「ソフトウェア, 乗り物,」カテゴリーアーカイブ

4カ月で2件の墜落事故を起こしたボーイング737 MAX 8のシステム操作がパイロットに周知されていなかった可能性

2018年10月にインドネシアで発生したライオン・エア610便墜落事故について、事故当時を再現したシミュレーションを行ったところ、事故機であるボーイング737 MAX 8で誤作動を起こした自動制御システムは無効化の手続きを受け付ける時間が非常に短い上に、無効化するプロセスが十分にパイロットに訓練されていなかった可能性があると、シミュレーションの関係者がニューヨーク・タイムズに明かしました。

続きを読む...

「ボーイング737 Max 8」墜落事故の主要因の1つであるシステム面の問題が修正され「暫定的に承認」される

5カ月で総死者数が300人を超える2件の墜落事故が発生した「ボーイング737 MAX 8」の原因は未だに調査中ですが、2つの事故の主要因とみられるソフトウェア面の問題とパイロットの訓練の問題が見直され、FAA(連邦航空局)は暫定的にそれを承認しました。

続きを読む...

自動運転カーは歩行者の肌の色が濃いと衝突事故を起こしやすい

いくつかの顔認証システムが肌の色が濃い人を正確に識別することに苦労していることは既に知られていますが、新たに自動運転カーに搭載されている人工知能(AI)システムも同様の問題を抱えていることが明らかになっています。研究によると、肌の色が濃い歩行者の方が自動運転カーによる事故に遭遇する確率が高まるそうです。

続きを読む...

走行する車両同士が通信する「信号機なしの交通システム」を作り出そうとする試みが行われている

交通ルールに従うのは非常に重要なことですが、「見通しのいい交差点で直交する道路に車がいないのに、赤信号だから止まらざるを得ない」といった事態も起こりがち。そんな交通システムを改善するために「車両同士が通信して無駄のない交通システムを作る」という試みについて、カーネギーメロン大学でコンピューター工学の教授を務めているOzan K. Tonguz氏が解説しています。

続きを読む...

自動運転カーの安全な公道テスト走行の実現にメーカーは苦慮している

Googleからスピンアウトした自動運転カー開発企業のWaymoが、自動運転カーの公道テスト中に衝突事故を起こしていたことが明らかになりました。人間のドライバーよりも安全に運転できると言われる自動運転カーが普及するまでに、自動運転カーを開発する各メーカーは、生みの苦しみを経験している真っ最中のようです。

続きを読む...

自動運転で発生した2件の死亡事故への「誤検知」の影響とは?

2018年3月に、車の「自動運転」と関連する2件の交通事故が発生しました。1つは、テスラ・モデルXが誤って中央分離帯へと衝突してドライバーが死亡した事故、もう1つはUberの自動運転カーが道路を横断中の女性をはねた死亡事故です。これらの事故には「誤検知」が大きく関わっていると、Hackadayが指摘しています。

続きを読む...

ブレーキ性能不足が指摘されていたテスラ・モデル3、ファームのアップデートで性能を改善して「オススメ」をもらうことに成功

アメリカで広く支持される製品評価メディアのConsumer Reports(コンシューマー・レポート:CR)でブレーキの性能不足を指摘されていたテスラの普及価格帯EV「モデル3」が、問題となっていたブレーキ性能を改善させて「Recommend(オススメ)」の評価を受けることに成功しました。この性能改善はOTA(無線経由)でのファームウェアアップデートにより実施されており、当初の指摘からわずか一週間ほどで自動車の性能が約13%も改善されるという画期的な出来事ともなっています。

続きを読む...

Uberの自動運転カーが女性をはねて死なせた事故はソフトウェアが人物を「誤検知」と判断したためと判明

Uberが開発を進めていた自動運転カーが夜間の公道を走行中に道路を横断していた女性をはねて死なせてしまった事故の調査が進み、事故の原因は自動運転カーのソフトウェアの誤判断に起因するものであったことが明らかになっています。

続きを読む...

Uberが秘密裏に自動運転カーの試験走行をしていたことが明らかに

2018年3月18日(日)に発生したUberの自動運転カーが女性をはねて死亡させた事故により、Uberは自動運転カーの公道での試験走行を中止したと発表しました。そして2018年3月27日(火)にアリゾナ州のダグ・デューシー州知事は、州内でUberの自動運転カーの走行許可を取消しにする発表を行いました。しかし、ガーディアン紙によると、Uberは2016年12月から自動運転カーのアリゾナ州での試験走行を開始したと発表していましたが、実際は発表より前の2016年8月から秘密裏に走行試験を行っていたことが明らかになりました。

続きを読む...

Waymo(元Google)が自動運転カーのラインナップにジャガーの電気自動車「I-PACE」を追加すると発表

Googleの自動運転カープロジェクトとしてスタートし、2016年12月に独立した「Waymo」は、2018年中にアリゾナ州のフェニックスで自動運転カーの配車サービスを開始する予定です。Waymoによると、自動運転カーの配車サービス(自動運転タクシー)開始に備えて、ジャガーランドローバーと長期パートナーシップ契約を締結し、自動運転カーのラインナップにスポーツタイプの電気自動車「I-PACE」を追加することを発表しました。

続きを読む...

Uberなどのライドシェアリングサービスが渋滞を引き起こす原因になっている

UberやLyftなどの複数人で車に相乗りするライドシェアリングサービスが約束する将来として提示していたものは「市街地の渋滞を緩和すること」です。しかし、これらライドシェアリングサービスの存在は、顧客をバスや地下鉄などの公共交通機関から引き離す事態を招いており、逆に渋滞が増加する要因になっていると報告されています。

続きを読む...

AppleのAIディレクターが開発中の自動運転カー関連技術について語る

Appleのティム・クックCEOは自動運転カーそのもののさらに先を目指した開発を進めていると明かしていました。そして新しく、Appleの人工知能(AI)研究でディレクターを務めるRuslan Salakhutdinov氏が、自動運転カーでどのようなものを目指しているのかについて語っています。

続きを読む...