「百貨店」カテゴリーアーカイブ

山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇 – 毎日新聞

山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇 - 毎日新聞

山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇 - 毎日新聞

経営再建中の百貨店「大沼」(山形市七日町1)は27日、山形地裁に破産を申請した。正社員約150人ら従業員計約200人を同日付で解雇する。 大沼は1700年創業の企業が1950年に設立した。現存する百貨店では、1611年創業の松坂屋、73年創業の三越に次ぐ老舗企業。信用調査会社によると、売上高は1993年2月期の約196億円をピ...

はてなブックマーク - 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇 - 毎日新聞 はてなブックマークに追加

西武・そごう 愛知・滋賀・神戸・徳島・埼玉の5店舗閉鎖へ | NHKニュース

西武・そごう 愛知・滋賀・神戸・徳島・埼玉の5店舗閉鎖へ | NHKニュース

西武・そごう 愛知・滋賀・神戸・徳島・埼玉の5店舗閉鎖へ | NHKニュース

流通大手のセブン&アイ・ホールディングスは傘下のデパートそごう・西武の愛知県や滋賀県、徳島県などにある5つの店舗を閉鎖することを明らかにしました。 ▽愛知県岡崎市の「西武岡崎店」、 ▽滋賀県大津市の「西武大津店」、 ▽神戸市西区の「そごう西神店」 ▽徳島市の「そごう徳島店」で、 いずれも来年8月の閉鎖を予...

はてなブックマーク - 西武・そごう 愛知・滋賀・神戸・徳島・埼玉の5店舗閉鎖へ | NHKニュース はてなブックマークに追加

丸井が「モノを売らない店」に大転換 急成長D2C取り込む大胆戦略:日経クロストレンド

丸井が「モノを売らない店」に大転換 急成長D2C取り込む大胆戦略:日経クロストレンド

丸井が「モノを売らない店」に大転換 急成長D2C取り込む大胆戦略:日経クロストレンド

オンラインがオフラインを包含する“アフターデジタル”の時代。デジタル起点でリアル店舗を捉え直したとき、どのような変化が必要になるかを解き明かす本特集。第1回は、「モノを売らない店」へのシフトを決断した丸井グループに焦点を当てる。次の一手となる「デジタル・ネイティブ・ストア」戦略とは? あらゆるモノが...

はてなブックマーク - 丸井が「モノを売らない店」に大転換 急成長D2C取り込む大胆戦略:日経クロストレンド はてなブックマークに追加