「airport」カテゴリーアーカイブ

飛行機搭乗時の面倒を軽減。自動手荷物預け機をJALが羽田空港に導入、AIが荷物や人を判断

日本航空(JAL)は2月20日、自動手荷物預け機6台と新型自動チェックイン機(12台)を羽田空港国内線に導入したと発表しました。2月5日から試験運用を開始しており、これを正式に導入するもの。3月中旬ごろから本格的な運用を開始します。 自動手荷物預け機「Self Baggage

5G通信による遠隔アバターが成田空港に登場、ドコモが2月3日から実証実験

NTTドコモは、成田空港第3ターミナルで空港内の案内業務を遠隔で行う「遠隔アバター案内」の実証実験を2月3日から3月27日まで実施します。 内容は、5Gを活用し、遠隔アバター案内のカウンターに設置しているマイクやカメラから、顧客による問い合わせ内容を音声と映像を通じて遠隔地にいるオペレーターに伝送するもの。ディスプレイ上のアバターが人と直接対面しているかのように案内を行えると言います。 ▲空港ターミナルに5Gプレサービスの環境を構築し、遠隔アバター案内サービスを提供

関空、国交省が復旧プラン 運営会社主導に“見切り”

関空、国交省が復旧プラン 運営会社主導に“見切り”

関空、国交省が復旧プラン 運営会社主導に“見切り”

国の対策プランでは、7日のB滑走路運用再開によるピーチ・アビエーション(APJ/MM)の国内線一部再開、8日の国際線一部再開などに続き、9月中旬を目途に冠水したA滑走路の暫定運用開始を目指す。 また、復旧までの代替空港として、伊丹や神戸への国際線と国内線の振り替えを検討している。 タンカー衝突で損傷を受けた連...

はてなブックマーク - 関空、国交省が復旧プラン 運営会社主導に“見切り” はてなブックマークに追加