「レビュー,」カテゴリーアーカイブ

タスクバーのボタンを無料で簡単に「中央寄せ」できるソフトウェア「CenterTaskbar」

Windowsの画面下部に表示されるタスクバー上のボタンは、通常は左端に詰めて表示されます。このタスクバー上のボタンを中央に寄せて表示できるソフトウェア「CenterTaskbar」が登場しました。無料かつインストール不要なので、簡単に導入できるとのことなので、早速使ってみました。

続きを読む...

タスクバーのボタンを無料で簡単に「中央寄せ」できるソフトウェア「CenterTaskbar」

Windowsの画面下部に表示されるタスクバー上のボタンは、通常は左端に詰めて表示されます。このタスクバー上のボタンを中央に寄せて表示できるソフトウェア「CenterTaskbar」が登場しました。無料かつインストール不要なので、簡単に導入できるとのことなので、早速使ってみました。

続きを読む...

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」レビュー ゲームを、フィクションを、人生をここまで愚弄する作品を私は他に知らない (1/2) – ねとらぼ

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」レビュー ゲームを、フィクションを、人生をここまで愚弄する作品を私は他に知らない (1/2) - ねとらぼ

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」レビュー ゲームを、フィクションを、人生をここまで愚弄する作品を私は他に知らない (1/2) - ねとらぼ

公開初日の六本木ヒルズ。ほぼ満員の客席、20代から30代と思しき方々がパンフレットを手に「ドラクエ映画」を談笑しながら待ちわびていた。 「ビアンカとフローラどっちを選ぶのか」「どこまで忠実にドラクエができるんだろう」「ピエールは出るかな?」。本作はシリーズ屈指の名作でありながら、幼年期・青年期・その後...

はてなブックマーク - 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」レビュー ゲームを、フィクションを、人生をここまで愚弄する作品を私は他に知らない (1/2) - ねとらぼ はてなブックマークに追加

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」を見てきた。|山中龍之介@韓国系日本人|note

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」を見てきた。|山中龍之介@韓国系日本人|note

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」を見てきた。|山中龍之介@韓国系日本人|note

慰安婦像の展示、昭和天皇の写真を燃やす映像などがあって絶賛炎上中の あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」を見てきました。 まず、言っておきます。ネットニュースなどで知っている方もいると思いますが、 「表現の自由展」の展示品の撮影はできるのですが、SNS等で公にするのは「NG」との事でした。 僕は「表現...

はてなブックマーク - あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」を見てきた。|山中龍之介@韓国系日本人|note はてなブックマークに追加

ワークマンで販売されている“真空保冷ペットボトルホルダー”がかなり便利そう「水筒の蓋の分解洗いから解放される」「痒いところに手が届きすぎ」 – Togetter

ワークマンで販売されている“真空保冷ペットボトルホルダー”がかなり便利そう「水筒の蓋の分解洗いから解放される」「痒いところに手が届きすぎ」 - Togetter

ワークマンで販売されている“真空保冷ペットボトルホルダー”がかなり便利そう「水筒の蓋の分解洗いから解放される」「痒いところに手が届きすぎ」 - Togetter

ワークマンに売ってた「真空保冷ペットボトルホルダー」 500mlのペットボトルがそのまま入る。真空断熱なので保冷力も期待できそうだぞ! pic.twitter.com/0oNpDbLZSS

はてなブックマーク - ワークマンで販売されている“真空保冷ペットボトルホルダー”がかなり便利そう「水筒の蓋の分解洗いから解放される」「痒いところに手が届きすぎ」 - Togetter はてなブックマークに追加

麻雀牌を積み上げて自分だけの城を建築していく城郭建築ボードゲーム「覇王龍城」レビュー

「覇王龍城」は、崩れゆく龍城から建材を持ち出し、次なる龍城を目指して城を建築していくというボードゲームです。左右に空きがある牌を2個1組で獲得していくというシンプルなルールで誰でも気軽に遊べ、またプレイヤーによって建て方の個性が出るため完成した城を見る楽しみもあるということで、実際に日本語版を編集部でプレイしてみました。

続きを読む...

いつでもどこでも冒険できる! ログを見るのが楽しいRPG『LogRogue(ログローグ)』

スマホで人気のRPG「ひまつぶ」シリーズを手がける個人クリエイターのmoitititiから配信されている放置RPG『LogRogue(ログローグ)』のレビューをお届けします。(文:ニュー侍)

ログを見るのが楽しいRPG!

本作は勇者を冒険に出して、あとは冒険の結果を待つだけのゲームです。結果を待つとは言っても、冒険の様子を眺めていてもOKで、スマホを放置して他のことをしてもOKです。どのようにプレイするかはプレイヤー次第となります。


初めてゲームを起動すると誰もが思うことがあるかもしれません。それは、これってどんなゲームなのかということです。一瞬、ユーティリティーアプリや何かの攻略情報をまとめているアプリかなと思ってしまうスタート画面。しかし、「ゆうしゃ」という項目をタップすると…。

※「ゆうしゃ」の名前は変更できます。


もう、そこはゲームの世界です。王さまに謁見している様子がドット絵で描かれています。ここからステータスを見たり、クエストに出発したり、装備やジョブを変更することができます。さっそくですが、クエストに挑戦してみましょう。


ダンジョン選択画面へと移動します。ダンジョンはボスを倒していくことで解放されていきます。どんなダンジョンが登場するのか楽しみですね!


クエストへと出発する前に、必ずゲームスピードについて確認しておいてください。ゲームスピードが速いほどST消費量アップ、宝箱ドロップ率ダウンとあるので注意が必要です。

ガンガン進めたいなら4倍で進めてもいいですが、装備品を確保したいならゆっくり進めるのがおすすめですよ。


冒険中はキャラクターが自動で攻撃しているのを見ることに…。状況はログに出力されるので、どんなことが起きているのかわかります。だから、ログローグなんです。ずっと見ているのは面倒という方もいるかもしれません。そんな時は放置してみましょう。


冒険の様子を見なくても勝手に冒険を進めてくれます。途中で敵に倒されてしまったら終わりですが、ステータスは引き継がれるのでご安心を。

放置中は何をしてもいいです。仕事中に冒険させておくというのもありですね。自分のライフスタイルに合わせたゲームプレイを楽しんでみてください。


いつでも、どこでも、どんなときも冒険を楽しめた!

RPGと言えば魔王を倒すことが目的でストーリーが長く、ガッツリとプレイしないといけないイメージがありますが、ログローグは違います。放置しておけばいい、それだけで冒険に出られるのだ!  装備だけを考えてあとは結果を待つのみ……。勇者が無事に帰ってこなくても、ステータスは記録されるのでゲーム初心者にも優しい。

やり込み要素としてはモンスター図鑑などのコレクション要素です。やればやるほど図鑑は埋まっていくので、夢中になって楽しめますよ。


冒険の様子を見守るのもよし、放置しておくのもよし、自分だけのプレイスタイルで冒険を楽しんでみてくださいね。

LogRogue(ログローグ) ・販売元: Mitsuhiro Okada
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 103.7 MB
・バージョン: 1.1.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© moitititi

天気の子の原作はエロゲという話|みふ|note

天気の子の原作はエロゲという話|みふ|note

天気の子の原作はエロゲという話|みふ|note

が話題だが、あれは幻覚だ。(僕もその幻覚は視た) というわけで天気の子について感情のおもむくまま方向性もなにもかも滅茶苦茶な文章を書く。 そこそこネタバレまみれなのでまだ見ていないひとはこんなタイトルの時点で与太話だとわかるような記事なんか読まずに映画館へ行け。 天気の子はなんかすごいヒットしてしまっ...

はてなブックマーク - 天気の子の原作はエロゲという話|みふ|note はてなブックマークに追加

天国で釣り生活!? 物語も楽しめる釣りゲーム『フィッシング・パラダイス』

Daigo Studioから配信されている誰でも手軽に楽しめる釣りゲーム『フィッシング・パラダイス』のレビューをお届けします。(文:ニュー侍)

誰でも簡単に魚が釣れる!

釣りゲームをみなさんは遊んだことがあるでしょうか? スマホで遊べるゲームでは、パズルやRPG、謎解きゲームなどが定番で遊んだことがない方も多いと思います。

釣りゲームは魚を釣るというアウトドアライクなゲームでして、いろいろな魚を釣るのが目的です。今回、ご紹介するゲームは物語を通して釣りを楽しめる作品となっています。

オープニングでは、いきなり主人公は死んでいることを告げられるという衝撃な展開から始まります…。暗い世界で本当に釣りゲームなのかとさえ思ってしまいます。


次のシーンではなんと南国の島のような場所に! ここは天国なのか、そう、天国なのだ! でも、お腹が減って動けません…。そんな時は釣りをすればいいじゃないか! 偶然にも釣り竿が島にはある(笑)。


釣りの仕方は釣り針を投げる方向決めたら、パワーがメーターで動くので強さを調整して投げるだけ。あとは魚がエサに食らいつくのを待つのみ。ヒットすると「!」マークが出るので、中央のボタンでリールを巻きます。糸が切れないように調整しながら釣りあげましょう。


魚影が見えるので、どこに釣り針を投げるかを判断しやすいですよ。


釣りあげた魚にはランクがあるので、高ランクな魚を釣りあげたくなる要素もあります。魚を釣り上げた時の、ドキドキとワクワク感をスマホで感じられるのがうれしいんです!


さて、物語はどのように進んでいくのかというと、いろいろな方からの依頼をこなしていくことで進みます。依頼とは魚を釣ることでして、特定の魚を釣らなければなりません。

※本作はスマホアプリ『くまのレストラン』と世界観を共有しています。


指定されている魚は魚影に色が付いているので、釣りやすくなっています。狙って釣り針を投げれば、サクサクッと釣り上げて物語の続きを楽しめますよ。

※最近のアップデートで追加された機能。


釣りをする場所のロケーションも多数あり、違った雰囲気で釣りを楽しめます。海もいいけど、たまには山の中で、という感じで釣りを楽しめるんです。

世界が天国となっているだけに、どのようなロケーションが出てくるのか楽しみですね。


物語も楽しめる魚釣りゲーム!

釣りゲームと言えば魚を釣るだけのゲームで、大きさやレア度などを競うことが目的という感じがしますが、『フィッシング・パラダイス』は違いました。釣ることはもちろん楽しいのですが、それに加え物語があるというのがプレイヤーのモチベーションにつながると感じました。

この魚を釣れば新たな釣り場が開放され、物語も大きく動き出す。スマホでリリースされている『くまのレストラン』とも世界を共有していることもあり、遊んだ方なら物語の内容が気になると思います。

釣りゲームって難しそうって思う方もいるかもしれませんが、簡単に楽しめるゲームとなっているのでぜひ、プレイしてみてくださいね。

フィッシング・パラダイス ・販売元: Daigo Sato
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 102.1 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Daigo Studio

これはまさに……SFの糸で編まれた百合ファンタジー!『じんるいのみなさまへ』レビュー!【PS4/Switch】 – 絶対SIMPLE主義

これはまさに……SFの糸で編まれた百合ファンタジー!『じんるいのみなさまへ』レビュー!【PS4/Switch】 - 絶対SIMPLE主義

これはまさに……SFの糸で編まれた百合ファンタジー!『じんるいのみなさまへ』レビュー!【PS4/Switch】 - 絶対SIMPLE主義

じんるいのみなさまへ | 日本一ソフトウェア トロフィーコンプしてDLC入れた2周目もクリアしたので 『じんるいのみなさまへ』のレビュー行くぜ! メーカー:日本一ソフトウェア 機種:PS4/Switch ジャンル:ガールズアドベンチャー 発売日:2019/06/27 価格(税込):7538円 何故か廃墟になっている秋葉原を舞台に、 5人...

はてなブックマーク - これはまさに……SFの糸で編まれた百合ファンタジー!『じんるいのみなさまへ』レビュー!【PS4/Switch】 - 絶対SIMPLE主義 はてなブックマークに追加

「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」レビュー。期待のZen 2は競合に迫るゲーム性能を有し,マルチコア性能では圧倒する – 4Gamer.net

「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」レビュー。期待のZen 2は競合に迫るゲーム性能を有し,マルチコア性能では圧倒する - 4Gamer.net

「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」レビュー。期待のZen 2は競合に迫るゲーム性能を有し,マルチコア性能では圧倒する - 4Gamer.net

「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」レビュー。期待のZen 2は競合に迫るゲーム性能を有し,マルチコア性能では圧倒する ライター:米田 聡 2019年7月7日19:00,多くのゲーマーが注目しているであろうAMDの新型CPUである第3世代Ryzenこと,「Ryzen Desktop 3000」(以下,Ryzen 3000)シリーズが発売となった。 2018年に...

はてなブックマーク - 「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」レビュー。期待のZen 2は競合に迫るゲーム性能を有し,マルチコア性能では圧倒する - 4Gamer.net はてなブックマークに追加

材料「キッコーマン豆乳」だけでかき氷を作れる「スノーデザート 雪花」で雪のようなふんわり食感のやみつきデザートを作ってみた

凍ったパック豆乳をセットしてすりおろすだけで、雪のようにふんわりした豆乳かき氷が作れるかき氷メーカー「スノーデザート 雪花」が2019円6月20日(木)から登場します。豆乳本来のほんのりとした甘さがあるのに、低カロリーで豆乳独特のくさみもない新感覚デザートが作れるだけでなく、市販のジュースやフルーツを凍らせてオリジナルデザートを作ることも可能とのこと。そんな「スノーデザート 雪花」が編集部に送られてきたので、実際に使ってみました。

続きを読む...

「レッド・デッド・リデンプション2」をクリアしたのでレビュー……ですらない、「RDR2面白かったよね会」をしました – ねとらぼ

「レッド・デッド・リデンプション2」をクリアしたのでレビュー……ですらない、「RDR2面白かったよね会」をしました - ねとらぼ

「レッド・デッド・リデンプション2」をクリアしたのでレビュー……ですらない、「RDR2面白かったよね会」をしました - ねとらぼ

バーチャルYouTuber、マシーナリーとも子による不定期コラム第12回(連載一覧)。今回は「やっとレッド・デッド・リデンプション2(RDR2)をクリアしたから、クリアしたもん同士で語りたい!」というとも子の要請により、同じくRDR2クリア済みのしげるさん(とも子の元同僚、恋愛コラムニスト)と、ねとらぼ副編集長・池...

はてなブックマーク - 「レッド・デッド・リデンプション2」をクリアしたのでレビュー……ですらない、「RDR2面白かったよね会」をしました - ねとらぼ はてなブックマークに追加

ねとらぼのライターがYahooレビューに書いたリラックマとカオルさんのレビューがため息でるほど浅い – 将来キングギドラになりたいとか言ってた人のブログ

ねとらぼのライターがYahooレビューに書いたリラックマとカオルさんのレビューがため息でるほど浅い - 将来キングギドラになりたいとか言ってた人のブログ

ねとらぼのライターがYahooレビューに書いたリラックマとカオルさんのレビューがため息でるほど浅い - 将来キングギドラになりたいとか言ってた人のブログ

久しぶりの更新が人の悪口とはどうなんだと思うが、はてなブログはだいたい人の悪口を書くところのなのでまぁいいかという感じである。 Netflixがこのたびに「リラックマ」のアニメを作った アニメといってもCGや作画ではなく人形を使ったストップモーションアニメで NHKでどーもくんなどを作っていたスタジオが担当して...

はてなブックマーク - ねとらぼのライターがYahooレビューに書いたリラックマとカオルさんのレビューがため息でるほど浅い - 将来キングギドラになりたいとか言ってた人のブログ はてなブックマークに追加

実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡) – 個人 – Yahoo!ニュース

実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡) - 個人 - Yahoo!ニュース

実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡) - 個人 - Yahoo!ニュース

疲労と絶望、そして怒り―。筆者が5月24日から公開されている映画『空母いぶき』(以下、映画版)の2時間強を見終わった後に感じた率直な印象である。 映画版は、2019年5月25日号における『ビッグコミックスピリッツ』誌上における、佐藤浩市氏のインタビューに関する事象が各方面で物議(「佐藤浩市は三流役者」論争に芸...

はてなブックマーク - 実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡) - 個人 - Yahoo!ニュース はてなブックマークに追加

実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡) – 個人 – Yahoo!ニュース

実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡) - 個人 - Yahoo!ニュース

実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡) - 個人 - Yahoo!ニュース

疲労と絶望、そして怒り―。筆者が5月24日から公開されている映画『空母いぶき』(以下、映画版)の2時間強を見終わった後に感じた率直な印象である。 映画版は、2019年5月25日号における『ビッグコミックスピリッツ』誌上における、佐藤浩市氏のインタビューに関する事象が各方面で物議(「佐藤浩市は三流役者」論争に芸...

はてなブックマーク - 実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡) - 個人 - Yahoo!ニュース はてなブックマークに追加

Oculus Questやっとセットアップ。で、すごかった。想像以上にすごかった。Oculus Goとは別物。 – 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

Oculus Questやっとセットアップ。で、すごかった。想像以上にすごかった。Oculus Goとは別物。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

Oculus Questやっとセットアップ。で、すごかった。想像以上にすごかった。Oculus Goとは別物。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

何日か前に、Oculus Quest、オキュラスのサイトで買ったのが海外から届いていたのですが、パッケージを開けるのがめんどくさくて、1週間ほど放置していました。 で、今日は日曜日で余裕があったので、セットアップ開始。案の定、けっこうたいへんでした。 まず、Android版のOculusのアプリだと、最新版でも、追加ヘッド...

はてなブックマーク - Oculus Questやっとセットアップ。で、すごかった。想像以上にすごかった。Oculus Goとは別物。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ はてなブックマークに追加

プロ顔負けのふんわりジューシーなお肉だけでなく大人数向け料理を家族で楽しめる「おもいの鉄板」レビュー

石川鋳造が2019年5月13日(月)に発売した「おもいの鉄板」は、「おいしいお肉を家族みんなでいっしょに食べたい」という想いに応えてくれる鋳鉄製の調理器具です。以前にレビューした「おもいのフライパン」をさらに大きくして進化させた製品で、特に肉をおいしく焼くなど「焼き」に特化しているとのこと。先行予約分で60日待ちというおもいの鉄板の実物を借りることができたので、実際に使ってみました。

続きを読む...

淡路島が舞台の本格和風RPG『はじまりの島』をレビュー! 古代へ召還された高校生の運命はどうなる!?

淡路島を舞台にした和風ファンタジーRPG『はじまりの島 -淡路島日本遺産RPG-』のレビューをお届けします。(文:ニュー侍)

『はじまりの島 -淡路島日本遺産RPG-』レビュー


イザナギとイザナミの国生みの神話の中で誕生した淡路島。そんな淡路島で繰り広げられる物語は現代から古代へ。はるか昔の日本を体感できるようになっています。本作は淡路島観光協会によってリリースされています。ゲームを通して淡路島のことについて学んでみませんか。

現代から古代に召喚された高校生の物語

オープニングは神話に関することから始まります。神話については軽く触れられますが、気になったら後で調べてみると深くゲームの世界を楽しめますよ。


神に祈ることは現在でも行われていますが、もちろん、過去の世界でも神に祈りを捧げていました。神への祈りは今も昔もとても大切な儀式です。


さて、ここからは神であるイザナギが登場します。平穏な世界に魔物が現れたことに驚いているようです。原因は何なのか気になるところですよね。


そこに怪しげな女性が登場。どうやら彼女が魔物たちが現れた原因のような感じがします。

ここまでは王道RPG的な流れで進むので、神話など細かいことはわからなくても大丈夫です。そして、舞台は現代へと移ります。


現代になるとそこは淡路島。平和な日々を暮らす高校生の優弥が学校へ向かうところからスタートします。ここからは実際に操作することができるので、バーチャルパッドで操作してください。

また、メニューからセーブもできます。自動セーブはないので、時々セーブしておくようにしましょう。


学校での授業中に突然、何かが起こります。優弥も巻き込まれてしまい、気付いたらイザナギのいる世界へ。ここから冒険のはじまりです!

※イベントシーンはゲームをプレイしてチェック!


和風ファンタジーRPGの世界を楽しもう!

本作のゲームシステムは誰でも楽しめるものとなっています。まずはダンジョンの探索からですが、キャラを操作して宝箱を調べたり、人と話をしたりとシンプルなもの。魔物はイベントを除けば、歩いていると出現するのでバトルして倒しましょう。


バトルは王道のターン制のコマンドラインバトル。まずはコマンドを入力したいキャラを選びましょう。


「攻撃」「防御」「魔法」「アイテム」の4つのコマンドから選べます。シンプルなのでRPGを遊んだことのない方でも安心です。時間制限はないので、行動をゆっくり考えられます。


行動が確定すると敵に攻撃。しっかりとエフェクトも入り、レトロなRPGを遊んでいる感覚になりますよ。細かい情報はテキスト表示されるので、どんなことが起こっているのかを把握しましょう。


そして、本作にはフィールドがあります。今まで冒険していた感じで進むのかと思っていたのですが、まさかの展開です。淡路島が舞台なだけに何かが隠されているかもしれませんね。フィールドの探索も楽しんでみよう。


GPSと連動したシステムも!

本作は淡路島観光協会からリリースされていることもあって、観光スポットへの力が入っています。ゲーム内にある「狭間のほこら」で、淡路島のおすすめ観光スポットが紹介されているのです。


各スポットの詳細も確認できるのでぜひ、チェックしてみてください。でも、なぜ観光スポットが紹介されているのか気になりますよね。


さらにはマップで場所まで紹介されています。実は本作はGPSと連動しているゲームなんです。実際にその場所を訪れるとゲームで使える「おのころの雫」というアイテムを入手できます。このアイテムは強力な武具やアイテムと交換できるので、ゲームの攻略に役立つアイテムです。ただ、このアイテムがないとクリアが難しいということはないので安心してプレイしてくださいね。


誰でも楽しめる王道RPGでみんなに冒険を楽しんでほしい!

本作のタイトル『はじまりの島 -淡路島日本遺産RPG-』を見たときに、どんなゲームなんだろうと思いました。タイトルだけでは想像はできません。ただ、プレイしてみたらオーソドックスなRPGでした。

最近のスマホRPGではキャラの強化に複雑なシステムを搭載しているものが多いですが、本作は基本的にレベル上げと装備を揃えるだけなので、初心者でも楽しめます。

オープニングでは神話に関することが紹介されますが、それを深く調べてみるとゲームの世界に没頭できますよ。さらに、淡路島の観光スポットを訪れてゲームを進めてみると、よりおもしろくなるかもしれません。

淡路島観光協会によってリリースされた和風ファンタジーRPGをぜひ、プレイしてみてくださいね。

はじまりの島 -淡路島日本遺産RPG- ・販売元: AWAJISHIMA KANKO KYOKAI, GENERAL INC. ASSOCIATION
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 109.2 MB
・バージョン: 1.0.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 淡路島観光協会

学校がワールドマップになっちゃった!? 魔王によって支配された学校を取り戻せ!【スクールクエスト】

学校を舞台にした本格RPG『スクールクエスト』のレビューをお届けします。(文:ニュー侍)

『スクールクエスト』レビュー


学校と言えばみんなで先生から学問について学ぶ場所ですよね。大人になると小学校でこんなことやったなーと思い出すこともあります。なんと、そんな場所がRPGの舞台になりました。

物語は魔王によって支配された学校を取り戻すという王道な世界観です。学校+ファンタジーとはどんなRPGなのかをご紹介します。

学校を舞台に物語が始まる!

まずはオープニングから。魔王は学校を征服した後、ワンダーウォールという不思議な壁で学校を囲んでしまいました。囲んでしまったということは外には出られないということですね。


そこで立ち上がったのが主人公のタロ。母親にはロックスターになればいいのにと提案されますが、本人は勇者になりたそうです。ここで気になるのが場所でして、家ではなく学校になっています。フィールドが学校になっているんです。驚いているのもつかの間ですが、物語は続きます。


「そんな普通の少年が魔王を倒すまでの普通のお話」とあり、学校が舞台だし全然普通じゃないですとツッコミを入れたい!


学校の中を大冒険。もちろん、バトルも!

本作では学校の教室がいわゆる町や村になっています。歩いている人に話しかけて情報収集したり、買い物をして強化したり、宿屋に泊まれるなど重要な場所です。
※村や町でも敵が出現することもあるのでご注意を!


外に出てみると、やっぱりここは学校なんだなと思いました。マップの移動は画面下部にあるパッドでの操作か移動したい場所をタップするかのどちらかです。画面タップの方が移動しやすいのでおすすめですよ。


学校を探索していると敵が出現しました。先生ではなくモンスターです。

バトルシステムはコマンドを選択するだけのシンプルなバトル。一般的な攻撃や「技魔術」と呼ばれる魔法のようなもの、アイテムなどを駆使して戦いましょう。


ダメージなどはタイムラインに表示されるので、状況を確認しながら戦うのが攻略のコツです。むやみに戦うだけだとHPがなくなってゲームオーバーになることもあるので注意してください。


バトルに勝てば経験値とお金を獲得。経験値を稼げばレベルアップし、強くなるのがRPGの醍醐味です。強い敵が多いと感じたら、レベル上げをして先へと進んでいきましょう。


学校の中は不思議なところがいっぱい?

学校を冒険の舞台にするというのはホラー系ならありえそうですが、RPGに落とし込むとどうなるのかと思って冒険していると不思議な場所がいくつかあったのでご紹介します。

まずは男子トイレの中です。トイレの中にまさか人が住んでいるとは思わなかった……。家に勝手に入ってくるなと言われても、ここってトイレではありませんか? と突っ込まずにはいられなかった。


ちなみに女子トイレの中には宝箱がありました。冒険に役立つアイテムが入っているので確実に入手しておきましょう。


そして、学校と言えば職員室です。なんと町になっていました。先生たちは町の住民として登場するのか……。何かを教えてくれるような感じなのかなと想像していました(笑)。


ちなみに宿屋を経営していたのはなんとメイドさんでした。しかも、ベッドはなくソファーですよ。学校にはベッドがあると思うのですが、それは保健室かな……。保健室がどのようになっているのかも楽しみのひとつですね。


学校がこのような状況になってしまったのは魔王によって支配されたからだと思います。冒険を進めて魔王を倒せば壁がなくなり、みんなが普通の生活に戻るでしょう。

学校を舞台にしながらも王道なファンタジーRPGだった!

RPGと言えば広大な世界でダンジョンや町を訪れて進めていくゲームですが、本作はその全てが学校で再現されているものでした。再現はされているというものの、敵はファンタジーの世界で登場するようなものでして、RPGをプレイしているんだという感覚に。

バトルもコマンド選択式なので時間をかけて考えながらバトルを楽しめます。最近はリアルタイムバトルが多いのでゲーム初心者の方にも安心ですね。

本作は8時間程度でクリアできる物語となっており、ちょっとした時間にRPGをひとつ攻略したいという方におすすめです。いつもとは違うファンタジーな世界を冒険してみてください。

スクールクエスト ・販売元: tanaka kenjirou
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 104.0 MB
・バージョン: 1.0.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Denkisendousya

データ通信無制限&テザリングもできて通話やSMSも可能なアメリカ対応SIMカード「MOST SIM」レビュー

海外に行ったらまず空港でSIMカードを買って……という流れを想定する人は多いはずですが、ハワイに取材に行く際に知ったのは、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル空港)にはSIMカードを販売する場所がないということ。現地に着いて即SIMカードを利用するには日本であらかじめ購入するしかない……ということで、アメリカでT-Mobile回線を利用でき、データ通信制限なしで使いたい放題、テザリング可能で通話やSMSもできるという「MOST SIM」を使ってみました。

続きを読む...

ローグライクになった『ブレフロ』レビュー。ドット絵演出も楽しくて◎!

スマホで人気のRPG『ブレイブ フロンティア』のスピンオフ『ブレイブ フロンティア ローグストーリー』のレビューをお届けします。(文:ニュー侍)

『ブレフロ』の世界がローグライクに。ダンジョンでもブレイブバーストだ!


ローグライクゲームというジャンルはご存じですか。プレイヤーのレベルが1から始まり、入る度にダンジョンの構造が変わるというものでして、毎回違った冒険を楽しめるゲームです。


そんなゲームを『ブレフロ』の世界観で楽しめるのが本作です。おなじみの一撃必殺「ブレイブバースト」も健在! さぁ、『ブレフロ』の新たな冒険を始めよう。

片手で遊べるローグライクゲーム!

グランガイアに存在する小国「ベルデント」の王女が誘拐されるという王道RPG的なストーリーが展開されます。主人公は怪盗ゼルナイト。さあ、冒険に出発だ!


ローグライクゲームというジャンルについてわからない人もいると思います。最初のダンジョンはチュートリアルとなっており、操作方法やゲームの遊び方についての解説があるので安心です。



ローグライクの基本ですが、こちら1歩進むとダンジョン内にいるモンスターも1歩進みます。ひとつ行動すれば相手もひとつ行動するということを意識してください。



なのでダンジョン内にいる敵と戦うとき、こちらが一方的に攻撃できるというわけではありません。攻撃したら敵も攻撃してくる、さらには他の敵も動くということに注意してください。


武器や防具などのアイテムもダンジョンで手に入れることになります。見つけたら何かを確認しておきましょう。


ダンジョン攻略のポイントですが、敵と戦うときに通路で戦うことを意識しましょう。通路で戦えば1対1になるので、複数の敵から攻撃を受けることがなくなります。

HPが0になってしまうとゲームオーバーになってしまうので、戦い方が重要になってきますよ。


1つの行動が大切になるので1つの操作も大切になってきます。画面下部の真ん中にあるボタンを長押しすることでキャラの向きを変更できるので、攻撃などで活用してみてください。


ダンジョン最下部に到達するとクリアとなります。手に入れたアイテムは持って帰ることができますが、レベルは1に戻ってしまうことを忘れずに。それがローグライクのルールです。


攻略するダンジョンによっては手に入れたアイテムを持ち込んで挑戦することができるので、ローグライクは苦手という方でも気軽に挑戦できるようになっています。ぜひ、いろいろなダンジョンに挑戦してみてください。


初心者でも気軽に遊べて、ドット絵演出も◎!

ローグライクゲームは毎回レベル1からスタートし、ゲームオーバーになったらアイテムロストするので難しいイメージがあるかもしれません。

本作ではアイテムを持ち込めたり、途中の階でセーブされたりするので、ゲーム初心者でも気軽に遊べる内容となっていました。ドット絵演出の芸も細かくて、楽しく遊ぶことができました。


ひとつの行動が重要になってくるので操作性が気になるところですが、それもスマホで遊べるように快適になっています。『ブレフロ』ファンはもちろん、ファンでなくとも楽しめる本作をぜひ、プレイしてみてくださいね。


ブレイブフロンティア ローグストーリー ・販売元: ALIM CO., LTD.
・掲載時のDL価格: ¥480
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 230.0 MB
・バージョン: 1.0.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Alim Co., Ltd.

ローグライクになった『ブレフロ』レビュー。ドット絵演出も楽しくて◎!

スマホで人気のRPG『ブレイブ フロンティア』のスピンオフ『ブレイブ フロンティア ローグストーリー』のレビューをお届けします。(文:ニュー侍)

『ブレフロ』の世界がローグライクに。ダンジョンでもブレイブバーストだ!


ローグライクゲームというジャンルはご存じですか。プレイヤーのレベルが1から始まり、入る度にダンジョンの構造が変わるというものでして、毎回違った冒険を楽しめるゲームです。


そんなゲームを『ブレフロ』の世界観で楽しめるのが本作です。おなじみの一撃必殺「ブレイブバースト」も健在! さぁ、『ブレフロ』の新たな冒険を始めよう。

片手で遊べるローグライクゲーム!

グランガイアに存在する小国「ベルデント」の王女が誘拐されるという王道RPG的なストーリーが展開されます。主人公は怪盗ゼルナイト。さあ、冒険に出発だ!


ローグライクゲームというジャンルについてわからない人もいると思います。最初のダンジョンはチュートリアルとなっており、操作方法やゲームの遊び方についての解説があるので安心です。



ローグライクの基本ですが、こちら1歩進むとダンジョン内にいるモンスターも1歩進みます。ひとつ行動すれば相手もひとつ行動するということを意識してください。



なのでダンジョン内にいる敵と戦うとき、こちらが一方的に攻撃できるというわけではありません。攻撃したら敵も攻撃してくる、さらには他の敵も動くということに注意してください。


武器や防具などのアイテムもダンジョンで手に入れることになります。見つけたら何かを確認しておきましょう。


ダンジョン攻略のポイントですが、敵と戦うときに通路で戦うことを意識しましょう。通路で戦えば1対1になるので、複数の敵から攻撃を受けることがなくなります。

HPが0になってしまうとゲームオーバーになってしまうので、戦い方が重要になってきますよ。


1つの行動が大切になるので1つの操作も大切になってきます。画面下部の真ん中にあるボタンを長押しすることでキャラの向きを変更できるので、攻撃などで活用してみてください。


ダンジョン最下部に到達するとクリアとなります。手に入れたアイテムは持って帰ることができますが、レベルは1に戻ってしまうことを忘れずに。それがローグライクのルールです。


攻略するダンジョンによっては手に入れたアイテムを持ち込んで挑戦することができるので、ローグライクは苦手という方でも気軽に挑戦できるようになっています。ぜひ、いろいろなダンジョンに挑戦してみてください。


初心者でも気軽に遊べて、ドット絵演出も◎!

ローグライクゲームは毎回レベル1からスタートし、ゲームオーバーになったらアイテムロストするので難しいイメージがあるかもしれません。

本作ではアイテムを持ち込めたり、途中の階でセーブされたりするので、ゲーム初心者でも気軽に遊べる内容となっていました。ドット絵演出の芸も細かくて、楽しく遊ぶことができました。


ひとつの行動が重要になってくるので操作性が気になるところですが、それもスマホで遊べるように快適になっています。『ブレフロ』ファンはもちろん、ファンでなくとも楽しめる本作をぜひ、プレイしてみてくださいね。


ブレイブフロンティア ローグストーリー ・販売元: ALIM CO., LTD.
・掲載時のDL価格: ¥480
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 230.0 MB
・バージョン: 1.0.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Alim Co., Ltd.

ローグライクになった『ブレフロ』レビュー。ドット絵演出も楽しくて◎!

スマホで人気のRPG『ブレイブ フロンティア』のスピンオフ『ブレイブ フロンティア ローグストーリー』のレビューをお届けします。(文:ニュー侍)

『ブレフロ』の世界がローグライクに。ダンジョンでもブレイブバーストだ!


ローグライクゲームというジャンルはご存じですか。プレイヤーのレベルが1から始まり、入る度にダンジョンの構造が変わるというものでして、毎回違った冒険を楽しめるゲームです。


そんなゲームを『ブレフロ』の世界観で楽しめるのが本作です。おなじみの一撃必殺「ブレイブバースト」も健在! さぁ、『ブレフロ』の新たな冒険を始めよう。

片手で遊べるローグライクゲーム!

グランガイアに存在する小国「ベルデント」の王女が誘拐されるという王道RPG的なストーリーが展開されます。主人公は怪盗ゼルナイト。さあ、冒険に出発だ!


ローグライクゲームというジャンルについてわからない人もいると思います。最初のダンジョンはチュートリアルとなっており、操作方法やゲームの遊び方についての解説があるので安心です。



ローグライクの基本ですが、こちら1歩進むとダンジョン内にいるモンスターも1歩進みます。ひとつ行動すれば相手もひとつ行動するということを意識してください。



なのでダンジョン内にいる敵と戦うとき、こちらが一方的に攻撃できるというわけではありません。攻撃したら敵も攻撃してくる、さらには他の敵も動くということに注意してください。


武器や防具などのアイテムもダンジョンで手に入れることになります。見つけたら何かを確認しておきましょう。


ダンジョン攻略のポイントですが、敵と戦うときに通路で戦うことを意識しましょう。通路で戦えば1対1になるので、複数の敵から攻撃を受けることがなくなります。

HPが0になってしまうとゲームオーバーになってしまうので、戦い方が重要になってきますよ。


1つの行動が大切になるので1つの操作も大切になってきます。画面下部の真ん中にあるボタンを長押しすることでキャラの向きを変更できるので、攻撃などで活用してみてください。


ダンジョン最下部に到達するとクリアとなります。手に入れたアイテムは持って帰ることができますが、レベルは1に戻ってしまうことを忘れずに。それがローグライクのルールです。


攻略するダンジョンによっては手に入れたアイテムを持ち込んで挑戦することができるので、ローグライクは苦手という方でも気軽に挑戦できるようになっています。ぜひ、いろいろなダンジョンに挑戦してみてください。


初心者でも気軽に遊べて、ドット絵演出も◎!

ローグライクゲームは毎回レベル1からスタートし、ゲームオーバーになったらアイテムロストするので難しいイメージがあるかもしれません。

本作ではアイテムを持ち込めたり、途中の階でセーブされたりするので、ゲーム初心者でも気軽に遊べる内容となっていました。ドット絵演出の芸も細かくて、楽しく遊ぶことができました。


ひとつの行動が重要になってくるので操作性が気になるところですが、それもスマホで遊べるように快適になっています。『ブレフロ』ファンはもちろん、ファンでなくとも楽しめる本作をぜひ、プレイしてみてくださいね。


ブレイブフロンティア ローグストーリー ・販売元: ALIM CO., LTD.
・掲載時のDL価格: ¥480
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 230.0 MB
・バージョン: 1.0.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Alim Co., Ltd.

好きなジャンルの新製品を通知で最速チェックできるアプリ『Makuake』レビュー!

日本最大級のクラウドファンディングサービス『Makuake』のアプリをレビュー!

クラウドファンディングをスマホでチェック!

『Makuake』は、様々な商品やアイデアなどへの出資や協力を求めるクラウドファンディングサービスです。


『Makuake』アプリでは、現在募集が行われているクラウドファンディングをスマホから一覧でチェックできます。


たとえばトップで紹介されていたこちらは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』との公式タイアップにより生まれたレースチームの応援を求めるクラウドファンディングです。


クラウドファンディングでは支援した金額に応じて、特製グッズやサービス、または商品そのものなど様々なリターンがあります。


支援は『Makuake』アプリからそのまま行えます。
支払い方法はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込、ネットバンクの4種類が用意されています。


新着や人気のクラウドファンディング検索も

『Makuake』アプリでは新着のクラウドファンディングや


人気のクラウドファンディングもスワイプ操作だけで探せます。


五島列島でのドローンレース、気になりますね!

アカウントを作るとさらに便利に

『Makuake』アプリは、作成したアカウントにログインするとさらに便利になります。


【マイページ】からこれまで支援したプロジェクトをチェックしたり、


それらのプロジェクトのお知らせを一覧で受け取ったり、


活動レポートを通知で受け取ったりできます。


【Myタグ】で好きなジャンルだけのチェックも

そして、おすすめしたい機能が【Myタグ】です。


【Myタグ】でタグ(ジャンル)を指定すると、それに応じたクラウドファンディングだけを探すことができます。
※Myタグはログイン状態でのみ設定ができます。


例えば「カメラ」タグを選ぶと、カメラに関するクラウドファンディングだけが表示されます。


【Myタグ】は複数指定することもできます。
ためしに「ゲーム」と「ガジェット」を指定しました。


「ゲーム」と「ガジェット」関連のみのクラウドファンディングをチェックできます。


また、この【Myタグ】に選んだクラウドファンディングの新着情報を通知で受け取ることもできます。



まだ世に出てない新商品が欲しい人は、『Makuake』アプリでいろんなクラウドファンディングをチェックして支援しましょう!

Makuake ・販売元: Makuake, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 31.1 MB
・バージョン: 1.7.4
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Makuake, Inc.

スマホ版もやっぱり神ゲー。『オクトパストラベラー』先行体験版レビュー

事前に応募したプレイヤーを対象に、4月2日までの期間限定で先行体験版が配信中の新作RPG『オクトパストラベラー 大陸の覇者』。自分がプレイして「神ゲー!」だと心に響いた瞬間を紹介します!

神ゲーだと感じた3つのポイントを語らせてください!

どうも、『大陸の覇者』というタイトルを初めて見た時、「覇者」つながりでゲームボーイの『時空の覇者 Sa・Ga3 [完結編]』を思い出したおっさんゲーマーのそめやんです。


さておき、Nintendo Switch版は神ゲーと断言しただけに、スマホ版『オクトパストラベラー 大陸の覇者』の出来はすごく気になっていました。

▼動画「『オクトパストラベラー 大陸の覇者』 1st Trailer」がこちら。スイッチ版を楽しんだ方なら、きっとわくわくできるはず!

ありがたいことに、ちょっとだけ先行プレイをさせていただいた時点で大ハマリ! すでに記事にしたように、その段階で「ソシャゲじゃなくて1人でじっくり遊べるシングルプレイRPGだった!」と大満足でしたが、先行体験版の配信後、もうちょっと腰をすえてプレイを進めてみたところ、やっぱり「神ゲー」と感じる体験を何度も味わえました。

基本的なプレイフィールは先行レポートで記事にしていますので、ここではまた違った視点で「神ゲーだと感じた名場面」について語っていこうと思います!

神ゲーポイント第3位:3つのメインストーリーが楽しくて、やめどきを失う!

ゲームシステム的な魅力は先行レポートに書きましたが、腰をすえて遊び始めると、そのストーリーの楽しさにぐいぐい引き込まれてしまいました。

▼『大陸の覇者』の主人公というか、ゲーム開始時の初期プレイヤーとなる「盗賊クレス」。


スマホ版の主人公は一応存在しますが、「そのキャラが主人公の物語」というよりは、「そのキャラを中心とした旅団(パーティ)が世界各地で冒険をする」という感覚で、主人公として目立つ感じではありませんでした。
(自分がプレイした範囲では、メインストーリー中に主人公がしゃべることはなかったかと)

▼物語中に選択肢が登場することはありますが、主人公キャラがペラペラとセリフを話すわけではありません。


本作ではオルステラを産んだ神の力が宿る「指輪」に選ばれた主人公が、「富」「権力」「名声」をめぐって冒険することになります。

ゲーム開始時に3つのストーリーから1つを選ぶことになりますが、どれを選んでも、残る2つの物語も問題なく楽しめます
(このあたりはスイッチ版と感覚が近いですね。スイッチ版も、1回のプレイで8人の主人公すべての物語を楽しむことができたので)



▼「富」のストーリーで立ちはだかるのは強欲の魔女ヘルニア。マフィアたちとともに、彼女の悪事に立ち向かうことに。若きマフィアたちが意外といい味を出しています!



▼「権力」のストーリーでは、英雄タイタスと対峙することに。人を人でない物にする緋晶薬をめぐる、ちょっと悲しくて、胸糞が悪くなる話が……。



▼劇作家アーギュストを主軸とした「名声」のストーリーは、芝居がかったコミカルな演出もありつつ、狂気に満ちたサスペンス系の物語が展開。アーギュストのサイコパスな雰囲気が漂うストーリーです……。



どのストーリーもクセが強い悪役キャラが主人公の前に立ちはだかります。……スイッチ版同様、けっこうドロドロした表現も見受けられました。ホント、スイッチ版の続編と言われてもおかしくないレベル。


ストーリーを進める際は、実際に自分でキャラを動かして町やダンジョンを探索することになり、要所要所でストーリーイベントが挿入されるわけですが……このへんはもう、完全に家庭用ゲームのプレイ感覚!

セリフのスキップや早送りもなく、ちゃんとセリフを読みながらゲームを進めていくというこの感覚……言うまでもなく、かつて家庭用RPGで遊んできたゲーム体験であり、自然とストーリーが頭に入ってくるわけです。

しかも、スイッチ版同様、どのストーリーもいいところで「次の話に続く」となるわけで……!

今回はあくまで先行体験版ということで、自制心をもって1日数時間ペースくらいでプレイしましたが、正式サービスが始まった際には先が気になりすぎて、ガチで徹夜プレイをせざるをえなくなるかもしれません(苦笑)。

神ゲーポイント第2位:8人パーティでのローテーションバトルの楽しさ

先行レポートでは8人パーティを体験できませんでしたが、これは大失敗でした。ごめんなさい!

パーティメンバーが増えると、スイッチ版とはまた違う戦略が生まれてきて、むしろスマホ版ならではの大きな注目ポイントとなっていました。


そもそも自分は大きな勘違いをしていて、前衛パーティ(4人)と後衛パーティ(4人)を一括で切り替えると思っていたんですよね。

そうじゃなくて、配置場所ごとに前衛と後衛を「いつでも」「個別に」入れ替えることができるんです!
(「いつでも」は厳密にはターン開始時にコマンド選択をする時になりますけど)


なので、仮に6人しかいない場合、

・前衛A(盗賊[短剣])
・前衛B(剣士[剣])
・前衛C(神官[杖])⇔後衛C(神官[杖])
・前衛D(商人[槍])⇔後衛D(剣士[剣])

なんて風に配置するのもアリ。実際自分は回復系の神官が戦闘不能になっても次の神官がフォローに入れるよう、同じ場所に2人の神官を配置することが多かったです。

前衛と後衛を同じ役割にすることで安定を取るのもいいですが、むしろ「前衛(剣を使える剣士)⇔後衛(槍を使える商人)」と、別の職業を配置することで戦略を幅を広げるのもアリですよね。

さらにいうと、槍が弱点のボス敵と戦う時なら、あえて「8人とも商人(槍)」という極端なシフトを組むことも有効なわけで……実際に遊ぶ前に思っていたよりもずっと「8人パーティならではの戦略性」が高かったわけです。これは考えるのがおもしろい!

くわえて重要となるのが、後衛にいるキャラクターは毎ターンHPとSPが少しずつ回復するところ。

さらにBP(ブーストポイント)は毎ターン前衛後衛問わずに増えていくところもポイント。


前衛がフルブースト(BPをすべて使う)して敵をブレイクした次のターン、BPを温存していた後衛がフルブーストして大ダメージを狙う! なんて戦略も狙えるわけです。

ボス敵が強力な攻撃を行う予備動作を行ったら、BPを温存していた後衛がブーストをしてブレイク=敵の攻撃をキャンセルすることなんかも基本戦法となりますね。
(特にスマホ版はスイッチ版と違って「防御」コマンドがないので、強力な攻撃をブレイクでキャンセルすることが非常に重要になります。BPを温存しておくことが大事!)


ダメージを受けたキャラを後衛に下げる、BPがたまったキャラに前衛でブーストさせるなど、こまめにローテーションさせながら効率よく立ち回るのがめっちゃ楽しいです!

ちなみに前衛と後衛の交代は瞬時に行われるわけではありません。交代する相手の行動順番がまわってきた時に交代となるので、運が悪いと交代前に前衛が攻撃を受けて戦闘不能になってしまうことも……

このへんまで含めてローテーションを考えて立ち回れるようになると、一段とバトルが楽しくなりますよ!

▼フィールドやダンジョンで姿が見えている強敵と戦う際は、特に8人パーティの編成やローテーションが重要。きちんとブレイクしていけば、格上の相手も十分倒せますよ!


神ゲーポイント第1位:町にいる女の子に宝物を「ねだる」背徳感というか自由度の高さ

スイッチ版『オクトパストラベラー』を神ゲーだと感じたポイントの1つが、町にいる人々にさまざまなアクションをできるフィールドアクションの存在でした。

人々を仲間にしたり、戦ったり、アイテムを盗めたり……。この自由度の高さがプレイヤーの想像を刺激して、よりオルステラという世界観にひたれたんですよね。

正直なところ、こればかりはスマホゲームで再現するのは難しいんじゃないかと思っていたのですが……ちゃんとスマホ版にもフィールドアクションが用意されていました! うれしい!

▼スマホ版のフィールドコマンドは、町の人々の属性(富・権力・名声)に応じて変化。「買取る・勝ち取る・ねだる」でアイテムを入手でき、「雇う・引き入れる・勧誘」で支援者にできます。


富・権力・名声それぞれに影響力が設定されており、影響力のランクが足りないとフィールドアクションを実行できません。いろいろな人々の情報を集めたいからこそ、影響力を上げたくなっちゃうことも!

影響力は、属性(富・権力・名声)に応じたクエストをクリアしたり、属性に応じたキャラを仲間にしたりすることで高まっていきます。


▼支援者にした人は、バトルで呼び出して一緒に戦うことができます。


スイッチ版では一見すると弱そうな老人や女性が実は実力者だったことも。何より、「かつては伝説級の暗殺者だった」とか、意外な過去が隠されているキャラに出会えた時がうれしいんですよね(笑)。

▼女性の支援者ばかりを集めるとか、渋そうなおっさんの支援者ばかりを集めるとか、テーマに沿った支援者部隊を組むのも楽しそうですな。




そして、これはスイッチ版から続く僕なりの遊び方なのですが、キャラの設定を踏まえて妄想を膨らませるのが楽しい!

▼例えば、この「母の帰りを待つ少女」。プロフィールを読むと、「古い毛皮のローブには、母の匂いが染みついている」とのことで、とても大切にしているようですね。


▼そんな宝物の「毛皮のローブ」を「ねだる」!



▼残念ながら今回は失敗……。でも、いつかは絶対に「ねだる」でもらい受けるぜ!


▼かわりに「さびしい財布」をねだることに。


▼成功! 「大事にしてね」という言葉になんとも言えない背徳感を感じますが、これもまた自由度の高さですよね。


プロフィールと所持品をあわせて考えると、いろいろと妄想がはかどるんですよね、『オクトパストラベラー』って(笑)。そんな楽しみをスマホ版でも味わえるなんて……!

個人的には、このフィールドアクションを楽しめるだけでもスマホ版『オクトパストラベラー』は神ゲーです!

おまけ:ガチャ(導き)で仲間を増やせるところはスマホゲーム感覚

というわけで、先行体験版を遊んだ感じではマルチプレイ要素は皆無で、完全に1人で遊ぶシングルプレイRPGとなっていました。
(てか、スイッチ版と同じすぎて、スマホゲームというよりもコンシューマゲームのプレイフィールとしか言えません)

そんななか、仲間を増やす際は、ルビーを消費する「導き」を行うことになります。課金でキャラを増やせる部分や、どんなキャラが仲間になるのかランダムという点は、いわゆる「スマホゲー」らしいところですね。
(ルビーは課金だけでなく、「バトルで20回以上勝利」といった「功績」を達成することでも獲得できます)


▼メインストーリーを進めるなどして「影響度」のランクを上げると、その報酬としてもルビーを大量にもらえます。受け取り忘れないように!(自分はずっと見落としていました……)


▼仲間を増やす際は「指輪」によって導かれる演出が入ります。


プレイしている感じでは、前衛・後衛の合計8人がいればバトルで不利になることはない印象。




もちろん、『オクトパストラベラー』は敵の弱点を突くのが大事=幅広い武器や属性を使えるメンバーをそろえることが大事なので、仲間が多いにこしたことはありませんけど、むやみにキャラを増やすというより、厳選したキャラを育てるほうが無難な気がしました。
(このへんはスイッチ版でもそうでしたけどね。……総力戦の某ボス敵をのぞいては。苦笑)

▼仲間に加入する際は、「これぞRPGの出会い!」という感じで、彼らが冒険に出る理由が語られます。キャラ固有のイベントも用意されている模様!



▼ステータス画面の左下には「ストーリー(序・1・2・3)」という項目が。正式サービス時には、キャラクター個別のエピソードも楽しめそうな気配!


キャラがかぶった際のメリットがいまいち感じられないところは気になりましたが、このあたりは正式サービス時に調整が入るかもしれませんね。

ちなみに、そのほかに自分が先行体験版を遊んで気になったのは、バトル中に敵味方の行動順番を見られるようになるともっと戦略を立てやすいなあというところ。

アンケートにいろいろと要望や改善してほしいところを書いておくとフィードバックされる可能性があるので、先行体験版を遊んだ方はぜひアンケートで感想や要望を伝えるようにしましょう!

▼余談ですが、先行体験版では経験値稼ぎの心強い味方キャットリンも確認できました。正式サービス時にも出会いたいなあ。


『大陸の覇者』事前登録受付中!

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』ティザーサイト内にて、事前登録が受付中。登録はTwitter、LINE、メールアドレスで行えます。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

なんで無料で遊べちゃうの!? スクエニの大作感漂うガチRPG『グリムエコーズ』を高評価

スクウェア・エニックスが3月28日(木)配信予定で、事前登録受付中の童話RPG『グリムエコーズ』のレビューをお届けします。……ほとんど買い切りアプリのゲーム性なんだけど、なんで無料で遊べちゃうの!?

フィールド移動にザコ戦でのレベル上げ……これはもはや「ソシャゲ」ではない!


スマホゲーといえば、画面タップポチポチのオートバトルでカジュアルに遊べるお手軽ゲー……なんて時代も今は昔。

いまやストーリーがしっかりしていて、バトルシステムも非常に練りこまれたガチのゲームが増えてきました。

でも……さすがにこれはやりすぎでしょ!?

▼村やフィールドを自由に移動して、村人からヒントをもらいながらゲームを進行!



▼オート移動もあるけど、一部のダンジョンはちゃんと自分で探索しないといけないという、昔ながらのプレイフィール! そして、あえて目的地からはずれた行き止まりを調べてみると宝箱が! こういう寄り道、コンシューマRPGのあるあるですよねー。



▼バトルは3Dフィールドで展開。3Dで表現された童話キャラを操作して戦えます!


▼アイテムで経験値を獲得することもできますが、基本的にはひたすらザコ敵を倒してレベル上げ! フィールドをぐるぐるまわってザコ敵を狩る感覚、これはこれで楽しい! ジャスト回避など、けっこうプレイスキルも大事です。




……ぶっちゃけ、遊んでいる感覚は完全に「パッケージのコンシューマゲーム」。スーパーファミコンやプレイステーション時代に体験した「RPG体験」をがっつりと味わえるスマホゲームになっているわけです。

▼このCMだけ見ると、普通にコンシューマのパッケージ型RPGに見えちゃいますよね。

スマホゲーをひっくるめて、なんとなく「ソシャゲ」と呼ぶ風潮がありますが、『グリムエコーズ』は確実に「ソシャゲ」ではなく、「ソロプレイで、キャラを育てつつ、ストーリーを追いながら楽しむガチRPG」と言えるでしょう。
(ある意味でいさぎよいほどソーシャル要素がありません。現状、フレンド機能や対戦機能もありません!)


▼ストーリーの雰囲気はこちらのPVをご確認あれ。罪を犯して役割を剥奪された童話キャラが、どんな贖罪をしていくのか。重過ぎるわけはありませんが、シリーズ作品の『グリムノーツ』と比べると「本当は怖い童話」的な「えぐみ」も味わえる、ややオトナ向けのシナリオだと感じました。オレ好みっす!

じゃあ逆に、課金要素はどこなの?

そんな前提で、逆に「パッケージゲーム」と違うところは、ざっくりと2点。

1つは、実時間の経過が必要な要素がある=時短(時間短縮)に関する課金が用意されていること。

例えば、宝箱を開けるために数時間ほど待つ必要があったり、フィールドで採集できる素材が復活するまでに何時間か待つ必要があったり、特殊なクエストに派遣したパーティが帰ってくるまで数時間待つ必要があったり、そういう部分を「時短アイテム」で楽をできるわけですね。
(一定時間経験値やGOLDの獲得量がアップするような形での「時短アイテム」も存在します)



もう1点は、召喚(いわゆるガチャ)で、バトルで使えるヒーローを仲間にできること。

あ、ガチャって聞くと脊髄反射的に「課金ゲーじゃん!」と顔をしかめる人がいるかもしれませんが、ちょっと待って!

違うんですよ。たしかに本作は「星4」とか「星3」とか、ヒーローごとにレアリティがあるんですけど、普通のゲームとはレアリティの考え方が違うんです。


本作では、限界突破によってレベル上限がアップ&基礎能力がアップ&「星」が増えていく仕組みなので、「星1」で仲間にしたヒーローを「星4」のレベル100まで育てた時と、「星4」で仲間にしたヒーローをレベル100まで育てた時で、能力差がないんです。


▼ガチャやドロップでヒーローを獲得すると、限界突破に必要なポイントがたまっていきます。


そして、ほとんどのヒーローはゲーム中のダンジョンクリア報酬としてドロップする=無課金でも時間をかければ「星4」レベル100まで育てられるようになっているんです。
(ガチャで「星4」を引くことも、いわば育成時間を短縮する「時短」というわけですね)

▼「ほこら」をクリアするとヒーローがドロップすることも。初回クリア報酬で、がんがん星1ヒーローは仲間にできます。



……個人的にはむしろ、「部屋の装飾」とか「キャラの着せ替え」とか、お布施をしやすいおまけDLC的な課金要素が欲しいと思ってしまったくらい、無課金でも普通に遊べるRPGとしてハマってしまいました!

▼難易度は、推奨レベルを大きく上回ればギリギリ力押しができるくらいのほどよい難しさ。ボス相手には初見で負けて、少しレベル上げをしたり、装備品を鍛えたりして再チャレンジすると勝てる感覚ですね。つまり、歯ごたえがあって楽しいってこと!


バトル中心のゲームも楽しいけど、フィールド移動の「探索感」も楽しいですよね!

もうすぐ小学生になる僕の息子は、2歳くらいからスマホや3DS、ニンテンドースイッチ、PS4、PS Vitaとかでゲームに慣れ親しんできましたが、アクションゲームはともかく、RPGってけっこう難しくて、あまり遊んでこなかったんですよね。

スマホのキャラゲー系のRPGにはバトル中心のものが多く、息子は「自分が好きなキャラクターを育てて戦える楽しさ」に満足しているようでしたが、ファミコン時代からずっとゲームを遊んできた僕としては、ちょっともやもやしていた部分もあったんですよね。

RPGって、バトルも楽しいけど、フィールドやダンジョンを探索する感覚も楽しいんだけどなーって。

そんなわけでここ最近は、毎週土日に1時間ずつくらいファミコンミニ(ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ)でファミコン版『ファイナルファンタジーIII』を遊ばせてみたのですが……最初はめんどくさがって、ぐだぐだでした(苦笑)。

戦って勝てばストーリーが進んでいくタイプのRPGしか遊んでいなかったので、「自分で次の目的を探す」という感覚がなかったんですよね。
(逆に自由な発想で、サスーン城のお姫様のベッドで寝て「いいにおいがするよね」という謎の妄想力を発揮するなど、キャラになりきるロールプレイは楽しんでいるようでしたが。笑)

そんな息子も、ネプト竜の神殿をクリアして船を手に入れるころには、「村人に話しかけて重要なことからどうでもいいことを聞いて楽しむ」「寄り道をして宝箱を集める」「怪しい壁に手当たり次第でぶつかって隠し通路を探す」など、フィールド移動ができるからこそ味わえる「楽しさ」をしっかりと味わってくれるようになりました。

まあ、僕が手本を見せたりヒントを出しながらナビゲートしたからという部分もありますが、やっぱり「フィールド移動&村人との会話」って、RPGの重要なファクターなんですよね。

▼ストーリー進行と関係がないところを調べてニヤニヤするのもRPGらしいですよねー。


と、余談が長くなりましたが、そこでこの『グリムエコーズ』の話に戻るわけですよ。フィールドを移動できるからこそ味わえる「探索感」を、ぜひ多くの人に味わってほしいと!
(しかも、基本プレイ料金無料で!)

▼アビリティボードでアビリティを獲得することで、木を伐採したり、釣りをできたりするように。素材集めの幅が広がるのも楽しい!


かつてスーパーファミコンやプレイステーションでフィールド移動があるRPGを遊んできた方はもちろん、バトル中心でフィールド移動がないRPGを中心に遊んできた方も、ぜひ一度『グリムエコーズ』を遊んで、「探索感」というRPGのお作法の一つを楽しんでみてはいかがでしょうか?
(もちろん、ストーリーやキャラ育成、バトルシステムなど、どの部分もしっかりと作られてますけどね)

『グリムエコーズ』事前登録受付中!

『グリムエコーズ』の事前登録は、TwitterアカウントのフォローLINEアカウントの友だち登録メールアドレスの登録で行えます。登録をお忘れなく!

▼みっくすによる基本システム解説動画も必見ですよ!

『グリムエコーズ』注目記事
インタビュー Part2:レベル上げや寄り道が楽しい昔ながらのRPGはなぜ生まれた? 『グリムエコーズ』インタビュー
童話好きライターも納得の『グリムエコーズ』レビュー。優しくも残酷な世界観がおもしろい
インタビュー Part1:村やフィールドを歩けるガチゲーが配信間近。童話RPG『グリムエコーズ』開発者インタビュー

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

美女悪魔の笑顔にだまされるな。出来がいいトランプRPG『悪魔に魂を売ってみた』レビュー

トランプの「ブラックジャック」で戦うゲーム『悪魔に魂を売ってみた』のレビューをお届けします。(文:ニュー侍)

魂の売買も運試し? 『悪魔に魂を売ってみた』レビュー


みんなの魂を売買しながら進めていくトランプRPG。ルールはシンプルにカードの合計が21になるようにするブラックジャックそのもので展開されます。


21を越えるとミスになってしまうため、ギリギリのアツい戦いが楽しめますよ。運を味方につけて勝利を掴もう!

魂を賭けたトランプゲームが今、始まる!

とびっきりの笑顔がまぶしすぎる女の子から「ようこそ、人間さん!」と言われてゲームはスタートします。

その笑顔には裏があるのかないのか気になる……。なぜなら本作は悪魔に魂を売るゲームです。


いきなり怖いキャラが出てきて、「そうだ! このゲームは魂を賭けたゲームだったんだ。」と思わされました。


ということでまずは魂を売ることに……。だって、こんな笑顔で言われたら売るしかないだろう……。

とここまでで、本作がどんな世界観なのか、わかっていただけたらうれしいです。


本作で行われる魂を賭けたゲームはトランプのブラックジャック。ルールが簡単なので誰でも遊びやすいと思います。


マップを進めていくステージクリア型のゲームでちょっとした時間に遊べるのが本作のいいところですね。それでは魂のゲームにチャレンジしてみましょう。


対戦する前に勝利時の評価について確認することができます。戦うからにはよい評価でクリアしたいですよね。

「21だけで勝利」という条件は、21を目指すだけにハラハラドキドキの展開が楽しめそうですね。


対戦が始まると場にカードが出るので「HIT」でカードを追加するか、その場のカードで勝負するか判断しましょう。

「STAND」で勝負! 相手のカードと比べて21に近い方が勝利となります。プレイして感じたのは運の要素がかなり高いです。


ただ、本作はRPGですので装備も用意されています。装備が勝負のカギを握ることもあるでしょう。

何を装備するかも大切です。運が悪い……だけで勝てないのではなく、装備を見直すことも大切。


ガチャを活用すれば、さらに強くなることができます。バトルでも運が必要なのに……と嘆かないでください。

勝ち運を高めるためにもぜひ、ご活用を! 手に汗握るブラックジャックを楽しみましょう。


魂を買えるゲームでもあった!

タイトルにもあるように悪魔に魂を売ることができる本作ですが、実は魂を購入することもできるんです。魂を購入するとエピソードを読むことができます。


「消えゆく少女の魂」ではマッチ売りの少女のような感じのエピソードが展開されますが、きっとみなさんの期待を裏切らないような結末が待っているかもしれません……。



本作には悪魔が登場しますからね。ブラックジャックに明け暮れて疲れてしまったら、読んでみるといいかもしれません。

手軽に楽しめるトランプRPGをぜひ、チェックしてみてくださいね。

悪魔に魂を売ってみた ・販売元: Intelligence technology K.K
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 48.9 MB
・バージョン: 1.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Intelligence Technology inc.

美女悪魔の笑顔にだまされるな。出来がいいトランプRPG『悪魔に魂を売ってみた』レビュー

トランプの「ブラックジャック」で戦うゲーム『悪魔に魂を売ってみた』のレビューをお届けします。(文:ニュー侍)

魂の売買も運試し? 『悪魔に魂を売ってみた』レビュー


みんなの魂を売買しながら進めていくトランプRPG。ルールはシンプルにカードの合計が21になるようにするブラックジャックそのもので展開されます。


21を越えるとミスになってしまうため、ギリギリのアツい戦いが楽しめますよ。運を味方につけて勝利を掴もう!

魂を賭けたトランプゲームが今、始まる!

とびっきりの笑顔がまぶしすぎる女の子から「ようこそ、人間さん!」と言われてゲームはスタートします。

その笑顔には裏があるのかないのか気になる……。なぜなら本作は悪魔に魂を売るゲームです。


いきなり怖いキャラが出てきて、「そうだ! このゲームは魂を賭けたゲームだったんだ。」と思わされました。


ということでまずは魂を売ることに……。だって、こんな笑顔で言われたら売るしかないだろう……。

とここまでで、本作がどんな世界観なのか、わかっていただけたらうれしいです。


本作で行われる魂を賭けたゲームはトランプのブラックジャック。ルールが簡単なので誰でも遊びやすいと思います。


マップを進めていくステージクリア型のゲームでちょっとした時間に遊べるのが本作のいいところですね。それでは魂のゲームにチャレンジしてみましょう。


対戦する前に勝利時の評価について確認することができます。戦うからにはよい評価でクリアしたいですよね。

「21だけで勝利」という条件は、21を目指すだけにハラハラドキドキの展開が楽しめそうですね。


対戦が始まると場にカードが出るので「HIT」でカードを追加するか、その場のカードで勝負するか判断しましょう。

「STAND」で勝負! 相手のカードと比べて21に近い方が勝利となります。プレイして感じたのは運の要素がかなり高いです。


ただ、本作はRPGですので装備も用意されています。装備が勝負のカギを握ることもあるでしょう。

何を装備するかも大切です。運が悪い……だけで勝てないのではなく、装備を見直すことも大切。


ガチャを活用すれば、さらに強くなることができます。バトルでも運が必要なのに……と嘆かないでください。

勝ち運を高めるためにもぜひ、ご活用を! 手に汗握るブラックジャックを楽しみましょう。


魂を買えるゲームでもあった!

タイトルにもあるように悪魔に魂を売ることができる本作ですが、実は魂を購入することもできるんです。魂を購入するとエピソードを読むことができます。


「消えゆく少女の魂」ではマッチ売りの少女のような感じのエピソードが展開されますが、きっとみなさんの期待を裏切らないような結末が待っているかもしれません……。



本作には悪魔が登場しますからね。ブラックジャックに明け暮れて疲れてしまったら、読んでみるといいかもしれません。

手軽に楽しめるトランプRPGをぜひ、チェックしてみてくださいね。

悪魔に魂を売ってみた ・販売元: Intelligence technology K.K
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 48.9 MB
・バージョン: 1.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Intelligence Technology inc.