庫を発表 2016年09月09日
ロジテックがスマートホーム機器を操作できる小型スイッチを発表 2016年08月16日

Android QのScoped Storage、旧APIをターゲットにしたアプリでは必須化されない

Android Qではアプリ別とメディア別のストレージ「Scoped Storage」が導入され、外部ストレージへのアクセスは制限されるが、必須化は来年のメジャープラットフォームリリース(Android R)へ先送りとなるそうだ(Android Developers Blogの記事Android Policeの記事)。

アプリが現行のストレージに関するベストプラクティスに従っていればScoped Storageの影響は小さいものの、アプリによっては複雑な変更が必要になるとのフィードバックも届いているという。そのため、アプリ開発者がScoped Storageの影響を評価する十分な時間が取れるよう方針を変更したそうだ。

Android Q Beta 2では新規インストールアプリでScoped Storageが有効となっているが、今後提供されるBeta 3ではAndroid 9 Pie(API 28)以前をターゲットにしたアプリであれば従来のAndroidバージョンと同様にストレージが利用できるようになる。既存アプリをScoped Storageに対応させた場合はAPI 28以下をターゲットにしたアプリであっても、Android QデバイスでScoped Storageを使用するようマニフェストで指定できるようになるとのこと。

ただし、来年のAndroid RではアプリのターゲットSDKレベルにかかわらず、外部ストレージの利用にはScoped Storageへの対応が必須となるため、なるべく早い準備が推奨されている。

すべて読む | デベロッパーセクション | スラッシュバック | デベロッパー | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google、Android Q Beta 2の提供を開始 2019年04月06日
Google、Android Q Beta 1を公開 2019年03月16日

Google Play プロテクトのマルウェア検出性能は向上していないのか?

GoogleがAndroid標準のマルウェア防御サービスとして2017年に導入した「Google Play プロテクト」だが、ドイツの独立系ITセキュリティ機関 AV-TESTが2か月ごとに実施しているAndroid向けアンチウィルスソフトウェアのテスト結果によると、2年近く経過した現在もマルウェア検出性能は向上していないようだ(The best antivirus software for Android: March 2019Softpediaの記事)。

AV-TESTのAndroid向けアンチウィルスソフトウェアのテストでは、マルウェア(AV-TESTが初めて検知してから24時間以内の最新マルウェア/最近4週間に流行中のマルウェア)の検出率を評価する「Protection」と、パフォーマンスへの影響や誤検出(Google Playで公開されているアプリ/サードパーティーのアプリストアで公開されているアプリ)を評価する「Usability」にそれぞれ最大6点、追加機能を評価する「Features」に最大1点が割り当てられる。AV-TESTの認定証が授与されるのは、合計13点満点中8.5点以上取得したソフトウェアだ。

Google Play プロテクトは2017年9月分から評価対象に追加されているが、認定証は一度も獲得できていない。検出率はテスト対象の平均が最新マルウェア/流行中のマルウェアともに90%台後半なのに対し、Google Play プロテクトのスコアはいずれも40%台~70%台を推移しており、Protectionのスコアは常に0点だった。一方、Usabilityではパフォーマンスへの影響(バッテリー消費/速度低下/データ通信量)はなく、昨年7月分までは誤検出も0だったため、6点満点を獲得していた。しかし、以降は少数の誤検出がみられるようになり、スコアが低下していた。3月分ではGoogle Playで公開されているアプリの誤検知数が189(サンプル数1,867)、サードパーティアプリストアで公開されているアプリの誤検知数が26(サンプル数936)まで大幅に増加し、スコアは3点となった。Featuresのスコアは0点であり、合計のスコアも3点にとどまる。

3月分でテストされたのは合計19本。Google Play プロテクト以外はすべて検出率が99%を超えており、誤検出数は最大5。12本が誤検出0だ。13点満点を獲得した8本のうち、ESET Endpoint Security/Kaspersky Internet Security/Norton Mobile Security/Trend Micro Mobile Securityの4本は検出率100%。Usabilityのスコアは誤検出による減点が大きいようで、満点を獲得した8本はすべて誤検出0となっている。

すべて読む | セキュリティセクション | Google | セキュリティ | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google Playで新規公開/更新するアプリのターゲットAPI最低要件、引き上げへ 2019年02月24日
Google曰く、昨年Google Playで登録申請を却下したアプリは前年比55%増 2019年02月17日
Google、AndroidのOEMパートナーに定期的なセキュリティパッチ提供を義務付けか 2018年05月14日
検出能力の低いセキュリティアプリが多数のマルウェアを検出できる理由とは? 2018年04月01日
Google、ユーザーの合意なく個人情報を収集するAndroidアプリで警告を表示する計画 2017年12月06日
Androidのセキュリティ、Google Playプロテクトのマルウェア検出性能は不十分? 2017年10月29日
Googleのエンジニア曰く、行儀のいいアンチウイルスはWindows Defenderだけ 2017年02月05日
Microsoftのセキュリティー製品の検出性能は向上している? 2016年01月30日

「ネイティブアプリ開発者は絶滅危惧種なのか?」への感想文 – ナカザンドットネット

「ネイティブアプリ開発者は絶滅危惧種なのか?」への感想文 - ナカザンドットネット

「ネイティブアプリ開発者は絶滅危惧種なのか?」への感想文 - ナカザンドットネット

ポジション MSがRNめっちゃ使ってるという話について Brownfield事例は実質的にネイティブの事例 Skypeの事例ならどうなのか ネイティブアプリ開発者の仕事は減るのか まとめ jp.techcrunch.com こちらの記事への雑な感想です。感想は私の主観であり、ポジショントークであり、所属する組織の意見とは無関係であることを...

はてなブックマーク - 「ネイティブアプリ開発者は絶滅危惧種なのか?」への感想文 - ナカザンドットネット はてなブックマークに追加

ネイティブアプリ開発者は絶滅危惧種なのか? | TechCrunch Japan

ネイティブアプリ開発者は絶滅危惧種なのか? | TechCrunch Japan

ネイティブアプリ開発者は絶滅危惧種なのか? | TechCrunch Japan

最近ちょっとおもしろいことに気づいた。5年ほど前なら、新たな仕事で頼りになるiOSの経験豊かな熟練開発者は、少なくとも金の卵を生むユニコーン企業と同じくらいには簡単に見つけることができた。それが2年前になると、そんな人を見つけ出すのはかなり難しくなった。そして今年は?もしかすると、ランダムなノイズのよ...

はてなブックマーク - ネイティブアプリ開発者は絶滅危惧種なのか? | TechCrunch Japan はてなブックマークに追加

Google、Android Q Beta 2の提供を開始

Googleは3日、Android Q Beta 2の提供を開始した(Android Developers Blogの記事)。

Beta 2ではアプリ別・メディア別ストレージ「Scoped Storage」が新規インストールアプリで有効になり、吹き出し状に通知を表示してマルチタスキングを可能にする「bubble」のために拡張されたNotification APIや、複数マイクを切り替えたり可変指向性マイクの指向性を調整したりできるMicrophoneDirection APIが追加されている。また、Androidエミュレーターでは折り畳み型ディスプレイ搭載デバイスのテストも可能になっている。

なお、Android Qでは隠しAPIの使用制限が拡大されるが、妥当な使用方法については代替となる公開APIを提供するのが目標だという。そのため、制限のかかる隠しAPIの代替を見つけられないアプリ開発者は新たな公開APIをリクエストすべきとのこと。

Beta 2はBeta 1と同様、ベータプログラムに参加すればPixelスマートフォン全モデルで利用と可能になるほか、Androidエミュレーターで動作を確認することもできる。Android QアプリはAndroid Studio 3.3以降にベータSDKツールを追加すれば開発できるが、折り畳みディスプレイをエミュレーターでテストするには現在Canary版のAndroid Studio 3.5以降が必要になるとのことだ。

すべて読む | デベロッパーセクション | デベロッパー | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google、Android Q Beta 1を公開 2019年03月16日
Android QではSIMロック機能が大幅に強化される 2019年01月24日
Android Q、Lollipop以前をターゲットにしたアプリの実行時に毎回警告が表示される可能性 2018年09月09日
Android P Beta 2、グリーンサラダの絵文字からゆで卵が消える 2018年06月09日
Android Pのベータプログラム、対応端末が大幅に増加 2018年05月12日
Android Oのパブリックベータ版とAndroid Studio 3.0のCanary版が公開 2017年05月20日
Google、Android Nougatのベータプログラムを終了し、Android「O」を準備 2017年05月10日
Android 「O」初の開発者向けプレビュー版が公開される 2017年03月23日

速報:ファーウェイ P30 Pro発表 4眼レンズ・光学5倍・ISO40万の怪物カメラ – Engadget 日本版

速報:ファーウェイ P30 Pro発表 4眼レンズ・光学5倍・ISO40万の怪物カメラ - Engadget 日本版

速報:ファーウェイ P30 Pro発表 4眼レンズ・光学5倍・ISO40万の怪物カメラ - Engadget 日本版

ファーウェイが新フラグシップ「HUAWEI P30 Pro」を発表しました。光学5倍の望遠レンズを含む4つのレンズを搭載し、ズームや暗所撮影など、カメラ性能を大幅に強化しています。 光学5倍レンズで「10倍ハイブリッドズーム」実現 「HUAWEI P30 Pro」は、光を端末内で90°屈折させる「屈曲光学系レンズ」(潜望鏡と同じ仕組...

はてなブックマーク - 速報:ファーウェイ P30 Pro発表 4眼レンズ・光学5倍・ISO40万の怪物カメラ - Engadget 日本版 はてなブックマークに追加

広告SDKを通じてアドウェアに感染した200本以上のアプリがGoogle Playで見つかる

headless曰く、

広告SDKを通じたGoogle Playでのアドウェアキャンペーンについて、発見したCheck Point Researchが解説している(Check Point ResearchAndroid PoliceSlashGearThe Verge)。

この広告SDKはRXDroiderと呼ばれるもので、キャンペーンが特定の国をターゲットにしたものではなく、アプリはそれぞれ異なる開発者によるものであることから、アプリ開発者をだまして使わせていたものとみられている。アドウェアに感染したアプリは206本見つかっており、シミュレーションゲームが多いことからCheck Point Researchでは「SimBad」と呼んでいる。

感染したアプリがインストールされると、SimBadは端末の起動完了時とユーザーが端末を使用している時にアクションを実行するようインテントを登録する。また、C&Cサーバーから広告表示のコマンドや、アプリがアンインストールされにくいようランチャーからアイコンを削除するコマンドなどを受け取るとのこと。

主な動作としては広告表示とフィッシングサイトへの誘導、Google Playや9Appsのようなマーケットアプリを開いて別のアプリを表示するほか、リモートアプリをダウンロードしてインストールさせることも可能だという。206本(記事でリストアップされているのは205本だった)の感染アプリは合計1億5千万回近くダウンロードされており、GoogleはCheck Point Researchの報告を受けてすべて削除したとのことだ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 広告 | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google曰く、昨年Google Playで登録申請を却下したアプリは前年比55%増 2019年02月17日
Google Playで発見されるマルウェア、インストール件数は水増しされている? 2018年11月25日
採掘できない暗号通貨にも対応する偽採掘アプリ 2018年10月14日

Google、Android Q Beta 1を公開

Googleは13日、Android Q Beta 1およびプレビュー版SDKを公開した(Android Developers Blogの記事)。

Android Qでは折りたたみ型ディスプレイのサポートに必要なAPI変更や、アプリ内でシステム設定画面を表示可能なSettings Panels APIの追加、プライバシーやセキュリティの強化、メディア関連の強化などが行われる。

プライバシーやセキュリティの強化点としては、アプリにバックグラウンドでの位置情報取得を許可するかどうかをユーザーが選択可能になり、バックグラウンドからのアクティビティ開始はブロックされる。また、異なるWi-Fiアクセスポイント接続時のMACアドレスランダム化がデフォルトで有効になるほか、新しいWi-Fi標準規格のWPA3およびEnhanced Openがサポートされるとのこと。隠しAPIの使用制限も拡大されている。

メディア関連の強化点としては、JPEGイメージと深度メタデータを含むDynamic Depth Format(DDF)がサポートされるほか、AV1やOpusといったコーデックのサポート追加、HDR10+のサポート、C/C++コードでMIDIデバイスと通信するAndroid Native MIDI API(AMidi)の追加、Vulkanサポートの拡大などが挙げられている。

現在、Android Q BetaでサポートされるデバイスはPixelスマートフォン3世代のみ。これらのデバイスでAndroid Q Beta ProgramにエンロールすればOTAでAndroid Q Betaが配信される。システムイメージのダウンロードも可能だ。サポートされるデバイスを所有していない場合は、Android StudioのSDK Managerでエミュレーター用のシステムイメージをダウンロードすればテストできる。

すべて読む | ITセクション | アップグレード | デベロッパー | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Android Pは「Pie」 2018年08月08日
Android P Beta 3の提供が始まる 2018年07月05日
Android P Beta 2、グリーンサラダの絵文字からゆで卵が消える 2018年06月09日
Android Pのベータプログラム、対応端末が大幅に増加 2018年05月12日
Android O Developer Preview 4に「Octopus」が出現 2017年07月29日
Android OのAPIがDeveloper Preview 3でファイナル版に、Google Playでのアプリ公開も可能となる 2017年06月11日
Android Oのパブリックベータ版とAndroid Studio 3.0のCanary版が公開 2017年05月20日
Google、Android Nougatのベータプログラムを終了し、Android「O」を準備 2017年05月10日
Android 「O」初の開発者向けプレビュー版が公開される 2017年03月23日
Google、次期Android「N」のDeveloper Previewをリリース 2016年03月12日

ファーウェイがAndroidに代わるスマホOSを開発中、米国との緊張激化に備え | TechCrunch Japan

ファーウェイがAndroidに代わるスマホOSを開発中、米国との緊張激化に備え | TechCrunch Japan

ファーウェイがAndroidに代わるスマホOSを開発中、米国との緊張激化に備え | TechCrunch Japan

米国とファーウェイの緊張関係は和らぐ気配がない。先週この巨大電子製品企業は、同社製品の使用禁止は“憲法違反”として米政府を訴訟した。一方、今週初めに米国は、ドイツがファーウェイの5G製品を使うことに関して同国の諜報機関を威嚇した。 当然ながら同社は、関係のさらなる悪化に備えて、Androidに代わるモバイル...

はてなブックマーク - ファーウェイがAndroidに代わるスマホOSを開発中、米国との緊張激化に備え | TechCrunch Japan はてなブックマークに追加

ファーウェイがAndroidに代わるスマホOSを開発中、米国との緊張激化に備え | TechCrunch Japan

ファーウェイがAndroidに代わるスマホOSを開発中、米国との緊張激化に備え | TechCrunch Japan

ファーウェイがAndroidに代わるスマホOSを開発中、米国との緊張激化に備え | TechCrunch Japan

米国とファーウェイの緊張関係は和らぐ気配がない。先週この巨大電子製品企業は、同社製品の使用禁止は“憲法違反”として米政府を訴訟した。一方、今週初めに米国は、ドイツがファーウェイの5G製品を使うことに関して同国の諜報機関を威嚇した。 当然ながら同社は、関係のさらなる悪化に備えて、Androidに代わるモバイル...

はてなブックマーク - ファーウェイがAndroidに代わるスマホOSを開発中、米国との緊張激化に備え | TechCrunch Japan はてなブックマークに追加

W3C、パスワードを不要にする「Web Authentication」(WebAuthn)を勧告として発表。Chrome、Firefox、Androidなど主要ブラウザですでに実装済み - Publickey

W3C、パスワードを不要にする「Web Authentication」(WebAuthn)を勧告として発表。Chrome、Firefox、Androidなど主要ブラウザですでに実装済み - Publickey

W3C、パスワードを不要にする「Web Authentication」(WebAuthn)を勧告として発表。Chrome、Firefox、Androidなど主要ブラウザですでに実装済み - Publickey

W3C、パスワードを不要にする「Web Authentication」(WebAuthn)を勧告として発表。Chrome、Firefox、Androidなど主要ブラウザですでに実装済み W3Cは3月4日、FIDOアライアンスのFIDO2仕様の中心的な構成要素であるWeb認証技術の「Web Authentication」(WebAuthn)が勧告になったことを発表しました。 W3Cが策定する仕...

はてなブックマーク - W3C、パスワードを不要にする「Web Authentication」(WebAuthn)を勧告として発表。Chrome、Firefox、Androidなど主要ブラウザですでに実装済み - Publickey はてなブックマークに追加