「モバイル, ネットサービス,」カテゴリーアーカイブ

Pixel 4にできない「オリジナル品質の写真をGoogleフォトに無料&無制限で保存すること」がiPhoneなら可能と判明

GoogleフォトはGoogleが提供する写真・ムービー用のクラウドストレージサービスであり、Pixel 3までのPixelシリーズスマートフォンでは、Googleフォトへ無料&無制限で写真やムービーをアップロードすることが可能でした。ところが、最新モデルのPixel 4・Pixel 4 XLでその特典がなくなってしまうことが判明した一方、「iPhoneでは無料&無制限でGoogleフォトへオリジナル品質の写真アップロードが可能」と指摘されています。

続きを読む...

Appleが香港の人々を危険から守るアプリの配信停止を撤回後、再度配信停止へ

香港の人々を危険から守るべく開発されたという地図アプリサービス「HKmap.live」について、Appleが「違法活動推奨アプリである」としてApp Storeでの配信を停止したのは10月3日のこと。これに対して批判があり、翌日に配信停止は撤回されましたが、改めて「配信停止撤回」が撤回され、HKmap.liveのApp Storeでの配信が停止されることになりました。

続きを読む...

遭難時にスマホの位置を高精度で特定できるGoogleの「緊急位置情報サービス」とは?

重大なアクシデントに遭遇して緊急サービスに通報する時、最も重要な情報の1つが位置情報です。携帯電話の登場によって、電波さえ届いていれば、いつでもどこでも緊急通報をすることも可能になりました。しかし、携帯電話の発信位置を正確に特定するのは難しく、最大で10km以上もの誤差が生まれることもあります。そこでGoogleは、Androidスマートフォンの位置情報精度を緊急時に限り飛躍的に向上させる緊急位置情報サービス(ELS)を提供しています。

続きを読む...

大手通信キャリアが動画配信サービスの速度制限をほぼ常時行っているという研究結果

NetflixやYouTube、Amazonプライム・ビデオといった動画配信サービスの台頭により、世界のインターネットトラフィックに占めるムービー視聴の割合は増加しています。2018年のレポートによると、実にトラフィックの過半数がムービー視聴によって占められているそうです。そんな中、アメリカの大手通信キャリアは「動画配信サービスの通信速度制限を行っている」として非難を浴びており、最近の研究ではキャリアによる速度制限が一時的なものではなく、常時行われていると明らかになりました。

続きを読む...

Googleが「Android搭載スマホのキャリア通信速度データを提供するサービス」を停止、プライバシー上の懸念が理由か

インターネットの発展に伴って、SNSなどのプラットフォームを提供する巨大テクノロジー企業が持つ影響力は拡大しています。しかし近年では、そんなテクノロジー企業が握るユーザーデータの保護に関する問題が頻繁に話題となり、ユーザープライバシーを守ることがテクノロジー企業の責務だとみなされています。そんな流れが加速する中で、Googleが「Android搭載スマートフォンの位置に応じたキャリア通信速度のデータ」を、携帯電話事業者などの無線通信キャリアに提供するサービスを停止したと報じられました。

続きを読む...

香港デモ隊はポケモンGOや出会い系アプリを警察の目をかいくぐる手段として活用

香港では、拘束された容疑者を中国本土へ移送することを認める逃亡犯条例改正案への強い反発から、政府当局に対する抗議デモが活発化しています。デモ隊に対する監視や鎮圧の動きが強まる中、香港の人々はポケモンGO(Pokémon GO)や出会い系アプリのTinderを使ってコミュニケーションを取り、デモ隊を組織していると報じられました。

続きを読む...

口コミサイトに掲載された電話番号が「予約に応じて手数料を中抜きする」専用の番号にすり替えられていた

口コミサイトの「Yelp」では、レストランなどの店舗情報をユーザーの口コミ付きで確認可能で、Yelpを通じてレストランに電話予約をすることもできます。そんなYelpに掲載されていた電話番号が、本物のレストランの電話番号から「レストランへの電話予約に応じて手数料を中抜きするため」の番号に、ユーザーもレストランも気づかないうちにこっそりすり替えられていたことが判明しました。

続きを読む...

Chrome・Safari・IE・Firefox・EdgeのキャッシュとCookie削除方法まとめ

ウェブブラウザに、ユーザーが閲覧したページの情報を一時的に保存するキャッシュや入力した情報を保存しておくCookieには、次回以降の閲覧時にウェブサイトを早く読み込んだり、IDやパスワード入力の手間を省いたりする役割があります。しかし、個人情報流出や予期せぬエラーの原因となってしまう可能性もあるため、場合によっては削除が必要になることもあります。各OSやブラウザごとに削除の手順が異なるので、キャッシュとCookieを削除する方法についてまとめてみました。

続きを読む...

Facebookのメッセージアプリに構造上の欠陥があり子どもが不正なユーザーとチャットする事態に

Facebookが提供する子ども向けメッセージアプリ「Messenger Kids」は、Facebook Messengerと同様にメッセージのやり取りや写真の送受信などが可能ですが、親が許可したユーザーとしかチャットできないようにすることが可能なペアレンタルコントロール付きのメッセージアプリです。しかし、Messenger Kidsアプリを使って「親が許可していないユーザー」と子どもがチャットできてしまう欠陥があったと、The Vergeが報じました。

続きを読む...

またもやiCloudで大規模なシステム障害が発生、Apple Storeでの取引にも影響

Appleの提供するクラウドサービスである「iCloud」で問題が発生し、一部のユーザーの間でメール・連絡先・カレンダー・写真・友達を探すなどのiCloudで使用できる機能のほとんどが使えなくなり、アカウントにサインインできなくなるという障害が発生しました。iCloudだけでなくAppleの公式オンラインストアであるApple Storeも影響を受けており、購入処理ができない状態となっていたようです。なお、記事作成時点ではシステム障害はすべて復旧しています。

続きを読む...

「App Storeは独占禁止法違反だとユーザーがAppleを訴えることは可能」と最高裁判所が判決

Appleが運営するアプリストアであるApp Storeは、アプリの販売額から多額の手数料を徴収しており、企業やユーザーの中からは不満の声も挙がっています。4人のユーザーが提起した「Apple Inc. v. Pepper」訴訟では、「App Storeが独占禁止法だとしてAppleを訴えることが可能かどうか」という争点が長年にわたって議論されてきましたが、アメリカ合衆国最高裁判所は「ユーザーがAppleを独占禁止法で訴えることは可能」という判決を下しました。

続きを読む...

TwitterがiPhoneの「Live Photos」に公式対応するためのテストを実施中か

iPhoneの機能である「Live Photos(ライブフォト)」はシャッターを切った前後3秒の映像を撮影する機能で、写真ではわかりにくい「動き」までサクッと記録可能です。今までLive Photosをツイートするには手間がかかってしまいましたが、Live PhotosをTwitter上でも簡単にツイートしたり見られたりできるようにするために、TwitterがLive Photosへの正式対応にそなえてテストを行っていると報じられています。

続きを読む...

Facebookがユーザーデータへのアクセス権を売る計画に関する新たな内部文書がリークされる

2018年、Facebookは5000万人分のユーザーデータをコンサルティング企業のCambridge Analytica(ケンブリッジ・アナリティカ)に利用されていたことが公になり、ユーザー情報保護のあり方について疑念を呈されています。また、2018年12月にはイギリス議会によってFacebookの内部文書がリークされており、大きな波紋を呼びましたが、新たに100ページを超える追加の内部文書がリークされたと報じられました。

続きを読む...

Facebookはナチスや白人至上主義に興味を持つユーザーを特定してターゲット広告の表示に利用している

Facebookはユーザーの興味や関心を追跡し、広告主がターゲットに合ったユーザーのタイムラインに効果的な広告を表示できるシステムを構築しています。ターゲットを絞った広告表示はFacebookや広告主に大きな利益をもたらしていますが、Facebookは「ナチス」や「白人至上主義」に関心を持つユーザーをターゲットにした広告配信を可能にしていたとLos Angeles Timesが報じています。

続きを読む...

Appleが「Netflixの雑誌版」となるニュースの有料購読サービスを2019年3月開催のイベントで発表か

Appleが2019年3月に特別イベントを開催する予定だと海外メディアのBuzzFeedが報じています。このイベントはAppleのサービス事業に焦点を当てたもので、特に以前から報じられているAppleの「ニュースの有料購読サービス」について何らかの発表があるとみられています。

続きを読む...

Amazonで売り手が顧客に商品を直接アピールできるライブ配信サービス「Amazon Live」がスタート

Amazonは2019年2月、販売者が自社の商品をアピールするムービーをライブ配信できるサービス「Amazon Live」をスタートしました。AmazonのようなオンラインショッピングにTVのショッピングチャンネル的な要素が持ち込まれることで、TVショッピング専門チャンネルのQVCとAmazonとの競争が激化するのではないかと見られています。

続きを読む...

SpotifyやApple Musicなど音楽ストリーミングの影響でヒット曲がどんどん短くなっている

かつてはダウンロード販売が主だった楽曲のデジタル配信は、スマートフォンの普及と共にストリーミング配信が主流となり、SpotifyやApple Musicなどの音楽ストリーミングサービスがにぎわいを見せています。そんな音楽ストリーミングサービスの影響で、ヒット曲の長さが年々短くなっていると指摘されています。

続きを読む...

Twitterが「フォロワー数の表示を目立たなくする」変更をiOSアプリ上で実施、プラットフォーム健全化の一環か

Twitterのジャック・ドーシーCEOは「Twitterの健全性を強化していきたい」と述べており、プラットフォームの改革を行うことを示唆しています。そんな中、TwitterのiOSアプリ上で「フォロワー数の表示を目立たなくする」という変更が行われたと報じられています。

続きを読む...

新iPhone発表時、アダルトサイトへのApple端末からのアクセスは最大10%以上低下していた

Appleの新製品発表イベントが開催された時、iOSユーザーのアダルトサイトへの流入が通常に比べて最大11.5%減少していたと発表されました。ただし、Apple Watchの発表時のアクセス数は大きく変わらず、iPhoneが発表されるまでの間を、多くのユーザーがアダルトサイトで過ごしたとみられています。

続きを読む...

「Googleは違法にユーザーの行動を追跡していた」としてGoogleが提訴される

「iPhoneやAndroid端末の『位置情報』をオフにしていても、一部のGoogleアプリはユーザーの位置情報を追跡していた」という問題で、Googleが提訴されました。Googleの行動は同州のプライバシー侵害法に違反しているほか、2011年にSNS「バズ」問題でGoogleが同意した同意審決にも違反していると指摘されています。

続きを読む...

ウェブサイトのAMP対応を行ってコンバージョン率が70%低下した理由とは?

AMPはGoogleが提唱するモバイルウェブサイト用のフレームワークで、ウェブサイトをAMP化することでページのロード時間を大幅に短縮することが可能です。ソフトウェアの開発会社のRockstar CodersでCTO(最高技術責任者)を務めるネイサン・コントニー氏は、これまでにコンバージョン率(ウェブサイトの訪問者数あたりの成約に至った割合)アップの対応を行い、当初の500%の水準にまで伸ばしてきました。しかし、自社のウェブサイトをAMP化したところ、コンバージョン率が70%も下落してしまったとのことです。

続きを読む...

世界のどの国が最も多くデータ通信を行っているのか?

通信事業者の分析を行っているtefficientは、2017年に世界36カ国で使用されたSIMカードのデータ通信量に関するデータを公開しています。このデータを見ることで「どの国が最も多くデータ通信を使用しているか」「どの国のデータ通信が割高なのか」といったことを確認することができます。

続きを読む...

Googleが検索結果に「自分に合った大学」を簡単に見つけるための情報を表示する機能を追加

2017年時点で日本の大学の数は短期大学も含めると約1200あり、この中から自分のニーズに合った大学を見つけ出すのは至難の業です。さらにアメリカの場合だと大学の数は4000を超えており、アメリカで大学探しを行うことは日本以上に難しい状態となっています。そこで、Googleは大学を簡単に探せるようにするため、Google検索に大学検索機能を追加したと発表しました。

続きを読む...

救急治療室の待合室にいる人のスマホに「傷害事故専門法律事務所」のターゲティング広告が配信されている

アメリカの緊急救命室(ER)の待合室に入った人に対して、タイミングよく「事故や傷害事件を専門にする法律事務所」からの広告が表示されているとアメリカの非営利ラジオネットワークNPRが報じています。

続きを読む...

世界最大の携帯電話メーカーNokiaがMicrosoftに買収された裏に何があったのかを明かす「Operation Elop」がついに全文英訳され公開へ

かつて世界最大の携帯電話メーカーだったフィンランドのNokia(ノキア)は、2010年にMicrosoftから新CEOを招聘し、3年後の2013年9月に54億4000万ユーロ(約7100億円)でMicrosoftに買収されました。この2010年から2013年のノキアでは何が起こっていたのかを、100人以上の関係者の証言をもとに再現、検証し2014年にフィンランドで出版された「Operation Elop」が、ついに全文英訳され無料で公開されました。

続きを読む...

Appleのクラウドサービス「iCloud」がGoogleのクラウドを利用していることが正式に明らかに

Appleが提供するクラウドストレージサービスの「iCloud」で取り扱うデータを、Googleのクラウドコンピューティングサービスである「Google Cloud Platform」のサーバー上に保存していることが、最新バージョンの(PDF)iOSセキュリティガイドから明らかになっています。

続きを読む...

ついに「あけおめことよろ」スマホ向けモバイル通信規制のアナウンスが完全消滅

新年のあいさつを年賀状ではなくメールやコールで……という人が増えた現代社会では、大晦日から元日にかけてモバイル通信量が一気に増え、ケータイ・スマホがつながりづらくなったりメールの配信遅延が発生したりすることは年末恒例の風物詩にもなっていましたが、昨年に引き続き、大手キャリアのお知らせページから「通信規制」の案内が消滅。TCAも含めて通信規制アナウンスが初めて完全消滅しています。

続きを読む...

Twitterのツイート文字制限が280文字に拡張

Twitterはちょうど1年前の2016年9月に、写真・動画・GIF・投票などは140文字にカウントされなくなるように仕様を変更し、1ツイート140文字の文字制限を緩和しました。そして2017年9月、新しく1ツイートあたりの文字制限を280文字に拡張するテストを実施中であることを明かしています。

続きを読む...